fc2ブログ

けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

唯「それでも、私の妹なんだ」

  1. 名前: 管理人 2010/10/29(金) 19:58:51
    6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:12:01.30

      プロローグ


    唯「私は……殺人をしたんだ」

     びっちょりとグラスの結露したアイスティーをストローで吸ってから、私は言った。

    和「……」

     和ちゃんは私の目をじっと見つめ、しばらく黙っていた。

     長い静寂。

     蝉がじいじいと外で鳴く声が、耳もとでするようだった。

     やがて、和ちゃんは溜め息をつく。

    和「冗談じゃないみたいね」

    唯「冗談で、こんな話はしないよ」

     私は和ちゃんの目を見つめ返す。

     レンズ越しに、瞳は儚げに揺れていた。


    9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:15:37.08

    和「……どうして?」

     からん、とグラスの氷がぶつかった。

    唯「復讐……なのかな」

    和「復讐?」

     和ちゃんはオウム返しに訊いてきたけれど、

     私はそれには答えない。

     自分でもあの殺人がなんだったのか、よく理解できていなかったから。

    和「唯。あなた、いったい何を……?」

    唯「分からないんだ。私がどうやって、あの男を殺したのか」

    和「……」

    唯「それでもあの日、あの男は死んでた……紛れもなく、私の手で」

     和ちゃんは眉をひそめる。

    和「唯、どうしちゃったのよ」


    15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:19:28.24

     私は小さく笑う。

    唯「狂ったって思う?」

    和「正直、ちょっとね」

    唯「そっか……でも私は狂ってないよ」

    唯「狂っている人ほど自分は正常だって言う……なんて屁理屈は置いといてね」

    唯「おかしくなったのは、私たちのいる世界のほう」

     和ちゃんはむきだしの腕をさすった。

     私は続ける。

    唯「だって、あの男を私が殺したのは絶対間違いないんだ」

    唯「そんな事件は、どうしたって起こり得ないはずなのに」

    唯「だから、世界の方がおかしいの」

     和ちゃんは、首をゆらゆらと横に振る。

    和「意味が分からないわ……」


    17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:23:11.54

    唯「うん、分からないと思う」

    唯「自分でもよく分からないんだ」

     私は目を閉じ、すこし呼吸を整えた。

    唯「だから、和ちゃんに解明してほしいんだよね」

    唯「私がどうやってあの男を殺したのかを」

    和「……そのために、いきなり呼んだの?」

     あきれ顔をして、和ちゃんはふだんの気配を取り戻す。

    唯「えへへっ、そんなとこ」

    和「そりゃあ私に分かるものなら協力したいけれど」

    和「あいにく……唯の話は分からないわ」

    唯「今のは、単なる事のあらましだよ」

     私はグラスを持ち、再度舌を湿らせた。


    19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:26:37.16

    唯「聞いて、和ちゃん」

    唯「そして、ハッキリと教えて」

    唯「私はどうやってあの男を殺したのか……」

    和「……」

     少し黙ってから、和ちゃんは頷いた。

    和「いいわよ。聞かせて頂戴」

    和「……難問そうね」

     不敵に笑ってみせる。

     そうして笑う事で、自分をごまかしているのかもしれなかった。

     和ちゃんの中で、正義感が押えこまれているのが私には見える。

    唯「……何もかもが終わった日。いや、始まった日かな」

    唯「私はきっと、あの男を殺したんだ」


    22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:30:23.87

      (1)


     それは新年度を近くに控えた、ある凍てる夜のこと。

     憂は中学生活最後の思い出に、友人と冬の海浜に出かけていた。

    憂『遅くなるだろうから、今晩のご飯は作れないや』

     憂はそう言っていた。そして、言葉に違わず憂の帰りは遅くなっている。

     私は黒い焦げ付きのある鮭を箸でほぐす。

     どうにも今日は、料理がまるで上手くいかなかった。

     食事を終え、食器を洗っている間にも、夜はどんどん深くなる。

     きんと冷えた空気が足元から上がってきて、私はガチガチと歯を鳴らした。

     やがて、時計の針が22時を示す。

     洗った皿を水切り籠にかけ、ため息をついた。

     いくらなんでも遅すぎる。

     私はタオルで手を拭き、携帯をとった。


    25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:33:06.34

     着信履歴から憂の携帯電話にかける。

     奇妙なほど苛立ちながら、コール音を聞く。

     「uiお留守番サービスに接続します」

     そして、予想していた返事。

     かるく舌打ちをして、携帯を閉じる。

    唯「女になって帰ってくるつもりかなぁ、もう」

     私はソファに携帯を投げ、テレビをつける。

     毎週見ているドラマがやっていたので、ひとまず炬燵に入って視聴を始める。

    唯「……」

     どうも面白くない。

     時期に合わせてか、卒業をテーマにとっているが

     私には少し縁遠い話だから、ひとつも心に響かない。

     憂がこの番組を見たら、どう思うのだろうか。


    27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:36:31.11

    唯「……」

     いや。このドラマがつまらないのは、そういう理由じゃない。

     憂が隣にいないから。

     憂がどこか見えない所にいるから、心配で心配で仕方なくて、

     このドラマのレベルじゃ、私の興味を惹けないんだ。

     ぼんやりと番組が終わる。

     私は顔をごしごしこすった。

     いよいよ時計は11時をまわろうとしている。

     警察に電話をしたほうがいいんじゃないか。

     そう思った矢先、携帯が鳴った。

     サブディスプレイには「憂」の文字。

    唯「もしもし……」

     なぜか震える指先で通話ボタンを押し、電話口にささやく。


    28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:40:21.28

    憂『……お姉ちゃん』

     弱々しい声だった。

    唯「憂、今どこ?」

    憂『公園。岡本町の公園』

     私は頷くと、すぐさま立ちあがった。

    唯「わかった。すぐ迎えに行くからね」

     近くにあったコートを羽織り、鍵も掛けずに飛び出す。

     岡本町の公園は、幼いころ私達がよく遊んだ公園だ。

     家からほど近い位置にあるそこから、憂はなぜわざわざ電話をかけてきたのだろう。

    唯「……」

     駆けて、1分。公園に着く。

    憂「……」

     すみっこのベンチで、憂はぼうっと空を見ていた。


    29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:43:44.44

    唯「憂……」

     私は狭霧を吐きながら憂に近づき、

     月明かりのうつす、その惨憺たる有様にようやく気づいた。

    憂「エヘヘ……お姉ちゃん」

     コートのボタンは飛び、乱れた着衣からは白い肌が覗いている。

     そして何より、憂の着ていった真っ白なコートは。

    憂「どっちから言ったらいいのかな……その」

    憂「わたし……人を殺しちゃった」

     真っ赤な血染みを付けられていた。

    唯「……」

     私は黙って憂の手をとり、立ち上がらせた。

     憂の持っていた血まみれの包丁が落ちる。それも無言で拾い上げた。

    唯「帰るよ、憂」


    31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:46:29.37

     憂の赤くなった所を隠しながら、

     私はどうにか家まで憂を連れ帰った。

     玄関は鍵をかけ、チェーンでロック。居間のカーテンをぴったりと閉める。

     血のついたコートは、ひとまずハンガーにかけておく。

     炬燵を挟んで向き合って、憂のためにティーパックの紅茶を淹れた。

    憂「ありがとう、お姉ちゃん」

     あたたかい紅茶をすする憂を見ていると、首筋に指を押しつけたような痕が付いているのに気付いた。

     痛々しさに胸が苦しくなりつつ、ほんの少し気持ちがやわらぐ。

     やっぱり憂が人を殺したのには、それなりの理由があるようだ。

    唯「……ねぇ、憂。なにがあったのか、聞いてもいい?」

    憂「うん、いいよ」

     憂は笑顔を見せた。

     人に見せるための笑顔だった。


    34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:50:14.04

    憂「えっと、9時ぐらいに海から帰って、40分ぐらいにはこっちの駅に戻ってたんだ」

    憂「真っ直ぐ帰ろうと思ったんだけど、途中で男の人に声かけられて」

    憂「包丁を持ってて、ついて来ないと殺すって言うから困っちゃって」

    憂「そのまま、さっきの公園の奥まで連れていかれたんだ」

     公園には、トイレの裏あたりにやや広い雑木林が設置されている。

     憂の言うのは、恐らくそこのことだろうと思われた。

    憂「そしたら今度は、騒いだら殺すって言われて」

    憂「服を引きちぎられたんだ。それで」

    唯「憂っ、いいよ。もういい」

     私は憂の手を強く握り、話をやめさせた。

    唯「もう分かったよ。何があったのか……」

    唯「憂がどうして、誰を殺したのか」

    憂「……そう?」


    36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:53:01.46

     憂はすこし頬を膨らませた。

    唯「……」

     私は一旦炬燵を出て、憂の横に並んで座った。

    唯「……よしよし」

    憂「んう……」

     抱き着いて、髪を撫でてあげる。

    唯「憂はいい子。なんにも間違ってないよ」

    唯「うん、よく頑張った。よしよし」

     ぎゅっと抱いて、憂のふるえを抑える。

    憂「お姉ちゃあん、怖かったぁ……」

     私の前で無理して笑うくらいなら、笑顔なんて見れなくていい。

    唯「たくさん泣いて。お姉ちゃんがついてるから」

    唯「そのあとで笑ってくれたらいいから」


    38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 17:57:46.88

     その晩、憂はたっぷり泣いて、

     汚された体を私に洗われながら、くすぐったそうに笑った。

     翌日、血のついたコートの代わりに、去年使っていた私のをクロゼットから出す。

     コートは紙袋に隠したあと、いらない服と一緒にゴミ袋に入れておく。ゴミの日に出すつもりだ。

    憂「ちょっとくたくただね」

    唯「いいじゃん、可愛いよ?」

     ギー太を背負い直しながら、私は笑う。

    憂「そっかな……エヘ」

    てれくさそうに憂は笑うと、私の手をぎゅっと握った。

    憂「じゃ、学校いこっか」

     私達は扉を開けた。

     街の様子は昨日と変わらない。

     昨晩、この街で殺人事件があったことはまだ知れていないように感じた。

    唯「憂……アレはまだ同じ場所に置いてあるの?」


    39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:01:08.00

    憂「……昨日の、あの人?」

    唯「うん……」

     憂はゆっくり頷く。

     マフラーにそっと顔を埋めただけのようにも見えた。

     首輪のようにつけられた指の痕は、マフラーに隠されている。

    憂「あのまま、だと思う。誰かが見つけてなければ」

    唯「そっか……」

     私はほうっと息を吐いた。

     空はどっしり重たげに、灰色の雲を広げている。

    唯「……」

     私達は、どうしたらいいんだろう。

     これからどうなっていくんだろう。

     茫漠とした不安を抱えながら、前だけを見つめて公園の前を通り過ぎた。


    40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:04:10.58

     憂と別れてしばらく歩き、学校に到着する。

     教室の様子も特に逼迫したものはない。

     耳をそばだてるが、殺人事件があったという噂は聞こえてこない。

     まだ見つかっていないんだ。

     間違いなく時間の問題だとは思うけれど、それだけで私は安堵する。

     もしできれば、このまま夜になってほしい。

     そうすれば、私は死体を隠しに行ける。

     リスクは大きいけど、そのぶん返ってくるものも大きい。

    和「唯、おはよう」

     考えに耽っていた私の肩がふと叩かれた。

     慌てて顔を上げると、浮かない顔で私を覗き込む和ちゃんがいた。

    唯「あっ、おはよう……」

    和「どうしたの? 元気ないみたいだけど」


    41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:07:17.24

    唯「え……」

     私は答えに詰まる。

     和ちゃんとは幼稚園来の付き合いだけれど、真面目な性分でもある。

     生徒会にも入っている彼女が、私のやろうとしていることを見逃すはずもない。

    唯「そうかな? 別になんでもないよ」

    和「なら良いんだけど……」

     カバンを机に置いて、和ちゃんは窓枠に寄りかかった。

    和「あ、そういえば。唯はアレ見た?」

    唯「昨日のドラマ? なら見たけど……」

    和「違うわ、今朝の話よ。学校途中の道に、点々と血が垂れていたのよ」

    和「歩いていたらいつの間にか足元にあって、私もびっくりしたんだけど」

     全身が内側から冷えていく。

    唯「血……?」


    42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:10:10.74

     和ちゃんの通学路に血痕が残っていた。

     いったい何の血だろう。

     それはまだ不明だ。

     私は気を強く持った。

    唯「見てないなぁ……どんな感じだった?」

    和「どうって?」

    唯「ホラ、ぼたぼた大量に垂れてたとか、まだ乾いてなくて赤かったとか」

     怯え、焦り、その他の私に似合わない感情を全力で押さえこめて、

     私は和ちゃんから情報を引き出す。

    和「ああ……血っていっても、ほんのちょっぴりよ」

    和「鼻血が出たみたいに、2メートルくらいの間隔で一滴ずつ」

    和「昔遊んでた、あの公園のあたりで途切れていたわね」


    43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:14:13.97

    唯「岡本町の……?」

    和「そうそう。乾いた血だったけど、ずっと続いているから気になったのよ」

    唯「……覚えはないなぁ」

     公園で途切れた血痕。

     乾いているということは、そう新しいものではない。

     誰か怪我をした人が私たちの後にあの道を歩いたとして、

     その数時間で血は完全に乾くだろうか。

     そもそも血の垂れるほどの怪我をした誰かが通るのだろうか。

     可能性は低い、と私は思った。

     順当に考えるならば、その血痕は私たちが残したものだ。

     憂が怪我をしていたのか、包丁の刃から垂れ続けていたのかは分からない。

     ただ確実なのは、血痕が岡本町の公園と私たちの家は

     点線でつながれているということだ。

    唯「……」

     心臓が、体の中からどんどんと胸を叩いてくる。

    45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:17:20.04

     幸いなのは、和ちゃんが「血痕が途切れるもう一方の場所」を見ていないこと。

     それさえ見られていなければ、血痕とも死体とも、私たちに結びつけることはできない。

     いかに聡明な和ちゃんであろうともだ。

     けれど、もし他の誰かが血痕に注目し、死体を見つけたり、

     さらに私たちの家に辿りついたりすれば、どんな馬鹿でも私たちを疑う。

    唯「あっ、ゴメン和ちゃん。ちょっとトイレ」

    和「付き合うわよ?」

    唯「いいよぉ、もうすぐホームルーム始まっちゃうし」

     荷物のことは、この際かまっていられない。

     言い訳もあとで考えよう。

    唯「出席よろしくね」

     私は教室を出ると、体を低くして昇降口へと駆けだした。


    46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:20:48.41

     裏門から学校を出て、さらに走る。

     息が切れたところに、赤信号。

    唯「はあぁ……」

     泡を吹く口角を舐め、往来のないことを確認してから駆け抜けた。

    唯「ひぃっ、はぁっ」

     地面を蹴るごとに脚がガクガク震え、限界の訪れを感じ取る。

     けれど、公園はすぐそこだ。

     私は一気に駆け、公園の入り口で止まる。

     足元には、確かに血痕があった。

     いまだ公園は閑散としており、死体に気付いた者はないらしい。

     私は息をととのえながら、血痕をたどって私の家へと歩く。

    唯「……」

     もし、仮に。


    47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:23:26.48

     仮にこの血痕が私たちの家の前で途切れていたとして、

     私はどうすればいいんだろうか。

     水を撒き、血痕を消す。

     そんなことをすれば、それこそ何をしているのかと問われかねない。

     道端の掃除など、高校生が平日の朝からやるものでもない。

     暑い時期なら打ち水に紛れることもできるが、今日の最高気温は9度。

     コートも置いてきたことを思い出し、私は耳もとに吹きつける風の冷たさにぞっとした。

    唯「どうするの、私……」

     とにかく考えなければ。

     冬空のもとでも怪しまれず、血痕を消す方法を。

    唯「……」

     いや、血痕だけに拘る必要はない。

     憂が殺人をしたと知れなければ、それで十分だ。


    48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:26:58.79

     血痕が途切れた。

     ……ように見えたが、次の一滴は私の家の庭に続いていた。

     そこから先は掠れて見えにくくなっているが、

     血を落とした主が玄関のほうへ向かっているさまがどうにか確認できた。

    唯「……くっ」

     歯噛みして、私は公園へ駆け戻る。

     あれだけの血痕を消すとなると、膨大な作業量を要する。

     私たちが相手取るのは警察だ。

     血のかけらだって残ってはいけない。

     そして元より、誰にも気付かれず完全に血痕を消すことなど不可能に近い。

     ならば、そもそも事件の存在を明るみに出さなければいいのだ。

     公園へと駆けこむ。

     午前8時半の公園。人の姿は、ない。


    50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:30:33.99

     私は周囲を警戒しつつ、林に飛びこむ。

     すこし歩くと、死体はすぐに見つかった。

    唯「……」

     男の背中は、大きく赤く染まっていた。

     この寒さのおかげか、ひどい腐敗や損傷はみられない。

     蛆でもわいていたらどうしようかと思ったが、この分ならば問題なさそうだ。

    唯「よし」

     私は辺りを見回し、林の奥に深い生垣があるのを見つけると、

     男の両脇に腕を差し込んで引きずった。

     求められることは、ただ夜中までにこの死体を隠しきることだけ。

     今この明るいうちでは、いかな行動も起こせるものではない。

     しかし暗くなってしまえば、穴を掘って埋めてしまうことも不可能でない。

     とにかく絶対に隠し通すこと。それが何よりの課題だった。

     「お前、何してんだ」


    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:33:37.49

     心臓がびくりと跳ねた。

    唯「あ……」

     ゆっくりと、声のした方へ振り返る。

     見知らぬ若い男が、むすりとした顔で立っていた。

     「おい……オイ。それ、よォ」

     男の視線は、私の足元に落ちている死体に釘づけになっていた。

    唯「ち、ちが、違いますっ。私じゃありません!」

     「けど今……それ、隠そうとしてたよな」

    唯「それはっ……林の中から出そうと思っただけで」

     「だったら動かす方向がおかしいだろうが」

     「地面に引きずった跡、残ってんぞ」

     男は思った以上に頭が回るようだった。

     対して、こちらは何の言い訳も浮かばない。


    52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:36:50.39

     「うわっ、丸出しじゃねえか」

     男はまず死体に近寄っていく。

     「胸と背中に刺傷か。返り血は浴びてないようだし……」

     「しかし先に……場合も……いや」

     ぶつぶつ言いながら、男が近づいてきた。

     「とにかく、警察に通報させてもらうぞ。お前もここにいろ」

    唯「……はい」

     逃げ切った所で、私は制服を見られている。

     この男なら、制服の特徴もタイの色も覚えていそうだ。

     むろん、髪色や黄色いヘアピンもそうだろう。

     警察に通報されれば、そこから私が桜ケ丘高校1年の人間だとわかる。

     そして、この時間に私が教室にいなかったことも。

     逃げてもメリットは小さい。

     私はうなだれて、男に従った。


    53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:40:30.51

     ベンチに腰掛けて数分。

     パトカーが2台、公園にやってきた。

     男の指摘した通り、私が死体を隠そうとしていたことはすぐ警察にも悟られた。

     私はパトカーに乗せられ、警察署へ連れて行かれる。

     学校にも連絡がいったらしい。横に座った刑事さんが言っていた。

    唯「……」

     私はパトカーの窓に額を乗っけて、流れていく景色を眺めた。

     もう残された手段はひとつしかない。

     私が、私で憂を守るしかない。

     警察署に到着し、私は奥のほうのスペースに通された。

     知っていることをすべて話してほしい。

     刑事さんはそう言った。


    54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:43:11.03

     私はすうっと息を吸うと、眠りに落ちるかのようなまばたきを二回した。

     そして、胸に手を当てて吐露する。

    唯「……あの人は、私が殺しました」

     刑事さんの表情は変わらない。

     私は続ける。

    唯「ゆうべ遅く……10時くらいでしたか」

    唯「私が外をぶらぶらしていると、あの男に声をかけられました」

    唯「えと、私が殺した男の人です」

     私が、という所を強調する。

    唯「男は万能包丁を持ってました。これくらいの」

    唯「それでもって私を脅して、さっきの公園の林の奥に私を連れていきました」

    唯「男は私に声を出さないよう言って、私の服を裂いて……」

     声を落とす。


    55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:46:33.83

     刑事さんは不快そうな顔をして頷く。

     何が言いたいか伝わったらしい。

     安堵の息をつきたいのをこらえて、私は話し続ける。

    唯「……そのうちに、男が包丁を取り落としました」

    唯「一瞬でしたけれど、そのうちに包丁を奪って、すぐ男を刺しました」

    唯「胸を刺してのたうちまわっているところに、背中にもう一刺しを」

     ここのところは、あの発見者の探偵気取りな男を信じるしかなかった。

     彼は死体の胸と背中に刺し傷があると言っていた。

     それが本当でなかった場合――どうしようか。

     「それで……死んだのか?」

    唯「まだ生きていたと思います」

    唯「私は包丁を持ってすぐ逃げたので分かりませんが、そのあと出血多量で死んだんだと思います」


    56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:50:23.72

     「……それで今日、その生死を確認しにいったってわけだね?」

    唯「はい。死んでいたので……犯罪者になりたくなくて、死体を隠そうと思いました」

    唯「……そこで、通報者の男性に見つかったわけです」

     語り終えて、私は刑事さんの表情をうかがう。

     射抜くような目が、ちらちらと飛んできた。

     「その包丁は、今どこにあるんだ?」

    唯「私の家です。台所で血を洗った後、そのままにしてあります」

     包丁は刃だけではなく、柄も丹念に洗ってある。

     指紋は消せている、と思う。

     「……彼の生死を確認するために、なぜ制服を着てきたんだね」

    唯「はじめは学校に行くつもりでした。でも公園の前を通るときに、気になったので……」

     納得していない表情で、刑事さんは頷く。

     もともとそういう顔なのかもしれなかった。


    58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:53:34.00

     「では今から、君の家に行かせてもらおうか」

    唯「私の家、ですか。……はぁ」

     包丁を探しに来るんだろうか。

     断るわけにもいかず、私はあいまいに頷く。

     問題があるとすれば、憂の着ていた白いコートだ。

     私のものだと主張すれば、今はごまかせる。

     けれど、憂は昨日あのコートを着て、たくさんの友達に会っているのだ。

    唯「……」

     パトカーに乗せられながら、私は目を伏せた。

     どうすれば、憂を守れるんだろうか。

     あのコートをうまく処分したとしても、憂が昨日それを着ていたと言う事実は消せない。

     憂は多くのクラスメートと会っているのだ。

     いずれ誰かが訊ねるだろう。
    憂、あのコートはどうしたの、と。


    59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:56:40.22

    唯「あ……」

     誰かがそれに気付く前に、憂が卒業すればいいんじゃないだろうか。

     コートをうまく処分し、卒業によって周囲との関係が断たれれば。

     私は軽く頷いた。再び体に力が戻ってくる。

     今はどうにかして、あのコートを隠し通さねばならない。

     パトカーが私の家に到着する。

     奇妙なことだが、私が家の案内を頼まれた。

     ここぞとばかりに、私は自分の部屋を客間だと説明しておいた。

     客人用のスペースだから、あまり荒らされるのは困る、と。

    唯「……せめて、迷惑はあれきりにしたいですから」

     客間と偽った、私の部屋のクロゼット。

     その中の、ゴミ袋と洋服と紙袋に阻まれた場所にコートはしまってある。

     隠し通せること、なきにしもあらずだ。


    60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 18:59:20.83

     私たちの家を、しばし人々が荒らしまわる。

     警察の目的は別にあるのか、三階に寄りつく人は少なかった。

    唯「……」

     「そういや、昨日の服はどうしたんだね」

    唯「朝捨てました。気持ち悪いので」

     「……一緒に暮らしている妹がいるはずだが、何も言われなかったのか?」

    唯「妹には話していません。昨日は妹も帰りが遅かったですし、何も気付いてないみたいですよ」

     言いながら、私はボロを出したことに気付く。

     憂の帰りが遅かったのは事件に遭ったせいであって、

     本来は1時間ほど早く帰れていたはずなのだ。

     憂の友人が口をそろえて9時には浜辺を去ったと証言すれば、

     まっすぐ帰った場合と実際の帰宅時間とのズレができる。

     失敗した。


    61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:03:18.72

    唯「……」

     こんなことでは駄目だ。

     もっと集中して問答に臨め。

     「……妹さんの学校のほうにも、もう連絡は行っているが」

     刑事さんは頬を掻く。

     「なんだ。君は何故そう敢然としているんだ?」

    唯「かんぜん……?」

     「ああ。……こういうことを言うのは私もあまり良しとしないが」

     「君の自白には、嘘がある。君は誰も殺してなどいない。そう感じる」

     「そしてその嘘をひた隠すために、こうしてここに立っているのではないか?」

     じわりと全身から汗がにじむようだった。

    唯「いえ、そんなこと……」


    62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:06:25.89

     「……君の嘘は、きっと脆い」

     刑事さんは含み笑いをしながら、階段を上がっていく。

     三階へと歩む後ろ姿に、迫力があった。

     いやな汗がだらだら流れ落ちて、私は袖口でこめかみを拭った。

     壁に寄りかかっているだけなのに、息が上がってくる。

     わけもなく瞳がうるんできた。

     「思った通りだよ」

     どこか悲しげな声が、足音とともに降りてきた。

     廊下に出てきた刑事さんの手から、白く赤いコートがぶら下がっている。

    唯「……そうみたいですねぇ」

     「いや、まだ分からないぞ。君の家はもしかしたら客間をゴミ捨て場にしているのかもしれん」

     冗談をとばしながら、刑事さんは私の横をすり抜け、さらに階段を降りていく。

     わたしはずるりと崩れ落ち、乾いた笑いをあげた。


    63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:10:12.30

    ――――

     真相を隠しきることはできなかった。

     今にして思えば、私の工作は穴だらけだった。

     たとえば、私は22時には外をうろついていたはずなのに、

     22時から始まるテレビドラマを見ていたととれる発言を和ちゃんに返していた。

     時間が経てばほころぶもの、即日に崩れるもの、いろいろだ。

     とにかく。数日して、憂があの男を殺したという判断が下された。

     憂の行動にはいくぶんかの正当性が認められて、

     更生をさせられるはめにはならなかった。

     だけれど、周囲の人々にとって、憂が人殺しをしたという事実に変わりはないみたいだった。

     それから数日後、憂は桜ケ丘への入学を辞退し、隣県の私立高校に編入することになった。

     春から私たちは、別々の家で暮らす。

     もしかしたら、私が余計な手出しをしたせいで。


    64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:13:12.98

     数日後、私が学校に行くと、さわちゃんが手招きしていた。

     ついに来たか。

     私は笑顔をつくり、さわちゃんのもとに走る。

    唯「どうしたんですか、せんせー?」

    さわ子「その……あのね」

     眼鏡の奥は涙ぐんでいた。

     私は申し訳なくなって、作り笑顔をやめる。

    唯「……いいよ、先生。覚悟できてるもん」

    唯「殺人の隠蔽って、犯罪なんだねぇ」

     さわちゃんは眼鏡を上げて、ハンカチを目に押し当てた。

     そして、上ずった声で告げる。

    さわ子「ええ。だからっ……唯ちゃんは」

     長く細い息を吐き、さわちゃんは胸を落ちつける。

    さわ子「……平沢さんは、強制退部処分、だそうよ」


    65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:16:49.72

    唯「……そっか」

     私は笑おうとして、失敗する。

     涙としゃっくりが邪魔をした。

    唯「……仕方、ないんだよね? わるいことしたんだもん……」

    さわ子「……」

     さわちゃんは黙って、私の背中に手を置く。

    唯「けいおんぶっ……たのしかったのに、な」

     一瞬、ふわりと大人っぽい匂いがしたけれど、すぐに鼻が詰まってしまった。

    唯「さわぢゃん、わだしぃ……」

    唯「くく、くやしい、なっ……もっと、けいおんしたかったよぉ……」

     ぎゅっとさわちゃんは私を抱きしめた。

     腕をのばして、言葉にできない悲しみと私は抱き合う。

     それからはもう、涙しか出てこなかった。


    66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:20:15.70

     放課後、私はさわちゃんと一緒に音楽準備室に向かった。

     1年間一緒に部活をやった仲間に、お別れを言うために。

    紬「唯ちゃん。今日も寒いわね」

     5人分のお茶が入る。

     ムギちゃんの紅茶が飲めるのも今日限りかと思うと、感慨深い。

    唯「ありがとう、ムギちゃん。いつもいつも」

    紬「いいのよ、私も紅茶好きだから」

     上品にムギちゃんは笑う。

     笑顔を返したかったけれど、やっぱり無理だった。

    唯「ううん。本当にありがとう」

    紬「……照れちゃうわよ」

    律「……私たちも感謝してるぞ、ムギ」

     会話の止まる雰囲気を察知したのか、りっちゃんが言う。


    68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:23:12.88

    律「でもムギさぁ、なんで紅茶を持ってこようと思ったんだ?」

    紬「言ったじゃない。好きだからよ」

    律「あ、あぁ……」

     でも、そんな努力もむなしく、会話は止まった。

    澪「……唯」

     沈黙を破ったのは、澪ちゃんだった。

    澪「その……話があるんだろ」

    唯「……うん」

     重苦しい雰囲気の中、私は頷いた。

     いつもの楽しい空気で言い出せたらな、と思っていたけれど、

     やっぱりそういう訳にもいかないみたいだ。

     軽く話していいことと悪いことがある。


    70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:26:35.59

    唯「憂の事件と、それから私がやったことをうけて……」

    唯「……私は、強制退部処分だってさ」

     どんよりとした空気に、さらに低い空がのしかかってきた。

     口を開くのもためらわれるような中で、りっちゃんが机を叩く。

    律「……っかしいだろうよぉ」

    律「こんなの、おかしいじゃねえかよ……」

     もう一度、りっちゃんの拳が机を叩く。

     さすがドラマー、いい音がした。

    律「さわちゃんっ、唯は何も悪くないだろ! なんで唯が辞めさせられなきゃいけないんだ!」

    唯「りっちゃん、違うよ。私がいけないんだ」

    律「いけないもんか! 説明しろよさわちゃんっ!!」

    澪「律、よせ。……判断したのはさわ子先生じゃないだろ」

     澪ちゃんがそっとりっちゃんを宥める。


    71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:30:19.68

    律「……くそぉ」

     りっちゃんは机に伏してしまった。

    紬「どうにも、ならないんですか」

    さわ子「残念だけど……」

     さわちゃんが俯く。

     きっと撤回のために頑張ってくれたんだろう、

     輪郭がすこし細くなっていることに気がついた。

    律「なにもかも、ヤロォのせいだ……」

    澪「男か……」

    唯「……」

     私は椅子を引き、立ち上がった。

    紬「……唯ちゃん?」


    72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:33:45.01

    唯「……私の退部処分は、今日からだから」

    律「唯、待てよ!」

     りっちゃんが私の腕を掴もうとする。

     その前に駆けだして、私は長椅子に置いていたカバンをとった。

    唯「ゴメン、みんな。最後まで一緒にやれなくて……」

    紬「やだ……唯ちゃん、辞めちゃいやよ!」

    澪「……唯がいなくなったら軽音部はどうするんだ」

    澪「そんな所に居るなっ! 戻ってこい!」

     ムギちゃんは、らしくもなく涙と鼻水を落として駄々をこね、

     澪ちゃんは学園祭の日、マイクで拡声した声より大きく怒鳴る。

    唯「ありがとう。引きとめてくれて」

    唯「私、みんなが大好きだよ。優しいみんながっ……」

     しずくがぽたぽた、床を濡らした。


    76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:36:13.43

    唯「ギー太……」

    唯「ギターは、軽音部に貸しておくね」

     ソファに立てかけてあるケースを私は見やった。

    唯「好きに使っていいから……ちゃんと新入部員つかまえるんだよ」

    唯「4人いなきゃ、部活にならないんだから!」

     精一杯、心が壊れそうなくらいに頑張って、

     私はようやっと笑顔をつくった。

    律「唯……」

    唯「来年の学祭でも、ギー太の歌を聞かせてね。絶対だよ!」

     それだけ言って、私は逃げ出した。

     扉の開く音が追いかけて、ムギちゃんの声がする。

    紬「唯ちゃんっ、いつでもまた遊びに来てちょうだいね!」

     階段を駆け降りる私の耳に、そんな言葉が届いた。


    77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:40:19.08

      (2)


     流行する噂には法則性がある。

     見出しが単純で、かつ話題性に富んでいること。

     「何で?」「どんな?」と聞き手の興味を惹きつける材料があること。

     そしてその問いに対し返ってくる答えもまた、刺激的であること。

     ――平沢唯が、軽音部を強制退部処分だって。

     すべて、満たしていた。

    和「おはよう、唯」

    唯「……おはよ」

     事件からまる一週間が過ぎて、私はようやく平穏な生活を取り戻したかに思えた。

     マスコミの数も今朝はうんと減った。

     隣町で子が親を殺害する事件が起き、みんなそっちに流れたみたいだ。

     ろくに報道できない未成年の事件よりも報道の体をなすし、

     何より私たちの事件は、大衆にとって既に鮮度が落ちたんだと思う。


    79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:43:28.60

     けれど、それはあくまでマスコミのほうの話だ。

     私の周りに、事件の話題はまだ色濃く残っていた。

     ……いや。

     むしろ私の退部処分という、どこか現実的な見出しによって、

     この話題はようやく熱を持ち始めたような感があった。

    和「憂は……どう?」

    唯「新しい生活のことだけ考えてるみたい。……元気そうに装ってるだけかな」

    和「……離れて暮らすの不安じゃない?」

    唯「憂なら大丈夫だよ。しっかりしてるから一人でも平気だって」

    和「唯の話をしてるんだけど」

    唯「ぷー」

    和「ふふ……」

     和ちゃんの冗談はあまり面白くなかった。


    80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:47:07.53

    唯「……心配してくれてありがとね」

     私はにこりと笑う。

    唯「でも私も大丈夫だよ。会おうと思えば会えない事もない距離だし」

    和「そうね。あなたたち姉妹に言うことでもないと思うけど……仲良くしなさいよ?」

    唯「……あはは」

     和ちゃんの心配は、すこしばかり当たっているような気がした。

     部屋でからっぽのギタースタンドを見るたび、私は毎度切ないのだ。

    和「でも、いいのかしらね」

     どこか宙を見上げて、和ちゃんは言う。

    和「そんなことを言うけれど、私には……すごく心配なのよ」

    和「あなたたち二人には、一緒にいてほしかったわね」

     私も、そんな和ちゃんの顔を見るのをやめて窓の外に目をやる。

    唯「そんなの、私だって。憂と一緒に暮らしていたかったよ」

    和「……そうよね。ごめんなさい」


    81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:50:04.00

     一週間前より少し暖かくなった空を、ばさばさ黒い鳥が羽ばたく。

     校庭に影を落としながら、学校の敷地を横切っていく。

    唯「……」

     和ちゃんをちらりと見た。

     わけなんて無いんだろうけど、切れかけの蛍光灯をじっと見上げている。

     窓の外に、もう鳥はいなかった。

     私たちは正反対の方向を見つめながら、なにも語らうことなく時間を流す。

    和「……」

     憂と離れて暮らして大丈夫だろうか。

     和ちゃんに言われるまで、考えないようにしていた。

     遠くへ行ってしまった憂が、いつでも私のことを考えていてくれる保証はない。

     何より怖くて辛いのは、

     憂にとって私が遠い存在になってしまうこと。


    82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:54:41.53

    唯「……やっぱ、わたし憂のとこ行こうかな」

     新品の上履きを擦り合わせながら、私は言った。

     和ちゃんが振り返る。

    和「唯?」

    唯「私はいつだって憂のこと考えてるけど……」

    唯「憂も私のことを考えてくれてるとは限らないよ」

     私の言葉に、和ちゃんはちょっと押し黙る。

     だけどすぐに、固くしていた口元をふっと緩ませた。

    和「そんなことはないわ。憂は唯のこと、いつも考えているはずよ」

    和「私はずっと唯達のこと見てきたもの。断言できるわ」

    和「あなたたちは別々に暮らしても、心まで離れたりしない」

     そう言って、私の頭を撫ではじめる。


    85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 19:58:01.69

    唯「だといいんだけど……」

     頭を撫でられる優しい感覚に、私は目を閉じた。

    唯「……うん、そうかな」

     私は考えるのをやめて、笑う。

    和「そろそろ昼休み、終わるわね」

    唯「席戻る?」

    和「ええ。じゃ」

     そんな私の変化を見取ったのか、和ちゃんは軽く手を振り、

     自分の席にすたすた歩いていく。

     大丈夫だ。

     不安がないと言えば嘘になるけれど、

     私が私たちの絆を信じられなくてどうするんだ。

     頬を叩いて、私は5限目の支度を始める。


    87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:00:16.23

    唯「……っ」

     机の引き出しの中に手を入れて、私は奥歯を軋ませた。

     がさりと指先に当たる感触は、くしゃくしゃにされたメモ用紙だった。

     私はそれを握りつぶしてポケットに入れると、黙って教科書を出す。

     ふと、また私たちの今後が気にかかる。

    唯「……変わっちゃったのかな」

     私たちは。

     和ちゃんがずっと見守ってきた平沢姉妹ではなくなってしまったのかもしれない。

     小さなメモ用紙によって、制服のポケットが膨らんでいる。

     それと同じくらいの大きさで、

     私はそれまで抱いたことのない気持ちを、心の中でふくらませていた。

     授業が始まるまで、私はなんとなく、

     憂がいまどんな顔をしているのかと想像を巡らせていた。


    89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:03:32.11

    ――――

     放課後、和ちゃんは生徒会があったから、

     私は一人でまっすぐ帰ることにした。

     一人で学校から帰るのは久しぶりだった。

     いつも軽音部のみんなが一緒だったし、みんな用事で部活のない日も、大抵は和ちゃんがついていた。

     孤独はすごく懐かしい。

     そう思ったけれど、一週間ほど前の夜も十分孤独だった。

     憂が襲われた夜。

     憂が人を殺した夜だ。

    唯「……」

     私は暖かくも寒くもない帰路を行く。

     遠回りをして、公園の前は通らないようにした。

     以前うっかり通ってしまった時、近所のおばさん達が声をひそめたからだった。


    90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:06:21.67

     4時前に家に着く。

     朝、きちんと施錠して出ていったはずだが、鍵はかかっていない。

     憂の卒業式はもう終わっていて、憂は一日中部屋に籠っている。

    唯「ういめ……」

     私は階段をすとすと上がり、自室にカバンを放り投げる。

     隣の部屋で動きがあったが、構わずドアを開けた。

    唯「ういー、お姉ちゃんにただいまは無いの?」

     憂は髪をほどいたままで床に転がり落ちていた。

     今の今まで寝ていたらしい。

    憂「気付かなかったよ……びっくりしたぁ」

     暢気に笑う妹に、私はさらに近づく。

    唯「憂、寝てたの?」

     私は両手を後ろに回し、憂の前でしゃがんだ。


    91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:10:19.42

     めくれた布団を見れば訊くまでもないことだったけれど、

     私はあえて憂に尋ねてみた。

    憂「うん……家に一人でいても、眠くなっちゃうだけなんだ。買い物に出たりもしたけど……」

     寝ぼけ眼をこすりながら、憂は答える。

    唯「だったらっ」

     私は左手で憂の首を掴んだ。

     私の左手が勝手に、そういうように動いただけかもしれない。

     どっちでもよかった。

    憂「う、ぎぅ……!」

     ギー太のネックを持っていた手が、今は憂のネックをきつく絞めている。

     憂は無様に床に倒れ、身悶えて私の手をふりほどこうとする。

     私は憂の上に馬乗りになり、腕に体重をかけた。


    93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:13:23.34

    憂「あ、アアぁぁ……!!」

     その姿がいつかの暴漢と重なったらしい。

     憂の瞳から輝きが消え、涙があふれ始める。

     首を絞められながら必死でひり出している悲鳴を聞いて、私は力を抜く。

     同時、振り上げられた憂の膝が、私の背中を蹴りつけた。

    憂「ハ、はぁ……ゲホッ、ゲホ」

     私は咽せ込む憂のそばに腰を据え、憂が落ち着くのを待った。

     やがて深い息を吐いてから、涙をこぼしたまま憂は言った。

    憂「お姉ちゃん、どうして……」

    唯「シミュレーションだよ」

    憂「……シミュレーション?」

     ゆっくり体を起こし、憂はベッドに頭をのっける。

    唯「そう。私たちの家に来たのが私じゃなく、強姦魔だった場合のシミュレート」


    95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:16:18.76

     憂はまだ泣いていた。

    唯「……憂。鍵は絶対にかけて。家じゅう全部」

    唯「扉がついてる箱なんて……私たちに興味を持った連中からしたら」

    唯「プレゼントボックスより開けやすいんだから」

     手を伸ばし、憂の涙を拭ってあげる。

    唯「襲われた時に、相手を殺せることなんて滅多にないんだよ」

    憂「お姉ちゃん……」

    唯「……殺されることの方が多いくらい」

    唯「家の中だからって安心なんかしちゃダメ」

    唯「入ってくる人間は絶対にいるよ」

     厳しく言って、それから憂の頭を撫でた。

    憂「……わかった。ごめんね、お姉ちゃん」

    唯「わかればよろしい。……憂」


    96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:20:04.13

     私はなんだか久しぶりに、憂に抱きついた。

    唯「ごめん、私……怖かったよね」

    憂「……ううん。苦しかったけど、お姉ちゃんだから、全然」

     耳もとで憂が笑った。

     私は洟をすすって、憂の襟足に涙をこすりつける。

    唯「こわいの、つらいの……憂が知らない所で一人で暮らすって思うと」

    唯「不安で心配で、胸がつぶれそうになるんだ……」

     ああ、なんだ。

     私は姉のようなことを言っておいて、結局は。

    唯「あんまりお姉ちゃんに心配かけるようなこと、しないでよぉ……」

    憂「ごめんね……ごめんね、お姉ちゃん」

     憂に安心させてもらいたいだけなんだ。


    97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:23:28.88

    憂「……お姉ちゃん、心配しないで」

     憂がやさしく抱き返してきた。

    憂「私は大丈夫だよ」

    唯「憂……」

    憂「わたし……お姉ちゃんのこと、大好きだもん」

    憂「だからもう、絶対悲しませないよ」

     あたたかな憂の体温。

     やわらかな体。ほんの少しだけ汗っぽい匂い。

    唯「……憂、わたし決めたよ」

    憂「決めたって、なにを?」

     未練がないわけじゃない。

     けれど、もう全部失ってしまったことを認めなきゃいけないんだろう。

    唯「憂と同じ高校に、行く」


    101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:26:40.51

    憂「……それって、桜高をやめるってこと?」

     おそるおそるといった感じで、憂は訊ねる。

    唯「うん。憂のとこに編入する」

     きっぱりと言った私の体を、憂はぐっと押しのけた。

    憂「だめだよ、そんなの……」

    憂「軽音部の皆さんも悲しむよ。和ちゃんだって」

    唯「軽音部は辞めさせられたよ?」

    唯「今や特例で部室の使用が認められてるだけの3人組」

    唯「来年部員を補充できなきゃ、本当に廃部して……」

     憂が私のくちびるに、人差し指を当てた。

    憂「……」

     無言で、首を横に振る。

     ダメ、とサインを送っているのだと理解するのに時間がかかった。


    102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 20:30:01.99

    憂「お姉ちゃんは、桜高に通わなきゃ」

     私の胸を、鎖がぎりぎり締め付けた。

    唯「どうして……」

    憂「……みなさんは、お姉ちゃんの大事な人だから」

    唯「でも、憂が一番大事だよ!」

     幼馴染、部活仲間。

     みんなのことは大好きだけど、家族の憂より大事とはいえない。

     私が必死で憂にすがりつくと、くすりと笑い声が降ってきた。

    憂「だからだよ、お姉ちゃん」

    唯「え……?」

    憂「和ちゃんも、律さん達も、友達の一人でしかないから」

    憂「お姉ちゃんが大事にしてあげないと、知らない誰かになっちゃうよ?」

    唯「けど……」


    105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:00:15.28

     憂は悲しげに笑った。

     私の気持ちが、憂の笑顔をそういう風に見せたのかもしれない。

    憂「わたしは平気だから。お姉ちゃんは律さん達と仲良くして」

    唯「……」

     憂は何を求めてこんなことを言うんだろう。

     私のため、なんだろうか。

     私が和ちゃんやムギちゃんたちと仲良くして、憂は嬉しいんだろうか。

    唯「憂は……それでいいの?」

    憂「そうしてほしい、かな」

     ちょっとだけ目頭の痛くなる答えが返ってくる。

    憂「軽音始めたお姉ちゃん、すごく楽しそうだったもん」

    唯「でも、私は……」

     軽音部には、戻れない。

     私は人殺しを庇ったから。


    107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:03:35.07

    憂「お姉ちゃん、希望を捨てたらいけないよ」

    憂「きっといつか、軽音部に戻れるから」

     どうしてだろう。

     軽音部のことはもう、とっくに諦めていた。

     遊びに行くつもりもなかった。それなのに。

    唯「……ありがとう、憂」

     憂の声で言われたら、急に軽音部がなつかしくなった。

     ギターのコードを覚えたこと、学祭ライブの思い出。

     合宿をしたこと、クリスマス会のこと。

     私は、無理に忘れようとしていたんだろうか。

    唯「えへへっ」

     自然と笑いがこぼれた。

    唯「うい。戸締まりはしっかりね!」


    109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:06:41.11

    ――――

     2週間後、私たちは笑顔で別れた。

     次に会えるのはゴールデンウィーク。

     だけど、不思議と寂しさは無い。

     それは多分、私の中に憂がいるから。憂の中にも私はいるから。

     その日がとても暖かかったのは、

     春がすぐそこまで来ていたせいだけではないんだと思った。

     2年生になった私は、りっちゃんとムギちゃんと同じクラスになった。

     クラス替えでごちゃごちゃした所為か、私への嫌がらせもぱたりと止んだ。

     友達には戻れなかったけれど。

     でも憂の言う通り、希望を捨てなくてよかった。

     放課後と、家に憂がいないことを除けば、

     私の生活はすっかり元に戻り始めていた。


    110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:10:06.61

     新1年生も入学し、学校も平凡な日常におさまりつつあったある日のこと。

    律「新歓ライブをやることにしたんだ」

     りっちゃんがそんな報告をした。

    唯「しんかん?」

    紬「新入生歓迎ライブよ、唯ちゃん」

    律「名目上は、だけどな」

     軽音部ではなく、田井中律として講堂の使用許可をとり、

     入部者を広く募集するためのライブをやろうということらしい。

    唯「確かにあのポスターじゃ部員は獲得できそうにないもんねぇ」

    律「去年アレを見て入部届け出したのは誰だ」

    唯「そんなこともありましたねぇ」

     頬杖をついて、私は掲示板に張られていたポスターを思い返す。

     ギタリスト募集の文字の上には、

     「入部者にはギター(25万円相当)を貸与!」と書かれていた。


    111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:13:24.16

    紬「……演奏は、さわ子先生にお願いすることになったわ」

     おずおずとムギちゃんが言う。

    唯「うん、それがいいね。私ももうギター弾かなくなってずいぶん経つし」

    唯「コードとか忘れちゃったもん」

    律「……ったく」

     りっちゃんが不機嫌そうに腕組みをした。

    唯「いやはやぁ、申し訳ない」

    律「ん……いや」

    唯「それで、ライブっていつやるの?」

    紬「3日後よ。放課後にやるわ」

    唯「……3日後かぁ」

     私は唇を曲げてみた。

     日付なんていつでもよかったんだ。


    112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:16:21.46

    律「聴きに来いよ、唯」

     りっちゃんが私の肩にぽんと手をのせた。

    律「さわちゃんがギター弾いてくれるって言うしさ。めったに聴けないぞ?」

    唯「……行きたいけど」

     視界が下向いた。

     この上履きを買ってから結構経つけれど、汚れはちっともついていない。

    紬「唯ちゃん、都合つかないの?」

     正直なところ、私は純粋な気持ちでりっちゃんたちの演奏を聴ける自信がなかった。

     さわちゃんの立つ場所は、本来私が立っているべき場所だと思ってしまう。

     そして、どうして私がそこに立てないのかと思ってしまう。

     みんなの演奏も、ギー太の歌も聴きたいけれど。

     それで私は満たされるのかと言うと、それとはまったく逆で、

     むしろ軽音楽のない今の退屈さを再確認するだけに思えた。


    113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:20:47.55

    唯「3日後は、ちょっと用事が……」

     私は嘘をついた。

     用事なんて一つもない。

    律「そうか……」

     りっちゃんの手が肩からおりる。

    唯「ごめんね。またライブやるときは呼んでほしいな」

    律「いいって。今度は早いうちに知らせるよ」

    唯「うん。ライブ頑張ってね!」

     私は落ちそうになったりっちゃんの手をとる。

    律「……ああ、任せろ。絶対部員つかまえるからな」

     視線を合わせて、頷き合う。

     ムギちゃんが不思議そうな顔をした。

    紬「でも唯ちゃん、用事って?」


    114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:24:35.71

     軽音部のライブより大事な用事がなんなのか、ムギちゃんは気になるらしい。

     そう思ったら、次の嘘は簡単に思い付いた。

    唯「憂のとこ行くんだ。三週間ぶりぐらいかな?」

    紬「あ、そうだったの……」

     ムギちゃんは申し訳なさそうな顔をする。

    唯「ほんと、ごめんね」

    律「謝るなよ。私らより憂ちゃんを優先するのは当たり前だ」

    唯「……そうかもね。ありがと」

     憂との約束は、りっちゃん達と仲良くすること。

     でも毎日顔を合わせていたって、憂以上の存在にはやっぱりならない。

     憂の顔を思い出したとき、

     私の吐いた嘘はすでに嘘ではなくなっていた。


    116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:28:15.64

     三日後、新歓ライブのステージに出向くみんなを見送ってから、

     私は電車に乗って憂の町に向かった。

     憂にはまだ、私の来ることを知らせていない。

     私は簡単な荷物と着替えだけ持って、2時間電車に揺られる。

     今日は金曜日だから、憂の家に二晩泊まって、日曜日に帰るつもりだ。

     交通費が財布に痛かったけれど、憂の顔を見れるなら安いものだった。

    唯「ふふふ……」

     憂の一人部屋は、どんな暮らしぶりだろうか。

     私は電車の中でにやにや笑い、隣のサラリーマンと会釈を交わした。

     一度しか来たことのない駅のホームに降り立って、住所から検索した地図をたよりに歩く。

     品のいい街並みに建てられたマンションは、すぐに見つかった。

     エレベーターで4階に上がる。


    117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 21:32:11.67

     412号室に、平沢の札が掛けてあった。

     呼び鈴を鳴らし、のぞき窓に顔を近づける。

     向こう側に、ぼんやりと肌色が浮かぶ。

    唯「こんばんわ、憂」

     がたりと音を立てて、ドアロックが外された。

    憂「お姉ちゃん、なんで……?」

     小さく開いた隙間から、憂が顔を出す。

     私はただ、歯を見せて笑った。

    憂「あ、とりあえず」

     憂は大きくドアを開け、私を迎え入れた。

     すぐそこにある台所から、だしと醤油の煮立つ匂いが漂ってくる。

     私がいなくてもしっかりやっているようで、安心した。


    122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:00:08.45

     ぱたりと閉じたドアに、鍵とチェーンが掛けられる音がする。

    憂「お姉ちゃんっ」

    唯「おっとと」

     かと思うと、靴を脱いでいる私の背中に、ぎゅうっと憂が抱き着いてきた。

     私はバランスを崩して、壁に手をつきながらずりずり床に落ちていく。

    唯「もう憂、寂しかったの?」

     半分脱げた靴を沓脱ぎに落として、憂の頭をなでる。

    憂「うん、実を言うとね。けっこう寂しかったりしたかな」

     それは憂なりの、私を気遣った表現なのかもしれなかった。

     本当はさびしくて仕方ないのに、私を心配させまいとしているんだ。

    唯「……」

     鍋の噴きこぼれる音がする。

    唯「……憂、お料理の途中でしょ?」


    125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:04:12.95

     憂は私の首もとに頬をのっけたまま、答えない。

     だし汁の沸騰する音が聞こえなくなった。

     噴きこぼれで火が消えてしまったのだろう。

    唯「憂……?」

    憂「……寂しかった」

    唯「う、うん」

     腕が疲れてしまわないか心配になるほど、憂は強く私を抱きしめる。

    唯「ごめんね」

    憂「……」

     背中を包む、憂のぬくもり。

     憂がすこし顔を上げて、私の耳に唇を触れて囁いた。

    憂「大好き、お姉ちゃん」

    唯「……私も大好きだよ、憂」


    128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:08:13.27

     くすりと笑って、憂の体が離れた。

    憂「お姉ちゃん、ご飯は食べてきた?」

    唯「ううん。久しぶりに憂のご飯食べたかったから」

     私が言うと、憂は幸せそうに笑顔を垂れた。

    憂「じゃあ、作る量増やすね。ちょっと待ってて」

     おもむろに立ちあがって、台所に憂は歩いていく。

     かちゃりとコンロの火がつけ直され、料理が再開される。

     私も手をついて立ち、部屋の端に荷物を置く。

     女の子の部屋としては、少し殺風景だ。

     窓はすべて厚いカーテンで遮られ、外の様子をうかがうことはできない。

     床には鼠色のマットが敷かれ、あとはテーブルとベッドが置かれているくらいだ。

     部屋の隅には筆記用具の散乱した机と、ほこりをかぶった箱型テレビが追いやられている。

    唯「……」


    129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:12:12.32

    唯「ねぇうい、憂って普段なにしてるの?」

    憂「携帯いじってるよ。写真見たり、友達とメールしたり」

    唯「友達はできた?」

    憂「お姉ちゃん」

     私の言葉を遮るように、憂が台所から顔を出して言う。

    憂「今日はもう遅いし、泊まっていくんだよね?」

     それは私の質問に対する憂の否定にもとれた。

     だから憂は、こんなにも寂しがっているんだろうか。

    唯「……うん、明日も泊まってくよ」

    憂「でも、そしたら寝る場所が……」

    唯「んー、あのベッドなら二人で寝れそうだよ」

     シーツを撫でて、憂のベッドを眺める。

     少し狭くはなるだろうけれど、二人くらいなら横になれそうだった。


    130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:16:08.40

    憂「あ、そっか……一緒に寝たらいいんだね」

     台所に引っ込んで、憂はちょっと声を大きくする。

    憂「なんか、久しぶりだね? 一緒に寝るのって」

    唯「そうかもね。子供のころはしょっちゅうだったけど」

     雷のよく落ちた夜や、怖い話を聞いた夜は、

     しばしば憂が私のベッドに潜りこんでくることがあった。

     私たちが大きくなって、二段ベッドを卒業してからもその習慣はしばらく続いたけれど、

     時間が経つにつれて、だんだんと憂は私のところに来なくなっていた。

    唯「最後に一緒に寝たの、いつだったっけ?」

    憂「さあ……」

     私もすこし考えてみたが、遠い昔のことしか思い出せなかった。

     記憶の中の憂は、顔を真っ赤にしている小学5年生くらいの少女だった。

    憂「よし、できたよお姉ちゃん」


    132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:20:42.03

     憂が大きな丼に盛ったかけそばを運んできた。

     そっと座卓にのせ、熱そうに手を払う。

    唯「憂のは?」

    憂「いま持ってくるよ」

     そう言って憂はまた台所に引っ込み、小鉢のような皿に蕎麦を盛ってきた。

     私は目を疑った。

     瞼を擦り、テーブルに置かれた丼ぶりと深皿を見比べる。

     憂が自らの前に据えた深皿の大きさは、私の丼ぶりの半分もなかった。

    唯「……憂、ダイエット中?」

    憂「うん、まぁ、少し」

     私はよろけながら立って、憂の後ろにまわり、

    唯「ちょっと失礼」

     憂の服の裾から手を突っ込んだ。


    133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:24:21.35

    憂「うひゃっ!? お姉ちゃん……手冷たいよ」

     そして手に返ってきた感触に、私は絶句した。

    唯「そんな……」

     肉を寄せることすらできなかった。前は指でぷにぷにできた憂のお腹が、ぺたんこになっている。

     私は服から手を抜くと、テーブルの丼を掴み、憂の前に押しつけた。

    唯「これは憂が食べなよ」

    憂「えっ? でも……」

    唯「ちょ、ちょーっとね。憂は痩せすぎだと思うなぁ」

    憂「う……そうかな?」

     ばつが悪そうに眉尻を下げて、憂は丼を受け取る。

    唯「どうしても食べきれなかったら私にくれていいから、お腹いっぱい食べなよ」

    憂「うん……」


    135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:28:21.00

    唯「さてと……」

     私は床に座って箸をとると、手を合わせた。

    唯「いただきます」

    憂「いただきます」

     憂も同様に手を合わせた。

     すこし笑い合って、温かいそばをすすり始める。

    唯「うん、うまい!」

     私でも、あの大きなどんぶり鉢に入ったそばを食べきれるかは自信がなかった。

     憂も長いこと平沢家の家事を担当していたから、私の食べる量くらい把握しているはずだ。

     それなのに過剰に盛られた蕎麦、そして少なすぎる憂の食事量。

     かなり痩せた腹周り。

     憂の中で、食事というものが大事はなくなってしまったんだ。

     だから適切な食事量が分からない。

     だから食事が退屈で、食べる量が減っていく。


    138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:34:15.60

     憂は1時間以上をかけて、どうにか蕎麦を食べきった。

    唯「ほんとに一人でちゃんとやってる?」

    憂「大丈夫だよ」

     お腹をさすりながら、憂は笑う。

    憂「お姉ちゃんがいないのは、そりゃ寂しいけど……」

    憂「一緒に撮った写真とか見てたら、まぎらわせるんだ」

     私は手と膝をついて、四つん這いの格好で憂にすりつく。

    唯「ん~、ういー♪」

    憂「おねえちゃん……」

     大きくなった憂のお腹を撫でる。

     幸せが胸に満ちてきた。

    唯「今日と明日は、いっぱいベタベタしようね?」

    憂「そだね。エヘヘ」


    139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:38:17.03

     私たちは一緒にお風呂に入った後、憂の部屋着に着替えて、

     眠たくなるまでベッドでお話をした。

     最近の話じゃなく、1年以上昔の話ばかりを、ずっと。

     話しながら色んなことを思い出して、私は再び認識する。

     憂が一番、大好きだ。

     そのうちに憂は、私の腕の中で眠りに落ちた。

     私は頬に軽くキスをして、時計がかちこち鳴る音にまざる

     憂の寝息を子守唄に、暖かな気持ちで目を閉じた。

    ――――

    憂「お姉ちゃん、朝だよ」

     憂の声で私は目覚める。

     カーテンが閉まっているので分からないが、時計はたぶん朝の9時を指している。

     少し眠りすぎたみたいだ。


    144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:42:23.09

    唯「おはよ、憂」

    憂「おはよー」

     私は憂に体を起こしてもらい、ベッドを降りた。

     テーブルにはすでに朝食が用意されている。

     トースト、スクランブルエッグ、レタスのサラダにオレンジジュース。

     種類はあるが、量は2人前にしては少なめにも見えた。

     何より、トーストは一枚きりしかない。

    唯「ほい」

     私はトーストを半分にちぎって、憂の前にちらつかす。

    憂「太っひまうご」

     憂がなにか言いかけたが、トーストを口に押し込めたら静かになった。

     きょうだいの関係において、

     年長者のもつイニシアチブはもしかしたら親子関係のそれより強いかもしれない。


    147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:46:17.83

    憂「んぐっ……もう、お姉ちゃんっ」

     トーストを飲みこんだ憂が頬をふくらます。

    唯「ごめんごめん。けど、憂にはしっかり食べてほしいし」

    憂「……」

     言葉も返さずに、憂はレタスを食む。

     何か胸のうちに秘めている様子だ。

    唯「えっと、今日はどこか行く?」

     私は憂を前にして、言葉を詰まらせてしまった。

    憂「洗濯とかしなきゃいけないから、お昼からどっか行こっか」

    唯「うんうんっ、そうしよう!」

     憂が笑って、返事をしてくれた。

     その程度のことに、心が震えるほど嬉しくなる。

     私はなんだか、憧れの人とのデートを取り付けたような気持ちだった。


    149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:50:16.33

    ――――

     昼になると気温も上がり、すこし汗ばむくらいになってきた。

     私は掃除をしている憂の代わりに昼食を作る。

     憂の食事量に合わせて作った昼食を笑顔でたいらげてもらって、私たちは外に出た。

     まだ憂自身も不慣れな街を、私たちは歩く。

     シャッター通りの先に百貨店があって、私たちはまずそこに向かった。

     特別、洋服を買いたいとかいうことはなかったし、そもそも財布に余裕もない。

     ただ憂と一緒になにかをしているというだけで、私は楽しかった。

    唯「あっ、これいい!」

    憂「どれ? お姉ちゃん」

    唯「これだよこれ。見て、私と憂みたいだね」

    憂「……ほんとだねぇ」

     同じ柄で、形の違う帽子をそれぞれ購入する。

     早速お揃いでかぶって、プリクラ機に直行した。


    152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:54:26.27

    憂「なんて書く?」

    唯「うーん……」

     私はちょっと首を捻り、ペン先をパネルに当てる。

     「4ever」と書いて、手が止まる。

    憂「ずっと……?」

    唯「ずっと……」

     私は星型のスタンプを、ピリオドのように押した。

     ぼかしたのは、それがハッキリと記すようなことではないような気がしたから。

     当たり前すぎて、書きたくなかった。

    憂「ほし……?」

    唯「ま、ダジャレかな」

    憂「……あ、そういうことかぁ。えへへっ」


    156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 22:58:22.97

     ラクガキを終え、出てきたプリクラを半分に切り分ける。

    唯「ふぃーっ」

     騒がしいゲームコーナーを抜け、ベンチに腰掛けて小休止にする。

     憂もすこし疲れたらしく、天井に向かって息を吐いていた。

    憂「ふぅー……エネルギー使うね」

    唯「……なんか食べますかぁ? アイスとか」

     私はフロアの端っこにあるアイス屋さんに目をやった。

    憂「うーん、間食はちょっと控えたいなぁ」

     どうやら憂がダイエットをしているというのは本当のようだ。

     それにしたって、ここまで隙を見せずにいる憂も珍しいけれど。

    唯「ちょっとくらい平気だよぅ」

     憂が懸命に我慢しているのが可愛くて、下卑た声で誘惑してみる。

     もちろん、憂と一緒にアイスが食べたいのも本当だけれど。

    憂「いいよ、いらないもん」


    157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 23:02:10.71

    唯「そんなこと言っちゃって。我慢は体に毒だよ?」

    憂「平気だよ。お姉ちゃんひとりで買ってきたらいいじゃん」

    唯「……いまのはカチンと来たねぇ」

     私はだんだん焦れてきて、憂の手を掴んだ。

    唯「こうなったら無理矢理食わせてやる! うりゃーっ!」

     そして思いっきり腕を引っ張って――異変にようやく気付いた。

    憂「……」

     憂はベンチに張りつけられたように動かず、俯いていた。

     そして、深く被った帽子の陰から、ぽたりぽたりと雫を落とす。

    唯「ういっ?」

     私は慌てて憂の手を放してハンカチを出し、涙を拭う。

     布ごしに触れた涙は、ひどく冷ややかだった。


    159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 23:06:17.83

     どうして憂は泣くんだろう。

     憂のことが分からなくて、私まで泣きたい気分だった。

    唯「よしよしよし……」

     ひたすら憂の頭を撫でて、ぎゅっと抱いて、私は沈んだ気持ちをごまかす。

    唯「なんだかわかんないけど……ごめんね。憂はダイエット頑張ってるんだもんね」

     こくこく憂は頷く。

    唯「……ごめんね」

     そんなことが、涙の理由なのか。

     そうだとしたら、憂のダイエットには、何か深い事情があるのだろう。

     その事情というのは、いったい何なんだ。

     ――憂の罪に関係のある事なんだろうか。

    唯「……うい、今日は楽しかったから。もう帰ろっか」

     腕の中から、頷きが返ってきた。


    161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 23:10:38.95

     憂の歩くスピードは遅く、マンションに戻ってくる頃にはすでに日が落ちていた。

     部屋にあがると、すぐ洗濯ものを畳んで片づける。

     憂はベッドに倒れ込み、脇腹を中指でトントン叩いていた。

    唯「……憂、あのさ」

     音が立たないよう静かにベッドに腰掛けて、前髪を撫でる。

     私はぐっと唾を飲み込み、ささやくほどの小さな声で言った。

    唯「なにがあったのか、教えてくれない?」

    憂「……」

     憂が私の方に転がってきて、ベッドが軋みを立てた。

    憂「笑わないで、聞いてくれる?」

    唯「絶対笑わないから、教えて……」

     くしゃくしゃになった憂の顔を見て、笑えるよしなんてなかった。

    憂「……あのことと、関係あるのかは分からないけど」

    憂「わたし、友達がいないんだ。……ううん、一人しかいない」


    163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 23:14:56.26

    唯「……そうなんだ」

     これまでの憂の反応から、すこしは予想していたことだった。

     でも、それがどうしてダイエットと関わってくるんだろう。

    唯「その、一人の友達って?」

    憂「名前は鈴木純ちゃんっていうんだ」

    唯「……うん」

    憂「新しい学校でできた、唯一の友達……なのかな」

     服の背中がぎゅっと掴まれた。

    憂「純ちゃんは私のこと、憂って呼んでくれて」

    憂「私も純ちゃんのこと、純ちゃんって呼んでるんだけど……」

    憂「けっこう前、聞いちゃったんだ」

     話がゆっくりと核心に近付いてきて、私は息が荒くなるのを抑えられない。


    166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 23:18:31.06

    唯「聞いたってのは……」

    憂「……大したことじゃないんだ」

    憂「純ちゃんが、他の仲の良い人たちと話してて、こう言ったの」

    憂『それ言うんだったら、平沢もけっこう太ってるよ、あれ』

    憂「……って」

     憂は私の服に顔を押し付ける。

     腰のあたりに、水濡れた感覚があった。

    唯「友達をなくしたくなかったんだね」

    憂「うん。……みんなの前では私のこと、平沢って言ってて」

    憂「きっと私が太ってるから、みんなの前で私のことを友達みたいに言ってくれないんだって思って」

    唯「……そっか。そう思っちゃうのは仕方ないよ」

     私は憂のそばに体を横たえて、抱きしめた。

    唯「今まで、沢山なくしてきたから……もう何もなくしたくないもんね」


    169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 23:22:39.83

    憂「……っ」

     髪留めのリボンをするりと解き、さらさらの髪をぐしゃぐしゃに撫でてやった。

    憂「お姉ちゃん、私ぃ……」

    唯「……難しいな」

    唯「その純ちゃんて子、仲良くしてくれてる? 普通に接してくれてる?」

    憂「うん……多分。そう感じる」

    唯「なら、きっと大丈夫だよ。憂の選んだ友達だもん」

    憂「……私が?」

     憂はきょとんとした。

    唯「そう、憂が。……でも、もし何かあったら、すぐお姉ちゃんに言ってね」

    憂「……そうだね。そうする」

     私たちはそれからずっとくっつき合って、

     お腹が鳴るころにはもう、憂はにこにこ笑っていた。


    171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 23:26:10.98

    ――――

    憂「お姉ちゃん、ゴールデンウィークのことなんだけど」

     その夜、布団の中で、

     やけに切羽詰まった表情で憂は切り出した。

    唯「ああ……うちに来るんだよね?」

     ゴールデンウィークはもう1週間後だけれど、私はすっかりそのつもりでいた。

     来週もまた憂に会える。今度はもっと長く、と。

    憂「ううん、行かない」

     だから憂が否定するとは、まったく予想していなかった。

    唯「へ? ……何で?」

    憂「……寂しくなるから」

     憂の答えの意味がわからない。

    唯「寂しいんだったら、なおさら」

    憂「違うよっ」


    172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 23:30:52.51

    憂「……違うよ。お姉ちゃんといたら、その間はすごく嬉しいけど」

    憂「そのあとが寂しくなるんだ。私の中だと、お姉ちゃんと一緒にいるのが当たり前になってて」

    唯「うい……」

    憂「私、やっとお姉ちゃんのいないことを受け入れられてきたんだ」

    憂「だから……お姉ちゃんがいることをもう、当たり前にしたくない」

    憂「別れる時が辛いから。別れた後が辛いから。ね」

    唯「……」

     それは、憂にとっても辛い選択だったと思う。

     私だったら、そんな決断を下せたか分からない。

     いや。きっと下せない。私はもっと貪欲に憂の存在を欲しているから。

     私は、すこし自分を見直すべきなのかも知れなかった。

    唯「……わかった。頻繁には会わないようにしよっか」

    憂「ありがと、お姉ちゃん」


    173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 23:34:07.65

     私たちは夏休みが始まるまで、極力顔を合わせない事に決めた。

     そのかわり夏休みに入ったら、いっぱい遊ぶことにしようと。

    唯「それじゃまたね」

    憂「うん、バイバイお姉ちゃん」

     帰るときにも、なるべく別れを惜しむようなことはしないで、

     ちょっと出かけてくるかのように憂の家を発った。

     夏休みが始まるのは3ヵ月も後になる。1年の4分の1を、憂と会わずに過ごさなければならない。

     でもそれが、憂のためになるなら。

     どうにか悲しい気持ちを抑えることはできたように思う。

     がたがたと揺れる電車のせいで、窓の外の景色はゆらいで見えた。

    唯「……」

     憂の街が遠くなり、知らない街や駅を抜けて、私は自分の街に帰ってきた。


    174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/28(木) 23:38:38.66

      (3)


     電車を降りて、私は自動販売機に向かった。

     すこし考えるが、好きなドリンクがない。やっぱり何も買わず、駅を出るべく歩き出す。

    唯「あ……」

     そこで、私は改札の方から歩いてくるムギちゃんを見つけた。

     私が立ち止まると、ムギちゃんも私に気付いたらしく駆けつけてきた。

    紬「唯ちゃん! いままで憂ちゃんのところにいたの?」

    唯「うん。ムギちゃんもどうしたの? いつもの帰りより遅いけど」

    紬「……実は、今まで練習してたのよ。みっちりと」

    唯「ええっ?」

     ムギちゃんの言葉に私は驚愕した。

    唯「練習……ずっと、みっちり? ティータイムもしなかったの?」

    紬「……ええ」

    176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 00:00:20.84

     自慢じゃないけれど、軽音部と言えば、お茶を飲んでだらけておしゃべりをして、

     練習はオマケみたいなものになっていた。

     それが一体、どういう変化なんだろうか。

     もしかして、新歓ライブがうまくいかなくて、それで。

    唯「そういえば、新歓ライブはどうだったの?」

    紬「それは……大成功だったんだけれど」

    唯「じゃあ、どうして……」

     どうして練習するの、と明確に訊きたかったけれど、

     それではあまりに本分から外れているような気がしたので、私は自重した。

    紬「新入部員が入ったの。中野梓ちゃんっていうんだけど」

    唯「中野さん……」

     その名をつぶやいた私の背に、強風が吹きつけた。

    紬「……ごめんなさい、電車来たから行くわね」


    179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 00:04:24.63

     ムギちゃんは私の脇を駆け抜けて、やって来た電車に飛び乗る。

    唯「また明日……」

     聞こえないことは承知で、私は小さく手を振った。

     新入部員が入ったというのに、ムギちゃんはあまり嬉しそうじゃなかった。

     中野梓。いったいどんな人間なんだろうか。

     私は嫌な予感にさいなまれながら、フラフラ家に帰っていった。

    ――――

     それからしばらく、梅雨の季節が中休みを迎えたころ。

     朝、教室に行くと、ムギちゃんが雨の降りそうな外を眺めていた。

     ムギちゃんは私に気付くと、どこか物憂げに笑って、水筒から緋色の液体を注いだ。

    唯「……ムギちゃん?」

    紬「唯ちゃん。……私、本当はね。合唱部に入りたかったの」

     唐突に、ムギちゃんはそんな告白をした。


    180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 00:08:15.81

    紬「でも、軽音部に入ってよかったって……そう思っていたの」

     過去形で進むムギちゃんの話。

     水筒の蓋に注がれた紅茶の匂いが鼻をくすぐる。

     私は懐かしさと、寂寥がいっぺんに襲ってくるのを感じていた。

     特に寂寥は、私を飲み込んで押し潰しそうなくらいに大きく、昏いものだ。

    唯「ムギちゃん、ひょっとして」

    紬「とても楽しかった筈なのに……今では、もう分からない」

    紬「唯ちゃん、私……軽音部にいるのが嫌になっちゃった」

     こくり、とムギちゃんが紅茶を飲む。

     ムギちゃんは、私に叱ってほしいのかもしれない。

     私は確かに、軽音部に固執しているから。

     こんな風にいえば、私が引き留めてくれると思っているんだろう。

    唯「……中野梓?」

     沈黙の後、私は尋ねた。


    182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 00:12:25.29

     春からずっと気がかりな、その名前。

    紬「……そうなのかしら」

    唯「そうとしか思えないよ」

    唯「その新入部員、どんな子なの?」

     私が言った時、教室の扉がばたんと開けられた。

     りっちゃんがくたびれた顔をして、そこに立っていた。

    律「おうムギ、いたのか」

    紬「りっちゃん……ごめんなさい」

    唯「……なに?」

     どっかと椅子に腰かけたりっちゃんに、ムギちゃんは紅茶を注いで渡す。

     りっちゃんはそれを浴びるように飲み、大きな息を吐きだした。

    律「いーさ。私だって同じ気持ちだし……もうやってらんねえ」

     おかわりを注いでもらいながら、りっちゃんは吐き棄てた。


    185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 00:16:41.11

    唯「……」

    律「あ、唯。悪いなーなんか」

    紬「りっちゃん。唯ちゃんの気持ちも」

    律「わあかってるよ」

     ごくごくと喉を鳴らし、二杯目の紅茶を飲み干す。

    律「……唯。大事な話がある。今日の放課後、時間あるか?」

     無い、と答えたかった。

     間違いなく、耳を塞ぎたいような話が待っている。

     けれど私が拒絶したって、いずれ結果は聞くことになる。

     それならせめて、何もせずに後悔するのだけは避けたかった。

    唯「……いいよ。大丈夫」

     私はぐっと拳を握りしめ、りっちゃんとムギちゃんの顔を交互に見た。

    唯「どっかでお茶しよっか」


    187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 00:20:20.30

    ――――

     放課後、りっちゃんは部活を休みにして、

     私とムギちゃんを連れて学校から出た。

     梅雨の中休み、濡れた道路を私たちはずんずん歩いていく。

     とろとろ歩いていると、見つかる可能性があるということだった。

     こじんまりとした喫茶店を見つけ、りっちゃんは周囲を素早く見渡して入店する。

    唯「……」

     丸テーブルを3人で囲み、私たちはそれぞれ好きなお茶を注文した。

    唯「……澪ちゃんは?」

    律「澪は、中野の側だから」

     りっちゃんは苦々しげに言う。ムギちゃんも目を伏せた。

    唯「中野の側って、何?」

    紬「……軽音部が分裂してるってことよ。唯ちゃん」


    189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 00:24:31.58

    唯「……」

     湯気を立てた紅茶が、私の目前に置かれた。

     視界が白に染まる。

    唯「どうして、そんなことに?」

    律「ムギからだいぶ聞いてるみたいだけど……中野梓だ」

    唯「だから中野中野って、そいつが一体何なの?」

    律「悪い。今、説明する……」

     りっちゃんはティーカップに砂糖を落とすと、スプーンでくるくる回し始めた。

     赤い海に渦が出来る。りっちゃんはその中心を見つめていた。

    律「新入部員が入ったのはよかったんだ。これで軽音部は存続だってな」

     その頃の嬉しさを思い出したのか、りっちゃんはくすりと笑う。

    律「でも、事情はすぐに変わっちまったかな」

    律「中野は、我の強い真面目ちゃんでさ。私たちのティータイムに、まずこう言った」


    190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 00:29:10.83

    律「こんなんじゃ駄目だ。ティーセットは撤去すべきだ。ってな」

     テーブルに両肘をつき、りっちゃんは崩落しそうな上体をどうにか保っていた。

    律「私たちは部員を失えなかったから……従うしかなくってさ」

    律「初日から、先輩の面目まるつぶれだよ」

    唯「……ムギちゃんは、それでよかったの?」

    紬「仕方なかったから。私のわがままで軽音部をなくすわけにはいかないわ」

    紬「唯ちゃんがいた軽音部を、私たちは守らなきゃいけなかったから」

     その理屈でいえば、ムギちゃんの行動には誤りがある気がした。

     そしてその瞬間、私は二人が抱えていた葛藤を理解する。

    律「そうだ、ギターのことなんだけど……」

    律「中野は自分のギターを持ってたから、必要ないってさ」

     それは仕方のないことだ。自分の楽器に愛着を持つのは、よく理解できる。

    唯「……そっか、それじゃあ」

    律「ああ。今度返すわ」


    191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 00:32:17.16

    唯「……え、でも」

     私はりっちゃんの言葉に違和感をおぼえた。

    唯「持ってた、んだよね。何で今まで返してくれなかったの?」

     ムギちゃんがスプーンで、カップの側面をかちんと打った。

     びくりとして手が震えたんだと思う。

    唯「ねぇ」

    紬「……それは」

    律「その前に、中野の話を続けてもいいか?」

    唯「……後で絶対話してよ」

     私はカップを床に叩きつけたい衝動を抑えて、一口含んだ。

    律「部活からティータイムがなくなって、休憩時間はうんと減った」

    律「や、練習時間が増えたって言った方が分かりやすいな」

     ムギちゃんが、駅で会ったあの日に言っていたことだ。


    192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 00:36:27.42

     そういえばあの日は日曜だった。

     いったい何時から、みっちりと練習をしていたんだろう。

    律「中野だけなら、あんなスケジュールは現実のものにはならなかったろうな」

    律「部活時間ずっと練習。それが当たり前なのかもしれないけどな」

    唯「休憩は入れないの?」

    律「入れるさ。5分な」

     りっちゃんは面白くなさそうに笑った。

    律「それでも、軽音部が続けられるならって頑張ったけど」

    律「なんかもう、分かんねえんだ。何で私はドラムマシーンみたいになってるのか、ずっと考えちまう」

    紬「部活の時間は、ただ楽器を演奏しているだけの時間で」

    紬「うまく演奏できても、ぜんぜん嬉しくないの……」

     ずっと溜まっていたであろう愚痴を、二人は睫毛を濡らしていっぺんに吐きだした。

     誰よりも軽音部にいたかった、私に。


    200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 01:00:06.24

    唯「……澪ちゃんは?」

     私は今一度尋ねた。

    律「澪は、中野の側だ」

     再び同じ答えが返る。そして、りっちゃんは更に続けた。

    律「澪も我慢してるんだろうと思ってた。けどよ……」

    紬「……澪ちゃんは、今の軽音部を気に入ってるの。練習だけの部活を」

     その糾弾は、いささか傲慢すぎる気がした。

     あくまで、軽音部の外にいる人間の目線では。

     けれど軽音部の中にいた人間としては、たえがたい。

    唯「何、それ……」

     私はぎりっと奥歯を噛んだ。

    律「それだけじゃねぇ。……ここで、ギターの話に戻るんだけどよ」

     ムギちゃんがその話との関わりを拒絶するかのように、カップのふちに口づけた。


    201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 01:04:44.45

    律「ギターを返せなかったのは……澪がギターを持っておこうって言ったからなんだ」

     悔しいんだと思う。りっちゃんは涙をこぼしていた。

    律「来年もまた、勧誘に使えるからってよ……道具みたいに言ったんだぁ……」

    唯「っ……」

     確かに私は、ギー太をそのための道具として置いていった。それは否定しない。

     けれど、みんな分かってくれていると思っていた。

     私は今も、ギー太を介して軽音部と繋がっているんだって。

     ギー太はその証なんだって。

     だから私は、軽音部にギー太を預けたのに。

     澪ちゃんは私の気持ちなんて、全然分かってくれていなかった。

     ギー太も、りっちゃんもムギちゃんも、軽音部の道具に成り下げた。

    唯「……ひゅっ」

     喉が奇妙な痙攣を起こした。

     堰を切ったように、涙がぼろぼろあふれだす。


    203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 01:08:28.36

    紬「……私たちの軽音部はもう存在しないんだって」

     唯一泣いていないムギちゃんが、そっと言った。

    紬「崩れてしまったんだって、りっちゃんと話したの」

    紬「勝手に決めてしまうけれど、唯ちゃんもきっと同じ気持ちだろうって」

     赤ん坊のそれのように、はじけ出ようとする慟哭を

     口の中で必死に抑えつつ、私はがくりがくりと頷いた。

    紬「唯ちゃんのいたかった軽音部を、私たちは守れなかったんだなって」

     紅茶の匂いが、鼻水のたれる鼻腔にも届く。

     学校から遠く離れた、こんな寂れた喫茶店まで、

     紅茶の香る軽音部は追いやられてしまったのだ。

    紬「だから唯ちゃん……」

    紬「私たちが軽音部を辞めること……許して欲しいの」

     断れるわけがなかった。断る理由もなかった。


    206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 01:13:16.30

     私は首をもたげて、ムギちゃんを見つめた。

    唯「いいよ。……しょうがないよ! そんなの、私だって辛いもん」

     軽音部は続いてほしかったけれど、

     昔とは変わってしまった軽音部で、二人を苦しませる訳にはいかない。

     そんな強制は、私の醜い妄執だ。

     軽音部は壊れた。それを認めよう。

    律「唯……ごめん!」

    紬「本当にごめんなさい!」

    唯「やめてよ。元はと言えば」

    唯「……あの男のせいなんだから」

     りっちゃんとムギちゃんは安心した表情を浮かべ、顔を上げた。

     それとは対照的に、私の眼球の奥に巡る血管は激しく脈打っていた。

     今、私は誰の名前を言おうとした。


    208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 01:17:12.25

    律「じゃあ唯、これからも友達でいてくれるか?」

    唯「当たり前だよ! あ、でもギー太は取り返してね」

    紬「もちろん、任せてちょうだい!」

     私はやや温くなった紅茶を呷るように飲みほし、微笑んだ。

    唯「……それじゃ、今日はもう帰ろっか」

     りっちゃんたちも残りの紅茶を飲みこんでしまうと、席を立つ。

    律「なんか用事あるのか?」

    唯「買い物しなきゃ。そろそろ野菜もなくなってきちゃったし」

     嘘だ。私はこの煮え切らない笑顔が溢れる場所にいたくないだけ。

     私たちは会計を済まし、外に出る。

     学校へ戻り、そこからはいつも通りの道を行く。

     この3人で歩くのは、ものすごく久しぶりだったけど。

    唯「……」


    209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 01:20:11.71

    律「じゃあ、私はここで」 

    唯「ん、バイバイ」

    紬「また明日ね」

     交差点でりっちゃんと別れる。

     ムギちゃんと道路を渡って、しばらくしてから私は口を開く。

    唯「りっちゃんは、どんな気持ちかな」

    紬「えっ? ……そうね」

     私があんまり突然に訊いたせいか、

     ムギちゃんは一瞬だけ何を訊かれたか分からなかったようだった。

    紬「……きっと、あまり気にしてないと思うわよ?」

    唯「そうかな。りっちゃんが一番、澪ちゃんのこと大好きだったよ?」

     ちょっと目を閉じて、ムギちゃんは立ち止まる。

    紬「好きって言うなら、想うっていうなら……私はもっとすごい人を知ってるわ」


    211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 01:24:18.19

    唯「すごい人? 誰?」

    紬「あら、無自覚なの」

    唯「……わたし?」

     満足そうにムギちゃんは笑う。

    紬「本当に好きなこととか、大事にしてるってこと、意外と普段じゃ分からないものよ」

    紬「こういう望ましくない事態にあってなお、その人のことを想えるか……」

    紬「りっちゃんは澪ちゃんに対してそれができなかった」

    紬「だから、りっちゃんの気持ちはそのくらいだと思うの」

    唯「……」

    唯「でも、りっちゃんが辛いのは間違いないよ」

     ぽつぽつ、小雨が降りだす。

     私たちは急ぎ足で歩きはじめた。


    212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 01:28:50.39

    紬「大丈夫よ、それなら唯ちゃんのほうが辛かったし」

    紬「りっちゃんには私たちがいるもの」

    唯「そ、かな」

     雨が激しくなる前にムギちゃんと別れて、走り出す。

     私の頭の中では、ムギちゃんの声が響いていた。

    紬『望ましくない事態にあってなお、その人のことを想えるか……』

     そうだ。

     そうでなければいけない。

     それが想うと言う事。

     愛することなんだ。

     私が玄関に飛び込んだと同時、外からごうごうと雨の音が鳴ってくる。

     少し濡れた体を沓脱ぎで震わせて、私は軽く笑った。

     そんなの、誰だってできやしないじゃないか。


    213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 01:32:23.22

    ――――

     翌日、りっちゃんとムギちゃんは退部届を書いた。

     部員が二人となった軽音部は活動を認められなくなり、廃部に陥った。

     私はギー太と3ヵ月ぶりの再会を果たして、再度いちからコードの勉強を始めることにした。

     りっちゃんはもう、しばらくドラムは叩きたくないらしいけれど、

     いつか私とムギちゃんと一緒に、またバンドを組んでくれるそうだ。

     その日のために、ベースの弾ける人を探そうか。

     あるいは、憂にベースを仕込んでみようか。

    唯「……」

     そんな明るいことを考えることで、どうにか私は私を保っていた。

     澪ちゃんとはもうずっと、顔を合わせていない。

     廊下で会っても、目を合わせない。挨拶をするなんて、もってのほかだった。

     もう一生、私と澪ちゃんは仲直りできない気がした。

     ……ケンカをしたわけでもないのに。


    214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 01:36:20.39

    ――――

    律「どーした、やけに機嫌よさそうじゃん」

     7月半ば。

     気象庁から梅雨明けが発表されると、私の心は高揚した。

    紬「テストの結果がよかったのかしら?」

    唯「ううん、全教科赤点スレスレだったよ」

    律「流石だなぁ……そんじゃ、何をそんなにニヤニヤしてるんだ?」

    唯「聞きたい?」

    律「いや、いいわ」

    唯「え。ムギちゃんは?」

    紬「私は聞かなくても分かるから」

    唯「まあまあいいから聞きなさいって」


    219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 02:00:10.60

     テストも返却され、まもなく終業式。

    唯「二人とも、もうすぐ夏休みなんだよ?」

    律「はっ……そういえば!」

    紬「今年もどこか行きたいわね。どうする?」

    唯「あ、いやそうじゃなくって」

     私は慌てて両手を振った。

     もちろん、夏休み中どこかへ行きたいという気持ちはあるけれど、

     今はそんなことを話したいんじゃない。

    唯「憂! 憂だよ、憂が帰ってくるの!」

    律「憂ちゃんか!」

     夏休みになるまで会わないと約束して、ずっと我慢していた。

     どうしても寂しくなってしまった夜には、電話やメールをしたけれど、

     ずっと憂の顔は見ていない。


    222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 02:06:04.04

     ようやく会える。

     あと3日で訪れるその幸福に、私は雲の上を羽ばたいていく思いだった。

    紬「それなら憂ちゃんは、夏休み中はずっとこっちで過ごすの?」

    唯「たぶんそうだから……」

    律「どこか行くなら、憂ちゃんも一緒ってか?」

     りっちゃんもムギちゃんも、私のことはお見通しのようだった。

    唯「えへへ、悪うござんすね」

    律「いーよ。それにしてもまぁ、お熱いねぇ」

    紬「付き合いたてのカップルみたいねぇ」

     二人は「なぁ」「ねぇ」と笑い合う。

    唯「カップルなんて、そんな」

     そんな脆い関係じゃない。

     どうしてそう口に出せないんだろうか。


    225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 02:10:25.07

    紬「じゃあ、夏は憂ちゃんも連れて海辺の別荘に行く?」

    律「海か、いいな!」

    唯「……楽器も持ってこうよ! りっちゃん、どうかな?」

     軽音部の廃部から、まだ1ヵ月。

     りっちゃんのドラムを叩くことに対する嫌悪は、消えてはいないと思う。

    律「……でも、ベースがいない」

     憂がいるよ。

     そう口に出せればよかったけれど、流石にそんな無神経さは持ち合わせていない。

     りっちゃんの言うベースとは、澪ちゃんのことなのだから。

    唯「……そだね。あ、それじゃ私、家からWii持ってくるよ」

    紬「えっ、だから憂ちゃんは連れていくんじゃないの?」

    唯「Wiiだって。ていうか持ってくって」


    226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 02:13:12.21

     ムギちゃんにWiiの説明をしていると、昼休みが終わってしまった。

     憂とWii。そんなに似ているだろうか。

     憂が帰ったら、本人に直接聞いてみようか。

     私はそんなことをモヤモヤ考えつつ、期待の高まる3日間を過ごした。

     そして、終業式の夕方。

     私はたくさんの御馳走を作って、憂を待った。

     メールでは6時くらいに到着すると言っていたけれど、

     今は6時10分になっている。インターフォンは、まだ鳴らない。

    唯「……まさかね」

     10分程度の遅れが発生するのはおかしいことでもない。

     駅から家までを歩く機会はめったになかったから、

     その時間の想定をやり間違えているのかもしれない。

     悪い想像を働かすには、まだ早すぎる。


    231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 02:17:13.64

    唯「……ああ、もうっ」

     けれど、やっぱり居たたまれない。

     私は憂を迎えに行くべく立ち上がり、玄関で靴を履き、

    唯「っとぅぁ!」

     突如響いた呼び鈴の音に、高鳴る心臓をぎゅうっと絞められた。

     しばらく、私の心拍を静けさが収めるまで待ってから、

     申し訳なさそうにトントンとドアが叩かれた。

    唯「うん」

     私は咳払いをしてから、チェーンと鍵を外してドアを開けた。

     見慣れた顔がそこにあった気がして、私は笑顔になる。

     けれど、そんな気がしたのは一瞬だけだった。笑顔もすぐに消える。

    憂「ただいま。お姉ちゃん」

     痛々しいほど痩せこけた姿で、憂は戦慄する私の前で笑ってみせた。


    233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 02:20:32.85

    唯「うい……憂なの?」

     信じられなくて、私は尋ねてしまった。

    憂「……うん」

    唯「そんな……」

     私は憂の手に触れる。

     夏だというのに乾燥した手の甲は骨ばっていて、皮膚がガサガサに荒れている。

    唯「どうして、こんな」

     言いかけて、私は口をつぐむ。

     憂が、それでも小さく笑っていた。

    憂「いい匂いするね。ご飯できてるの?」

    唯「……できてるよ。頑張ってご馳走作ったから、いっぱい食べようね」

     そっと憂を家の中に招き入れて、私は再びドアをロックした。

     細く硬い、ぽきっと折れてしまいそうな憂の体を抱きしめる。

    唯「……おかえり、憂っ」


    235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 02:24:27.33

     私は憂と並んでダイニングテーブルの前に腰かけ、

     たくさんの料理を分け合って食べた。

     必ず半分ずつにして。

    唯「憂、おいしい?」

    憂「うん。すっごくおいしい……」

     ゆっくり、よく噛んで憂は食事を飲みこむ。

     ひどく緩慢で、だけど見ていて愛おしくなる。

     細い髪を指に絡めながら、私は憂の頭を撫でた。

     ぶるぶると、憂は震える。

    憂「おい゙しいよぉ、おれえぢゃあん……」

    唯「もう、お下品だよ?」

     口の端からこぼれたご飯を拾い上げ、食べさせてあげる。

     泣きながら、憂は私の料理を口にし続けた。


    236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 02:28:10.66

     私はまだ何も尋ねずに、そんな憂を見守った。

     憂がこんな姿になったのは行き過ぎのダイエットのせいじゃない。

     でなければ、大量の食事を憂がおいしそうに食べてくれるはずがないし、憂もバカじゃない。

     こんなに痩せてしまうまで、ダイエットを続けるはずもない。

    唯「……」

     それなら、一体憂になにがあったか。

     想像がつかないでもない。

     隣の県にさえ、憂の事件を詳しく知っている人がいたんだ。

     どこの誰かは分からないが、そいつが憂のことを言いふらした。

     それだけで憂は、殺人者として暮らさなければならなくなる。

     死体を隠そうとした私に比べ、憂は実際に人を殺している。

     向けられた差別の目は、私のそれと比較にならなかっただろう。


    237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 02:32:00.92

     上履きを隠される。

     『人殺しの妹をもった哀れな姉』と書かれたメモを机に押し込まれる。

     私の受けた仕打ちが子供のいたずらに思えるくらいの

     激しくて、醜くて卑しい仕打ちを憂は受けた。

     それゆえに、これほど痩せ細った。

    唯「……憂」

    憂「なぁに、お姉ちゃん……?」

     私は憂の濁った瞳を見つめた。

     また、ムギちゃんの声が頭の中に響く。

    紬『りっちゃんは澪ちゃんを想えなかった』

    紬『だから、りっちゃんの気持ちはそのくらいだと思うの』

     次こそ全てを失うかもしれない。けれど、揺らぐわけにはいかない。

    唯「もう大丈夫だからね。お姉ちゃんがついてるから」


    240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 02:37:04.18

    ――――

    唯「よし憂、お風呂はいろっか」

     ご飯を食べ終わった後、私はそう憂を誘った。

     しかし憂は目をつぶって、いやいやと首を振る。

    憂「ごめん、今日は一人で……」

    唯「あれ、何で?」

    憂「……」

     憂は無言で、自分の腕をさすった。

     着ているシャツの袖が、波打つような皺を畳んだ。

    唯「……そっか」

     私だって、痩せこけた身体になってしまったら、憂の前で裸になれる自信はない。

     きっと憂も、変わってしまった身体を見られるのは嫌なんだろう。

     私は伸ばした手をおろした。


    242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 02:40:01.73

    唯「それじゃ私、憂の荷物運んどくよ」

     憂の着替えを入れたスポーツバッグを開け、

     中から下着と部屋着を引っ張り出して憂に渡す。

    憂「うん、ありがとうお姉ちゃん」

     私は笑顔を返し、ついでのようにハンドバッグも持つと、階段を上がって憂の部屋へ入った。

     夏の日差しにさらした布団が膨らんでいる。私は勉強机に二つのバッグを置くと、

     ハンドバッグの口を開けた。

     私の視線は、内ポケットに入った携帯電話に吸い寄せられる。

    唯「……ごめんなさい、憂っ」

     ポケットから携帯を引っぱり出した。

     どうしても連絡をとらなければいけない人間がいる。

     携帯を開き、その人物の名を電話帳から探す。

     けれど、サ行にあるべきその名前は見つからない。


    243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 02:42:04.02

    唯「……」

     良心の呵責を押しのけて、私はメールボックスを開く。

     7月の始まり頃まで、同じアドレスからのメールが頻繁に来ていた。

     私の名前も半々くらいで混ざっている。

     don-t.say-mop@……このアドレスだ。

     校内や宿題のことを話していることから、恐らくこれが鈴木純だとみた。

     どうして電話帳に登録されていないのか。

     その理由を考えるのは後にして、私はすぐにそのアドレスを自分の携帯に写した。

     次いで、着信履歴も見る。

     ほとんどが私からの着信で埋まっていたが、

     一番最後、7月2日に登録されていない番号が見つかった。

     憂への電話を控えていてよかったと思う。

     私はすぐさま自分の携帯に番号をメモした。


    246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 02:45:00.35

     面識のない相手の場合、メールよりも電話の方が直接的なコンタクトに踏み込みやすい。

     メールで会おうと言われても相手は警戒したり無視したりするが、

     電話ならば、声が分かっているぶんだけ相手は油断する。

     特に、こちらが女だと証明できることが、大きな材料になってくれる。

     後はこの番号が、鈴木純に繋がってくれればいい。

     それからのことは、それから準備したって遅くはない。

    唯「よしっ」

     私は憂の携帯を元に戻し、

     スポーツバッグから衣服を箪笥に移し始めた。

     それがいつまでかは分からないが、憂はしばらくここで暮らすのだ。

     バッグに入れたままでは不便が過ぎる。

     私は手早くその作業を終えて、憂のもとへバスタオルを抱えていった。


    249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 02:48:46.72

    ――――

     夜中まで、蝉はじりじり鳴いていた。

     私は憂を腕の中に抱きながら、その体の冷たさをどこか心地よく感じてしまっていた。

    唯「……」

     自分が嫌になる。

    唯「うい、起きてる……?」

    憂「んぅ?」

     声をかけると、憂はぼんやりと返事をした。

    憂「……ねてた」

    唯「ごめん、寝てていいよ」

     頭を撫でてあげて寝かしつけようとするけれど、憂は目が冴えてしまったらしい。

     こちらに寝返りをうち、私の目を見上げてきた。


    253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 02:56:10.09

    憂「……お姉ちゃん、あったかい」

     憂は、私の鎖骨のあたりに額をあてて、幸せそうにつぶやいた。

    唯「憂もあったかいよ」

    憂「……えへ」

    憂「お姉ちゃん。……その、私ね」

     頭を撫でていた手をおろし、憂の口を塞ぐ。

    憂「むぅう」

     不満そうな呻き声を漏らして、憂は私の手のひらをちろりと舐めてきた。

    唯「憂は話したいの?」

     小さな抵抗だけれど、私がまるで意に介さないのが気に食わなかったらしい。

     憂はむーっと呻いた後、すこし黙って、首を横に振った。

    唯「私は憂のこと分かってると思うからさ。無理に話してくれなくても大丈夫だよ」

    唯「今晩はもう……寝よう」


    255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 03:00:34.62

     憂の口を塞いでいた右手を離して、私は微笑んだ。

    憂「……そだね。おやすみ」

     くすりと笑って、憂は目を閉じた。

     やがて、落ち着いた寝息が聞こえてくる。

    唯「……」

     私は相変わらずの寝付きのよさに安心してから、目を閉じた。

     憂の寝息が、意識をぐいぐい引きずり降ろすようにまどろませていく。

     それから眠りにつくまで、大した時間はかからなかった。

    ――――

     腹部にあたる風の冷たさで、目が覚める。

     いつの間にか、朝になっていた。

    唯「……憂?」

     すきまの開いたベッドから降り、私は憂の名前を口にする。


    256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 03:04:09.67

     階段を降りると、パチパチ何かの焼ける音が耳に届いてくる。

     香ばしい匂いが鼻をくすぐり、私は台所を見やった。

     髪を結び、エプロンをつけて、ミトンを嵌めて、

     憂が鼻歌まじりにウインナーを転がしていた。

    憂「おはよ、お姉ちゃん」

    唯「憂……起きてて平気?」

     思わず、病人に対するようなことを言ってしまう。

    憂「大丈夫だよ。お姉ちゃんのためなら、何してたって元気になってくるもん」

    唯「……」

     なんにせよ、大事ないならよかった。

     私は長らく見ていなかった、けれど見慣れた憂の姿を見て、笑った。

    唯「あれだね」

     台所に入りながら、私は言った。


    257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 03:07:51.75

    唯「離れてても心は繋がってるとか、そういう歌詞とか、あるじゃん」

    憂「うん、あるねぇ」

     私もかつて、そんな風に思って憂と別れた。

     けれど実際に物理的な距離を挟んでみて、はっきり分かった。

    唯「あんなの大ウソだね。離れて過ごす間は、心も離れてる」

    憂「……それって」

    唯「ううん、違うよ。憂を責めてるんじゃないの」

     冷蔵庫からパックのジュースを出し、グラスを二つ持って居間へ戻る。 

    唯「ただ、そうだな……ふがいなくなっただけ」

    唯「離れてて、気付けなくて、憂をこんなにしちゃったから」

    憂「……私は、お姉ちゃんがそうやって悲しんでくれただけで十分だよ」

    憂「とても幸せだから……そんな顔はしないで」

    唯「けど……」


    260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 03:12:08.97

     憂が焼き色のついたウインナーを皿に盛って運んできた。

    憂「ごめんね。お姉ちゃんに心配かけまいって思って……」

    憂「それが余計にお姉ちゃんを悲しませちゃったんだよね」

    唯「……そうだね。気持ちは嬉しいけど」

     ジュースを注ぎながら、私は正直に言った。

    唯「もっと頼って欲しかったな。お姉ちゃんのこと」

     早くに言ってくれたら、こんな手段は思いつかなかったかもしれないのに。

     皿を持つ憂の手を見て、私はちょっと愁えた。

     ジュースがグラスからだぼだぼと溢れて、苦笑しながら私はふきんを取った。

    ――――

    憂「ふわぁあ~……」

     朝食をとったあと、憂は大きなあくびをした。


    261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 03:16:07.08

    唯「眠いの?」

    憂「んー、ちょっと。やっぱり疲れてるのかなぁ」

    唯「寝てきていいよ。まだ夏休み一日目なんだし」

     昨日はなし崩し的に憂が私のベッドに潜りこんできたが、

     せっかくお日様にあてたのだから、憂のベッドでも寝てほしい。

    憂「お姉ちゃんとじゃなきゃ寝たくないよぉ」

    唯「うんうん、じゃ一緒にお昼寝しよっか。……いや、朝か」

     完全に寝ぼけている憂の肩を抱いて、階段を上がった。

     憂の部屋まで誘導し、ベッドに寝かせるとそのまま寝息を立て始めた。

     よほど疲れていたらしい。

    唯「おやすみ、憂」

     ぐっすり眠っていることを確認し、私は自分の部屋に戻る。

     鈴木純に接近するなら、今しかない。


    262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 03:20:32.15

     私は携帯を開き、メモ帳に記した携帯番号を一時暗記してから待ち受け画面に戻る。

     そして、忘れないうちに素早く電話番号を打ち込み、発信した。

    唯「……」

     お願いだから、鈴木純に繋がってくれ。

     私は携帯電話が汗で滑り落ちていくのが分かって、慌てて両手で握りなおした。

    唯「……」

     無機質なコール音が続く。

     少なくとも、この番号の使用者がいるのは間違いないようだった。

     ぶつり、と音がする。

     『もしもし?』

     不機嫌な声。

     夏休み初日の高校生に朝から電話をかけたのだ。

     その反応は当たり前かもしれない。


    264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 03:25:31.66

    唯「ん……」

     心音が耳を打つ。

     ここで後れをとるわけにはいかない。

     声を出せ、私。

    唯「私、中野って言うんだけど」

     はっきりと、私は違う私を名乗った。

     大丈夫だ。携帯を握り直す。

     「……どなたですか?」

    唯「きみは、鈴木純だよね?」

    純「ハイ、まぁ」

     歓喜の声が漏れそうになるのを必死でこらえた。

     私は人知れぬ傍観者なのだ。

    唯「……私は、あなたの学校の先輩だよ。ちょっと気になる話を聞いてね」


    265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 03:28:26.31

    純「……何のことですか?」

     鈴木純はこっちの出方を窺っているようだった。

     しかし私は、彼女が僅かに息を呑む気配を聞き逃さなかった。

     彼女にも心当たりはあるようだ。無ければおかしい。

     だが何故、それを隠すのか。

     本当に、私が他人だから警戒しているだけなのだろうか。

    唯「平沢憂。知ってるね?」

    純「平沢ですか? ええ、まぁ」

    唯「あの子、最近変わったよねぇ」

    純「……どうして私にそんなことを聞くんですか」

    唯「君が一番、平沢憂と浅からぬ仲だから、かな」

     ギリギリの、じれったい問答を続ける。

     私はまだ何も情報を得ていない。

     鈴木純の立場が何にせよ、攻めかかるための材料が必要だった。


    266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 03:32:45.52

    純「あなたは一体……」

    唯「中野梓。知らないと思うけどね」

    純「……中野先輩。それで、平沢が何か?」

     あまりに冷たすぎる言い方。

     何か、ということはないだろう。

     昔の憂の体型をあげつらって、太っているなんてのたまったくせに、

     痩せ細ったことには気付かないというのだろうか。

    唯「だからさ、変わったと思わない?」

    純「……まぁ、痩せましたよね」

    唯「そう、かなり……ね。どうしてかなぁ?」

    純「さあ、どうしてでしょうかね」

     おざなりの回答。私はさらに一歩踏み込んだ。

     すでに私は、鈴木純を深く疑っていた。

    唯「心当たりすらない? たとえば……平沢憂の前で体型を指摘した、とか」


    268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 03:36:33.66

     しばしの沈黙。

    純「……はは」

     そして、鈴木純は笑った。

    純「ご存じなんですか、私たちのやってること」

     『私たち』か。

     あっさりと鈴木純は白状した。

     こんな相手に、憂はあれほど傷つけられて。

    唯「……」

     血の沸騰する音が耳朶を打つ。

     されど、湧き立つ怒りを声には出さず、私は静かに言う。

    唯「まあね。……なかなかエグいことするじゃん」

    純「で、何ですか? 平沢のイジメを止めようって訳ですか?」

     鈴木は喧嘩腰になる。頭に血が上っているのは向こうも同じらしい。


    272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 04:00:19.42

    唯「バカだなぁ。だったらこんなまだるっこしい電話なんてしてやらないよ」

    唯「問答無用で教師にチクってるよ。私個人に大した力なんてないことは自覚してるしね」

    純「……そうかもしれませんね」

     真意をはかりかねているらしく、鈴木は声を落とす。

     私は意味もないのに、にたりと笑う演技をした。

    唯「私もねぇ、仲間に入れてくれないかな。その生ぬるいイジメの輪に」

    純「……どういうことです」

    唯「そのまんまの意味。私にも平沢憂をイジメさせてよ。……いや」

    唯「協力して平沢憂を虐げようよ。悪い提案じゃないと思うけどね」

    純「意味が分かりません……」

     電話の向こうで、鈴木が緊張しているのが手に取るように分かる。

    純「な、中野先輩に、この件に関知するメリットはないはずです」

    純「一体なにが目的なんですかっ」


    274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 04:04:32.00

     私はすこし息を溜めた。

    唯「今年の2月くらいのニュースだったかな。隣の県で、殺人事件があったよね」

    純「……それって」

    唯「犯人の女の子は、当時中学三年生だったっけね」

    唯「街で会った男を刃物で刺し殺した事件……私はよく覚えてるよ」

     鈴木の呼吸が荒くなっている。

     構わずに、私は続けた。

    唯「その女の子は、一人の人間を殺しながら、更生も償いも求められなかった」

    唯「理由は確か……男に襲われかけていたから、だっけ」

     胸がぎりぎりと絞めつけられる。

    唯「……ありえないよね」

    純「あの……どういう」

    唯「殺人を犯しながら、罪に問われなかったこと。おかしいと思わない?」


    277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 04:08:46.38

    純「おかしいというか……」

     鈴木は口ごもる。

    純「そうですね。奴は、犯罪者だと思いますよ。確かにおかしいですね」

    唯「そう、犯罪者なんだよ」

     それが、憂が虐げられる理由。

     憂が望んでしたことではなくても、人殺しは人殺し。

     周囲の人間はそんな認識しか持てないことなど、とうに知っていた。

    唯「私は、その犯罪者が何の罰も受けずにのさばっているのが許せない」

    唯「正しい裁きを下さなきゃいけない。私は間違ってる?」

    純「いえ、そんなことは全然ないです」

     いつの間にか鈴木の声が、媚びるような気持ちの悪いものに変化していた。

    純「先輩のことはよく分かりました。中野先輩、でしたね」

     私は「ええ」と小さく首肯した。

    純「夏休み中にでも、会って話すことにしましょう。構いませんか?」


    278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 04:12:22.41

    ――――

    純「それでは5日後、お会いしましょう。楽しみにしてます」

    唯「またね、純ちゃん」

     通話が切れたのを確認して、私は携帯を耳から離した。

     画面には、通話時間36分12秒と現れていた。

    唯「……」

     我ながら、よく我慢しきれたと思う。

     おもむろに立ち上がり、壁際に寄って拳を振り上げ、止める。

     隣の部屋には、疲れた憂が寝ているのだ。

     起こしてしまっては悪い。

     代わりに、だらけきった鶏のようなぬいぐるみの首を絞めてベッドに投げ落とし、

     憂の部屋へ戻ることにした。

     扉をそっと開ける。憂は気持ちよさそうに眠っていた。


    280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 04:16:23.10

     私は憂を起こさぬよう、ゆっくりとベッドに潜りこむ。

     憂とくっついて横たわると、熟睡していた憂が寝返りを打って、

     体重の半分を私に預けてきた。

    唯「……」

     肌の張りは、昨日より少しだけましになったように見える。

     耳もとで寝息を立てる憂を抱きしめながら、私は鈴木純のことを考えた。

    唯『……平沢憂の前で体型を指摘した、とか』

     私がそう言った時点で、鈴木純はイジメを白状した。

     つまり、これすらも憂に対するイジメの一環だったという事。

     ただひとりの友達だなんて、より深く憂を傷つけるための「ふり」だったという事だ。

     おそらく鈴木純が、この残忍なイジメの主犯だろうと私は見ている。

     奴は5日後、奴の学校の近くにある喫茶店にて、二人きりで会うよう約束をつけた。

     私をイジメに参加させて良いかどうかを決めるだけの権限が、鈴木純にはあるのではないか。

     そう思っていい要素はあるように思う。


    281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 04:20:41.15

     私は、憂が髪を縛ったままであることに気付き、リボンを解いてあげた。

    唯「……」

     ぴったりと抱き合って眠っていて、私はふと小学6年生の時分の冬を思い出した。

     あの日は日曜日で、憂は38度くらいの熱を出して寝込んでいた。

     あれぐらいの時期から、親はよく私たちを置いて海外に仕事に出かけることが多くなった。

     運悪く、その日も親はおらず、私がどうにかして看病をしなければならなかった。

     私も時折風邪で寝込むことがあったから、だいたいの対処はわかっていた。

     母親にしてもらったことを思い出しつつ、私はすこし泣きながら

     ひたすらに憂の看病を続け、いつの間にか外は暗くなってしまっていた。

     ここで、さらに悪いことが重なった。

     憂の苦手な雷が、夜になってごうごうと鳴りだしたのだ。

     こうなってしまうと、憂はもう一人では眠れない。

     目に涙を浮かべながら私にすがり付き、当然ベッドまでついてきた。


    283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 04:24:41.45

     風邪がうつってしまったらどうしよう、という不安はあったけれど、

     雷の夜に、ただでさえ体調を崩している憂を一人でベッドに置くわけにもいかなかった。

     いや、むしろ私は風邪をうつして欲しがっていたはずだ。

     少し前、和ちゃんに「風邪は誰かにうつしても治らない」と言われ、ちょっとしたケンカになっていたのだ。

     風邪は人にうつせば治る。

     それを証明するため、そして憂の風邪菌を取っ払うために、

     私はできるだけ憂と密着して、その雷の夜を過ごした。

     風邪は咳やくしゃみからうつると聞いていたから、汚いことは承知でそれらを顔に受けてみたり、

     渋る憂に無理を言って、憂の唾液を口にしたりしてみた。

     そこまで徹底して病原菌を体に入れれば、小学生の体が耐えうるはずもなく、

     私は翌朝、憂の記録を1.5度上回る高熱を叩きだした。

     そして憂はと言えば、諸症状も完全に消え、熱も下がり、

     誰がどう見ても健康体と言えるほどに回復していた。

     私は和ちゃんの説を打ち破り、憂を高熱の苦しみから守ったのだった。


    284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 04:28:53.58

    唯「……ふふ」

     その後、お見舞いに来た和ちゃんに事の顛末を説明したら、ひどく怒られたのを覚えている。

     それでケンカのことはうやむやになってしまった。

     子供のころは無鉄砲だったな、と思う。

    唯「……」

     いや、それは今も変わらないかもしれない。

     憂のためなら、私はなんでもしたい。

     昔から今まで変わらない、私の原理のようなものだ。

     どうしてそうするのか、ということはあまり考えたことはない。

     子供のころから両親のいない事が多くて、

     代わりに私が憂のためにやらなきゃいけない事がたくさんあった。

     私が憂のお姉ちゃんだったから。


    286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 04:32:16.71

     でも、それは嫌なことでもなんでもなくて、むしろ私には嬉しいことだったのだ。

     憂のために何もしてあげられない事の方が、私にはよっぽど恐怖だ。

     私を自然と突き動かす、憂という愛しい妹。

     その存在がいつの間にかあって、私はいつの間にか憂のための存在になっていた。

    唯「……」

     この世界がどうかは知らない。

     とにかく私にとっては、憂が最優先だ。

     憂のためとなれば、既存の倫理はもはや私に通用しない。

     私の思う、憂のためになることが絶対なんだ。

    憂「んっ……」

     憂が腕の中でぴくりと動いた。

     私は頭をかるく撫でてあげて、目を閉じる。

     少しだけ、私も眠りに落ちることにした。


    289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 04:37:55.53
    これから第4部になりますが、きりのいい所でいったん切らせていただきます
    再開は10時半ごろを予定しています


    292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 04:43:48.92
    >>288
    唯が受けたのは退学処分ではなく、軽音部の退部処分です

    >>291
    ごめんなさい、4部とエピローグで終わります
    60レスくらいです

    303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 09:57:06.18
    保守ありがとうございました。
    10時から始めていきます。

    304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 10:00:22.62

      (4)


    唯『今度会う時までに用意できる?』

     しばらくして、無音で携帯がメールを受信する。

    紬『できるはずよ。だから、それまで辛抱してちょうだいね』

     その内容に頬をゆるめ、私は即座に返信を打つ。

    唯『ありがとうムギちゃん。たった2日なら我慢してみせるよ!』

     送信を終え、一息つく。

     友人を騙すことに、罪悪感がないわけではない。

     けれど、これは憂のためだから。そのくらいの障害はいたって些末なものだ。

     携帯を閉じた。

     その音が少し大きかったか、憂がもぞりと動く。

    憂「うぅ……ん?」

     どうやら目を覚ましたようだ。


    305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 10:05:06.87

    唯「起こしちゃった?」

    憂「んー……」

     寝ぼけてはいるようだが、そのまま憂は起き上がった。

     なにもかもぼやけて映る起きたての目で、憂は私の顔を見つめる。

    憂「いま何時……?」

    唯「12時57分だね」

     私は携帯のサブディスプレイを見やって答える。

    憂「くぅ……」

     それを聞いて、憂はめいっぱい「のび」をした。

    憂「ご飯は食べた……?」

    唯「ううん、私も寝てたから。そろそろご飯作ろっか」

    憂「だね」

     私たちは頷き合って、ベッドを降りた。


    307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 10:08:27.46

    ――――

     2日後、りっちゃんとムギちゃんが私の家にやってきた。

     夏休みに、私たちと憂で海に出かけることはもう決まっていたけれど、

     どこの海に行くやら、いつ行くのやらがまだ決められなかったのだ。

     その原因にはひとえに、ムギちゃんの都合があった。

     まず、夏休みの大半をムギちゃんは海外の避暑地で過ごす。

     日本にいられる時間は少なくはないが、多少限られてきてしまう。

     それから別荘の都合だ。

     ムギちゃんの別荘は専用している訳ではなく、一般に向けて貸し出しもされている。

     それゆえ私たちも、いつでも借りられるということはない。

     別荘の予約が入っていない時を狙っていかなければいけないのだ。

     だから私たちは、ムギちゃんに別荘が空いている日を調べてもらわなければいけなかった。

     今日はその調べた結果を報告してもらう予定だった。


    308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 10:12:14.15

    紬「それで、早速なんだけれど」

     ムギちゃんは手帳を開いて、私たちが囲んでいるテーブルに置いた。

    律「こいつぁ……」

     それを見たりっちゃんは眉をひそめた。

     手帳のカレンダーは、7月も8月も斜線が目立っている。

    紬「ごめんなさい、2泊3日までしか日程はとれないみたい」

    憂「確か、3泊4日の予定だったんでしたっけ」

    律「あぁ。ま、無理ならしょうがないさ」

    唯「それで、いつなら別荘が使えそうなの?」

     ムギちゃんがカレンダーを指差す。

    紬「まずここ、7月は27日からの3日間に、使える別荘があるの」

    律「ってことは4日後か。少し急だな」


    309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 10:16:24.21

    唯「27日……私はだいじょぶだよ」

     鈴木純との約束は26日だ。

     問題はない。

    紬「一応、8月の22日からも3日間空いてる所があるんだけど……」

    紬「その時期は私、用事があって。できれば避けてもらえたら嬉しいわ」

    律「選択肢はその二つしかないのか?」

    紬「日程がさらに縮んでしまうけど、他には……」

    律「……いや、だったら27日からにしよう」

    唯「みんな平気?」

    律「私は問題ないよ。ムギは?」

    紬「ええ、空けてあるわよ」

    唯「憂も?」

    憂「うん、大丈夫だよ」


    310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 10:22:26.73

    律「ってことは……急いで準備しなきゃいけないな」

    唯「そうだね。水着買わなきゃ!」

     私たちは早速商店街に出かけて、旅行に向けた買い物をした。

     少しだけ、近くにあるアウトドア用品のコーナーに目を引かれたが、

    紬「唯ちゃん、ちょっと」

     ムギちゃんに引っ張られて注視することはできなかった。

     もちろん、アウトドア用品を見る必要なんてなかったのだけれど。

    唯「どしたのムギちゃん?」

    紬「おととい言ってた、睡眠導入剤。ここで渡しちゃって平気?」

     ムギちゃんは私の耳に口を近づけて、早口の小声で言った。

    唯「あ、うん」

     私は慌ててバッグを開く。

     自分で頼んだ事なのに、うっかり失念していた。


    311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 10:24:06.28

    唯「ほんとありがと、ムギちゃん」

     私は2日前、不眠症で悩んでいるとムギちゃんにメールで相談していた。

     眠りが浅く、すぐ目が覚めてしまうから、よく効く睡眠薬が欲しいと。

     ムギちゃんはお医者さんに相談して、こうしてすぐに用意してくれた。

     それが私の嘘だとも知らずに。

    紬「一晩に二錠だけよ。効果が出なくても、それ以上飲んじゃ駄目だからね」

    唯「うん、分かった」

     私は手早くバッグの奥に睡眠薬を押し込んだ。

    唯「さて、それじゃみんなのとこ戻らないと……」

    紬「待ってちょうだい、唯ちゃん」

    唯「……」

     憂のもとに戻ろうとした私の手を、ムギちゃんが掴まえた。

     強い力で、手首を握っている。

    唯「……どうしたの、ムギちゃん?」


    312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 10:28:07.70

    紬「唯ちゃんこそ、どうしたのかしら」

     ムギちゃんの碧眼が、私を見つめている。

    紬「一週間近くまともに眠れていない人の目じゃないわね」

    唯「そう、かな?」

     私ははぐらかした。

    紬「ええ。むしろ憂ちゃんの方が……という感じかしら?」

     ムギちゃんは薄く笑う。

     口元から嘘のにおいが漂う、いやな笑顔だった。

     私も同じ顔をしていると思った。

    紬「唯ちゃん。一体なにを企んでるの?」

    唯「企むなんてそんな……」

     首筋をあおぐように手を振る。

     落ち着かないと。ムギちゃんに私の計画が悟られているはずはない。

     ここで勝手にぼろを出しては、あの愚かな鈴木純と大差ない。


    313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 10:32:09.52

    唯「勘繰りすぎだよ。私はただ単に眠りが浅いだけ」

    唯「……睡眠時間が人より少ないだけ、なのかもしれないけど」

     ムギちゃんは何も言わず、私の顔をじっと見ている。

     舌裏の唾が、その視線によって掻き回されたかのように、口の中で粘度を増す。

    唯「企んでるなんて、やめてよ……ムギちゃんには疑われたくない」

    紬「疑おうというつもりじゃないのよ」

     くるりとムギちゃんは背中を向けた。

    紬「でも、さっき。唯ちゃんはあんまり要らなそうなものを見ていた気がしたから」

     その声はどこか儚げに、私の耳を打った。

     ひとけの多いアーケードの下、私はふと海に潜ったかのような静寂に襲われた。

    唯「……要らなそうなものって?」

    紬「とぼけちゃイヤよ……」

     ムギちゃんはわずかに首を俯ける。長い髪が、ふわりと揺らいだ。


    314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 10:36:19.63

    紬「……フー」

     水中から上がった時のように、ムギちゃんは口を窄めた息を吐いた。

    紬「唯ちゃんが何を考えて、何をしようとしていたとして」

    紬「どの道、私には止められないわ」

     すこし肩を震わせて、ムギちゃんは振り返った。

    紬「でも、約束してほしいの」

     再び、ムギちゃんが私の手を掴む。

     とても温かな手だった。

    紬「唯ちゃんは一人じゃないってことを。りっちゃんも、私も」

    紬「誰より……憂ちゃんが。唯ちゃんと一緒にいるってことを、忘れないで」

     ムギちゃんが小指を立てて、掴んだ私の手に触れさせる。

    唯「……うん」

     私はこくりと頷いて、ムギちゃんと小指を絡めた。


    317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 11:00:05.65

    紬「ゆーびきーりげーんまーん……」

     こなつかしい歌をうたって、小指を結んだ手を揺らす。

    紬「ゆーびきった!」

     かけ声で、私たちの手が離れた。

     私はすぐに、ムギちゃんに背を向ける。

    唯「それじゃ、りっちゃん達のとこ戻ろ」

    紬「ええ、そうね」

     満足げな声が返ってきた。

     胸の奥に広がる、鈍色の雲のようなイメージをかかえて、

     私は未だ水着に悩んでいるりっちゃんと、それに付き添う憂のもとへ戻った。

    律「おう、どこ行ってたんだよ?」

    紬「りっちゃん。唯ちゃんと指切りしてみたの」

    律「おー、即実行だな。で、どんな約束したんだ?」


    318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 11:04:11.00

    憂「私もそれ、聞きたいです」

     少しだけ憂と顔を合わせづらかったけれど、

     憂は置いていかれたことを特に怒っている様子はなかった。

     私と、というよりは、私たち3人といることを楽しんでくれているようだった。

    紬「私たちがずっと、離れ離れにならないように、って」

    律「……それじゃ神様へのお願いじゃん」

    紬「あれ? ほんとだわ」

    憂「でもっ、すごく素敵だと思います!」

    律「はは、まぁそうだな?」

     りっちゃんは嬉しそうに笑って、右手に持っていた水着をカゴに入れた。

    唯「その水着でいいの?」

    律「ああ。いいかげん腹も減ってきちまったし」

    律「そういえば、この後あいてるか? 一緒にファミレス行かね?」


    320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 11:08:37.28

    ――――

     私たちは場所をファミレスに移して、

     真夏にも関わらず、外がすっかり暗くなるまで喋り通した。

     毎朝日傘を差して登校する、桜高名物の先輩のこと、

     新しく出来た洋菓子屋さんのこと、

     それから、私たちと軽音部について、ほんと少しだけ。

     9時を過ぎて、それぞれの家に帰る。

    唯「ねぇ、憂……」

     帰り道を憂と二人で歩きながら、

     私はさっきファミレスで言えなかったことを言おうと思った。

    憂「なぁに、お姉ちゃん?」

     それを言うのには、凄まじい抵抗感があった。

     どうしてかは分からない。とにかく、それでも私は言った。

    唯「私たちと、バンドやらない?」


    321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 11:12:10.18

    憂「えっ……と」

     この誘いを少しばかり期待していたのかもしれない。

     憂は驚かず、照れたように耳のあたりを触った。

    憂「私が、澪さんの代わりになるの?」

    唯「ううん。そんなんじゃない」

     私は強く否定した。

    唯「軽音部と関係ない、新しいバンドだよ。憂にはそのベースをやってほしい」

    憂「ベース……ベースかぁ」

    唯「……ベースに限らなくてもいいよ。好きなのでいい」

     考え込むように、憂は顎を撫でる。

    憂「それって……皆さんと決めたこと?」

    唯「みんなには、まだ相談してない。でも、バンドを再開するつもりでいるのはみんな同じだよ」

    憂「そしたら、嬉しいけど……いいよ、とは言えないよ」


    322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 11:16:10.01

    唯「……今すぐじゃなくていいよ。でも、少し考えてほしいんだ」

    唯「あの中で楽器を弾くってことを。私たちと……合宿してさ」

    憂「合宿……」

     私の強調した言葉を、憂は繰り返した。

    唯「みんなと相談して、多分、憂を入れようってことになると思うから」

    唯「その時までに、憂がどうしたいか決めてほしいんだ」

    憂「……けど私、住んでるとこ隣の県だし」

    憂「それに……」

     私は憂の頭に手をのせ、強引に抱き寄せた。

     軽くなった憂は、私の力でもらくらく体を支えることができる。

    唯「大丈夫。どんなことでも、お姉ちゃんがなんとかするよ」

    唯「お姉ちゃんにまかせて」

     腕の中で、憂がむぎゅうと言った。


    324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 11:20:06.74

    ――――

     それから3日後、7月26日の夜。

     私はひとり、台所に立っていた。

     三徳包丁が1本減っていることに憂が気付く可能性があったから、

     憂には洗濯を任せてある。

    唯「……」

     私はそうめんを四束、沸騰したお湯で茹でつつ、

     みょうがとわけぎを刻み、生姜をおろす。

     換気扇を回していても、お湯がグツグツとたぎり、熱気が頬をなめてくる。

     じわりと汗がにじんで、服の襟にしみを作る。

     暑い。

     だが、暑くていい。外の気温も、もっと高ければいい。

     そうでなければ、震えてしまう。


    325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 11:24:09.28

     ザルにあけた素麺を流水で冷やしつつ、私は子供の頃のことを考えていた。

     これから先は、昏いから。

     先の見えない暗黒じゃなく、日暮れのように確かな終わりの見える昏さ。

     だからこそ、考えるまでもなく恐ろしいんだ。

     私はそうめんの水を切り、めんつゆを氷水で薄めた。

    唯「……よし」

     たっぷりとザルに盛られたそうめんをリビングに運ぶ。

     それと同時に、憂が洗濯を終えて戻ってきた。

    憂「わっ、お姉ちゃんそれ多くない?」

    唯「憂の体重を戻すためだよ」

     再び建前。

     私だって、そうめん四束が作りすぎなことは分かっている。

     ただ今日は、この作りすぎが重要なのだ。


    326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 11:28:08.92

    唯「まぁ、うん。食べよ食べよ!」

     私は薬味とつゆも持ってきて、テーブルに置く。

    憂「そだね。頑張ろう」

     おのおの箸を取り、薬味をつゆに落とすと、私たちは山のようなそうめんをすすり始める。

     私も頑張らないと。

    ――――

    憂「お姉ちゃん、もうダメ……」

     もう一山を残して、憂がようやく音をあげた。

    唯「憂も……?」

     それをきっかけに、私も箸を置く。

    憂「お腹くるしくなっちゃった。ふぅーっ……」

    唯「ごめん憂……やりすぎちゃったね」

     分かっていてやったことだけれど、苦しそうな憂を見ていると

     申し訳ない気持ちが溢れてきた。


    328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 11:32:08.75

    唯「あ、そうだそうだ」

     ぽっこり膨らんだ憂のお腹を見て、私は立ち上がる。

     私のお腹もかなり重たくなっていた。

    憂「どうしたの?」

    唯「こんな時に良いお薬があるんだよー」

     常備薬の箱を開け、薬瓶を取り出す。

     この間ムギちゃんにもらった薬を移し替えたものだ。

     私はそこに二錠だけ紛れこませたサプリメントをつまみ出してから、憂に瓶を手渡した。

    唯「消化と吸収を助けるお薬。憂も飲んでおこう」

    憂「あ、お姉ちゃんありがとう」

     疑いもせず、憂は瓶を受け取って睡眠薬を二錠手にのせた。

     私はサプリメントを口に放り込んで、水と一緒に飲みこむ。

     憂も、睡眠薬を同じように服用した。


    329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 11:36:09.08

    憂「ふぅっ……少し休んだ方がいいね」

    唯「うい、平気?」

     憂は深い息をつく。

     時間は昼下がり、もとより憂には些かの眠気があったのかもしれない。

    憂「うん、でも……」

     眠気を払おうとしているのか、いやいやをするようにかぶりを振った。

    憂「おねえ、ちゃん……」

    唯「……憂、どうしたの?」

     私は憂の頬に手を添えた。

    憂「あ……」

     それを皮切りに、憂のまぶたが落ちていく。

    唯「寝ちゃったのかな?」

     憂の背中と膝を支えて抱っこする。

     腰に少しだけ重みがかかるのが嬉しかった。


    333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 12:09:16.26

     憂の部屋の扉をどうにか開け、お人形を飾るようにベッドに座らせた。

     今日は猛暑日だ。

     薄いタオルケットを一枚だけ膝にかけてあげて、額に薄くかいている汗を拭く。

    唯「ごめんね、憂。でも……」

     その先は口にせず、私は憂の部屋を去る。

     私の部屋に置いたバッグをとる。

     底敷きの裏に包丁が隠されているのを確認し、

     私は鈴木純と約束した喫茶店に向かうため、まず駅へ向かった。

    ――――

     午後3時を過ぎて、鈴木純とおぼしき一人客が店に現れた。

     電車の中で化粧の印象は変えた。

     しっかりパーツの形を見なければ、平沢憂の親族とは思われないだろう。

     私は少女に向けて、軽く手を振ってみる。


    335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 12:12:25.79

    純「中野先輩ですか?」

     おずおずと近付いてきた少女は、そう問った。

     マロンペースト色の短い髪を二つ結びにして、いかにも生意気くさい顔立ちだ。

    唯「純ちゃんだね」

     私は帽子をかぶり直し、にやりと笑う。

    純「ええ、はい」

     鈴木純は頷く。

     そして遠慮がちに椅子を引き、腰かけた。

    唯「なにか頼まなくていいの? 私が持つよ」

    純「いえ、そんな。悪いですよ」

    唯「いいから。新参者の筋は通させてよ」

    純「……それじゃあ」

     私はウェイターを呼んで、アイスコーヒーを2つ注文した。


    336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 12:16:03.30

    純「コーヒーお好きなんですか?」

    唯「うん。頭がすっきりするからね」

     コーヒーの苦みはあまり得意じゃないが、そのほうが

     私の演じる中野梓というキャラクターをもっともらしく演出してくれる気がした。

     それに、今の私の体は、どうも紅茶を受け入れてくれそうになかった。

    唯「で……どう? 私も加えてくれるの?」

    純「それは、ハイ。勿論です」

     鈴木純は頷く。

    唯「一応確認しとくけど……イジメをやってるグループのリーダーは純ちゃんだよね」

    純「まぁ言いだしっぺと、おもに実行するのは私ですね」

    唯「ふぅん……なんでイジメを始めたわけ?」

    純「同じですよ。事件のことを知っていたからです」

     なぜ殺人をしたことがイジメの理由になるのか。

     平沢唯として彼女の前に立てたら、それが問えるのに。


    337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 12:20:04.42

    唯「知っていた……?」

    純「はい。私、子供のころは桜ケ丘って町に住んでいまして」

    純「そのころの友達に聞いたんですよね。平沢憂の名前」

     鈴木純は、自慢げに鼻を鳴らす。

    純「珍しい名前ですし、引越したということは聞いていましたから……間違いないと思いました」

    唯「なるほどねぇ……」

     私は冷えたコーヒーを口に含み、あまり味わわずに喉に流し込んだ。

    唯「ということは、最初から作戦だったんだ?」

    純「はい。平沢憂と友達になったふりをして、後で突き落とすための作戦……ですね」

    唯「ヒドいことするね」

    純「ははっ、まぁお互いじゃないですか」

     鈴木純の言葉はもっともだった。

     私のしようとしていることは、いま鈴木純が語った作戦によく似ている。


    340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 12:24:05.37

    ――――

     それからの時間は、私の人生で最も不快な3時間だった。

     鈴木純をはじめとする7人の中心グループと、

     その取り巻きというべき、さらに5人の加害側の生徒達で憂に対し働いたイジメを仔細に聞かされ、

     また私はそれに対して楽しげに笑ってやらなければいけなかった。

     胸糞の悪い話で、午後6時を迎える。

    唯「それじゃ、いいかな」

     私はすぐさま財布を取り出した。

    純「あれ? 予定あるんですか?」

    唯「ううん。純ちゃんも、この後は平気?」

    純「はい、まぁ……」

    唯「少し付き合おうよ、純ちゃん。いい場所があるんだ」

    唯「……人間を存分に虐げられる場所が、ね」


    341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 12:28:05.71

    ――――

    純「中野先輩、どこまで行くんですか……?」

     私は森深くを歩いていた。

     どこか南国系をにおわすシダやヤシのような植物が空を覆い、

     視界は目前も見えないほどの暗闇に包まれていた。

    唯「……さあ、どこまでかな」

     私はバッグの中に右手を突っ込んだ。

     そろそろ良いだろう。

    純「あの……?」

     その固く重たい感触をしっかりと掴むと、私はバッグを地面に投げ捨てた。

    純「中野先輩、聞いてますか?」

     鈴木純にはいまだ、私の手に握られた白刃が見えていないようだった。

     一歩、二歩と地面を確かめながら肉薄する。

    唯「誰かな? その中野先輩ってのは」


    343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 12:32:04.00

     鈴木純の胸倉を掴み、近くにあった木の幹に叩きつけた。

    純「何……ぐっ!?」

     両腕で体を押さえつけ、包丁の刃を首にあてがう。

     蒸し暑さのせいか大量にかいていた汗が、ぴしゃりと跳ねる。

    唯「……私は平沢唯。あんたらがイジめてる、平沢憂の姉だよ」

     鈴木純が息を呑むのがわかった。

     同時に、その体に力がこもる。

    唯「動くんじゃないっ!」

     包丁を立て、細い喉元に刃を食い込ませた。

    純「っ……」

     ぴたりと抵抗が止む。

     一旦、刃を離した。

     薄く赤い線が残るが、血の出ている様子はない。 


    345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 12:36:05.69

    唯「……お前が憂を虐めたんだ」

     自分の口から出ているとは思えないほど、冷たい声だった。

    唯「憂を苦しませた罪は重いよ。……死んで償って」

    純「ちょ、ちょちょっと待って下さいっ」

     鈴木純が必死な声を出す。

     それが滑稽で、私は口元が歪むのを感じた。

    唯「なに? 言い逃れなんてできないよ。散々話してくれたじゃん」

    純「そ、です、けど……」

     鈴木純の喉がごくりと動く。

    純「人殺しはだめですって、それこそ、罪は重いですよ」

    唯「……何かと思えば。下らない」

     罪の重い軽いという問題じゃない。私が許すか許さないかだ。


    346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 12:40:20.08

    純「くだらないなんて……それで実際に、人から疎まれたじゃないですか」

    純「罪には問われなくても、罪は誰かが知っています……誰かが恨んでいます」

    純「あなたの言ったことじゃないですか。誰かが裁かなきゃいけないって」

    唯「……そうだね。だから私があんたの罪を裁く」

     世間的なルールで縛られることじゃない。

     私が許すか許さないか。それだけだ。

    純「駄目ですよ。こんなの同じことの……復讐のやり合いになるだけです」

    唯「やり合い? そうはならないよ」

    唯「イジメに加担してる子たちの名前は、全部教えてもらったもん」

     必要な情報は鈴木純からもらっている。

     殺害後に携帯電話のメモリーを調べれば、全員とも連絡がとれる。

    純「最初から……そのつもりで」

    唯「ガキ大将やるには、ちょっとオツムが足らなかったね。純ちゃん」


    348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 12:44:01.27

    純「ガキ大将なんて……」

     そろそろ腕が疲れてきた。

     人一人を押さえこむのにも支障が出てきそうだ。

    唯「さて……イジメの参加者は殺せる限りみんな殺していくよ。……別に、それ以外の誰に恨まれようと私は構わないし」

    唯「復讐も、罪も。怖くなんてないんだ。それが憂のためになるんだったら」

     にわかに、鈴木純の体に力が戻ってきたような感覚がする。

     私の腕から力が抜けてきたせいだろうか。

    純「……何が悪いんですか」

    唯「ん?」

    純「人殺しなんですよ? いじめてやって何が悪いんですか」

     必死の形相を、鼻で笑ってやった。

     鈴木純は、もうすぐ消される矮小な存在を正当化するのに躍起だった。

     思っていた通りの、生意気で愚かしい女だった。


    350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 12:54:26.05

    唯「……」

    純「人を殺すような奴、いじめられて当たり前じゃないですか……」

    純「あなたもそんな奴の姉だから、こうやって簡単に人を殺せるんですね」

     なるほど、言われてみればそういう意味で私と憂は通じているのかもしれない。

     殺人者の姉妹。

     修飾は欲しくなかったけれど、憂との結束が強くなったような気がした。

    純「……唯、でしたっけ? あなたも同じですよ」

    唯「そうだね。私も犯罪者だし」

    純「知ってます。……妹を庇って死体を隠そうとしたんでしたっけ?」

    唯「……」

     どこかから、鳥の羽ばたきが聞こえた。

    純「……憂が殺人をしたせいで、あなただって似たような目にあったんじゃないですか?」

     いきなり何を言い出すんだろう。


    351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 13:00:08.40

    純「私はあなたの話、嘘だとは思っていませんでした」

    純「犯罪者が何の罰も受けずにいるのが許せないって……あれは本気の言葉に聞こえました」

    唯「……」

     私の腕に、すでに力はなかった。

     包丁だけはしっかりと握りしめて、けれど鈴木純を押さえつけることはできなくなっていた。

    純「事件のせいでいじめられたのは平沢憂だけじゃない。あなたも同じです」

    純「そのことを憂のせいにして、恨んでいたんじゃないですか?」

    唯「……ふぅん」

     目の前の少女に私は笑いかける。

     バカだと思っていたけれど、評価を改めても良さそうだ。

     私が認めまいとしてきたことを、今日初めて会ったばかりで見抜くなんて。

    唯「ま、そうかもしれないね……」

     私は光の届かない森の中、鈴木純の目を見つめる。

     小さな輝きが、そこに見えてしまう気がする。


    352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 13:04:14.90

    純「あなたが本当に疎ましいのは、恨めしいのは、私たちじゃありません。平沢憂です」

    純「あなたを苦しめる原因になった、妹の憂なんですよ。だから……」

     鈴木純はちょっと唇を舐めて、私の目を見つめ返してくる。

     そして、意気を込めて提案してきた。

    純「……私たちでなく、平沢憂を殺すべきじゃないですか?」

    唯「ふ……ふふ」

     笑いがこみ上げてくる。

     ダイイングメッセージや辞世の句のように、死を悟った人間の頭脳のひらめきは常軌を逸するらしい。

     けれど、元の頭が残念では意味がない。

    唯「ねぇ……純ちゃんって、一人っ子?」

    純「え……?」

     私の突然の問いに、鈴木純はうろたえる。

    唯「ううん、一人っ子でしょ。分かるよ。だって何にも分かってない」


    353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 13:08:51.43

    純「……まぁおっしゃる通り、一人っ子ですけど」

    唯「だろうねぇ」

     鈴木純は可哀想な人間だ。私にとっての憂のように、愛せる人がいないなんて。

     空を見る。意外にも木々は開けていて、乳白色の半月が浮かんでいた。

     少し遠くから、さざなみの音がする。

    唯「……確かに、そうだよ。私は憂を恨んでた」

    唯「嫌がらせを受けた。部活を辞めさせられた。大事な友達をなくした」

    唯「そういう影響をみんな、憂のせいにしたりもしたよ」

     私の声が、森に木霊する。

     鈴木純がぼんやりと私を見つめている気がする。

    純「それなのに、どうして平沢を……憂を許せるんですか」

     もっともな質問だった。

     そして私は、その答えをずっと前から知っている。

    唯「それでも、私の妹なんだ」


    355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 13:12:28.99

     誰が何と言おうと変わらない。

     私は憂のお姉ちゃんだから。

     そのせいでどんな仕打ちを受けたとしても、憂を嫌いになることなんて出来ない。、

    純「妹だから……ですか?」

    純「それだけで、許せてしまうんですか?」

    唯「許すんじゃないよ」

    唯「なんていうか……憂に苦労かけさせられるのは、ちょっと嬉しいぐらいだし」

     私は頬を掻いた。

     それから細く息を吐いて、鈴木純の呆けた顔に目を戻した。

    唯「だから私は、喜んでお前を殺すよ」

     再び、全身に力を込めた。

     はたと気付いたように、鈴木純がもがく。

     私は渾身の力を込めるが、だんだんと押し返されてくる。


    358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 13:16:19.09

    唯「……くぅ」

     私が鈴木純を殺そうとする力と、

     鈴木純の生き延びようとする力がせめぎ合う。

    純「……っ」

     どうして勝てない。

     憂のために出している力なのに、どうして一人の人間すら押さえ切れない。

    純「うああっ!!」

     歯ぎしりをした瞬間、私は突き飛ばされていた。

     湿った土の感触が、一瞬だけ左手を包む。

     鈴木純の奔走する背中を見て、私はすぐさま体勢を立て直した。

     ――絶対に逃がさない。

     そう思った瞬間、鈴木純が木の根に足をとられた。

     ためらいなく包丁を握り直し、顔面から土に倒れ込んだ鈴木純に躍りかかる。

     私の中で、憂の気持ちが燃えている気がした。


    360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 13:20:16.90

    唯「ふっ」

     包丁の柄を握りなおし、刃を振り下ろす。

     どすん、と私の手に衝撃が返る。

    純「いああああああっ!!」

     狂ったような叫びを上げて、鈴木純が私を蹴飛ばしながら地を転がる。

     一瞬ひるんだが、私の優勢は変わっていなかった。

     膨らみのある胸に目の焦点を絞り、右手を叩きつけた。

     再び、同じ衝撃を受ける。

    唯「……」

    純「げほぉっ……はぁ、はひっ……」

     鈴木純が咳き込む。

     そして、それだけだった。

     血の一滴も流さず、鈴木純は倒れ込んだまま苦しげに呼吸するだけだ。


    361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 13:24:17.96

    唯「……」

     状況を理解できないまま、私は右手を確かめた。

     そこに包丁は握られていなかった。

    唯「なにが……」

    純「……」

     鈴木純が私の手をとる。

     なだらかな丘を滑り降り、右手が土を掴んだ。

    純「もう、やめましょう……」

     震える声で、彼女は言った。

    純「私たちももうやめます。だから。殺さないで……」 

     私の頭はうまく働いてくれなかった。

     殺さないんじゃない。理由は分からないけど、殺せないんだ。

     私のもてる以上の力が、鈴木純を守っていた。


    363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 13:28:23.91

     鈴木純が私の下からすりぬけて、大儀そうに立ちあがった。

    唯「……」

    純「ありがとうございます」

     黙って動かない私をどう解釈したのか、彼女は頭を下げた。

    純「……さよならっ」

     がさがさと古い落ち葉を踏みつけながら、駆け足で鈴木純が去っていく。

     それを追いかけるだけの気力は、もう残っていなかった。

    唯「……帰ろう」

     私は手探りでバッグを見つけると、肩にかけた。

     森の奥はいやに冷えていた。

     腕をさすり、30分ほど歩いて森を出た。

     時間を確認すると、夜の9時になっていた。

     家に着くころにはもう憂は起きているだろう。

     帰ったらどう言い訳しようか。


    364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 13:33:04.85

    ――――

     電車を乗り継ぎ、1時間かけて家まで戻ってきた。

     憂の部屋の電気が点いているのを見て、私は項垂れた。

     携帯には着信が数件あったが、返す気にはなれなかった。

     私はインターフォンを鳴らす。

     すぐに憂が駆けおりてきて、鍵を開けてくれた。

    唯「……ただいま」

    憂「おかえり、お姉ちゃん」

     何も言わずに、憂は私を迎えてくれた。

    憂「ご飯つくったから、一緒に食べようね」

    唯「うん、ありがとう……うい」

     憂の優しい声を聞いて、にわかに涙腺がゆるむ。

    唯「うい~!」

     私は姉の尊厳なんて捨て去って、憂に泣きついていた。


    365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 13:37:49.73

    憂「お姉ちゃん……?」

     不安そうに、憂はなにか訊こうとした。

    唯「ごめん……ごめんね、憂……」

    憂「……ううん、いいよお姉ちゃん」

     けれど憂は、ただ私の頭を撫でて、やわらかく身体を抱いていてくれた。

    唯「ふ、ひっく……憂いぃ」

    憂「……お姉ちゃん、明日は早いよ?」

    唯「うっん……そうだね」

    憂「明日からのことだけ考えよう。きっと楽しいから……」

     憂の服を涙で濡らして、私はとにかく頷いた。

     その夜は久しぶりに、私がべったりと憂に甘えた。

     いや。久しぶりに、私が憂に甘えていることを認めた。

     それぐらい、何もかもかなぐりすてて憂に癒して欲しかったんだと思う。

     ひどく疲弊した精神を、憂はやさしくほどいてくれた。


    371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 14:00:08.85

    ――――

     翌日、私たちはムギちゃんの別荘まで来ていた。

    律「っんー! 海の匂いだな!」

    紬「気持ちのいい潮風ね」

     電車の長旅に疲れたのか、りっちゃんは大きくのびをする。

     去年も同じ別荘に来ていたから、りっちゃんも少し勝手を覚えているらしい。

     寝室に荷物を置いて、早々に水着に着替えてきた。

    律「唯、遅いぞー!」

    唯「待ってよ、憂に案内しなきゃ……」

    憂「後でも大丈夫だよ。お姉ちゃん、先に遊ぼう!」

    唯「ん、そう? じゃあ行こっか!」

     私たちも水着に着替えて、浜辺に向かうことにした。

     昨日のことは忘れて、今は楽しもう。


    372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 14:04:38.46

     日が落ちてきてから、すこしひりひりする肌をおさえながらバーベキューをする。

     お肉が生焼けだったり玉ねぎが辛かったりしたけれど、食べていると笑顔がこぼれた。

     食材を使い切るころには、すっかり夜になっていた。

     みんなでお風呂に入って、日焼けの痛む背中を洗いっこする。

     お風呂から上がるころには10時を回っていた。

    律「よしっ、肝試しやろう!」

    紬「肝試しって、学祭でやったみたいな?」

    律「お、知ってるかムギ!」

     りっちゃん達はまだ元気そうだったけれど、私はすでに眠くなっていた。

    唯「ごめん、りっちゃん……私もう寝る」

    律「おい、もうバテたのか?」

    憂「ごめんなさい、私も……」

     憂もおずおずと手を挙げた。


    373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 14:08:59.68

    紬「寝かせてあげましょ、りっちゃん」

    律「……まあいいか。今日ゆっくり休んで、明日限界まで行くとしよう!」

     りっちゃんはそう宣言して、ムギちゃんに何か耳打ちする。

    紬「うんうん――いいわね、それ!」

     なにか秘密の相談をしているらしい。

     私も聞かないほうがいいだろう。

    唯「じゃ憂、いこっか」

     憂を促して、寝室へ行く。

    憂「お先に休ませていただきます、律さん、紬さん」

    律「おう、おやすみ」

    紬「おやすみなさい。ふふっ」

     りっちゃんとムギちゃんは、私が扉を閉めるまで内緒の話をしていた。

     何をするつもりか、だいたい想像はつく。

     りっちゃんも、それに付き合うムギちゃんも、なんとなく悲壮感があった。


    374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 14:12:13.28

    ――――

     突然目が覚めた。

     慌てて身体を起こしたが、窓の外には中途半端に明るくなった空が見えている。

     時計を確認すると、まだ4時だ。

     私は隣で眠っている憂の顔を見て、ため息をついた。

    唯「……」

     りっちゃんもムギちゃんも熟睡している。

     立ちあがって、寝室を出る。

     私はふらふらと、朝の砂浜に出ていった。

     波打ち際すれすれで座り込む。

     ムギちゃんの別荘の海は貸し切りだから、

     朝でなくてもぼうっとしていれば静かな波の音を聞くことができる。

     おととい、森の中で聞いたものと同じ波の音だ。


    376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 14:16:26.30

    唯「……」

     波の音にまぎれて、さくさくと砂を踏む音が近付いてくる。

    唯「……うい?」

     私の隣で、足音が止まる。

     その気配はそのまま体育座りをした。

    憂「おはよ、お姉ちゃん」

    唯「憂も目が覚めたんだね」

    憂「うん。早くに寝たからかな……」

     私たちはそのまま、キラキラ光る海面を見守っていた。

     真夏の海辺でも、朝は少し冷える。

    唯「……」

    憂「……」

     憂が肩を震わせて、ちょっと寒そうにする。


    377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 14:21:01.35

    唯「うい」

     私は憂の手を握った。

    唯「来てほしいところがあるんだ」

    憂「来てほしいところ……?」

    唯「うん。いいかな」

     こくりと憂は頷く。

     私は手を引き、一緒に立ちあがった。

     砂を払い、私たちは別荘の裏に回る。

    唯「ここだよ、憂」

     そこには南国様の樹が葉を広げる、広大な森があった。

    憂「森……?」

    唯「そう、森。私がおととい、鈴木純を……殺そうとした場所」

     憂が繋いでいた手を強く握った。


    378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 14:24:29.10

    憂「……」

    憂「しようとした、ってことは……してないんだよね?」

    唯「……ごめん」

     私は項垂れた。

    憂「……いいよ、お姉ちゃん」

     憂の左手が、私の手を挟むように包み込む。

    憂「ありがとう。お姉ちゃんは……いつも私を守ってくれるよね」

     そう言って、憂は笑いかけてくる。

    唯「うい……?」

     そんなはずはない。

     私は一度だって憂を守れたことがあっただろうか。

    唯「私はそんな……」


    379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 14:28:17.12

    唯「いつもいつも、憂のことを守りきれないでいたよ、私……」

    憂「そうかな?」

     憂は首を捻った。

    憂「あの冬の日だって、お姉ちゃんは私を守ってくれた」

    憂「お姉ちゃんが殺してくれたんだよ。……あの男を」

    唯「……」

     私はわけがわからなくて、憂の顔を見つめた。

     冗談を言っているようでもなく、憂はにこにこ笑っている。

    唯「わたし……殺してないよ?」

    憂「うん、お姉ちゃんには自覚がないかもしれないね」

    憂「お姉ちゃんは分からなくても大丈夫だよ。その気持ちがあればいいの」

     憂が何を言っているのか、さっぱりわからない。

    唯「ういー……? わかんないよ、どういうこと?」


    380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 14:32:08.10

    憂「……んーん、ごめん。私もよく分かんない」

    憂「ただ分かるのは……私の危ない時には、いつもお姉ちゃんがいてくれるってことだけ」

     憂は、木々の間を抜けてきた風に前髪を揺らした。

    憂「お姉ちゃんは私のためになんでもしてくれる……」

    憂「だから私も、頑張ろうって思ったんだ」

    唯「……」

     にこにこしながら、憂は照れくさそうに笑った。

    憂「私、お姉ちゃんのためになれたかなぁ?」

    唯「……」

     私は、ふと疑問を抱えた。

     それを憂に尋ねてもいいものか、一瞬だけ悩む。

    唯「ねぇ、憂」

    唯「……憂は、あの男に強姦されたの?」


    382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 14:36:14.48

     憂はちょっと驚いた顔をした後、首を横に振った。

    憂「されかけただけ、だよ」

     それでも苦々しげな表情で、憂はこぼすように言う。

    憂「その、だから……入ってはなかったの」

     私の手が強く握られた。

     そして憂は、満面の笑みになる。

    憂「お姉ちゃんが、守ってくれたからっ」

     私は、やっぱり理解することはできなかった。

     けれど心で、感覚的にわかった。

     こつん、と私たちはおでこをぶつける。

     私たちがくすくすと笑い合う声と、

     静かな波の音がまじりあって、耳の奥にしみわたるようだった。


    388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 15:35:51.83

     ふと、森の中からがさりと音がした。

     私たちは突然の物音に、びくりと身体を震わせた。

    唯「わたし、見てくる」

     私は憂の手を離そうとした。

     でも、憂はぎゅっと手を握りしめて、決して離してはくれなかった。

    憂「一緒に行くよ」

    唯「……そだね」

     私は頷き、憂と一緒に物音のしたほうに近づく。

     そこには、生首を模すように切り、串で留められた果物類が木の枝にぶら下げられていた。

     一瞬、憂が身体を縮めた。

     ……りっちゃん達か。

     私は大きくため息をつく。

     明日の肝試しのために用意していたんだろうか。


    389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 15:38:02.59

    憂「もうっ。悪趣味だよね、こんなの」

    唯「ん? んー」

     憂はまだ分かっていないらしい。

     りっちゃんのためにも、私は曖昧な返事をしておいた。

    唯「そろそろ部屋戻ろっか。誰か起きた時に私たちがいなかったら心配するよ」

     今、りっちゃんにとって憂は澪ちゃんの代わりになっている。

     憂に対する驚かそうとする姿勢が、かつて澪ちゃんに対してとっていたものとまるで同じだから。

     もしかしたら、憂をベースとしてバンドに迎えさせてくれるかもしれない。

    憂「そうだね。お部屋で話そう」

     私たちはあまり物音を立てないよう、別荘の談話室に戻った。

     そして二人で朝食の準備を始めて、今日も海で遊ぶことに頭を入れ替えた。

     ――この旅行から帰ってきたのが、一週間前のことだ。


    390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 15:42:22.74

      エピローグ


     私の携帯が、ポケットの中でぶるぶると震えた。

    唯「あ、ちょっと」

     話を中断して、私は携帯を取り出して開いた。

     メールは純ちゃんからだった。

     送られてきたメールには画像が添付されていて、

     そこにはベースを肩から掛けた憂と純ちゃんが映っている。

     わざわざこんな証拠写真を送りつけてこなくともいいのだが、

     一度殺意を向けられた以上、簡単に許してもらえるとは思っていないらしい。

     いずれにせよ、憂が楽しそうで何よりだ。

    唯『憂の練習に付き合ってくれてありがとう』

     そう送信し、私は携帯を閉じる。


    392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 15:46:19.45

    和「……それで、それから」

     和ちゃんは言いかけて、首を振る。

    和「いいえ、いいわ」

    唯「……」

    和「……つまり、唯はこう思っているのね」

     眼鏡を外して、和ちゃんは深い呼吸をする。

     いつもレンズ越しに見ていた瞳は、私の知っている以上に鋭い。

    和「鈴木純に突き立てたはずの包丁の刃は、時間をさかのぼって」

    和「憂を襲った男の身体に刺さったんだって」

     私は二度頷く。

    唯「うん、そう思ってる」

     和ちゃんは前髪を掻き分けた。

    和「何を馬鹿な……と言いたいけれど」


    393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 15:50:28.14

    和「……あなたたち姉妹に限っては、そう一笑に付すこともできないわ」

    唯「私たちに限っては?」

     和ちゃんはそこのところを強調して言った。

    和「私たち、小6のときちょっとした喧嘩をしたわよね」

     憂と添い寝をしていて思い出したことだ。

     「風邪は人にうつせば治る」と思っていた私と、

     それは誤った俗説だと言う和ちゃんで言い争いになった。

    唯「うん、話したね」

     それがどうかしたんだろうか。

    和「言葉は選ばずに言うわ。私はあの時から、あなた達のことをおかしいと思ってた」

    唯「……」

     私はまさかそんなことを言われるとは予想しておらず、

     突如目頭を襲った痛みに戸惑った。


    396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 15:54:28.40

    唯「なに、どういうこと、和ちゃんっ」

     私は和ちゃんに食ってかかる。

     けれど、和ちゃんは表情を変えずに語った。

    和「非科学よ。風邪を人にうつしたら治るなんて、根拠はない」

    和「それなのに、唯は憂の風邪を自分にうつして治してしまった」

    唯「……それは、でも、有り得ないことじゃないよ」

    和「いいえ、有り得ないわ」

     毅然と和ちゃんは言った。

    和「仮にそれが有り得たとして、じゃあ唯は今回の現象をどう説明するの?」

    唯「どうって……」

     私は返事に詰まった。

    和「あなたたち姉妹には、非科学な力が干渉しているわ」

    和「唯が憂のためを思って行動した時は……なんでも思った通りになるのよ」


    397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 15:58:01.56

     和ちゃんは、自分の口をつく非現実な言葉に酸っぱそうな顔をしていた。

    和「過去の人間を殺したことは言わずもがなね」

    和「あっさり鈴木純を誘い出せたことも、律に憂を新しいベーシストとして受け入れさせたことも……」

    和「うまくいきすぎなのよ。唯が憂を想った時は。……その想いが正しいものかどうかは抜きにして」

    唯「……」

     私は目を閉じる。

    唯「……超能力ってこと?」

    和「さあ? 唯じゃなくて、世界がそういう風に働きかけるのかもしれないわ」

    和「どちらにせよ、何かがおかしい。……唯だけじゃなく、憂もね」

    唯「憂が……?」

    和「ええ。分かっているでしょう? 今回のことの、一番不思議な部分」

    和「どうして唯が、鈴木純を殺せなかったのか」

    和「今までの理屈でいくなら、かなりのイレギュラーよ」


    400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 16:03:25.53

     確かに、私が憂のためにすること全てが思い通りにいくというなら、

     鈴木純を殺せなかったことはおかしい。憂のために殺そうと思ったのに。

    唯「そうだ……なんでだろう」

    和「予想はつくでしょ?」

    唯「憂も、同じだから……?」

     和ちゃんがこくりと頷く。

     つまり、憂も私と同じで、私のためにすること全てが思い通りにいくということ。

     そのためなら、どんな無理でも押し通してしまう。

     憂は私を再び犯罪者にはしたくなかったから、包丁をどこかへ消してしまった。

     そして今度は、私の「憂を救いたい」という気持ちが、消えた包丁を過去へ転移させたということだろうか。

     全てが狂い始めたあの日へと。

    唯「でも……それじゃ変だよ」

    和「変?」

    唯「うん。憂は私が純ちゃんを殺すってこと知らなかったはずだよ」


    401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 16:07:02.76

    和「……」

     和ちゃんは眼鏡をかけると、

     カクテルでも飲むような手つきでアイスティーのグラスを揺らした。

    和「分からなくても、知らなくても。憂は想っているってことよ」

    和「唯はどうなのかしらね?」

    唯「わたしは……」

     かつての私は、心のどこかに憂を恨む気持ちがあった。

     だから、遠くに居る憂は不幸になってしまったんだろうか。

    唯「……わたしは、もう気付いたよ。憂は、私の妹だから」

     純ちゃんに言われて、自分の抱いていた恨みがいかに愚かか気付けた。

     そうして悪い気持ちが消えたからこそ、いま憂は笑っていられるんだろうか。

     私と憂の持っている力は、もろ刃の剣なのかもしれない。

    和「唯のその顔。久しぶりだわ」


    402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 16:10:49.49

     和ちゃんはアイスティーを飲み干すと、グラスを置いた。

     私もその男らしい動きでアイスティーを喉に流し込んだ。

     喉を通る冷たい感覚に、頭が冴える。

    和「それじゃあ帰るかしら?」

    唯「うん。憂も練習終えたみたいだし」

     私は財布を開いた。頬が自然に緩んでいるのを感じた。

    和「……夏休み終わっても平気そうね」

     和ちゃんは嬉しそうに笑う。

     私たちは支払いを済ませると、外に出た。

     蒸し暑い空気が、もわりと絡みついてくる。

    唯「夏が終わったら、かぁ」

     私は空を見上げた。

     やっぱり、憂と会えないのは辛い。


    403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/29(金) 16:14:42.63

    和「そんな顔しないの」

    唯「あうっ」

     和ちゃんに脇を小突かれた。

    和「憂だって耐えるんだから。しっかりしなさい」

    唯「うん、わかってる」

     私は無理に微笑んで、歩き出した。

     つらいのは私だけじゃない。

     そして、つらいのが私だけじゃいけない。

     私がお姉ちゃんだけど、憂と一緒にこの道を歩くことにしたんだ。

     わたしは、高い高い夏の雲に届くよう言う。

    唯「私たちは、姉妹だもんね」


      おしまい

    コメントを書き込む コメントを読む(8) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

澪「テスト!?」唯「どうしたの~澪ちゃん」
梓「りーつせーんぱい♪」
憂「あ、足痺れた・・・」
  1. 名前: けいおん!中毒 ◆/pHIRAno 2010/10/30(土) 00:11:33 URL [ 編集 ]
    途中までは面白かったんだけどなー…
  2. 名前: 評論家 ◆- 2010/10/30(土) 00:21:04 URL [ 編集 ]
    神作だろこれ…
    むっちゃいいじゃん…
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/10/31(日) 06:03:19 URL [ 編集 ]
    おもしろいけどけいおんのキャラに当てはめてやる必要性もいまいちないかも。純ちゃんもそうだし澪とか梓の扱いが不遇で悲しくなる。まぁけいおんSSじゃなかったらこの良作に出会えなかったわけだけど
  4. 名前: 名無し毒キノコ ◆- 2010/11/03(水) 23:24:19 URL [ 編集 ]
    神作
    なんで他のとこでまとめられてないの
  5. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/14(火) 01:24:26 URL [ 編集 ]
    すごい面白いんだがなんかすっきりしないのは俺だけか?
  6. 名前: W ◆- 2010/12/23(木) 03:14:02 URL [ 編集 ]
    いやすごいよかったよ
    なんかやけにリアルだった
  7. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/04/05(火) 22:21:55 URL [ 編集 ]
    かなり面白かった。
    でも読み終えて、なぜかあんまりすっきりしない
  8. 名前: 2012/02/11(土) 18:38:26 URL [ 編集 ]
    承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生