けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [スポンサー広告] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち


コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

律「和…駄目だよぅ…」

  1. 名前: 管理人 2010/09/11(土) 11:34:48
    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/10(金) 19:05:38.73
    ある日の放課後、私達はいつものように部室でまったりしていると、和が血相を変えて部室に入ってきた。

    和「律!また、あなた届出出すの忘れてたでしょ!」

    律「えっ!?何か出さなきゃならない届けであったけ?」

    和「もう!やっぱり忘れてる…、今すぐ生徒会室行くわよ!」

    そうして、私は和につかまれて生徒会室へと連れていかれました。

    生徒会室に入ると、他の生徒は居なく私と和だけでした。

    和に『そこに座りないさい』と言われ、私は黙って座りました。

    長い沈黙が生徒会室に流れます。

    その沈黙の中、和が私にお茶を出してくれました。

    私は長い沈黙で緊張し喉が乾いていたので、和の出してくれたお茶を一気に飲み干しました。


    3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:14:02.41
    和「喉乾いてたの?」

    律「ちょっと緊張しちゃってな…」

    和「そう…」

    そしてまた、長い沈黙が生徒会室に流れます。

    そうしていると、なんだか意識が朦朧として体が痺れてきました。

    律「うううっ…」

    和「どうしたの?律」

    律「なんだか、身体の調子が悪くなって…」

    私がそう答えると和はニヤッと笑いました。

    和「薬が効いてきたのね…」

    律「薬?なんだよ…薬って…」


    5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:19:04.66
    和「律をお仕置きするための薬よ!いつもいつも、届け出出すの忘れるからお仕置きします!」

    律「なんだよ、お仕置きって…止めてくれよぅ…」

    和「ダメ!」

    そう言うと、和は私の両方の頬っぺたを優しくつねりました。

    律「痛いよ、和…」

    和「唯が悪いことしたら、こうすると次からやらなくなるの…だから、律にもこうやってお仕置きするのよ」

    和は私の頬っぺたをつねり続けます、でも、なんだか痛いような、くすぐったいような…

    和「ふふふっ…律の頬っぺた柔らかいわねぇ…」

    律「反省してるから…お願いもう止めてくれ…」

    和「駄目…もっとお仕置きが必要なのよ」

    和は段々と顔を近づけてきて、私にキスをしてきました。

    律「んん…」

    和は唇を私の唇に重ねると、私の唇をチュルチュルと舐めました。

    そして、私の口の中に自分の舌を入れてきて、一気に吸い上げました。


    11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:24:52.91
    律「ぷはっ…和…駄目だって…これがお仕置きだなんておかしいよ」

    和「何言ってるの…これは十分お仕置きよ…」

    律「お仕置きになってないよ…おかしいよ…」

    和「お仕置きなの」

    和はまた私にキスをしてきます。

    私は抵抗を試みますが、和に飲まされた薬のせいで身体に力が入りません。

    抵抗の出来無い私をよそに、和は私の唇を激しく求めます。

    私は和にされるがままです。

    律「はぁ…はぁ…お願い…今度からちゃんと届け出だすから許してくれよぅ…」

    和「はぁ…はぁ…そう言って、ちゃんと出したことある?」

    律「うううっ…ない…」

    和「そうでしょ…だから、もっとお仕置きが必要なの…」

    12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:28:54.36
    和は私を抱き上げると、机の上に寝かせました。

    そして、私を上から見上げニコッと微笑むと、またキスをしてきます。

    私は和を跳ね除けようとしますが、身体に力が入りません…

    今度は和の背中に手を回して、和の背中を叩きますが、ポカポカと叩くのが精一杯で無駄の抵抗に終わります。

    和「律…抵抗するのね…反省が足りないのかしら…もっと、お仕置きしなくちゃ…」

    そう呟くと、和は私の制服の上から私の胸を揉んできます。

    律「なっ…胸は関係ないだろぅ…」

    和「私のお仕置きには関係あるのよ」

    和は私の胸を執拗に揉んできます。

    私は身体をくねらせて抵抗しますが、胸を揉む手は止まりません。


    16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:33:47.97
    律「うううっ…ごめんなさい…ごめんなさい…」

    和「ん?どうしたの律」

    律「反省しました…だから、お願いもうやめて…」

    和「駄目!」

    和はまた、私にキスをしてきます。今までよりも一層激しく…

    律「んあ…やっ…んん…」

    和の手は激しく私の胸の上で動きまわります。

    和は制服の上から私の乳首を見つけると、そこだけを刺激し始めます。

    和「もしかして、律…乳首立ってきてるの?」

    律「う…うるさい…」

    私は急に凄く恥ずかしくなってしまいました。

    19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:39:56.09
    和「ふふふっ…お仕置きされてるのに、律はエッチだね…」

    律「うううっ…」

    和の手はまた動き始めました、指は私の乳首の位置で円を書くように乳首を転がしたり、

    指を押し付けたりしてきます。

    私の身体は、その度にピクピクと反応してしまいます。

    和「まったく、律はエッチな子ね」

    律「だって…和が…」

    和「言い訳は聞きたくありません、これはもっとお仕置きが必要ね」

    そう言って、和は私の制服のシャツのボタンを外し始めます。

    律「ちょっ…和…これ以上は…」

    和「黙ってて!お仕置きなの!お仕置きなのよ!」


    22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:45:45.53
    和は私の問い掛けにそう答え、私のシャツのボタンをスルスルと外すと、

    シャツを開けて、私の背中に手を回すとブラのホックを外しました。

    律「和…駄目だよぅ…お仕置きと関係ないよぅ…」

    和「はいはい…」

    和は軽く受け流し、私のブラを押し上げると、直に私の胸を触り始めました。

    律「嫌ぁ…駄目だって…和…」

    自分以外が触ったことがない胸を他の誰かに触られる…

    それも、女の子に…

    そう思うと、急に恥ずかしくなって顔が赤くなるのが分かります。

    23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:49:09.72
    和「律…顔真っ赤よ?」

    律「だって…こんなの初めてだし…」

    和「ようよね、お仕置きなんかされたことないわよね…」

    律「うううっ…違ぅ…」

    和は手を止めました、私の訴えを聞いてくれて、やっと止めてくれたと思った瞬間

    和は私のおっぱいに顔を近づけると乳首を口に含みました。

    律「はうっ…ああ…駄目ぇ…」

    和は乳首を口に含み舌で転がし始めました。

    そして、上目使いで私の反応を見ています。

    和が舌で私の乳首を刺激するたびに私の身体は、ビクビクと反応してしまいます。

    その反応を、和は楽しそうに見ています。

    25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:50:39.63
    律「嫌ぁ…あっ…うううっ…」

    和「律って、こんな反応するんだね…ふふふっ…可愛い…」

    律「お願い…もう…止めてくれよぅ…」

    私は和に止めてくれるようにお願いしました。

    でも、和は止めてくれません。

    左の乳首を口に含み舌で転がし、右手で右の胸を揉んできます。

    和「そろそろ、こっちもお仕置きが必要かしら…」

    そう言うと、和の右手は私の右の胸から下に下がっていきスカートの中へと入ってきます。

    そして、私のパンティーの上からアソコを触ってきました。

    26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:53:34.78
    和「あらあら、お仕置きされてるのに、こんなに濡らして…どういう事なの?律!」

    和はニヤニヤしながら、強い口調で私に問いかけます。

    律「知らない…知らないよぅ…」

    和「律はお仕置きされてるのに、エッチな気分になって、アソコを濡らしてるのよね?」

    律「うううっ…」

    私が答えないでいると、和の右手の動きが強くなります。

    私のアソコの割れ目に沿って、指をグリグリと動かします。

    律「うわぅ…」

    和「律!ちゃんと、言いなさい!言わないと、もっとお仕置きするわよ!」

    律「うううっ…和にお仕置きされて…エッチな気分になって…アソコが濡れました…」

    27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 19:57:24.27
    私はついに、恥ずかしくて言いたくないことを言ってしまいました。

    和「はい!良く出来ました!でもね、律!お仕置きはお仕置きよ!最後まで、ちゃんとお仕置きしてあげるわ!」

    そう言った和は、左手も私のスカートの中に入れて、私のパンティーを脱がし始めました。

    私はお尻に力を入れて抵抗しましたが、和はそんな私の抵抗を無視してパンティーを脱がしました。

    律「もう…本当に許してください…これからはちゃんとするから…」

    和「駄目!」

    和は私の足を大きく開きます。

    そして、スカートを捲り上げました。

    和「こんなに濡らしちゃって…アソコが濡れてビチャビチャよ…」

    律「見ないで…」

    和は私のアソコに顔を近づけていきます。


    29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 20:01:28.92
    和「これは、舐めて綺麗にしないと駄目ね」

    律「嫌ぁ…汚いよぅ…」

    私がそう言いましたが、和は私のアソコに、更に顔を近づけていきます。

    そして、和の舌が私のアソコをペロッと舐めました。

    和「律の味がする…」

    律「うううっ…恥ずかしい…」

    和は私のアソコをジュルジュルと音を立てて舐め始めました。

    両方の手は私の胸を揉んだり、乳首を転がしたりしてきます。

    私は和が音を立てる度に、身体がビクビクと反応してしまいます。

    私が反応すると、和は私が反応した部分を更に強く舌で刺激してきます。


    31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 20:06:42.23
    和「律のアソコは本当にいやらしいわ…舐めても舐めても、次から次へとエッチな液が溢れてくる」

    律「だって…だって…和が舐めるから…」

    和「お仕置きなのにこんなに濡らして…恥ずかしくないの?」

    律「恥ずかしいよぅ…だから、もう止めてくれよぅ…」

    和「それは無理なお願いだわ、生徒会長として、ちゃんとお仕置きはしないと…」

    そう言った、和は更に私のアソコを執拗に舐めてきます。

    舌は私のクリトリスの周りを転がすように舐めます。

    その度に私の身体は反応します。

    私の中からエッチな液が出てくると、和は唇でエッチな液を包みこみ、いっきに吸い上げてきます。

    そんな行為を続けていると、私のアソコの中が段々と熱くなってくるのが分かります。


    32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 20:11:55.20
    律「和…なんだか…アソコの中が熱くて…変になっちゃう…」

    和「良いわよ、変になって…変になった、律、見てみたいわ…」

    律「嫌ぁ…駄目…怖い…」

    和「怖く無いわよ、もっと、熱くしてあげるわ」

    和の舌は私のクリトリスから、アソコの中へ入り、アソコの中を舐め始めました。

    そして、和の左手が私のクリトリスを刺激します。

    ピチャピチャとエッチな音が生徒会室に響きます。

    私のアソコの中は更に熱を帯びてきます。


    34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 20:15:24.66
    律「和…駄目だよぅ…」

    和「イッちゃうの?じゃあ、ラストスパートね」

    和はそう言うと、右手の指を私のアソコの中に入れてきました。

    今までアソコの中を舐めていた舌は、クリトリスを包み込みます。

    律「はうっ…」

    和の指が私のアソコの中をかき混ぜます。

    舌とは違う感触、私のアソコがギュッと縮まるのが分かりました。

    律「和…和…」

    私はうわ言のように、和の名前を呼び続けます。

    和の指が私の上の方を強く刺激し始めた時です、アソコの奥底からとても熱いものが

    吹き出してくるのが分かりました。


    35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 20:16:31.65
    律「駄目っ…これ以上は…駄目ぇぇ…」

    その時です。和が私のクリトリスを口に含み強く啜り上げました。

    私の中の熱いものがいっきに吹き出しました。

    その吹き出したものは、アソコを舐めている、和の顔にピチャピチャと音を立てて掛かっています。

    しばらく、私の中から出てきた液は止まらず、和の顔に掛かってました。

    私は、頭が真っ白になり、肩で息をしていました。

    そして、和は私のアソコからやっと離れてくれました。

    その顔を見ると、和の顔とメガネがビチャビチャに濡れています。


    38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 20:23:44.83
    和「律…凄かったわよ…」

    律「うううっ…ごめんなさい…和の顔…こんなに濡らしちゃって…」

    和「そうね…ホント、律は悪い子ね…でも、お仕置きはこれでお仕舞い…ちゃんと、反省した?」

    律「うん…凄く反省した…ごめんなさい…」

    和「ふふふっ…ちゃんと反省してくれて、律は良い子ね…」

    律「うううっ…」

    和「じゃあ、部室に戻って良いわよ、律…」

    律「うん…」

    和はメガネを外して、テッシュで私のエッチな液を拭き始めました。

    私は起き上がり、床を見ました。

    床には私から出た、エッチな液で小さな水溜りが出来ています。

    それを見た私は、恥ずかしくなって、顔が熱くなりました。

    私は乱れた制服を整えると、そそくさと部室へと戻りました。

    41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/10(金) 20:28:19.30
    部室に戻ると、けいおん部のメンバーが一斉に私を見ました。

    そして、唯が私に話しかけてきました。

    唯「りっちゃん、遅かったね?和ちゃんに、こってり絞られたの?」

    律「ん…ああ、こってり絞られた…」

    唯にはそう答えたけど、こってり絞られたのは、私のエッチな液だとは決して言えませんでした…

    ーおしまいー

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

律「私達の演奏ニコ動に投稿しようぜー!」
梓「す、好きですっ!」
憂「ひき潮の証明」

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

<<純「そこに3つの髪ゴムがあるでしょ?」 | トップページ | 純「大好き」>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。