けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [スポンサー広告] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち


コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

唯「あずにゃん・・・かわいい♪」

  1. 名前: 管理人 2010/10/29(金) 00:42:00
    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 15:52:08.33
    唯の家!

    唯「よしよし、これでOK」

    唯「まずはあずにゃんから試してみようかな・・・」


    2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 15:53:26.69
    翌日。唯の家。

    梓「何ですか先輩。急に呼び出したりして」

    唯「ちょっとね・・・」

    唯「とりあえず上がってよー」

    梓「・・・はい」

    5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 15:55:04.39
    唯「じゃーん!」

    梓「え?」

    先端に5円玉のついているヒモを出す。

    梓「何ですかこれ」

    唯「これを見て思い浮かべるものといえば・・・?」

    梓「・・・・・催眠術?」

    8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 15:56:52.71
    唯「うんうん」

    梓「それじゃ」

    梓が立ち上がろうとする。

    唯「ちょ、ちょっと待って!」

    梓「先輩がそんなに馬鹿だとは思いませんでした。催眠術なんて・・・」

    唯「ちょっと!催眠術は本当にあるんだよ!」プンプン

    唯「一回試してみたいんだよ~」

    9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 15:58:35.34
    梓「・・・分かりました」

    唯「じゃぁまず予備催眠から始めようか・・・」

    梓「予備催眠?」

    唯「うん」


    ~予備催眠中~


    唯「どう?」

    梓「すごいです!5円玉が勝手に振れたり、体が動かなくなったり!」

    10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 15:59:47.48
    唯「じゃぁこれから本番ね!」

    梓「はい!」

    唯(ヘヘへ・・・♪)

    唯「ではまずこのライターの火を見てください」

    梓「・・・・・」ジー

    12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:01:55.04
    唯「この炎を見てると、炎を揺れと同時にあなたの脳もとろけていくようです」

    梓は目がつむりそうになる。

    唯「でも・・・まぶたを閉じてはいけません・・・。私が5つ数えたら閉じてもいいです」

    唯「5・・・4・・・3・・・2・・・1・・・」

    唯「はい!」

    13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:03:43.47
    梓の目は閉じられ、床に横たわる。

    唯「えーっと・・・」

    唯は紙を見ながら話す。

    唯「今あなたは深い深い催眠状態にいます。とーっても気持ち良い・・・」

    梓「・・・・」

    14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:06:13.93
    唯「そして私が3つ数えると・・・もっと深い所へ行けます」

    唯「321」パン!

    梓「・・・・」

    唯「これが催眠の世界です。では一回目を覚ましましょう」

    唯「私が10数えている間に体がどんどん目覚めていきます」

    唯「10,9,8,7,6,5,4,3,2,1・・・」

    唯「はい!」

    16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:07:54.10
    梓が目を開ける。

    梓「あ・・・」

    唯「どう?」

    梓「・・・けっこう気持ちよかったです」

    唯「でしょ?今のもう1回やってみたい?」

    梓「悔しいですけど・・・やってみたいです」

    唯(よしよし♪)

    18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:09:33.73
    唯がいきなり梓の頭に手を当て、優しく回す。

    すると梓の体の力が抜け、再び横たわり、催眠状態に入った。

    唯「ではこれからあなたに面白い暗示をかけましょう」

    梓「・・・・・」

    19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:12:12.50
    唯「催眠術は・・・体を棒のように固くしたり・・・味覚を失わせることもできます」

    唯「さらに目を開かなくしたり・・・耳が聞こえなくすることも可能です」

    唯「でも安心を。これからあなたにかける暗示はとても楽しいものです」

    唯「では始めます」

    20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:15:36.31
    唯「あなたはとても動物が好きになりました」

    梓「・・・・」

    唯「そしてその中でも・・・猫が大好きです」

    梓「・・・・」

    唯「軽音部のみんなに猫耳をつけられたり・・・あずにゃんと呼ばれたりしていますが・・・」

    唯「それよりもっと嬉しいことを今からあなたにかけます」

    梓「・・・・」

    21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:17:16.63
    唯「あなたは猫になります」

    梓「・・・・」

    唯「体全体が猫そのものになります。四つん這いでしか歩けず、何か話そうとしてもニャーしか言えない・・・」

    唯「そして段々・・・心も猫になっていきます」

    梓「・・・・」

    唯「猫好きのあなたにとってはこの上ない幸せでしょう」


    22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:19:00.84
    唯「今は信じられないかもしれませんが・・・目を覚ますと確実にそうなっています」

    梓「・・・」

    唯「心も体も完全に猫になっています」

    唯「では目を覚ましましょう」



    23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:20:42.88
    パン!

    梓が目を覚ます。

    唯「・・・・」

    梓「・・・・」

    唯「あずにゃん♪」

    梓「・・・・・にゃ?」

    25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:23:08.24
    唯(成功!)

    唯「あずにゃんおいで・・・」

    梓「にゃ!」

    四つん這いで走ってくる。

    唯のヒザに頬ずりをする。

    梓「ふぅ~ん♪」

    唯「あずにゃん・・・かわいい♪」ナデナデ

    26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:25:26.33
    梓「にゃ、にゃ!」

    笑顔で唯の顔を見る。

    唯「よしよし・・・」

    頭をなでる。

    梓が唯の腹にまた頬ずりをする。

    27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:27:42.69
    唯「そうだ!」

    梓「にゃ?」

    唯「ちょっと待ってて!」

    台所へ走る。

    憂「おねーちゃんどうしたの?」

    唯が皿に牛乳を入れる。

    憂「おねーちゃん?」



    30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:30:38.81
    部屋に戻ってくる。

    唯「はい、あずにゃん!」

    梓「みゃ!」

    皿の方向へ走ってくる。

    梓「にゃ・・・にゃ・・・」ペロペロ

    唯「おいしい・・・?」

    梓は夢中で皿をなめている。

    31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:33:54.78
    さらに梓は皿もかじっている。

    梓「にゃ・・・」ガジガジ

    唯「わ!ストップ!」

    梓「・・・・・」ピタッ

    すると突然梓の動きが止まる。

    唯「・・・あずにゃん?」

    唯が梓をゆする。

    するとその形をままで転がる。

    唯「これ・・・被験者だけの時間が止まる暗示だ・・・」

    32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:35:35.45
    唯「いつこんな暗示がかかったんだろ・・・」

    唯「まぁいっか。こっちの方が面白そうだし」

    唯「スタート!」

    梓が動き出す。

    皿をかじるのをやめ、唯の方へくる。

    唯「よしよし・・・」

    唯「ストップ」

    37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:44:00.46
    梓が笑顔のまま動きが止まる。

    唯は梓を下ろし、大の字にする。

    唯「・・・・・」

    唯「あずにゃんの体をとことん調べちゃおっかな・・・」

    38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 16:47:05.89
    席外します

    43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:23:25.24
    唯「その前に・・・」

    唯が下へ降りていく。

    唯「ういー!」

    憂「え?」

    唯「ちょっと・・・」

    別の部屋へ行く。

    44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:26:18.32
    ~15分後~

    唯「じゃぁ私の部屋に行こっか!」

    憂「う、うん・・・」

    ガチャ。

    憂「えっ・・・!?」

    梓が全裸で横たわっていた。

    46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:30:05.09
    パン!

    唯が指を鳴らす。

    憂「へぁ・・・」

    憂が脱力し、四つん這いになる。

    憂「は・・・にゃ・・・」

    唯「・・・・」

    47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:33:04.99
    憂「にゃ・・・」

    唯「憂・・・」

    唯が梓の方向を指差す。

    憂「にゃ!」

    憂が梓に向かって走っていく。



    48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:37:08.76
    憂「にゃぁ・・・」

    憂が梓の体をなめている。

    唯(憂を猫にして、あずにゃんを大好物にするのは私にしてはいいアイデアかな?)

    憂「にゃ・・・」ペロペロ

    腹、顔などをなめている。

    憂の舌が梓の胸の方へ向かう。

    49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:40:11.74
    憂「にゃ・・・にゃ・・・」コリコリ

    梓の乳首をなめている。

    憂「にゃぁ~♪」

    乳首がお気に入りのようだ。

    唯「・・・・そろそろね」

    唯「スタート」

    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:42:38.43
    憂「にゃ・・・」

    梓「にゃ?」

    憂「にゃ?」

    梓「にゃあああああああ!」

    梓は憂から逃げる。

    憂「にゃ!」ムカッ

    梓を追いかけまわす。

    52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:46:29.00
    ~ドタバタ~

    梓「にゃぁぁぁぁああああ!」

    憂が梓の股を舐めていた。

    唯「ハァ・・・ハァ・・・」

    憂「にゃ♪」ペロペロ

    梓「にゃ・・・にゃ・・・にゃ・・・」ビクビク

    53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:49:26.13
    憂「にゃぁ・・・」

    梓「にゃああああああ・・・!」

    唯「ストップ!」

    二人の動きが止まる。

    唯「うぅ・・・もう我慢できないッ!」

    54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:52:00.27
    唯「ハァ・・・ハァ・・・」

    唯が梓のおっぱいをくわえる。

    唯「むわ・・・。あずにゃんのおっぱい・・・気持ち良い・・・」

    乳首を舐める。

    唯「・・・・」コリコリ

    55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:55:50.90
    唯「憂のおっぱいも柔らかくていいなぁ~」ムニムニ

    唯「んん・・・」

    おっぱいをくわえる。

    唯「もっと二人を知りたいなぁ・・・」

    梓の股を開く。

    唯「・・・・・」

    56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:58:26.93
    ・・・・・・

    ・・・・・・

    ・・・・・・

    ピリリリリ

    律「あ、澪?」

    澪「どうしたんだ?急に」

    律「ちょっとあたしんち来てくんないか?」

    澪「別にいいけど・・・何?」

    律「それは・・・まぁ来てからってことで!」

    澪「そ、そうか・・・」

    律「じゃ!」



    57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:01:13.12
    ・・・・・・

    ・・・・・・

    ・・・・・・

    唯「ん・・ん・・・」ペロペロ

    梓のアソコを舐めている。

    唯「ん・・・あったかくておいしい・・・」ペロペロ

    さらに指を入れる。

    唯「あったかあったか・・・」ズプズプ

    58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:05:00.28
    指を2本入れ、上下に動かす。

    唯「ハァ・・・ハァ・・・」クチャクチャ

    ・・・・

    ・・・・

    梓の股から液体が沢山でてきた。

    唯「ハァ・・・ハァ・・・」

    憂を見る。

    唯「・・・・」

    62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:37:44.32
    唯「スタート」

    憂「にゃ・・・」

    唯が憂の股を開く。

    憂「にゃ!?」

    唯「ふ・・・」ペロペロ

    梓は四つん這いで部屋の端に縮こまっていた。

    63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:39:14.33
    憂「にゃ・・・にゃあああ!」

    憂は必死で唯から離れようとする。

    唯「駄目だよ憂・・・」

    唯は憂の股に指を入れる。

    憂「にゃあああああ!」

    65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:42:18.14
    ピンポーン・・・・・。

    唯「ふぇ・・・?」

    律「おーい!」

    唯「あ、りっちゃんに澪ちゃん!どうしたの?」

    律「上がっていいかー」

    唯「あ、いいよー。鍵開いてるからー」

    律「おー」

    66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:44:07.12
    二人が上がってくる。

    唯「・・・って!何で良いなんて言ってんの!」

    ガチャ。

    唯「!?」

    律「・・・え?」

    澪「・・・・・」

    67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:50:22.45
    唯「あ・・・・」

    律と澪の目の前には異様な光景が見えていた。

    律「あ・・・えと・・・」

    澪は無言のまま気絶してしまう。

    唯「澪ちゃん!?」

    律「おい唯!」

    唯「?」

    律と唯が部屋の外へ行く。

    68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:52:25.01
    律「お前・・・何催眠術でイタズラしてんだよ!」

    唯「何で分かるの?」

    律「あたしも覚えたんだよッ!」

    唯「へぇ・・・」



    69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:53:37.70
    唯「で、誰から教えてもらったの?」

    律「唯は」

    唯「ムギちゃん」

    律「あたしも」

    唯「・・・・」

    律「ついでに言っとくけどな・・・」

    唯「うん」

    律「澪も今催眠状態だぞ」

    70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:55:28.00
    唯「どういうこと!?」

    律「今は気絶しちゃってるけど、あたしが指を鳴らすと澪はな・・・」

    唯「うんうん」

    律「まぁそれは後で!」

    唯「えー」

    律「とりあえずこれはどういう状況なんだよ・・・」

    憂・梓が全裸でニャーニャー言っている。

    唯「う・・・」

    72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:32:56.23
    唯「それがね・・・カクカクシカジカ」

    律「はぁ・・・。しょうがねぇな・・・」

    唯「う・・・」

    律「何でそんな面白いことあたしにも誘ってくれないだよー」

    唯「え?」



    75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:19:14.07
    律「まぁいいや。とりあえず・・・」

    唯「・・・・」

    律「澪!起きろ!」

    澪「う・・・あ、律・・・」

    パン!

    律が指を鳴らす。

    澪「は・・・」ガクッ



    76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:45:39.96
    唯「どういう暗示をかけたの?」

    律「あたしが指を鳴らすとなー」

    律「澪はエロに目覚めるんだー」

    唯「どういうこと・・・?」

    梓「にゃ?」

    梓が澪に向かった。

    梓「にゃぁー♪」

    澪「・・・かわいい」

    79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:54:05.60
    梓「にゃ!にゃ!」

    澪「よしよし」

    澪は静かに梓の股に手を入れる。

    梓「にゃ!」

    唯「・・・」



    80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:55:09.90
    唯「こういうの、客観的に見ると何かつらいね・・・」

    律「じゃぁ元に戻すか?」

    唯「うん・・・」

    パン!

    澪「!」

    律「澪、こっちだ」

    澪「ひっ・・・」



    81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:56:05.70
    澪は瞬時に指を抜き、律の元へ。

    震えている。

    唯「じゃぁ私も元に戻すね・・・」

    律「あぁ・・・」

    82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 23:00:10.26
    ・・・・・

    ・・・・・

    ・・・・・

    律「じゃぁな!」

    梓「・・・・」

    唯「じゃ、じゃぁね・・・」

    澪「じゃ・・・」

    バタン。

    憂「おねーちゃん・・・?」

    唯(憂・・・何も覚えてないんだ・・・)

    83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 23:02:47.53
    唯は自分の部屋に戻る。

    ピリリリリ

    唯「ん?」

    唯「もしもし?」

    紬「唯ちゃん?」

    唯「ムギちゃん!」

    紬「成功した?」

    唯「ん・・・まぁまぁ・・・」

    紬「そう・・・じゃぁこれから私の家に来てね」

    唯「え?」



    84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 23:04:26.78
    紬「私が催眠術でたっぷり可愛がってあげる」

    唯「何その言い方・・・何か怖いよムギちゃん」

    紬「冗談よ!とりあえず私の家に来てくれない?」

    唯「うん。じゃぁね」

    紬「うん」

    紬(フフフフ・・・)



    - END -

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

純「憂ってさー唯先輩以外の趣味ないの?」
唯「う~い~朝だよ~!」
唯「私の妹がこんなに可愛いわけがない」

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

<<唯「今日から琴吹家の使用人になる!」 | トップページ | 唯「めたりか!」>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。