けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [スポンサー広告] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/10/30(土) 14:30:40 URL [ 編集 ]
    まさかのドカベン

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

律「へぇ~、じゃあアンタがむぎのピアノの先生なの?」殿馬「ズラ」

  1. 名前: 管理人 2010/10/30(土) 11:36:30
    3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 05:22:32.13
    岩鬼「や~まだ!」

    山田「どうしたんだ岩鬼?」

    岩鬼「とんまが女子高生と話してるで!」

    山田「本当だ、桜高の生徒じゃないか。お~い」


    4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 05:28:47.16
    律「あのデカイ人達あんたの事呼んでないか?」

    殿馬「ズラ?」

    山田「お~い!殿馬~!」
    岩鬼「おっす!」

    殿馬「山田に岩鬼、偶然ズラね」

    律「あの、どちら様?」

    岩鬼「なんやドブスちびな姉ちゃんやなあ」

    律「は?」


    8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 05:35:43.39
    殿馬「気にするなズラ、岩鬼の美的センスはおかしいズラ。」

    律「はは…まぁいいや、はじめまして田井中律です。」

    山田「あぁすみません突然、僕は山田太郎と申します。それでこっちが」

    岩鬼「男!岩鬼や!!ところでとんま!なんで女子高生と楽しげに話とるんじゃい!」



    10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 05:49:24.15
    殿馬「昔ピアノを教えてた生徒がこの学校にいるから会いに来たズラ。」

    岩鬼「その姉ちゃんか?」
    律「違いますよ、わたしの友達のことです。」

    殿馬「名前は琴吹紬ズラ。」

    山田「いかにもお嬢様って感じの名前だな。」

    律「そうなんですよ~ムギはまさしくお嬢様なんです。」

    岩鬼「なんや姉ちゃんとは正反対な感じやなぁ」

    殿馬「お前が言うなズラ。」

    13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 05:58:49.44
    岩鬼「じゃかあしゃい!!とんま!!」

    山田「あはは、でも岩鬼もお坊ちゃまなんだよな。」
    律「お坊ちゃま…ププ」

    岩鬼「ドブスちびも笑なや!!」

    律「む!一度ならず二度までも!こんな美少女に向かってなんてことを~!この葉っぱァ!!」

    岩鬼「なんやと~!」

    山田「なんかサチコとのやり取りにそっくりだな。」

    18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 06:13:20.44
    山田「ところで殿馬、用事はいいのかい?」

    殿馬「そうだったズラ、紬に会いに来たズラ。」

    律「あっ、ごめんなさい!すぐに呼んできます!葉っぱなんかにかまってるんじゃなかった。」

    岩鬼「ぐぬぬぬ!!まぁええわ、わいもお嬢様とやらに興味があるから見てやろうないか!」

    山田「やめろよ岩鬼!迷惑だろ?」

    殿馬「まったくだズラ。」

    19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 06:19:28.58
    ―部室―

    律「お~いムギぃ!」

    紬「どうしたの?りっちゃん。」

    律ムギにお客さんだぞ~。」

    紬「お客さん?誰かしら?」
    律「それは会ってのお楽しみい~。」



    20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 06:26:25.14
    ―校門前―

    律「ほら!あそこの小さい人!」

    紬「ん?あっ!あの人は!」
    殿馬「よう紬、久しぶりズラ」

    紬「殿馬先生!!」

    岩鬼「なんや金髪やで?外人さんかいな?」

    紬「あら?こちらの方々は先生のお知り合いですか?」
    殿馬「まぁそんなとこズラ」
    岩鬼「わいは男!岩鬼ちゅうもんや!よろしゅう!」
    山田「こんにちは。」

    紬「ウフフ、こんにちは。」

    21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 06:33:38.40
    紬「ところで殿馬先生はどうしてここに?」

    殿馬「たまたま通りかかったズラ、ついでに顔でも見ていこうと思ったズラ。」
    紬「まぁ、ウフフ。」

    岩鬼「スケベな奴やなぁ。」
    殿馬「うるせぇズラ。」

    紬「そうだ!先生お時間ありますか?」

    殿馬「大丈夫ズラ。」

    紬「よかったら久しぶりに演奏聞かせていただけませんか?」

    殿馬「いいズラ。」

    22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 06:39:43.25
    山田「ほら、岩鬼もういいだろ帰るぞ。」

    岩鬼「せやな、わいは音楽なんてサッパリやからなぁ。」

    紬「あら、御一緒なさらないのですか?」

    山田「元々偶然ここで会ったんだ、邪魔しちゃ悪いし帰るよ。」

    岩鬼「せやせや!ほんじゃな!とんま!金髪の姉ちゃん!それとドブスちびの姉ちゃんもな!」

    律「やかましぃ!葉っぱ野郎!さっさと帰れ!!」

    23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 06:45:49.97
    ―部室―

    唯「ムギちゃんとりっちゃんどこに行ったんだろ?」

    澪「私達より先に部室に行ったのにな。」

    梓「トイレじゃないですか?」

    律「おい~す!今日はお客さんが来てるぞ~!」

    唯「りっちゃん、どこに行ってたの?それにお客さん?」

    紬「ウフフ、先生どうぞ~。」

    殿馬「邪魔するズラ。」

    26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 06:50:49.78
    唯「え?」

    澪「誰?」

    梓「ですか?」

    紬「ウフフ、私が小さい頃に習ってたピアノの先生なの~。」

    殿馬「殿馬一人ズラ。」

    律「演奏してくれるらしいぞ!」

    唯「聞きたい!聞きたい!」
    澪「ピアノかぁ、なんか参考になればいいけど。」

    梓(…小さい人だなぁ。)

    28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 06:55:51.18
    紬「ワクワク」

    唯「ドキドキ」

    澪「期待してるのはわかるけど、声に出さなくても。」

    律「あれれ~?澪ちゅわんにはわからないんですか?~ミュージシャンの血が騒ぐのが!」

    澪「うっ、うるさい!」

    梓(ドキドキ)

    31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 07:10:56.64
    殿馬「それでは始めるズラ。」

    紬「どうぞ~。」

    殿馬「……」 スッ

    殿馬「」ポロロロロン ズラピコピン

    律(これは!わたしはピアノなんてサッパリだけど心を揺さぶられる旋律だ…律だけに。)

    唯(ほぇ~、なんだか心に響くよ~。)

    澪(凄い!凄い!なんだか繊細だけど、パワーに溢れてる音だ!)

    梓(G線上のアリアか…ポピュラーだけど、今まで聞いてきたものとまったく違う!凄い!涙が出そうなメロディーだ!)

    紬(ウフフ、やっぱり先生のピアノは素晴らしいわ~。)

    殿馬「」ズラズラピンピン

    35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 07:15:11.55
    殿馬「」ズラズラ ジャ~ン

    律「…」

    唯「…」

    澪「…」

    梓「…」

    紬「…」

    殿馬「これで終わりズラ、聞いてありがとうズラ。」



    37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 07:20:55.57
    >>33 そうだった!!ありがとう!なんか違和感があったんだよ。

    紬「相変わらず素晴らしかったですわ。」パチパチ

    律「凄い!感動しました!」パチパチパチ

    唯「うん!感動しました~!」 パチパチパチ

    澪「わ、私も!!」パチパチパチ

    梓「体の奥底から揺さぶられました!!」パチパチパチ



    38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 07:27:38.25
    唯「づらちゃん先生凄い!」
    殿馬「づらちゃん?」

    澪「こら唯!失礼だろ!」

    律「あはは!でもなんかぴったりだな!」

    澪「り~つ~!!」

    殿馬「別にかまわないづら」
    紬「ウフフ、殿馬先生もてますね?」

    梓(…づらちゃん……づらにゃん……)ブフゥウ!



    40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 07:33:52.74
    紬「殿馬先生、よろしかったら私達の演奏を聞いてくださいませんか?」

    律「そうだな!」

    澪「あんな凄い演奏のあとじゃ気が引けるけど、せめてものお礼に。」

    唯「え~?私達も負けてないよ~。」

    梓「唯先輩…」

    殿馬「かまわないづら。」

    42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 07:48:29.37
    律「ワン・ツー・スリー・フォー!!」

    唯「キミを見てるといつもハートDOKI☆DOKI」




    唯・澪「ふわふわ時間~♪」ジャ~ン


    梓「ふぅ~」

    紬「いかがでしたか?」

    殿馬「いい演奏だったづら、素晴らしい仲間づらな。」パチパチパチ

    唯「えへへ~」

    律「いや~それほどでも~」
    澪「調子に乗るな、ふふ」

    43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 08:01:16.89
    紬「お茶にしましょうか。」
    唯「やった~!お茶お茶~」
    律「いえ~い!」

    梓「き、今日は特別ですよ、もぅ。」

    殿馬「お茶?」

    澪「いつも練習の合間にティータイムしてるんです。…それだけの時もあるけど。ゴニョゴニョ」

    さわ子「それにちなんで放課後ティータイムというバンド名を付けたんです。」

    唯・律「さわちゃん!!」

    紬・梓「さわ子先生!!」



    澪「ヒィィィ…ミエナイキコエナイ」

    45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 08:06:30.34
    さわ子「初めてまして殿馬さん、私、軽音部顧問の山中さわ子と申します。」

    唯「えっ!づらちゃんの事知ってるの!?」

    律「有名人だったのか!?」
    梓「ていうか、さわ子先生いつのまに来たんですか?」

    澪「ミエナイキコエナイ、ミエナイキコエナイ」

    紬「澪ちゃ~ん。」

    47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 08:12:40.98
    さわ子「殿馬さんと言えば世界的なピアニストであり選手よ。」

    唯「選手?」

    律「何の?」

    梓(何だろう?卓球かな?)
    澪「あれ?ここは誰?私は何処?」

    紬「澪ちゃ~ん、もしも~し。」

    48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 08:17:51.13
    さわ子「あなた達本当に知らないの?」

    律「だから何なんだよ~」

    唯「づらちゃん教えて~」

    殿馬「野球づら。」

    唯・律・梓「ええ~!?」

    澪「はっ!!私はいったいどうしてたんだ!?」

    紬「あらあらまぁまぁ」

    49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 08:22:55.18
    唯「づらちゃんピアノの先生じゃなかったの~?」

    律「う~む、意外すぎる。」
    梓「わ、私は実は知ってましたよ。」

    澪「話についていけない。」
    紬「殿馬先生は東京スーパースターズのレギュラー選手なのよ~。」

    殿馬「づら」

    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 08:29:24.35
    >>49修正

    唯「づらちゃんピアノの先生じゃなかったの~?」

    律「う~む、意外すぎる。」
    梓「わ、私は実は知ってましたよ。」

    澪「話についていけない。」
    さわ子「殿馬先生は東京スーパースターズのレギュラー選手なのよ。」

    殿馬「づら」

    52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 08:35:54.87
    紬「まぁ!そうだったんですか?」

    律「ムギも知らなかったのかよ」

    唯「づらちゃん凄~い!サインちょうだ~い!!」

    梓「唯先輩!失礼ですよ!!」

    澪・さわ子(私も欲しい…)

    殿馬「づら」

    53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 08:42:39.10
    唯「やった~!!」

    律「サインゲット~!!」
    紬「うふふ」

    澪「野球選手のサインか~」
    さわ子「ピアニストのサインでもあるのね~。」

    梓「あ、あの『中野梓へ』でお願いします。」

    殿馬「づらづら」



    54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 09:00:34.96
    キーンコーンカーンコーン

    さわ子「あなた達もう下校時刻よ」

    律「んじゃ~帰りますか~」いや~今日はいい一日だったなぁ!」

    澪「今日は私達のために演奏してくれてありがとうございました。」

    梓「ありがとうございました。」

    唯「づらちゃんありがとう~。」

    紬「これからも頑張ってくださいね。」

    56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/30(土) 09:04:21.87
    殿馬「こちらこそありがとうづら、いい気分転換になったづら。」

    唯「よ~し!!私達放課後スーパースターズも頑張るぞ~!!」

    律「バンド名変わってるよ。」

    澪「おいおい。」

    梓「影響されやす過ぎです。」

    紬「あらあら。」

    さわ子「まったく。」

    殿馬「づら」







    おわり

    コメントを書き込む コメントを読む(1) [×色々] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

唯「がくちん!」 GACKT「やかましい!」
律「本能寺にいったら死ぬよ?」 信長「えっ」
唯「ハートキャッチプリキュア!」
  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/10/30(土) 14:30:40 URL [ 編集 ]
    まさかのドカベン

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

<<唯「テストでいい点をとったら澪ちゃんがそっけなくなった」 | トップページ | 梓「絶対に言いませんからね?」>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。