fc2ブログ

けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

律「秋山澪の秋」

  1. 名前: 管理人 2010/10/10(日) 19:53:51
    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 15:49:54.93
      放課後、軽音部部室

    唯「落ち葉が舞い散ってるよ」

    紬「秋だものね」

    唯「切ないね、なんだか」

    紬「人恋しくなるわよね」

    唯「ムーギちゃん♪」 きゅっ

    紬「あらあら♪」


    2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 15:50:46.86
    律「年中春だな、あいつは」

    澪「でも詞を書くには良い時期だぞ。イメージが湧きやすい」

    律「そんな物かね。私は食欲の秋ってイメージだけどな」

    澪「それはそれでありだろ。私達の歌も、それにまつわる物が多いし」

    律「だったら、お前を食べちゃうぞー」

    澪「はいはい」

    律「ちぇー。そこは、無理して乗れよな」

    澪「全く」 くすっ



    3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 15:51:39.54
    梓「済みません、遅れました」

    唯「あずにゃん。すっかり秋が深まったね」

    梓「急になんですか」

    唯「舞い散る落ち葉に、漂う鰯雲に。私は秋を感じ取ってるんだよ」

    梓「ああ。そういうのは、分かります。夏とは匂いが違うというか」

    唯「あずにゃんはどんな匂い?」 くんかくんか

    梓「意味が違います」

    唯「でも良い匂いだよ」 にこっ

    梓(いやいや。私よりも、唯先輩の方が♪) くんかくんか



    4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 15:52:30.67
    澪「秋、秋、秋。読書の秋、芸術の秋」

    律「秋山澪の秋」

    紬「ああ、なるほどっ」 ぽんっ

    澪「いや。そんなに反応する事でも無いから」

    梓「後はやっぱり食欲の秋ですか」

    律「私達は年中って気もするけどな」

    梓「それはあるかもです」

    唯「ひらめいたっ」

    梓(絶対曲や歌詞じゃないな)



    5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 15:53:21.13
    唯「秋と言えば、舞い散る落ち葉。落ち葉はその後どうなると思う?」

    澪「業者が集めて、可燃ゴミとして燃やされるだろ」

    紬「でも森の落ち葉は腐葉土になって、栄養になるのかしら」

    律「たまに、澪の歌詞にもなるだろ」

    梓「上手い事言いますね」

    律、澪、紬「あはは」



    6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 15:54:14.21
    唯「全く。みんな、何も分かってないね」 ちっ、ちっ、ちっ

    律「多分お前が一番分かってないだろうけど、一応聞くか。それで、何になるんだ?」

    唯「落ち葉、秋、それは食欲の秋。となれば?」

    紬「・・・焼き芋?」 

    唯「そう。ベタだけど、一周回ってむしろ新鮮。良いアイディアでしょ」

    澪「確かに、意外と否定しにくいな」

    紬「私賛成。大賛成っ♪落ち葉で焼くなんて、すごい楽しそうじゃない?」 きらきら

    律「まあ、それはそうだけどさ。昔町内会でやった時は、結構大変だったぞ」

    梓「そもそも、落ち葉を集めないと話になりませんしね」

    唯「それも込みでの、焼き芋大会だよ」

    律「いつから大会になったんだよ、おい」



    7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 15:55:06.80
    唯「という訳で澪ちゃん、計画表をお願いします」

    律「丸投げかよ、おい。・・・しゃーない。さわちゃんに、たき火をやって良いか聞いてくるよ」

    紬「だったら、私も」

    梓「では、私も一応」



    8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 15:55:58.86
       職員室

    さわ子「落ち葉で焼き芋?最近は消防法で、そういうのはうるさいのよ」

    紬「消防法、ですか」

    さわ子「後は、環境問題がね。落ち葉を燃やすと、ダイオキシンが発生するんですって」

    律「そ、それって猛毒なんじゃ。だったら、焼き芋やるのも命がけって事?」

    紬「でも命を懸ける価値があるからこそ、唯ちゃんは焼き芋を提案したのかも知れないわよ」

    律「くっ、唯の野郎。お前一人だけに、良い恰好をさせはしないぜっ」

    さわ子「その芝居のオチは知らないけど、たき火くらいでは大丈夫なんですって」

    律「あ、そうっすか」

    紬「うふふ」

    さわ子「許可は取っておくから、火の始末にだけは気を付けてね」

    梓(わずかにもついて行けなかったな、今の会話には)



    9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 15:56:53.10
       軽音部部室

    澪「必要な物は着火剤とバケツ。後は落ち葉。それとサツマイモか」

    唯「ヨーロッパだと、秋にジャガイモを焼くんだって」

    澪「ジャガイモか。それも良いな」

    唯「たき火って良いよね。温かくて、ほんわかしてて」

    澪「確かに雰囲気が良いな。なんだか、子供の頃を思い出す」

    唯「澪ちゃんは、どんな子供だったの?」

    澪「本ばかり読んでて、引っ込み思案で。あまり今と変わってないかな」

    唯「そかな」

    澪「・・・変わったとしたら、律に出会ったからかも知れない」

    唯「りっちゃんに?」



    10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 15:57:46.17
    澪「あいつには色々迷惑を掛けられてるけど、それよりも沢山助けてもらってる。
      律に出会ってなければ、私は今でも部屋にこもって本を読んでるはずだ」

    唯「大丈夫だよ。その時は私とムギちゃんとあずにゃんが、りっちゃんと一緒に迎えに行くから」

    澪「どうやって私の家まで来るんだよ」 

    唯「そこは、軽音部としての絆を頼ってだよ」

    澪「多分その時点では、軽音部じゃないぞ」

    唯「たはは。そか、そか」

    澪「全く」 くすっ



    11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 15:58:38.21
       廊下

    梓「律先輩って、澪先輩と小学校の頃から友達なんですよね」

    律「何だ、急に」

    梓「いや。私達とはちょっと付き合いの深さが違うと思って」

    律「元々、私が一方的に澪へまとわりついてたからな。それが今に至る訳さ」

    紬「でも良いわよね。何の気兼ねもなく、心から付き合える関係って」

    律「私はムギとも梓とも、唯とも。みんなと心から付き合ってるよ」

    紬「りっちゃん♪」

    梓(うわ、輝いてる♪おでこ、輝いてる♪)



    12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 15:59:37.31
       軽音部部室

    律「おーい、戻ったぞー」

    澪「お帰り。どうだった?」

    律「たき火くらいなら構わないってさ。こっちはどうだ?」

    澪「必要な道具と手順を書き出した。後は生徒会で、道具を借りて来ないと」

    律「おし。行ってくる」


    梓「妙に息が合ってますね」

    唯「夫婦みたいだね」

    紬「うふふ♪」



    14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:00:28.88
       生徒会室

    和「・・・たき火?あなた達、一体何部なの?」

    唯「まあまあ。和ちゃんも好きでしょ、焼き芋」

    和「嫌いじゃないけど。大体たき火ってどうなのよ」

    唯「私は燃える女だよ」

    和「初めて聞いたわ、そんな話」


    梓「こっちはこっちで、絶妙に噛み合ってますね」

    律「夫婦というか、親子だな」

    紬「うふふ♪」



    15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:01:20.67
       正門前、街路樹

    唯「よーし、やるぞー」

    紬「おー」
     
    律「妙にやる気だな。それに、どのくらい集めれば良いんだ?」

    唯「多ければ多い程良いって」

    澪「そんなに落ちてないぞ、ここ」

    梓「というか、ちょっと寒いですね」

    唯「何言ってるの、あずにゃん。私達は、たき火のように燃え上がるんだよ」

    律「随分ささやかだな、おい」



    16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:02:19.11
       30分後

    梓「それ程集まりませんね」

    澪「元々木が少ないし、風で飛ばされるからな」

    律「根本的に失敗って事か」

    唯「う」

    澪「・・・それか、他の場所を探すかだ」

    律「という訳なんだが、どうする」

    唯「良いの?」 おずおず

    澪「当たり前だろ」 撫で撫で

    唯「澪ちゃーん♪」

    律「全く」 くすっ



    17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:03:11.54
    澪「公園もそれ程落ちているイメージはないし」

    律「そう考えると結構難しいな」

    紬「・・・あそこ。ほら、この前のマラソン大会で走った坂の」

    澪「ああ、確かに林があったな」

    紬「あそこなら、すぐに集められると思うの」

    律「グッドアイディアだ。唯、それで良いか」

    唯「ありがとー、みんなありがとー」

    梓(なんだかんだと言って、みんな優しいな) 



    18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:04:35.70
       夕方 街外れの林

    唯「おお。ここはまさにエルドラドッ」

    律「いや。落ち葉が落ちてるだけだし」

    澪「でも夕日を浴びて、黄金色に輝いて見えなくもないぞ」

    律「詩人だな、おい。ただ今日は遅いし、集めるのは明日にしようぜ」

    紬「でも明日、お休みよ」

    唯「だったら、朝から集まろうよ。ね」 にこっ

    梓(この笑顔を見せられて、断れる訳がない) にこっ



    19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:05:27.05

       夜 平沢家リビング

    唯「・・・という訳で、明日は落ち葉狩りを行います」

    憂「そうやって言うと、風情があるね」

    唯「憂も一緒に集めようよ。大勢で食べる焼き芋は、ものすごく美味しいよ」

    憂「ありがとう。でも明日は、純ちゃんと用事があるの」

    唯「そか、残念だな。・・・明日、晴れるかな」

    憂「お姉ちゃんが楽しみにしてるのなら、絶対良い天気になるよ。・・・今から、てるてる坊主作ろうか?」

    唯「分かった。頑張ろうね、憂♪」

    憂「お姉ちゃん♪」



    21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:07:01.80
     翌朝 街外れの林

    律「だからてるてる坊主を、首からぶら下げてる訳か」

    唯「お陰で良い天気だよ」 

    律「つくづく幸せな姉妹だな」

    澪「風も気持ちいいし、空は高いし。あー」

    紬「何もしてないのに、幸せな気分になれるわね」

    澪「ああ。たまにはこういう時の過ごし方も良いな」



    22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:07:52.25
    唯「まったりムードはここまでっ。頑張って、落ち葉を集めようっ」

    梓「焼き芋も待ってますしね」

    唯「その通り。みんなで落ち葉を集めて、みんなでたき火を囲んで、みんなで焼き芋を食べる。
      こんな幸せな事は、もう二度とないかも知れないよ」

    梓「唯先輩は大げさなんですよ。でも澪先輩が言ったように、秋の空気は良いですね」

    唯「良いよねー、秋は。小さな秋はどこに隠れてるのかな。この木の皮の裏側かなー?」

    梓「・・・そういう所は、絶対見ない方が良いですよ」



    23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:08:44.03
    唯「あ、松ぼっくり」

    紬「しみじみ、秋ねー」

    唯「これに火が付いたら大変だね」

    澪「それは焼けぼっくいだろ」

    紬「だったら、松ぼっくりに火を点けても大丈夫?」

    梓「乾燥してたら大丈夫らしいです」

    紬「してなかったら?」

    梓「大惨事になると思います」

    紬「焼けぼっくいと同じね♪」 にこっ

    梓(何故、笑顔)



    24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:09:41.38
    唯「わっせ、わっせ」

    紬「よいしょ、よいしょ」


    律「張り切ってるな、あいつら」

    澪「見てないで、律も早く集めろ」

    律「へいへい。・・・これって一人で入れるより、袋を広げる係と詰める係に分担した方が良くないか」

    澪「なるほど」 かぱっ

    律「よいしょ、よいしょ。・・・・そこは、「わっせ、わっせ」だろ」

    澪「・・・わっせ、わっせ」

    律「あははー。よいしょ、よいしょ♪」

    澪「全く。わっせ、わっせ♪」

    梓(見てらんないな、これは) かー



    25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:10:36.95
    唯「わっせ、わっせ」

    紬「唯ちゃん、こっちに落ち葉が飛んで来てるー」

    唯「ムギちゃんの落ち葉も飛んで来てるよ」

    紬「えーい♪」

    唯「えーい♪」

    梓(こっちはこっちで満喫してるな)



    26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:11:31.63
    唯「ふー。結構集まったね」

    梓「唯先輩、頭に落ち葉が付いてますよ。ムギ先輩も」 ちょいちょい

    唯「あずにゃん、ありがとー」

    梓「二人とも、はしゃぎ過ぎです」

    紬「梓ちゃんの頭にも付いてるわよ」 そっ

    梓「あ。ど、どうもです」 かー

    唯「あずにゃんも紅葉してるね」 にこっ

    梓「もう、唯先輩は」 くすっ



    27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:12:41.33
       桜が丘高校 正門

    唯「とーちゃーく」

    律「やっと着いたか」

    梓「袋を背負いながらでしたからね」

    澪「私は強烈に恥ずかしかったぞ」

    紬「でも、なんだか楽しかったじゃない。サンタさんみたいで」

    律「前向きな奴め。今時サンタでも、プレゼントはネット通販だぞ」

    唯「そかな?私の家は、いつも起きた時に枕元へ置いてあるよ」

    梓(ういーっ)



    28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:13:35.02
       水飲み場前 空き地

    澪「場所はここ。とにかく、火の始末には気を付けてくれよ」

    唯「了解です、隊長」 びしっ

    澪「隊長っ♪」 びしっ

    澪「誰が隊長だ。まずは地面に穴を掘って、そこにサツマイモを入れるんだ」

    唯「結構手順があるんだね」

    紬「琴吹、穴を掘らせて頂きます」

    澪「琴吹隊員、無理はするなよ」

    律「乗ってきたな、おい」



    29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:14:26.52
    紬「このくらいで良いかしら」

    澪「大丈夫だろ。次はサツマイモを新聞紙で包んで、水を掛ける」

    梓「そのまま入れないんですか」

    澪「それだと、生焼けになるらしい」

    唯「・・・ほら、皆既日食だって。この間だと思ってたのに、もうずっと前の事なんだね」

    律「古い新聞読むのって楽しいよな」

    澪「良いから、仕事しろよ」

    唯「まあまあ。ほら、ビートルズ来日だって」

    紬「ドリフが前座をしたっていう?」

    澪「へぇ」

    律「結局自分も読むのかよ。でもって、いつの新聞なんだよ」



    31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:15:19.22
    澪「穴にサツマイモを埋めて、落ち葉を掛けて。……後は火を付けるだけだ」

    紬「私っ、私やりますっ」 びしっ

    澪「危ないから、気を付けろよ」

    紬「了解です、隊長」 びしっ

    梓「ムギ隊員・・・。ムギ先輩、髪が掛かると危ないですから、後ろで束ねますね」

    紬「ありがとう、梓ちゃん♪」

    澪「梓も長いだろ。私が後ろで束ねてやるよ」

    梓「あ、ありがとうございます」

    唯「澪ちゃんも長いじゃない。私が後ろで束ねるよ」

    澪「ああ、ありがとう」

    律「何なんだ、この光景は」



    33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:16:22.03
    唯「りっちゃん、りっちゃん」

    律「しゃーないな。唯の髪はって、掴み所がないじゃん」

    唯「たはは」

    澪「なんだよ、それ」

    梓「もう、二人とも何やってるんですか」

    律「いやいや、お前らに言われても」

    紬「うふふ♪・・・では、火を点けまーす」  カチカチッ



    34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:17:14.30
    ぼーっ。

    唯「おお、すぐ点いたね」

    澪「新聞も混ぜたからな。後は見てれば良いだけだ」

    紬「暖かいわねー」

    律「たき火って、妙に和むよな」

    梓「はいです」
     
    ぼー。



    35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:18:08.28
    唯「ずっとこうしてたいね」

    澪「そうは言ってもな」

    唯「たはは、そか」

    澪「今は綺麗で暖かくても、燃やせば消える。そういう事だ」

    紬「そう思って見てると、ちょっと切ないわね」

    唯「でも私達は、ずっと一緒だよ」

    紬「唯ちゃん」

    律「この野郎。きれいにまとめやがって」 がしっ

    唯「りっちゃん、痛ーい♪」



    36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:18:59.98
    梓「・・・消えてきましたよ」

    澪「この後は熾火。消し炭になった灰の熱でゆっくり焼くんだ」

    梓「華やかな時は一瞬ですね」

    律「梓もおセンチになってるな」

    梓「べ、別にそういう訳じゃ。ただあれだけ枯れ葉があったから、もう少し燃えてるかと思って」

    唯「人生とは、とかく儚い物なのだよ。祇園精舎はインドのお寺なんだよ」

    紬「うわー、思わずアンコールワットと勘違い♪」

    紬「1ミリたりとも、意味が分からん」



    37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:20:00.00
    唯「焼き芋、焼けたかな」 ごそごそ

    律「一気に即物的だな、おい」

    唯「・・・まだ固いね」

    澪「じっくりゆっくり、時間を掛けて焼くんだよ」

    唯「まだかな、まだかな♪」

    律「子供か、お前は」

    紬「でもこうして待ってる時間も、また楽しいわよね」

    唯「まなかな、まなかな♪」

    梓(何故、双子)



    38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:20:52.96
    澪「・・・そろそろいいんじゃないか」

    唯「隊長。私がやってもよろしいでしょうか」

    澪「よし、気を付けて作業に当たれ」

    律「ノリノリだな。というか、結構灰が舞うな」

    紬「唯ちゃん、まだ熱いから気を付けてね」

    唯「可愛いお芋ちゃんのためなら、私は平気だよ」

    梓「その可愛いお芋ちゃんを、今から食べる訳ですか」

    律「・・・まあ、その辺は突っ込むな」



    39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:21:48.80
    唯「出てきたよ。あったか、ほかほか。お芋ちゃんが出てきたよ」 ごろごろん

    律「おー、何か良い感じ」

    唯「中まで焼けてるかな。・・・あちあち」 

    律「何やってるんだよ。・・・あちあちっ

    梓「冬のニュースで、こんなお猿さんを見ますよね」

    紬「・・・あちあち」

    梓(わざとやってるし。しかも、可愛いし)



    40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:22:42.94
    澪「後は新聞紙に包んで食べるだけだ」

    唯「へへ」 ごそごそ

    梓「食べないんですか?」

    唯「これは家に持って帰って、憂と一緒に食べるんだー♪」

    紬「唯ちゃんは、本当に憂ちゃんの事大切に思ってるのね」

    唯「だって妹だもん♪」 にこっ

    澪「だってさ」

    律「なんだよ、もう。はいはい、私も聡に持って帰るよ」

    澪「私も、ママ・・・。お母さんに持って帰ろうかな」

    梓(思い切り自爆したな)



    41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:23:56.69
    律「じゃ、食べるぞ。頂きまーす」 ぱんっ

    唯、澪、紬、梓「頂きまーす」 ぱんっ

    澪「・・・わ」 ぱかっ

    律「旨そうだなー」 ほかほか

    紬「では早速」 ぱくり

    梓「あふっ」 はむはむ

    唯「・・・んまいっ♪」 にこっ



    43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:26:02.27
    唯「あったか、ほかほか。甘くてしっとりしてて、美味しいね-」

    律「案外あなどれんな、サツマイモの奴も」

    澪「・・・でも太らないか、これ」

    紬「ほ、ほら。甘い物は別腹って言うじゃない」

    梓「もう一段階、お腹が出てくるって事なんですかね・・・」

    唯「私は食べても食べても太らないけどね」 にこっ

    梓(憎い、今はその笑顔が憎い)



    44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:27:03.75
    さわ子「みんな、やってるわね」

    唯「あ、さわちゃん。どうして学校にいるの?」

    さわ子「今日は当直なのよ。大人になれば、土曜も日曜も関係無くなるのよ」

    紬「まあまあ。ほら、さわ子先生も食べて下さい」

    さわ子「良い感じに出来たみたいね。・・・んー、何か懐かしい味がするわ」

    律「疎開先で食べた味ってか?だははー」

    さわ子「玉砕覚悟とは良い度胸だな、デコッパチ」



    45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:28:12.76
    律「あー、ひどい目に遭った」

    澪「自業自得だ。・・・あれ、和?

    和「生徒会の用があって、来てたのよ。結局本当にやったのね、たき火」

    唯「あったかほくほくで美味しいよ。はい、和ちゃん」

    和「ありがとう。・・・ん、本当に美味しいわ」

    唯「秋って味だよね-」

    和「唯らしい感想ね」 くすっ

    唯「そかな、たはは」



    46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:29:20.49
    律「後片付けは良いかー」

    澪「灰には水を掛けて、道具は返して。ゴミも捨てた。後は帰るだけだ」

    紬「楽しかったわねー」

    梓「それに、美味しかったです」

    律「ま、焼き芋大会は大成功って事か。唯、良かったな」

    唯「まだ終わってないよ」

    律「へ?」



    47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:30:37.31
       学外、急な坂

    律「どこまで行くんだよ」

    紬「・・・こっちって、もしかして」

    唯「もうすぐだよ」

    梓「坂、きついですね」

    澪「なるほど、な」

    梓「何がですか?」

    澪「うふふ♪」

    梓(何故、ムギ先輩風)



    48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:31:39.83
       街外れの林

    律「おお、ここはまさにエルドラドッ」

    澪「真似るなよ。・・・、落ち葉を集めた林か」

    唯「そだよ。やっぱり、ここにはお世話になったからね。ちゃんとお礼を言わないと」

    紬「うふふ♪ありがとうございまーす」

    律「礼儀正しいな、おい」

    梓「大体、そういう意味だったんですか?」

    唯「もう、あずにゃんはクールなんだから。でもそこが、いいところ♪」 きゅっ

    梓「ちょ、ちょっと。こんな所で抱きついたら」 ふら

    唯「え?」 ふらふら-、ぱたんっ



    49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:32:45.50
    澪「お、おい。大丈夫か」

    唯「たはは、倒れちゃった」

    紬「下か落ち葉だったから良かったのね」 ほっ

    唯「本当、落ち葉様々だね」

    律「その落ち葉を燃やしたんだろ、おい」

    梓「そうですよ。もう、唯先輩は」

    唯「ごめん、ごめん。でもこうしてると、ちょっと気分良いね」 ごろーん

    梓「まあ、否定はしませんけど」 ごろにゃーん



    50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:33:51.64
    紬「・・・あの、私もお邪魔して良いかしら」 うずうず

    唯「勿論、大歓迎だよ」

    梓「どうぞ、ムギ先輩」

    紬「ありがとう。・・・えいっ」 ぱふっ

    唯「わっ」

    梓「きゃっ」

    紬「わー、すごい面白いわね-」

    唯「ムギちゃんはチャレンジャーだね」

    梓「自分から飛び込むなんて、大胆すぎます」

    紬「琴吹、一所懸命頑張りました」 びしっ



    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:35:02.93
    律「楽しそうだな、おい」

    澪「まあ、そうなのかな」

    律「・・・分かる、澪の気持ちは分かるよ」

    澪「何が」

    律「私も一緒に寝転びたい。でもそんなのはしたないし、キャラじゃないし。ちょっと怖いし。
      あーん。私の乙女心は、いつでも可憐でフルフルフルーチェなの♪」

    澪「意味分かんないし、最後関係無いし」

    律「良いから、ほれ」 ぐいっ

    澪「おわっ」 ふらー、ぱたんっ



    53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:36:04.19
    澪「りーつー。おーまーえーなーっ」

    紬「まあまあ。澪ちゃん軽いから、私は平気よ」

    澪「あ」

    唯「思いっきり、ムギちゃんの上に倒れたね」

    律「ぷっ」

    澪「ご、ごめん。で、お前が笑うな」 ぐりぐり

    律「ひぇーっ」

    梓「もう、皆さん何してるんですか」 

    唯「だって、秋だからね」 

    梓「全然答えになってませんよ」 くすっ



    54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:37:34.55
    唯「天気は良いし、空は青いし。落ち葉は柔らかいし。言う事無いね」 きゅっ

    梓「はいです」 きゅっ

    紬「またこうして、一緒に遊びたいわね」 きゅっ

    澪「いつだって遊べるさ。だって私達は」 きゅっ

    律「私達は固い絆で結ばれた、心と心の繋がり合う。・・・えーと、なんだっけ」 きゅっ

    澪「上手くまとめようとして、自爆したな」 きゅーっ

    律「ちぇー」 きゅーっ

    唯、澪、紬、梓「あはは」



    55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:38:45.55
       夜、平沢家リビング

    唯「・・・という訳で、今夜のデザートは焼き芋です」

    憂「ありがとう、お姉ちゃん♪」

    唯「チンしたばかりだから、温かいよ。・・・あちあち」

    憂「お姉ちゃん、大丈夫?」

    唯「平気、平気。・・・はい、憂の分」 ぱかっ



    56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:39:45.75
    憂「ありがとう。・・・わー、美味しいね」 はむはむ

    唯「本当。こんなに美味しいなら、毎日でも食べたいね」 はむはむ

    憂「それは絶対に飽きるよー」

    唯「そかそか。たはは」

    憂「もう、お姉ちゃんったら♪」



    57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:40:46.11
     ぴゅー

    唯「外は寒そうだね」

    憂「もう、すっかり秋だよ。そろそろ、こたつの準備をした方が良いのかな」

    唯「良いねー。おこたは人類が生み出した、史上最大の発明品だよ」

    憂「お姉ちゃん、こたつ好きだもんね」

    唯「寒い時は、温かくしないとね。・・・憂、手は冷たくない?」 きゅっ

    憂「大丈夫だよ。お姉ちゃんの手は、温かいね」 きゅっ



    58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:42:18.68
    唯「えへへ。あったか、あったか♪」

    憂「あったか、あったか♪」

    唯「今日は、一緒にお風呂へ入ろうか」

    憂「うん」

    唯「ういー♪」

    憂「お姉ちゃん♪」

    唯、憂「あったか、あったか♪」



                                           終わり





    59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:43:22.50
    ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

    テーマとしては律澪を匂わせつつの、「秋」。
    ちなみに寝転んでいる並び順は

     唯 梓 ムギ 澪 律

    となってます。

    また唯の性格ですが、「普段はふにゃふにゃしてるけど、芯はしっかりしてる子」という位置づけ。
    ご指摘があったように「あほの子」扱いされている事が多いため、その辺を払拭する意味も込めて書いています。

    最後に。
    本作とは全く関係無いですが、ふと思い付いたネタを一つだけ。



    61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/10(日) 16:44:24.02
       平沢家 リビング

    唯「うぃーっ」 

    憂「お姉ちゃん、呼んだ?」

    唯「あ。ごめん、ごめん。ちょっと、ハンセンの真似してて」

    憂「もう、お姉ちゃんったら」

    唯「はっ、はっ、はっ」

    憂「わー、ブロディ降臨だね」

    唯「やっぱり超獣コンビは最強だよ。憂♪」

    憂「お姉ちゃん♪」


                                終わり

    コメントを書き込む コメントを読む(2) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

律「なんてったって私は部長だからな!」
唯「橋のうえ!」
律「諸君に集まってもらったのは他でもない」
  1. 名前: けいおん!中毒 ◆/pHIRAno 2010/10/27(水) 00:14:24 URL [ 編集 ]
    あー
    和んだ
  2. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/10(水) 19:48:25 URL [ 編集 ]
    ほっとする わるくない

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生