けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [スポンサー広告] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/08/14(土) 03:47:22 URL [ 編集 ]
    つまりどう言う事だってばよ
  2. 名前: 2012/04/01(日) 21:58:38 URL [ 編集 ]
    承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

律「お前ら仲良くしろ」

  1. 名前: 管理人 2010/08/11(水) 12:24:46
    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 18:10:56.53
    立ったら書く


    4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 18:13:32.07

    律「おー、唯!」

    唯「あ!りっちゃん!おはよう!」

    律「はよー」

    澪「唯は朝から元気だな」

    唯「澪ちゃんもおはよー」

    澪「あぁ。おはよ」

    紬「みんなおはよー」

    律「おぉ!はよ!」

    澪「おはよ。なんか珍しいな。校門の前でこんなに揃うなんて」

    唯「だね!」

    律「そういえば憂ちゃんは?」

    唯「憂は今日は日直だからもう教室にいると思うよ。あずにゃんと一緒なんだってさー」

    律「そうなのか」


    5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 18:19:45.05

    澪「ほら、そろそろ入ろう?」

    紬「そうね」

    「あら、みんな朝から揃ってるのね」

    律澪「和!」

    紬「おはよう」ニコッ

    和「えぇ、おはよっぐえぇ!?」

    唯「和ちゃん、おはよう?」ニコッ

    和「たたた・・・あら、唯じゃない。朝から人の背中に蹴りかますなんてどういう神経してるのかしらね」ガスッ

    唯「っだぁ!?・・・朝から人のわき腹に肘鉄入れる和ちゃんには言われたくないかなー?」

    和「あらごめんなさい、ちょっと当たっちゃったわ」

    唯「ううん、私の方こそごめんね。足が長くてちょっと当たっちゃった」

    和「跳びながら蹴っておいてよく言うわ」

    唯「和ちゃんこそ、右手に左手添えて思いっきり突き出してたよね?」

    和「さぁ?どうだったかしら」


    7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 18:26:07.99

    律「おい、お前ら」

    唯「あれ?今さっきのことなのに覚えてないの?」チョーウケルンデスケド

    和「唯みたいなノータリンに馬鹿にされるなんて終わったわね」

    澪「おーい、教室行こう?な?」グイッ

    唯「大丈夫だよ、和ちゃんは終わるどころかまだ始まってないから」

    紬「ほら、予鈴が鳴っちゃう」グイグイ

    和唯「・・・後で覚えとけ」

    律「相変わらずだなぁ、お前ら」


    ・・・

    ・・・



    9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 18:34:36.24

    教室


    律「おい、お前ら仲良く出来ないのか?」

    唯「え?なんのこと?」

    紬「何って、和ちゃんのことに決まってるじゃない」

    唯「えー?私達仲良しだよ?」

    律「いやいや」

    唯「何?」

    紬「どう見ても仲良しとは言いがたいわ」

    律「そうだよ。常に一触即発じゃないか」

    唯「そうかな」

    律「そうだって。最近おかしいぞ?」


    10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 18:38:29.78

    唯「うーん・・・?」

    紬「自覚がないんじゃこれ以上言ってもしょうがないわね・・・」

    律「あぁ。だな」

    唯「なんかごめんね」

    律「いや、謝るなよ。私はみんなで仲良くしたいだけだしさ」

    唯「でも本当に私と和ちゃんは仲いいよ?」

    律「え、えー・・・?」

    唯「今にわかるよ・・・多分」

    律「いつまで経ってもわからない予感がするのは気のせいか?」

    紬「とりあえず様子を見ましょう?」


    ・・・

    ・・・



    12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 18:46:05.56

    澪「なぁ」

    和「どうしたの?」

    澪「唯のこと、嫌いなのか?」

    和「は?」

    澪「ぁぅ」

    和「何か誤解しているみたいだけど、それはないわよ」

    澪「本当か?だって今日の朝も」

    和「だから唯のことは嫌いじゃないってば」

    澪「なーんか信用できないな・・・」

    和「それはどうして?」

    澪「だって、顔を合わせる度にバトってる気が・・・」

    和「それはそれ、これはこれよ」

    澪「普通そこ、別のものとして考えるか?」

    和「うーん、じゃあ普通じゃないのかも」


    13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 18:49:57.98

    澪「・・・?」

    和「ごめんなさいね、混乱した?」

    澪「うん、ちょっと。難しくなってきた」

    和「たいしたことじゃないわ、大丈夫よ」

    律「おーす」

    澪「お、律か」

    律「おう、メシ食おうぜ」

    和「唯とムギは?」

    律「梓と憂ちゃん迎えに行ったよ」

    澪「今日はみんなで食べるのか」

    律「おう、たまにはいいだろ?」

    和「そうね。にぎやかで楽しそう」


    ・・・

    ・・・


    15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 18:53:28.82

    唯「迎えに来たよー」

    梓「先輩!」

    憂「ちょっと待ってもらっていいですか?」

    紬「場所は取ってあるから焦らないでね」

    憂「はい、ありがとうございますっ!」

    唯「どう?」

    憂「ん。お弁当も飲み物も持ったし、もう大丈夫だよ!」

    唯「それじゃ行こっか」


    パタパタパタパタ・・・


    純「はい、私ぼっちー」



    ・・・

    ・・・


    16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 18:58:51.96

    唯「おまたへ!」

    律「おう、唯隊員!よくぞ生還した!」

    唯「ほい!・・・りっちゃん隊員!そこをどいて!まだ残党が!」ダッ

    律「へ!?」

    梓「あ!っちょっと!唯先輩!?」

    唯「でりゃぁぁぁぁ!!!」ドーン!

    和「だう!?」

    唯「ふぅ。これでよし」

    律「よくねぇよ!?」

    憂「もう、お姉ちゃんったら。和さんにじゃれるの禁止」

    紬「これはじゃれてるって域を超えてるような・・・」

    唯「さっ。みんな、ご飯食べよう?」

    澪「あ、あぁ。そうだな」

    律「ん。じゃそうするか」


    18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 19:12:54.82

    梓「こういうときに限ってお弁当じゃなくてパンなんだもんなぁ」

    憂「まぁまぁ。ほら、私のおかず分けてあげるよ。はい、チキチキボーン」スッ

    梓「ありがと」

    唯「えへへ、今日のおかずにチキチキボーン入ってる♪いただきまーす!」

    和「」ムクッ

    律澪「!?」

    和「ふんっ」スッ パクッ

    唯「」

    梓「唯先輩のチキチキボーンが・・・」

    和「確かにこれは美味しいわねー」スッ パクッ スッ パクッ

    唯「」


    律「うわ、容赦ねぇ」


    19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 19:16:35.46

    和「んー」モグモグ

    唯「ちょっと」

    和「デリシャス」

    唯「いや、デリシャスじゃないから」

    和「あら、唯。何かしら?」

    唯「白々しいなー。私のチキチキボーンは?あれ大好きなんだけど?」

    和「食べたわよ、見てなかったの?それとも見えなかったの?一緒に眼科行ってあげようか?」プフッ

    唯「見てたよ、見えてたよ」

    和「そう、じゃあ記憶障害かしら」

    律「おい、お前ら」

    唯「だから違うって。私がこの状況で何が言いたいかわからないんだ?和ちゃんの方こそコミュニケーション障害なんじゃない?」

    澪「ほら唯ってば。喧嘩腰になるなよ」


    20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 19:21:48.60

    梓「ねぇ、憂」

    憂「どうしたの?」

    梓「教室に帰りたい」

    憂「まぁまぁ」

    和「何?おかずを取られて怒ってるの?」

    唯「それもそうだけど、正確にいうと和ちゃんのその態度がちょっとイラッとするかな」

    和「ごめんごめん、ほらあんたの好きなホネホネボーンよ」スッ

    唯「違う、私が好きなのはチキチキボーンであってホネホネボーンじゃない」イラッ

    律「ホネホネボーンって日本語にしたら骨骨骨だよな」

    澪「なんか怖い」


    21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 19:35:01.49

    和「悪いわね、肉の部分は全部食べちゃったからこれで我慢してくれる?」

    唯「和ちゃんはちょっといい加減にしてくれるかな?」

    紬「喧嘩は駄目だって言ってるでしょ?ね、二人とも」

    和「大体、最初に私を突き飛ばしたのは唯の方でしょ」

    唯「それについては本当にごめん」

    律(おっ、珍しく素直にあやまって)

    唯「視界に入ったらイラッとしたから思わず突き飛ばしちゃった」

    律(ねぇぇ!!ぜんっぜん素直じゃねぇ!)

    和「唯」

    唯「何」

    和「屋上」

    唯「上等だよ」

    憂「すとーっぷ!!」

    一同「!?」


    22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 19:39:46.10

    憂「ほら!遊んでないでご飯食べよう?ね?」

    唯「でも和ちゃんが」

    憂「和さんだって急にじゃれつかれたら困るでしょ?TPOを弁えて、お姉ちゃん」

    唯「うー、憂ー・・・」

    和「怒られてやんの」ププッ

    唯「」イラッ

    憂「はい、イライラするのも禁止」

    唯「今の和ちゃんが悪いでしょー!?」

    憂「なんでも人のせいにするのはよくないよ」

    唯「・・・」

    梓「どっちがお姉ちゃんなんだか・・・」

    律「だな。まぁ、いいんじゃないか?とりあえずこの場は収まりそうだし」

    澪「憂ちゃん、ありがとな」

    憂「いえいえ」


    23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 19:42:36.67

    紬「さ、もうあまり時間がないから急いで食べましょっ」

    律「ん、だな」

    和「唯・・・」ボソッ

    唯「和ちゃん・・・」ボソッ

    澪「ん?二人とも今何か言ったか?」

    和唯「後で覚えとけっ」ボソッ

    律「聞こえなかった、私は何も聞こえなかった」


    ・・・

    ・・・


    25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 19:45:55.71

    放課後



    律「なぁ」

    澪「ん?どうした?」

    律「唯は?」

    澪「あれ・・・?」

    紬「唯ちゃんなら掃除当番で遅くなるって言ってたわよ?」

    律「あ、そうだっけ?」

    澪「そういえばそんなこと言ってたっけな」

    紬「とりあえずお茶にしない?」

    梓「賛成です」

    律「梓もすっかり軽音部になじんだよなー」

    梓「むっ。そ、そうですか?」

    律「おう、入部当初とは別人みたいだぜ」


    26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 19:51:02.47

    梓「私、唯先輩と和先輩のような関係憧れます」

    澪「どうしたんだ?急に」

    梓「私も律先輩とそんな関係になりたいです」

    律「遠回しにひどくないか!?」

    澪「なるほどな、でも和と唯のような関係なら律に蹴られたりするぞ?」

    梓「それもそうですね。私、高望みはしません。私の方から一方通行で構いません」

    律「おい、一方的に私をぶっとばしたいならストレートにそう言いやがれこのやろー」

    紬「みんなーお茶が入ったわよー。今日はレモンティーよ」

    律「おー、さんきゅー」

    澪「ありがとな。・・・そういえば」

    紬「どうしたの?」

    澪「唯と和って同じ班じゃなかったか?」

    梓「はん?」


    27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 19:52:13.51

    澪「いや、だから掃除の」

    律「」

    紬「・・・今日はレモンティーよー」

    梓「あ、それさっきも聞きました」

    紬「・・・」シュン

    澪「・・・やばくないか?」

    律「う、うーん・・・」

    梓「律先輩、様子見てきてくださいよ」

    律「なんで私!?」

    梓「ほら、打たれ強そうだし」

    律「私だって女の子なんだからな」

    澪「っていうかさ」

    紬「どうしたの?」

    澪「なんであの二人、最近あんなに仲悪いんだ?」


    28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 19:56:01.33

    律「さぁ?喧嘩でもしたんじゃないか?」

    紬「でも前にそうやって聞いたとき、二人とも否定してたじゃない」

    律「なんか言い出せない理由でもあるんじゃないか?」

    梓「そんな風には見えませんけどね・・・」

    律「じゃあなんだよ」

    梓「それは・・・わかりませんけど」

    澪「今日の朝も和に唯のことが嫌いなのか?って聞いたんだけど」

    律「それで?」

    澪「嫌いじゃないって」

    紬「唯ちゃんも同じようなこと言ってたわね」

    律「わっかんねーな、あの二人」

    梓「律先輩と澪先輩ならわかるんじゃないですか?」

    律澪「へ?」


    30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 19:59:29.00

    梓「ほら、澪先輩ってよく律先輩のこと叩いたりするじゃないですか」

    律「いや、あの二人はそういう次元じゃないだろ?」

    梓「でもベクトルは一緒だったりして」

    律「・・・」

    紬「・・・」

    澪「まさか、なぁ?」

    律「う、うーん・・・」


    バタン!


    律澪紬梓「!?」

    純「あ、あの!!」

    梓「純!?どうしたの?」

    純「大変なんだよ!ちょっと来て!」


    31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 20:01:41.23

    梓「大変って、どうしたの?」

    純「唯先輩達が、憂が・・・!梓、来て!」

    梓「律先輩、行って!」

    律「私!?」

    梓「先輩達が殴り合ったりしてるんでしょ?」

    純「そうだよ!憂が止めようとしてるんだけど、全然駄目なんだよ」

    澪「あいつら・・・!」

    紬「予想を裏切らない二人ね」

    梓「先輩!」

    律「う・・・。よし、みんなで行こう。な?」

    純「なんでもいいから早くー!」


    32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 20:04:26.92

    律「ごめんごめん。よし。んじゃ行くぞ!」

    澪「あぁ!」ヒラヒラ

    紬「急ぎましょう!」ヒラヒラ

    梓「純!案内して!」ヒラヒラ

    純「オーケー!こっちだよ!」ダッ

    律「おう!」ダッ


    カンカンカンカン・・・!


    純「場所は3年生の廊下です」

    律「そうか。人目も憚らず何をしてんだ、あいつらは・・・」

    純「なんていうか、律先輩ってやっぱり部長なんですね」


    34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 20:06:34.57

    律「へ?なに?急に」

    純「ほら、今もこうして仲間のために走ってるじゃないですか」

    律「当たり前だろー?な、みんな?」クルッ


    シーン


    律「誰もいない!!?」

    純「え?最初から誰もついてきてませんでしたよ?」

    律「」

    純「みんな手を振って見送ってましたし」

    律「道理であいつらのセリフの後がやけにヒラヒラしてたワケだ!」


    ・・・

    ・・・


    35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 20:10:41.85

    教室


    和「ねぇ、さっきのなんなの?」

    パシッ

    唯「和ちゃんこそあれはやりすぎじゃないのかな?」

    パシッ

    和「何言ってるのよ、最初に手を出してきたのは唯の方でしょ?」

    パシーン

    唯「そうだっけ?よく覚えてないや」アハハ

    パシーン

    律「な、なぁ・・・」

    純「なんですか?」

    律「さすがにあの中に割って入るのはちょっと」

    純「えぇぇぇ・・・」

    律「なんであいつら笑顔でビンタし合ってるんだよ、絵的に怖すぎるだろ」


    37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 20:15:35.57

    憂「全く、困ったものですよねー」

    律「憂ちゃん!?」

    憂「あ、こんにちは。お昼ぶりですね」ニコッ

    律「んあ、あぁ。それよりこれは・・・?」

    憂「さっき帰る前にお姉ちゃんのとこに寄ったんです」

    律「唯のところに?」

    憂「はい。お弁当箱だけ私が持って帰ろうと思ったんですよ」

    律「なるほどな。それで?」

    憂「私がこの教室に来たときにはもう叩き合ってました」

    律「なっ」

    純「怖いよね。憂がいくら話しかけても無視だもん」

    憂「うん。エキサイトしてるのはわかるけど、ちょっと寂しいな」

    律「いや、エキサイトとかそういう問題じゃないだろ」


    38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 20:20:20.51

    憂「え?」

    律「え?」

    憂「和さんも普段は大人だけど、お姉ちゃんのことになると周りが見えなくなっちゃうみたいで・・・」

    律「・・・憂ちゃん、聞いてくれ」

    憂「なんですか?」

    律「私は唯達が喧嘩か何かしてるんじゃないかと心配してるんだけど・・・」

    憂「喧嘩?それはないですよー」アハハ

    律「そうなのか?」

    純「じゃあなんで二人は叩き合ってるの?」

    憂「じゃれてるだけだよ」

    律「度が過ぎるだろ」

    憂「あっ。でも、確かに喧嘩と言えば喧嘩かも」

    律「ほら、やっぱり喧嘩じゃないk」

    憂「と言っても、悪い喧嘩じゃないですよ」


    39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 20:22:56.61

    純「喧嘩にいいも悪いもないでしょ」

    憂「なんていうのかな、痴話喧嘩みたいな」

    律「ち、痴話喧嘩・・・?」

    憂「なんていうか、お姉ちゃんも」


    スパーン!!


    律憂純「!?!?!?」

    和「ったいわね・・・今のは効いたわ」

    唯「そう?ごめんね」

    律「お、おい・・・お前ら」


    スパーン!!


    唯「あぅ、ったぁ・・・」

    和「お返し」


    40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 20:28:47.52

    純「あの、二人とも?」

    唯「お返しっておかしいよ。元々和ちゃんが悪いんだから。私が叩いてそれでおしまいでしょ?」

    和「あんたこそおかしいわよ。先に仕掛けてきたのはどっちよ」

    律「おい、憂ちゃん。これのどこが『悪くない喧嘩』なんだ?」

    憂「う、うーん・・・あはは」

    純「ちょっと、笑って誤魔化さないでよ」

    憂「お姉ちゃん!和さん!」

    唯「・・・何?」

    和「後ででいい?」

    憂「駄目だよ!律さんも純ちゃんも戸惑ってるでしょ?」

    唯「・・・」

    憂「どうしてもって言うなら続きは家でしてください。うちなら私とお姉ちゃんしかいませんから」


    42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 20:35:44.64

    和「結構よ。私は唯にわかってもらいたかっただけよ」

    憂「でも・・・」

    律「なぁ」

    純「なんですか?」

    律「私、ここに来た意味あるか?」

    純「あまりないですね」

    律「お前友達少ないだろ」

    純「よく言われます」


    ・・・

    ・・・


    44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 20:40:20.72

    帰り道


    律「・・・」

    澪「おーい、律?」

    律「なんだよ」

    澪「さっきから元気ないぞ?」

    律「そんなことないよ」

    澪「いや、あるって。どうしたんだ?」

    律「澪達が唯と和の喧嘩を一緒に止めてくれなかったから」

    澪「あ、いやぁ・・・あはは。それは、本当にごめん」

    律「冗談だよ」

    澪「え?」

    律「唯と和の喧嘩、どうにかなんないかなーと思って」

    澪「そのことか。私も気になるけど、二人とも『普通だよ?』なんて言うからそれ以上突っ込めないんだよな」

    律「あぁ。でも、ここまで来るとそうも言ってられないだろ?」


    45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 20:44:21.70

    澪「そうだけど・・・」

    律「唯、口の中切れてたぞ?」

    澪「おおお思い出させるなよ!あれは、本当に痛そうだったな・・・」

    律「憂ちゃんはじゃれてるなんて言ってたけど、やっぱ変だって」

    澪「だよなー」

    律「いつからだっけ、二人があんな風になったの」

    澪「・・・一ヶ月くらい前だったと思う」

    律「最初はちょっと小突くくらいだったよな」

    澪「あぁ。あの時は唯に『澪ちゃんとりっちゃんはやりすぎだよー』なんて笑われたけど・・・」

    律「やりすぎなのは唯達だよな。流石にあれはちょっと・・・」

    澪「何か理由があるみたいだよな」

    律「あぁ、憂ちゃんが事情を知ってそうなんだ」

    澪「そうなのか?」

    律「うん。上手くはぐらかされちゃったけどな」


    46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 20:46:11.71

    澪「・・・」

    律「私達は元々叩いたりするコミュニケーションがあったけど、唯達は急にだもんな」

    澪「うーん、唯達に聞いても駄目っぽいし。憂ちゃんに聞いてみるか」

    律「それしかないな。・・・唯は和がいないと普段どおりっていうのが逆に性質悪いんだよな」

    澪「私達に内緒にしたいことでもあるのかな」

    律「うーん、どうだろ」

    澪「そうだとしたら勝手に憂ちゃんに探り入れる様な真似すべきじゃないんじゃないか?」

    律「じゃあどうするんだよ」

    澪「うっ、それは・・・」

    律「ずーっと黙って見てろっていうのか?友達が怪我しても?」

    澪「そ、そうは言ってないだろ!?」

    律「じゃあ何が言いたいんだよ」

    澪「だから・・・どうして喧嘩するのか、唯と和の口から聞いた方がいい、と思う」

    律「それが出来たらそうしてるだろ」

    48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 20:49:40.46

    澪「憂ちゃんに聞くのが一番早いんだろうけど、それは最終手段だ。正直、私達も二人のそれをスルーしてたところあっただろ?」

    律「う、まぁな。特に最初はふざけてるのかなーくらいにしか思ってなかったよ」

    澪「だろ?それが少しずつエスカレートしてこうなってるんだ。私達はまだ打つ手を全て打ったとは言えない」

    律「確かに考えればもう少しマシな方法が思いつくかもな」

    澪「あぁ。梓やムギにも言って真剣に考えてみようよ」

    律「おっけー」

    澪「それじゃ、私帰るな」

    律「おう。家の前で長々と喋っちゃったな」

    澪「いいよ。それじゃな」

    律「ん。梓とムギには私から後でメールでもしとくよ」


    ・・・

    ・・・


    49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 20:53:48.91

    なかのけ


    梓「ふぅ、さっぱりした」フキフキ

    梓「暑い・・・部屋着着たくないなぁ」

    梓「ま、そういうワケにもいかないんだけど・・・」

    梓「・・・」モソモソ

    梓「あっつ・・・」


    ピピピンピン♪


    梓「あれ?メール?」

    梓「誰だろ」ピッ

    梓「律先輩・・・?」


    50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 20:57:49.08

    『よっ!最近の唯と和、どう見てもおかしいよな?
    私達でどうにかあの二人を止めないか?今まで軽く見てたけど、
    ここら辺で止めてやらないとマズイと思うんだ。』

    梓「・・・律先輩」

    梓「たまにはあの人もいい事言うんですね」

    梓「確かに、このところの二人はおかしい」

    梓「でも、止めるってどうやって・・・?」

    梓「うーん・・・律先輩に電話しようかな」


    ・・・

    ・・・


    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 21:01:55.35

    ムギの家


    紬「それじゃ、おやすみなさい」

    斉藤「はい。おやすみなさいお嬢様」


    バタンッ


    紬「ふぅ。明日の時間割は・・・」

    紬「・・・」ゴソゴソ

    紬「・・・!」

    紬「ケータイが光ってる?」スクッ


    ピロピンロピ♪


    紬「あら、またメール?」トテトテ

    紬「誰かしら・・・?」カチャ

    紬「唯ちゃん?」ピッ

    52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 21:07:20.38

    紬「こんな時間にどうしたのかしら」


    『和ちゃん、私・・・やっぱり無理だよ』


    紬「・・・?」

    紬「これは、何かしら・・・」

    紬「和ちゃん?間違って私に送っちゃったのかな?」

    紬「・・・」

    紬「あ、そういえば最初にケータイが光ってたのは誰からだったのかしら」

    紬「・・・あ、りっちゃんだ」

    紬「私達でなんとか、か。・・・うん、してあげたい」

    紬「このメールの件は、りっちゃんに言ったほうがいいのかな」

    紬「『無理だよ』って、どういうこと・・・?」


    53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 21:15:33.49

    紬「うーん」


    プルルルル!


    紬「きゃああ!!」

    紬「で、電話・・・!?」

    紬「あ、唯ちゃんからだわ!」

    紬「ど、どうしよう・・・」

    紬(この電話に出たらきっと『今のメールのことは忘れて!あと内緒にしてね!』ってなんて言われる。
    それを言われたら黙ってるしかないわ。つまり、この電話には出ない方がいい・・・?
    でも友達の電話を無視するなんて・・・。だけどこのメールは『最近の二人はやっぱり
    何かしら理由があってああいうコミュニケーションを取っているんだ』と証明する重要なもの。
    りっちゃん達に報告したい、けど)

    紬「あぁもう!やっぱり友達の電話を無視するなんて出来ない!」ピッ

    紬「もしもし、唯ちゃん!?」

    「残念、ハズレ」

    紬「・・・え?」


    55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 21:24:39.63

    和「私よ、和」

    紬「あれ?どうしたの?」

    和「唯が間違って変なメール送ったでしょう?」

    紬「あ、う、うん・・・あれって」

    和「そのことなんだけど、なんでもないから気にしないで」

    紬「え、ちょっと待って」

    和「それじゃ」

    紬「待ってってば!」

    和「!?」

    紬「そうやってはぐらかそうとしても駄目よ」

    和「・・・」

    紬「ねぇ、何があったの?最近の二人は、傍から見てても変よ?」

    和「それは、言えないわ」

    紬「どうして?」

    和「・・・」

    56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 21:32:13.55

    紬「どうして唯ちゃんのケータイから電話してきてるの?今一緒にいるの?」

    和「それも言えない」

    紬「言わなくてもわかるわよ。わからないから聞いてるんじゃないの、わかってるけど確認してるの」

    和「え・・・?」

    紬「一緒にいるの?っていう聞き方が悪かったかしら。言い直すわ。一緒にいるんでしょ?」

    和「・・・えぇ、そうよ。ムギには敵わないわね」

    紬「また喧嘩してるの?」

    和「喧嘩なんて、してないわ」

    紬「さっきね、りっちゃんからメールがきたの」

    和「律から?」

    紬「えぇ。二人の様子がおかしいから、なんとかしたいって」

    和「そう・・・みんなに迷惑かけちゃったわね」

    紬「迷惑なんかじゃないわ。私達は心配してるの」


    57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 21:53:22.36

    和「えぇ、わかってるわ」

    紬「何があったの?」

    和「・・・」

    紬「どうして言えないの?」

    和「それを言ったらさっきの質問に答えたも同然だから言えないわ」

    紬「つまり、唯ちゃんのことを心配してるのね」

    和「・・・!?」

    紬「わかるわよ。あなたの考えそうなことだもの」

    和「ホント、ムギには敵わないわね・・・」アハハ

    紬「じゃあ・・・」

    和「何?」

    紬「唯ちゃんが口を開けば・・・」

    和「・・・」

    紬「それを邪魔したりはしない?」


    59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 22:01:07.30

    和「・・・」

    紬「答えて?」

    和「えぇ、しないわ。ただ一つだけ言わせてちょうだい」

    紬「何?」

    和「あまり、強引に聞き出そうとしないであげて」

    紬「??え、えぇ、わかったわ」

    和「信じるわよ」

    紬「どうぞ」

    和「本当はね、私も誰かに相談したかったの」

    紬「うん」

    和「だけど、それが出来ない状況で・・・」

    紬「辛かったのね?」

    和「辛くなんて、ないわ。唯は大切な友達だもの」


    60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 22:02:59.90

    紬「・・・?(何があったかわからないからイマイチ話が見えないわ)」

    和「ごめんなさいね、こんなこと言っても今はちんぷんかんぷんよね」

    紬「うん」

    和「私、ムギにこうして突っ込んで話を聞いてもらってよかったと思ってる」

    紬「でもみんなの前では」

    和「そうよ。自分勝手よね。でも、半ば強引にでも聞き出してもらってよかった」

    紬「そ、そう?」

    和「えぇ。自分からは相談持ちかけられる状況じゃなかったから。助かったわ、少し楽になった」

    紬「よかった。出過ぎた真似をしたんじゃないかって、ちょっと心配だったの」

    和「そんなことないわよ。あ!」

    紬「どうしたの?」

    和「大変、唯のケータイからかけたって忘れてたわ!」

    紬「あ゛。そうね、そろそろ切りましょうか」


    61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 22:06:41.58

    和「こっちから電話かけたのに、ごめんね」

    紬「いいの。そういえば唯ちゃんは?」

    和「今お風呂に入ってるわ」

    紬「(お、お風呂・・・)あのメールのことはどうしたらいい?」

    和「ありのままを伝えるわ。ムギが気付いてなかったとか間違って消しちゃったみたい
    なんて言ったら、この件について聞き出しにくくなるでしょ?」

    紬「そうね。ありがとう」

    和「いいえ。お礼を言うのはこっちの方よ。何も言えなくて本当にごめん。
    唯が口を開いたら、私も全てを話すわ」

    紬「そう、楽しみにしてるわ。それじゃ」

    和「えぇ、おやすみなさい」

    ピッ

    紬「どういうことかしら・・・」バフッ


    ・・・

    ・・・


    62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 22:07:07.27
    ちょっと外す
    多分30分~1時間くらい

    66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 23:02:19.90
    戻った
    ちなみにテレビじゃなくてメシとか洗濯な

    67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 23:09:34.88

    律「だーからそれが難しいって言ってんだろ?」

    梓「そんなこと言ってもそこをどうにかするしかないじゃないですか!」

    律「じゃあどうやってどうにかするんだよ、言ってみ」

    梓「・・・」

    律「ほら、やっぱり唯に直接聞くしかないんだよ」

    梓「でもそれでいいんですか?」

    律「何が?」

    梓「もし教えたくないなんて言われたら、二度はないですよ?」

    律「確かにそう言われたらもうどうしようもないけど・・・」

    梓「まずは周りを固めましょうよ」

    律「そういうコソコソしたことはやりたくないんだよ、さっきも言ったろ?」


    68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 23:14:55.07

    梓「そんなこと言ったって・・・!」

    律「きっと唯だっていい気しないよ」

    梓「でも・・・」

    律「いいよ、梓から聞きにくいのはわかるから」

    梓「そういう問題じゃないですって」

    律「私がなんとか聞き出すから。悩んでるなら力にだってなってやるし、和に何か不満があるなら」

    梓「唯先輩に限って和先輩に不満なんてあるわけ無いですよ」

    律「それは例え話で言ったんであって、私だってそうは思ってないぞ?」

    梓「いや、わかってますけど」ピピピ

    梓「あ、ちょっと待ってください」

    律「んー?」

    梓「充電が・・・」


    69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 23:21:51.43

    律「おう、了解」


    ピーピーピー、ガシャコン


    梓「もしもし?」

    律「ほいほい」

    梓「よかった、切れなかった」

    律「おう」

    梓「それで、さっきの話の続きですけど」

    律「だから、唯に直接私が聞くって話な」

    梓「えぇ。失敗したら怒りますよ?」

    律「あぁ、わかってるって。それにムギにもさっきのメールしてあるからさ」

    梓「知ってますよ。同時送信でしたもん」

    律「そそ。ムギなら何か知恵を出してくれるかもしれない」


    70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 23:22:59.15

    梓「ですね」

    律「ムギが何か他の方法を考えてくれたならそれでいくし、なけりゃ唯に直接聞く。どうだ?」

    梓「これ以上話しても埒があかないですしね、もうそれでいいです」

    律「おい、投げやりになるなー?」

    梓「投げやりじゃないですよ。ただ、こういうときにどうすればいいのかわからないだけです」

    律「んー、まぁ。正解があるなら楽なんだけどな・・・」

    梓「ないですよ、そんなの」

    律「わーかってるって」

    梓「それじゃ、そろそろ遅いので」

    律「だな。寝るか。寝坊するなよー?」

    梓「先輩だけには言われたくないです」


    71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 23:23:22.62


    律「ほーう?私には澪がついてるから大丈夫なんだよーだ」

    梓「起こしてもらってるんですか?ホント、子供ですね」

    律「う゛、た、たまにだ!」

    梓「そうですか。それじゃ、本当に寝ますね?」

    律「おう。おやすみな」

    梓「はい、おやすみなさい」


    ・・・

    ・・・



    72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 23:26:36.61

    次の日


    唯「りっちゃん!おはよう!」

    律「おう!ギリギリセーフだ!」ゼェハァ

    澪「お前のせいで私まで・・・」ゼェハァ

    紬「朝から走ってきたの?」

    律「んー?まぁ、ちょっとな」

    澪「家からここまで全力疾走だっただろ!」ガツン!

    律「いてぇ!!」

    和「全く。律、しっかりしなさいよ」

    律「へーい」

    澪「もう一発いこうか?」ニコッ

    律「いや、もう本当に心を入れ替えます!」


    73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 23:27:15.25

    澪「分かればよろしい」

    唯「・・・」ガスッ

    和「いったぁ!?」

    唯「和ちゃん、どうしたの?」

    和「どうしたの?じゃないわよ。今、蹴ったでしょう?」

    唯「ううん。私、和ちゃんの脛なんて蹴ってないよ」

    和「誰も脛なんて言ってないけど?」

    唯「あっそう。ごめんねーついね」

    和「何がついよ」ガスッ

    唯「いったい!!」

    和「ごめんなさいね、私も『つい』唯の頭の上に辞書落としちゃったわ」

    唯「・・・」イラッ

    紬「ほら、二人とも喧嘩しないで?」

    唯「う、うん」

    律澪「?」

    74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 23:29:29.64

    澪「おい、律」ボソッ

    律「なんだ?」ボソッ

    澪「唯のやつ、今ムギの言ったこと素直に聞き入れたぞ?」

    律「だな。どうしたんだろ」

    紬「りっちゃん、澪ちゃん」

    律澪「はい!?」

    紬「先生が呼んでたわよ。放課後、職員室に来なさい、ですって」

    律「えー?またかよー」

    澪「私、何も悪いことしてないのに・・・」

    和「きっと進路のことじゃない?」

    澪「だといいんだけど・・・」


    ・・・

    ・・・



    76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 23:33:55.18

    放課後


    律「で、かれこれ10分くらい待っても誰も来ないんだが?」

    澪「てっきりさわ子先生の呼び出しかと思ったんだけどな」

    律「知らないって言うんだからしょうがないだろ?」

    澪「私達を呼び出した先生、誰なんだろうな」

    「おまたせ」

    律澪「?」クルッ

    紬「ごめんね、待った?」

    律澪「ムギ!」

    紬「嘘ついてごめんなさい、二人に用事があったのは先生じゃなくて私なの」

    律「なんだ、そうだったのか」

    澪「それならそんな周りくどいことしなくてもよかったのに」

    紬「唯ちゃんには気づかれたくなかったから」

    律「唯に?・・・っていうことは、昨日のことだな?」


    77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 23:39:28.37

    紬「えぇ。そうよ」

    澪「何かいい案が思いついたんだな!?」

    紬「うーん・・・」

    澪「えっ何その微妙なリアクション」

    紬「方法を思いついたわけじゃないんだけど・・・」

    律「タンマ。梓も呼ぼうぜ?」

    紬「それはまずいわ」

    律「なんでだ?」

    紬「部室に誰もいなかったら怪しいでしょ?」

    律「え、そうかぁ?」


    78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 23:40:27.76

    紬「昨日、あんなことがなければそれでもよかったんだけどね・・・」

    澪「昨日、何があったんだ?」

    紬「とりあえず、場所を変えましょう?ここじゃ誰に聞かれるかわからないわ」

    律「だな。屋上でいいか?」

    紬「そうね、人も少ないだろうし」

    澪「よし、行こう」

    律「梓にはちょっと遅れるから唯の相手しといてくれってメールしとくよ」ピッ

    澪「ん。頼んだ」




    ・・・

    ・・・


    79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 23:44:15.36

    紬「屋上って素敵よね」ンー!

    澪「わかる、ちょっと風が強いけど」

    律「なぁ、これ登ろうぜ!」

    澪「ハシゴ?」

    律「おう!屋上の屋上だ!」

    紬「りっちゃんったら」クスクス

    律「なー、いいだろー?」

    澪「全く、しょうがないな」

    律「へへーん、一番乗りぃ!」ノボリノボリ

    澪「りつー」

    律「んー?」

    澪「パンツ丸見えー」

    律「んな!?///」

    紬「りっちゃんったら///」


    80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/08(日) 23:52:50.66

    律「見るな見るなー!///」

    澪「わかったから早く登れ」

    律「うー・・・///」

    澪「じゃ、次はムギd」

    紬「澪ちゃんどうぞ」ニコッ

    澪「」

    紬「ね?」

    澪「は、はい・・・ぱ、パンツ見るなよ!?」

    紬「それは約束できないわ」ウウフ

    澪「お願いだ、頼む・・・」ガタガタ

    紬「冗談よ」クスクス

    澪「んっしょっと・・・」ノボリノボリ

    81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 00:05:26.56

    紬「澪ちゃーん」

    澪「どーしたー?」

    紬「今日は黒なのねー!」

    澪「んな!?///」ズルッ

    律「うをぉ!?!?」ガシッ

    澪「・・・し、死ぬかと思った・・・」

    律「いいから、重い。早く登れよ・・・」ググ

    澪「お、重いだと!?あとで覚えてろ!」

    律「おほほほーそんなに怒っても怖くありませんわよー」

    澪「くっそぉ、この・・・」グッ

    律「げっ」

    澪「ムギが登り終わる前に何発いけるかな?」ニコッ

    律「お、お情けを・・・!」

    82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 00:08:42.30

    ガッツン!ゴスッ!

    紬「っと。うわー、ここが学校で一番高い場所なのね!」キラキラ

    律「いてててて・・・」

    紬「えっと」クルッ

    紬「大丈夫?」

    澪「あぁ、こいつなら大丈夫だよ」

    律「全然大丈夫じゃないし・・・」サスサス

    澪「さて」

    律「・・・だな」

    紬「うん」

    律「ムギ、昨日のメールは見てくれたんだよな?」

    紬「えぇ。そのあと色々あって返事できなかったの。ごめんね」

    律「いや、いいって。で、その『色々』っていうのは?」

    紬「あのね、昨日・・・唯ちゃんからメールがきたの」

    律澪「唯から?」

    83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 00:09:10.52
    なんかID変だな・・・

    84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 00:09:50.22
    >>81も自分のレスな

    86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 00:13:20.75

    紬「えぇ。昨日は自室に戻るのが遅かったからメールに気付いたのも遅かったんだけどね」

    澪「そうだったのか。それで?」

    紬「ケータイが光ってるから誰かからメールかな?と思って手に取ったら、またメールが来て・・・」

    律「すごいタイミングだな」

    紬「うん。それが唯ちゃんからのメールだったの。唯ちゃんのメール読んだあとにりっちゃんのメール読んだから、
    すぐにりっちゃんに連絡しようと思ったわ。・・・でも、出来なかったの」

    澪「・・・?」

    紬「唯ちゃんのケータイから電話があったから」

    律澪「!?」

    律「いや、ちょっと待て」

    紬「何?」

    律「唯のメールにはなんて書いてあったんだ?」

    紬「見る?」カチカチ

    澪「見ていいのか?」

    紬「うん、大丈夫だと思う。普通のメールだし」カチカチ


    88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 00:25:32.44

    律「そ、そうか」

    紬「はい」スッ

    律「・・・」

    澪「・・・」

    律「おい、無理って、何が無理なんだ?」

    澪「それもそうだけど、これ、和宛のメールじゃないのか?」

    紬「うん、間違って私に送っちゃったみたい」

    律「なんていうか、唯らしいな」

    澪「あぁ、でも・・・深刻そうじゃないか?」

    律「ムギ、唯から電話が来たんだろ?その内容は?」

    紬「りっちゃん、私はさっき『唯ちゃんのケータイから電話があった』って言ったわ」

    澪「どっちも変わらないじゃないか」

    律「・・・まさか」

    紬「そう、唯ちゃんのケータイから和ちゃんがかけてきてたの」

    律澪「え゛」

    89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 00:28:28.06

    律「で、でも・・・私がメール送ったのだって9時過ぎだぞ?」

    紬「私がメールに気付いたのは10時過ぎよ」

    律「えっと・・・その時間帯に二人が一緒にいたのか?」

    紬「唯ちゃんの家にいたみたい、唯ちゃんがお風呂に入ってる隙にかけてるって言ってたわ」

    澪「なんで和は自分のケータイからかけなかったんだろうな?」

    紬「そういえば、どうしてかしらね?それは聞かなかったけど・・・」

    澪「なんか意味深だなぁ」

    律「まぁまぁ。とりあえず、和はなんて?」

    紬「『唯が変なメール送ったと思うけど、気にしないでね』って感じかしら」

    律「いや、このメールは気になるだろ・・・」

    紬「えぇ。和ちゃん、ちょっと素っ気なかったの」

    澪「そうなのか?」

    紬「うん。それだけ言って電話切ろうとしたし・・・」

    律「そうなのか・・・でもこれは進展だな。唯と和の間に何があったのか」


    90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 00:32:13.67

    澪「でも和もちょっと冷静じゃない感じだよな。すぐに電話を切るなんて」

    紬「え?」

    律澪「え?」

    紬「確かにすぐに電話を切られそうにはなったけど、切られてはいないわよ?」

    律澪「え」

    紬「『このままだと切られちゃう!』って思ったから切られないように頑張ったの」ウフフ

    律澪(やるな、ムギ)

    律「でかした!それで?そのあとは?」

    紬「どうして喧嘩してるの?って聞いたんだけど、やっぱり喧嘩はしてないって」

    澪「えー?言ってること無茶苦茶じゃないか?」

    紬「確かにこれには理由があるけど、それは言えないって言われたわ」

    律「なんでそんな遠回りなんだよ」

    紬「きっと、唯ちゃんよ」

    澪「唯?」


    91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 00:39:38.39

    紬「えぇ。どうしても知りたいなら唯に聞いてちょうだいって言われちゃった」

    律「唯に、か・・・」

    紬「唯ちゃんが真相を教えてくれたら、和ちゃんも教えてくれるみたい」

    澪「・・・なぁ。それ、変だぞ」

    紬律「え?」

    澪「唯から真相を聞いたならわざわざ和に聞き直す必要なくないか?」

    紬「言われてみれば・・・」

    律「えっと、どういうことなんだ?」

    澪「もしかしたら、和の持ってる真相っていうのと、唯の持ってる真相って違うんじゃないか?」

    律「おい、ややこしいぞ」

    澪「だから、この件について唯の考えてることと和の考えてることは別かもって話だよ」

    律「へ?なんでそうなるんだ?」

    澪「あーもういい。律は黙ってて」

    律「んな!?わからないんだからしかたないだろ!?」


    94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 00:50:06.07

    紬「二人とも喧嘩しないで。でも、私も澪ちゃんの言うとおりだと思う」

    澪「だろ?ますますわからなくなってきたな・・・」

    律「あ、そういえば」

    澪「どうした?」

    律「私、さっきちょっ引っ掛かったんだよ」

    紬「どこに?ハシゴ?」

    律「いや、そういう意味じゃなくて。さっき、私に澪が『あとで覚えてろ』って言ったの、覚えてるか?」

    澪「あぁ、私が落ちそうになってたときだな?」

    律「そうそう」

    紬「それがどうかしたの?」

    律「ほら、あの二人も最近同じようなことよく言うじゃん」

    紬「確かによく聞くわね」

    澪「でも、それがどうしたんだよ」

    96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 00:56:43.22

    律「『あとで』なんて言ってるけど、あとっていつだ?」

    紬「・・・?」

    澪「律、もっとわかりやすく」

    律「だから、学校で盛大にやり合ってるのなんて昨日のビンタ合戦くらいじゃないか?」

    澪「ビンタ合戦って・・・」

    紬「でもそうね。なんかその『あとで覚えてろ』ってフレーズ、毎日聞いてる気がするけど・・・」

    律「だろ?もしかして、最近ずっと和は唯の家に通ってたんじゃないか?」

    澪「『あとで』っていうのは家に帰ってからってことか。可能性はあるな・・・でも、なんの為に?」

    紬「話せば話すほど謎が深まるわね・・・」

    律「わからん。やっぱり唯に直接聞いたほうがいいよ」

    紬「そう、その話なんだけど」

    律澪「?」

    紬「私に間違ってメール送っちゃったことは唯ちゃんにそのまま話すって」

    律「え?唯は自分で間違ったって気付いてなかったのか?」


    97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 01:01:21.67

    紬「そうみたい」

    澪「なんでだ?」

    紬「さぁ・・・。とにかく、私がそのメールに目を通してるってことは伝えるって言ってた」

    律「ふーん?」

    紬「その方が唯ちゃんに話をしやすいでしょ?って」

    澪「和的には唯に真相を聞いても問題ないってことか」

    紬「ううん、むしろ・・・」

    律「むしろ?」

    紬「私達に、突き止めて欲しいんだと思う」

    律「・・・」

    澪「・・・」

    律澪「なんだそれ」


    99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 01:04:49.38

    紬「和ちゃん、このことを誰かに相談したかったって言ってた。だけど、唯ちゃんのことを考えると誰にも言えなかったんだって」

    律「・・・和」

    紬「唯ちゃんが頑なに隠してるから、だからきっと和ちゃんもこのことを誰にも言えなかったんだと思う」

    律「うー・・・ややこしい・・・」

    澪「でも、ちょっと面倒だな・・・」

    紬「え?」

    澪「唯に事情を聞くのも一苦労だし、そのあと和からも事情を聞くんだろ?」

    律「だな。いっぺんに教えてくれりゃいいのに」

    紬「それは無理よ。きっととても繊細な問題なのよ」


    100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 01:09:59.95

    澪「だよな・・・それにそんな方法思い付かないし・・・」ハァ


    ガチャ・・・バタンッ


    律澪紬「!?」

    律「お、おい・・・誰か来たぞ?」ボソッ

    澪「だな・・・」

    紬「・・・」ドキドキ

    唯「ねぇ、和ちゃん?」

    和「何よ」

    律澪紬「!!!?!!?!?!?」

    律「唯!?」

    澪「と、和・・・!?」


    105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 01:22:00.76

    紬「二人ともラッキーよ!」

    律「なんでだよ!超ビックリした!」

    紬「しー!」

    澪「そ、そうか・・・!」

    律「あっ!なるほどな」

    紬律澪「このまま黙ってれば・・・!」

    澪「りつ!」

    律「なんだよ」

    澪「でかした」

    律「へ?」

    紬「そうよ!私達がここに登らなければ・・・!」

    律「あ、あぁ!そっか、こうやって話を聞ける状況は生まれなかったな」

    澪「本当は盗み聞きなんてよくないんだけどな・・・」

    紬「この場合はしかたないわよ。それに、ここで出てったら二人にも悪いでしょう?」

    律「そうそう。まぁ、これも計算のうちなんだけどな!」ヘヘーン

    106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 01:29:05.84

    澪「調子に乗るな」

    律「ちぇー」

    唯「昨日の話なんだけど・・・」

    律澪紬(!?)

    和「えぇ。どうしたの?」

    唯「私、間違ってムギちゃんにメール送っちゃったでしょ?」

    和「えぇ。そうね」

    律(二人でいるときはど突き合ったりしないんだな・・・)

    唯「それで『これはどういう意味?』って聞こうとしたムギちゃんから電話が来て・・・。
    私がお風呂に入ってたから和ちゃんが出たって、言ったよね?」

    和「えぇ、言ったわよ」

    唯「ケータイの通話履歴・・・着信履歴じゃなくて発信履歴の方にムギちゃんの名前があったんだけど?」

    和「・・・!」


    107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 01:38:55.07

    唯「これって、どういうことかな?」

    和「・・・誰かがムギに電話をかけたってことになるわね」

    唯「その誰かって、和ちゃんだよね?」

    和「・・・えぇ、そうよ」

    唯「あれ?辻褄が合わないよね?説明してよ」

    和「唯、お風呂に行く時に私にメールしたって言ったでしょ?」

    唯「うん」

    和「でもね、私・・・昨日はケータイを自分の部屋に忘れてきてたのよ」

    澪(それで唯のケータイからかけてきてたのか)

    唯「それは、知ってる。でも、私もあの時はちょっと慌ててて・・・しかも間違ってムギちゃんに送っちゃうし・・・」

    和「うん、私も忘れてるんだろうと思ったわ。(まさか間違ってムギに送ってるとは思わなかったけど)」

    唯「なんで、なんでそんなになんでもお見通しなの?」

    和「唯のことだから」

    唯「・・・そういう言い方ずるいよ、嫌い」


    109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 01:51:10.78
    >>108
    言ってません(´・ω・`)

    110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 01:51:31.37

    和「嘘おっしゃい。・・・唯がそんな簡単に私のこと嫌いになれたら、こんなことにはならなかった」

    唯「・・・」

    和「あのとき、唯が思い詰めたような顔で部屋を出てったから・・・」

    唯「うん」

    和「悪いとは思ったんだけど、勝手に唯のケータイ見せてもらったのよ」

    唯「そうなんだ」

    和「ごめんなさいね。でも・・・大げさかもしれないけど、遺言メールなんて嫌だから」

    唯「それは本当に大げさだよ」アハハ

    和「でも、それくらい暗い顔してたのよ?」

    唯「・・・そっか」

    和「ねぇ、唯?」

    唯「和ちゃん」

    和「な、何よ?」


    111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 01:54:30.12

    唯「ムギちゃんと、何の話してたの?」

    和「それは昨日言ったでしょ?」

    唯「でも、和ちゃん嘘ついてたじゃん」

    和「それはどっちが電話をかけたかって話だけ。勝手にケータイ見たとは言えなくて・・・ごめん。でも、内容に嘘はないわ」

    唯「でもさ」

    和「何よ」

    唯「今日、ムギちゃんから何も言われなかったよ?普通聞いてくると思わない?」

    和「・・・」

    紬(先にりっちゃん達に言わないとって思ってたけど、そうよね。考えてみれば不自然だわ)

    唯「・・・」

    和「ねぇ、唯」


    112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 02:00:05.58

    唯「なに?」

    和「私がこんなことを言うの、無神経だし、おかしいとは思うけど・・・」

    唯「?」

    和「ムギ達に、相談してみたらどうかしら」

    唯「へ・・・?なんて相談するの?」

    和「そ、それは・・・」

    唯「私は和ちゃんのことが好きで、でも和ちゃんは付き合ってくれませんって?」

    律澪紬「」

    律澪紬(ええええぇぇぇ!!?!?)

    和「・・・」

    唯「それとも、私は同性の幼馴染に恋心を抱いてしまうような頭のおかしい子ですって言えばいいかな?」

    和「唯・・・!」

    唯「何?事実じゃん」


    116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 02:10:39.35

    和「・・・」


    パシン!!


    律澪紬(!!?!?)

    和「いい加減にしなさい!!」

    唯「・・・」

    和「私は唯のことをそんな風に思ってないわ!唯がそうやって腐るのは勝手だけど、私の気持ちを歪曲して解釈しないで」

    唯「・・・ばか」

    和「この間も言ったでしょ?気持ち悪いなんて思ってないし、頭がおかしいとm」

    唯「それ以上言わないで!」

    律(唯のこんな声、初めて聞いたぞ・・・)

    唯「それ以上、言わないで・・・お願い、和ちゃん・・・!」

    和「唯・・・」

    唯「私、もう、無理だよ・・・」


    117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 02:17:31.59

    和「・・・」

    唯「人を好きになるって・・・こんな苦しいことだと思わなかったよ・・・」

    和「唯、泣かないで」

    唯「和ちゃんが抱き締めて撫でてくれたら泣きやむよ・・・」

    和「馬鹿なこと、言わないで」

    唯「・・・なんで、なんでこうなっちゃったのかなぁ」

    和「唯・・・」

    唯「和ちゃん、好き」

    和「・・・うん」

    唯「ごめん」

    和「・・・うん」


    118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 02:27:16.46

    唯「和ちゃんが他の子と一緒にいるのが嫌、話してるのも嫌、私じゃない誰かを見てるのも嫌」

    和「・・・」

    唯「でもね、一番嫌なのはそんな些細なことで苛立ったり嫉妬したり和ちゃんに八つ当たりしてる自分なんだ」

    和「唯」

    唯「こんなの私じゃないよ・・・!」

    和「唯ってば」

    唯「な、なに?」

    和「いい?恋をすると誰だって自分を見失ったり、知らない自分を知ったりするの。それはおかしいことじゃないわ」

    唯「そんな、テレビで言ってるようなことはどうでもいいよ」

    和「・・・」

    唯「もういい。私、部活行く」

    和「ねぇ、唯」

    唯「・・・なに?」

    和「・・・」

    唯「ねぇ、今呼び止めたよね?」

    119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 02:33:02.01

    和「・・・なんでもないわ」

    唯「気になるよ」

    和「・・・」


    ピロピロピーン♪


    和唯律澪紬「!!!?!?!?!!?」

    澪「おい!今の音!」

    和「誰かいるの!?」

    律「わわわ!!」アタフタ

    紬「りっちゃん!?」

    律「梓からメールだ!タイミング悪いっつの!」

    澪「悪いのはタイミングじゃなくて音を切っておかなかったお前だ!」

    律「あーあー私が悪かったよ!」

    和「ちょっと、あんた達!そこに居るの!?」

    律澪紬「ぎっくぅ!!」

    121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 02:43:22.53

    唯「誰かいるの!?」

    律「どどどどどどうする!?」

    澪「どうするったって・・・」

    紬「こうなったら仕方ないわ」

    律「あ、あはははー」ヒョコッ

    和「律!」

    律「え、えーと・・・ごめん。盗み聞きするつもりはなかったんだ」アハハ

    澪「そ、そうそう。私達が屋上で話してたら和達が・・・な?」ヒョコッ

    唯「澪ちゃん!?」

    紬「そうなのよ。悪いとは思ったんだけど・・・」ヒョコッ

    和「ムギまで!?」



    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 02:45:01.33

    律澪紬「・・・ごめんなさい」

    和「いえ、いいのよ。私達があとから入ってきたんだし」

    唯「・・・」

    律「唯、怒ってる、よな?」

    唯「・・・ううん」

    澪「本当にごめん」

    唯「いいよ」

    紬「本当に?」

    唯「・・・うん」

    和「唯?」

    唯「ごめん、私・・・もう帰る」ダッ

    和「えっ、ちょっと」

    律「おい!唯!」ダッ

    澪「待てよ」ガシッ


    124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 02:47:22.50

    律「なんだよ!唯、帰っちゃうぞ!?」

    紬「りっちゃん、今はそっとしておいてあげましょう?」

    律「・・・だな。その方がいいな」

    澪「うん。そういえば、梓はなんて?」

    律「あ、そうだった。忘れてた」ピッ

    律「・・・」

    紬「どうしたの?」

    律「『なんで誰も来ないんですか?今日部活無しでしたっけ?私、帰りますね』だとさ」

    澪「うわ」

    紬「これは、ちょっと、タイミング悪かったわね・・・」

    律「全く・・・」

    紬「さて、と」


    125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 02:49:22.48

    澪「どうしたんだ?」

    紬「和ちゃん、事情を聞かせてもらえるかしら?」

    律澪「!」

    律「そ、そうだよな。私達は唯が何を考えてるか、知ったんだし・・・」

    澪「次は和の番、か」

    和「えぇ・・・そうね」

    紬「でも、唯ちゃんが和ちゃんのことを好きだとすると・・・」

    律「簡単には解決しなさそうだな」

    澪「あぁ。それに、唯が和に暴力を振るう理由はなんとなくわかったけど・・・和がやり返す理由はまだわからない」

    和「・・・いいわよ。私は何を考えてるのか、どうしてこうなったか、全部教えてあげる」


    126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 02:51:05.55
    もー無理、限界

    寝る、残ってたら書く
    明日は夜にならないと来れないから落としてくれて構わない

    184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 22:25:41.18
    遅くなった、今帰ってきた

    187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 22:33:05.54

    律「・・・」ドキドキ

    澪「・・・」ドキドキ

    和「ただ、その前に一つだけ約束をして欲しいの」

    紬「約束?」

    和「えぇ。私がこれから言う事、唯には教えないで欲しいの」

    律「お、おう?」

    和「いい?」

    澪「わ、わかったよ」

    和「絶対よ?」


    188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 22:34:55.46

    律「あー!もう!勿体ぶるなよ!絶対に言わない!約束するよ!」

    澪「私も!」

    和「本当に?」

    紬「・・・信用できない?」

    和「そんなことないわよ。ただ、念を押してるだけ」

    律「任せとけ、口は堅いぞ」

    和「・・・あれは、2ヶ月くらい前のことだった」


    ・・・

    ・・・




    190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 22:45:00.88

    帰り道


    唯「はぁ・・・」トボトボ

    唯(なんでこんなことになっちゃったんだろう)

    唯(みんなにバレちゃったな・・・)

    唯「明日からどんな顔してみんなに会えばいいんだろう・・・」

    梓「普通に会えばいいじゃないですか」

    唯「うわぁ!!?」

    梓「お疲れ様です。急に後ろから声かけちゃってすみません」

    唯「いいいいいんだけど、ちょっと、びっくりした、かなー?」ドキドキ

    梓「なんか変ですよ?」

    唯「そ、そう・・・?」

    梓「そういえば」

    唯「どうしたの?」


    192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 22:53:18.40

    梓「今日って部活休みなんですか?」

    唯「え?そんなこと・・・って、あ」

    梓「どうしたんですか?」

    唯「当たり前だけど、誰も部室に来なかったよね・・・?」

    梓「えぇ。律先輩にメール送っても返って来ないですし」

    唯「あ、あはは・・・(みんな屋上にいたなんて言えない・・・)」

    梓「全く、部活が休みならそうと前日にでも教えて欲しいです。・・・あ、あと。口大丈夫ですか?」

    唯「だよねー・・・え?口?」

    梓「はい。昨日切ってたじゃないですか」

    唯「あれかー。うん、大丈夫だよ。ちょっと切っただけだから」

    梓「ならいいんですけど・・・程々にしてくださいよ」

    唯「うん、心配かけてごめんね」

    梓「心配かけてるってわかってるならあんなこと、もう止めて下さいよ」

    唯「うーん・・・」アハハ


    194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 22:55:25.56

    梓「笑って誤魔化そうたってそうはいきませんよー?」

    唯「えー?あずにゃんには敵わないなー」

    梓「もうあんなことしないって指切りしてください」スッ

    唯「・・・」

    梓「ほら、唯先輩?」

    唯「・・・うーん、ごめん」

    梓「え?」

    唯「それは、無理」

    梓「どうして、ですか?」

    唯「そっか。あずにゃんは知らないんだもんね」

    梓「?」

    唯「もう、いいよ。教えてあげる。あずにゃんだけ知らないなんて可哀相だもん。いっぱい心配かけちゃったし」

    梓「それって、和先輩とのことですか?」

    唯「・・・うん」


    195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 23:00:31.55

    唯「・・・うん」

    梓「実はって、言わなくてもわかってると思いますけど」

    唯「?」

    梓「私、ずっと気になってました」

    唯「うん」

    梓「でも、唯先輩は何があったか隠してるみたいでしたし、和先輩がいないときは普通でしたし・・・ずっと聞けずにいました」

    唯「ん、そだね。それがね、笑っちゃうような理由なんだよ」

    梓「やっぱり喧嘩なんですか?」

    唯「・・・ううん。もっともっと子供じみた理由。私みたいな人のこと、滑稽っていうのかな」

    梓「そんな・・・!どんな理由でも笑ったり馬鹿にしたりしませんよ」


    196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 23:05:33.14

    唯「そっか、ありがと。・・・引いたりもしない?」

    梓「え?」

    唯「すごい子供っぽいんだけどね、子供じゃこんなこと考えないと思うんだ」

    梓「・・・?」

    唯「私がもっと子供だったら、何か違ったのかな」

    梓「せん、ぱい?」

    唯「私がもっと大人だったら、何か違ったのかな・・・」

    梓「何があったんですか?」

    唯「私ね、和ちゃんが・・・好きなんだ」

    梓「えぇ。最近は叩き合ってますけど、やっぱり基本的には好きってことですね?」

    唯「いや、そういう意味じゃなくてね」

    梓「・・・えっ」

    唯「わかった?」

    梓「え、うそ・・・」


    198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 23:10:07.76

    唯「ごめんね。やっぱり引いちゃった?」

    梓「い、いえ。引いてなんていないです。ただ、ちょっとビックリしただけです」

    唯「本当に?」

    梓「本当ですって」

    唯「信じるよ?」

    梓「100%の信頼を寄せてください」

    唯「なにそれ」ケラケラ

    梓「って、ふざけてる場合じゃないですよ。えっと。確認しますけど、好きっていうことは・・・」

    唯「うん、『そういう意味で好き』なんだ」

    梓「手繋いだり、ハグしたりしたいんですか?」

    唯「そうだよー?」

    梓「でもそれって普段私にしてることと変わらなくないですか?」

    唯「えっとね、和ちゃんとはキスもエッチもしたいんだ」

    梓「わお」

    唯「あー、今絶対引いた」

    199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 23:14:29.72

    梓「引いてませんよ!ただ・・・」

    唯「ただ?」

    梓「普段あまりこういう話しないんで慣れてないんです・・・///」

    唯「そっか、私もこんなこと誰かに言ったの初めてかも」

    梓「ですよね。唯先輩がそんな話してるところ、想像できないです」

    唯「今してるけどねー」アハハ

    梓「そ、そうですね///」

    唯「あずにゃん顔赤いよ?」

    梓「うっ゛。あの、先輩・・・」

    唯「ん?どしたの?」

    梓「それと和先輩を叩いたり蹴ったりすることと、何の関係があるんですか?」

    唯「あ、話の本題はそこだったね」

    梓「そうですよ。危うく聞きそびれちゃうところでした」


    201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 23:23:19.06

    唯「うーんとね」

    梓「はい」ドキドキ

    唯「簡単に言うとね」

    梓「えぇ」ドキドキ

    唯「和ちゃんに・・・嫌われたいんだ」

    梓「」

    梓「・・・はい?」

    唯「だから、和ちゃんに」

    梓「いや、聞こえてはいたんですけど、その・・・意味がわからなくて」

    唯「・・・私、このままじゃ駄目なんだよ」

    梓「唯先輩、ちゃんと聞いてますから。順を追って話してください」

    唯「純ちゃん・・・?えっと」

    梓「あ、いや。純は追わなくていいです。順番にわかりやすく話してください」

    唯「あっ、そういうことか。うん、頑張ってみる」


    204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 23:41:22.09

    梓「まず、唯先輩は和先輩が好きなんですよね?」

    唯「ん」

    梓「でも、嫌われたいんですか?」

    唯「そう」

    梓「えっと・・・」

    唯「どうしたの?」

    梓「知恵熱が出そうです」

    唯「ごめんね、私説明とかあまり上手じゃないから・・・」

    梓「なんで嫌われたいんですか?」

    唯「・・・辛いから」

    梓「辛い?」

    唯「うん。和ちゃんは私と付き合えないって言うけど、関係は私が告白する前のそれと一緒。
    つかず離れずの距離感が、今の私にはすごく辛いんだよ」

    梓「」

    唯「あずにゃん?」


    205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 23:52:31.10

    梓「告白したんですか!?」

    唯「あれ?言ってなかったっけ?」

    梓「聞いてないです!それすごい重要ですよ!」

    唯「えっと、ごめんね?」

    梓「でも、今の説明でちょっとわかりました」

    唯「ほんと?」

    梓「えぇ。唯先輩の気持ちも少しわかる気がします」

    唯「そっか、伝わってよかった」

    梓「でも暴力は駄目です」

    唯「だよね」


    206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/09(月) 23:59:38.39

    梓「それに、和先輩に嫌われたら・・・唯先輩は悲しくないですか?辛くないですか?」

    唯「うん。でもね、私がそういう風に苦しむのは和ちゃんを好きになったときから決まってたんだよ」

    梓「・・・」

    唯「結ばれるわけ、ないもんね」

    梓「そ、そんなことは・・・」

    唯「あずにゃん、気休めはいいよ。一番よくわかってるのは私だから」

    梓「すみません・・・」

    唯「和ちゃんは私とは付き合えないって言った。これからも友達でいたいって言ってくれた」

    唯「最初はそれが嬉しかった。だけどね」

    梓「次第に、その距離が辛くなったんですか?」

    唯「うん・・・。私のことを好きになってもらうのは無理。触れられる距離に居るのに見てるだけっていうのも限界。
    だから、私は和ちゃんに嫌われようと思ったんだ」

    梓「でも、叩いたりするのは・・・」

    唯「昔、和ちゃんが言ってたんだ。『暴力は知恵を持たない浅はかな人のすること』って」

    梓「そうなんですか」

    212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 00:21:42.67

    唯「うん、和ちゃん。人を傷つけたりすることが大嫌いだから」

    梓「・・・でも、和先輩も唯先輩にやり返してるじゃないですか」

    唯「それは私が度を越してるからだと思う。しかたないよ」

    梓「そうですか・・・(そうかな?)」

    唯「とにかく、和ちゃんが嫌いなことしたら、私のこと嫌いになるかなって。そう思ったんだ」

    梓「それにしても極端です」

    唯「うー、あずにゃんがいじめる・・・」

    梓「いや、いじめてませんけど」

    唯「あずにゃん、なんか素っ気ないねー?」

    梓「私の勘違いだったらごめんなさい」

    唯「何?」

    梓「今の話してて、辛くなかったですか?・・・無理、してません?」

    唯「え?どうかな・・・」

    梓「生意気かも知れませんけど、言わせてください。・・・泣いてもいいですよ」


    213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 00:27:15.07

    唯「へ?や、やだなぁ、そんな、あはは・・・」

    梓「後輩だから、頼りないですか?」

    唯「そ、そんなこと、ないよ・・・」

    梓「唯先輩」

    唯「あずにゃん、やめてよ・・・」グスッ

    梓「ちょっと背低いけど、和先輩だと思って、抱きついても・・・」

    唯「・・・」

    梓「ごめんなさい、不謹慎でしたよn」


    ダキッ


    梓「!!?」

    唯「・・・」ギュー

    梓「・・・せ、せんぱ」

    唯「和ちゃん、和ちゃん・・・!」

    梓「・・・ゆい(先輩)」ヨシヨシ

    214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 00:29:21.76

    唯「りっちゃん達にもバレちゃったし・・・明日からどんな顔して会えばいいの・・・?」

    梓「」

    梓「さっき言ってたの、そういう意味だったんですか?」

    唯「うん、屋上で、和ちゃんと、話してるの・・・聞かれちゃったんだ・・・」

    梓「そう、だったんですか・・・」

    唯「私ね、和ちゃんに告白して、和ちゃんの反応を見て・・・初めて気付いたんだ」

    梓「・・・?」

    唯「私が、思っていたよりも、同性愛はおかしいことなんだって・・・」

    梓「そんな・・・」

    唯「だから、みんなには、気付かれ、ないように・・・いつも通り、頑張ったんだよ・・・?」

    梓「・・・うん」


    216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 00:38:33.62


    唯「でもね、それを褒めてくれる人は、いなかったんだ・・・」

    唯「誰にも言えなくて・・・つらくて・・・」

    唯「和ちゃんと一緒にいたくて・・・だけど、嫌いになって欲しくて・・・」

    梓「ゆい」

    唯「・・・早く嫌いになってよ。私に和ちゃんのこと、諦めさせてよ・・・」

    梓「よく、頑張ったね」

    唯「う・・・うああぁぁぁぁぁぁん!!」


    ・・・

    ・・・


    218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 01:00:21.53

    和「私が唯に告白されたのは」

    律「そんなに前だったのか」

    澪「全然気づかなかった・・・」

    紬「唯ちゃん、無理してたのね・・・」

    和「私は・・・もちろん断ったわ」

    澪「待て、『もちろん』なんて言い方しなくてもいいじゃないか」

    和「だってあり得ないわよ。同性愛なんて」

    律「さっきは唯に『頭おかしいなんて思ってない』って言ってただろ」

    澪「そうだ。あれは嘘だったのか?」

    和「ちょっと待って。それとこれとは話が別よ」

    紬「どう別なの?」

    和「私は一般論を述べただけよ」

    紬「一般論なんて関係ないと思うの」


    221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 01:04:14.58

    和「とにかく。唯は、勘違いしてるだけよ」

    律「・・・は?」

    和「ずっと一緒にいたから、そう思ってるだけ」

    律「私が言うのもなんだけど、唯もそこまで子供じゃないと思うぞ」

    和「私は、唯には真っ当な道を歩んで欲しいと思ってるわ」

    澪「・・・」

    和「今は辛いかもしれないけど、いつかきっと」

    澪「もういい」

    和「な、なによ」

    澪「いつかって、いつだよ」

    和「そんなのわからないわよ」

    澪「だよな。そんな先の見えない『いつか』を、今の唯が望んてると思うか?」

    和「・・・」

    澪「それと、今の話し方で気付いたんだけど」


    222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 01:10:20.38

    和「何かしら」

    澪「一般論とか、そういうのは置いといて。和の気持ちはどうなんだ?」

    律「・・・!そうだぜ、和は唯のことどう思ってるんだよ」

    和「それは・・・」

    紬「答えて、和ちゃん」

    和「私だって、唯のこと、好きよ」

    律澪「・・・!!」

    澪「じゃあ、どうして」

    和「言ったでしょう?唯にそんな日陰者としての人生を歩ませたくないの」

    律「でも・・・!」

    和「何?私に『お前の考え方はおかしい』なんて言える?」

    律「・・・」

    和「どうなの?」

    律「言えない、な」


    223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 01:16:16.92

    澪「唯にはなんて言って振ったんだ?」

    和「最初は『馬鹿なこと言ってないで勉強するわよ』、って言ったわ」

    律「うわ」

    和「そのあとも、『ねぇ、冗談じゃなくて』『恋愛対象として』なんて食い下がられたけど」

    澪「それに対してはなんて答えたんだ?」

    和「馬鹿なこと言ってないで勉強するわよ、って言ったわ」

    律「うわぁ・・・」

    澪「なんていうか、唯が可哀相だな・・・」

    和「冗談よ。ちゃんと断ったわ」

    澪「この状況で冗談か、笑えないぞ」

    和「ごめんなさい。程良くふざけてないと、泣きそうなの」

    澪「そ、そっか・・・」

    律「和・・・」


    226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 01:18:19.35

    紬「その後は?私達が二人の叩き合いに気付いたのは大体一ヶ月くらい前よ?」

    和「しばらくは何も変わらない日々が続いたわ。全部、今まで通りののんびりした毎日だった」

    和「でもね、ある日突然唯が私をつねってきたのよ」

    律「それが始まりだったのか」

    和「だから私はやりかえしたわ」

    澪「和って結構過激なんだな」

    律「それをお前が言うか」

    澪「・・・」ゴンッ

    律「~~~!」

    和「友達としてこれからも一緒にいるって言ったから。唯の冗談にはとことん付き合おうと思ったの」

    紬「でも、それって冗談なのかしら・・・」

    和「違うわよ。きっと、唯は私に嫌われたいんじゃないかしら」

    律「唯・・・」


    228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 01:24:16.52

    和「唯はつかず離れずの距離感に耐えきれなくなったんだと思う」

    和「それで、私が暴力は嫌いだって、唯は知ってる筈だから」

    律「そうだよな、暴力が好きなヤツなんていないよな」チラッ

    澪「私の方を見るな」

    紬「でも、唯ちゃんの気持ちに気付いてるなら・・・」

    和「私も唯が好きだもの。嫌いになんてなれないわ」

    律「じゃあ・・・!」

    和「付き合うことは出来ない」

    澪「・・・」

    和「でも・・・一方的に突き放すことも出来ない。一番我侭なのは私なのよ」

    澪「もう、一体どうしたらいいんだよ・・・」

    和「それは、私にもわからないわ。でもね」


    229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 01:33:21.76

    律「なんだ?」

    和「最近、唯と叩き合うのも楽しくなってきたのよね」

    澪「それは多分おかしい」

    律「感覚が麻痺してきてるんじゃないのか?」

    和「かもしれないわね」

    紬「あ、そういえば」

    和「何?」

    紬「昨日のこと、まだ聞いてないわ」

    和「昨日?あぁ、昨日ね」

    律「そ、そうだよ!和は唯の家にいたんだよな?」

    和「そうよ。というか最近は毎日唯の家に行ってるわ」

    澪「勉強なんだろうけど、お互いに辛そうだな」

    和「えぇ、そりゃもう。でも、お互いに今までの流れを変える理由はないのよ」

    律「そっか。相思相愛なんだもんな、和達」


    231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 01:36:57.67

    和「うん。それでも距離を取った方がいいのはわかってるけど、お互いに甘えちゃうのよね」

    澪「一緒にいたいとか言うのか?」

    和「まさか。暗黙の了解ってやつかしら。そのことを口に出しちゃうと、やっぱり会わないように
    するしかないじゃない。だから、私も唯も勉強会のことは話題にしないのよ」

    律「なるほどな。ホント、付き合っちゃえばいいのにな」

    和「何度も言わせないで。それは無理よ」

    澪「でも、それにしてはやってることが中途半端じゃないか」

    和「・・・」

    紬「付き合えないなら、諦めさせてあげることも時には大事だと思うの」

    和「それは・・・」

    律「このままエスカレートして、叩き合いが殴り合いになってもいいのか?」

    和「さすがにグーはないわよ、きっと」

    澪「勝手なこと言うけどさ。この状況で和のことを諦められるほど、唯は大人じゃないと思う。
    それは和が一番わかってるんじゃないか?」

    和「・・・えぇ」


    232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 01:45:43.92

    澪「離れていきそうになったら『友達だから』と言って繋ぎ止めて、
    近寄ってきたら『同性だから』と言って突き放す。あんまりだよ」

    和「澪の言う通り、ね」

    澪「昨日の唯のメール、見たんだろ?」

    和「・・・『私、もう無理だよ』でしょ?」

    紬「そう。このままじゃダメよ。結論を出さないと」

    和「・・・嫌よ」

    律「っ!」

    澪「おいっ!」

    和「離れたくないの、でも・・・付き合えないの」

    紬「でも、それは和ちゃんの勝手だわ」

    和「わかってるわ、そんなこと」

    律「あああぁぁ!!!もう!」

    和澪紬「!!?」

    律「いい加減にしろ!私は帰るぞ!」


    235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 01:56:05.82

    澪紬「え!?」

    律「ほら、行くぞ。澪」

    澪「え、ちょっと待てよ」

    律「待たない。ほら」グイッ

    澪「手引っ張るなよ、痛い痛いって!」

    律「それじゃな」ガチャ


    バタンッ


    紬「・・・行っちゃった」

    和「律、こういう話苦手そうだものね」

    紬「そうね。例えば、澪ちゃんがりっちゃんに告白して、りっちゃんも澪ちゃんのことが好きだったとしたら・・・」

    和「したら?」

    紬「りっちゃんは澪ちゃんと付き合うと思うの」

    和「あー・・・っぽいわね」


    236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 02:07:47.97

    紬「どうしてかわかる?」

    和「それは、性格の問題じゃない?」

    紬「それもあると思う」

    和「じゃあ、律は常識に囚われないとか?」

    紬「そうじゃなくて。りっちゃんは、自分達が二人ぼっちじゃないって、きっと知ってるから」

    和「二人ぼっち・・・?昔、そういう曲あったわよね」

    紬「曲の話じゃなくて。さっき日陰者なんて言ってたけど、そうとは限らないじゃない」

    和「そうかしら」

    紬「そうよ。もっと周りを見て」

    和「周り・・・?」

    紬「ごめんね、わかりにくいアドバイスで」

    和「い、いいえ、ありがとう・・・?」

    紬「どういたしまして」ニコッ


    237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 02:10:35.39

    和「でも、やっぱり同性同士で付き合うなんて・・・。付き合ってるって隠さなきゃいけない場面もたくさんあると思うの」

    和「胸を張って好きな人を好きって言えないなんて、可哀想じゃない」

    紬「好きな人と結ばれない方がよほど可哀想だと思うわよ?」

    和「うっ・・・」

    紬「逆に」

    和「?」

    紬「付き合っているのを隠している恋人同士なんて、同性に限らずたくさんいるわ」

    和「それとこれとは話が別よ」

    紬「そうね、私が言ってるのは屁理屈ね」

    和「・・・」

    紬「私達もそろそろ帰りましょう?」

    和「そうね、陽が沈んできたわ」

    紬「あ、あと最後に一つ」

    和「なに?」

    紬「さっきの約束、私は返事してないから」

    238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 02:21:21.50

    和「・・・?」

    紬「約束は不成立ってことでいいわよね?それじゃ、また明日ね」ガチャ


    バタンッ


    和「約束・・・?」

    和「返事をしていない?」

    和「どういうことかしら・・・」

    和(約束、約束、やくそく・・・)

    和「・・・!?」

    和「まずい・・・!」ダッ


    バタンッ!


    ・・・

    ・・・


    239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 02:25:27.47
    寝る
    完結させようと頑張ったけど駄目だった・・・
    保守してくれた人には悪いと思ってる

    明日も帰りが遅い
    残ってたら書くけど、今度こそマジで落としてくれていい
    そんじゃ、おやすみ

    314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 21:47:12.76
    今帰ってきた
    残ってるとは思わなかった、保守サンクス
    とりあえず飯食う

    321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:42:29.48

    梓「それじゃ」

    唯「うん、また明日ね」

    梓「はい」

    唯「・・・あずにゃん」

    梓「呼びました?」

    唯「今日は、本当にありがとう。それと、なんかごめんね」

    梓「何言ってるんですか。謝らないで下さい」

    唯「えへへ、ごめん」

    梓「ほら、また」

    唯「う、うん」

    梓「それじゃ、本当に帰りますね?」

    唯「うん!ばいばい!」

    梓「はい、お疲れ様でした」ペコッ


    323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:47:31.12

    梓「・・・」テクテク

    梓「・・・」

    梓「はぁ・・・」

    梓(唯先輩が苦しんでたなんて・・・全然気づけなかった)

    梓(毎日顔合わせてたのに、私は唯先輩の何を見ていたんだろう)

    梓「なんか、悔しいな・・・」

    梓(異変に気付けなかったことも、唯先輩が幸せになれないことも、全部)

    梓「好きだから嫌われたい、か・・・」

    梓「はぁ・・・」

    「梓ちゃん?」ポンッ

    梓「ほわぁ!?」

    「ご、ごめんね?そんなにビックリすると思わなくて」アハハ

    梓「憂!?どうしてこんなところに?」

    憂「どうしてって、お買い物だよ?」

    梓「そ、そっか・・・」

    324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 22:58:21.84

    憂「何考えてたの?」

    梓「えっと、へ?」

    憂「実は結構前から気付いてたんだけど、考え事してるみたいだったから声掛けられなくて」

    梓「あぁ、そうだったんだ。ちょっとね」

    憂「ちょっと?」

    梓「・・・あ!」

    憂「え、なに?」

    梓(そうか、憂は確か事情を知っているハズ・・・)

    憂「あずさちゃーん?」

    梓「ねぇ、憂?」

    憂「なあに?」


    ・・・

    ・・・


    326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 23:09:16.01

    紬「・・・」タッタッタッ

    紬「はぁ・・・はぁっ」

    紬(和ちゃんには悪いことしちゃったわ・・・)

    紬(でも・・・)

    紬「このままじゃ駄目よ、絶対・・・!」


    プルルルル


    紬「・・・」タッタッタッ


    プルルルルル・・・


    紬「・・・」タッタッタッ


    プルルルルルルル・・・!



    327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 23:13:14.10

    プルルルルルル・・・!!


    ピッ


    斉藤「お嬢様、本日は」

    紬「あとにして!」

    斉藤「・・・ですが」

    紬「お願い・・・!」

    斉藤「・・・わかりました、失礼致します」


    プツッ


    紬(私の足が、もっと早ければ・・・)タッ



    ・・・

    ・・・


    329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 23:38:20.14


    梓「あのさ、聞きたいことがあるんだけど・・・」

    憂「もしかして・・・お姉ちゃんと和さんのこと?」

    梓「!?」

    憂「そう、みたいだね」

    梓「うん・・・さっきね、唯先輩から聞いたんだ」

    憂「そっか。お姉ちゃん、やっと打ち明けられたんだね」

    梓「うん。・・・なんていうか、恋愛って難しいね」

    憂「・・・うん、そうだね」

    梓「憂は、どこまで知ってるの?」

    憂「どこまでかなんて、わからないよ」

    梓「例えば、和先輩の気持ちとか」

    憂「和さんの?」


    330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 23:39:18.84

    梓「うん。さっき唯先輩になんで和さんを叩いたりする理由も聞いたんだ」

    憂「そっか」

    梓「嫌われたいからって言ってた」

    憂「うん」

    梓「和先輩は、どうしてやり返すのかな。唯先輩は『あそこまでされたらいくら和ちゃんでも』
    なんて言ってたけど・・・私はそこが引っかかるんだ」

    憂「梓ちゃん・・・」

    梓「なに?」

    憂「結構、鋭いね」

    梓「・・・!」

    憂「梓ちゃん、好きだよ」


    332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 23:48:50.04

    梓「・・・え?何?いきなり」

    憂「あ、そういう意味じゃないよ?」

    梓「そ、そう?ビックリした・・・」

    憂「お姉ちゃんのことを真剣に考えてくれる人はみんな大好き」

    梓「うん」

    憂「だから、お姉ちゃんを振った和さんも、大好き」

    梓「な、なんで?」

    憂「和さんもね、お姉ちゃんのこと・・・好きなんだよ」

    梓「ちょっと、話が見えないよ。どういうこと?」

    憂「だからね、和ちゃんもお姉ちゃんのこと、そういう意味で好きなんだよ」

    梓「」

    梓「ごめん、ついていけない」


    334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/10(火) 23:56:28.68

    憂「でも、同性と付き合うなんて・・・色々と都合が悪いでしょ?」

    梓「そ、そりゃ、そうだけど・・・」

    憂「だから和さんは身を引いたの。だから、私は和さんも大好き」

    梓「・・・難しいよ、憂」

    憂「和さんがお姉ちゃんに仕返しするのは、二人の距離感を失わないようにするためだと思う」

    梓「・・・ホント、難しい」

    憂「うん、色々と和さんも複雑なんだよ、きっと」

    梓「でも、唯先輩は和先輩に嫌われたいんでしょ?和先輩はそれを」

    憂「知ってるよ。でも、和さんもお姉ちゃんが好きだから。結局、思い切り突き放すことなんて出来ないんだよ」

    梓「・・・」

    憂「どうしたの?」

    梓「頭痛くなってきた」

    337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:01:07.63

    梓「むしろ頭痒くなってきた」

    憂「ささちゃん?」

    梓「ちょっと寝るね」

    憂「考えることを放棄しないよー?・・・でも、意味わからないでしょ?」

    梓「うん。全く。さっぱり」

    憂「だよねー」アハハ

    梓「うんっ」アハハー

    憂「あっ、もうこんな時間!私行かないと!」

    梓「えっと、また明日ね」

    憂「うん!気をつけてね!」バイバーイ!

    梓「・・・」

    梓「えぇぇ・・・?」


    ・・・

    ・・・


    339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:06:50.22

    律の家


    律「はぁ・・・」

    澪「りつ」

    律「なんだよ」

    澪「機嫌直せよ」

    律「・・・」

    澪「ねぇ」

    律「別に、怒ってるわけじゃないって」

    澪「そうか?」

    律「おう。ただちょっと、理解出来ないだけ」


    340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:12:05.70

    澪「・・・」

    律「唯と和、相思相愛なんだろ?」

    澪「みたいだな」

    律「じゃあ付き合えばいいじゃんか」

    澪「それは世間体とか・・・和もさっき言ってたろ?」

    律「でも、和が唯を手放せないなら、乗り越えるしかないんじゃないか?」

    澪「お前は当事者じゃないからそんなこと言えるんだよ」

    律「・・・」

    澪「私には和の気持ちが痛いくらいにわかる」

    律「へ?だってお前、さっき」

    澪「りつ」

    律「なに」

    澪「同性に恋をして一番辛いこと、なんだかわかるか?」


    343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:18:07.87

    律「(急に話が飛んだな・・・)だから、周りの目とか。馬鹿にされたりそういうのが」

    澪「そうだけど、そうじゃない」

    律「はぁ?・・・じゃあわかんねぇよ」

    澪「普通の人はつかなくていいような、色んな嘘をついて生きていかなきゃいけないこと、それが一番辛いことだと思う」

    律「ま、まぁ確かに、なんとなくわかるけど・・・嘘って、どっからそんな話が出てきたんだよ」

    澪「だから、さっきは中立の立場で和の話を聞いてたけど・・・」

    律「なんだ?澪が嘘ついていたっていうのか?」

    澪「・・・」

    律「おい、なんとか言ってくれ」

    澪「唯と和には、上手くいって欲しい・・・」ボソッ

    律「うん、それは私も同じだ」

    澪「そうすれば、私の恋にも少し、希望が見える気がするんだ」

    律「・・・はい?」


    347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:28:04.85

    澪「私は・・・中立なんかじゃない。思いっきり偏ってるよ」

    律「え・・・?偏ってるって、どういう意味だ?」

    澪「だから、和に肩入れしてるんだよ」

    律「えと・・・え?」

    澪「りつ」

    律「ん?」

    澪「私、律のことが・・・」


    ・・・

    ・・・


    352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:44:22.77


    唯「・・・」

    唯(あーあ)

    唯(私、一体どうしちゃったんだろう)

    唯(これからどうすればいいんだろう)

    唯「もう、わかんないよ・・・」

    唯「明日、学校行きたくないな・・・」

    唯(でも和ちゃんに会えると思うと、自然に朝起きちゃうんだよね・・・)

    唯(報われないって、頭じゃ理解してるつもりなんだけどなぁ)

    唯「頭の中、ぐしゃぐしゃだよ・・・」


    ピンポーン


    唯「誰だろ?」

    唯「・・・」

    唯「あっ、憂いないんだった。出ないと」


    354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:53:59.29

    ピンポーン


    唯「はぁーい」トントントン・・・

    唯「よいしょっと」ガチャ

    唯「・・・ムギ、ちゃん?」

    紬「唯、ちゃん・・・ちょっと、話が、あるの・・・」

    唯「え?大丈夫?走ってきたの?すごい汗だよ?」

    紬「うん、ちょっとね」

    唯「ちょっとじゃないじゃん!とりあえず上がって上がって」グイグイ

    紬「お邪魔しまーす・・・」

    唯「今飲み物持ってくるから部屋で待っててねー」ガチャ

    紬「ありがとう」バタン

    紬「疲れた・・・」フゥ

    紬「・・・」

    紬「勢いでここまで来ちゃったけど、なんて話すればいいのかしら・・・」

    355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:54:49.66

    紬「そもそも、和ちゃんの気持ちを私が勝手に伝えるなんて・・・冷静に考えるとよくないわ」

    紬(あ、どうしよう。帰りたい)

    紬「でも、ここまで来たら・・・」

    唯「おーまーたーせー・・・」プルプル

    紬「唯ちゃん、大丈夫?持とうか?」

    唯「だーいーじょーぶー」カタカタカタカタ

    紬「いえ、大丈夫そうには見えないわ」スッ

    唯「ご、ごめんねー?」アハハ

    紬「いいのよ。私の方こそ、こんな時間に押しかけちゃってごめんね」

    唯「全然平気だよー。憂もまだ帰ってきてないし」

    紬「そう、よかった。・・・これ、どっちが唯ちゃんの?」

    唯「どっちでもいいよ?ムギちゃんはどっち飲みたい?」

    紬「私は、カルピスにしようかな」


    356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 00:58:11.58

    唯「うん!じゃあ私がムギ茶ね。あ、ムギちゃんじゃないよー?」アハハ

    紬「もう、唯ちゃんったら」ウフフ

    唯「へへー」

    紬「無理、しないでいいのよ?」

    唯「ごふっ!?」

    紬「だ、大丈夫!?拭くものは・・・」キョロキョロ

    唯「いいよ、ちょっとむせただけだから」

    紬「そ、そう?」

    唯「うん。・・・それより、さっきのって」

    紬「えぇ、和ちゃんのことよ」

    唯「やっぱり・・・。ムギちゃん、正直に答えて欲しいんだけど」

    紬「なあに?」

    唯「屋上での話、どう思う?」

    紬「・・・どうって?」


    358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 01:03:40.08
    なんとなく飲ませてみたかっただけ
    他意はない

    359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 01:04:42.40

    唯「普通じゃないっていうのは、わかってるつもりだよ。でもね、私、ムギちゃん達に嫌われたくない」

    紬「え?ちょっと待って。嫌いになるわけないでしょう?」

    唯「でも、気持ち悪くない?」

    紬「むしろどんとこいです」

    唯「え?」

    紬「なんでもないの、忘れて。とにかく、りっちゃんも澪ちゃんもそんな風には思っていないわ」

    唯「ほん、とう・・・?」

    紬「うん。絶対にね」

    唯「さっきね、みんなの反応が怖くて・・・とっさに逃げちゃったんだ・・・」

    紬「うん・・・なんとなく、わかってた」

    唯「ごめんね」

    紬「謝らないでいいのよ」

    唯「それ、さっきあずにゃんにも言われたや」タハハ

    紬「梓ちゃん?会ったの?」


    368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 01:53:27.09

    唯「うん、帰り道で。・・・あずにゃんにも、話したよ」

    紬「そうだったの・・・梓ちゃんはなんて?」

    唯「ムギちゃん達と、一緒だった。気持ち悪くないって、言ってくれた」

    紬「そう、予想通りの反応ね」

    唯「そうかな・・・私、すっごい緊張したよ」

    紬「唯ちゃん?」

    唯「なに?」

    紬「さっきも言ったけど・・・私達はそんなことで唯ちゃんを嫌いになったりしないわ」

    唯「みたい、だね。えへへ」

    紬「昨日、私に間違ってメール送ってきたじゃない?」

    唯「うん、ごめんね。急に変なメールして」

    紬「こういう風に口出しするのも良くないと思うんだけど、唯ちゃんと和ちゃんはこのままじゃいけないと思うの」

    唯「うん、わかってる・・・」

    紬「あのね・・・私、すごく、余計なことを言いに来たの」


    370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 01:57:26.91

    唯「余計なこと?って、なに?」

    紬「えっとね、冷静になったら」

    唯「うんうん」

    紬「これは私の口から言うことじゃないなーと思って・・・」テヘ

    唯「え!?気になるよ!?」

    紬「それは、本人の口から聞いて?」

    唯「ほ、本人?」


    ピンポーン!


    紬唯「!!?」

    紬「もしかして、来たのかしら」

    唯「誰が?」


    371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:06:09.51

    紬「唯ちゃん、私はそろそろ御暇するわ。唯ちゃんはここに座ってて?」

    唯「え゛っ」

    紬「それじゃ、カルピスご馳走様」ガチャ

    唯「ちょ、ちょっと」


    バタンッ


    紬「・・・」トントントン・・・

    紬「来たのね」

    和「えぇ。唯に、なんて、言ったの・・・?」ゼェハァ

    紬「私たちは何があっても友達よって、伝えたわ」

    和「へ・・・?」

    紬「どうしたの?」


    372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:09:09.16

    和「私はてっきり・・・」

    紬「和ちゃんの気持ちは伝えてないわ」

    和「そ、そう。よかった」

    紬「覚悟、決まった・・・?」

    和「・・・」

    紬「私がどうして、言わなかったかわかる?」

    和「そりゃ、私の気持ちを勝手に伝えるのはまずいと思ったからでしょう?」

    紬「それもあるわ。でも・・・違うの」


    ガチャ


    唯「ムギちゃーん?」

    紬「和ちゃんなら唯ちゃんに自分で気持ちを伝える、そう信じてたから」

    和「・・・!」


    377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:12:47.48

    唯「あ、あれ?今のチャイム、和ちゃん・・・?」

    紬「みんながついてる。そして最後の結論を出すのはあなた」ボソッ

    和「・・・」

    唯「え、えっと・・・?」

    紬「それじゃあね。お邪魔しました」ガチャ

    唯「う、うん?また明日ね?」

    紬「うん。和ちゃんも、さようなら」ニコッ

    和「えぇ・・・」


    バタン


    唯和「・・・」

    唯「とりあえず、部屋にくる?」ガチャ

    和「そうね・・・」バタン


    382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:25:49.22

    唯「・・・」

    和(みんながついてるって・・・)

    唯「なんか喋ってよ」

    和(・・・でも、いまさら)

    唯「ねぇ」

    和(そうよ。ホント、いまさらだわ。・・・ムギには悪いけど、やっぱり、無理よ)

    唯「ねぇってば」

    和「あっ、ごめん」

    唯「和ちゃん、今日は制服のままなんだね」

    和「え、えぇ」

    唯「あれ?カバンは?」

    和「え?」


    383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:26:36.32

    唯「勉強、しに来たんじゃないの?」

    和「」

    唯「和ちゃん?」

    和「カバン、学校に忘れたわ」

    唯「・・・」

    唯「なにそれ、私でもそんなことしないよー」アハハハ

    和「うっ」

    唯「和ちゃん、なんか変だよ?」

    和「唯は・・・思ったより普通なのね」

    唯「うん。あずにゃんやムギちゃんと話したら、少し落ち着いたよ」

    和「梓ちゃんにも会ったの?」

    唯「帰り道でね」

    和「そう」

    唯「昨日はあまりちゃんと話せなかったけど・・・」

    和「何?」

    385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:29:55.41

    唯「私が昨日ムギちゃんに間違って送ったメールのこと。もっと・・・ちゃんと話したい」

    和「・・・そう、ね」

    唯「私・・・今から、わがまま言うね」

    和「わがまま?」

    唯「うん」

    和「唯のそれには慣れっこだわ。言ってみて?」

    唯「私のこと・・・」

    和「うん・・・」

    唯「・・・」グスッ・・・

    和「唯?」

    唯「ちょっと、待って・・・」

    和「唯?泣いてるの?」

    唯「泣いて、ないよ・・・」


    387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:34:34.93

    和「強がらないの。ムギと話してる最中も泣いてたんじゃない?」

    唯「なん、で・・・?」

    和「ちょっと目が赤かったもの」

    唯「ムギちゃんと、話してるときは、泣いてない、よ・・・」

    和「梓ちゃんのとき?」

    唯「・・・」

    和「無言は肯定と受け取るわよ?」

    唯「好きに、してよ・・・」

    和「・・・」

    唯「・・・」

    和「ねぇ、どうしたの?」

    唯「和ちゃん、私・・・もう無理だよ」

    和「それは、メールでも聞いたわ」

    唯「だから・・・だから・・・」


    389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:43:32.77

    和「・・・」

    唯「私のこと・・・に、って・・・よ・・・」

    和「え?」

    唯「ごめ、やっぱ、り・・・言え、ない・・・」

    和「な、何よ。唯?」

    唯「また、和ちゃんのこと、困らせてるね・・・」

    和「そんなこと気にしなくていいから。言えないことは無理して言わなくていいのよ?」

    唯「う、ううん・・・言わなくちゃ、駄目、なんだ・・・!」

    和「じゃあ、待ってる」

    唯「・・・」

    和「唯が言ってくれるまで、私は待つわ」


    390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:44:27.70

    唯「・・・」

    和「・・・」

    唯「和ちゃん」

    和「なに?」

    唯「私のこと、嫌いに、なってよ」

    和「・・・!」

    唯「本当に、ごめんね・・・」

    和「唯、それって、どういう」

    唯「和ちゃんに、嫌われたら・・・楽になれるのかなって、思って」

    唯「和ちゃんに酷いこと、いっぱいした・・・」

    和「うん。でも私はやり返したわ」

    唯「でも」

    和「でもじゃないわ。プラスマイナスゼロよ。私は唯に酷いことなんてされてないわ」

    唯「ううん。このままじゃ、駄目だよ・・・だから・・・」


    391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 02:50:16.62

    和「ねぇ、やめて」

    唯「やめない」

    和「お願い」

    唯「無理」

    和「唯」

    唯「なんで?なんで『やめて』なんて、言うの?」

    和「・・・」

    唯「辛いんだよ・・・!こんなのがずっと続くなんて、私・・・私・・・!」

    和「・・・」

    唯「ごめんね、勝手なこと、ばっかり言って」

    和「唯、無理に喋らなくていいわ」

    唯「嫌だ、言わせてよ」


    395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:11:18.67

    和「・・・」

    唯「勉強も、ちゃんと、自分でする・・・」

    和「唯・・・」

    唯「私のこと、嫌いになって」

    和「・・・嫌よ」

    唯「・・・そうやって、和ちゃんが優しくするから」

    和「私の唯を思う気持ちは関係ないじゃない」

    唯「・・・意地悪なんだね」

    和「・・・」

    和(私・・・また、唯を泣かせてる・・・)

    和(覚悟、か・・・)

    和(でも・・・)


    397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:14:45.57

    唯「私のことなんて、見放してよ・・・!」グスッ

    和(唯・・・)


    -和は唯のことどう思ってるんだよ。


    唯「和ちゃん・・・?」

    和「唯」

    唯「なに?」

    和「私は、優しくなんて・・・ないわ」

    唯「え・・・?」

    和「唯の気持ちよりも自分の気持ちを優先させたい、結局はそれだけなの」


    400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:30:49.74
    唯「そっか。友達で居たいって気持ちは私も嬉しいけど・・・」


    -そんな先の見えない『いつか』を、今の唯が望んてると思うか?


    和「ちがうの・・・」

    唯「え?」

    和「唯が私に嫌われて楽になりたいって思ってるなんて・・・ずっと前から気付いてたわ」

    唯「・・・!?」

    和「我侭なのは私の方。唯が苦しんでるって、知ってたのに・・・唯を手放したくなかった・・・」

    唯「それって、どういう・・・」

    和「私もね・・・唯のことが・・・!」


    -みんながついてる。最後の結論を出すのはあなた。


    和「好き・・・!」


    ・・・

    ・・・

    405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:55:39.09

    次の日


    登校中、朝の空。
    いつもの時間、いつもの道。
    久方振りに見上げる朝の空に目を細めた。
    最近はずっとアスファルトを眺めながら歩いていたっけ。

    律、澪、ムギ、梓ちゃん、憂ちゃん。
    ふと、多大なる迷惑と心配をかけたであろう面々の顔が思い浮かんだ。
    本来なら申し訳ない気持ちに見舞われるべきであるのはわかっている。
    実際、そういう気持ちももちろんある。

    だけど、その想いとは裏腹に私の口元が綻んでしまうのは何故か。
    それは反省や後悔の念よりも先立つ気持ちがあるから。
    私と唯には心強い味方がたくさんついている、なんてね。

    二人ぼっちじゃない。
    今ならムギの言葉の意味が痛いほどにわかる。
    いえ、きっと私はその言葉の意味を知っていた。
    だから唯に遅ればせながらではあるが、素直な気持ちを伝えられたんだろう。

    私はそんな自己完結を空の彼方へぽいと放り投げて、道の先に視線を向けた。

    和「・・・あら、律。おはよう」

    律「んー?おう、おはよー」

    和「昨日はごめんなさい」

    406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:56:15.51

    律「いや、いいんだよ。私も急に帰って悪かった」

    和「そんな・・・って、あれ?律、寝不足?」

    律「へ?そ、そうか?」ギクッ

    和「いや、そうか?じゃなくて。目の下にクマ飼ってるわよ?」

    律「!?ま、まぁ、そんな日もあるんじゃないか?」

    和「・・・?変な律」

    紬「おはよう」

    和律「おはよう」

    和「昨日は、その、ありがとう・・・」

    紬「うん?なんのこと?」

    和「え?」

    紬「うふふ」クスッ

    和「もうっ」クスッ

    律「なんだ?昨日あの後何かあったのか?」


    407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:56:52.55

    和「えぇ、そりゃもう」

    律「なんですとぉ!?」

    紬「結果は・・・聞くまでもないみたいね」

    和「お陰様でね」

    唯「みんなー!おはよー!」

    律「おー、朝から元気だな?」

    唯「うん!和ちゃん!」

    和「ん?なあnげっは!?」

    律紬「」

    唯「ふぅ、おはようのキックしゅーりょー!」

    澪「おい、和の人生が終了するぞ・・・」


    408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:57:37.29

    和「いたたた・・・」

    唯「あ、澪ちゃんおはよー」タッタッタッ

    和「よっと」スッ

    唯「!?」ズベー!

    律紬澪「」

    澪「お、おはよ・・・っていうか大丈夫か?」

    唯「足かけるなんて酷いね?」

    和「キックっていうか、鳩尾に膝蹴りもなかなか酷いと思うけど?」

    律「お前ら、そのコミュニケーションは相変わらずなのかよ」

    唯「なーんか癖になっちゃったんだよねー」アハハ

    律「いや、笑い事じゃないから」

    紬「まぁ、二人がいいならいいんじゃないかしら」


    409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/11(水) 03:58:28.78

    澪「律も。おはよう」ガスッ

    律「おはいっだぁ!?」

    澪「なんだよ、大げさなヤツだな」

    律「いや、私何もしてないだろ!?」

    澪「ん?」ニコッ

    律(お、おい。なんかデジャブが・・・何だ?最近、よくこういう光景を見かける気が・・・)

    唯「あはは、澪ちゃんも私達みたいなことしちゃ駄目だよー」

    和「本当よ」アハハ

    律「それだぁぁ!!」



    おわり

    コメントを書き込む コメントを読む(2) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

紬「みんなを助ける夢だったの」
梓「澪先輩の縞パンをクンカクンカ」
梓「唯先輩と結婚したいよー!」
  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/08/14(土) 03:47:22 URL [ 編集 ]
    つまりどう言う事だってばよ
  2. 名前: 2012/04/01(日) 21:58:38 URL [ 編集 ]
    承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

<<律「唯~暇ならデートしようぜ!」 唯「デート?」 | トップページ | 唯「梓くーん」>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。