けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [スポンサー広告] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/01/24(月) 14:44:44 URL [ 編集 ]
    余は満足じゃ

    関係ないけど後1記事で1000だな
  2. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん ◆- 2011/01/24(月) 14:57:21 URL [ 編集 ]
    おい続きを
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/01/24(月) 15:17:57 URL [ 編集 ]
    スレのほうで続きじゃなさそうだけど同じ書き手が書いてた
    終わったらまとめてくれよ頼むぞバイトいってくる
  4. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/01/24(月) 15:36:07 URL [ 編集 ]
    あ、私イッタwww
  5. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/01/24(月) 15:56:58 URL [ 編集 ]
    >>4
                ___
               ,r'     `ヽ、
              ,i"        ゙;
              !.(●)   (●),!
              ゝ_      _,r''
             /  ;;;;;;  ・・ ;;;;) <それは報告しなくてもいいです。
             /          (_
            |    f\ トェェェイノ     ̄`丶.
            |    |  ヽ__ノー─-- 、_  )
    .        |  |            /  /
             | |          ,'  /
            /  ノ           |   ,'
          /   /             |  /
         _ノ /              ,ノ 〈
        (  〈              ヽ.__ \
         ヽ._>              \__)
  6. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん ◆- 2011/01/24(月) 17:32:31 URL [ 編集 ]
    まさかの三部作だったとは・・・
    余は満足じゃ

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

『んはっ! あずにゃんだめぇ!』

  1. 名前: 管理人 2011/01/24(月) 14:03:04
    132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 20:23:54.53
    『何がダメなんです? こんなに感じてるくせに』

    【ツプ】  【ジュプ】
      
    『ちがうのぉ! 私、感じてないもん!』

    『じゃあそのヤらしい声はなんですか』

    【ヌプヌプ】  【ジュポ】

    『んんっ! だめだよぉ……あぁぁ!』

    『ほら、もうイッちゃいましょ? 楽になりますよ?』

    『あずにゃ……あず、にゃあああっ!!』

    【ビクンビクン】

    『あーあ、こんなに濡らしちゃって……とんだ淫乱ですね唯先輩は』

    『あ……う……』

    『クス、これからもたっぷり可愛がってあげますからね』

    【ナデナデ】


    134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 20:29:47.52

    梓「で、できたぁ……」

    梓「いままでで最高の出来だ……」

    梓「よし、後はペンいれてトーン貼るだけ!」

    梓「……」ニヤニヤ

    梓「あぁ……ようやく完成がみえてきたよ。これで夏コミは大丈夫かな」

    唯「……」

    梓「終わったらどうしようかなー」

    唯「……」

    梓「次は合宿にいく話を描こうかなー唯先輩と真夏の夜のイケナイ情事、えへへ」

    唯「あずにゃんや」

    梓「憧れの唯先輩とのおかしな秘密……ってうわぁ! いたんですか!」

    唯「いたけど」

    梓「声かけてくださいよびっくりしたぁ!」

    唯「かけたけど……ところで、あずにゃん。それ何?」

    梓「え……あっ!」 ガシャガサ

    135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 20:34:57.26

    梓「な、なんでもないですなんでも!」

    唯「どうして隠すの?」

    梓「いや、ほんとつまらないものですので! 唯先輩のお目に掛けるものではないかと」

    唯「ふ~ん……で、何?」

    梓「はひっ!」

    唯「なんかイラストっぽいのが見えたけど」

    梓「違います違います! これはですねーえーっと……その」

    唯「怪しい……」

    梓「ま、漫画です……つまらない漫画」

    唯「漫画? あ、もしかしてあずにゃんが描いたの? すごいね!」

    梓「え、食いつかないでくださいよ」

    唯「みせてみせてー! あずにゃん漫画描けるんだねー!」

    梓「いやいやいやいや! みせられませんって!」

    唯「ぶーどうしてー」

    梓「……えっと……下手くそだからです……!」

    139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 20:40:03.62

    唯「ヘタでもいいよー私絵とかあんまりうまくないから尊敬しちゃう!」

    梓「ええぇっと! あー今日は他の先輩たち来ないのかなー」

    唯「みせてくれないの?」

    梓「あ、あはは……んぐ、今日は調子が悪くて……お先に……」

    梓(く、くるしい……)

    唯「調子わるいの? あ、筆のノリが悪いってやつだね!」

    梓「そ、そうですソレです! だからあんま人に見せられるような出来じゃないんですよ」

    唯「でも見せてよ」

    梓「え!?」

    唯「見せなさい」

    梓「あ……ダメ、だめですぅ」

    唯「大丈夫だよ……誰にも言わないから……」

    梓(ヤバいヤバいヤバいヤバい)

    唯「ほら……早く」

    梓「……すいませんでした」 

    140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 20:44:10.91

    唯「どうして謝るの? なにか後ろめたいことでもあるの?」

    梓「あ、ありま……せん」

    唯「じゃあ見せられるよね?」

    梓「はい……」

    唯「貸して」

    梓「……はい」

    スッ

    唯「確かに。どれどれ」

    梓「……」

    唯「……ふむふむ」

    梓(ど、どうしよう……なにか言い訳……)

    唯「……」

    梓(真剣によんでる!? あんなえっちな内容なのに……)

    唯「……おぉぅ」

    梓(すいませんでしたすいませんでしたすいませんでしたすいませんでした)

    142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 20:47:57.56

    唯「へーなるほどなるほど」

    梓(ちがうんです! ちがうんですよ!!)

    唯「すっごーい!」

    梓(あ、やばその次のページは……)

    唯「ッ!!!」

    梓(あああああぁ~)

    唯「な、何これ……」

    梓「……」

    唯「うわっ! すご……」

    梓「……」

    唯「えぇ!? そんなことまで!?」

    梓「……へへ」

    唯「……」

    梓「……」

    梓(ごめんなさい。いやほんと)

    144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 21:06:21.39

    唯「……こんな風になるんだ」

    梓「……」

    唯「……あ、私イッた」

    梓「そこで終わりです」

    唯「……ねぇ、あずにゃん」

    梓「!」

    唯「私が言いたいことわかる?」

    梓「は、はい……」

    唯「じゃあ言ってごらん」

    梓「えっと……えっと……」

    梓「あ、あずにゃんは私のこと大好きなんだね!! わーい嬉しいなー!!!」

    梓「……です……ね」

    唯「…………」

    梓「というのは冗談で……」

    唯「……早く」

    146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 21:12:08.76

    梓「……うぅう!」

    唯「すねてもだめだよ」

    梓「ごめんなさい……このとおりです」

    唯「まぁ、謝るならいいけどね」

    梓「……ありがとございました、ではこれで」

    唯「待って」

    グイッ

    梓「……うげ」

    唯「まだ、ワケを聴いてないよ」

    梓「ワケ……ですか?」

    唯「そ。 どうしてこんなものを描いたのかなーって」

    梓「いじわるですね」

    唯「だまってこんなものを描いたあずにゃんのほうがいじわるだよ」

    梓「……そ、それは」

    唯「はっきり言いなさい」

    148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 21:18:34.30

    梓「叶わない妄想を……具現化」

    唯「よくわからないよ」

    梓「さびしいよるのお供にと……」

    唯「まだぼかしてる」

    梓「……唯先輩とにゃんにゃんしたいです」

    唯「よく言えました」

    梓「にゃんにゃーん……」

    唯「でも前したよね? にゃんにゃんもどき」

    梓「……しましたね。たしかえっちな本を読んだ流れで……」

    唯「あのときは私もどうかしてたよ、ごめんね?」

    梓「いえ……」

    唯「アレをまたしたいの?」

    梓「ぶっちゃけると……はい、そうです」

    唯「そんなによかったんだ?」

    梓「良かったです……」

    149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 21:23:31.49

    唯「ふーん?」

    梓「……したいです。してほしいです」

    唯「そんなこと考えながら描いてたんだ?」

    梓「はい。こうでもして発散しないと……」

    唯「?」

    梓「……襲っちゃいそうなので、てへ」

    唯「え?」

    梓「もうだめです」

    唯「は?」

    梓「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

    唯「な、なんであやま……」

    梓「唯先ぱ~い!!!」

    ギュウウ

    唯「ひゃあっ!?」

    梓「唯先輩唯先輩唯先ぱ~い♪」

    152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 21:39:59.67

    ダキッ

    唯「やあぁ! だめだよあずにゃんこんなところで」

    梓「じゃあ保健室いきますか!? それともマイルーム!?」

    唯「ちがうって……! あずにゃんもうっ!」

    梓「ハァ…‥スゥ。唯先輩の匂い」

    唯「離れてよー」

    梓「やわらかい体……むにゅむにゅだー」

    唯「ちょ、何処触って……!」

    梓「えへへ、唯先輩♪」

    唯「あずにゃん! やめてったらぁ」

    梓「それは無理です♪ 私、あの日からおかしくなってしまったんです」

    唯「えっ」

    梓「唯先輩のことを考えておまたを濡らす夜が続いてます」

    唯「そんな……」

    梓「こうなったのも全部全部唯先輩のせいです。責任とってください」

    154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 21:47:32.68

    唯「責任って……」

    梓「唯先輩が可愛いからです。可愛い唯先輩にあんなことされて」

    梓「おかしくならないはずないじゃないですか!!」

    ギュウウ

    唯「ひいいいっ!」

    梓「さぁ、しますよ。やっちゃいますよ」

    唯「ノー! いやだよー私まだそこまでいきたくない」

    梓「唯先輩の初めて。もらっちゃいます」

    唯「きゃあああっ!」

    梓「あ、じゃあ特別に選ばせてあげます。可愛いから」

    唯「……え?」

    梓「はじめてが悲惨なレ◯プかそれとも合意の上でのラブラブえっちか、です」

    唯「……」

    梓「あ、この間のはカウントしていません。だってそうでしょ? 二人とも記憶あいまいですし」

    唯「……そう、だけど……うぅ」

    156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 21:53:20.07

    梓「ほんとにきもちよかった記憶しかないんです」

    唯「うん……」

    梓「その! 体に! 刻まれた記憶がァ! わたしを夜な夜な苦しめるんです!」

    唯「ご、ごめんね"えええええ!!」

    梓「もう、謝っても許しません。メーターは振り切れました」

    梓「さぁ選んでください。唯先輩のはじめて」

    唯「……うぅ」

    梓「選ばない場合は自動で前者です」

    唯「えぇ!?」

    梓「あと5秒。54321」

    唯「あずにゃんとラブラブえっちしたいです!」

    梓「そうですか。嬉しいです」

    唯「はい……」

    梓「やっぱりはじめては好きな相手と合意の上に限りますよね」

    唯「はい……」

    159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 21:58:24.80

    梓「さっそくヌギヌギしましょうねー」

    唯「うえーん……お父さんお母さんごめんなさい」

    梓「大丈夫ですよ! 私のこと好きでしょ?」

    唯「好きだけど……好きだけどこんなのはちがうよおおお!」

    梓「……むぅ」

    唯「……うえーんシクシク」

    梓「……そうですか」

    唯「そうだよーうえーん

    梓「…………」

    唯「…………」チラッ

    梓「やっぱり……よくないですよね」

    唯「うんうん」

    梓「でもやります」

    唯「ぎゃああああっ!!」

    梓「優しくしますから」

    161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 22:05:11.11

    唯「絶対だよ!? 絶対やさしくしてね!! 痛いのやだから!」

    梓「あーあーわかってますよ」

    唯「怖いよー!! あずにゃああああん!」

    梓「ぴーぴーうるさいです」

    梓「うるさい子には……」

    唯「ひっ! やめて! ぶたないで」

    梓「キスしちゃいます」

    唯「え?……んぐぅ……んあっ」

    梓「……チュプ、ジュプ」

    唯「んひゅ……ハァ」


    梓「プハ、ど、どうですか!! これからは余計なこと言うたびにこうして口を塞いでやりますから!!」

    唯「……ふあぁ」

    梓「えへへ……私の超絶テクでデロデロですね」

    162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 22:10:02.88

    唯「……あ、あずにゃぁん」

    梓「どうしました? もう抗う力もでないですか? ざまぁ見ろです」

    唯「……もっとぉ」

    梓「!!」

    唯「もっとチュウしてほしいのぉ……」

    梓「!!!」

    唯「あずにゃぁん……ハァ……はぁ」

    梓「こ、これはああああああっ!!」


    ヂュウウウウウ

    チュプ ジュル

    チュパ チュプ チュ ヂウ


    唯「んぅ……もっとぉ……チュウ好き……」

    梓「私も好きです! 大好きです! 唯先輩大好きです!」

    163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 22:18:35.78

    唯「あずにゃん……大好き……大好き……」

    梓「大好きをありがと!」

    唯「ねぇ……もっと」

    梓「もっとチュウしますか!? いいですよ!」

    唯「ちがうの……もっとその先」

    梓「ほおおおおっ!!」

    唯「したいな……」

    梓「ぜひしましょう! でもここじゃなんなので移動しましょう」

    唯「ハァ……我慢できない……あずにゃんとチュウしたら……おかしくなっちゃった」

    梓「でしょ!? 私もそんな感じだったんです! わかってくれましたか!?」

    唯「うん……こんなに切なくて苦しいんだね」

    梓「私が救ってあげます」

    唯「お願い……あずにゃん……早く」

    梓「はい! さぁ、保健室いきましょ!」

    唯「うん……」ヨロヨロ

    166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 22:22:13.11
            ここで一旦CMで~っす
      <⌒/ヽ__
    /<_/____/

                 



    170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 22:30:28.89
      ー- _-. . ._
          >: : `丶,へヘ -―: : : :‐, へ. _
       /: : : : :/ / : : : : : : : : : : : : : }: : `丶、
      /: : : :// //: : : : :/: : : : : : : : : : ハ: : : : : \
      |: / /.:./ //: : : : :/: : :/: :/ /|: /  l l: : : : : : \
      |/ /:.:/〃ハ: :、 : /: : /: :/ / |/   l:|、: : : : : : :.
      | / : :| l:l |:.ヽ: ヽ|: :/: { /_- 、/     | } : : l: : i:|: :ヽ  本日ご紹介する賞品はコレ!
       : :/| U |:.:.:.\ |: { : / /:.:.:ヽ    _jハ : : l : ∥\   使いやすくあきのこないシンプルさが大人気の
      / ヘ: :ヽヘハ:.:.:.:/`V、:ハ {:.:.:.:ノ ..:::.. /:.:}i|: : :ハ :|     キッチンナイフ! スマートで洗練されたフィルムと
         V\| lヽ.:.{   ソ  ゝ ´..:::::::::::.{:.:ノ |: :/:.:|: :|     抜群の切れ味を兼ね備えた感動のデザイン。
           |」 \ヽ._、     __  '  /|:/.:./: /     一度使ったらやみつきです!
                  \::ヽ     、_ノ   / jハ:/ j//ーr-、-、 いまならなんと二割引! 二割引でご奉仕いたします!
               /ニ/ 丶、    , ′  __ /;;;{ヾ:、};;;}  ,.┬┐
            _.  ´  `丶. /_ーヘ´      {/;;;{ヾ:、 } };;/  ||
           /ァー 、     \ ヽ `丶、 __};;;;;⊂,ヽ  /    / /
           レ'   \     \-|    } {;;;{;;;;;;;;;;;{  /   / /
           |      \      ヾ    ハ};;;ヽ;;;;;;;;;∨    / /l
           |       `丶、   |   ∧}ヾ;;;;;;;;;;;;;/   / /;;;;l
            |         /  >-- 、_ノ  ヽ Yヽ;;;/   / /;;;;;;;;l
            |      / / く  ーァ _}、`\} |  /   / /};;;;;;;;;;

    173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 22:38:32.23
    .          _ ....  ... __
    .  l、    , イ: : : : : : : : : : :\‐-、_
     _斗>―く.: : :/: : :/: : : : : : : : ヽ: : :\
    f_: : : : : : : : ト:/: : : :/: /: |: : :ヽ: ∨ ',: : : l
    '/: : : : : : : : !::|: : : /: / |: |: : : :|、:l: : :い 」  ねぇ憂しってる?
    j: : :, : : : : : :|: l: ::/ ! 厂|: |: : : Л::!|: :!|.:トゝ 私たちのCDがでたんだってさー
    7/: : : : : :/: :| : |' |斗_、!:|:|: :/..,|_イ: :|ぃゝ  え? 憂はもうオリコン入った? 
    ´ 〉: : : : : :!レヘト、」ィうマヽ` '`' iぅヽ|: /: /   嘘ォ! ずるくないずるくない!?
    . '‐へ:|: :ハ!l( 〉  辷ノ     じ 从:/    なんであんたばっかりもおおお!
       ` ’ 丶、>       '    } `     絶対来週には抜かしてやるんだから!
           _,r-ゝ、    o   ィ       ということで!
        r~~ ⌒ぅj_> 、 _  <ノヽ      『けいおん!!』 イメージソングCD『鈴木純』
    .   マ       '¬、.  | r'~´  `ァ     純情Bomber!!
       人  、_     `ヽイ     }、    Midnight スーパースター☆☆☆
    .   ′バ丶、ヽ、_    `^   ィ´ ハ    Come with Me!!(純Ver.)
      l  .ハ ∨ >- 、__   _ _ /   ! |    といった素敵な曲収録されてます! 
      _|   ハ Ⅵ    ` T~ |    V |    買ってくださいね!
    . | `' ー  } l|      | |   |!/ノ    憂には絶対まけないから!!!
    . /    /l|     |   l    | }
    .l   /  ||       |  |    | |

    177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 22:49:46.16

    【保健室】

    唯「ハァ……やっとついた」

    梓「ふふ、たったこれだけの移動距離なのに我慢できないんですか?」

    唯「だってぇ……あずにゃんがそばにいるだけで……」

    梓「ムラムラ?」

    唯「ちがうよぉ……ドキドキ……うずうず」

    梓「一緒じゃないですか。えっち」

    唯「えっちじゃないもん」

    梓「えっちな唯先輩。わーへんたいだーキャー」

    唯「ちがうもん! あずにゃんのほうが変態だもん!」

    梓「じゃあ比べてみましょっか?」

    唯「……うん」

    梓「いい子ですねー。さぁそこのベッドに横になってください」

    唯「……うん」

    ギシ

    179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 22:56:00.61

    梓「あ、顔はこっち向けて」

    唯「うぅ……」

    梓「あははっこれが変態の顔ですよ」

    唯「うぅ!」

    梓「冗談ですって。もう、もっといじめくなっちゃうんでそんな目しないでください」

    唯「あずにゃん……はやくぅ……」

    梓「はいはい、わかりました。じゃ、自分で脱ぎますか?」

    唯「脱がして……」

    梓「全く、甘えんぼですね。いいですよ。私が脱がせてあげます」

    唯「うん……ありがと」

    梓「っとその前に」

    唯「?」

    チュッ

    唯「ふぁ……」

    梓「唯先輩は可愛いです。大好きです」

    182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 23:03:12.59

    唯「あずにゃん……すきぃ」

    梓「子供みたいですね。それじゃ、失礼します」

    スル

    スル

    唯「んっ……」

    梓「はずかしいですねー唯先輩」

    唯「……ん」

    梓「唯先輩の大事なトコこれから私に見られちゃうんですよー?」

    唯「やぁ……」

    梓「イヤですか? やめますか?」

    唯「ん……脱がして……」

    梓「はい。もうパンツ下げますね?」

    唯「ぁ……うん」

    梓「それっと」

    スルスル ズル

    183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 23:08:53.30

    梓「あらら。こんなに汚しちゃって」

    唯「うぅ」

    梓「ほんとにえっちな人ですね。まだ触ってもいないんですよ?」

    唯「だってぇ……あずにゃんのせいだもん」

    梓「タイツまで染みてます」

    唯「言わないでぇ……」

    梓「綺麗にしなきゃだめですね?」

    唯「え?」

    梓「私、冷静にみえるでしょうけど、すでに結構キテるんですよ」

    唯「……えっ?」

    梓「あ、ダメだ、もうおさえられない」

    唯「あ、あずにゃん?」

    梓「再びごめんなさい」

    唯「あず……にゃあああああっ!?」

    梓「ペロペロペロ、チュプ、ペロペロペロジュプ、ニュプ、チュパ」

    188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[眠い] 投稿日:2011/01/23(日) 23:37:48.48

    唯「だめだよおおおそんなとこ舐めるなんてっ……」

    梓「チュプチュプペロ」

    唯「んあっ……きたな、いよぉ……」

    梓「チュプペロだから、綺麗にしてるんじゃないですかペロ」

    唯「あん、んぅ……きも、ち」

    梓「チュパ、綺麗にしたいのに、チュププどんどん汚れていきます。とまりませんね?」

    唯「あふっ……ごめんね……んんんっ」

    梓「ふー、キリがないです。ペロッ」

    唯「ひゃうっ」

    梓「おいしいですけど、そろそろおしまいにして」

    唯「んっんっ……え?」

    梓「入れます」

    唯「いれ……」

    梓「指でいいですよね?」

    唯「入れるの……?」

    190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[眠い] 投稿日:2011/01/23(日) 23:42:10.97

    梓「唯先輩のはじめてを私の指でいただいちゃいます」

    唯「あ……」

    梓「ごめんなさい。私、女なんで」

    唯「うん……いいよ、あげる。貰って?」

    梓「これだけ濡れてたら……いれますね?」

    唯「うん……」

    ツプ

    唯「んっ……」

    梓「指一本くらいなら簡単に入りますね」

    唯「んあぁ……」

    梓「きれい……ほんとに綺麗です」

    唯「そんなことないよぉ……」

    梓「唯先輩も一人でしたりしてました?」

    唯「あずにゃんに教えてもらった方の一人遊びのこと……?」

    梓「そうですよ……ほんとはオ◯ニーって言うんです」

    191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[眠い] 投稿日:2011/01/23(日) 23:50:06.30

    唯「お◯にー……」

    梓「まさかほんとにしらないとは思いませんでした」

    唯「うん……ごめんね」

    梓「いえいえ、あの純真だった天使がこの堕ちっぷりですからね」

    唯「ふふ……」

    梓「あの時のキッスがきっかけで目覚めちゃったんですよね? 唯先輩は」

    唯「うん……あのときね。あずにゃんに突然されたチューがわすれられなくて……」

    梓「はい」

    唯「気づいたらあずにゃんのことばっかり考えてて……おまたとか擦るようになって…・・・」

    梓「それで我慢できなくてエッチな本読んだりしてたんですか?」

    唯「うん……あの時はごめんね」

    梓「もういいですよ。それに私も楽しかったですし」

    唯「あれもまたしたい……かも」

    梓「そうですね。またあのおっかない唯先輩も見てみたいです」

    唯「でもいまは……」

    192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/23(日) 23:54:41.82

    梓「そうですね。指、二本目ほしいですよね?」

    唯「うん……いれて」

    梓「頼まれなくとも」

    ツププ

    唯「んっ……はぁ」

    梓「なんですかそのやらしー声。淫乱マゾ猫は唯先輩のほうじゃないんですか?」

    唯「うぅ……」

    梓「あ……次入れたら、さけちゃいます」

    唯「……うん」

    梓「いいんですよね? ほんとに」

    唯「……うん、あずにゃんがいいの」

    梓「嬉しいです」

    唯「あずにゃんに捧げることができるなんて幸せだよ……」

    梓「ありがとうございます。でも私はもっともっと幸せですよ?」

    唯「あずにゃん……」

    197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/24(月) 00:03:40.01 ID:R2Cqr3ez0

    梓「唯先輩……大好き……」

    唯「あずにゃ……あああっ!」

    ズブ

    唯「んぐ……」

    梓「唯先輩……痛いですか? ごめんなさい」

    唯「あやまらないで……私、うれしいから」

    梓「血、でちゃいましたね」

    唯「だ、大丈夫だから……つづけて」

    梓「はい。痛くないように頑張ります」

    ズチュ ズッチュ

    唯「んんんっ! ふぁあああ」

    梓「唯先輩かわいすぎ……唯先輩……」

    チュ

    唯「んむぅ!?」

    梓(可愛い唯先輩。私の唯先輩。大好きな唯先輩。愛してます唯先輩。ずっとこのままずっと―――)  

    198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/24(月) 00:10:32.46

    ――――――

    ――――

    ――


    ……


    唯「ねーあずにゃ~ん」

    梓「まってください。いま話しかけないで」

    唯「えー、これどうしたらいいのー」

    梓「あ、そこはこのスクリーントーンを貼って、はいそんな感じでお願いします」

    唯「てかさーあずにゃん」

    梓「はい?」

    唯「私の初体験はいまあずにゃんが描いてる漫画のとおり済んだわけだけどさ」

    梓「え、ええ……」

    唯「あずにゃんはまだだよね? ずるくない?」

    梓「ず、ずるくはないですよ……」

    199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/24(月) 00:14:58.94

    唯「あとさー」

    梓「なんです?」

    唯「えっちする度いちいち内容をネームにするのやめない?」

    梓「いえ、思い出ですから」

    唯「はずかしいよ……」

    梓「いまのこれが上がったら、次はこのネームでいきます。確認しておいてください」

    唯「んーこれか……」

    梓「それ確か、4回目のえっちですね」

    唯「あーあれね。非常階段のやつ」

    梓「あの時は危なかったですね」

    唯「もし、さわちゃんに見つかってたら……」ブルブル

    梓「ここ、トーンお願いします」

    唯「ほーい。あ、ねーねー」

    梓「まだ何かあるんですか?」

    唯「えへへ、えっとね?」

    201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/24(月) 00:21:49.01

    唯「次のネームはあずにゃんが私にいろいろされちゃう内容がいいなー……なんて」

    梓「!!」

    唯「えへ……どうかな?」

    梓「そ、それはつまり……次する時は……」

    唯「覚悟をきめなさい!」

    梓「だ、だめですよぉ……」

    唯「でも、そろそろ一人遊びも限界なんでしょ? あずにゃん」

    梓「無理ですよおお! だって私まだ唯先輩より年下なんですし! 早いです!」

    唯「淫乱マゾ猫中野あずにゃん」ボソ

    梓「!!」

    唯「……ね?」

    梓「うぅ……ううううっ!! しらないですうううう!!!」



    to be continued...

    コメントを書き込む コメントを読む(6) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

りつむぎ!
唯憂「平沢姉妹の頑張り物語」
憂梓「乙女な災害対策!」
  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/01/24(月) 14:44:44 URL [ 編集 ]
    余は満足じゃ

    関係ないけど後1記事で1000だな
  2. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん ◆- 2011/01/24(月) 14:57:21 URL [ 編集 ]
    おい続きを
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/01/24(月) 15:17:57 URL [ 編集 ]
    スレのほうで続きじゃなさそうだけど同じ書き手が書いてた
    終わったらまとめてくれよ頼むぞバイトいってくる
  4. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/01/24(月) 15:36:07 URL [ 編集 ]
    あ、私イッタwww
  5. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/01/24(月) 15:56:58 URL [ 編集 ]
    >>4
                ___
               ,r'     `ヽ、
              ,i"        ゙;
              !.(●)   (●),!
              ゝ_      _,r''
             /  ;;;;;;  ・・ ;;;;) <それは報告しなくてもいいです。
             /          (_
            |    f\ トェェェイノ     ̄`丶.
            |    |  ヽ__ノー─-- 、_  )
    .        |  |            /  /
             | |          ,'  /
            /  ノ           |   ,'
          /   /             |  /
         _ノ /              ,ノ 〈
        (  〈              ヽ.__ \
         ヽ._>              \__)
  6. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん ◆- 2011/01/24(月) 17:32:31 URL [ 編集 ]
    まさかの三部作だったとは・・・
    余は満足じゃ

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

<<唯「もうすぐ、マラソン大会だね」 | トップページ | 唯律「お姉ちゃん!」 VS 澪紬梓「一人っ子!」>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。