FC2ブログ

けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

梓「けいおん!!!」

  1. 名前: 管理人 2010/09/18(土) 12:08:03
    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/17(金) 23:54:41.77
    春休み!

    梓「はぁ…」

    憂「どうしたの?」

    梓「受験勉強が進まない…」

    純「何言ってるの?受験は夏からでしょ?」

    梓「そんなこと言ってると落ちるよ」

    純「うっ。じゅ、受験生にそれは禁句なんだよぉ!」

    梓「純は夏から受験生だもん。まだ言ってもいいよね?」

    純「…あずさぁ~」

    憂「あはは」


    3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/17(金) 23:58:17.20
    純「おっと…そろそろ行かなくちゃ」

    憂「ジャズ研?」

    純「うん。じゃまた明日ね」

    梓「遅刻しないでよ?」

    純「分かってるってー。ばいばい」

    憂「明日から3年生だね」

    梓「最上級生かー。全然実感わかない」

    憂「くすくす」

    梓「どうしたの?」


    4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 00:01:54.60
    憂「私も昨日同じ事言ったんだよ。そしたらお姉ちゃんが」

    梓「唯先輩が?」

    憂「私は今日から一年生だよー。全然実感わかないって」

    梓「あー分かる。中学生から高校生になったときとかも思ったもん」

    憂「それでね、アドバイスしてくれたの」

    梓「何?」

    憂「楽しめばいいんじゃないのかなーだって。ふふっ」

    梓「お気楽ねー…でも、唯先輩らしい」


    5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 00:04:00.08
    始業式!

    梓「またこの3人?」

    憂「嬉しいねー」

    純「ここまで来ると腐れ縁だよね」

    梓「3年2組か」

    憂「お姉ちゃんたちと一緒だね」

    純「澪先輩の席を確保しなきゃ!」ダッ

    憂「あ、純ちゃん!」ダッ

    梓「もう!3年生になったんだから落ち着こうよー!」ダッ

    7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 00:06:15.15
    純「どれが澪先輩の席か分からない…」

    梓「そりゃそうでしょうよ…」

    憂「あ、私の席、お姉ちゃんの席だー」

    梓「何で分かるの!?姉妹愛!?」

    純「は!?まさか匂いとか!?」

    憂「ううん。中にプリント入ってたの」ピラ

    梓「テスト?持って帰りなさいよ…」

    純「唯先輩は相変わらずだねー…もう大学始まってるの?」

    憂「うん!毎日忙しそうだよ」

    純「軽音部の先輩は皆同じ大学なんだよね?」


    9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 00:09:11.07
    憂「でも学部は違うから会う機会も少ないみたい」

    梓「部活は?軽音部に皆で入ったんじゃないの?」

    憂「お姉ちゃんはけいきん部だよ」

    純「何それ」

    憂「中国の楽器かな?楽しんでるよ」

    梓「何で?唯先輩は軽音部に入るのかと思った」

    憂「お姉ちゃんもそのつもりだったんだけど間違えちゃったんだって」

    純「んな馬鹿な!そんなことなんてある!?」

    憂「あったよ」

    純「う…まぁあったけど…」

    梓「唯先輩だからね…」

    10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 00:12:12.34
    憂「他の皆さんも軽音部には入って無いみたいだよ」

    純「そっかー。じゃぁもうバンドしないの?」

    憂「ううん。時間作ってスタジオ行ったり、バンドは続けるって」

    梓「そうなんだ。よかった」

    憂「でも今はレポートに追われてて時間ないみたいだけどね」

    純「大学って忙しいんだー」

    憂「律さんは同じ学部だから、この前家来て二人で必死になって勉強してたよ」

    梓「その二人で集まって勉強する日が来るとは…」

    憂「パソコンでコピーとかペーストとか頑張ってるよ」

    梓「あ、変わってなかった」


    11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 00:20:57.92
    数日後!

    純「そう言えばこの前紬先輩と会ったよ」

    憂「そうなんだー。どこで?」

    純「マックスバーガー。バイトしてた」

    憂「まだ続けてたんだね」

    純「すっごいてきぱき動いてた」

    憂「もう長いもんね。すごいなぁ」

    純「新人っぽい子に教育までしてたよ」

    憂「ふふっ。アルバイトにも新入生がいるんだね」

    梓「あ、私ビラ配り行かなきゃ」

    純「お、頑張れー」

    梓「うん。じゃぁね」


    12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 00:29:04.31
    部室!

    梓「今日のビラ配り終わり!」

    梓「…」

    梓「これからだよね!」

    梓「頑張るって言ったもんね!」

    梓「ね、先輩!」

    梓「…」

    梓「…」グー

    梓「お腹すいたなぁ」

    梓「…」

    梓「帰ろうっと」


    15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 00:35:12.27
    梓「あ、マックスバーガー」

    梓「今日ムギ先輩居るかな?」

    梓「覗いてみよう」

    梓「…居ない、か」

    梓「毎日バイトしてるわけじゃないし」

    梓「律先輩と唯先輩はレポートやってるかな?」

    梓「澪先輩はちゃんと友達作れてるかな?」


    16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 00:43:00.69
    梓「…」

    梓「憂に聞いてみようかな」

    梓「去年までは私のほうが詳しかったのに…」

    梓「そうだよね、姉妹だもんね」

    梓「…」

    梓「卒業しちゃったんだよね」

    梓「…」

    梓「居ないんだよね」

    梓「…」


    17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 00:51:36.46
    また数日後!

    梓「ビラ配り最近してない…」

    梓「…」

    梓「廃部になっちゃうのかなー」

    梓「約束したのに…」

    梓「この場所で…」

    梓「…」


    19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 00:59:52.54
    梓「…眠くなってきちゃった」コテン

    梓「最近暖かくなってきたから…」ウトウト

    梓「…」

    梓「…」

    梓「…」パチ

    梓「ちょっと眠っちゃってた…」

    梓「…」

    梓「…」

    梓「一人なんだなぁ…」


    20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 01:04:58.61
    梓「…」

    梓「…」

    「こんにちはー」ガチャ

    梓「せんぱ…」

    さわ子「梓ちゃん」

    梓「あ、さわ子先生…」

    さわ子「んー?私じゃない人期待しちゃった?」

    梓「い、いえ…」


    21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 01:09:53.86
    さわ子「ちょっとお邪魔するわね」

    梓「もうティーセットないですよ」

    梓「おいしいお茶を入れられる人も居ないです」

    さわ子「お茶を飲みに来たわけじゃないわよ」

    梓「冗談言って笑わしてくれる人も居ないですよ」

    さわ子「梓ちゃんも十分面白いけどね」

    梓「メイド服が似合う人も居ませんし」

    さわ子「今はまだ新作の衣装で着てないわ」

    梓「演奏も聞かせてあげられません」

    さわ子「…うん」


    23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 01:16:22.59
    梓「先輩はもういないんです」

    さわ子「そうね」

    梓「一人じゃ…何も出来ないです」

    さわ子「それなら、仲間を集めればいいじゃない」

    梓「新歓ライブも出来ないのにどうしたら入部してくれるんですか」

    梓「先輩がいなきゃ何も出来ない…何したらいいのかも…」

    さわ子「梓ちゃんが先輩なのよ?」

    梓「でも私には…どうしたらいいのか分からないです」

    さわ子「まったく…相変わらず真面目ね」

    梓「え?」

    さわ子「楽しめばいいのよ」


    25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 01:22:51.59
    梓「あ…」

    さわ子「高校生活最後の年なんだから。思い出に捉われるよりも、今を楽しみなさい」

    梓「…はい」

    さわ子「そういう先輩の背中を梓ちゃんはずっと見てきたから、もう知ってたかしら?」

    梓「はい!」

    さわ子「いつものがまだ物置きにはいってるはずよ」ガサゴソ

    梓「またあの着ぐるみですか?あれ、不評…」

    さわ子「文句言わない!」

    梓「は、はい!」

    さわ子「さっさとビラ配り行く!」


    27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 01:30:53.38
    梓「でもビラ配り何かで…」

    さわ子「…軽音部が廃部寸前だったって知ってる?」

    梓「はい。聞きました」

    さわ子「やりたいって強く思っていたら、人は集まるものなのよ」

    梓「…」

    さわ子「唯ちゃんなんて軽音部のけの字も知らずに入部したんだから」

    梓「あ!さわ子先生と話してる場合じゃない!」

    さわ子「酷い言い方ね。泣いちゃうわよ」

    梓「行ってきます!!」ダッ


    28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 01:36:27.51
    次の日!

    純「今年の一回生は経験者が多いから助かるよ」

    梓「抜かされないように頑張ってね」

    純「これでも3年目なんだぞー。それにパートリーダーなんだから!」

    憂「そうなの?すごいね純ちゃん」

    純「へっへーん」

    憂「梓ちゃんは軽音部どう?」

    梓「う…それが一年生がなかなか来てくれなくて…」

    純「あの着ぐるみがいけないんじゃない?」

    梓「あ、やっぱり?」


    29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 01:44:18.07
    憂「ライブするとかは?」

    梓「ギター一人じゃ盛り上がらないんだよね。リズム隊がいると良いんだけど」

    憂「先輩方に頼んでみるのは?」

    梓「先輩にはもう頼らないの。私が部長だもん」

    憂「ふふっ。梓ちゃんかっこいい」

    梓「リズム隊がいるといいんだけど」

    純「そうだねー」

    梓「リズム隊入れてバンドしたいんだけど」

    純「そう…」


    30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 01:47:52.41
    梓「純!お願い!」

    純「ま、梓さんの頼みなら仕方ないな」

    梓「純ー!ありがとう!」ギュー

    純「うわっ。梓が抱きつくなんて!?」

    憂「私も何かしたい!」

    梓「憂!ありがとう!でもギターはないし…音楽室にあるもので憂に出来そうなのは…」

    憂「タンバリンがいいな」

    梓「…うん、憂は唯先輩の妹だね」

    憂「えへへー」

    純「憂。多分それ誉めてない」


    31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 01:52:45.16
    昼休み!

    憂「一年生の教室久しぶりだね」

    純「この廊下なら見てくれるでしょ」

    梓「うぅ…緊張する…」

    純「緊張するな!部長だろ!」

    梓「だってゲリラライブでしかもボーカルまで…」

    純「そんな事言ったら、突然ライブするって決まった私たちはどうなのー」

    梓「うん、そうだよね、頑張ろう」

    憂「うん!」シャカシャカ

    純「まるで緊張してない…さすがだ…」


    32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 01:58:04.33
    梓「純はベース平気?」

    純「私を舐めるなよ。それにこの曲好きだから練習してたんだ」

    梓「あ、そうなんだ。私この曲聞いて、軽音部って決めたんだよ」

    純「梓かわったよね」

    梓「え?」

    純「先輩が卒業してから心配してたけど、もう大丈夫だね」

    梓「…ご心配をおかけしました」

    純「いいっていいって」

    梓「一緒の写真もお揃いのキーホルダーも、先輩方と過ごした時間も全部たからもの」

    純「たからもの、か」


    35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 02:02:50.35
    梓「全部胸の中にしまってあるから、先に進めるんだよ」

    梓「それでね、卒業するときになって楽しかったって笑って、先輩方みたいに卒業できたらいいな」

    純「そっかー。梓も大人になったな」

    梓「純に言われたくない」

    純「はいはーい」

    梓「ねぇ…届くよね?」

    憂「きっと届くよ」

    純「先輩に…新しい軽音部の仲間にもね」

    梓「うん。それじゃ…行くよ!」


    36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 02:08:03.35
    梓「一年生の皆さんこんにちはー!」

    一年生「え?何か始まるの?」ザワザワ

    一年生「ギターとベースと…タンバリン」

    一年生「あ、軽音部かな?」

    梓「軽音部です!」

    梓「先輩方が卒業してしまって、今、軽音部には一人しか部員が居ません!」

    梓「一人で部室は広すぎます。一人での演奏は物足りません。一人での曲作りは進みません」

    梓「私には仲間が必要です」

    梓「一緒に演奏してお茶して、楽しめる仲間が必要です」

    梓「新入生の皆さん、軽音部の仲間になってくれませんか!?」

    梓「今日は友達に協力してもらってなんですけど…軽音部の曲を披露したいと思います!」

    梓「聞いてください!」

    梓「ふでぺん~ボールペン~!」


    37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 02:13:20.57
    ふでペン FU FU
    ふるえる FU FU
    はじめてキミへの GREETING CARD
    ときめき PASSION
    あふれて ACTION
    はみだしちゃうかもね

    キミの笑顔想像して
    いいとこ見せたくなるよ
    情熱をにぎりしめ
    振り向かせなきゃ!

    愛をこめて スラスラとね さあ書き出そう
    受け取ったキミに しあわせが つながるように
    夢を見せて クルクルとね 字が舞い躍る
    がんばれふでペン ここまできたから
    かなり本気よ☆


    39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 02:14:22.14
    梓「はぁ…聞いてくれてありがとうございます!」

    梓「軽音部は楽しいです!」

    梓「何かしたいけど、何をしていいのか分からない」

    梓「3年間夢中になれる場所が欲しい」

    梓「軽音部は」

    先生「こらーっ!お前ら何してる!」

    梓「きゃっ。先生!?」

    純「うわ、梓!逃げるぞ!」ダッ

    憂「梓ちゃん早く!」ダッ

    梓「にゅ、入部待ってるからー!!」ダッ

    先生「逃げるなー!」


    40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 02:17:48.27
    放課後!

    梓「はぁ…一年生来ないなぁ…」

    さわ子「こんにちはー。梓ちゃんいる?」ガチャ

    梓「さわ子先生!昼休みはすみませんでした!」

    さわ子「職員室までバッチリ聞こえてたわよ。思い切ったことしたわね」

    梓「すみません!だから廃部とか部活停止は…」

    さわ子「そんなこと無いから安心して…それより一年生が」

    梓「あ、すみません…すぐにビラを…」

    さわ子「違う違う。とにかく落ち着きなさい」

    梓「はい…」

    さわ子「梓ちゃんは頑張ってるわよ」

    梓「でもこのままじゃ…」

    さわ子「頑張ってるから、伝わったのね」

    梓「え?」


    41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 02:22:15.08
    さわ子「入っておいで」

    一年生「失礼します…」

    梓「ええ!?」

    さわ子「私は部室案内しただけだから、もう行くわね」

    一年生「あの、ありがとうございました」

    さわ子「どういたしまして。頑張ってね」

    一年生「はい」

    梓「あ、あの…」

    一年生「えっと…入部希望なんですけど…」


    42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 02:26:21.20
    梓「お名前は何て言うの?」

    一年生「あ…けい」

    梓「パートはどこ?」

    一年生「まだ…」

    梓「誕生日は?」

    梓「血液型は?」

    一年生「えっと…あの…」

    梓「好きな食べ物は?」

    一年生「あ、あの!」

    梓「あ…ごめんね。つい…」

    一年生「これからよろしくお願いします!」

    梓「…ようこそ軽音部へ!」ニコッ



    おわり


    44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 02:30:40.51
    番外編!

    おん子「梓先輩遅いね」

    ぶー子「遅れるってメール来てたけど…そろそろ」

    けい子「二人ともグチグチ言ってないで練習しようよ」

    おん子「えー。もうちょっと休憩ー」

    ぶー子「まだ梓先輩も来てないし!」

    けい子「まったく」


    47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 02:35:19.70
    ぶー子「さわ子先生来ないかな」

    けい子「ぶー子はさわ子先生好きだね」

    ぶー子「だって美人だし大人の魅力ぷんぷんだし」

    おん子「私はあの黒髪のショートの先輩みたいな人がタイプ」

    けい子「美人だよね。あの先輩」

    ぶー子「ええー。さわ子先生のがいいって!熟女って感じが!」

    おん子「うわっ。それ先生の前で言わないでよ!?」

    けい子「居ないよね!?今居ないよね!?」キョロキョロ


    50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 02:40:32.88
    おん子「さわ子先生ってここの軽音部のOGって知ってた?」

    けい子「あ、知ってる知ってる」

    ぶー子「何それ!初耳!」

    おん子「あー?こんなところにアルバムが?」

    けい子「わざとらしい」

    ぶー子「見せて見せて!」

    おん子「どうしようかなー」

    けい子「見せてやりなよ」


    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 02:46:14.90
    おん子「はいはい…ってあれ?」

    ぶー子「どうしたの?」

    けい子「これ梓先輩?」

    おん子「さわ子先生のアルバム出そうと思ったんだけど…去年のかな」

    けい子「梓先輩若いな」

    ぶー子「小さいところは変わってないけどね」

    おん子「うわっ。それ梓先輩の前で言わないでよ!?」

    けい子「居ないよね!?今居ないよね!?」キョロキョロ

    ぶー子「激しくでじゃぶー」


    52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 02:49:55.31
    けい子「学園祭の写真だ」

    ぶー子「皆同じTシャツ着てるね」

    おん子「いいなー。楽しそう」

    ぶー子「今年は私たちが主役!」

    けい子「頑張ろうね!」

    おん子「…あのさー」

    けい子「何?」

    おん子「このアルバムが一番上にあったってことは…」

    けい子「そんなの見てないで早く練習。学園祭頑張るんでしょ?」


    53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 02:52:47.91
    おん子「梓先輩、やっぱり…」

    けい子「おん子!」

    おん子「約束したでしょ、けい子も」

    けい子「…したけど」

    ぶー子「ほ、ほら、辛気臭いのやめー!」

    おん子「うん。ごめん」

    けい子「私もごめん」

    梓「遅くなってごめんね」ガチャ

    おん子「梓先輩!」

    梓「話したいことあるからホワイトボードに…って落書きだらけ…」


    54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 02:57:41.79
    けい子「すみません、今消します!」

    おん子「けい子!」

    『秋山アメリカ』

    『目指せ武道館!』

    『チョコやるよ』

    『バイーン』

    『ヤッテヤルデス』

    梓「何これ…」

    ぶー子「梓先輩…」


    55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 03:02:25.72
    『新入部員はいってよかったな』

    『大学は楽しいぜー。梓も楽しんでるかー?』

    『学園祭見に行くからね!楽しみ!』

    『頑張れ!!あずにゃん部長!』

    梓「謎のバンドマンよりって…これ書いたの…」

    おん子「さっきOGの先輩方が…」

    ぶー子「言っちゃ駄目って言われたんですけど…」

    梓「あの人たちは…変わらないなぁ」

    おん子「ついさっきまでいたんですけど、見つからないうちに帰らなきゃって」

    ぶー子「職員室にも寄るって言ってましたし、追いかければまだ間に合うんじゃないですか?」

    梓「…いいよ。今から部活でしょ?」


    56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 03:06:51.94
    けい子「じゃぁ練習しましょう!」

    ぶー子「駄目だよ。けいちゃん」

    おん子「そうだよ」

    けい子「でも梓先輩が言うから!」

    梓「どうしたの?」

    おん子「梓先輩、去年の話する時いつも楽しそうじゃないですか」

    ぶー子「だから、今日は我慢しようねって」

    梓「…」


    58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 03:13:25.85
    ぶー子「本当にさっきだったんです!まだ間に合います!」

    梓「行かないって言ったでしょ?」

    おん子「でも梓先輩悲しそうな顔してるじゃないですか」

    梓「私にとって放課後ティータイムは何よりも大切なものだよ」

    ぶー子「それなら早く!」

    梓「でも、それよりも大切なもの見つけちゃったんだ」

    けい子「それは…?」

    梓「今の軽音部だよ」

    3人「…」


    59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 03:17:58.98
    梓「先輩方といると楽しかった。毎日部活に行きたくてうずうずしてた」

    梓「一人でも軽音部に残ったのは、先輩方との思い出に浸るためじゃない」

    梓「新しく入ってくる子に、皆に、同じように楽しんでもらいたかったんだよ」

    梓「確かに私ずっと先輩の事引き摺ってた」

    梓「先輩がいてくれたらって何度も思った」

    梓「でもね、皆に会えた」

    梓「皆が私に笑顔をくれたんだよ。ありがとう」


    60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 03:21:58.19
    梓「去年は新入生が入ってくれなかったから、皆が私にとって初めての後輩なの」

    梓「すごい、すごい嬉しかった」

    梓「こんなに後輩が可愛く感じるなんて、初めて知ったよ」

    梓「きっと先輩も同じ気持ちだったんだろうな」

    梓「私は、軽音部が、皆がいる軽音部が好きなんだと思う」

    梓「悲しかったのは…皆にその気持ちが伝わってなかった事かな」

    梓「私は皆が大好きで…皆となら良い演奏が出来る気がするんだよ」

    梓「さぁっ一緒にやろう、皆!」


    62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 03:27:19.35
    梓「あぁもう…泣かないでよ」

    けい子「梓せんぱーい…」

    おん子「すびばせん…そんなこと思ってるなんて知らなくて…」

    梓「私も皆に嫌な思いさせてごめんね」

    ぶー子「嫌じゃないです…嬉しかったです…」

    梓「ふふっ。私も皆が私の事思ってくれてて嬉しかったよ」

    けい子「梓先輩…」

    おん子「あ、けい子違うよぉ…」

    ぶー子「そうだった…」

    けい子「あぁ…」

    梓「ん?」

    3人「あずにゃん先輩!」

    梓「な、何よその呼び方は!」


    64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 03:31:50.54
    おん子「金髪の先輩が、そう言うと喜ぶって言ってました」

    梓「ムギ先輩がー?」

    けい子「『調子に乗るな!』って黒髪のショートカットの先輩が叩いて」

    梓「澪先輩髪切ったの!?じゃぁ金髪って律先輩!?似合わない!!」

    おん子「すごい楽しい方たちですね!」

    梓「…確かに。あの人たちはいつも楽しそうだったよ」

    ぶー子「あずにゃん先輩も人の事言えないですけどねー」

    梓「何だと?ってその呼び方また?」


    65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 03:36:04.59
    けい子「そう言えば話したい事ってなんですか?」

    梓「もう、話しすり替えて…今日は部長会議だったんだけどね」

    おん子「何話したんですか?」

    梓「部費の申請。何か欲しいものある?」

    ぶー子「うーん?私のギターは部費で…」

    梓「落ちません」ニコ

    ぶー子「ですよねー」ニコ

    けい子「あずにゃん先輩は何かあります?」

    梓「呼び方定着してるし…まぁとりあえずー…」

    3人「何ですか?」

    梓「ティーセットかな?」



    おわり

    79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 13:57:24.12
    番外編2

    律「集合~解散~」コチョコチョ

    澪「や、やめろっ!」

    唯「えーりっちゃん違うよ」

    律「え?唯やってみて」

    唯「澪ちゃん膝貸してね」

    澪「なんでまた私なんだ!」

    律「ムギそっち抑えろ」

    紬「はっ!了解であります!」ピシッ

    澪「うわっ。はーなーせー!!」

    唯「集合~パトロール~解散~」コチョコチョ

    澪「ひゃあああ」


    80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:04:14.36
    紬「何これ?」

    律「知らないのか?」

    梓「膝ってくすぐったいんですよ」

    紬「わぁ」キラキラ

    唯「おぉ…ムギちゃんの目が輝いてる…」

    澪「やって欲しいんだろうな…」

    律「ほれ梓」

    梓「で、でもムギ先輩にそんな…悪いですよ」

    紬「梓ちゃん!ぜひやって欲しい!」

    梓「そ、そうですか…」


    81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:21:25.20
    紬「やったー」ワクワク

    梓「それじゃ失礼します」ピト

    紬「うん!」ワクワク

    梓「集合~解散~」コチョコチョ

    紬「…」

    梓「自由行動~」コチョコチョ

    紬「…」

    梓「集合~解散~」コチョコチョ

    紬「…」

    梓「団体行動~」コチョコチョ

    紬「…」

    梓「集合~解散!」コチョコチョ

    紬「…」

    梓「…」


    82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:26:11.96
    紬「終わったの?」

    梓「あ、はい」

    唯「ムギちゃんくすぐったくなかったの?」

    紬「ええ」

    梓「…」ショボーン

    律「あーたまにいるんだよな。無敵人間」

    澪「だ、だから梓が落ち込むこと無いぞ」

    梓「はい…」

    律「よし。梓、澪でやれ」

    澪「は!?」


    83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:35:49.54
    唯「りっちゃんこうですね!」ガシッ

    紬「反対は私が!」ガシッ

    律「よくやった!」

    澪「ちょ、梓。分かってるよな?私は先輩だぞ」

    梓「このままでは私のプライドが許しません」

    澪「何そのへんなプライド。捨てろよ」

    律「さぁ梓!やるのよ!」

    梓「やってやるです!」ガバッ

    澪「ひぃぃ!!」


    85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:40:13.13
    律「これって中学によってやり方違うよな」

    梓「そうですね」

    唯「あずにゃんの長くない?」

    律「あははっ確かに」

    唯「いつまで続くのかと思った」

    紬「私もやりたい!」

    律「澪ー出番だぞー」

    梓「あれ?澪先輩は?」

    唯「あっちの隅の方で泣いてるよ」

    律「おーい」


    86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:46:24.27
    澪「私の膝はもう駄目だからな!」

    律「昔から弱かったからなー澪は」

    紬「澪ちゃん…」ジー

    澪「そ、そんな顔しても駄目!」

    唯「じゃぁ…」ジー

    律「そうだな…」ジー

    澪「ああ…」ジー

    紬「ええ…」ジー

    梓「え?」


    87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 14:55:51.41
    律「後輩の定めだよなぁ」ガシッ

    澪「人にやっといて自分は助かるとでも思ったのか?」ガシッ

    唯「あずにゃんファイト!」

    梓「いやですー!」

    紬「梓ちゃんありがとう!」

    梓「どういたしませんー!」

    紬「…」

    律「ムギどした?」

    紬「誰のやり方でやればいいのかな?」

    澪「好きなのでいいよ」

    唯「あ、じゃぁ作ろうよ!」

    律「お、いいねぇ!」

    唯「放課後ティータイムバージョン!」


    88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:01:38.41
    梓「とりあえず助かった…」

    律「最初は集合?」

    澪「定番だな」

    唯「次はティータイムだね」

    紬「次はどうする?」

    梓「ちょっと練習、ですか」

    律「ちょっとっていうか、気が向いたら練習、だな」

    唯「あははっ。確かにー」

    澪「その通りなのが悔しい」

    紬「その次はティータイムね!」

    律「締めは解散!」

    唯「出来た出来た!」


    89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:06:41.29
    紬「集合~」コチョコチョ

    梓「ひゃっ!いきなりすぎます!」

    律「おっと逃げるなよ」ガシッ

    澪「覚悟を決めような」ガシッ

    唯「ムギちゃん続き!」

    紬「ティータイム」

    梓「…」

    紬「気が向いたら練習」コチョ

    梓「うっ…」

    紬「ティータイム」

    梓「…」

    紬「解散~」コチョコチョ

    梓「はぁ…やっと終わった」


    90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:15:16.39
    紬「私やったわ!」フンス

    律「ってかティータイムの間静止してたらほとんどくすぐれないよな」

    唯「まさに放課後ティータイムそのものですな」

    律「はははっ」

    唯「あははー」

    澪「それ、笑い事じゃないから」

    梓「もう、皆さん真面目に練習しましょうよー」

    律「4月から頑張れよ」

    梓「…はい」


    92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:21:28.24
    唯「あ、のどかちゃんからメール」

    澪「なんだって?」

    唯「終わったから帰ろうだって」

    紬「和ちゃん人気ね」

    梓「私の友達も一緒に写真とってもらうんだって張り切ってました」

    澪「生徒会長だもんな」

    唯「自慢の幼馴染です!」フンス

    梓「皆タイもらうって話してたんですけど誰がもらったんでしょうね」

    唯「タイ?これ?」ピラピラ

    梓「はい。卒業式に憧れの先輩からもらうのが風習みたいで」

    澪「私も曽我部先輩からいただいたよ」

    紬「まぁ!くださいって澪ちゃんが言ったの?」

    澪「いや、下駄箱に手紙と一緒に入ってた」

    律「押し付けられたんか」


    93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:32:49.97
    澪「でも嬉しかったよ」

    紬「あらあら」ポワー

    澪「そんな顔しても何もないからな!」

    紬「そう…」シュン

    澪「大学行ってから会ってないし」

    唯「忙しそうだよねー」

    律「澪ちゃん宿題見せてね」

    澪「自分でやれ!学部も違うんだからな」

    紬「学部違ったらなかなか会えないって聞くわよね」

    律「…まぁ、同じキャンパスだから会おうと思えば会えるだろ」

    梓「あ、あの、大学でも頑張ってくださいね!」


    94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:41:29.95
    律「…」

    澪「…」

    紬「…」

    唯「…」

    梓「な、何ですか」

    律「いや、ここは泣くシーンなんだけど」

    梓「は?」

    唯「あずにゃん泣かないでー」ギュ

    梓「泣いてませんからっ!」


    95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:44:42.17
    紬「梓ちゃん、これもらって?」シュル

    梓「タイ…」

    澪「私のも」シュル

    唯「あ、私も私も!」シュル

    律「しゃーねーな。私のもやるよ」シュル

    梓「…」

    律「今度こそ泣くか?」

    梓「泣きませんよ!」

    律「そ、そつぎょう…しないでよぅ…」グス

    梓「きゃーやめてくださいー!!」


    96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 15:55:06.98
    唯「あのときのあずにゃん可愛かったねぇ」ホクホク

    澪「ああ。私もうるっときちゃったよ」ホクホク

    紬「良いものが見れたわー」ホクホク

    梓「そこ!和まないでください!」

    律「いっしっし」

    梓「もう…」

    唯「あ、あずにゃんのタイ貸して」

    梓「何するんですか?」

    唯「端と端を結んで…出来た!」


    98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:00:53.22
    梓「出来たって何ですかこれ」

    唯「タイのネックレスです!」

    律「いやいや」

    唯「こうすれば全員分を身につけられるでしょ」ヒョイ

    梓「ちょ…勝手に付けないでください!」

    律「ぶふーっ。なんじゃその間抜けな格好は!」

    澪「くくっ…」プルプル

    紬「ぷぷっ…」プルプル

    唯「えー良いと思ったんだけどな」

    澪「馬鹿なことやってないで帰るぞ。和待たせちゃ悪いし」

    梓「馬鹿な事って!」ガーン


    99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:07:35.85
    律「集合!」

    澪「は?何いきなり」

    紬「どうしたの?」

    唯「みんないるよー」

    律「だーっ!お前らノリ悪い!やり直し!集合!」

    梓「何なんですか」

    律「あぁ!もういいよ!集合したことにして!」

    澪「だから集合してるって」

    律「…こほん。ええーと、桜高軽音部は3年前には廃部の危機でして」

    唯「語り始めたよー」

    律「黙って聞けい!部員を集めることからがスタートだったよな」


    101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:14:03.76
    律「まず私と澪が入部した」

    澪「私は文芸部に入るつもりだったのに」

    律「でもなんだかんだ言って一番軽音部に力入れてたのは澪だったよな。ムギ覚えてるか?」

    紬「ええ。朝早く学校に来て掲示板にチラシ張ってくれたよね」

    澪「だ、だってムギが入部したから頑張らなくちゃって」

    紬「私?」

    澪「半ば強引に入部させたようなもんだったし…」

    紬「りっちゃんの剣幕には驚いちゃった」

    梓「律先輩何かしたんですか?」

    澪「合唱部の見学に来たムギに、軽音部軽音部ーって」

    梓「あぁ…想像付きます」


    102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:19:36.95
    紬「でも入部して良かった。あのとき感じた、楽しくなりそうって予感は当たってたみたい」

    律「そうだろー?それで、合宿!」

    唯「私は!?」

    律「おーっと失礼」

    澪「お約束だな」

    律「唯入ってきたときはびっくりしたよなー」

    澪「あはは、カスタネットって」

    唯「あーあずにゃんの前では言わないでー」

    梓「聞きたいです!」

    紬「あのね…」コソコソ

    梓「唯先輩…」ジー

    唯「あぅ…そんな目で見ないで…」


    103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:23:27.87
    律「一年生のときは何もかも初めてで新鮮だったな」

    紬「合宿、学園祭、クリスマス会」

    澪「あ…学園祭」

    律「まだトラウマなのか」

    唯「楽しかったねー」

    律「で、新歓ライブだ」

    唯「あずにゃんも見てくれたんだよね」

    梓「はい。すごい感動しました」

    澪「あのときのライブ良く出来たよな」

    紬「ええ」

    律「でも、入部者まさかの一人」

    唯「あずにゃんったら物好きさん」

    梓「それ自分で言いますか」


    104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:29:51.50
    律「しかもその1年、入部次の日にいきなりきれたんだぜ?」

    澪「あははっ。そうだったな」

    唯「ティーセットは全部撤去すべきです!」

    紬「結局ティータイムにも慣れちゃったけどね」

    梓「…そんな過去の話はもう忘れました」

    澪「その1年生が入部してすぐ辞めそうになってはらはらしたよな」

    律「合宿ではだれよりも遊んで真黒になってた」

    梓「誰でしょうね、その1年生」

    唯「あずにゃんだよーん」

    紬「くすくす」


    105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:35:38.92
    紬「梓ちゃんが入ってからの1年は去年とは違うものになったわね」

    澪「私たちも先輩になったんだなーって」

    律「思った思った」

    澪「いや、お前は変わって無かったぞ」

    律「ぶー」

    澪「初めての学園祭はどうだった?梓」

    梓「楽しかったです!」

    唯「はは…」

    律「お、こっちにもトラウマ発見」

    紬「私たちもドキドキしてたのよ」

    澪「演奏しながら唯のことばっかり考えてたよな」

    唯「お騒がせしましたー」


    106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:42:17.67
    澪「皆で鍋食べて、初日の出迎えて、ライブハウスにも行ったな」

    紬「それであっという間に3年生になって」

    唯「トンちゃんが入部しました!」

    律「まさか新入部員がトンちゃんだけだとは」

    梓「5人が結束して見えるから入りにくいんだよーって純が言ってました」

    律「ほぉ。梓さんはそんなことを思っていたのか」ニヤニヤ

    梓「純です!純!」


    107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:49:12.24
    紬「3年生は澪ちゃんのお茶会も開いたわね」

    律「あのポエムなんだったんだよ」

    澪「よかっただろ?」

    唯「あ、あはは」

    律「あの唯でも苦笑いするくらいの出来だぞ」

    澪「な、何だよもう!」

    律「夏フェスも楽しかったな」

    澪「話逸らすな」

    唯「あのときの星空きれいだったね」

    梓「はい!私あんなにきれいなの初めて見ました!」


    108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 16:57:44.83
    唯「夏休みは楽しかったね」

    紬「お祭りに行って花火も見たね」

    律「あっという間に終わってしまった」

    澪「宿題もせずにな」

    律「部室が無くなったり、歌詞が出来なかったり」

    澪「だから話を逸らすなって」

    梓「唯先輩の歌詞素敵でした」

    唯「ごはんはおかず!」

    梓「U&Iのほうです」

    唯「ごはんはー?」


    109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:04:21.68
    紬「学園祭は大成功だったわね」

    律「劇もライブもな」

    梓「ジュリエット」

    律「中野ぉ?笑ったな?」

    梓「気のせいです…ぷっ」

    律「中野ー!」

    唯「皆でバイトしたよね」

    紬「おかげで澪ちゃんの笑顔も完璧!接客のみね」

    梓「私あれが初めてのバイトでした」

    唯「バイトといえば、ねー?」

    律「ああ。そんなこともあったな」

    梓「なんです?」


    110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:11:17.80
    唯「私のギターを買うために皆がバイトしてくれたんだ」

    梓「へぇ。初耳です」

    唯「交通量調査?カチカチするの」

    梓「あ、知ってます。たまに道路でやってますよね」

    律「あのあとなー、ぷぷっ」

    紬「皆ことあるごとに数数えちゃって」

    唯「そうそうそうそうそう」

    律「5回!」

    梓「あはははっ」


    111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:16:09.98
    唯「結局、ムギちゃんのお店で安くしてもらったんだけど」

    律「あれ返したのか?」

    唯「うん。お小遣い我慢しましたー」

    紬「良く頑張りましたー」

    唯「ギー太のためだもん!」

    梓「もう忘れないであげてくださいね?」

    唯「3年生の時は持ってきたもーん」

    紬「皆お揃いのTシャツ着たわね」

    律「さわちゃんのサプライズ、まじびっくり」

    梓「それで、その後は…」


    112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:21:16.50
    律「こうやって、いつの間にか澪が静かに泣いてたからなー」

    澪「…う、うるさい…ぐすっ…馬鹿律…」

    唯「もう引退だなー。最後の学園祭だったんだなーってしみじみ思って」

    紬「この部活に入って良かったって…そう思って…」

    律「おいおいムギまで泣くなよー」

    梓「はいムギ先輩、ちーん」

    紬「あり…がと」チーン

    梓「どういたしまして」


    113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:29:17.82
    唯「受験まで早かったよね」

    律「まだ覚え切れてないのにーって」

    紬「唯ちゃん…英単語こぼれちゃ…うって」

    唯「そうそう、実はあのときちょっとこぼれたんだ、あはは」

    律「笑い事じゃねーし、まぁ皆受かってよかったよ」

    梓「もうすっごい不安だったんですよ」

    律「律様をなめるなよー?」

    梓「律先輩の心配はしてません」

    律「私は受かるからってこと、それとも単純に心配してないのか、ねぇどっち」

    梓「どっちでしょう」


    114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:33:44.04
    律「あー…これがあのとき照れながらチョコを渡してくれた後輩と同一人物なのか」

    紬「おいしかった…ね。あの…ひっく…チョコケーキ」

    梓「憂に手伝ってもらったんです」

    唯「あずにゃんが作ってくれたから美味しいんだよ」

    梓「じゃぁまた放課後に…」

    律「うんうんって学園祭と同じノリやないかい」ビシッ

    梓「いたっ」

    唯「あははっ」

    紬「ふふっ」


    115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:38:43.41
    律「ほーら!澪もいい加減に泣きやむ!」

    澪「う…うん」

    唯「いつもずっと一緒にいたのに言葉にすると短かったねー」

    梓「言葉に出来ないもののほうが大きかったです」

    唯「こうやって制服着ることも、もうないのかなー」

    紬「夕日が差し込む部室に…いるのが当たり前だった」

    澪「皆で…演奏して…律がドラム走って…唯がコード忘れて…」

    梓「今日で終わりなんですよね」

    律「もう、放課後はないから、放課後に私たちがいなくなるから!」

    唯「りっちゃん…」

    律「今日をもって、か…かい…」


    116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:41:18.23
    梓「律先輩泣いてるんですか?」

    澪「人には…泣くなって言ったのに…」

    律「うっうるせーよ…えぐっ…」

    唯「あずにゃんも」

    梓「…ひっく…うっ…」

    律「さっき…あんなにたくさん…泣いただろっ…」

    梓「仕方ないじゃない…ですか…みっ…みなさんが…大好きなんですから…」

    律「へへっ…ばぁーか…」

    紬「梓ちゃん…ひっく…」

    澪「あず…さぁ…」

    唯「あずにゃん私も大好き!」ギュ

    律「それじゃぁ…解散!」


    117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:44:11.07
    帰り道!

    和「ごめんね遅くなっちゃって」

    唯「ううん。私も遅くなったし」

    和「もう唯と一緒に帰る事も無くなるのね」

    唯「幼稚園から今までずっと一緒だったね」

    和「気付いたらいつもいたわ」

    唯「えへへー」

    和「でも、気付いたら…もう最後なのね…」

    唯「えぇ?和ちゃんまでー」


    118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 17:47:05.01
    和「ごめんね…」

    唯「和ちゃんはここ離れちゃうんだよね」

    和「うん。…唯に気付く事も無くなっちゃう」

    唯「そんなこと無いよ」

    和「でも、道を歩いてても、アイス屋さんに行っても…唯がいるわけない」

    唯「んー。寂しくなったら会いに行っちゃうかも、だから可能性は0じゃないよ」

    和「唯ったら…」ギュ

    唯「もうしょうがない子だねー」ナデナデ

    和「いつもは私のセリフなのに」

    唯「和ちゃん今までありがとう」

    和「私も、ありがとう、唯」

    唯「これからも、離れても、ずっとよろしくね」


    119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 18:00:48.76
    琴吹家!

    斎藤「おかえりなさいませ」

    紬「ただいま」

    斎藤「卒業式はどうでしたか?」

    紬「…ぐすっ…思い出しちゃったじゃない…斎藤のバカ」

    斎藤「失礼しました」

    紬「初めての定期券、駅のホーム」

    斎藤「あんまり遠くに行かせるのは心配でしたが」

    紬「初めての駄菓子屋、ゲームセンター」

    斎藤「いくらでも買って差しあげますのに」

    紬「初めての軽音楽、大切な大切な仲間」

    斎藤「合唱部に入るとばかり思っていましたが」

    紬「初めてばっかりが詰まってたわ」

    斎藤「紬お嬢様のそんなに幸せそうな顔も初めて見ます」

    紬「あんまり見ないで…泣いた顔なんて」


    120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 18:02:51.51
    寄り道!

    律「澪ー見てみ?あのおっちゃん魚釣れたみたいだぞ」

    澪「ひっく…」

    律「…みぃーおー」

    澪「何だよ…えぐっ」

    律「リコピン!」

    澪「もう…」

    律「澪は本当に泣き虫なんだから」

    澪「律だって泣いてたじゃん」

    律「それは言うなー」

    澪「ふふっ」

    律「へへっ」


    121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 18:07:42.79
    澪「律…」

    律「なんだい泣き虫澪ちゃん」

    澪「3年間お疲れ様、部長」

    律「なっ…」

    澪「律が軽音部を作ってくれたおかげで、3年間すっごい楽しかった!」

    律「馬鹿…」

    澪「泣くのか?」

    律「な、なかねーし!」

    澪「泣いてもいいぞ」ギュ

    律「澪の…澪のくせに…うっ…うぇ…」

    澪「よしよし」

    律「私も…楽しかったんだよ…」

    澪「うん」

    律「寂しいよぉ…」


    122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 18:11:16.90
    平沢家!

    憂「お姉ちゃんおめでとう!」

    唯「わぁごちそうだー!」

    唯ママ「唯卒業おめでとう」

    唯パパ「もう唯も卒業かー早いな」

    唯「あれ、お父さん泣いてるの?」

    唯パパ「な、何言ってんだ」

    憂「あはは、お父さん慌ててるー」

    唯ママ「あんまりお父さんをいじめないであげてね」

    唯「はーい」

    憂「じゃぁお姉ちゃん召し上がれ!」

    唯「あ、ハンバーグだ」

    憂「お姉ちゃんハンバーグ好きだったよね」


    123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 18:12:40.19
    唯「うん。あ、そう言えばりっちゃんのハンバーグもおいしかったな」

    憂「御馳走になったの?」

    唯「りっちゃんの家庭科の宿題を、宿題をね」

    憂「お姉ちゃん?」

    唯「宿題…もう無いんだよね…」

    憂「お姉ちゃん…」

    唯「皆で宿題することも…テスト勉強することも…あんなに勉強…嫌いだったのに…」

    唯「授業中に手紙回したり…ひっく…部活行くとき…誰が一番に着くか競争したり…」

    唯「帰り道…アイス食べて…後ろから和ちゃんに声掛けられて…えぐっ…びっくりして落としたり…」

    唯「もう…全部…無いのかな…」

    唯「もう…制服…うわぁぁぁん…うぇっ…うっ…脱いじゃったよぉ…」


    124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 18:14:06.60
    中野家!

    梓「ただいま」

    梓ママ「おかえり。ご飯出来てるわよ」

    梓「うん。すぐ着替えてくるね」

    梓「…」ガチャ

    梓「目赤くなってないよね?鏡…」

    梓「ああ!」

    梓「唯先輩のタイネックレス付けっぱなしだった」

    梓「どうりで帰り道人に見られてると思った…」

    梓「…」

    梓「…」シュルシュル

    梓「…よし」キュ

    梓「こうやって水色のタイ付ければ3年生みたいに見えるかな?」


    125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/18(土) 18:15:18.39
    梓「…似合わないか」

    梓「あと少し早く生まれてたら…先輩方と一緒に卒業出来たのにな」

    梓「あと少し遅く生まれてたら…先輩方とこんなに長く過ごす事もなかったのにな」

    梓「それでも…」

    梓「先輩の後輩になれて良かった」シュル

    梓「…」

    梓「ぐすっ…」

    梓「…」ゴシゴシ

    梓「集合~ティータイム~気が向いたら練習~ティ~タイム~」コチョコチョ

    梓「もう、ティータイムばっかりじゃくすぐったくないよね」

    梓ママ「梓ーご飯ー!!」

    梓「今行くー!」

    梓「かいさん!」



    おわり

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

唯「ケーキ!」
澪「しまった、ノーパン、ノーブラだ」
唯「私たちのサイン入りギターが99億円!?」

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生