けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [スポンサー広告] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/09/12(日) 01:59:00 URL [ 編集 ]
    二度読みしようとは思えない
  2. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/09/12(日) 11:26:10 URL [ 編集 ]
    2度読みなんぞ滅多なSSじゃしないだろ

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

律「さわちゃんに聞いてきた。やっぱり、泊まり込みだってさ」

  1. 名前: 管理人 2010/09/11(土) 16:01:00
    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 14:51:40.14
    軽音部・部室

    唯「たっぷりー♪」 じゃーん

    律「おーし、休憩。って、外真っ暗じゃないか?」

    澪「雨が降るような事は天気予報で言ってたけど。今日はもう、終わりに・・・」

    ざざーっ。

    紬「滝みたいに降ってきたわよ。大丈夫かしら」


    2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 14:52:42.41
    梓「とにかく今日は帰りましょうよ。早くしないと、本当に帰れなく・・・」

    がたがたがたっ。

    澪「わっ」

    律「風も出てきたな。レインコートでもないと、ずぶ濡れになるぞ」

    唯「ギー太も濡れちゃうしね。でもいざとなれば、部室に泊まれば良いんだよ」 

    梓「唯先輩は、すぐそういう事言うんだから」

    ぴかぴかっ、ごろごろっ

    澪「うわっ」

    紬「・・・雷も鳴ってるし、外へは出ない方が良さそうね」



    3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 14:53:36.76
     1時間経過

    唯「止まないね-」

    澪「むしろ、どんどんひどくなってるぞ」

    律「携帯で天気予報見てるけど、この辺に雷雲が発生してるみたいだな」

    梓「ムギ先輩の言う通り、下手に外へ出ると危なそうですね」

    律「これは冗談抜きで、泊まり込みになるかもな。ちょっと、職員室で聞いてくるわ」



    4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 14:54:46.59
     職員室

    さわ子「校長先生とも話し合ったんだけど、部活で残ってた子は全員泊まってもらうしかないわね」

    律「講堂や体育館に避難するのか?」

    さわ子「それが駄目なのよ。ガラスが割れて、雨が吹き込んできてるの。、今は、部室で待ってて頂戴」

    律「さわちゃんは?」

    さわ子「勿論私も泊まり込みよ」

    律「大人は大変だな」

    さわ子「だから大人って言うのよ。あなた達、ちゃんと家の人に連絡しなさいよ」



    5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 14:55:56.92
     軽音部・部室

    律「さわちゃんに聞いてきた。やっぱり、泊まり込みだってさ」

    紬「お疲れ様。水さえ溜めておけば、一晩くらいならどうにかなりそうね」

    律「後は懐中電灯と非常食。それと今の内に、携帯を充電した方が良いな」 


    唯「りっちゃん、なんか恰好良いね」 ずずー

    梓「唯先輩もお茶ばかり飲んでないで、準備して下さい」

    唯「え、何やるの?」

    梓「窓にテープを貼ります。強度を保てますし、万が一割れた時に破片が飛ぶのを防ぎます」

    唯「後は、おへそ隠さないとねー」 ずずー



    6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 14:57:24.25
    梓「唯先輩、隙間にも貼って下さいよ」

    唯「はーい。すぐ止むと良いね」

    梓「確かに準備は大変ですけど、無駄になった方が良いですよ」

    唯「本当だよ。・・・外はどうなってるのかな。後で、用水路を見に行こうか」

    梓「・・・それだけは、絶対に止めて下さい」



    7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 14:58:52.19
    和「・・・みんないるわね。これ、学校から非常食の配給」

    唯「ありがとー。和ちゃんも、ここに泊まってく?」

    和「私は生徒会室に泊まるのよ。そっちの方が広いし、唯達も来る?」

    唯「大丈夫。軽音部は、狭いながらも楽しい我が家だよ」

    和「唯らしいわね。何かあったら、すぐ連絡しなさいよ」

    唯「ありがとー」


    律「断って良かったのか?生徒会には絶対、余分の毛布とか非常食が余ってるぞ」

    唯「でもそれだと、使いたい人が来た時困るでしょ。私達は何も無くても、みんながいるから大丈夫だよ」



    8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 14:59:52.16
    律「非常食は小分けにして、必要な分だけ食べるからな。後はお互いの居場所を常に確認する事」 てきぱき

    梓「なんだかんだと言って、律先輩は頼りになりますね」

    澪「仮にも軽音部の部長だからな」

    梓「今、しみじみそれを実感してます」

    律「ん、何の話だ?ムギ、校舎の見取り図ってあるか?一応、避難ルートを考え無いとな」

    紬「ええ。風向きを考えると、ここの廊下よりもこっちを使った方が安全そうね」

    律「分かった。後で一度、ルートを確かめてみるよ」

    紬「私は荷物が持ち出せるよう、準備しておくわね」



    9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:01:01.60
    唯「避難?」

    紬「万が一の話よ。唯ちゃんも大切な物は、身に付けておいた方が良いわよ。私もキーボードは、職員室に預けてあるから」

    唯「私の大切な物は、ギー太と・・・。ああ、トンちゃんをどうしようか?」

    紬「今の内に職員室へ運んでおいたら?」

    唯「そだね。あずにゃん、手伝ってー」

    梓「あ、はい」

    唯「トンちゃんさえ無事なら、私はもう何も心配する事無いよ」

    梓「唯先輩は気を抜いてないで自分の事も心配して下さいよ」

    唯「てへへ、怒られた」



    10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:01:54.31
     校舎1階・廊下

    唯「良く見えないけど、水が溜まってきてない?」

    梓「冠水してるって事ですか。・・・確かに、そう言われてみると」

    唯「よかったね、学校が3階建てで」

    梓「確かに平屋だったら、冷や汗を掻いてたかも知れません」

    唯「良かった、良かった。本当に、ありがたい話だよ」



    11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:02:44.96
    唯「ただいまー」

    梓「ただ今戻りました」

    律「おう。それにしても寝るには早いし、どうするよ」

    澪「演奏してる場合でも無いな」

    紬「トランプする?」

    律「そうだな。負けた奴は罰ゲームとか」

    澪「え?」

    律「リスクを負わないゲームなんて、面白くもなんとも無いだろ」

    澪「う、うぅ」



    12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:03:42.33


    律「あぎゃーっ」

    澪「弱すぎだ、お前は」

    律「もうやらねー。ポーカーなんて、二度とやらねー」

    紬「うふふ♪お茶淹れてくるわね・・・。あら?」

    フッ

    唯「今、少し暗くなったような」

    律「梓、懐中電灯の準備。澪は、さわちゃんと和に連絡。停電したらどうするか聞いてくれ」

    澪「ああ、分かった」

    紬「私は念のために、ガスの元栓を閉めておくわね。暗い中で間違えて触ったら危ないから」



    14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:04:48.98
    唯「りっちゃんって、恰好良いね。ムギちゃんも」

    梓「人間、いざって時に本性が現れるんですよ。つまり普段はほわほわしてても、律先輩やムギ先輩の本質はああなんです」

    唯「私も普段から、ほわほわしてるよ」

    梓「それが唯先輩の本質なんです」

    唯「あずにゃん、さりげなくしどい」

    梓「そ、そういう意味で言った訳では」

    唯「冗談だよ-、あずにゃん♪」

    紬「うふふ♪」



    15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:05:57.86
    律「さてと、さすがにそろそろ寝るか。明かり消すぞー」

    唯「おー」

    澪「拳を振り上げるな」

    紬「うふふ♪」

    梓「もう、唯先輩は」 くすっ

    スッ

    唯「・・・あれ、もう消した?」

    律「いや。これは停電だな。梓、懐中電灯」

    梓「は、はい」 カチッ



    16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:06:51.12
    律「改めて、電気を消してと・・・。目が慣れるまで危ないな、これは」

    澪「うぅ。暗い」

    梓「澪先輩が懐中電灯を持ちますか?」

    澪「い、いや。我慢出来る」

    律「我慢って言うな、我慢って。取りあえずさわちゃんに・・・。ちっ、圏外だ」

    紬「私の携帯も。雷雲のせいかしら」

    律「停電してるだけだから、大丈夫と言えば大丈夫なんだが。窓際は危ないし、廊下側にみんなで固まろうぜ」



    17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:07:35.45
    紬「澪ちゃん、大丈夫?」 きゅっ

    澪「あ、ありがとう。唯と梓も大丈夫か」

    唯「大丈夫、大丈夫。ね、あずにゃん」

    梓「ええ。それに、明けない夜は無いって言うじゃ無いですか」

    澪「大げさだな、梓は。・・・でも、少し気が楽になった。ありがとう、梓」

    梓「い、いえ。私はそんな」

    唯「あずにゃんは、私の自慢の後輩なんですよー♪」

    澪「私の自慢の後輩でもあるからな♪」

    梓「い、いや。その、あの」

    律「楽しそうだな、おい」

    紬「うふふ」♪


    18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:08:24.59
    紬「さっきよりも風が出てきたみたいね。窓、大丈夫かしら」

    律「これだけ距離があれば、割れても破片は飛んでこないだろ」

    紬「そうね」

    律「さて。寝れるような状況でもないけど、横になりたい奴は横になれよ。梓、平気か?」

    唯「あずにゃん、私の膝で寝て良いよ」 ぽんぽん

    梓「唯先輩こそ、寝なくて良いんですか?」

    唯「私は、あずにゃんの先輩だからね」

    梓「・・・はい」 にこ



    19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:09:24.93
    紬「さっきよりも風が出てきたみたいね。窓、大丈夫かしら」

    律「これだけ距離があれば、割れても破片は飛んでこないだろ」

    紬「そうね」

    律「さて。寝れるような状況でもないけど、横になりたい奴は横になれよ。梓、平気か?」

    唯「あずにゃん、私の膝で寝て良いよ」 ぽんぽん

    梓「唯先輩こそ、寝なくて良いんですか?」

    唯「私は、あずにゃんの先輩だからね」

    梓「・・・はい」 にこ



    20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:10:21.06
    ごごごーっ

    梓「風、すごいですね」

    唯「りっちゃんのドラム並みかな」

    律「おい」」

    紬「そのくらいパワフルって事よ♪」

    律「ちぇー。おい澪、大丈夫か」

    澪「ああ。みんなが一緒だから、平気だよ」

    律「よしよし。澪も、少し寝るか」 ぽんぽん

    澪「・・・うん」



    21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:11:20.96
    紬「二人とも、寝ちゃったわね」

    律「普通なら、もう寝てる時間だしな」

    紬「りっちゃんは大丈夫?」

    律「澪達が起きたら、順番に寝るか」

    紬「そうね。……唯ちゃんもそれで良い?」

    唯「うん。気付いたら雨が止んでて、朝になってれば良いんだけどね」

    律「そうなるさ。でもって明日は、全員で一緒に寝るんだよ」

    紬「うふふ♪そうね」



    22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:12:12.43
    がたがたがたっ、びしびしっ、がたがたがたっ

    紬「これは、ちょっとどうなのかしら」

    律「寝てる場合じゃないかもな。・・・澪、起きろ。おーい、澪」 ゆさゆさ

    唯「あずにゃん、あずにゃん」 ゆさゆさ

    梓「・・・おはようございます」

    律「礼儀正しいな、おい」

    澪「・・・ごめん。本当に寝ちゃってた」

    律「いや、それは良いんだが。かなり風が強くなってきた。下手すると、これは・・・」



    24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:13:10.84
     ガシャッ。バリッ、ガシャガシャッ。

    澪「うわっ?」

    律「やべ、本当に割れたっ」

    梓「ギ、ギターが、飛んでっちゃいましたよっ」

    唯「で、でも。こ、こにいたら危ないよね」

    律「ああ。階段まで一旦出て、取りあえずはそこで待機するか」

    紬「・・・澪ちゃんっ?」

    律「ムギ、どうした?」

    紬「澪ちゃんが、窓際にっ」

    律「なにっ?・・・おい澪っ、戻れっ」



    25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:14:11.04
    澪「駄目だっ。ギターが濡れるっ」

    唯「澪ちゃんっ、危ないよっ。早く、戻って来てっ」

    梓「澪先輩っ。ギターよりも、自分の事を心配して下さいっ」

    澪「そんな事、出来る訳が・・・。それ程、濡れてないな」


    梓「・・・先輩、ギターを投げて下さいっ」

    澪「・・・落とせば壊れるぞっ」

    梓「構いませんっ。先輩は、自分の事だけを考えて下さいっ」

    澪「分かった・・・。えいっ」

    唯「うわっと。・・・ムッタンキャッチッ」 

    澪「次、行くぞっ」



    26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:15:01.55
    紬「ギー太も、キャッチッ」

    梓「エリザベスもっ」

    澪「後はドラムと……」

    ガシャッ、バリバリッ、ガシャッ


    澪「わっ?」

    律「くっ、また割れたか。澪ーっ、早く戻ってこいっ」

    澪「・・・律っ、ドラムは置いてくぞっ」

    律「そんな事構うなっ。私はここにいるっ。だから、お前は戻ってこいっ」

    澪「ああっ」



    27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:16:15.70
    澪「くっ、風が強くて」

    紬「澪ちゃん、急いでっ。また割れたら危ないわよっ」

    澪「分かってる。分かってるけど、雨で前が」

    ビューッ、ビュー、ビューッ

    澪「うわっ」

    律「ちっ」 ダダダッ

    紬「りっちゃんっ?」



    28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:17:09.19
    ガシャッ、ガシャッ、ガシャーッ

    律「くっ」

    澪「律っ」

    律「構うなっ。走れっ」

    澪「わ、分かったっ」



    29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:18:01.93
    律「はぁ、はぁ、はぁ」

    澪「わ、私をかばったから・・・」

    律「気にすんな。ちょっと破片がかすめただけで・・・。くっ」

    紬「りっちゃん、動かないで。・・・梓ちゃん、懐中電灯を」

    梓「は、はい」

    紬「膝の上が結構切れてるわね。それ程、深くはないみたいだけど」

    澪「ごめん、ごめん。律」

    律「だから、気にすんなって。それより、エリザベスが無事で良かったな」

    澪「律・・・」


    30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:19:07.54
    紬「何も無いけど、とにかく縛った方が良いわね」

    澪「私のハンカチとリボンで」

    律「おい、澪」

    澪「律は黙ってろっ。・・・これでいいか、ムギ」

    紬「多分、大丈夫だと思う。りっちゃん、きつくない?」

    律「ああ、ありがとう。しかし、廊下に出てもあまり変わらないな」

    紬「風のせいで、ドアが閉まらないのね」

    澪「・・・生徒会室まで行こう。そうすれば消毒や包帯もあると思う」

    律「でも私はちょっと・・・」

    紬「大丈夫よ」 ひょいっ

    律「おわっ」



    32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:20:08.37
    律「おい、ムギ。大丈夫か?」

    紬「全然平気よ♪ムギちゃんこそ、辛くない?」

    律「いや。快適だけどさ」

    紬「良かった♪」

    澪「梓、懐中電灯を貸してくれ。私が前を歩く」

    梓「は、はい」

    律「大丈夫か?本当に真っ暗だぞ」

    澪「そんな事言ってる場合じゃないだろ。梓、ムギと律の事見ててくれ」

    梓「は、はい」



    34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:21:26.69
    澪「階段濡れてるから、気を付けろ」

    紬「了解」

    梓「律先輩、痛くないですか」

    律「だから少し切れただけだって」

    梓「唯先輩も、大丈夫ですか」

    唯「へ、平気だよ」 よろよろ

    梓「ムッタンは自分で持ちますから。先輩は、ギー太とエリザベスをお願いします」

    唯「ご、ごめん。本当、ムギちゃんはすごいねー」

    紬「りっちゃんは軽いから♪」

    律「照れるな、おい」



    35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:22:42.47
     2F廊下

    ざー、ざざー、ざー

    梓「ここも、結構窓が割れてますね」

    澪「ただ生徒会室へ行くには、ここを抜けるしかないんだよ。ムギ、大丈夫か」

    紬「私は平気だけど、りっちゃんが」

    律「今更濡れても気にしないさ」

    澪「分かった。ムギ、悪いけど、出来るだけ急いでくれ」

    紬「了解」


    梓「ちょっと待って下さい」 たたたっ

    澪「梓っ?」



    37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:23:37.93
    紬「梓ちゃんっ」

    梓「ムッタンで割れた所を押さえてますから、今の内に渡って下さい」

    澪「悪い、梓・・・。ムギ」

    紬「ええ。りっちゃん、行くわよ」

    律「ああ。梓・・・、正直済まん」

    梓「なんですか、それ」 くすっ



    38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:24:30.67
    澪「どうにか渡れたか・・・。唯も早くっ」

    唯「あ、うん。今行くよ。あずにゃんも早く、向こう側へ」

    梓「唯先輩が渡ったら、すぐに行きます・・・。あれ?」

    唯「あずにゃん、どうしたの?」

    梓「いえ、その。あの。割れた窓を塞いでるギターが」

    唯「うん」

    梓「・・・ムッタンじゃなくて、ギー太でした」

    唯「え?」



    39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:25:20.60
    梓「ご、ごめんなさい。本当に、済みません。済みませんでしたっ」

    唯「・・・あずにゃん」

    梓「は、はい」 びくっ

    唯「・・・ありがとう、あずにゃん♪」 きゅっ

    梓「え」



    40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:26:22.44
    唯「あずにゃんが窓を塞いでくれたから、ムギちゃんとりっちゃんは濡れずに渡れたんだよ」

    梓「でも、ギー太が」

    唯「大丈夫だよ。ギー太も、みんなを守れて嬉しいって言ってるしね」

    梓「でも」

    唯「ギー太がそう思ってるって事は、私もそう思ってるんだよ。あずにゃん、ありがとうって」

    梓「・・・唯先輩っ」 きゅっ

    唯「良かった、良かった」 きゅっ



    41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:27:21.50
     2階・廊下

    律「でもそれって、唯が間違えてギー太を渡したんじゃないのか?」

    唯「・・・本当、風が強いねー。何も聞こえないよ」

    律「この野郎。しかし生徒会室って、結構遠いな」

    梓「暗いですし、ゆっくり進んでますからね」

    紬「ごめんね、みんな。私がもっと早く歩ければ」

    梓「そ、そんな事は全然。私こそ、勝手な事言って済みません」

    律「正直済まん」

    唯「りっちゃん、そればっかりだね」

    梓「本当ですよ」 くすっ

    紬「・・・」



    42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:28:16.70
     2~1階・階段踊り場

    澪「ちょっと休憩するか」

    唯「そだね。雨も吹き込んでこないし、朝までここにいる?」

    澪「唯達は濡れてるから、着替えるか体を乾かさないと」

    梓「それに、律先輩の怪我もありますし」

    律「私は全然平気だけどな。大体私よりも、ムギに聞かないと。・・・ムギ?」

    紬「え?」

    律「・・・ムギ。これって雨じゃなくて、汗だろ」

    紬「私は、平気、だから」 にこ



    43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:29:07.06
    律「そんな訳あるか。大体無理しすぎたんだよ。いくら何でも、ずっと私を背負って歩ける訳無いだろ」

    紬「平気だって。りっちゃん、軽いから」

    律「だからって、限度があるよ。・・・ここからは私も歩くから」

    紬「りっちゃん。わがまま言わないで」

    律「わがまま言ってるのはムギだろっ」

    紬「りっちゃんっ」

    梓「ふ、二人とも、落ち着いて下さい」



    44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:30:03.38
    律「とにかく私は歩くからな。・・・っと」 よろっ

    澪「律っ?」

    唯「りっちゃん?」

    律「は、はは。演技演技。ずっと背負われてたから、立ちくらみしただけだよ。全然平気だって。・・・くっ」 よろっ

    紬「りっちゃん、背中に乗って」

    律「平気だって言ってるだろ」

    紬「りっちゃん」

    律「だから平気だって・・・」

    紬「りっちゃん、乗りなさいっ」



    45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:30:51.73
    律「・・・正直、済まん」 ひょい

    紬「りっちゃん、そればっかりね」 くす

    律「たはは」

    紬「うふふ♪」


    梓「一時はどうなるかと思いましたが、本当に良かったです」

    唯「私も変な汗かいちゃった」

    澪「あと少しの辛抱だ。ムギ、律の事頼むぞ」

    紬「任せて♪」



    48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:31:48.86
    澪「・・・もうすぐ、職員室だ。ムギ、大丈夫か」

    紬「ええ、勿論」

    ピロピロピロ♪

    律「ん?携帯が・・・。調子が戻ったのかな。あ、さわちゃん?え、なんだって?」

    さわ子「ふし・・。しゃ・・・。に・・・」

    律「さわちゃん?おい、さわちゃん?」

    ツー、ツー、ツー

    梓「何だったんですか?」

    律「良く聞こえなかったけど、不審者がどうとか」

    澪「えっ?」 びくっ



    49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:32:38.28
    律「はっきりとは聞き取れなかったんだけどな。不審者、逃げてとかなんとか言ってた」

    澪「それって、まずくないか?」

    律「間違い無く、まずいだろうな」

    梓「こんな時なのに、どうして不審者が?」

    紬「逆にこんな時だから、かしら。外部の人間が入り込んでも、絶対気付かれないでしょ」

    がたがた、がたがたっ

    澪「わっ」

    梓「ひっ」

    律「なんだか、背筋が寒くなってきたぞ」

    紬「唯ちゃんは大丈夫?・・・唯ちゃん?」



    50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:33:27.35
    唯「大丈夫だよ」 にこっ

    紬「唯、ちゃん?」

    唯「私がギー太で、みんなを守るから」

    律「おい」

    唯「私が一人で犠牲になるつもりは無いよ。そんな事になっても、誰も喜ばないでしょ」

    澪「当たり前だ」

    唯「だから私はギー太で不審者を倒して、みんなと一緒に朝まで寝るんだよ」

    紬「唯ちゃん」

    唯「私はギー太がいれば。それにみんながいれば、何だって出来るんだから」



    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:34:19.84
    梓「そんな訳無いじゃないですか」

    唯「あずにゃん?」

    梓「先輩一人に任せられる訳無いじゃないですか。・・・唯先輩の背中は、私が守ります」

    唯「あずにゃん♪」

    梓「大体唯先輩一人では、危なっかしくて見てられません」

    唯「たはは。面目ない」

    梓「頑張りましょう、先輩」

    唯「うん。頼むよ、あずにゃん」

    梓「はいっ」



    52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:35:08.27
     1階廊下

    唯「私達が前を歩くから、澪ちゃんはライトで照らして」

    澪「ああ」

    ガタガタ、ガタガタッ

    唯「まだ、風が強いね」

    梓「割れた窓から入り込んだんでしょうか」

    唯「あずにゃん、油断しちゃ駄目だよ」

    梓「はいっ」



    54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:36:11.80
    澪「本当に不審者がいるのか?」

    紬「ただこれだけ暗いと、仮にいても気付かないわね」

    澪「・・・ムギ。いざって時は走ってもらうぞ」

    紬「任せて♪」

    律「正直済まん」

    澪「馬鹿」 くすっ



    55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:37:22.44
    ぺた、ぺた、ぺた

    律「・・・変な音しないか?」

    紬「確かに、何か聞こえるわね」

    澪「後ろ、か。・・・ライトで届く範囲にはいないみたいだな」

    紬「唯ちゃん、前に誰かいる?」

    唯「ちょっと見えないね。・・・ああ、携帯を」 ぱかっ

    梓「こちらも、誰もいませんね」

    ぺた、ぺた、ぺた



    56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:38:22.99
    唯「音は、するね」

    梓「先輩」

    唯「大丈夫だよ、あずにゃん。手、出して」

    梓「は、はい」

    唯「大丈夫、だからね」 きゅ

    梓「はい」 きゅ

    ぺた、ぺた、ぺた



    58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:39:13.94
    紬「走る?」

    澪「いや。迂闊に動く方が危ないかも知れない。一度止まって、何なのかを確かめよう」

    ぺた、ぺた、ぺた、ぺた、ぺた

    紬「・・・近付いて来てるわね」

    澪「・・・後ろだ。ライトの範囲に入った。足が見える。・・・それと、血の付いた角材か?」

    唯「任せて。あずにゃんっ」

    梓「はいっ」

    ぺた、ぺた、ぺた、ぺた、ぺたっ



    59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:40:03.79
    紬「……近いわよ」

    律「澪」

    澪「もう少し、もう少し。もう少し」

    ぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺたぺた

    律「澪っ」

    澪「え、えいっ」 ぴかっ

    ?「ぎゃーっ」

    唯「だーっ」 だだだっ

    梓「唯先輩っ」


    60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:40:54.27
    唯「覚悟しろっ」 ぶんっ

    梓「ゆ、唯先輩っ。危ないっ」 

    唯「情け無用っ」 ぶんぶんっ

    ?「ひゃーっ」


    梓「唯先輩っ、止めて下さいっ」 はしっ

    唯「あずにゃん、止めないでっ。ここで倒さないと、私達が・・・」

    梓「よ、良く見て下さいっ」

    唯「見てって、そんなの不審者・・・。あれ?」

    梓「・・・そういう事です」



    61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:41:44.70
     職員室

    唯「・・・つくづく、申し訳ありませんでした」

    さわ子「冗談じゃないわよ。ここをかすめたわよ、ここを」 

    唯「たはは。だってりっちゃんが、不審者とかいうから、つい」

    さわ子「不審者?無事に校舎から出られるのなら、帰って良いわよって言っただけじゃない」

    律「正直、済まん」

    澪「腰が抜けたよ、今更」

    紬「私も、もう限界」 くす

    澪「全くだ」 くす



    63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:42:41.10
    梓「雨、もう止んでたんですね」

    さわ子「今は風だけよ。父兄が迎えに来た子から、順に帰って行ってるわ」

    唯「そですか」

    さわ子「全く。連絡付かないから人が迎えに行ったのに。ここをギターが、すーって。すーって」

    唯「だって、ぺたぺた音がするんだもん」

    さわ子「ずぶ濡れだったんだから仕方ないでしょ。大体赤い傘を、どうして角材と見間違う訳」

    澪「その、あの。色々、混乱してまして」

    梓「と、とにかく、無事で何よりです」

    さわ子「まあ、そういう事にしておくわ。りっちゃんの傷も軽いし、縫う程でもないでしょ」

    律「・・・」



    64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:43:36.20
    さわ子「とにかくあなた達、家の人に・・・。ちょっと聞いて、無いわね全然」

    唯「ういー♪」 すかー

    梓「背中ですよ、お腹じゃないですよ」 すかー

    澪「お化け、お化け出ないよな」 すかー

    紬「りっちゃん、結構重いかも♪」 すかー

    律「正直、済まん」 すかー




    66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:44:29.46
    和「山中先生、後は唯達と連絡が取れれば・・・。これは、一体」

    さわ子「私が知りたいわよ」 くすっ

    和「唯達が無事なら、全員安否が確認出来ました」 ふぁー

    さわ子「ご苦労様。真鍋さんも休んだら」

    和「・・・では、失礼して」 もぞもぞ

    唯「和ちゃーん♪」 すかー

    和「全く、唯ったら♪」 すかー




    67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:45:21.66

    さわ子「えー。毛布は、と」 ふさっ

    唯「ありがとー」 すかー

    さわ子「あーあ。私も疲れたわよ」 もぞもぞ

    唯「キャサリーン♪」 すかー

    さわ子「私だって、私なりに頑張ってるのよ-」 すかー



    68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:46:13.57
    翌日・放課後、軽音部

    律「言葉がないな」

    澪「まずは、割れたガラスを片付けるか。危ないから、慎重にな」

    梓「はい」

    唯「りっちゃんとムギちゃんは休んでて良いよ。私達でやるからね」

    紬「正直済まん」

    律「あ、この野郎」

    紬「一度言ってみたかったの♪」

    律「全く」 くすっ

    唯、澪、梓「あはは」



    69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:47:03.07
    澪「取りあえず、ガラスは片付いたか」

    梓「ドラムも、それ程濡れてませんね。風の吹く向きと逆にあったみたいです」

    律「どっちにしろ怪我してるし、しばらくは乾かしておくさ」

    唯「ギー太もひなたぼっこさせないとね」

    梓「ムッタン、隣良いですか?」
     
    唯「勿論、大歓迎だよ♪」 にこっ



    71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:47:56.00
    澪「終わってみれば、大した事は起きてなかったんだよな」

    紬「そうかも知れないわね」 くすくす

    澪「・・・私、恥ずかしい事言ってなかったか?」

    紬「全然。むしろ恰好良かったわよ」

    澪「ぐっ」

    律「いざって時は、人間おかしくなるものさ」

    澪「反論出来ん」

    律「冗談だよ、冗談。昨日はありがとう」 撫で撫で

    澪「ん」 こくり



    72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:48:47.32
    唯「楽器がこれだと演奏も出来ないし、今日はどうする?」

    梓「困りましたね」

    律「確かに、な」

    紬「うーん」

    澪「お茶にするか」



    73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:49:51.08
    律「澪らしくない台詞だな」

    澪「変か?」

    唯「全然。これぞ軽音部って台詞だよ」

    澪「軽音部?」

    唯「そう。桜が丘高校高校軽音部は、やっぱりこうでなくちゃ」

    梓「なんですか、それ」 くす

    紬「うふふ♪」



    75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/11(土) 15:50:49.14
    律「だったら、昨日の澪発言集を再現して盛り上がろうぜー」

    澪「調子に乗るな」 ぺた

    律「正直済まん」  

    澪「やっぱりそれか」 くすっ

    唯、紬、梓「あはは」



     
                            終わり

    コメントを書き込む コメントを読む(2) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

憂「独白」
唯「あずにゃん、今日も大人気だったね」
唯「あずにゃんのお兄ちゃんは私のお兄ちゃんだもん!」
  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/09/12(日) 01:59:00 URL [ 編集 ]
    二度読みしようとは思えない
  2. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/09/12(日) 11:26:10 URL [ 編集 ]
    2度読みなんぞ滅多なSSじゃしないだろ

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

<<純「ねぇ、手繋がない?」 | トップページ | 梓「三文の得」>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。