けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [スポンサー広告] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち


コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

唯「けつえん!」

  1. 名前: 管理人 2010/09/28(火) 20:10:03
    1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:17:13.67

    それは、憂が小学6年生の頃・・・




    みなさんこんにちは!平沢憂です!
    今日私はとても上機嫌です!
    なぜかといいますと・・・うふふ。

    唯「今日の夜・・・大事な話があるんだ。だからお部屋で待っててね」

    ktkr!!1111
    私はこの日を待っていました!
    そう!お姉ちゃんから想いを告げるであろうこの日を!!


    3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:18:05.63


    そして今、約束の時間が迫ってきています。

    憂「お姉ちゃんまだかな・・・」

    緊張が止まりません。
    ああっ、緊張しすぎてだんだん頭痛が痛くなってきました。

    トン・・・トン・・・トン・・・

    !!
    お姉ちゃんが階段を上ってくる音が聞こえてきました!



    4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:19:17.19

    >>2
    ごめんな、ちょっと書かせてくれよ


    5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:19:47.76

    唯「ういー? おきてるー?」

    憂「うん、起きてるよ」

    唯「お部屋、入るね・・・」

    ガチャ

    憂「おおおおお姉ちゃんよく来たね」

    唯「どうしたのうい?」

    ・・・落ち着け私。私落ち着け。


    7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:20:42.65

    唯「・・・それでね、話なんだけど」

    来た!
    大丈夫!そんなに不安そうな顔しないで!
    私もお姉ちゃんの事大好きだよ!

    唯「憂も来年から中学生だし、知っておいた方がいいかなぁって思って・・・」

    憂「う、うん?」

    ・・・あれ。
    何か告白って雰囲気じゃないような。

    唯「あのね、憂」

    唯「憂と私は、血が繋がってないんだよ」


    14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:28:54.09

    憂「」

    唯「・・・憂?」

    憂「」

    唯「憂?うーいー?」

    次の日、私は学校を休みました。


    15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:29:59.87

    唯「憂」

    唯「ご飯、お母さんが作ってくれたから・・・ここに置いとくから食べてね」

    憂「・・・」



    食欲なんてありませんでした。
    今まで大好きだったお姉ちゃん。
    そのお姉ちゃんが実はお姉ちゃんじゃなかったなんて。


    16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:31:05.89

    漫画なんかでは

    兄「実はお前とは血が繋がってなかったんだ」
    妹「キュン」

    という展開が普通なんでしょうけど・・・
    でも、私は血の繋がりがあるからこその絆だと、そう信じてきました。
    こんなに大好きなのは、生まれた時から一緒だったから。
    こんなに愛おしいのは、血を分けた姉妹だったから。
    そう思って、今まで過ごして来たのに・・・


    17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:31:58.07

    ・・・お腹すいた。

    憂「さすがに何か食べないといけないかな・・・」

    ドアを少しずつ開け、お姉ちゃんがいないか確認します。
    今顔を合わせても、何を話せばいいか全くわかりません。
    お姉ちゃんがいないのを確認して、お膳を部屋の中に。

    その日の晩御飯は、何を食べていたのか全く思い出せません。


    18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:33:00.59

    唯「あっ! 憂、もう学校行けるの?」

    憂「!! あ、う・・・お、おはようございます・・・ゆ、唯、さん・・・い、行ってきます!!」

    ガチャ バタン

    唯「うい・・・」グスッ

    唯「・・・そうだ」ピコーン


    19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:33:46.53

    顔も合わせず家を飛び出してきてしまいました。
    挙句の果て、唯「さん」なんて・・・。
    「お姉ちゃん」と呼びたくなかった・・・
    いや、「お姉ちゃん」と呼んで拒絶されるのが怖かっただけ。
    「お前は血が繋がってないんだ。だから妹でもなんでもないんだよ」
    そう言われたら、私は間違いなく生きて行けないでしょう。


    21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:34:29.35

    純「おはよ、憂・・・どしたの、顔真っ青だけど」

    憂「う、あぅ・・・なんだ純ちゃんか・・・」

    なんだとはなんだよー傷付くだろーなんて言いながら私にじゃれ付いてくる純ちゃん。
    純ちゃんは悩みがなさそうでいいなあ。

    純「・・・何か失礼なこと考えなかった?」

    憂「ううん、そんなことないよー」

    純「ほんとかなぁ・・・ま、それよりさ。昨日はなんで休んだの?」

    憂「・・・えっと」グスッ

    純「えええ、ちょっ、な、泣かないでよ! ごめん、私が悪かったから!」


    22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:35:03.05

    思い出すだけで涙が出てきてしまう。
    ああ、私純ちゃんを困らせてるんだなぁとは思うけど、
    どうしても涙が止まらない。
    そういえば・・・私が子供だった頃・・・今でも子供だけど・・・
    幼稚園ぐらいかな?の頃、近所のお友達と夢中になって遊んだ時、
    足元も見ずに走って転んじゃって泣いたなぁ。
    あの時、一緒に遊んでたお姉ちゃんが凄い勢いで走ってきて・・・ぎゅって抱き締めて・・・
    わた、私・・・をっ・・・

    憂「うああぁぁぁあああん!!!」ボロボロ

    純「うわああああ!! ど、どうしよう」オロオロ

    憂「ぁあああぅう・・・おねえぢゃぁぁあああん!!」ボロボロ

    純「お願いだから泣き止んでよー!!」オロオロ

    結局、お昼休みが終わるまで私が泣き止むことはありませんでした。


    23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:35:48.45

    憂「ごめんね純ちゃん・・・学校までサボらせちゃって・・・」

    純「いいっていいって・・・で、そろそろ事情話してくれない?」

    憂「・・・どんな理由でも怒らない? 下らないって言わない?」

    純「言わない言わない」

    憂「・・・」

    私は全てを話しました。
    大好きなお姉ちゃんと私の間に血の繋がりがなかったこと。
    その事を知らされてから、お姉ちゃんが遠くなって、
    自分から離れて行ってしまうように思えたこと。
    お姉ちゃんと呼んでしまっていいのか、拒絶されたら・・・って思うと不安で仕方ないこと。

    54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 02:09:49.43
    純「・・・憂は、ほんとにお姉ちゃんが好きなんだね」

    憂「当たり前だよ!」

    純「でも、好き過ぎてお姉ちゃんのことが見えなくなってるんじゃないかな」

    憂「見えなく・・・?」

    純「だってほら、こんなに一生懸命に憂の事を探してるんだよ?
      そんな人が、憂のことを拒絶なんてするわけないよ」

    唯「・・・はっ・・・はぁ・・・っ、憂!」ゼエゼエ

    憂「!?」ビクッ

    純「ちょっ、私の後ろに隠れないでよ」

    25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:37:13.91

    お姉ちゃん、息が上がってる・・・
    私の事さがしてたのかな・・・

    唯「う・・・うい・・・さが・・・探したよ・・・」ゼエゼエ

    唯「きょ・・・教室にいな・・・ごほっ・・・げほ・・・」ゼエゼエ

    私は、お姉ちゃんの言葉を黙って聞いている事しかできませんでした。
    学校サボった事を怒られるんだろうか。
    もう家に帰って来なくていいよ、と言われるんだろうか。
    さようならもう会う事なんてないよ、と言われるんだろうか。


    「血の繋がった」お姉ちゃんがそんな事言わないなんてすぐにわかる。
    なのに、「血の繋がってない」お姉ちゃんの事、何もわからない。

    そう思うと、さっきまで落ち着いていた心が途端にざわつき始めます。

    憂「・・・っ」ボロボロ

    唯「・・・うい」ゼエ ゼエ


    26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:37:49.96

    ギュッ

    憂「!?」

    唯「・・・えへへ・・・ずーっと前、憂が泣いた時あったよね」

    唯「あの時も、こうやってぎゅーって抱き締めて・・・」

    チュッ

    唯「おでこにちゅーしたよね・・・えへへ」

    憂「お姉・・・ちゃん」グス



    27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:38:20.40

    唯「ごめんね、憂。私が『血が繋がってない』って言ったから不安になっちゃったんだよね」

    唯「でもね、憂。」

    唯「たとえ血が繋がってなくても、私は憂のこととーっても大好きだよ!」

    憂「お姉ちゃん・・・」ボロボロ

    唯「あ、あれ・・・? 泣き止まない・・・」オロオロ

    憂「当たり前だよ・・・そんなこと言われたら、嬉しくて涙が出てきちゃうよ・・・」ボロボロ

    唯「・・・憂」ギュ

    憂「お姉ちゃん・・・」ギュウウ

    その日、私とお姉ちゃんは久しぶりに手を繋いで帰りました。
    あっ、純ちゃん忘れてた。まあいいや。



    純「・・・別に寂しくないもん」


    28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:39:07.30

    唯「あっ、そういえば憂。今日学校いなかったよね?」

    憂「ご、ごめんね・・・サボっちゃった」

    唯「う、憂が不良さんになっちゃった・・・!」ガーン

    憂「えっと・・・ごめんなさい・・・」

    唯「ううん、憂が無事だったならそれでいいよ」ギュ

    憂「お姉ちゃん・・・心配して探してくれたの?」

    唯「当たり前だよ! 帰ってくるの遅かったし・・・学校にはいなかったし・・・」

    唯「もしかしたら、このまま帰ってこないんじゃないかって思っちゃった」

    憂「・・・ごめんね。もう心配かけるようなことしないよ」

    唯「うん・・・」


    31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:41:16.62

    唯「ただいまー」

    憂「ただいまー」

    唯「あれ、お母さんたちいないのかな・・・」

    ガチャ

    唯「あれ、書置きが・・・」

    憂「お父さんとお母さん、また旅行するんだ・・・」

    唯「じゃあ、今日から2人っきりだね!」

    憂「ふ、2人っきり・・・///」カアア

    こ、これは・・・
    神がくれたプレゼントでしょうか!
    仲直りした(一方的に私が拗ねてただけだけど)私とお姉ちゃんに、
    もっと深い仲になりなさいという思し召しでしょう!きっとそうです!


    32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:42:29.52

    憂「じゃ、じゃあお姉ちゃんそこに座っててね! すぐにご飯の準備・・・」

    唯「あっ、ダメ! 憂がそこに座ってて!!」

    憂「えっ・・・」

    唯「いい? そこから動いちゃダメだからね! あっ、目もつぶってて!」

    憂「目を!? う、うん! わかったよ!」ドキドキ

    ああ・・・ナニが始まるんでしょう・・・
    目をつぶるって・・・もちろんアレですよね・・・き、きっす・・・しかも唇に・・・!!
    て、テンション上がってきた・・・!!


    33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:43:29.59

    コトッ

    唯「もう目開けていいよ!!」

    憂「えっ?」

    なんだ・・・キスじゃ・・・な・・・

    憂「こ、これ・・・お姉ちゃんが作ったの?」

    唯「そうだよ!」フンス

    目の前には一皿のカレー。
    私と、お姉ちゃんの大好物。


    34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:44:36.59

    唯「私があんな事言っちゃったから憂が落ち込んじゃったでしょ?」

    唯「だから、憂が元気になるように、憂の為に何ができるかなって考えて・・・」

    唯「ごめんね。ほんとは、もっと凝ったの作りたかったんだけど・・・」

    憂「ううん、嬉しいよ!」

    嬉しい。
    料理どころか、台所にすら立ったことなかったのに。
    私の為に。
    ・・・料理するの初めてにしては手に怪我一つないあたり、
    お姉ちゃんは凄いって思う。


    35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:45:30.66

    唯「そ、それで・・・どう?」ドキドキ

    憂「・・・うん、おいしい! 凄く美味しいよお姉ちゃん!」

    唯「憂があんまり美味しそうに食べるから、私もお腹空いてきちゃった・・・」

    そう言って自分の分をよそいに行くお姉ちゃん。

    純ちゃんの言った通りだった。
    お姉ちゃんはいつも私の事を想ってくれてたんだ。
    たとえ血が繋がってなくても、お姉ちゃんは私の大好きなお姉ちゃんだったんだ。

    憂「お姉ちゃん」

    唯「ふぇ? なーに、うい」

    チュッ

    憂「お姉ちゃんだいすきっ」


    36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:46:15.99

    ---------------------------------------------------------------------

    紬「・・・oh」ぽわぽわ

    唯「? どうしたのムギちゃん」

    紬「そ、それで? そのあとどうしたの!?」ハァハァ

    澪「ムギ、落ち着け」



    37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:46:52.45

    唯「え? どうしたって・・・一緒に寝たけど・・・」

    紬「それで!? それで!?」ハァハァハァ

    梓「ちょっ、ムギ先輩! 袖にクリームついてますよ!」

    律「ああ・・・なんかもうムギはコレが普通になってきたな」

    澪「そうだな」


    38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:47:28.48

    唯「えーっと・・・一緒に寝ただけだよ」

    紬「・・・ほんと?」

    唯「ほんと」

    紬「・・・」シュン

    梓「あ、大人しくなった」



    39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:48:50.51

    ガチャ

    憂「失礼しまーす」

    唯「あ、うーいー!」ダッ

    憂「おねえちゃん!」ギュー

    唯「えへへー///」

    憂「えへへー///」


    40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:49:35.58

    梓「おうおう譲ちゃんたち、そういうのは外でやってくれねぇか」

    律「なんだー梓、嫉妬かー?」

    梓「そういうんじゃないでごわす」

    澪「動揺しまくってるじゃないか・・・」

    紬「oh・・・yes・・・!!!」ダバー


    41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:50:06.88

    憂「お姉ちゃん」

    唯「なあに、うい・・・んぅ・・・!」チュッ

    憂「んっ・・・ふぅ。さ、帰ろ?」ギュ

    紬「yheaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!!!」ブファアアア

    律「すげえ、人間スプレーだ」

    澪「赤色限定のな」


    42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:51:38.18

    梓「信じないよ。混じりっ気のないものしか、信じない」

    澪「こっちはこっちでぶっ壊れたな」

    律「おーい、もどってこーい・・・まあいいや、じゃ今日は解散!また明日なー」

    律「さ、帰ろうぜ」ギュ

    澪「ああ」ギュ

    後に残されたのは、空になったスプレー缶と壊れたラジカセだけでした。

    おしまい。



    43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 01:52:52.61

    純「・・・へっくし!・・・ぐす」

    ・・・おしまい!

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

梓「(ムギ先輩のお、おっはい・・・)」ダラダラ
憂「和ちゃん、大好き!」
澪「紙が無い」

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

<<唯「三浦茜…?」律「誰だそれ」 | トップページ | 碇シンジ「軽音部?」>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。