fc2ブログ

けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

唯「和ちゃん、宿題見せてくれる?」

  1. 名前: 管理人 2010/08/30(月) 20:43:39
    3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 19:46:44.51
    唯(なんや、いったいなんなんやこのいんぐりっしゅな宿題は?)

    唯(わたしに英語の問題が解けると思うとるんか?)

    唯(このわたしに英語なんてものはノーサンキュー!)

    唯(……しかし、日本社会をちょーりょーばっこするいんぐりっしゅができないのはさすがにマズイ)

    唯(落ち着いて。クールビズだよ。そう、難しい問題を前にしたときこそクールビズだよ!)

    唯(シーイズクレイジーアバウト……なに、クレイジーアバウトって?)

    唯(クレイジーは狂ってるでしょ。アバウトはテキトー。つまり……)

    唯(彼女はテキトーに狂っている?)


    和「……どうしたの、唯?」

    唯「ああ、和ちゃん……」


    4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 19:50:07.90
    和「どうしたのよ? 珍しく休み時間に宿題なんてして」

    唯「今日、憂の借りてきたコナンを見たいから宿題を終わらせておこうと思って」

    和「動機はともかく、いい心がけね。これからもそうしたら?」

    唯「うぅ~でもわたしに英語なんて解けないよ! 解ける問題がないよ! ノープロブレムだよ!」

    和「問題大アリね」

    唯「和ちゃん」

    和「なによ?」

    唯「困ったときはお互い様だよね? 友達は助け合って生きていくべきだよね?」

    和「そうね。お互いに頼り頼られる関係になりたいわね」


    6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 19:54:09.35
    唯「その言葉が聞きたかった。和ちゃん、宿題見せてくだせー」

    和「いやよ」

    唯「じゃあ答えを教えてくれるだけでいいよ」

    和「そうなんだ、じゃあ私、生徒会行くね」

    唯「お待ちなすって」

    和「……あのね唯。アンタは今年、受験生なのよ。勉強しなくてどうするの?」バンッ!

    唯「コナン見たいもん」

    和「なんで今さらコナンなのよ?」

    唯「だって第二話で、コナンが大岩を砕くシーンがまた見たくなったんだもん」

    和「まさか名探偵じゃなくて未来少年のほうとはびっくりね」

    唯「あはは、まさか今さら名探偵コナン見ようなんてそんなのアリエッティだよ」

    和「アリエッティは宮崎駿監督じゃないわよ」

    7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 19:59:31.17
    和「まあ宿題見せるのはダメだけど、勉強を教えるならいいわよ」

    唯「それだよ」

    和「なにがよ」

    唯「世の中は結果がすべてだって言うくせにさ」

    唯「どうして、こと宿題に関してはまずやることが重要みたいな風習があるの?」

    和「一見、まともな疑問のようでも馬鹿が言うと台なしね」

    唯「うん、馬鹿だから宿題見せて」

    和「うまい会話運びね。でも宿題は見せてあげないけど」

    唯「せっかく頭を使ったのに不発に終わっちゃったかあ」

    和「普通に勉強に頭を使いなさい」

    10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 20:03:05.10
    唯「というわけで、今日は和ちゃんに宿題を教えてもらうことになったんだ」

    律「ふうん、まあ和になら安心して勉強教えてもらえるもんな」

    唯「わたしとしては答えさえ教えてくれれば、それでいいんだけどね」

    律「唯が勉強できない理由がよくわかるな」

    澪「そこでサラリと自分のことを棚にあげるから律も勉強できないんじゃないのか?」

    律「澪があげるのは手だけどな」

    澪「そうだ、な!」ボコッ

    律「ボケにコブシが決まった……!」

    11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 20:05:56.79
    唯「わたしはお手上げだよ、りっちゃん!やっぱり答えだけみせてもらえるように努力するよ」

    梓「和先輩が唯先輩に気を揉む理由がわかる気がしますね」

    唯「ほほう」ジーッ

    梓「揉む、という単語に反応して私の胸を見つめるのはやめてください」

    唯「やだなあ、あずにゃんの胸なんて揉めるわけないよ。わたしが見てたのは肩だよ、かーた」

    澪「『揉み』つながりか」

    梓「…………」モミモミ


    13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 20:09:36.02
    唯「まあ、とにかくわたしとしては和ちゃんからさっさと答えだけ教えてほしいわけでして」

    澪「いや、勉強しろよ。勉強していくうちにおのずと自分で答えを出せるようになるぞ」

    唯「催眠術とか使えたらいいよね。今から勉強しようかなあ」

    梓「催眠術覚えている間にきっと宿題が終わりますよ」

    唯「ていうか宿題のしかたがわからないよ」グデー

    澪「期末試験の唯はなんだったんだ」

    唯「なんだったんだろうね」

    律「とりあえずガンバったらいいじゃん。せっかく和が教えてくれるんだからさ」

    唯「うん、なんとか答えを教えてもらえるようにガンバるよ」

    梓「どんだけ勉強嫌いなんですか」

    唯「あ、ムギちゃん、紅茶おかわりー」

    紬「はいはーい」

    15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 20:13:02.84
    唯「というわけで、あと10分ぐらいしたら和ちゃんが来るから。なにかおやつを用意してほしいんだ」

    憂「急だね。でも安心して。いちごのショートケーキを買っておい

    唯「却下」

    憂「いちごのタルトが

    唯「却下」

    憂「いちご100パーセン

    唯「却下。いちごのたぐいは全部ダメだよ」

    憂「まだ和さんにケーキのいちごを食べられたこと、気にしてるの?」

    唯「うん、ありとあらゆる意味で気にしてるし、許せないね」


    16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 20:18:41.51
    唯「だいたいどこの世界にケーキのいちごから食べる人がいるの?」

    唯「そもそも和ちゃん、いちごの食べ方じたい間違ってたし」

    憂「私はその場にいなかったからなにも言えないけど、どうやって食べたの?」

    唯「こう、尖端からパクリっ、と」

    憂「べつに変じゃなくない?」

    唯「イモトー……いもうとぉ、しっかりしてよ!」

    憂「珍獣シスター……」

    唯「え?」

    憂「うん?」

    唯「まあムギちゃんが一番イモトに似てるけどね」

    憂「眉毛だけで判断してるでしょ」


    17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 20:22:26.69
    唯「いちごの話に戻るけど、和ちゃんの食べ方がおかしかったんだよ」

    憂「どうして? 普通に尖端から食べたんでしょ?」

    唯「実はいちごは尖端が一番甘くて、へたがあるほうに行くにつれて味が薄くなるんだよ」

    唯「だからおいしくいちごをいただくなら、へたがついている側から食べたほうがいいんだよ」

    憂「知ってるよ。それをお姉ちゃんに教えたのは私だもん」

    唯「ですよねー」

    憂「お姉ちゃんの胸のいちごも和さんに取られないようにね」

    唯「んん? 意味がわからないよ?」

    憂「じゃあ私、純ちゃんの家に行くから」

    唯「んー。いってらっしゃあい」

    20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 20:27:07.46
    唯「ひとりになってふと思ったけど、憂に宿題やらせればそれでこの話終わってたよねえ」

    唯「和ちゃんは大好きだけど、勉強に関しては人一倍うるさいしなあ」

    唯「宿題見せてって言ってもけんもほろろにしか扱ってくれないだろうし」

    唯「全然関係ないけど、実際(アニメ)は和ちゃんがいちごを食べたときは、へたの部分から食べたんだけどね」

    唯「思いっきり憂にウソついちゃった」

    唯「まあいいや」

    唯「……うん、まあいいや」

    23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 20:30:31.51
    和「おじゃまします。はい、さっさと宿題を終わらせましょう」

    唯「答えをわたしに見せてください」

    和「残念ながら私もやってないの」

    唯「甘いよ和ちゃん。わたしの席は一番後ろ。周りを見渡すには絶好のポジションなんだよ」

    唯「実は宿題やってたでしょ?」

    和「よく観察してるわね。見せてあげないけど」

    唯「ではどうすれば見せてくれますか?」

    和「きちんと宿題をやったら見せてあげる」

    唯「やったあとじゃ意味ないじゃん!」

    和「答え合わせになるじゃない」

    唯「じゃあ今から和ちゃんの答えに合わせるよ」

    和「いいからやりなさい」

    24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 20:34:29.15
    唯「仕方ない。宿題やるか」

    和「ようやくやる気になったみたいね」

    唯「ところで和ちゃん。わたし今すごく眠いんだけど、仮にここで寝たらどうなるかな?」

    和「とりあえず宿題は終わらないでしょうね」

    唯「いやいや、わたしが寝て起きたら宿題が終わってたりして……ね?」チラッ

    和「宿題は終わらないわよ。だって終わらせるものだもの」

    唯「かっこいいこと言ってるように思えたけど、普通のこと言ってるだけだね」

    和「ところで唯は知ってる?」

    和「人間は反射的に身体を動かさない場合でも、まず無意識に身体のどこかを動かして、それから考えて行動するのよ」

    唯「……………………………………………………………………………………………………つまり?」

    和「とにかく手を動かしなさい」

    唯「はい」


    26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 20:38:05.01
    ………

    唯「か、か、和ちゃん」

    和「『か、か』がすごい気になるわね。で、なに?」

    唯「休憩しよっか?」

    和「宿題開始から三分しか経過してないわよ」

    唯「されど三分だよ。ウルトラマンが地球にいられる時間だよ? そう思うと結構な時間だよね?」

    和「ウルトラマンは三分の間に怪獣を倒すけど、アンタはまだ一問すらも問題解いてないじゃない」

    唯「うん、もうへりくつはいいや。お菓子食べよ。わたしがもってくるから待ってて」

    和「まあなんでもいっか。じゃあおねがい」

    唯「ヤハハハ、それじゃ少し待っててね」

    27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 20:39:44.70
    ごめん生徒会に呼ばれた
    少し中断する

    29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 21:06:19.48
    失礼再開します

    30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 21:08:27.87

    唯「お待たせ。さあさあ食べて、和ちゃん」

    和「……こんなお菓子初めてみるけどなにこれ?」

    唯「ごめんね和ちゃん。こんなものしかなかったんだ」

    和「…………不思議ね」

    唯「なにが?」

    和「なんで唯はいちごのショートケーキを食べてるのかしら?」

    唯「あとで和ちゃんにもあげるから、今はそれと一緒にジュースを飲んでほしいなあ」

    和「よくわからないけど……いただくわね」

    唯「どうぞお召し上がりになって」

    和「もしかして、唯。私がお菓子を食べさせてくれたお礼に宿題を見せるとか思ってないわよね?」

    31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 21:13:19.41
    唯「いやいや、さすがにそれは浅はかってもんだよ」

    和「ふうん。いただきます」ボリボリ

    唯「どうぞどうぞ」

    和「……これ、すごく喉がかわくわね」

    唯「そのためのジュースだよ、和ちゃん」

    和「気が効くわね……ん」ゴクゴク

    唯「おいしい?」

    和「不思議ね。オレンジジュースなのにすっぱいわね」ゴクゴク

    唯「最近の炭酸飲料は炭酸が弱くなってるからね」

    和「いや、それオレンジジュースに炭酸が効いてる理由にはなってないし」

    唯「ぐふふ、そうだね」

    和「…………?」

    32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 21:16:12.49
    唯「ほら、和ちゃん。チーザーがまだ残ってるよ」

    和「このお菓子、よく見たらお酒のつまみじゃ…………あれ?」

    唯「どうしたの和ちゃん?」

    和「あ、あへ……? ぁたまが……ぽーっと……するぅ?」

    唯「あらら、それは大変だー(棒)」

    和「ちょ、ちょっとぉ……ゅひ、あんひゃ……わたひの……じゅーちゅに、なにいれはの?」

    唯「なにも入れてないよ?」

    和「ウソ……おっひゃい……!」

    唯「あ、でもそのジュースはよくお父さんが食卓で飲んでたなあ」

    和「そうなんだぁ……じゃあ、わらひ……せいとくぁいにひっく!……ね…………」ガクッ


    唯「ウっシシシ……成功したよ」

    33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 21:19:57.22
    唯「いやあ、マジメな和ちゃんはやっぱりお酒なんて飲んだことなかったみたいだね」

    和「…………」

    唯「わたしもお酒、飲んだことないけど」

    唯「それにしてもこんな天才的な罠を思いつくなんて、わたしってばまさに天才」

    唯「お酒を飲ませて、和ちゃんを酔わせて宿題を盗み見る」

    唯「……和ちゃんは酔うどころか酔いつぶれて寝ちゃったけど」

    唯「よーし、和ちゃんが寝ている間に宿題を写すぞー」

    唯「ぺらぺら~」

    唯「やっぱり和ちゃんのノートはキレイだね~。これならすぐに写せるよ」

    唯「……あれ? 答えが書いてない」

    34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 21:24:08.52
    唯「あ、これ全部、問題の解説だ」

    唯「もしかして、和ちゃん……」

    和「すぅーすぅー…………」

    唯「私のために授業中にノートを作ってくれてたのかな……?」

    和「…………ゅい」

    唯「和ちゃん……」

    和「勉強、しなさい……ょ」

    唯「和ちゃん、予想外だよ」

    唯「……普通に宿題やっておいてくれたほうが嬉しいよ、もぉ!」

    36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 21:27:26.42
    和「ふうん、そう」ムクリ












    唯「ほえ!?」

    37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 21:32:08.24
    和「なかなかお酒もいいわね……ねえ、唯?」

    唯「和ちゃん、まさか起き上がるなんてびっくりだよ」

    和「私はアンタが私にお酒を飲ませたことにびっくりよ。なんのつもりかしら?」

    唯「あ、あはは、わたしらしい天然ボケミスかなあ? ……なんちゃって」

    和「天然って便利な言葉ね」

    唯「ていうか和ちゃんが意外にお酒に強いなんて……」

    和「酔ってベロンベロンになった私なんて想像できる?」

    唯「言われてみるとたしかにね」

    38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 21:36:55.04
    和「うふふふふ、ねえ、唯」

    唯「なあに、和ちゃん?」

    和「唯って女の子に興味あったりする?」グイッ

    唯「の、和ちゃん? 顔が近いよ?」

    和「いいじゃない、女同士だし。それに……」

    唯「それに?」

    和「今なら誰もいないし、誰も見ていないし、誰も邪魔しないし、つまり二人っきり……えへへ」

    唯「うわ、完璧に酔ってるよこの人」

    39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 21:41:29.14
    和「そうね。最高にハイね。だって気分がよすぎるから……はいっ」

    唯「きゃっ」

    和「このように私は唯をベッドに押し倒してしまうの」

    唯「あ、あの、和ちゃん……?」

    和「唯、知ってる? ……ねえ知ってる? 知らないと、生徒会に行っちゃうわよ?」

    唯「行ってよ」

    和「つれないわねえ。私にあんなお酒飲ませておいて」

    唯「あんなお酒?」

    40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 21:47:18.49
    和「スクリュードライバーよ」

    唯「すくりゅーどらいばあ?」

    和「男が女の子を落とすのによく使うお酒よ。唯が私に飲ませたのがまさにそれだったの」

    和「口あたりはいいんだけど、なかなかアルコール度数は高くてね……ぐふふ」

    唯「息くさっ」

    和「はぁ~」

    唯「ゲホッ、ゲホッ……」

    和「まさか唯はなにも知らずに私にそのカクテルを飲ませたの?」

    唯「カクテキだかなんだか知らないけど、知らなかったよ」

    和「天然で私を落とそうとするなんて……恐ろしい子……ふふ」

    唯「眠りには落とそうとしたけど、まさかこんなことになるなんて……」

    42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 21:54:34.45
    和「唯、せっかくだしお酒の勢いにまかせてこのまま……」

    唯「わ、わ、ダメだよ! 絶対にダメ!」

    和「唯……はあ~」

    唯「ゲホッ……ゲホッゲホッ……だから、酒臭いよ!」

    和「ねえ、唯。私、最近生徒会で疲れてるの」

    唯「和ちゃん……」

    和「行事がたくさんあって、私もその関係ですごく忙しいの」

    唯「大変だね」

    和「だから行事で疲労のたまった私を情事で癒して!」

    唯「うまくないし、顔近いよ!」

    43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 21:59:54.96
    和「どうして、唯は納得してくれないの?ねえ、どうして?」

    唯「お酒の勢いにまかせたらダメだからだよ」

    和「あ、もしかしてまだいちごのこと怒ってる?」

    唯「ほんの数分前までは怒ってたけど、今はもうどうでもいいよ!」

    和「はあはあ……ねえ、唯、もう我慢できなくなってきちゃった……どうしよ……?」

    唯「知らないよ! はなしてよ!」

    和「もう、お互い処女どうし、一緒に処女を散らせましょ?」

    唯「なっ……わたしのいちごに続き、さくらんぼまで奪う気なの!?」

    和「あなたーとわーたし、さくらんぼー」

    唯「いやああああ」

    46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 22:04:20.31
    和「大丈夫よ。優しくするから……ね?」

    唯「……うっ」

    和「ねえ、唯……」

    唯「ストップ! ストップだよ、和ちゃん!」

    和「なによ?」

    唯「わたしと和ちゃんは宿題をやるはずだったんだよ!?」

    和「ほっときなさい。宿題なんてあとでいくらでも見せてあげるから。まずは私を見て……」

    唯「脱がないでよ」

    和「じゃあ脱がせよ」

    唯「いやああああああ」

    47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 22:09:33.07
    唯「待って! 待つんだよ、和ちゃん」

    和「アンタ、どれだけ私を焦らす気なの?」

    唯「だからちがうっ。宿題だよ」

    和「宿題?」

    唯「わたしたちは宿題をやるはずだったんだよ?」

    和「うるさいわね」

    唯「わたしが解けない問題があるの」

    唯「しーいずくれいじーあばうと……ってなに?」

    和「クレイジーなのは私だから安心して」

    唯「もうやだこの人」


    48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 22:13:46.50
    和「一つ聞いていい?」

    唯「なあに、わたしに馬乗り状態の和ちゃん」

    和「私のこと嫌い?」

    唯「嫌いじゃないよ。好きだよ」

    和「じゃあなんでダメなのよ? 私をもてあそんで楽しいの?」

    唯「全然、そんな気ないよ」

    和「…………寂しいわね」

    唯「……え?」

    49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 22:19:53.06
    和「ほんとっ……中学の頃は二人でベタベタしてたのに」

    唯「ベタベタまではしてないと思うけど」

    和「高校に入るまでは、金魚のフンみたいに私についてきたのに」

    唯「…………」

    和「気づいたら、なんだか成長しちゃってるし」

    唯「そう、かな?」

    和「自覚はないの?」

    唯「人に言われても全然わかんないや」

    和「……そう。唯は成長したわよ。私が言うんだもの。間違いないわ」

    唯「……和ちゃん」

    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 22:24:55.13
    和「それに、大学は行くところちがうし」

    唯「和ちゃんは国公立だっけ?」

    和「うん。やっぱり今の時代はいい学校行っといたほうがいいから」

    唯「そっか」

    和「幼稚園から高校までずっと一緒だったのにね。ここにきて、お別れなんて……」

    唯「お別れじゃないよ。わたしと和ちゃんの家はすぐ側だし……」

    和「そんなこと知ってるわよ。知ってる。けれど……」

    唯「けれど?」

    和「やっぱり寂しいものは寂しいのよ」

    唯「わたしも、寂しいかな……」

    和「うん、寂しいからさ……」

    52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 22:32:02.17
    和「せめて今のうちに肉体関係だけでも築いておくべきよね?」

    唯「あの、空気読んで和ちゃん。KYすぎるよ」

    和「アンタは知らないだろうけどKYっていうのは本来は『空気読め』って意味なのよ」

    和「今じゃ意味が変わって『空気読めない』に変化してるけど」

    唯「たしかに知らなかったよ」

    和「でしょ? だから私たちの関係も変わりきってしまう前に、ね?」

    唯「だから無理やりでもそうやってそっちに結びつけないでよ」

    和「嫌なの?」

    唯「嫌だよ」

    56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 22:37:53.23
    唯「こ、こうなったら」

    和「こうなったら?」

    唯「憂に言いつけるよ?」

    和「言ってみれば?」

    唯「ふん、いいもん……あ、もしもし憂?」

    憂『もしもし、どうしたのお姉ちゃん?』

    唯「実はね」

    憂『うん』

    唯「和ちゃんにわたし、襲われそうなんだよ」

    憂『いいんじゃない?』

    59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 22:44:33.50
    唯「え? いいんじゃない? いやいやよくないよ」

    憂『だって教わるんでしょ?』

    唯「ちがうよ。教わるんじゃなくて襲われるんだよ!」

    憂『だから、和さんから教われるんでしょ? いいことだよ』

    唯「あのー……憂?」

    憂『お姉ちゃんの胸のいちごも和さんに取られないようにね』

    唯「え?」

    憂『バイバイ、頑張ってねー』

    ぷちっ

    唯「…………」

    和「話は終わった?」

    63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 22:53:25.73
    唯「どうなってるの? 憂にわたしの話が通じないなんて……」

    和「まあつまりそういうことよね」

    唯「どういうこと? さっきからわたしのお尻を撫で回している和ちゃん」

    和「こんな言葉を知ってる?」

    唯「知らないよ。ていうか今日の和ちゃん、知ってる、言いすぎだよ」

    和「まあまあ。将を射んと欲すればまず馬を射よ、って」

    唯「ええと、つまり?」

    和「憂はもう私にメロメロなの」

    唯「妹が寝取られてた……」

    和「まあまだ最近、二年前のことよ」

    唯「まだ憂中学生だよ!」

    65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 23:02:29.69
    和「ちなみに憂は私と二人きりのときは『和ちゃん(はーと)』って私のこと呼ぶの」

    唯「へ、へえ」

    和「って言ってももとは憂がいけないのよ。私は唯にずっと前から惹かれてたのに」

    唯「わたしも和ちゃのことをもっと知っておけば、引いてたよ」

    和「二年前、私、唯が部活でいないときに唯の家に行ったの」

    和「憂ったら私が生徒会のことでカリカリしてたらね、気をつかって、ジュースを出してくれたの」

    唯「まさかそれがお酒だったとか?」

    和「そのときは酎ハイだったわね。憂ったらミスしたのかしら……とにかく私、それを飲んだの」

    唯「そ、それで?」

    67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 23:10:46.88
    和「酒のせいで記憶にはないけど、意識が戻ったあと、憂が『すごかった……』って」

    唯「す、すごかった……?」

    和「それ以来、私たちはまあ色々と色々なことをしたわ。聞く? 聞きたい?」

    唯「聞きたくない」

    和「そう、残念。それにしても……将を射んと欲すればまず馬を射よ、なんて言うけど普通に将を射ればいい話よね」

    唯「一人で納得しないでよ!」

    和「まあ、いいわ。唯、続きをしましょ」

    唯「あの、和ちゃん? なにをする気かな?」

    和「つ・づ・き」

    唯「いやああああ」

    69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 23:16:40.88
    唯「くれいじーだよ! 和ちゃんがお酒でくれいじーになっちゃったよ!」

    和「唯もCrazyにしてあげる」

    唯「いやあああ脱がさないでええ」

    和「あら、かわいらしいいちごさんがあるわね」

    唯「おーのー!」

    和「安心して。綺麗に摘み取ってあげるから」

    唯「うーいー助けてぇ!」

    和「助けはこないわよ! 朝までたっぷり楽しみましょ」

    唯「いやああああ」

    70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 23:22:29.95
    和「安心して、私が唯を気持ちよくしてあげるから」

    唯「がうっ! がうっ! がううっ!」

    和「そんなさかりのついたオス犬みたいにがっつかないで」

    唯「ちーがううっ!」

    和「大丈夫よ。気持ちよーくしてあげる。快楽で天国にまで導いてあげる」








    憂「じゃあお姉ちゃんが天国に行ったら、次は私が和さんを天国に導きますね」

    和「え?」


    74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 23:30:49.11
    10分後

    和「」ピクピク

    唯「ええと……どうなってるの?」

    憂「お姉ちゃんの電話でいやな予感がしたから駆け付けたんだよ」

    唯「…………」

    憂「どうしたの?」

    唯「いや、その……和ちゃんが言ってたんだけど……憂と和ちゃんが肉体関係を持ってる、って」

    憂「それ嘘だから安心して」

    唯「そうなの?」

    憂「たしかに二年前ぐらいに和さんにお酒を飲ませちゃって暴走させたけどね」

    憂「べつに変なことしてないしされてないから」

    唯「ほ、ホントに?」

    憂「…………」

    唯「憂?」

    憂「…………///」

    76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 23:36:28.05
    唯「憂……?」

    憂「お、お姉ちゃんこそ、なんともない?」

    唯「まあおかげさまで」

    憂「よかったー」

    唯「……憂」

    憂「なあに、お姉ちゃん?」

    唯「これからは宿題はきちんとやるよ」

    憂「お姉ちゃんも、受験生だもんね。頑張ってね」

    唯「うん」

    唯「しーいずくれいじーあばうと……ああ、そういう意味なのかな」

    憂「?」

    唯「なんにも」

    78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 23:41:37.94
    次の日

    唯「和ちゃん、体の調子はどう?なんともない?」

    和「うん、少し体が痛いし、昨日の唯の部屋にいた頃からの記憶がないけど問題ないわ」

    唯「よかった」

    和「ところで、唯は英語の宿題はできたの?」

    唯「うん! きちんと『くれいじーあばうと』を使って文を作れたよ」

    和「どれどれ……」

    79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 23:51:17.47
    唯の答え

    NodoKa is crazy about お酒.

    ――――――――――――――――――――

    和「…………」

    唯「どう? 使い方あってる?」

    和「……どういう訳よ、これ? ていうかなんでお酒は日本語のままなのよ?」

    唯「お酒って単語が出てこなかったもん。あ、ちなみに訳は」

    唯「和ちゃんはお酒で狂ってしまった、だよ。どう、正解?」

    和「失礼な上に訳も間違ってる。まあきちんと訳したら余計に私に対して失礼だけど」

    唯「えー? ちがうの? じゃあ答えはなあに?」

    和「そうね……」

    80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/29(日) 23:57:03.03
    和「Yui is crazy about ice cream」

    和「……ってとこかしらね?」

    唯「わたし、アイス食べても狂わないよ?」

    和「……唯、勉強しなさい。そして正しい答えを見つけなさい」

    唯「うぅ~、まあ、ガンバるよ」

    和「あ、なんなら私が勉強教えてあげるわよ?」

    唯「それはいいです」

    和「どうして?」

    唯「トラウマが……じゃなくて、和ちゃんに頼らなくてもわたしはできるってことを証明するためだよ」

    和「そう?」

    唯「もう絶対に二度と和ちゃんには勉強は教えてもらわないからね!」




    おわり!

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

梓「求めよ、さすれば与えられん」
唯「あずにゃん!いつものアレ、始めるよ!」
梓「も、もう我慢できません!」

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生