けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [スポンサー広告] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち


コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

憂「成長したなぁって、感じるよ」

  1. 名前: 管理人 2010/09/14(火) 15:06:31
    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:10:19.57


    平沢家のインターホンを鳴らしたのは、純だった。

    憂「あ、純ちゃん」

    純「やっほー、憂。元気にしてた?」

    憂「うん。あがってあがって~」

    純「お邪魔しまーす」


    2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:11:29.00
    憂以外誰もいない平沢家は、どこか広く感じられた。

    純「もう慣れた?」

    憂「うん。三ヶ月も経ったしね」

    唯が一人暮らしを始めて三ヶ月――憂達が高校三年生になってから、三ヶ月が経過した。

    一人だけじゃ寂しいんじゃないか、と純は週に三日、こうして平沢家に来ることがあった。

    純「はい、今日の差し入れ。ケンタッキーね」

    3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:12:07.54
    憂「レッドホットチキン?」

    純「うん。好きでしょ? これ」

    憂「大好きだよ」

    純「よかった」

    憂と純はリビングへ入る。

    4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:12:46.31
    憂「待っててね、お茶持ってくるよ」

    純「さんきゅ」

    憂はぱたぱたと、台所へ向かった。

    憂は慣れた手つきで紅茶を淹れ、数分後、純の前に紅茶が運ばれてきた。

    純「憂の淹れたお茶は、香りが違うね」

    憂「そうかな?」

    5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:13:27.89
    純「うん。コクがあるよ」

    憂「えへへ」

    純「あ、そういえば、もう夏休みだね」

    憂「うん。あと四日後だね」

    純「また、プール行こうよ」

    6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:14:00.24
    憂「いいね。梓ちゃんも誘ってかぁ」

    純「うん、三人でプール!」

    憂「梓ちゃん、また肌焼けるんだろうね」

    純「うん。まっくろけっけになるだろうね」

    憂「あ、夏になったらお姉ちゃん、帰って来るんだ」

    純「へえ、いつ?」

    7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:14:47.14
    憂「うーん、まだ教えてもらってないけど……8月上旬って言ってたよ」

    純「久しぶりに会うなー」

    憂「うん。今から楽しみでさ、胸がどきどきしてるよ」

    純「そっか」

    憂「あ、そうそう。模試どうだった?」

    8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:15:23.09
    純「私は……まあ、いつもどおりかな。N女はB判だったよ」

    憂「へー」

    純「憂は?」

    憂「私はA判だよ」

    純「え、マジ? すごいじゃん!私も頑張らないとなぁ」

    憂「今回は調子が良かっただけだよ、たまたま」

    10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:16:03.34
    純「それでもすごいよ、おめでとう」

    憂「いや~、それほどでも」

    純「ねえ、今のうちから夏休みの計画立てない?」

    憂「あ、いいね。それ」

    純「でしょ? まず一日目はさ……」

    そして、夜が更けていく。

    11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:16:56.52
    翌日

    純が目を覚ましたのは、平沢家のリビングだった。

    純「あれ、なんで憂ん家に?」

    純「ああ、そうだ……昨日この家に上がって、夏休みの計画立てて……」

    純「そのまま寝ちゃったんだ……」

    憂「ふわぁあ……? 純ちゃん?」

    12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:17:27.19
    純「あ、お早う。憂」

    憂「今何時?」

    純「えーと、今は……十……時半」

    憂「え?」

    純「あれ?」

    憂「今日って平日だよね」

    14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:18:00.61
    純「うん」

    憂「学校あるよね?」

    純「うん」

    憂「今十時半なんだよね?」

    純「やばいね」

    憂「遅刻したね」

    15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:18:45.68
    純「どうしよっか」

    憂「うーん、いっそ休もうか?」

    純「あ、たまにはいいかもね」

    憂「でしょ?」

    純「うーん、こうやって平日の昼からのんびりしてるのって、何だか新鮮」

    憂「だよねー」

    16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:19:18.20
    と、そのとき。二人のお腹がぐうぅぅ、と鳴った。

    純「お腹減ったね」

    憂「うん。なんか食べに行こうか?」

    純「うん。そうしよう」

    二人は外に出た。

    17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:19:53.11
    街中!

    純「どこ行こうか?」

    憂「うーん、喫茶店でいいんじゃない?」

    純「あの『喫茶・スワロウ』でいいかな?」

    憂「うん。そこにしよう」

    18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:20:27.84
    スワロウ店内

    純「私はチョコパフェがいいな。憂は?」

    憂「うーんと、私はジャンボホットケーキで」

    店員「かしこまりました」

    純「いやー、昨日どこまで計画決めたんだっけ」

    憂「十日目くらいまでだと思うよ」

    19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:20:59.37
    純「そっか、後はその日その日で行動しようよ」

    憂「それもそうだね。いろいろ決めすぎちゃうと、かえって混乱しちゃうかもだし」

    純「うん、でしょ」

    憂「あーあ、夏休みが待ち遠しいよ」

    純「私も。早く学校終わってくれないかな?」

    憂「あと、あと二日学校に行けば、夏休みだからね」

    20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:21:43.66
    純「うん。でも、まだ二日もあるんだね」

    憂「今日入れたら三日だけどね」

    純「一年が経つのは早いのに、こういうのは遅く感じない?」

    憂「うん。感じる。楽しいときなんて特にね」

    純「あー、そうそう。逆にテストのときとかは、時間が遅く流れるんだよね」

    憂「理不尽だよね」

    22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:22:29.99
    純「うん。たしかに理不尽だね」

    店員「お待たせいたしました」

    純と憂の前に、パフェとホットケーキが運ばれてきた。

    純「あー、脳が糖分欲してるよ。いただきまーす」

    純はパフェを食べる。

    23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:23:51.71
    憂「うん、とても美味しそう……」

    憂も口にする。

    純「ねえ、一口頂戴? 私のもあげるからさ」

    憂「いいの?」

    純「うん。いいよ」

    24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:24:58.32
    憂「じゃあ、はい」

    フォークに突き刺したホットケーキの一片を、純の口に近づけてくる。

    憂「あーん、して?」

    純「あ、あーん」

    純の口に入れる。

    ムグムグ 純「お、意外とイケる」

    25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:25:33.49
    憂「美味しいでしょ?」

    純「うん。かなり」

    憂「じゃあ、私にパフェ食べさせて」

    純「うん。いいよ」

    純はスプーンで、パフェをすくう。

    純「はい、あーん」

    26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:26:26.54
    憂「あーん」

    憂の口に入れ込む。

    憂「冷たくて美味しい。夏にはぴったりだね」

    純「でしょ」

    憂「それにしても、今日はやけに暑いね」

    純「夏って感じがするね」

    27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:27:04.44
    数分後

    憂「あー、美味しかった」

    純「だね」

    憂「まだお昼前かー。暇だねー」

    純「どこ行こう?」

    憂「ぶらりと、外歩いてみる? 行きたい場所見つかるかもしれないし」

    純「そうしよっか」

    支払いを終えた二人は、真夏の太陽に照らされている外に出た。

    28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:27:57.58
    街中

    憂「うーん、暑いね」

    純「もうすっかり夏って感じだね」

    憂「まったくだよ」

    と、その時、純の携帯がヴーヴーと振動した。

    純「あ、メール」

    29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:30:25.44
    憂「誰から?」

    純「梓から……何々、『二人ともサボり?』だって」

    憂「そうだよって返信しとけば?」

    純「写真も添付しようか? 私と憂の二人の写真とってさ」

    憂「いいね、撮ろう!」

    30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:31:09.33
    ****************************************

    学校  休み時間

    梓「あ、メール帰ってきた」

    梓「純からだ。『そうだよ』って、やっぱ憂も一緒なんだ。いいなぁ」

    梓「私も休めばよかった」

    梓「はぁ……」

    ****************************************

    32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:32:19.21
    純「それにしても、本当に暇だねー」

    憂「うん。学校行く方が、案外楽しいかもね」

    純「かもね」

    憂「あ、そうだ。純ちゃん。水着買わない?」

    純「いいかも。駅前の店、結構品揃えいいからさ、そこにしない?」

    憂「うん。そうしよっか」

    33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:33:10.20
    駅前、水着店

    純「私たち、補導されたりしないかな?」

    憂「大丈夫だよ、きっと」

    純「そうかもね……あ、この水色の水着、かっこよくない?」

    憂「うん、素敵! あーでも、純ちゃんにしたらちょっと地味じゃない?」

    純「そうかなー」

    34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:33:58.03
    憂「うん。そうだよ」

    純「じゃあさ、私はどんなのが似合うと思う? 憂?」

    憂「うーんとね、あ、このオレンジ色の何てどうかな?」

    純「うわー、背中がぱっくり開いてるよ」

    憂「なんか大胆で良くない?」

    純「憂がそう言うなら……買ってみようかな」


    35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:34:49.35
    純「憂は何にするの?」

    憂「私は――……純ちゃんに決めてほしいな」

    純「私? 私でいいなら、うん、まぁ」

    憂「じゃあ、お願いするね」

    純「うーん、憂に合う水着かぁ」

    憂「どんなのがあるかな?」

    36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:35:38.89
    純「あ、この白のビキニなんてどうかな? 純白って感じで」

    憂「純ちゃんが似合うと思うなら、買うよ」

    純「似合うよ。だって憂だもの」

    憂「えへへ、ありがと」

    純「じゃあ、買おっか」

    憂「うん」

    二人はレジに向かった。

    38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:36:42.89
    街中

    純「今何時?」

    憂「1時」

    純「うーん、そろそろ帰ろうか?」

    憂「え、もう少しだけ遊びたいな」

    純「うー、じゃあどこで?」

    40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:37:20.57
    憂「えーっと、特には思いつかないんだけどさ」

    憂「こうやって二人で歩きながら、談笑でもしていたいなって」

    純「なるほど。いいかもね」

    憂「うん」

    純「あ、そういえばさ――」

    会話が始まった。

    41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:38:01.36


    平沢家

    純「あー、ずっと歩きっぱなしだったから、足が痛いよ」

    憂「私もー」

    純「ま、楽しかったからよしとするかな」

    憂「うん。そうだね」

    純「じゃ、私は家に帰るよ。お母さんも心配してるだろうしさ」

    42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:39:00.20
    憂「夜帰りだね」

    純「いやー、今日ばかりは大目玉を食らいそうな気がするよ」

    憂「私もついてこっか?」

    純「ううん、いいよ」

    純「じゃ、明日また学校で」

    憂「うん。ばいばい」

    44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:39:45.67
    純は平沢家の玄関から出て行く。

    憂「……あーあ、なんか寂しいなー」

    憂「うーん、もう少し話してたかったけど」

    憂「ま、いいや。ご飯作ろう」

    憂は台所へと向かった。

    足取りは軽い。

    45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:40:31.96
    夏休み当日

    駅前

    純「ごめん、おくれちゃったー」

    憂「いいよ。私たちも今来たとこ。ね、梓ちゃん?」

    梓「うん」

    純「何だ、よかった。早くプール行こう?」

    憂「うん、行こっか」

    46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:41:04.00
    市民プール

    梓「あれ、純のも憂のも、新しい水着?」

    憂「うん。この前買ったんだ」

    純「へへー、似合ってるでしょ」

    梓「うん。意外と可愛く見えるよ」

    憂「えへへ」

    梓「あ、私ウォータースライダーやりたいな」

    純「あ、私も」

    47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:41:47.63
    ウォータースライダー

    梓「じゃあ、行ってくるね」

    憂「うん」

    梓は一気に、ウォータースライダーを滑る。

    純「じゃあ、次。私行くね」

    憂「いってらっしゃい」

    純が滑った後、数秒して憂も滑る。

    真下のプールに、どぼん、と落ちる。

    48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:42:27.77
    憂「ぷはっ、楽しいね」

    純「うん。童心に帰った気がするよ」

    梓「なーに、言ってるの。まだ子供じゃない」

    純「高校三年生はもう立派な大人じゃない?」

    梓「そうかなぁ?」

    純「そうだよ。ただ選挙権がないだけでさ」

    49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:43:23.58
    憂「ねえ、次は流れるプール行かない?」

    純「あ、いいね」

    流れるプール、温水プール、ジャグジー式プール、と様々なプールで遊んだころ、時刻は正午を過ぎていた。

    憂「お腹減ったね。何か食べない?」

    純「いいね。あ、焼きそば買ってくるよ」

    梓「私、ちょっと休んでる。私の分も買ってきてー」

    純「もう、しょうがないなあ」

    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:44:02.31
    数分後

    梓「お、いいにおい」

    純「お待たせ。はい、梓の分」

    梓「サンキュー」

    憂「こういうところで食べる焼きそばって、格別だよね」

    純「うん、わかるわかる」

    53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:44:44.19
    梓「あーあ、もう肌焼けちゃったよ」

    憂「明日になったら元に戻るんだからいいじゃん」

    梓「ま、そうなんだけどね」

    純「そういえばさ、唯先輩たちいつ帰ってくるの?」

    憂「八月一日って言ってた」

    純「あ、じゃあさ、その日憂ん家で焼肉でもしようよ!」

    54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:45:20.21
    梓「あ、いいね、それ」

    純「でしょ?」

    梓「澪先輩や律先輩も誘ってかぁ、何だか騒がしくなりそう」

    純「うん。でも楽しみだなー」

    憂「久しぶりに会えるからね」

    和「あら、憂じゃない」

    56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:46:08.03
    憂「和ちゃん!」

    和「素が出てるわよ」

    憂「あ」

    和「梓ちゃんも。もう夏休みなの?」

    梓「あ、はい」

    57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:46:59.54
    和「えーと、そっちの子は……」

    純「あ、鈴木純っていいます」

    和「そう。純ちゃんね」

    憂「和さん。もう帰ってきてたんですか」

    和「ええ。うちの大学、夏休みがはやいの」

    梓「へえ、いいなあ」

    58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:48:12.86
    和「そういや、憂たちは志望大学決めたの?」

    憂「あ、はい。みんなN女です」

    和「そう。頑張ってね」

    梓「あれ? 和先輩一人ですか?」

    和「うん。懐かしくなっちゃってね。一人よ」

    60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:48:59.66
    梓「あの、彼氏とかできたんですか?」

    和「まさか。私には縁遠い話よ」

    和「そうそう、唯たちはいつ帰ってくるの?」

    憂「お姉ちゃんは八月一日です」

    和「そう。何かするの?」

    憂「あ、焼肉パーティなんか開こうかなーって」

    61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:49:35.80
    和「いいわね。私も行っていい?」

    憂「あ、はい。もちろんです!」

    和「ありがとう」

    和「あ、ごめんね。お昼ごはん邪魔して。じゃあね、また今度」

    憂「あ、はい」

    和の姿が、やがて見えなくなる。

    64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:50:15.54
    憂「和さん、来てたんだね」

    梓「うん、意外」

    純「私の名前、覚えてもらえたかなー」

    憂「記憶力いいから大丈夫だよ、きっと」

    梓「和先輩って、大学どこ行ったの?」

    憂「N女より偏差値が高かったと思うよ」

    65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:50:57.38
    梓「あ、早稲田とか?」

    憂「ううん。国立だから……東工大とかかな」

    純「すご! エリートじゃん」

    憂「うん、なんか差を感じちゃうよね」

    梓「……ま、いいじゃん! それより食べようよ、冷めちゃう」

    憂「そうだね、焼きそば食べようか」

    三人は焼きそばをずずず、と口にする。

    しょっぱい。

    66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:51:35.21
    ****************************************

    同日  夕方

    帰り道

    梓「あー! 楽しかった! 久々に体動かした気がするよ」

    憂「うん。ここ最近勉強漬けだったからね」

    純「やっぱ、受験生って大変なんだなー」

    梓「うん。去年先輩達も、大変だったんだろうね」

    67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:52:08.59
    純「あーあ、やだやだ」

    憂「でもさ、努力はやった分だけ報われるって言うじゃん。合格するためだって思えば、全然苦にならないよ」

    純「そうは言ってもなー」

    梓「あれ? 明日ってどこ行くんだっけ?」

    憂「明日は動物園だった気がするよ」

    68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:52:42.48
    純「つーかさ、遊んでて大丈夫なんだろうか」

    梓「休むことも大切だよ」

    憂「うん。それに、10月くらいになってくると、もう遊べないんだから」

    純「あー、そうだよね」

    純(受験生、か……)

    純(大変だなぁ、もう)

    70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:53:12.07
    純「大学生になったら、何か変わるのかな?」

    憂「え?」

    梓「変わる、かぁ……あまり変わらないと思うけど」

    純「そっか」

    憂「私は、変わらないで欲しいな」

    純「へ?」

    72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:53:51.19
    憂「だって。変わっちゃったら皆でこうして遊ぶことが、出来なくなるかもしれないでしょ?」

    梓「あー、うん。そうかも」

    憂「私ね、たまに思うんだけど。ずっと高校生のままでいたいなって」

    純「あ、わかる。こうやって、三人でずっとさ、高校生活をエンジョイしてたいよね」

    憂「うん。ずっと」

    73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:55:07.85
    T=田井中  H=平沢 A=秋山  N=中野  K=琴吹

    梓「……なんか、どんどん大人になりたくないって気分が増してくるよ」

    純「梓、ピーターパンみたい」

    憂「うーん、でも、梓ちゃんの言うことわかる気がする」

    梓「でしょ?」

    憂「でも、大人にならなきゃいけないんだよねぇ」

    梓「……うん」

    74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:55:46.24
    純「理不尽だね」

    梓「理不尽、か。確かにそうだね」

    憂「うん」

    憂(時間って酷いなあ。いやでも私たちを大人にさせようとするんだから)

    憂(皆といられるこの時間を楽しまないと!)

    憂「そういえばさ――」

    そうして、三人の会話は続いた。

    76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:56:27.60
    ****************************************

    八月一日

    駅前

    梓「唯先輩達はいつここに来るの?」

    憂「9:00ごろって言ってたよ」

    純「今何時?」

    梓「八時半」

    純「もう少しか、たのしみだなぁ」

    78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:57:22.96
    三十分後

    憂「そろそろ来るよ」

    梓「なんか、私どきどきしてきた!」

    純「テンションあがるね」

    と、憂の後ろから声が聞こえた。

    唯「ひっさびさ~、皆元気にしてた?」

    79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:58:22.35
    憂は振り向く。

    憂「――お姉ちゃん!」

    律「よっ、憂ちゃん。それに梓も」

    梓「律先輩!」

    律「あれ、えーと、そちらの方は……」

    純「鈴木純、です」

    80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:59:01.06
    律「ああ、そうそう」

    澪「何だか、懐かしいな」

    紬「本当ね」

    澪「まだ一人暮らしを始めて、半年も経ってないのに。十年ぶりに帰って気がする」

    紬「私も。郷愁ってこんな感じなんでしょうね」

    81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 11:59:34.09
    唯「逢いたかったよ、うい!」

    憂「私もだよ! お姉ちゃん!」

    二人は頬をすり寄せ合う。

    律「やっぱ二人は、こうじゃなくちゃ」

    梓「あいかわらずですね」

    律「梓の胸もだな」

    82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:00:03.38
    梓「り、律先輩もじゃないですか!」

    律「へへー、私はカップが一つ上がったのだよ!」

    梓「く、くやしい! なんか負けた気がする!」

    律「そういえば。梓、志望校どこにしたんだ?」

    梓「私は――私も、N女です」

    83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:00:38.13
    律「お、私の後輩になるのか!」

    梓「そういうことになりますね」

    律「じゃあ、今のうちに言っておくかな」

    梓「? 何をです?」

    律「大学でもよろしく。梓」

    梓「――はい、律先輩」

    84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:01:17.01
    純「……私空気?」

    紬「大丈夫よ、自信もって」

    純「は、はい」

    紬「いかに扱いが酷くても、皆に尽くす気持ちだけは忘れちゃ駄目よ」

    純「は、はい!」

    85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:01:59.53
    平沢家

    憂「お姉ちゃん達のために、焼肉用意したんだよ!」

    唯「うわー、美味しそう! 流石うい!」

    憂「えへへ、照れちゃうな~」

    律(よく出来た妹だよなー)

    憂「まだお昼前だけど、もう食べようよ! ね?」

    87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:02:45.63
    唯「うん、食べよう食べよう!」

    澪「焼肉かぁ、このごろ食べてないな」

    紬「一人暮らしの時は、ずっと切り詰めてたものね」

    澪「うん。あ、でも、また太っちゃうな」

    紬「本当ね」

    90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:03:38.77
    ピンポーン

    憂「あ、お客さんだ! 出てくるね」

    憂は玄関を開ける。

    和「皆、もう来てる?」

    憂「うん!」

    和「そう。じゃああがらせてね」

    92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:04:16.24
    憂「お姉ちゃん!  和ちゃん来たよ!」

    和「人の前では和ちゃんって呼ばない方がいいわよ」

    憂「えへへ、ごめんごめん」

    唯「あー、和ちゃん! こっちこっち」

    和「うん。久しぶりね、唯」

    唯「うん。本当に久々だよ! 大学生活どうだった?」

    93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:04:58.95
    和「順調よ」

    唯「そっか、よかった」

    和「そっちは?」

    唯「私も順調だよ。何せ皆がいるからね!」フンス!

    和「何よりだわ」

    唯「えへへ~」

    94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:06:04.69
    純「私また空気?」

    憂「大丈夫だよ。みんなはしゃいじゃってるだけだよ」

    純「はしゃぎっぷりが尋常じゃないね」

    憂「でも、すぐに落ち着くと思うよ。その後焼肉食べようよ」

    純「うん」

    憂「みんなさ、再開が懐かしくて、テンションがあがりっぱなしなんだろうね」

    純「来年は、私たちもあの中に加わるのかな?」

    憂「うん。きっと」

    95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:07:02.76
    純「……大学生か」

    憂「遠い未来のことじゃなくなってきたね」

    純「中学生のころは、もっと後のことだったんだけどね」

    憂「うん――、成長したなぁって、感じるよ」

    純「確かに、ね」

    憂は未だ騒がしい室内を見て、楽しそうに微笑んだ。
                                      終わり

    102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:24:04.11
    番外編  祭り

    律「なあ、澪。夏祭りやってるんだってよ。行かないか?」

    澪「え? ここでか?」

    律「ああ。折角帰ってきたんだ。楽しもうぜ」

    澪「――そうするか」

    律「じゃ、行こうぜ」

    澪「ああ」

    103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:25:04.92
    神社

    澪「ああ、神社の夏祭りか」

    律「うん。あ、チョコバナナ買わないか?」

    澪「昨日焼肉食べたばっかしだからなぁ……」

    律「大丈夫だって、太ってもどうせすぐ痩せるだろ」

    澪「……ま、一本くらいは」

    律「じゃ、買ってくるから待ってて」

    澪「うん」

    104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:25:50.38
    数分後

    律「お待たせ」

    澪「サンキュー、律」

    律「ああ」

    澪と律は二人、チョコバナナを食べる。

    澪「何でも懐かしく感じられるな……」

    律「そうだな」

    澪「私たち、いつ大学寮に戻るんだっけ?」

    律「明後日」

    105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:26:44.26
    澪「明日はどこ行くんだ?」

    律「さあな」

    澪「――正月に、また来れるかな」

    律「ああ。来れるさ」

    澪「そうか」

    律「そうだ」

    祭りの騒々しさが、どこか二人には心地よかった。

    106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:27:23.80
    律「梓、N女志望してるんだって」

    澪「本当か? うれしいな」

    律「また、五人集まったらさ、HTTとして活動しようぜ」

    澪「武道館行ったり」

    律「ライブとか。駅前で」

    澪「夢が広がるな」

    律「ああ」

    107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:28:09.03
    と、その時。どーん、と花火が上がった。

    律「へえ、今日は花火もあったのか」

    澪「知ってて誘ったのか?」

    律「いや。偶然」

    澪「ついてるな。私たち」

    律「そうだな」

    どぅん、どぅん、どぉぅん。花火が空を舞う。

    108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:28:54.91
    澪「聡はどうしてるんだ?」

    律「男子高行ってるよ」

    澪「男子高かー」

    律「軽音楽部入ってるんだってよ」

    澪「楽器は?」

    律「ドラム」

    澪「律の弟らしいな」

    律「私に憧れてるらしい。やめとけってな」

    澪「まったくだ」

    109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:29:36.17
    律「なあ、明日は水族館にでも行かないか? 二人で」

    澪「唯たちは?」

    律「二人だけでいいよ。新鮮だろ?」

    澪「まあな。大学にいたときは、ずっと四人で行動してたからな」

    律「ああ。今もこうやって二人きりでいるけど、結構新鮮だぞ」

    澪「だな」

    律と澪は、花火を眺める。

    律「綺麗だな。まさに夏って感じだ」

    110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:30:07.51
    澪「なあ」

    律「? 何だ?」

    澪「来年も、二人でこうやって花火見ないか?」

    律「来年だけじゃなく、ずっとそうしようぜ」

    澪「ああ。十年後も、ずっと」

    律「約束だぞ」

    澪「ああ。律の方こそ破るなよ」

    律「もちろんだ」

    律と澪は、花火を見る。

    肩を並べて、花火を見る。
                                   終わり

    114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:46:22.15
    番外編      花火 

    平沢家

    深夜

    憂「お姉ちゃん、起きてる?」

    唯「うん。起きてるよ」

    憂「今日、楽しかった?」

    唯「うん。焼肉も食べれて、すごく楽しかったよ」


    115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:47:24.45
    憂「そっか。よかった」

    唯「何? こんな時間に。私の部屋に」

    憂「あのさ、花火しない?」

    唯「花火?」

    憂「うん。買ってるんだ。やろうよ」

    唯「わかった。着替えるよ」

    116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:48:39.88
    >>113 キスもセックスもないというのに百合とな

    庭先

    唯「お待たせ」

    憂「お姉ちゃん、早く早く」

    唯「うん」

    憂「はい、これ」

    と、憂は花火を渡してきた。

    唯「うん。ありがとう」

    117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:49:20.74
    憂「火、つけるよ」

    唯「うん」

    シュバァァァ と音を立てて、緑色の焔を輝かせる。

    憂「綺麗だね」

    唯「うん。とても」

    やがて火は消える。

    憂「じゃあ、次はこれね」

    118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:50:00.16
    唯「ちょっと煙臭いね」

    憂「うん」

    憂はまた花火を手渡す。

    火をつける。

    耀めいて、やがて火が消える。

    その繰り返し。

    三十分ほど過ぎたころ。

    憂「あ、もう花火なくなってきちゃった」

    119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:50:41.33
    唯「うーん、残念。でも、たのしかったね」

    憂「うん。あ、待って……線香花火が二本あったよ」

    唯「それで最後?」

    憂「うん」

    唯「そっか。残念だけどまあ、いいや。どっちが先に消えるか、競争しよう!」

    憂「うん!」

    120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:51:40.42
    唯と憂のもつ線香花火に、火がつけられる。

    ぱちぱち、と音と共に小さく燃え盛る。

    唯「終わりって感じがするね」

    憂「そうだね」

    唯「ねえ、憂」

    憂「何?」

    唯「お正月にも来るからさ、そのときもよろしく」

    憂「うん。歓迎するよ」

    121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:52:28.34
    唯「そして来年は憂がN女に来るのかぁ……、待ち遠しいなぁ」

    憂「私も。絶対行くから、待っててね」

    唯「うん。もちろん」

    憂「あ、消えちゃった」

    火の玉がぽとり、と地に落ちる。

    唯「あ、私のも」

    憂「終わっちゃったね」

    唯「うん。でも、楽しかったよ」

    憂「そうだね」

    122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/12(日) 12:53:27.25
    唯「ああ、そうだ。ねえ、憂」

    憂「何? お姉ちゃん」

    唯「大学でもよろしくね」

    憂「――うん! よろしく、お姉ちゃん」

    暗闇の中でもわかるほど、憂の顔は笑顔になった。

    花火よりも綺麗な笑みに、唯はすこし見惚れてしまった。
                                                 終わり

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

梓「twitterやめます」
純「不人気コンビには3期参加をご遠慮願おうか」
唯「全日本牛脂大食い選手権!」

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

<<唯「ロッカーはいつだってね“今”やんちゃ盛り♪」 | トップページ | 和「私もムギを抱きしめたりしたいわ」>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。