FC2ブログ

けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

唯「あずにゃんって、彼氏とか…いる?」

  1. 名前: 管理人 2010/10/14(木) 22:19:18
    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 17:58:01.02
    梓「へぇっ!?か、彼氏!?」

    唯「あ、そのう…深い意味はないんだよ!何となく、何となく聞いてみようかなって…」

    梓「唯先輩から彼氏なんて言葉が出てくるなんて…てっきりそういうのには興味がないと思ってたんですけど」

    唯「そっそれで、あずにゃんは…いるの?」ジーッ

    梓「…いませんけど」

    唯「えっ!?じゃ、じゃあ今までに付き合ったことは?」

    梓「う…それは」

    梓(や、やばい…17年間付き合ったこと無いなんて恥ずかしくて言えない…)

    梓「そ、そういう話は他の先輩方としてください」

    唯「あずにゃんの事が知りたいんだよぉ!」

    梓(ううっ…なんでよりによって私しかターゲットがいない時に…)

    梓(…私しかいない?)

    梓(私しかいない=他の人に知られたくない=他の人は眼中にない=私だけでいい=私がいい)

    梓(もしかして…唯先輩って私狙い…!?)


    7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 18:12:06.18
    梓「…」

    梓(私達両思いだったってこと!?にゃああああ!)ブルブルブル

    唯「あずにゃん?」

    梓「はっ!?あ、付き合ったことですよね」

    唯「う、うん」ゴクリ

    梓(って落ち着け私!まだ唯先輩の口から聞いたわけじゃないんだし、ここは慎重にいかないと)

    梓(っていうかここはどう答えるのが正解なんだろ?付き合ったこと無いって言ったほうがいいのかな)

    梓(いやいや、17年なんて言ったらドン引きされるかもしれないし…あっさり落とせそうとか思われたらやだし)

    梓「まぁ、ありますよ」

    唯「!」

    10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 18:22:01.76
    梓(ここでがっついちゃだめ。ごく自然にモテる女、恋多き女をアピール)

    梓(って書いてあった)

    唯「い、今はいないんだよね?」

    梓「んーまぁ…今は、ですけど。そういえば高校に入ってから切らしたのは初…かな?」首カシゲ

    唯「あ…そ、そういえばクリスマスの時も予定あったりしたもんね!」

    梓「あ、あの時はすみませんでした。ちょっとカレに駄々こねられちゃって…」

    唯「う、うん!クリスマスイブだからしかたないよ、うん!」

    15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 18:32:49.98
    唯「ちなみに、何人くらいと付き合った事あるの…?」

    梓「…」

    梓「えっと…5人くらい?」

    唯「5人!?」

    梓(え、おかしかった?)

    梓「まあ大体です。そのくらいです。あまりそういうの覚えてないので」

    唯「そ、そうなんだ。あずにゃん可愛いもんね。モテて当然だよね…」

    梓「うーん、でも何か違ったっていうか…しっくりこなかったんですよね」

    唯「違った?」

    梓「年下とか、同学年の男の子と付き合ったんですけど…ピンとこなかったんですよね」

    梓「今度は違ったタイプの人と付き合ったりするのもいい…かな?」チラッ

    18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 18:41:57.26
    唯「違ったタイプ…」

    梓(そう、例えば男の子でもなくて、年下でも同い年でもなくて…)チラチラ

    唯「年上の…」

    梓「はい」

    唯「男の人?」

    梓(ちがあああああう!!)

    梓(この人ヘタレすぎっていうか鈍すぎ!?もうっ!)

    唯「やっぱり年上の男の人って頼りになりそうだもんね…」

    梓(あーもう!)

    梓(もっと焦らせてみるか…)

    梓「そうですね」

    唯「!」

    27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 18:54:52.95
    梓「大学生の人…あ、中学時代の先輩なんですけど。何人かにアプローチ受けてるんですよね」

    唯「大学生…」

    梓「やっぱり…年上…としうえって言うんですか?うん。トシウエ…ですね。年上はっていうのは年上ってだけでポイント高いですよね」

    梓「まあ、私としては…しっかりとかしてなくてもいいんですけどね」

    唯「しっかりしてなくてもいいの!?」

    梓「まあ男の人っていくつになっても子供ですし。私が引っ張ってくくらいでいいと思ってますから」チラリ

    唯「…」

    梓(伝わったかな?)チラリ

    唯(うぅ、あずにゃんの発言大人すぎ…すごすぎるよ)

    唯(やっぱり私みたいなペーペーは相手にしてもらえないよ)

    40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 19:47:29.19
    ガチャ

    律「おーっす。お、唯達もう来てたのか」

    梓(げっ。先輩達来ちゃった)

    唯「あ、おーっす。へへへ…」

    紬「唯ちゃん…?」

    澪「どうした?元気ないな」

    唯「あ、えっと…」チラリ

    梓「唯先輩、この話はまた今

    律「ちょーっとまったぁー!」ガバッ

    梓「ムグゥ!」

    梓(唯先輩!黙っててください!)

    紬「何々?教えて!」

    唯「あのね…」

    43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 20:00:08.43
    律「ぐ…ぐぅぅ~」

    唯「り、りっちゃん?」

    律「梓ぁ!お前年下のクセに彼氏とか…生意気だぞ!」

    澪「そういえば…クリスマスで集まろうって時梓だけ来なかった・・・」

    梓「え、ええ。まあそういうことだったので…」

    紬「梓ちゃんってモテるんだね。でも可愛いし、わかるかも」

    唯「うん…」

    澪「梓はいかにも女の子って感じだしな。男の子にはモテルかも」

    梓「にゃっ!?皆してやめてください~!」

    梓(えへへ。ちょっと気分いいかも…)

    46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 20:09:26.31
    律「っていうか5人って何?お前どんだけ!?」

    澪「5人…///」カァァ

    梓(う…ボロが出そうだからそこにはあまり触れないで欲しい…)

    梓「ま、まあ高校生にもなれば普通だと思いますよ?」

    紬「梓ちゃん…何だかすごい…」


    シーン


    律「な、なあ。梓ってさあ…じゃあ…」

    梓「はい?」

    律「経験とか…ある?」

    梓「!?」

    48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 20:19:43.89
    澪「り、律!何聞いてるんだよ!///」

    律「だって私達も高校生だしこのくらいの話…唯だって気になるだろ?」

    唯「え…う、うん」

    紬「私もちょっと気になるかも…」

    梓(どどどうしよう!?)

    梓「…」

    梓「それはまあ…ありますけど」

    律「そ、そっか…///」

    唯(…そうだよね。あたりまえだよね)

    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 20:31:35.42
    澪「…///」

    紬「あ、あの…ああいう事ってどんな感じなの?」

    梓「へえっ!?ど、どんな感じって?」

    律「そりゃ…なあ?///」

    梓(ううっ、経験ないしわからないよ…)

    梓「えーと…まあそれなりです」

    唯「…」

    律「そ、そっか。それなりか…///」

    紬「最初は痛いっていうのは…?」

    梓「まあ、そうですね」

    紬「そうなんだ…」

    55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 20:45:06.02

    シーン


    梓(居たたまれない…っていうか私さっきから相槌しか打ってないし!)

    梓(何か経験者っぽいこと言わないと!)

    梓「あー、えっと」

    澪「う、うん」

    梓「好きな人としてるって思うと痛みより幸せの方が勝りますから心配しなくても平気ですよ」


    シーン


    梓(うう…何この空気…。っていうか何バカみたいな事言ってるんだろう私)

    紬「…唯ちゃん?」

    梓「へ?」

    59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 20:58:29.12
    唯「…」グスッ

    唯「う…ううぅ~っ…!」グスグス

    澪「ど、どうした唯?」

    唯「か…帰る…っ」

    梓「え?ちょ、唯先輩」


    ガチャ…バタン


    紬「な、なんで泣いてたの?」

    律「さ、さあ…」

    梓(え…?どういう事?私はどうすればいいの?)キョロキョロ

    70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 21:30:25.37
    澪「梓、私達が来る前に唯と何かあった?」

    梓「え?特には…ただ私の元カレの話をしてただけで」

    律(サラリと元カレって単語を発せられるとなんかムカツクなあ)

    律「じゃなくて、本当にそれだけか?」

    梓「本当にって…どういうことですか?私が泣かせたとでも言いたいんですか?」

    紬「ちがうの、そういう訳じゃなくて…何か少しでも気になった事はなかった?」

    梓「…まあ私の元カレの話…彼氏がいるかとかに食いついてましたけど」

    律「うーん。梓に彼氏がいるか聞いてきて…」

    梓「話してる最中に段々テンションが下がってって…」

    澪「最後は突然泣き出して帰った」

    梓「はぁ」

    72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 21:38:44.35
    律「それって…そういうことだよな?」

    澪「ああ、普通に考えれば」

    紬「梓ちゃんの事が好きだから、色んな話を聞いてショックを受けちゃったってことかな」

    梓「いえ、唯先輩が私の事好きなのはわかってます」

    律「おいぃー!?」

    梓「わからないのは、なぜ泣き出したかって事なんですよね」

    澪「何でって…そりゃ好きな人の過去なんて聞いてて気持ちいいわけないんじゃ」

    梓「それがわからないんですよ。それだけモテてたって事じゃないですか。なんでショックなんですか?」

    紬「それは…そうかもしれないけど」

    梓「でしょう?」

    79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 21:48:09.53
    律「あー、嫉妬…とか」ボソ

    梓「嫉妬?」

    律「いや、想像だけどな?過去にラブラブな人がいたとか思うとちょっと悔しかったりするのかなって…」

    梓「えぇ…?それってモテない人だけじゃないですか?そんなの経験ない人くらいだと思うんですが…」

    律「」イラッ

    澪(う…私も嫉妬するかも…)

    紬「と、とりあえず追いかけたほうがいいんじゃないかな!?梓ちゃんがよければ、だけど…」

    澪「そ、そうだ。ここは追いかける場面だぞ!」

    梓「…」

    梓「いえ、その必要はないです」

    87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 22:07:41.45
    澪「必要ないって…梓お前」

    紬「りっちゃん待って。梓ちゃんは唯ちゃんの事…」

    梓「好きです」

    律「じゃあなんで!」

    梓「律先輩、恋愛にも駆け引きがあるんです」

    律「駆け引き?」

    梓「そうです。押すだけじゃなく、引くのも重要です。それが恋愛なんです」

    澪「…なるほど。そういうことか」

    梓「澪先輩」

    澪「さっきの律の仮定…嫉妬っていうのが正しければ、今唯を追いかけるのは得策とは限らないな」

    梓「そういうことです」

    92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 22:22:36.59
    律「どういうこと?」

    紬「唯ちゃんが嫉妬やショックでああなったんだとしたら、もう少し時間を置いたほうが良いってこと?」

    梓「そうです」

    律「ん…んん~。そうかぁ…?」

    梓「まあ私に任せてください。今までにこういう事は何度もありましたし、大丈夫です」



    梓(両思いってわかったら余裕と一緒に欲も出てきちゃったな)

    梓(私は…唯先輩だからだけど…恋人関係になってからも私がイニシアチブを取りたい)

    梓(恋愛は惚れたほうの負けって言うし。先を見据えると私が唯先輩の告白を受け入れてあげるって形になるのが大事なんだよね)


    101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 22:40:07.75
    翌日

    唯先輩は、部活に来なかった。

    102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 22:40:59.89
    2日後

    唯先輩は、部活に来なかった。

    106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 22:48:29.20
    3日後

    梓「…」

    紬「梓ちゃん、唯ちゃんなんだけど…」

    梓「唯先輩は何やってるんですか?部活を何日もサボって…」

    律「いや、つーか学校休んでるんだよね…」

    梓「えっ?どうしてですか?」

    澪「先生は風邪って言ってたけど、多分本当は…」

    律「なあ、やっぱり今からでも唯の家に行ったほうがいいんじゃないか?」

    紬「うん、私達もちょっと心配だし」

    梓「…」

    梓「…いえ、その必要はないです」

    110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 22:57:39.17
    律「梓ー…」

    梓(折れたら負け…。これは私と唯先輩の勝負なんだ!)

    紬「じゃあ、私達3人だけでも行ってくる?」

    梓「あ、だめです!」

    梓(もし私が唯先輩の事好きってばらされたら…)

    律「だめってお前」

    梓「あ、いえ…憂が言ってたんですけど、本当に風邪なんです。風邪がうつるってお見舞いも断られてますし」

    梓(ってことでいいや…)

    澪「そっか…じゃあそっとしておくか」

    梓「はい。それがいいと思います」

    123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 23:14:13.50
    翌朝

    梓「おはよ、憂」

    憂「あっ梓ちゃん。おはよう!」

    梓「なんだかご機嫌だね。唯先輩、元気になったんだ?」

    憂「うん!えへへ♪」

    梓(やっとかあ。今日あたり、何かあるかも…!?)ワクワク

    127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 23:20:58.35
    放課後

    梓「そういえば唯先輩、今日は学校来てるみたいですね」

    澪「ああ。そろそろ来ると思うよ」

    ガチャ

    唯「おいっす!」

    梓「お久しぶりです、唯先輩」

    唯「あずにゃんおひさ~」

    梓「…」

    唯「ムギちゃん、今日のお菓子は~?」

    梓「…」

    129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 23:27:38.18
    梓「唯先輩?何か言うことはありませんか?」

    唯「おお!そうだった!」

    梓「あの…皆いますけど大丈夫なんですか?」

    唯「うん。皆に言わなきゃだめだもんね」

    梓「…わかりました。どうぞ」

    唯「うん。皆、部活休んでごめんねー。今日からまた毎日くるね!」

    梓「…」

    紬「唯ちゃんが元気になってよかった~」

    梓「…」

    律「じゃ、早速ティータイムといこうぜ~!」

    梓「あの…」

    澪「ん、どうした梓?」

    136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 23:36:24.26
    梓「いえ、唯先輩が他に何か言いたい事があるんじゃないかと」

    唯「…あ!」

    梓(思い出しましたか)

    唯「皆、この前は突然帰っちゃってごめんね。でももう大丈夫!元気一杯だから!」フンフン

    澪「やっぱり唯は元気なのが一番だよ」

    紬「じゃあお茶にしましょう♪」

    梓「…」

    律「ん、どうした梓?」

    梓(ここまでヘタレだとは…。助け舟を出してあげますか。唯先輩ってば、本当に私がいないとダメなんだから…)

    梓「いえ…唯先輩、この前私の元カレの話を聞いて泣いちゃいましたよね?あの事なんですけど」

    梓(お膳立ては整いましたよ。どうぞ)

    141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 23:43:30.79
    唯「あ…あの話かぁ///」テレッ

    梓「なんで泣いちゃったんですか?」

    唯「…」コホン

    唯「えっと…私、あずにゃんの事好きだったから…。あずにゃんの色んな話聞いて、何だか切なくなっちゃったんだ…」

    唯「あずにゃん、皆、びっくりさせてごめんね」

    梓「そう…だったんですね。でm



    唯「でももう大丈夫!私、新しい恋を見つけたから!」



    梓「…え?」

    149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/13(水) 23:53:35.25
    唯「あずにゃんの事好きだったから、すっごく悲しくて、いっぱい泣いちゃったんだけど…」

    梓「え…あのう」

    唯「そんな時、その人はずっと私の側にいてくれて、支えてくれて…」

    唯「ううん、ずっと前から、私が気づかない時からずっとそうしてくれてたんだけどね」

    梓「ちょっと…」

    217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 17:33:21.74
    梓(そんな…勝手に一人で諦めないでよ!もっと踏み込んできてよ!)

    梓「唯先輩!」

    唯「あ、何?」

    梓「いえ、唯先輩は私の事が好きなんですよね?」

    唯「うん。もちろん好きだよ」

    梓「私、今フリーなんですよ。私がそうなることってあまりないです」

    梓「で、まあ結構暇だし…。先輩の気持ちを無下にするのもアレですし…」

    唯「?」

    梓(あーもう!)

    梓「唯先輩がどうしてもっていうなら…つ、付き合ってあげてもいいかな?」

    221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 17:48:07.99
    唯「…ありがと、あずにゃん」

    梓「…!べ、別にお礼を言われる事じゃありません!ちょっとした気まぐr」

    唯「気持ちだけ受け取っておくね」ニコ

    梓「え…」

    唯「さっきも言ったけど、本当に大切な人が誰なのか気づけたから」

    梓「ま、待ってください!」

    梓「唯先輩、意地はってるだけなんですよね?私にはわかります!」

    唯「…」

    梓「さっきの言い方が悪かったなら謝ります!だから、私と付き合…」

    唯「違うよあずにゃん。これが私の本当の気持ちだよ」

    梓「…」

    227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 18:08:13.24
    紬(梓ちゃん顔白い…)

    澪「梓?大丈夫か?」

    律「あ…あはは!唯~、梓が珍しくデレてるぞ?作戦大成功だな!」

    唯「そだね。珍しいや」ニコ

    律(これは…ダメか)

    梓「あ…あ…」

    唯「じゃあこの話はおしまい!あずにゃんとは、ちょっとゴチャゴチャしちゃったけど…よかったら、また仲良くしてね!」

    梓「は…い」

    233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/14(木) 18:28:23.08
    なんでこんな事になっちゃったのかな。
    私の何がいけなかったんだろう。唯先輩を傷つけるような事、言っちゃったのかな…
    あの時追いかればよかったのかな。それとも、彼氏なんて嘘を言わなければよかったのかな。

    恋の相手が誰かは知らないけど、その人の話をしている唯先輩は幸せそうだった。
    唯先輩はもう私の事は見ていない…

    もし時間を巻き戻すことができるなら…もう一度あの日に戻ってやり直したいな…


    コメントを書き込む コメントを読む(1) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

紬「最後の日」
律「梓って、澪と唯どっちが好きなんだ?」
紬「合宿をしま~す!」
  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/10/15(金) 00:30:35 URL [ 編集 ]
    梓と憂で唯の取り合いならよく見かけるネタですが、
    こんな感じで梓自爆というのは初見です。
    まあ、梓らしい自業自得っぷりでしょう。

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生