けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [スポンサー広告] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/04/04(月) 01:30:12 URL [ 編集 ]
    ふふっ

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

澪「催眠術」

  1. 名前: 管理人 2011/04/03(日) 16:14:35
    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 15:10:31.61
    土曜日、喫茶店。

    澪「えっと、なんか悪いな。急に呼び出して」

    和「別にいいわよ。どうせ暇だったし」

    澪「うん……」

    和「それで、私になんの用かしら?」

    澪「えっと、大したことじゃないんだけど……」

    和「そうなんだ。じゃあ私、帰るね」ガタッ

    澪「いやいや、大したことある! 大いにあるから!」

    和「最初からそう言えばいいのに」

    澪「ごめん」


    2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 15:12:32.85
    和「じゃあ、その用とやらを聞こうかしら」

    澪「分かった。実は……」

    店員「コーヒーお持ちしました」


    澪「律を私のモノにしたいんだ」


    和「……」

    澪「……」

    店員「……」

    和「えっと、なんてコメントしたら」

    店員「コ、コーヒー。ここに置いて置きます!」ガタッ、スタコラ

    和「随分と乱暴な店員ねぇ」

    4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 15:17:36.45
    澪「へ、変だったかな」

    和「何が?」

    澪「その……律を私のモノに、って」

    和「そうね。いきなりそんなことを言われたら、誰だって驚くわね」

    澪「だ、だよな」

    和「どうして、そんなことを思ったのかしら?」

    澪「い、言わなきゃダメかな?」

    和「意味もなく私に、そんな相談されても困るから」

    澪「そ、そうだよな」

    5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 15:21:17.81
    澪(ちゃんと言わないと)

    店員「オレンジジュースを……」


    澪「私は律のことが好きなんだ!」


    和「へぇー、そうなんだ」

    店員「……」

    和「あっ、置いて行って構いませんよ」

    店員「す、すいませんでした!」スタコラ

    和「慌ただしい人ね」

    澪「それで、和。私の相談……」

    和「あぁ、ごめんなさい。澪は律のことが好きなのよね」

    澪「う、うん」

    6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 15:26:45.38
    和「それで、律を自分のモノにしたいと」

    澪「そう」

    和「でも、どうして? 好きなら告白すればいいじゃない」

    澪「それが出来るなら、和に相談なんかしないよ」

    和「それもそうね」

    澪「あと、女の子同士っていうのも……」

    和「互いの合意があればいいんじゃないかしら?」

    7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 15:32:41.95
    澪「律、なんかそういうの嫌そうだし。それに、周りの目とか……」

    和「うーん。でも、同性愛なんて、よくあることよ」

    澪「そ、そうなのか?」

    和「あら、知らないの。同性愛ってね、女性は一割、男性は六割の割合で存在してるらしいわよ」

    澪「ほ、ほんとか!?」ガタッ

    和「えぇ。さっきもトイレ行った時、男子トイレから変な声が聞こえたわ。あれは間違いなく、ボーリング作業中ね」

    澪「ボ、ボーリング?」

    和「穴開け作業」

    澪「……」

    10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 15:40:01.81
    和「だから澪も、何も心配なく律に告白しなさい」

    澪「でも、フラれたら?」

    和「それはそれで諦めなさい」

    澪「それだと私が困る!」

    和「どうしてよ」

    澪「律が好きで堪らないんだ! 諦め切れないんだ!」

    澪「だから、確実に成功させる方法を教えて欲しいんだ!」

    和「……」

    和(困ったわね。これは、私の知恵を使ってでも厳しいわね)

    和(澪にモノを生やす、なんてのは不可能だし……多分、生えたら律を掘りそうだわ)

    11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 15:45:44.59
    澪「のどかぁ~」ウルウル

    和「泣かないの!」

    和(さて、どうしよっか。確実に成功させる方法といえば……)

    和「あっ、そうだ」

    澪「な、何か思い付いたのか!?」

    和「えぇ。ちょっとね」

    和(成功するかは分からないけど、試してみる価値はありそうだわ)

    澪「そ、それで」

    和「早い話がね。律に催眠術をかければいいのよ」

    澪「さ、催眠術?」

    12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 15:51:18.72
    和「そっ。それで律を自分の思うがままに操ればいいのよ」

    澪「でも、催眠が解けたら」

    和「カメラなりテープに、証拠を残せばいいのよ。それで、その事実を突き付ければいいわ」

    澪「な、なんか脅してるみたいで可哀相な気がする」

    和「これしか方法が思いつかないわよ」

    澪「だ、だけど私は律を支配しようとかは……」

    和(めんどくさいわねぇ)

    和「あくまでこれは一つの手段よ。別にやらなくてもいいから」

    澪「そ、そうする」

    14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 15:55:13.13
    和「でも、律に催眠術を書けて思い通り……なんかゾクゾクしない?」

    澪「えっ?」

    和「ほら、律って犬っぽくない?」

    澪「そ、そうかなぁ」

    澪(どっちかと言ったら……猿?)

    和「そんな律に、あんなことやこんなこととか」

    澪「あ、あんなこと……」

    16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 16:02:13.02
    和「律を手なずけるのよ。そうしたら」

    澪「そうしたら……」

    和「澪の思うがままね」

    澪「!」



    律『澪、可愛がって!』

    澪『あはは、可愛いなー』ナデナデ

    律『澪、大好き!』ニッコリ



    澪「なんか、いいかも!」

    和「でしょ」

    18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 16:06:48.58
    澪「興奮しそう」

    和「濡れそうでしょ?」

    澪「それは分からない」

    和「……」

    澪「だけど私に、催眠術なんて使えるかなぁ」

    和「なんならウチ来る? 確か押し入れに、催眠術に関する本あったから」

    澪(何に使うんだろうか?)

    和「どうする?」

    澪「じゃ、じゃあ。お願いします」

    和「よろしい」

    21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 16:10:46.22
    ―――――

    真鍋家、和の部屋。

    和「えっと、確か……」ガサゴソ

    澪「これじゃないかな?」

    『サルでもわかる催眠術』

    和「これだわ」

    澪「それにしても、なんでこんな本が?」

    和「小学生の頃、唯が催眠術に嵌まっててね」

    澪「なんで?」

    和「テレビの影響よ」

    澪「なるほど、唯らしいや」

    22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 16:15:41.24
    和「何度、実験台にさせられたことか」

    澪「それで、和は催眠術にかかったのか?」

    和「えぇ、かかったわ」

    澪「ほんとに!?」

    和「唯が『和ちゃんは私を好きになれ!』って言ったおかげで、私はそれにかかってしまったわ」

    澪「そ、そうなんだ」

    和「だけど、すぐに解けたわ」

    澪「どうして?」

    和「『私は憂が一番好き』なんて言うから」

    澪「……」

    24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 16:20:17.40
    和「おかげで、そのあとの副作用が大変だったわ」

    澪「ふ、副作用なんてあるのか!?」

    和「私の場合は唯の下着を盗むとかいう副作用が出たわ」

    澪「それって泥棒……」

    和「違うわ。そう、決して違うわ」

    澪(どう見ても泥棒)

    和「澪だって、律の下着を盗んだりしたでしょ」

    澪「さ、さすがにそれはなかったよ」

    和「変ね。これは世界の常識……」

    25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 16:25:13.48
    澪「わ、分かったから! もう何も言うな!!」

    澪(聡明な和のイメージが)

    和「まぁ、今のは忘れてちょうだい」

    澪(無理だよ)

    和「それで、具体的なやり方はその本に書いてあるから」

    澪「い、色んなやり方があるんだなぁ」ペラペラ

    和「唯は五円玉をぶら下げてたわね」

    澪「ベタだな」

    和「お手軽に用意できるからね」

    27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 16:29:33.11
    澪「わ、私もそうしたらいいのかなぁ?」

    和「それは澪に任せるわ」

    澪「じゃあ、そうしてみるかな」

    和「そう。なら私、成功を祈ってるね」

    澪「あっ、うん」

    和「今からやるの?」

    澪「どうしようか?」

    和「自分で決めなさい」

    澪「じゃあ、明日にするよ」

    28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 16:33:11.66
    玄関。

    澪「じゃあ、和。ありがとうな」

    和「えぇ、成功したら報告してね」

    澪「あぁ。それじゃあ」

    和「さよなら」

    バタン!

    和「ふぅー、とりあえずこれでいいわ」

    和(さて、唯の下着をクンカクンカしますか)

    和「おっと、その前に」

    29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 16:37:39.48
    ―――――

    田井中家、律の部屋。

    律「……うん、分かった。じゃあな」ピッ

    律「さてと、勉強……」

    Prrrr♪

    律(おっ、電話……澪からか)

    律「はいよ」

    澪『あっ、律。私』

    律「知ってるよ」

    澪『明日、遊びに行っていいかな?』

    律「明日は無理。家族と遊びに行くから」

    澪『な、なんでだよ!』

    律「しゃーないだろ。前から予定してたことだし」

    30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 16:42:27.39
    澪『じゃあ明日、何時くらいに帰ってくるんだ!?』

    律「そうだなぁ。夜の九時くらいかな」

    澪『遅い! さっさと帰って来い!』

    律「人の家の予定に文句つけんな!」

    澪『なぁ頼むよ、りつぅー』

    律(どうしたんだろ)

    律「ったく、なんなんだよ」

    澪『どうしても大事なことなんだよ』

    律「あー、考えとくわ」

    澪『うん、考えといて。じゃっ!』

    31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 16:43:59.89
    律「ったく、マジでなんなんだ?」

    ガチャ!

    聡「姉ちゃん、ゲームやろうぜ」

    律「おっ、やるか」

    聡「今日は負けないぜ」

    律「また泣かしてやるよ」

    32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 16:49:03.64
    ―――――

    翌日、真鍋家。

    和「で、律が帰るまで私の所で待機なワケ」

    澪「ついでに、催眠術の実験も兼ねて」

    和「あら、私はモルモットなの?」

    澪「だって、試せる相手がいないし」

    和「そう。なら、私の部屋でやろっか」

    澪「う、うん」


    和の部屋。

    和「それで、どの方法でやることにしたの?」

    澪「やっぱり、ベタな五円玉」

    和「だけど、紐についてるのは五十円玉ね」

    澪「五円玉よりかは、十倍の効果あるかなって」アハハ

    33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 16:53:28.50
    和「そうなんだ」

    澪「それに昨日、ちゃんと練習したから大丈夫だよ」

    和「相手いるじゃない。なら、今日も……」

    澪「鏡に映った私なんだ」

    和「……」

    澪「一回だけやったけど催眠術にかかったよ。眠くなるってやったら、本当に眠くなったし」

    和(それ単に自分が眠かっただけじゃないかしら)

    澪「だから大丈夫、私を信じてよ和」

    和「まぁ、澪がそこまで言うなら」

    34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 16:58:13.28
    澪「よし、それじゃやるぞ」

    和(まっ、私がおすすめした以上、仕方ないか)

    和「遠慮なくやりなさい」

    澪「いくぞ」


    澪「和は私の言いなりになる」


    ブラーン、ブラーン

    和「……」キョロキョロ

    澪「……」

    和(ちゃっちいわね)

    澪「ど、どうかな?」

    和「そうね……特に何もないわね」

    澪「あれー、おかしいなぁ」

    35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 17:04:15.76
    和「ふふっ、でも私を言いなりにするだなんて……案外、澪ってSなのね」

    澪「の、和?」

    和「分かるわ。律はMでしょ」

    澪「えっ?」

    和「いつも使用許可の書類を提出し忘れるの、あれは『私に怒られたい』という願望があるからなのよね」

    澪「……」

    和「私がキツく言って泣きそうな顔をしたら、かなり来るわ」

    36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 17:10:22.80
    澪「和って、変態なのか?」

    和「変態? 人類はみんな変態よ」

    澪「わ、私も……」

    和「律を自分のモノにって考えで、かなりの変態よ」

    澪「そ、そうなのか……」

    和「だから」スッ

    澪(えっ、耳元に何を……)


    和「律を手に入れたら、二人ともじっくり可愛がってあげる」ボソッ


    澪「!」

    和「あら、今ので感じた?」

    37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 17:19:14.55
    澪「そんなことない!」

    和「顔が赤いわね」

    澪「気のせいだ!」

    和「ならいいけど」

    Prrrr♪

    澪「あっ、電話……律から!」ピッ

    律『澪、私だよーん』

    澪「律か?」

    律『予定が早く済んだからさ、今から遊ばないか?』

    澪「マジで!?」

    律『マジだよ』

    38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 17:24:17.49
    澪「行く、すぐに行くよ!」

    律『そっか。じゃあ、私の家で待ってるからな』ピッ

    和「律から電話」

    澪「そう。だから私、律の所に行くよ」

    和「残念ね。お楽しみはこれからなのに」

    澪「べ、別に和のお楽しみなんかいらないよ」

    和「あら、ツンデレ?」

    澪「違う! それじゃあ私、行くからな」

    和「なんなら私も行って混ざろうかしら?」

    41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 17:31:18.08
    澪「いらない! 私と律だけでいい!」

    和「そっ、じゃあ頑張ってね」

    澪「あぁ」

    バタン!

    和「あーあ、失敗したかしらねぇ。よかれと思ったんだけど」

    和(なんにせよ、頑張りなさい)

    和「あとは、手筈通りにやればいいわね」

    42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 17:37:06.22
    ―――――

    田井中家、律の部屋。

    律「いやー、私の用事だけすぐに済んだからさ」

    澪「そうなんだ」

    律「とりあえずゲームやるか? 昨日、聡とやった対戦ゲームが」

    澪「そ、それよりもさ」

    律「?」

    澪「ちょっと面白いことをしないか?」

    律「なんだ? 澪もゲーム持って来たのか?」

    澪「そうじゃないけど……」

    43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 17:42:32.07
    律「じゃあ、なんだよ」

    澪「えっと、これなんだけど」

    律「なんだそれ? 催眠術とかで見る、アレか?」

    澪「そ、そう。実は私、催眠術に興味があるんだ」

    律「催眠療法士にでもなるのか?」

    澪「ま、まぁ。そんな感じかな」

    澪(嘘だけどね)

    澪「だから今から、律に催眠術をかけます」

    律「へぇー、面白そうだな」

    45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 17:47:17.42
    澪「よし、いくぞ」

    律「ばっちこい!」

    澪(や、やってやるんだ)

    澪「まずは簡単なのな」


    澪「律はだんだん、眠くなる」


    ブラーン、ブラーン

    律「……」

    澪「……眠くなった?」

    律「いや、帰りの電車で寝たから眠くならない」

    澪「……」

    律「……」

    澪「じゃあ、次だ!」

    46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 17:53:57.57
    律「今度はなんだ」

    澪「ちょっと待って!」ペラペラ

    澪(次はどれをやれば……これだ!)

    澪「律、目を閉じて」

    律「あいよ」

    澪「よし、それじゃあ暗示をかけてやる」

    澪(あれ、このままキスした方がよくないかな? どうせ律は目を閉じてるんだし)

    律「まだか?」

    澪「わ、私がいいって言うまではダメだ」

    律「文句が多い奴だな」

    47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 17:59:04.39
    澪(べ、別に悪いことじゃないよな!)

    律「……」

    澪(なんで気付かなかったのだろか……ふふっ)

    澪「じゃあ、行くぞ」

    チュッ

    律(ん? なんか唇に感触が)

    澪(律の唇、柔らかいなぁ)

    律(なんだろな?)

    澪(よし、もういいだろ)

    澪「律、いいよ」

    律「あぁ」

    澪「どうだった?」

    律「なーんか唇に変な感触があったくらいかな。それ以外は別に」

    澪「そ、そうか」

    49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 18:04:11.08
    律「今のはなんの効果がある催眠なんだ?」

    澪「えっと、私の言うことをきく催眠、かな?」

    律「なんじゃそりゃ? 私は澪の奴隷じゃねぇーぞ!」

    澪「な、なんだよ。ただの冗談じゃないか!?」

    律「なんか本気っぽかった」

    澪「き、気のせいだよ」

    律(怪しいなぁ)

    澪「じゃあ次……」

    律「ちょっと待て!」

    50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 18:09:00.84
    澪「な、なんだよ」

    律「澪。なんか企んでるだろ?」

    澪「!」ギクッ

    律「もしそうなら言ってみろ!」

    澪「な、何も企んでないよ!」

    律「そうか。なら、催眠術はなしだ!」

    澪「えっ」

    律「これから夕飯の買い物に行くからさ、わりぃな」

    澪「そ、そんな」

    律「お遊びならさ、また明日にでも付き合ってやるよ」

    澪「……はい」

    律「ごめんな」

    52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 18:14:56.37
    ―――――

    翌日、屋上。

    和「あら、ダメだったの」

    澪「うん。なんか朝から律の奴、私を避けてるし」

    澪「嫌われたのかな」

    和(やっぱり澪に変なこと教えるんじゃなかったわ)

    和「もう自分の口から告白すれば?」

    澪「で、出来ないよ」

    和「律のことが好きなんでしょ? だったら、もう押し倒すなりしなさい」

    54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 18:19:19.24
    澪「だ、誰もそこまでしないし!」

    和「私は昔、唯にやったことあるわ」

    澪「えぇー!」

    和「大丈夫よ。唯自信は覚えてないから」

    澪「そういう問題なの!?」

    和「そうよ」

    澪「……やっぱダメだ。律を襲うなんて」

    ガタッ!

    澪「ひっ!」

    和「半開きの扉が風で閉まっただけよ」

    55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 18:25:33.09
    澪「ほっ」

    和「それで、どうするの?」

    澪「……もう、催眠とかには頼らない! 私自身の口からちゃんと言う」

    和「なら最初からそうすればいいもの」

    澪「そうだよ。当たって砕けろの精神で行けばいいんだよ」

    和「砕けてどうするのよ」

    56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 18:31:08.24
    澪「律に告白して、絶対に律を私のモノにするんだ!」

    和(そういう独占欲は強いのね)

    澪「絶対にやってやる!」

    和「頑張りなさい」

    和(その後で、じっくり二人を堪能するから)ニヤリ



    和(さて、腹ごしらえに唯のパンツを……)

    憂「あっ、和さん」

    和「憂じゃない。どうしたの?」

    憂「ちょっと、ブツを引き取りに」

    57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 18:33:40.35
    和「ブツ?」

    憂「とぼけないで下さい。小学生の頃、お姉ちゃんから盗んだ」

    和「あれは盗みじゃなく拝借よ」

    憂「どっちも同じです!」

    和「そうなんだ。じゃあ私、生徒会に行くね」

    憂「まだお昼休みですよ」

    和「……」

    憂「話はじっくり聞きますね」ニコッ

    59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 18:41:42.85
    ―――――

    放課後、部室。

    律「みんな掃除かぁ」

    律(暇だ)

    律「おっ、メトロノームじゃん……おりゃ」

    カチ、カチ、カチ、カチ

    律「……」

    私の言うことをきく

    律(なんだ?)

    私の言うことをきく

    律(澪が昨日、私に言ったことか……なんであいつ、あんなことを)

    カチ、カチ、カチ、カチ

    律(なんか……)

    律「気になるな。よし」

    60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 18:48:49.33
    アカン、積んだから

    やめるわ

    62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 19:07:17.88
    ―――――

    部室前

    澪(今日はみんな用事で和は階段からこけて病院、か)

    澪(律は部室にいるみたいだから、誘って帰るか)

    澪(ついでに、告白してやる!)

    ガチャ

    澪「律、いるかー?」

    澪(あっ、いたいた)スタスタ

    律「……」スゥー

    澪(ふふっ、寝てる。可愛い寝顔だ)

    澪「……」

    65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 19:11:27.79
    澪「ちょっとくらい、いいかなぁ」スゥー

    律「……ううっ」

    澪(ヤバい、起きる!)

    律「……みーお?」

    澪「そ、そうだよ。律、一緒に……」

    律「澪!」ギュッ

    澪「!」

    澪(り、律が抱き着いて来た!!)

    律「澪」

    澪「ど、どうしたんだ?」

    律「……えへへー」

    澪「ん?」

    66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 19:16:22.85
    律「澪。私、澪の言うことなーんでも聞いてあげるよ」

    澪(な、なんだってー!)

    澪「律、どうしたんだ!」

    律「別に、どうもしないよ。私は澪の言うことを聞きたいんだよ」

    澪「いやいや、それはおかしくないよ」

    律「だって、澪がそう望んだんじゃん」

    澪「私が……」

    澪(机の上にメトロノーム……もしかして、催眠術にかかってる!?)

    律「みーおー」

    澪(これはもしかしたら)

    68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 19:22:03.66
    澪「なぁ律、私のこと好きか?」

    律「大好き!」

    澪「そうかそうか」ナデナデ

    律「澪に頭撫でて貰った!」

    澪(これはこれは……ははっ。案外、使えるなぁ)

    澪「もし私が律のこと好きって言ったら」

    律「普通に嬉しい」

    澪「そうかそうか、嬉しいか。あははは」


    70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 19:27:13.66
    澪「じゃあ律、もしも私が『律はいらないんだ』って言ったら」

    律「えっ?」

    澪「私には律は必要ない、って言ったら」ニヤリ

    律「そ、そんなこと言うなよ」ウルウル

    澪「か、可愛い!」ギュッ

    澪(ヤバい。なんだろ、この高揚感)

    律「澪……グスッ」

    澪(泣かしちゃおっかな……でも、さすがに悪いか)

    澪「冗談だからな」

    律「ほんとに」

    澪「あぁ、ほんとだ」

    律「よかった」ホッ

    71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 19:33:04.71
    澪「律、今日は部室に誰も来ないから。二人で楽しいことしよっか」

    律「何、ゲーム?」

    澪「まぁ、そんな感じかな」

    澪(このまま律を懐柔しちゃおう)

    律「ねぇ、澪」

    澪「ん、なんだ?」

    律「本当に澪は私のこと好きなの?」

    澪「あ、当たり前じゃないか!? 誰よりも愛してるぞ」

    律「じゃあさ、どうして澪は私に変なことしようとしたの?」

    澪「な、何言ってるんだよ」

    72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 19:38:02.42
    律「本当に私のこと好きなの?」

    澪(まさか、催眠が切れかかって)

    律「答えろよ」

    澪「わ、私に口答えか!? 律は私の言うことを……」


    律「最初っから、そんな催眠なんかにかかってるかよ」


    澪「えっ?」

    律「悪いな、澪。騙すようなことして」

    澪「な、なんで……えっ」

    律「いやー、なんとなく澪のことが気になってな」

    73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 19:44:43.32
    律「だから、澪の真意が知りたくて、催眠を逆利用させてもらった」

    澪「あ、ああ……」

    律「本当はもう少し催眠にかかったフリしてるつもりだったけど、なんか貞操がヤバいと感じたからさ」

    澪「じゃあ、つまり」

    律「私の演技だよーん」

    澪「……」ガクッ

    律「おいおい、大丈夫か?」

    澪「あ、あははは。なーんだ」ポロポロ

    律「あれ、澪ちゃん?」

    74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 19:51:43.33
    澪「そうだよな……上手くいくワケ、ないよな」ポロポロ

    律「な、泣くなよ」アセアセ

    澪(あー、なんだろ。凄く馬鹿なことやったと思う)

    澪(もう取り返しつかないかも。律に嫌われちゃったかも)

    澪「……律」

    律「な、なんだ!?」

    澪「ごめん……なさい」

    律「?」

    澪「ごめんなさい!」

    75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 19:57:19.84
    律「澪」

    澪「律……私のこと嫌い?」

    律「えっ?」

    澪(だよな、うん。こんなことしといて、好きだなんておかしいよ)

    律「……私は嫌いじゃないかな」

    澪「今、なんて」

    律「澪のこと、嫌いじゃない……嫌いじゃない!!」

    澪「り、律」

    律「だからよ、なんでこんなことしたか教えてくれよ。なっ」

    澪「……」

    律「私達、親友だろ。隠し事なんか、なしだからな」

    澪「……分かったよ」

    澪は全てを話した。

    78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 20:04:18.21
    律「わ、私のことが好きなのか!?」

    澪「私はどうしても、律が欲しかったんだ」

    律「その思考に驚きだよ。はぁー、幼なじみがまさかそんなこと考えてたなんて」

    澪「幻滅しただろ」

    律「まぁ少しは……それならさ、素直に言えよ。私が好きなら好きって」

    澪「だって、律にフラれるのが怖かったから。それに女の子同士なんて、律が嫌がるパターンじゃないか」

    律「誰もそんなこと」

    澪「だから、律を自分のモノにすればずっと、律と一緒にいられると思って和に相談したんだ」

    80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 20:12:30.57
    律「……」

    澪「ごめん、律。私のことはもう……」

    律「ばーか。んなこと言われて、澪をほっとけるかよ」ポンッ

    澪「律?」

    律「私を好きになってくれた奴だ、私はちゃんと受け入れてやるよ」ナデナデ

    澪「えっと、それって」

    律「だあー、もう! 私は澪が好きだよ!」

    チュッ!

    澪(り、律が私に!)

    律「……昨日、私にキスしただろ」

    澪「し、知ってたのか?」

    律「分かるよ。幼なじみだろ、言わせんな」

    84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 20:20:09.54
    澪(あれ、私のファーストキス)

    律「それに私だって告白するけど、澪の下着たくさん持ってるし」

    澪「……なぬ?」

    律「泊まりに来た時とか、勝手に拝借したし」

    澪「律、盗みは犯罪だぞ!?」

    律「盗みじゃねぇし、拝借だから問題ないもん」

    澪「……」

    律「結局、似た者同士ってことよ」

    澪「いや、全然似てないから」

    86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 20:27:26.07
    律「うっせぇ!」

    澪「ふふっ、あははは」

    律「な、なんだよー」

    澪「いや、律も私や和同様、変態だったって思ったら」

    律「変態じゃねぇし」

    澪「変態」

    律「!」ビクッ

    澪「律、やっぱりMなんだな」

    律「わ、悪いかよ」

    澪「いーや、私はSだから問題ないよ」

    律「Oh……」

    87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 20:34:31.07
    澪「まぁ、私にとっては好都合なワケで」

    律「私にとってもだな。だけど、付き合うからには『対等』な関係で行くからな」

    澪「そうだな。変態さん」

    律「その呼び方、やめろ」

    澪「変態、変態」ボソッ

    律「み、耳元で囁くなよ」

    澪「声が震えてるぞ」

    律「澪のせいだろ」

    88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 20:39:34.19
    澪「確かにな……じゃ、行くか」

    律「……お願いします」

    ガラッ

    律澪「!」

    純「すいまーん。梓、います……か」

    律澪「……」

    純「……」


    純は泡を吹いて倒れた。

    そのあとのことだが純は、

    「見ちゃダメだ、見ちゃダメだ、見ちゃダメだ」

    と言い続けたそうな。

    89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/02(土) 20:43:33.41
    ―――――

    しばらくして、


    澪「とゆーワケで、付き合うことになったんだ」

    和「へぇー、そうなんだ。じゃあ私、生徒会に行くね」

    律「こらこら、入院してるのに何言ってるんだよ」

    和「じゃあ二人とも、私のモノにならない?」

    律「悪い。私は誰かのモノになるつもりはないし」

    澪「あぁ、私達はあくまで『対等』だからな」

    和「面白くないわね」

    90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 20:47:12.54
    律「まーまー、ほら見舞いのフルーツだ」

    和「こんなのより、唯のストッキングでも持って来なさいよ」

    澪「無茶言うなって」

    和「はぁ、退院までが退屈だわ」

    律「仕方ないって、諦めろ」

    澪「じゃあ、私達は帰るな」

    和「はいはい。ラブラブ、イチャイチャなんか見たくもないわ」

    律「じゃ、お大事にな」

    澪「早く退屈出来るといいな」

    92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 20:50:01.16
    ―――――

    律「なぁ、これからどうする?」

    澪「昼間からやるか?」

    律「なっ、誰もそんなこと」

    澪「変態」

    律「や、やめろよ」

    澪「律はこの言葉に弱いな」

    律「うるさいなー」

    澪「また今日も可愛がってやるからな」

    律「お願い、澪」

    93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/02(土) 20:53:11.50
    澪「じゃあ、帰ろっか」

    律「……うん」


    今日も空は青かった。

    それは変態の心を持った人の如く清々しいものだった。

    そしてまた、律と澪も変態という共通項で結ばれた固い絆が存在した。

    それは決して、誰にも壊すことが出来ないものであった。


    紬「よきかな、よきかな」




    おわり

    コメントを書き込む コメントを読む(1) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

憂「お姉ちゃんなんて大嫌い!」
憂「お姉ちゃんの看病」
梓「澪先輩の縞パンをクンカクンカ」
  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/04/04(月) 01:30:12 URL [ 編集 ]
    ふふっ

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

<<梓「ムギ先輩、お医者さんごっこってやった事ありますか?」 | トップページ | 唯「うい~、寝返りうったらシーツが経血まみれだよ///」憂「・・」>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。