FC2ブログ

けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

澪「唯ー」

  1. 名前: 管理人 2010/10/09(土) 23:15:58
    16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 09:38:23.12
    澪「唯ー」

    唯「ん? なに~、澪ちゃん」

    澪「このあと10GIAに弦を買いに行くんだけど、一緒に行かないか? ギー太の弦も大分くたびれてるみたいだし」

    唯「そうだねぇ……うん、じゃあ一緒に行こー」

    梓「あ、私もついていっていいですか? ピックの買い置きが無くなってしまったので」

    唯「おぉ~、じゃああずにゃんも一緒に行こー♪」

    唯「ちょっ、唯先輩! いきなり抱き着かないでください!」

    澪「………………」


    17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 09:51:07.84
    秋風が吹き渡る街を三人で歩く。律は部長会議。ムギは家の用事があるらしく、結局私、唯、梓の三人で馴染みの楽器店まで行くことになった。

    唯「うぅ~……寒いぃ」

    梓「まだ十月なのにこの冷え込みは堪えますねぇ」

    澪「早くもコートが恋しい季節だな」

    三人とも同じように背を丸め、ポケットに手を突っ込みながら足早に繁華街を目指した。

    20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 10:00:59.14
    唯「えい!」

    梓「にゃっ!? もう、唯先輩。だから急に抱き着かないでください」

    唯「えへへ~、あったかあったか♪」

    口ではそう言いつつも、梓は抱き着いてきた唯を振りほどこうとはしなかった。
    されるがままの梓の頬にはうっすらと朱が差している。どうやら満更でもないらしい。

    21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 10:11:51.17
    澪「………………」

    甘え上手な唯に梓はされるがままだ。
    ぴったりと当て嵌まるパズルのピースみたいに相性抜群な二人。

    澪(私と律じゃ、こうはいかないなぁ……)

    感情や想いを素直に出すのが下手っぴな私には二人の関係が羨ましかった。

    22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 10:21:19.79
    二人はそこらの恋人よりも恋人らしく寄り添いながら、少し歩きづらそうに私の前を行く。

    澪「……ッ!」

    肌寒い秋風が骨身に沁みる。

    だからだろうか。

    気付けば私は梓を抱きしめる唯をその後ろから抱きしめていた。

    23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 10:29:40.15
    唯「澪ちゃん?」

    梓「澪先輩?」

    きょとんとした顔の二人がこちらに振り返る。

    澪「あ……」

    いや、これは違うんだ。秋風が寒かっただけなんだ。決して寂しかったからだとか、たまには素直に甘えてみたかったからだとかじゃなくて――

    唯「えへへ~♪」

    どうしていいか分からず、どぎまぎとしている私に唯が満面の笑みを向けた。
    唯「あったかあったかだねぇ、澪ちゃん♪」

    25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 10:40:52.53
    その屈託のない笑顔に強張った心が解ける。

    澪「……うん、あったかあったか」

    梓「……ですね♪ あったかあったかです」

    唯「う~ん、でもこれじゃ歩きにくいねぇ」

    唯はそう言うと一度私達から離れ、ぎゅうと抱きしめるように腕を絡ませてきた。

    唯「これなら歩きやすいよ~」

    右腕は梓の左腕に。
    左腕は私の右腕に。

    26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/09(土) 10:55:09.06
    唯「これなら冬が来てもへっちゃらだね!」

    梓「冬までこうしてる気ですか?」

    唯「え? だめぇ?」

    梓「べ、別に駄目じゃ、ないです、けど……」

    ごにょごにょと口ごもる梓を微笑ましく思いながら、陽の沈みかけた街を歩く。
    びゅうとまた秋風が吹き抜ける。
    だけど少しも寒くはなかった。
    腕には唯の温もりと、胸の奥にはほっこりと温かい気持ち。
    この二つがあれば寂しいような寒さもへっちゃらだった。

    澪「……あったかあったか♪」



    fin.

    コメントを書き込む コメントを読む(4) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

梓「バレンタインの中野梓」
澪「整理と、掃除。だ」
憂「ただいま♪」
  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/11(木) 21:37:30 URL [ 編集 ]
    みじけぇよ
    99点
  2. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/21(日) 04:09:33 URL [ 編集 ]
    だがそれが良い
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/31(金) 13:39:49 URL [ 編集 ]
    続き無いのか・・・
    これは良いssとか
    思って読んでたらすごい短くて残念
    99点
  4. 名前: けいおん中毒 ◆- 2011/01/08(土) 17:27:21 URL [ 編集 ]
    短くて
    5秒も掛からなかった・・・


    もうちょっとほしいかも

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生