FC2ブログ

けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

憂「シスコンと呼ばないで下さい」

  1. 名前: 管理人 2010/09/20(月) 08:53:27
    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/19(日) 18:59:04.36
    心外です。



    ただ“なかよし”なだけです。


    いつから?――生まれた日から。


    運命だからです。私がお姉ちゃんの妹になることは。

    物心付いた時にはお姉ちゃんのことばかり見てた気がします。
    だってあんなにも優しく、暖かい笑顔を振りまいてくれるから。
    だから、私もお返しをしないと――そう思ってきました。


    2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 19:05:06.98
    昔は両親がよく家に居てくれました。
    お父さんが仕事でもお母さんは家で家事をしていました。

    いつの頃か、お母さんもお父さんと一緒に出かけることが多くなり
    私はお姉ちゃんと二人っきりになることが多くなりました。


    お夕飯は、作り置きを温めて食べる日々でした。
    お姉ちゃんは「美味しいね」と言いますが
    やはり出来立ての方が美味しいに決まっています。

    お姉ちゃんに美味しい出来立てのご飯を食べさせてあげたい
    そう思った日から私は料理の勉強を始めていました。

    3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 19:10:23.15
    お姉ちゃんに内緒で、お母さんからお料理のやり方を教わりました。

    お母さんはそろそろお姉ちゃんに教えようと思っていたみたいですが
    私が無理を言って教えてもらうことになりました。

    お姉ちゃんに内緒にしていたのは――びっくりさせようとしていたからかな。
    ちょっとしたサプライズのつもりです。

    あの目をくりくりさせて驚く顔は、かわいくて仕方ないですから。

    その後の満面の笑みを想像して私は頑張っていました。

    当時の私はそれが動力源でした……これは今もですね。

    6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 19:16:20.03
    初めは失敗ばかりでした。
    指を切ったり、火傷をしたり、散々でした。

    でも、お姉ちゃんのために頑張らないと
    そう思って意気込む日々です。

    お母さんが居ない日は
    お隣のお婆ちゃんに味見をしてもらいました。
    何度目かの失敗の後
    「美味しいよ、頑張ったね」と頭を撫でてもらいました。

    ああ、これでお姉ちゃんに出来立ての
    美味しいご飯を食べさせてあげられる
    そう思うと胸の鼓動が高鳴るばかりです……。


    ありがとうお母さん、ありがとうお婆ちゃん。

    7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 19:19:49.50
    それから数日後
    お父さんは出張、お母さんはそれの付き添いへ
    そして家にはお姉ちゃんと私だけです。
    念願の二人っきりです。

    その日もいつもと同じようにお姉ちゃんと一緒に学校へ行き
    授業を受け、放課後は一緒に帰りました。

    家ではお姉ちゃんがいつものようにゴロゴロしています。

    さあここから私の出番です。

    9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 19:22:16.64
    お姉ちゃんがお部屋に居る間にお夕飯を作っちゃわないとね。

    絶対失敗しない――そう心に誓って調理を開始します。

    作るものはハンバーグです。
    お姉ちゃんがとっても好きなんです。だから私も好きです。

    11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 19:25:04.08
    まず玉ねぎみじん切りにして、適当に色つくまで炒めます。
    お次はボウルにあら挽き肉に塩、コショウを入れ、コネコネと混ぜます。
    そこへ牛乳で浸したパン粉を加えてまた混ぜます。
    最後に卵と先ほどの玉ねぎを入れてさらに混ぜます。

    よく混ぜれたら形を整えます。
    私の手はお母さんより小さいので、小さいハンバーグになってしまいます。
    お姉ちゃんはよく食べるので、二つ作ることにしました。

    12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 19:29:05.77
    ぺたぺたと形を整えて完成です。上手く出来たかな?
    焼く前にソースを作りましょう。デミグラスソースです。

    教わったとおりにソースを仕上げていきます。
    じっくりことこと煮込みます。

    その間にポテトサラダを作ります。
    忙しいです。お母さんは偉大ですね。
    これから私が作ることになるので弱音を吐くわけにはいきません。

    ――お姉ちゃんのために

    13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 19:32:12.37
    憂『よし……出来たぁ』

    テーブルの上には出来立てのハンバーグにお味噌汁
    ポテトサラダにお漬物、そしてほかほかご飯。
    後は、麦茶を置いてお姉ちゃんを呼びにいくだけです。

    味見もばっちりなはずです。
    これで喜んでくれるかな。
    美味しいと言ってくれるかな。

    期待に胸を膨らませお姉ちゃんを呼びにいきました。


    15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 19:34:21.27
    憂『お姉ちゃん、ご飯だよ!』

    唯『ほんとー?お腹ぺこぺこだよ~』

    憂『うん、いっぱい食べてね!』

    唯『わーーーい』

    お姉ちゃんは笑みを浮かべ駆け足でリビングへ行きます。
    私もその後を同じように笑みを浮かべてついて行きます。

    16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 19:37:41.74
    唯『あ、今日はハンバーグだ!』

    憂『うん、お姉ちゃんの好きなハンバーグだよ』

    唯『やったーーーって、いつもと匂いが少し違う』

    唯『あ、これって出来立て?!』

    憂『う、うん、そうだよ』

    唯『お母さん帰ってきてたの?お母さんが作った時の匂いする』

    憂『ううん、私が作ったんだぁ』

    唯『え、憂が?ほんとに!?』

    憂『うん、どうかな……?』

    18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 19:40:40.99
    唯『す、凄いよういーー』

    憂『きゃっ』

    お姉ちゃんが勢いよく抱きついてきました。
    これだけで分かります。すっごく喜んでます。

    私もお返しにお姉ちゃんの腰に手を回し軽く抱きつきました。

    唯『憂、いつの間にお料理が出来るように??』

    憂『つい最近だよ。お母さんと、隣のお婆ちゃんに色々見てもらったんだぁ』

    唯『凄い!憂天才!!』

    20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 19:46:21.95
    この日はお姉ちゃんがいっぱいいっぱい褒めてくれました。
    私は胸の奥が暖かくなる――そんな気持ちでいっぱいになりました。

    食卓ではいつも以上に会話が弾み、お姉ちゃんから笑顔が崩れませんでした。

    ――やった……!やったよ私!!お姉ちゃんが喜んでくれた!!!

    心の中で小躍りをして喜びました。

    「憂はいいお嫁さんになれるね!」

    なんて言ってくれるのでまたまたはしゃぎます。先ほどより一段と激しく。

    お嫁さん。
    お姉ちゃんのお嫁さんになりたい。
    この日から私はお姉ちゃんのお嫁さんとして歩むことしました。

    21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 19:49:21.22
    お嫁さんになったからにはご飯もハンバーグだけじゃいけません。
    もっともっと勉強して種類を増やし、美味しいものつくれないと……!

    それにご飯だけではありません。
    掃除、洗濯もあります。

    洗濯は洗濯機と言う便利なものがありますが
    掃除はそうはいきません。
    小さな私にはこの家は広すぎました。

    23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 19:52:32.06
    一階から三階までの掃除は身にこたえますね。
    何故三階まであるのでしょうかお父さん。
    一階は書庫くらいにしか使ってなさそうなのに。

    あ、本しかないからそんなにお手入れしなくてもいいかな。
    ごめんねお父さん。

    そうとなればリビングやお姉ちゃんと私の部屋
    お風呂場などを中心に掃除をするばかりです。

    25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 19:58:06.48
    初めは辛くても
    綺麗になっていく部屋を見ると楽しくなるものです。

    特にお姉ちゃんの部屋――当時は私と同じ部屋でしたが
    オモチャや本が散乱しており
    お菓子の欠片までがいっぱいあります。

    憂『も~ダメだよお姉ちゃん。綺麗に片付けないと』

    唯『あ、ごめんね憂。お部屋の掃除までさせちゃって』

    てへっと申し訳なさそうに笑うお姉ちゃん。

    ――ううん。大丈夫だよ。お姉ちゃんのためだから。

    ――だって私はお姉ちゃんの――

    28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 20:05:06.29
    ただひたすらに頑張りました。
    お姉ちゃんが笑えば私も笑い。
    お姉ちゃんが泣けば私も泣く。

    そんな日々が続きました。

    家ではお姉ちゃんが私を頼ってくれます。
    こんなに嬉しいことはありません。

    私の生活の中心はお姉ちゃんです。
    何をするにしてもお姉ちゃんが一番。

    私の一日はお姉ちゃんためにあります。


    ほら、今日の一日も――――――

    29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 20:09:26.53
    憂「おね~ちゃ~ん、そろそろ起きないと」

    唯「ん~」

    憂「ほら、私とお弁当一緒に作るって言ったでしょう」

    唯「うーん起きるよぉ」

    朝6時過ぎ、お姉ちゃんを起こします。
    普段はギリギリまで寝かしていますが、今日は違います。

    お姉ちゃんと一緒にお弁当を作る約束をしたからです。
    昨日のお夕飯時に、お姉ちゃんの方から作りたいと言ってきました。
    初めは遠慮しましたが、何故かやる気になっています。

    私もお姉ちゃんと一緒に作れるなら
    楽しくなりそうなのでお願いしました。

    31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 20:12:10.97
    眠たそうにしているお姉ちゃんを連れて洗面所へ。
    歯を磨いている間、髪の毛を梳かしてあげます。
    顔を洗ったらタオルで顔を拭いてあげます。

    そして手を繋いでリビングへ行きました。
    まだ髪の毛が跳ねてるけど大丈夫、それもかわいいから。

    ――後でまた直してあげるね。


    32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 20:16:37.46
    憂「じゃあ、朝ご飯と一緒にお弁当作ろうね」

    唯「はーい、頑張っちゃうよ~」

    お料理開始です。
    味見しあったり
    玉ねぎが目にしみて涙が出たのを拭いてあげたり。
    野菜を切る時に
    後ろから手を添えて一緒に切ってあげたりもしました。

    新鮮な感じがしていつも以上に楽しい時間でした。

    おかずは半分ずつ作りました。
    今からお昼が待ち遠しいですね。

    33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 20:19:51.58
    唯「できたよ、ういー」

    憂「うん!頑張ったね!」

    憂「あ、ちょっと時間かかっちゃったかな。急いで朝ご飯食べないと」

    唯「おぉ、ホントだ。急げ急げー」

    朝食を大急ぎですました後、お姉ちゃんと一緒に登校します。

    唯「間に合うかなー」

    憂「大丈夫、間に合うよ。急いだら転んじゃうよ」

    36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 20:24:59.47
    「はい」と言い、お姉ちゃんに手を差し伸べます。
    「うん」と言い、お姉ちゃんが手を強く握ります。
    私はそれに返事をする形でさらに強く握りました。

    ――あたたかい

    ――それは手が?

    いいえ、胸の奥だってあたたかいから。
    手を繋ぐだけでお姉ちゃんと一緒になれる
    そんな高揚した気分になります。

    38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 20:29:05.02
    楽しい時間は早く過ぎるもので、いつの間にか学校です。
    そのままお姉ちゃんの教室へ向かいました。

    唯「皆、おはよーー」

    憂「おはようございます」

    律「おーっすって、憂ちゃん?」

    紬「おはよう、憂ちゃんはどうしたの?」

    憂「お姉ちゃんの髪の毛を直しにきました」

    40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 20:34:28.25
    紬「髪の毛?あら、ここ跳ねているわね」

    律「ゆいーそれくらい自分でやれよー」

    唯「憂がやってくれるって言うもん、憂は髪梳くの上手なんだよぉ」

    憂「えへへ、はいお姉ちゃん座って~」

    お姉ちゃんに椅子に座ってもらい後ろからブラシをささっと梳きます。
    髪の毛にスプレーを数回拭きかけ馴染むようにブラシをかけました

    憂「お姉ちゃん気持ちいい?痒いところない?」

    唯「平気だよ~」

    憂「よかったあ」

    42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 20:37:39.51
    そのまま軽くお喋りをしていたらチャイムがなってしまいました。
    ああ、自分の教室に急がなきゃ。

    律さん達に挨拶をして、お姉ちゃんに「またね」と言い教室を後にします。

    自分の教室へ行くとすでに皆そろっていました。
    梓ちゃんと純ちゃんに目で「おはよう」と挨拶をして席へつきます。

    44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 20:41:30.92
    休み時間になると純ちゃん達が私の席へ寄って来ました。

    純「憂、ギリギリだったね」

    憂「うん、お姉ちゃんの教室に居たからね」

    梓「何でまた」

    憂「お姉ちゃんの髪の毛セットが終わってなくてね、直してきたの」

    梓「は~学校来てまでねぇ。よくやるね」

    純「過保護過ぎ!」

    憂「そんなことないよ~」

    45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 20:46:13.88
    純「ってあそこに居るの憂のお姉ちゃんじゃない」

    純ちゃんが校庭を指差しています。

    校庭にはお姉ちゃんと律さん、紬さん、そして澪さんが居ました。
    体操着に着替えていて何かを話しながらゆっくり歩いています。

    梓「ホントだ。次は体育かぁ。またマラソンでもするのかな」

    お姉ちゃん。
    いつもは学校が終わってからじゃないとお姉ちゃんを見ることはないけど
    今日は純ちゃんのおかげでお姉ちゃんを見ることが出来ました。

    お姉ちゃんこの時間が体育なんだぁ。

    46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 20:52:47.94
    嬉しくて声をかけたくなりました。
    席を立って窓の向こうのお姉ちゃんに向かって声を上げます。

    憂「おねーーーちゃーーーーん!」

    気付いてないようです。
    もっと力いっぱい声を張り上げました。

    憂「おねえーーちゃーーーーーーんんん!!」

    純「ちょ、憂!」

    あ、お姉ちゃんがきょろきょろ辺りを見回しています。
    気付いてくれたようです。
    何故か教室が騒がしいですが気にしないでおきます。

    憂「おねえちゃーーーーん!!!こっちだよーーー!」

    手を思いっきり振ってお姉ちゃんを呼びました。
    律さんがこちらに気付いて指を刺します。


    ――お姉ちゃんがこっち向いてくれた!

    48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:00:39.02
    唯「あ、ういだーー!うーーーいーー!」

    お姉ちゃんが大きく手を振って声をかけてくれました。
    私もお姉ちゃんに負けないくらい大きく声を出します。

    憂「おねーーーちゃーーん!!体育がんばってえええーー!」

    唯「おおーーがんばるよおおーーー!」

    そのままお姉ちゃん達がクラスメイトの人達の所へ行くまで見送りました。

    憂「お姉ちゃんが気付いてくれたよ!声かけてくれたよ純ちゃん!」

    純「あーそうだねよかったねー」

    憂「も~聞いてるの純ちゃん」

    純「うん聞いてる聞いてるー」

    49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:04:16.52
    授業が始まるので取り合えず席に着きます。
    窓に目をやると走っているお姉ちゃんが見えます。

    気になって何度も外をチラチラ見てると
    先生に注意されてしまいました。
    ごめんなさい。でも気になるから……。

    この時間体育だったなんて迂闊でした。
    来週からしっかり見ないといけませんね。
    席が窓際でよかったです。

    50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:09:19.36
    ――キーンコーンカーンコーン

    ああ、やっとお昼です。ご飯の時間です。
    待ちに待ったお姉ちゃんと一緒に作ったお弁当。

    鞄を開けるとお弁当箱が二つ。
    朝に渡し忘れたのでしょうか。

    渡しに行こうと席を立つと
    向こうからお姉ちゃんが来てくれました。

    唯「ういー?」

    憂「お姉ちゃん!」

    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:14:11.76
    唯「お弁当箱がなくてね。貰いにきたよー」

    憂「うん、ごめんね。私が持ってたよ」

    唯「さっき体育だったからとってもお腹すいちゃった」

    憂「お姉ちゃん頑張ってたもんね。あ、汗まだついてるよ拭いてあげるね」

    タオルでお姉ちゃんの首回り等拭いてあげました。
    お姉ちゃんはくすぐったそうにしていますが
    放っておくとあせもになっちゃうから我慢してね。

    53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:20:41.71
    急いで着替えたのか服も髪の毛も乱れています。
    拭くついでに整えてあげます。
    はい、綺麗になりました。

    「あれ、唯先輩じゃない~?」

    クラスメイトの人達がそんなことを言っています。
    お姉ちゃんはけいおん部で結構有名みたいです。

    流石お姉ちゃん。
    皆もお姉ちゃんの魅力に気付いたみたいです。

    憂「そうだよ~、私のお姉ちゃんだよ~!」

    「知ってるよー」なんて言われました。
    顔だけ知っててもいけないので
    あらゆるチャームポイントを教えてあげました。

    「それ、前も聞いたよー」

    あれ?そうだったっけ。

    54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:25:18.64
    唯「ういーお腹すいたよー」

    憂「あ、ごめんね。はい、お弁当」

    唯「ありがとーー。じゃあまたね」

    憂「うん、またね」

    無事お弁当も渡したので
    梓ちゃん達とご飯を食べることにしました。

    梓「憂、遅いー」

    純「長々と何を話してるのさ」

    憂「ごめんねー。色々とね」

    55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:29:15.36
    まだ話したかったけど時間が足りません。
    今はお昼ご飯の方を楽しみましょう。

    お姉ちゃんと一緒に作ったお弁当を机に広げました。

    梓「憂のお弁当いつもとちょっと違うね」

    憂「うん!お姉ちゃんと一緒に作ったんだぁ」

    純「へ~憂のお姉ちゃん料理出来たんだ」

    憂「私がね色々手伝ったんだよ」

    梓「あ~そりゃ出来るよね」

    憂「お姉ちゃんすっごく上手に出来たんだよ。ほらこれとか!」

    57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:32:24.65
    梓ちゃん達に味見をさせてあげました。
    食べればお姉ちゃんがどれだけ頑張ったか分かるはずですから。

    梓「あ、ホントに美味しいわ、これ」

    純「おお、いけるいける!」

    憂「でしょ~~?」

    そうです。お姉ちゃんの料理は美味しいです。

    味付けとか色々手を貸しましたけど
    お姉ちゃんが作ってくれたから美味しいです。

    58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:36:34.87
    気付けばお弁当箱の中はからっぽです。美味しかったです。

    お姉ちゃんと一緒にお弁当を作るのは楽しかったけど
    朝起きるの大変みたいですし
    私が作らないと立派なお嫁さんにはなれませんから。

    あ、お姉ちゃんにお礼のメールをしましょう。

    純「憂、何のメールしてるの?」

    憂「お姉ちゃんにお弁当美味しかったよってメールを」

    憂「あ、純ちゃんシャメ取って!ほらお弁当からっぽに食べたから」

    純「あーはいはい」

    ――ピロパロン

    憂「ありがとう!純ちゃん」

    60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:42:02.06
    お姉ちゃんに「美味しかったよ、ありがとう」という言葉とともに
    満面の笑みで写っている私とお弁当箱の画像を送りました。

    しばらく純ちゃん達とお喋りをしているとお姉ちゃんから返信が来ました。

    「憂のお弁当も美味しかったよ」とともに私と同じような笑みのお姉ちゃん。

    美味しかったんだぁ。
    ――よかった!嬉しい!

    憂「ほら、お姉ちゃんも平らげちゃったよ!見てみて!」

    純「あーほんとだ凄い凄い」

    梓「唯先輩、口にご飯粒くっついてるし」

    焦って食べてたのかな。
    「お口にご飯粒くっついてるよ」と返信しておきました。

    63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:46:20.44
    梓「憂も唯先輩もよくやるよね。普通そこまで姉妹で仲よくならないよ」

    純「今更言ってもね。中学からこんなんだし」

    仲がいいと言ってくれました。
    素直に嬉しいです。ありがとう梓ちゃん。

    そのまま三人でたわいもない話を続けます。

    そしてお昼時を過ぎ、いつの間にか今日の授業は全て終わっていました。
    部活をやっていない私にとって、後は帰るだけになりました。

    部活をやってなくても家でやることがたんまりありますからね。


    64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:50:10.36
    帰り際に純ちゃんと梓ちゃんにお別れの挨拶。
    お姉ちゃんは今から部活です。

    『部活頑張ってね。お夕飯美味しいもの作るからね』

    お姉ちゃんにメールをしておきました。
    疲れたお姉ちゃんを癒すには美味しいご飯がもってこいです。

    『うん、頑張るよーー。ご飯、期待してまっす!』

    こんな返信が来ました。
    期待されています。頑張らなくっちゃ!


    67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 21:56:47.36
    お姉ちゃんが帰ってくるまでに家のことは全部終わらせます。
    お買い物終わらせて、洗濯物を片付けて、お風呂掃除まで。

    お姉ちゃんが帰ってきた時には居心地のいい空間が広がっています。
    お姉ちゃんが喜んでくれるから、そのためだけに頑張ります。

    お夕飯の支度が整った頃、お姉ちゃんが帰ってきました。

    笑顔でお出迎え。
    鞄やギー太を受け取り、お姉ちゃんに手を洗うように促します。

    鞄等をお姉ちゃんの部屋に置いて
    リビングへ戻る頃にはお姉ちゃんは席についていました。

    そして二人一緒に――いただきます。

    69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 22:02:03.84
    お姉ちゃんと一緒に居ると楽しいものです。
    “至福のひととき”と言うべきでしょうか。
    毎日こんな日が続けばいいなと思いました。

    この後はお風呂入って寝るだけ。
    あ、宿題もしないといけませんね。
    お姉ちゃんはギー太と一緒に練習もするかな。
    それを横で見る私。

    いつもと変わりません。
    変わりようがないと思います。

    だって私達はなかよし姉妹ですから。

    70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 22:07:10.88
    ――普通そこまで姉妹で仲よくならないよ

    梓ちゃんがそう言ってました。

    ――普通?私達は普通じゃないの?

    ――普通って何だろう。なかよしって何だろう。

    心の中で自問自答を繰り返します。
    答えは出ません。私がまだ子どもだからでしょうか。

    でもいいです。そんな難しいことは。

    私は“お姉ちゃんのことが大好き”なのは正解だから。

    72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/19(日) 22:12:51.86
    明日も今日と同じようになかよくして
    その次の日も同じようになかよくして
    お休みの日も同じようになかよくして

    一ヶ月たっても一年たっても十年たっても
    お姉ちゃんと一緒に――――


    ただ“なかよし”だけが続きます。


    いつまで?――死ぬ日まで。


    運命だからです。こうなることは。

    ただそれだけですから。





    だからシスコンと呼ばないで下さいね。


                        おしまい

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

梓「夏期講習の帰りにかっこいい女子大生見つけた」
澪「ライブだよーゆいっ!」唯「つーん」
憂「月だよお姉ちゃん」

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生