けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [スポンサー広告] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/03/24(木) 23:20:26 URL [ 編集 ]
    ラヴィ!
  2. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/03/24(木) 23:42:23 URL [ 編集 ]
    ラヴィ!
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/03/25(金) 02:00:19 URL [ 編集 ]
    そういえば犬の名前がラビっていうんだよ









    で ってゆう
  4. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/03/25(金) 04:49:45 URL [ 編集 ]
    シャミア・ラビィラビィ
  5. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/05/06(金) 17:27:55 URL [ 編集 ]
    ローゼンメイデン第三ドールの翠星石が華麗に一桁GETですぅ!

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

唯「ヌヌネネヌヌネノ ヌヌネネヌヌネノ」

  1. 名前: 管理人 2011/03/24(木) 21:36:09
    3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:00:30.56
    憂「お姉ちゃんったら『アイス、アイス―』って言いながらゴロゴロ転がって」

    憂「それがすっごくかわいいの!」

    梓「家でもいつもそんな感じなの?」

    憂「そうだよ、そんなお姉ちゃんを見てると癒されるんだあ」

    梓「唯先輩しっかりしてくださいよ……」

    憂「でもね、最近はなんだか張り切っててね」

    梓「あっ、そろそろ掃除時間だよ」

    梓「憂は今週当番でしょ?」

    憂「うん、そうだよ」

    梓「大変だね、じゃあ私、部活に行くね」

    憂「あっ ちょっと待って!」

    梓「どうしたの?」

    憂「えーっと、その、もうちょっと話していかない?」

    梓「いいの? もうみんな準備始めてるけど」

    憂「そうなんだけど……」


    5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:02:44.91
    純「おーい、憂! 机運ぶの手伝ってよー」

    憂「ごめんね! すぐやるよ」

    梓「何か用事でもあるの?」

    憂「そういうわけじゃ……」

    ヴーヴー(携帯)

    憂「あっ、お姉ちゃんから」

    憂「よし! もういいよ、部活頑張ってね梓ちゃん」

    梓「えっ? 話はいいの?」

    憂「もう終わったの それじゃあね」

    憂「私こっちの机運ぶねー」

    純「おねがーい」

    梓「……変な憂」

    7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:04:45.84
    紬「これで準備は万全ね」

    澪「本当にやるのか?」

    唯「もう憂にもメール送ったよ!」

    紬「ふふふ、楽しみね」

    梓「こんにちはー」ガチャッ

    律「おっ 梓きたな!」

    律「音楽準備室へー!」

    みんな「「「「ようこそ!」」」」

    梓「」ポカン

    梓「……何なんですか?」

    律「今日はとっておきの日なのさ」

    紬「忘れられない一日が梓ちゃんを待ってるわよ」

    唯「ムギちゃんそれ私の台詞!」

    紬「えへへ 言ってみたかったの」

    梓「……」

    8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:06:46.96
    梓「なんだか荷物がたくさん置いてありますけど、何かやるんですか?」

    唯「よくぞ聞いてくれました!」

    唯「今日はあずにゃんにとって忘れられない一日になるよ!」

    梓「えーと、まだちょっとよく話が……」

    梓「誰かの誕生日でもない、クリスマスでも文化祭でもない」

    唯「ほかに記念日と聞いて思い当たることはない?」

    梓「……ギターを買った日?」

    唯「あずにゃん鈍感だよ~」

    梓「いきなり記念日って言われても……」

    梓「……あっ」

    唯「わかった?」

    梓「違います 唯先輩が思ってるのとは違いますから」

    唯「違わないよ」

    唯「きっと」

    梓「……」

    9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:08:48.04
    律「唯ー、そろそろ始めるかー?」

    唯「うん! 始めよう!」

    唯「いくよギー太!」

    梓「演奏するんですか?」

    唯「あずにゃん、しっかり聞いててね」

    唯「せーのっ」


    みんな「「「「ラヴィ!!」」」」

    唯「ヌヌネネヌヌネノ ヌヌネネヌヌネノ ヌヌネネヌヌネノ ヌヌネネヌヌネノ
      ヌヌネネヌヌネノ ヌヌネネヌヌネノ ヌヌネネヌヌネノ ヌヌネネヌヌネノ
      んーん んーん んんんんんー
      んーん んーん ん・ん・んー」

    みんな「「「「ラヴィ!」」」」

    唯「おまたせ ようこそあずにゃん
      いまから奇跡がはじまる
      キンギョを吐いたり ロウソク消したり
      コウモリ吹いたり ペンキで塗ったり
      お店のカートで激走
      成層圏から地上へダイブ!
      怪我ひとつないぜ俺たち」

    10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:10:59.93
    唯「そうです あずにゃん覚えて
      われらの名前はラブラビッツ!
      蟻酸を浴びたり ミサイル避けたり
      波間で揺れたり ビルから落ちたり
      高速道路で前転
      大蛇の腹から緊急脱出!
      傷ひとつないぜ俺たち」

    律「いのちがキケンだ!いのちキケーン!」

    唯「みんなはマネしちゃダメだぜ」


    梓「……」

    梓「……それ何の歌ですか?」

    唯「告白の歌にきまってるでしょ!」

    梓「……」

    唯「こんなところで驚いてちゃだめだよ」

    唯「本番はここからなんだからね、あずにゃん!」

    梓「えっ」

    唯「いくよ!」


    11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:13:04.45
    唯「ぐっ、ウエッ」

    梓「唯先輩! 自分で指を喉につっこんで」

    唯「オエッップ」

    ビチビチ(金魚)

    梓「あの、唯せんぱ」

    澪「ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」

    律「やっぱり澪にはキツかったか」

    紬「本番なら我慢できると思ったけど……」

    紬「しかたないわ、澪ちゃん抜きで次にいきましょう」

    梓「……」

    唯「」ハァ、ハァ

    梓「大丈夫ですか?」

    唯「ふっ ゥ 愛の前にはこんなもの、無に等しいのだよ!」

    唯「ムギちゃんロウソク!」

    紬「任せて!」


    12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:15:20.10
    紬「」サッ

    唯「よく見ててねあずにゃん」

    唯「」ドキドキ

    梓「火がついてないですけど」

    唯「ふっ」

    シュッ(ロウソク)

    紬「うまくいったわ!」

    梓「ロウソクごと消すんですか!?」

    唯「やったねムギちゃん!」

    紬「これくらい朝飯前よ!」

    律「次々! 時間は待ってくれないよ!」

    14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:17:22.51
    律「おりゃあっ!!」ガシャンッ

    バサバサバサッ!(コウモリ)

    梓「ひいっ! コウモリ!」

    梓「こんなもの部室に持ち込んでたんですか?!」

    唯「これもすべてはあずにゃんのため!」

    唯「善良な市民を襲う悪しきコウモリめ! あずにゃんは私が守る!」

    唯「ふーっ! ふーっ!」

    バサバサバサッ キーキー!

    唯「よし、これで軽音部の平和は…」

    梓「こっ こっちにこないで!」

    唯「しまったぁ!」

    16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:20:08.29
    キキー!

    梓「誰か助けてー!」

    唯「あずにゃん危ない!!」ガバッ

    梓「きゃっ」

    唯「大丈夫あずにゃん?!」

    唯「私の愛しい人に指一本でも触れてみろ! 許さないぞ!」

    梓「唯先輩…」

    唯「か弱い乙女を先に狙うとは極悪非道め!」

    唯「貴様には血が流れていないのか!!」

    唯「かかってこい、正々堂々勝負だ!」

    キィーッ!

    唯「ふーっ! ふーっ!」

    キキー コ、コレハツヨイ!

    ニゲロー! バサッ バサッ

    唯「ふんっ! おとといきやがれ!」

    17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:22:57.75
    律「ふー、無事助かったな」

    紬「危機一髪だったわね」

    律「見てるこっちがヒヤヒヤしたぜ」

    唯「やつらは手強い敵だったよ……」

    唯「しかして、軽音部に平和は訪れた」

    唯「無事だったかい、ハニー」

    梓「ひぐっ ひぐっ」

    唯「?!」

    梓「ひどいです唯先輩、どうしてこんな……」

    梓「私を怖がらせるつもりだったんですか…?」

    唯「ち、ちがうよ! 私はあずにゃんを守りたくてやったんだよ!」

    梓「わざわざコウモリなんて連れてきて……」

    唯「で でも、怪我はしてないよね?……」

    梓「そういう問題じゃないです!!」

    唯「あずにゃん……もう大丈夫だから」ぎゅっ

    18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:26:05.65
    梓「やめてください! 唯先輩に抱きつかれるのは嫌です!」バシッ

    唯「痛い!」

    梓「唯先輩はいつもいつも人の気持ちを考えないで!」

    梓「そういう自分勝手なところが嫌いなんです!」

    唯「あ、あずにゃん……」

    梓「…」グスッ

    梓「わたしもう帰ります!」

    唯「あ、待って!」

    バタンッ!

    唯「……」

    唯「どうして……何がいけなかったの……」

    唯「わたし、あずにゃんのために体を張って頑張ったんだよ……」

    唯「金魚を飲んで、ロウソクも消して、コウモリとたたかって」

    唯「何度も何度も練習して、大変だったんだよ、苦しかったんだよ」

    20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:28:57.49
    唯「途中でやめたくなっても、あずにゃんのためだって思うと力が沸いてきて」

    唯「どんなつらくても、投げ出したくなっても我慢したのに……」

    律「わかってるよ、唯はよく頑張った」

    唯「じゃあなんでだめだったの!」

    紬「……ちょっとやりすぎちゃったかしら」

    律「コウモリが飛んできたらさすがに怖いよなあ」

    唯「そうならないように気を付けてたのに……」

    律「確かに、ちゃんと窓のほうを向いて息を吹きかけてたな」

    律「でもコウモリだって生き物だ、そう思い通りにはいかないんだな」

    唯「わたし甘かったよ……あずにゃんに強いところを見せようなんて」

    唯「わたしにはまだ早かったんだよ……」

    律「唯、気を落とすな」

    紬「……ごめんなさい、私のせいね」

    唯「ちがうよ! ムギちゃんはコウモリを捕まえるの手伝ってくれたもん!」

    唯「一番怖い仕事だったのに自分から引き受けてくれて……」

    21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:31:39.86
    唯「私すごく嬉しかったんだよ!」

    律「そうだよ、ムギのせいじゃない、運が悪かっただけだよ」

    紬「違うの、あのコウモリ……実はロボットなの」

    律「えっ」

    紬「うちの人に頼んで、精巧なラジコンを作ってもらったの」

    紬「万が一噛まれたりしたら危険だから……」

    唯「ちゃんと考えてくれてたんだね、ありがとう」

    紬「でも! 梓ちゃんに向けて飛ばせちゃったの、あれわざとだったの!」

    紬「その方が迫力があると思って、何の相談もしないで……」

    紬「唯ちゃんは思った通り、梓ちゃんをかばってくれていい雰囲気になったけど」

    紬「だけど、結果は……」

    紬「本当にごめんなさい!」

    唯「ううん、ムギちゃんのせいじゃないよ、謝らないで」

    唯「ムギちゃんはわたしのワガママに付き合ってくれただけだもん」

    23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:34:37.08
    唯「それにね、わたし気付いたことがあるの」

    唯「コウモリがあずにゃんのほうに飛んで行ったときにね、私があずにゃんを守らなきゃ!って」

    唯「本気でそう感じたの 逃げたいなんて考えもしなかった」

    唯「あずにゃんのことが真剣に好きなんだって」

    唯「私、あずにゃんのためなら何でもできる」

    唯「それがわかったのはムギちゃんのおかげ」

    唯「だから自分を責めないで」

    紬「……ありがとう」

    唯「えへへ、次は頑張らなきゃ」

    律「よーし! それじゃあ次の作戦会議だ!」

    唯「おー!」

    紬「おー!」


    澪(目が覚めたら真剣な雰囲気……輪に入れない)

    25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:37:43.97
    律「ひとまず最初の課題は、梓を慰めてあげないといけないことだな」

    紬「ちゃんと謝ったら許してくれるかしら……」

    澪(えっ えっ? 失敗したの? 梓はどこ?)

    唯「あ、澪ちゃん起きた?」

    澪「あっ、ああ、さっきから起きてたんだけど今何がどうなったのかわからなくて……」

    律「えーとな、かくかくしかじか」

    澪「なるほど、それでまるまるうまうまと」

    澪「うーん」

    澪「それはやっぱり、私たちが悪かった」

    澪「梓には謝ったか?」

    唯「ううん、今から電話するよ」

    唯「許してくれるかなあ……」ピッピッピ

    ピリリリリリリリ ピリリリリリリリ プツッ

    唯「あれ?」

    唯「もう一回」ピッピッピ

    26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:39:56.33
    オ客様ノオカケニナッタ電話番号ハ 現在電波ノ届カナイトコロニ...

    唯「電話に出てくれないよ……」

    紬「電源切られちゃったのね……」

    律「こりゃあ本気で怒ってるな」

    唯「あずにゃんを探さないと……」

    唯「私行ってくるよ!!」ダッ

    紬「唯ちゃん!」

    澪「私たちも手分けして探そう!」

    紬「そうね、みんなで唯ちゃんのために協力しましょう!」

    律「そうと決まったらダッシュだ!」

    澪「いや……わたしに一つ案がある」

    27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:42:15.31
    ・・・・・・・・・

    唯「あずにゃーん! どこー!」

    唯「ごめんなさい……謝るから!」

    唯「わたしが悪かったの…… お願い、出てきて!」

    唯「……あずにゃんっ」ヒグッ

    唯「あずにゃん、お願い……」

    唯「わたし、あずにゃんがいないと……」

    唯「うぇっ ひぐっ」

    唯「やりすぎてごめんなさい……ごめんね、あずにゃん」


    ガーッ ガーーーーーーッ!

    律「……おーい、唯ー!」

    唯「りっちゃん?……」

    律「唯! ここにいたか!」

    唯「あずにゃんが見つからないよ……」

    律「ああ、わたしたちも協力する、それより学校に戻れ!」

    29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:46:33.96
    唯「だめだよ、あずにゃんを見つけないと……」

    律「そのために澪とムギが学校で準備してくれてる、唯が必要なんだ」

    唯「どういうこと?……」

    律「いいから乗れ! 説明は道の途中でする!」

    唯「わわっ、これお店のカートだよ、いけないんだよ2人乗りは」

    律「そんなこと言ってる場合か! 走るより乗ったほうが速いだろ?」

    律「いくぞ!」

    ガーーーーーー---ッ


    唯「わわわっ 速い!速いよりっちゃん!」

    律「カート乗りに関しちゃ結構極めてるんだぜ」

    唯「風みたい! わたしたち風になってる!」

    律「曲がり角だ! しっかりつかまってろよ!」

    30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:49:16.56
    澪「さて、これでペイントはよし……」

    紬「あとはりっちゃんと唯ちゃんを待つのみね」

    澪「うまくいくかな?」

    紬「きっとうまくいくわ」

    ガーーーーッ ガガーーーーーーッ!

    澪「カートの音だ!」

    紬「りっちゃんが来たわ!」

    律「澪!ムギ! 準備はできたな!」

    澪「ああ、バッチリだ!」

    律「唯、あとは説明したとおりだ」

    律「派手にペイントしたヘリで空から梓を探して」

    唯「成層圏から地上へダイブ、だね」

    紬「このバッグにパラシュートが入ってるわ」

    紬「サイドのトリガーを引けばパラシュートが開く タイミングはこちらから指示するわ」

    澪「失敗は……許されないぞ」

    32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:51:41.05
    唯「大丈夫、絶対に成功するよ」

    紬「たとえパラシュートを開いていても落下するときはかなりのスピードが出るの」

    紬「少し前までは、着地の衝撃はビルの2階から飛び降りるのと変わらないと言われていたわ」

    律「えっ、そんなに」

    澪「もっとふんわり降りるものだと……」

    紬「最近は改良も進んで性能は向上してるわ」

    紬「だけどそれでも、危険なことに変わりはない」

    澪「それなら最初に言ってくれれば……」

    唯「ううん、やるよ、私」

    唯「あずにゃんのためならどんな危険だって怖くないよ」

    紬「……そう言うと思ってたわ」

    澪「……唯は勇敢だな」

    唯「みんなのおかげで気付けたんだよ」

    唯「ありがとう、りっちゃん、ムギちゃん、澪ちゃん」

    律「へへっ、よせよ照れるだろ」

    33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:54:05.97
    斉藤「みなさま、心の準備は整いましたか」

    紬「ええ、もう大丈夫よ」

    唯「斉藤さんもありがとうね」

    斉藤「琴吹家の執事として当然のことをしているまでです」

    唯「それじゃあみんな、行ってくるね」

    澪「気を付けてな」

    唯「うん」

    紬「頑張って!」

    唯「うん」

    律「また変なこと言うなよ?」

    唯「私の気持ちを素直に伝えるだけだよ」

    斉藤「では、ドアに気を付けてください」

    バタッ

    バラララララララ

    34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 17:57:01.03
    唯「わあ、どんどん高くなっていく」

    唯「りっちゃんたちがもうあんなに小さくなってる……」

    斉藤「人探しでしたらこのくらいの高度が丁度いいでしょう」

    唯「あずにゃん、どこかな……」

    唯「黒髪の長いツインテール……きっと見つけやすいはず」

    唯「学校の近くにはいない、通学路にも……」

    唯「電車通学じゃないし……あずにゃんのおうちも電気がついてない」

    唯「あっ、よく食べに行ったアイスクリーム屋さん……」

    唯「あずにゃんの好きなドーナツ屋さんに、一緒に買い物に行った服屋さん……」

    唯「この街が全部見える……」

    唯「空から見るとちっちゃいんだね……」

    唯「OKOの服を買ってあげたのはあのお店で、そうだ、あずにゃんの誕生日だったっけ……」

    唯「あの河原でおばあちゃんのために練習して……ライブハウスにも行ったね」

    唯「……!! いた!あずにゃん!!」

    唯「こっちだよ! 気づいて、あずにゃん!」

    35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 18:00:15.69
    ・・・・・・・・・

    梓「ぐすっ……」

    梓「唯先輩、ひどいです……」

    梓「いつもいつも勝手なことばかりして……人のことなんて全然考えてなくて」

    梓「練習もしないでずーっと遊んでばっかり、受験生なのに上の空で……」

    バラバラバラバラバラ……

    梓「私の気持ちなんて何も……」

    バラバラバラバラバラバラ……

    梓「ええい! うるさい!!」

    バラバラバラバラバラバラバラ……

    梓「……」

    梓「随分と派手なヘリコプターです……」

    梓「澪先輩みたいにぴゅあぴゅあで……唯先輩みたいにふわふわな……」

    バラバラバラ……

    梓「……」

    36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 18:02:53.73
    ・・・・・・・・・

    唯「もっと!もっと高く飛んで!」

    斉藤「これ以上は無茶です、巡航高度を超えてしまいます」

    唯「でも成層圏はもっと高いんでしょ?」

    斉藤「いくらSA 315B Lamaでも成層圏までは……」

    唯「ムギちゃんはこれで飛べるって言ってたよ」

    斉藤「それはヒマラヤ山脈の山頂から離陸した際の記録でして、
      地上から12,000kmの高度へ飛び立てるわけではないのです」

    唯「そんな……そんなのってないよ!」

    斉藤「申し訳ありません」

    唯「……できるよ きっとできる!」

    唯「頑張れば成層圏まで飛べるよ!」

    斉藤「そう風船のようにふわふわとは……」

    唯「そんなあ……」

    斉藤「……いえ、諦める前に挑戦してみましょう 琴吹家の執事として」

    37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 18:05:24.82
    梓「……」

    梓「……」

    梓「……」

    梓「そろそろ帰ろうかな」

    梓「……」

    ビュオオオオオオオオオオオオオ

    梓「……明日はちゃんと部活に行こう」

    梓「……」

    ビョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

    梓「……?」

    唯「あぁぁぁぁああずぅぅぅうううううにゃああぁぁぁぁぁぁぁああん!!!!」

    梓「!?!?」

    ビョオオオオオオオオ……ッッッッ

    ズシャアァァァアアアアアア

    梓「えっ?! えっ!!」

    38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 18:08:40.93
    唯「あずにゃん! 心配したよ!」

    梓「唯先輩!? どうして空から……」

    梓「あずにゃんがいなくなっちゃって……探してたの」

    梓「空からですか?」

    唯「ムギちゃんと斉藤さんが協力してくれたの」

    梓「……はぁ」

    唯「あずにゃん……」

    梓「……」

    唯「わたし自分勝手でごめんね」

    梓「……」

    唯「みんなのことちゃんと考えてあげられなくて、ごめんね」

    梓「……」

    唯「みんなと一緒に楽しくしていたいだけなのに」

    唯「わたしが張り切るといつも空回りしちゃうんだ」

    梓「……」

    39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 18:11:12.99
    唯「本当はね、頼れるカッコいい先輩になれたらなって思ってたの」

    唯「どんな危険からもあずにゃんを守ってあげられる、強い先輩になりたかった」

    梓「……」

    唯「でもあずにゃんがどのくらい怖い思いをするのか考えてあげられなかった」

    梓「……」

    唯「……先輩失格だね、わたし」

    梓「……」

    唯「……ごめんね」

    梓「……」

    唯「……それだけだよ」

    梓「……」

    梓「……それだけですか?」

    唯「あずにゃんにちゃんと謝らないといけないから」

    梓「……それだけのために、空から降ってきたんですか?」

    唯「……そうだよ」

    41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/24(木) 18:14:07.37
    梓「……」

    唯「……」

    梓「……くすっ」

    唯「?」

    梓「ぷっくく」

    梓「おかしいです、謝るだけのために何でそこまでできるんですか」

    唯「このくらいわけないよ」

    梓「いつもそうやって何も考えないで、みんなを笑わせてくれて」

    梓「もう、危ないから無茶はしないでくださいよ」

    唯「えへへ、怪我ひとつないぜ俺たち、って言うつもりだったのにな」

    唯「でも、あずにゃんのためなら死ねるよ」

    梓「ダメです、いのちがキケンです」

    唯「……みんなはマネしちゃダメだぜ!」


    らヴぃ!

    おしまい

    コメントを書き込む コメントを読む(5) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

唯「せんせい!」
律「桜日和」
唯「澪ちゃんの私服のセンスってすごいよね」
  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/03/24(木) 23:20:26 URL [ 編集 ]
    ラヴィ!
  2. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/03/24(木) 23:42:23 URL [ 編集 ]
    ラヴィ!
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/03/25(金) 02:00:19 URL [ 編集 ]
    そういえば犬の名前がラビっていうんだよ









    で ってゆう
  4. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/03/25(金) 04:49:45 URL [ 編集 ]
    シャミア・ラビィラビィ
  5. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/05/06(金) 17:27:55 URL [ 編集 ]
    ローゼンメイデン第三ドールの翠星石が華麗に一桁GETですぅ!

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

<<紬「お茶入ったわよ~」 | トップページ | 唯「ひっさつ!」梓「は?何言ってんですか?」>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。