けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [スポンサー広告] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

  1. 名前: けいおん!中毒 ◆sSHoJftA 2010/11/06(土) 05:06:29 URL [ 編集 ]
    イイハナシダナー
  2. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/06(土) 09:27:03 URL [ 編集 ]
    けいおんとは一体……
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/06(土) 10:59:37 URL [ 編集 ]
    へえ、壮大な話だったでござる
  4. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/06(土) 16:03:07 URL [ 編集 ]
    衝撃の展開だった・・・
  5. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/06(土) 22:00:14 URL [ 編集 ]
    これのハッピーエンドルートあったのにこっちにしたのね
  6. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/07(日) 00:59:56 URL [ 編集 ]
    あずにゃんの純粋さに心が洗われたよ。こんな示唆に富むSSは初めてだ
    火の鳥また読み返そうかな・・・
  7. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/10(水) 02:31:14 URL [ 編集 ]
    最後の最後に感動!!
  8. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/30(火) 23:23:57 URL [ 編集 ]
    純粋な心の梓に感動した

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

梓「だいじょうぶですよ、唯先輩!」

  1. 名前: 管理人 2010/11/06(土) 03:38:01
    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:50:10.01
    コンビ二

    梓「たい焼きくれです!」

    店員「はい、たい焼きお一つですね」ゴソゴソ

    梓「私のたい焼きにさわるなぁー!」バッ

    店員「おっ、お客様!?」

    梓「うまい、うまいです」バクバク

    店員「ちょっとっ、困りますよ!!!」


    5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:55:02.22
    梓「お金を受け取りやがれです!」バッ

    店員「ひゃっ、投げないで!!!」

    梓「じゃあ、学校へいくです!」ダッ

    バーンッ

    自動ドアに激突する梓

    梓「痛いですっ、バーカ、バーッカ!!!」ダッ

    店員「何だったんだあの子は…」

    9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:59:49.54
    学校

    憂「あっ、お早う梓ちゃん」

    梓「ういーっ、ういーっ!」ニコニコ

    バシバシ

    憂「わっ、痛いよ梓ちゃん」

    梓「うーいっ、うーい、うーい!」ニコニコ

    バシバシ

    憂「あわわ、梓ちゃん、ちょっと落ち着いてぇーっ」

    13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:05:01.99
    純「お早う、梓は今日も元気だねー」

    梓「純っ、もじゃもじゃ食わせるです!」

    純「えっ、ちょっと髪の毛食べないでよっ!?」

    梓「もしゃもしゃ」

    純「もーっ、また頭がベトベトニなっちゃうよーっ」

    梓「もじゃもじゃうまいです!」

    憂「梓ちゃん、ホントに純ちゃんの髪の毛好きだよねー」

    15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:11:13.97
    部室

    梓「私がきたですよ!」バーン

    律「おう梓っ、待ってたぞ」

    梓「りつー!」ダキッ

    律「えへへ、梓はいつも可愛いなー」

    梓「りつ大好きです!」

    律「あはは、今日もいっぱい遊ぼうな!」

    梓「やったぁーっ」ピョンピョン

    17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:19:15.17
    澪「おいおい、遊ぶのもいいけど練習もちゃんとするぞ!」

    梓「あっ、みおーっ、おっぱいもませるです!」バッ

    澪「ひえーっ、今日は勘弁してくれよーっ」ダッ

    梓「デカパイ待つです!」ダッ

    バタバタ

    紬「みんなー、お茶がはいったわよー」

    梓「やったです!早く飲ませるですよ!」

    澪「ふー、助かったぁ」アセアセ

    律「今日も楽しい部活になりそうだなっ」

    23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:25:29.46
    梓「昨日つくった折り紙手裏剣をくらえです!」

    シュシュッ

    コツン

    紬「いてて、ヤラレタァー」

    梓「やったです、眉毛怪人を懲らしめたです!」

    澪「コラ梓っ、お茶飲んでる時に危ないだろー」

    梓「なにおー、みおも手裏剣をくらえです!」

    シュシュ

    澪「もーっ」

    律「あははっ、すごいな梓、折り方教えてくれよ」

    梓「えっへん、仕方が無いからけいおんぶのみんなには特別に教えてやるです!」

    29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:32:44.85
    ワイワイガヤガヤ

    唯「みんなお待たせー」

    梓「やったです!ゆいーっ、が来たです!」バンバン

    律「ちょっとは落ち着けよー」

    紬「梓ちゃん、唯ちゃん好きだもんね」

    梓「ゆいーっ!」ダキッ

    唯「あはは……」

    唯(またコイツいるのか、めんどくさいなー)

    34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:39:27.16
    唯「ちょっと、梓ちゃん、離れてよ」

    梓「ゆいーっ、ゆいーにも手裏剣つくってあげるですよ!」ダキッ

    唯「うん、わかったから…」

    唯(うわっ、よだれついたっ、汚いなぁー)

    澪「コラコラ梓、それじゃ唯が席につけないぞ」ニコニコ

    梓「早くゆいーも席に着くです!」

    梓「むぎも手裏剣くらいたく無かったら、さっさとゆいーのお茶淹れるですよ!」

    紬「はいはい」ニコニコ

    41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:45:41.14
    梓「そしたらココをこう、ダイナミックにグルンと折るです!」

    律「こうか?」

    梓「そうです!流石りつですっ」ダキッ

    律「わっ、いちいち抱きつくなよー」

    澪「私も出来たぞっ、こうだよな?」

    梓「そんなの知らんです!おっぱいもませろです!」

    澪「ひえーっ、なんでだよぉー!?」

    紬「うふふ」ニコニコ

    唯「……」

    唯(バッカじゃないの?)

    唯(なんでこんな幼稚園みたいな事、しなきゃならないの?)

    47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:54:14.27
    唯「練習しないんなら、私帰るよ?」

    澪「あっ、ああ、そうだな、そろそろ練習するか?」

    紬「そうね、梓ちゃん、折り紙はまた明日しましょう」

    梓「ちょっとまつです!まだゆいーの手裏剣が折れてないです!」

    唯「はあ、もういいって」

    梓「ええーっ、ゆいーは手裏剣嫌いですか?」

    唯「うん嫌い」

    梓「じゃあ、ゆいーには奴さん折ってヤルです」

    唯「それも嫌い、もう終わりっ」イライラ

    梓「でも私、その二つしか折れんです!!!」

    梓「わー、どうしようっ」バタバタ

    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:01:42.14
    梓「わーっ、わーっ!!!」バンバン

    律「梓っ、落ち着くんだ」ダキッ

    梓「うあーっ、あーっ!!!」

    ガブッ!!!

    律「くっ!?」

    澪「律っ、大丈夫か!?」

    紬「りっちゃん、血がっ!」

    律「みんな落ち着くんだっ、私達まで慌てたら、梓がますます興奮しちゃうだろ?」

    澪「でも…っ」

    梓「うーっ、ううーーーっ!!!」ガブガブ

    律「だいじょうぶだよ梓」ギュッ

    律「だいじょうぶ、安心していいんだぞ」ナデナデ

    60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:11:09.63
    梓「ふーっ、ふーっ」

    律「よしよし」

    梓「ふーっ」

    梓「……」

    紬「はぁ、梓ちゃん落ち着いたみたいね」

    澪「律っ、手当てしなきゃ!」

    律「なーに、この位、なんでも無いよ」

    梓「……」

    梓「りつ、……ごめんです」

    律「いいんだよ、梓はちょっと分んなくなっただけだもんな」

    律「だいじょうぶ」ギュッ

    梓「りつーっ」ギュッ

    69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:19:40.86
    唯「ぜんっぜん、大丈夫じゃないよっ!!!」

    律「唯……」

    唯「なんなのその子?おかしいよね?異常だよね?」

    唯「暴れたり、汚したり、壊したり」

    唯「今度は怪我までさせたじゃない!?」

    唯「今まで黙ってたけど、もう限界!!!」

    唯「その子には軽音部やめてもらおうよっ」

    紬「でも、梓ちゃんは仕方ないじゃない…」

    唯「うんそうだね、仕方ないね、だったら仕方が無いからやめてもらおうよ」

    唯「その子が入ってから、私達何回まともに練習できた?」

    唯「ここは軽音部なの!その子のお守り部じゃないの!!!」

    73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:33:11.17
    梓「ゆ、ゆいー?」ブルブル

    紬「あ、梓ちゃんだって、もう軽音部の一員でしょ?」

    紬「練習はもっとできる様にするから」

    紬「みんなで楽しくやっていく方法を考えましょうよっ」

    唯「……」

    唯「じゃあさ、その子の面倒は三人でちゃんと見てよね」

    唯「今度こんな事があったら、絶対に辞めてもらうから!」

    律「……ああ、わかった」

    澪「ちょっと、律っ!」

    唯「りっちゃん、今の約束、部長としてちゃんと守ってよね」

    律「約束だ」

    梓「りつー…」

    唯「じゃあ、私先に帰るから」ダッ

    82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:41:03.51
    唯の家

    唯「あーっ、もう最悪!」

    憂「どうしたのお姉ちゃん?」

    唯「あの梓ちゃんだよ、頭の悪いー」

    憂「……梓ちゃんがどうかしたの?」

    唯「あいつのせいで、クリーニングから出したばっかりの制服よだれ塗れだし」

    唯「りっちゃんは怪我するはで、もう軽音部はめちゃくちゃだよっ」

    憂「そうなんだ……」

    83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:47:24.00
    唯「あんな奴……」

    唯「 死ねばいいのにっ 」

    憂「えっ!!!?」

    唯「ん、なに?」

    憂「そんな、梓ちゃんはイイ子だよ……」

    唯「は?いい子?頭が悪くて人に迷惑かける奴がどうしてイイ子なの?」

    唯「あんな奴、どうせろくな人生歩まないんだから、早死にしたほうが幸せだよっ」

    唯「きっとあの子の家族だってそう思ってるよ」

    憂「……」

    86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:53:28.02
    憂「あっ、もうご飯出来てるよお姉ちゃん」

    唯「うん、ありがとう」

    唯「あー、よかったぁー」

    唯「憂がこんなに素直で頭のイイ子でー」

    唯「あのバカみたいなのが家族にまで居たら最悪だろうねー」

    憂「……」

    憂「あのね、お姉ちゃん?」

    唯「なに?」

    憂「もしもね、例えばの話しだよ」

    91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:03:26.30
    憂「例えば私がね、頭が悪くて、料理も洗濯も出来ない子だったら」

    憂「お姉ちゃん、私のこと好きでいてくれる?」

    唯「えーっ、そんなの決まってるじゃん」

    憂「そ、そうだよね」ホッ

    唯「 嫌にきまってるよ 」

    憂「!!?」

    唯「何も出来ない上に、人に迷惑かける奴なんて最低だよ、死んだ方がいいよ!」

    憂「……うん」

    憂「お姉ちゃん、ご飯冷めちゃうよ」

    唯「そうだね、今行くっ」

    102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:14:09.58
    コンビニ

    梓「たい焼きくれです!」

    店員(わっ、昨日の変な子だ…)

    店員「はい、たい焼きお一つですね」

    梓「今日は二個よこせです!」バンバン

    店員「はっ、はい!少々お待ちを……」ゴソゴソ

    梓「私のたい焼きに、さわるなと言ってるです!」バッ

    梓「金はやるからどっか行けです!」バッ

    店員「わっ、だから投げないでってぇー」

    梓「時間とらせるなバカっ!!!」ダッ

    ドーン!

    店員「あーっ、また……」

    梓「痛いです!二回もぶつかるとは許さんです!!!」ゲシッゲシッ

    店員「頼むから早く行ってくださいよー」

    114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:26:42.44
    通学路

    唯「はぁ、今日もあの子と会わなけりゃいけないなんて憂鬱だなー」

    和「あの子って梓ちゃん?」

    唯「そうだよ、なんで私がバカの面倒見なきゃならないの?」

    和「変わった子らしいわね」

    唯「それどころじゃないよー、バカなのバカ、低脳、役立たず、暴力的」

    唯「あんなのが同じ人間だってだけでも嫌だよね」

    唯「どっか私設にでも入ってればいいのに、なんで内の高校にいる訳?」

    唯「どうせ人権団体(笑)がねじ込んだんだろうけど、まったくいい迷惑だよ」

    和「……」

    和「唯って相変らずね」

    唯「何が?」

    122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:40:56.28
    和「人を能力差で見るというか、クラスのランク付けとか好きだったし」

    唯「うん、大体世の中はクズみたいのばっかり」

    唯「人口多すぎるんだから、平均以下の人間が死ねばいい世の中になるのになー」

    和「それ、本気で思ってるの?」

    唯「え?本気だよ、犯罪者とか、バカとか、汚い奴とか、居なくなればいいのに」

    和「……」

    和「その半分より上に私達はいるの?」

    唯「そりゃそうだよー、和ちゃんは勉強もスポーツも割と出来るし、よく見ると美人だしね」

    和「 唯は学校一の秀才だし、ギターの腕もプロなみだし、ミス桜ヶ丘に選ばれたから? 」

    唯「まあ、みんなが私レベルって訳にはいかなくても、ある程度の人間としか付き合いたくないなー」

    127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:48:39.86
    梓「ゆいーっ、ゆいー」バタバタ

    唯「げっ、あいつだよ…」

    和「お早う梓ちゃん」

    梓「おはようのどか!ああっ、のどかの分ないですっ!」

    和「え、何が無いの?」

    梓「たい焼き、私とゆいーのしかないです!」

    和「たい焼き?」

    梓「昨日私がゆいーの好きなの折れなかったから、ゆいーが怒ったです!」

    和「???」

    梓「だから、ゆいーにたい焼きを買って来たです!」

    梓「仕方がないですから、のどかにも、私の分あげるです!」

    142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:00:33.79
    和「そんな、悪いわよ、私はいいから梓ちゃんが食べなさい」

    梓「でもっ、でもっ、三人いるのに二つだから、ダメです!」

    和「だから私はいいのよ、梓ちゃんと唯で食べたら?」

    梓「えっ、でもっ、あれっ、わからんです、ダメな気がしますっ!」

    梓「わーっ、どうしよう、どうしよう」オロオロ

    唯(うわっ、こいつまた暴れるんじゃない!?)

    和「じゃあこうしましょ」

    パカッ

    和「私と梓ちゃん、半分こして食べましょっ」

    梓「あーっ!!!」ピョンピョン

    梓「私はしっぽが好きです!のどかは頭でも食えばいいです!」ニカッ

    和「うふふ」ニコニコ

    154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:12:09.14
    梓「うまいです!うまいです!」バクバク

    和「ほんと、おいしい、ありがとうね梓ちゃん!」

    梓「ゆいーも食べるですっ、ゆいーは特別に一匹あげるです!」

    唯「いらないよ、そんなの……」

    梓「うまいですよ!食べてまた私と仲良くするです!」

    和「唯、梓ちゃんの気持ちよ、食べてあげなさい」

    唯「いらないって言ってるでしょ!!!?」

    バシッ

    梓「わーっ!?」

    和「ちょっと、唯っ!なんて事するの!?」

    梓「ひゃあっ!?ああっ、たい焼きが落ちちゃったです…」

    和「だいじょうぶ?梓ちゃん!?」

    梓「ううっ……」

    159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:19:02.10
    梓「ゆいーはたい焼きも嫌いですか?」ブルブル

    唯「……嫌い」

    和「ちょっと唯!」

    唯「和ちゃんは黙っててよ!」

    梓「手裏剣が嫌いで、奴さんが嫌いで、たい焼きも嫌いで」

    梓「ゆいーは何が好きですか?」

    唯「私は頭の良くてちゃんとした子が好きなの」

    梓「へっ、ええっ!?」

    唯「あんたみたいな頭の悪い奴大嫌いなの、もう近寄らないでよね!!!」

    梓「あっ、あうう……」

    167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:28:10.91
    和「唯っ!なんて事言うの!?謝りなさい!!!」

    唯「なんで私が?」

    唯「こんなたい焼きなんて持ってきて!?」

    唯「コイツが素手で掴んだんだよっ!?」

    唯「よだれとか鼻水とかついた手で持って、ばい菌だらけなんだよ!」

    唯「そんなの食べられる訳ないよっ!!!」

    梓「汚くないですっ、私汚くないですよーっ!」

    唯「……」ジロッ

    梓「ううっ、ゆいー……」グスグス

    唯「和ちゃん、悪いけど私先に行くね、朝から気分悪い」

    和「……」

    178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:41:55.94
    部室

    律「あれ?私が一番乗りじゃないのか?」

    梓「りつー」

    律「どっ、どうしたんだ梓!?折り紙こんなにグシャグシャにして……」

    梓「……」

    律「元気がないじゃないか、何かあったのか?」

    梓「ルツが折れんです」

    律「鶴?」

    梓「ゆいーは手裏剣も奴さんも嫌いです、鶴なら好きかも知れんです…」

    梓「でも何度やっても折れんですっ!何度も何度もやったけど折れんです!」グスグス

    律「そんなことなら、私が教えてやるよ」

    梓「ダメです!小さいころから、お母さんや先生に何度も教わったです!」





    189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:55:16.90
    梓「なんども、なんども、なんども、なんどもぉーっ!!!」

    律「梓……」

    梓「出来ないです、私がバカだからできんのです……」

    律「なっ、お前、自分の事バカって言わないって約束しただろ!?」

    律「自分の事をバカなんて言っちゃダメだっ!」

    梓「ゆいー、も言ってたです」

    梓「私はバカです、バカだからゆいーは私が嫌いです」

    律「あいつ、そんな事をっ!?」

    梓「私は何でバカなんですか?なんで頭のいい子に生まれなかったんですか?」

    律「梓、お前……」

    196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 02:05:25.01
    梓「頭良くなったらゆいーは私が好きになりますか?」ポロポロ

    律「それは……」

    梓「バカはイヤですよぉーっ!!!」

    律「梓ぁっ!!!」ダキッ

    梓「私バカだからわからんです、どうしたらいいか分からんです!!!」

    梓「りつーっ、教えてくれです!どうしたら頭良くなりますか?」

    梓「どうしたら、ゆいーは私を嫌いじゃなくなりますか!?」

    梓「うわーん」ボロボロ

    律「梓、ごめん、わたしもわかんないや」ポロポロ

    律「ごめんな、ごめんなぁ」ギュッ

    梓「りつー、りつーっ!!」ヒシッ

    199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 02:17:43.99
    数日後の部室

    紬「今度の合宿も、うちの別荘に行かない?」

    澪「うん、いいんじゃないか?」

    梓「がっしゅくって、何するですか?」

    紬「海の近くに行って、みんなでお泊りするのよっ」

    梓「海ですか?お泊りですか?楽しみです!!!」ピョンピョン

    律「花火したりバーベキューしたり楽しいぞーっ!」

    澪「ちゃんと練習もするぞー」

    梓「いくです!早く行くです!!!!」ダッ

    律「おいおいっ、今から行くんじゃないぞ」

    紬「それでね、唯ちゃんはどう思う?」

    唯「合宿って、コイツも行くんでしょ?」

    梓「ゆいー…」

    唯「じゃあ、私パス」

    204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 02:34:27.95
    律「唯も一緒にいこうよー」

    唯「部活の時間だけでもイヤなのに、何でコイツと一日中いないといけないわけ?」

    梓「あ、ううっ」

    澪「そう言うなよー、去年は楽しかったって言ってたじゃないか?な?」

    唯「去年は……ね」

    律(唯と梓がこのままじゃいけないな……お互いの為に)

    律「なあ唯、絶対に去年みたいに楽しくするから、頼むから来てくれよ」

    唯「はぁ?りっちゃん、あからさまに出来ない約束なんてするもんじゃないよ」

    紬「お願いよ唯ちゃん、みんなが一緒じゃないと楽しめないわ」

    唯「わかったよ、出来るだけそいつ近づけないようにしてよね」

    梓「……」

    律(だいじょうぶ、二人は分かり合えるはずだ、きっと……)

    210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 02:48:13.78
    合宿当日 海

    梓「海すごいです!青いくせにザーザー言ってやがるです!」

    律(梓は喜んでるみたいだな)

    律(でも肝心の唯との接点がないな……)

    澪「唯、泳がないか?」

    唯「そうだね、ちょっと泳ごうかな」

    律「梓も泳ごうぜ!」

    梓「私は……やめとくです」

    律「え?何でだ?」

    梓「小さい頃、波に飲まれたから、泳ぐの恐いです…」

    律「そうか……」

    紬「じゃあ、一緒にお城作りましょうか?」

    梓「つくるです!私は正義の基地をつくりますから」

    梓「ムギはマユゲラーのアジトをつくるです!!!」

    213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 03:00:13.56


    唯「」スーイスーイ

    澪「唯、泳ぎも得意なんだな、全然ついて行けないよ」

    唯「うーん、まあね」

    澪「だいぶ沖に出ちゃった、私はそろそろ引き返すけどー」

    唯「私はもう少し泳いで戻るよ」


    砂浜

    紬「悪のアジトってこんな感じかしら?」

    梓「違うですっ、もっとあばんぎゃるど銀河っぽく!!!」

    紬「ふむふむ」

    澪「ふーっ、疲れたぁ」

    律「一人で戻ってきたのか、唯は?」

    澪「あそこ」

    律「あんなとこまで、唯は何させてもスゴイな」

    218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 03:11:01.58
    紬「澪ちゃん、何か飲みもの取って来ようか?」

    澪「いいよ、自分で行くよ」

    紬「場所わかる?一緒に行きましょう」

    律「おい、梓は何か飲まないか?梓と唯の分も取ってきてやるぞ」

    梓「オロナミンGがいいです!」

    律(ジー?)

    梓「私は割れて中からロボが発進する山をつくってて忙しいです!早く行くです!」

    律(要するに普通の砂山だな)

    223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 03:22:49.51
    唯(気持ちいいなー、これであいつがいなければ最高なんだけどなー)

    唯(はぁ、そろそろ戻らなきゃ)

    唯(!?)

    唯「えっ!?ゲポッ!!!」

    唯(何これ?足が攣った奴!?)

    唯(水飲んじゃった、苦しいっ、えっ?)

    唯(なんなのちょっとっ!!?)

    バシャバシャ

    梓「いい具合に正義の基地が出来たです!」

    梓「一見普通の農家ですが、ちゃぶ台を引っ繰り返すと牛小屋がー……」

    梓「ん?」

    バシャバシャ

    梓「ああっ、ゆいーっ!ゆいーがぁっ!!!?」

    226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 03:31:42.71
    梓「みんなーっ、みんなぁー!!!!」

    梓「みんな来いです!!!ゆいーが大変です!!!」

    梓「みんないないです!ゆいーが!私泳げないです!!!」

    梓「ああっ、どうすればいいですっ、わからんです」

    梓「わーっ、わーっ」

    梓「ビーチボールがあるです!?」




    唯(苦しい、息がっ、吸わなきゃ、水をっ、はかなきゃっ!!!)

    唯(苦しいっ、助けてぇっ!!!)

    唯(死ぬのっ?イヤっ!!!)

    唯(誰か助けてーーーっ!!!!)

    230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 03:42:21.10
    梓「ゆいーっ!!!ゆいーっ!!!」バシャバシャ

    梓「ゆいーっ、ボール、つかまるです!!!」バシャバシャ

    唯(えっ、梓ちゃん!?)

    唯(やった、早く、つかまなきゃ!!!)

    唯「ケホッ、ケホッ、はあっ、はあっ」

    唯(良かった、これで何とかなる…)

    バシャ バシャ 

    梓「はあっ、うっぷ」バシャバシャ

    唯「えっ?」

    唯(この子、ボールつかんでないと立ち泳ぎも出来ないの!?)

    233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 03:53:40.35
    梓「がっ、うぶっ」バシャバシャ

    唯(ちょっと、こっちに来られても……っ)

    唯「あっ!?ゴホッ」

    唯(ダメっ、このボール一つじゃ二人は無理だよっ)

    梓「はっ、うっぷ、ゆいーっ、ごぼっ」

    唯(二人いるけど、ボールは一つなの)

    梓(ゆいー、私……)

    唯(生き残れるのは一人なの……)

    ドッ!

    240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 04:02:05.37
    澪「あれ?梓がいないぞ」

    紬「ちょっと、二人ともあれ見てっ!!!」

    律「えっ!?マジかよっ!!!」

    律「浮き輪は無かったか!?じゃあ救命用のはどこだ!?」

    紬「あ、あっちっ!」

    律「くっそーっ!!!」

    律「間に合ってくれーっ!!!!!」

    バシャバシャ

    245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 04:14:51.67
    翌日の夜 梓の通夜式

    律「ううっ、梓、あずさぁー」ボロボロ

    律「ごめんな助けてやれなくて、私はいっつもお前を助けて、やれ、なくて……」

    澪「早すぎるよ梓……」シクシク

    紬「かわいそうな梓ちゃん」ポロポロ

    唯「……」

    梓父「軽音部のみなさんですね」

    澪「……ごめんなさい、私達のせいです」

    梓父「いいえ、あなた達のせいではありません、悲しい事故です…」

    梓母「梓は、みなさんと一緒に学校へ行って、部活をするのを何より楽しみにしていました」

    梓母「みなさん、本当にありがとうございました」

    律「ううっ、そんな……」

    唯「……」

    254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 04:22:04.82
    唯(私は悪くない)

    律「あの時、もっと早く泳いでたら……」

    唯(私は悪くない)

    紬「あの時目をはなさなければ……」

    唯(私は悪くない)

    澪「もっと気にかけてあげてたら……」

    唯(私は……悪く……ない)

    唯「なんなのみんな!?」

    律「えっ?」

    262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 04:35:14.38
    唯「私のせいであいつが死んだって言いたいんでしょ?」

    澪「そんなつもりじゃっ……」

    唯「私が調子に乗って溺れかけたから、いけないって思ってるんでしょ?」

    紬「唯ちゃん……?」

    唯「私の代わりにあいつが死んだって言いたいんでしょ?違うのっ!!!!?」

    律「ちょっと唯、落ち着けよ」

    唯「いいよ、私の身代わりであいつが死んだ、じゃあ、それのどこがいけないの?」

    唯「あいつなんか社会のお荷物でしょ?」

    唯「私が生きてた方が百万倍意味があるよ!」

    唯「どうせさっきの両親だって、こんな出来損ないが死んで清々してるよ!!!」

    唯「あんな奴昔の時代なら生まれて直ぐ間引かれてたよ!」

    唯「この歳まで生かさせてやった事をあり難く思って欲しいくらいだねっ!!!」

    唯「あんな、バカで、役に立たない、人に迷惑かけるクズなんてっ!!!」

    パチーンッ!!!

    271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 04:47:30.20
    唯「ううっ、りっちゃん?」プルプル

    律「やめろよ唯、そんな悲しい事言うのは」

    律「やめてくれよ……」

    唯「……」

    唯「なに?」

    唯「あんただって、あいつと同じ」

    唯「あいつがいなけりゃ、りっちゃんが一番格下だからね」

    唯「その次が澪ちゃん、おその上がお金の差でムギちゃんだね」

    律「なんだそりゃ?」

    唯「何って格付けだよ、あんたが一番バカで役立たずのクズだって事!!!」

    唯「人間なんてそんなもんでしょ?違うの?」

    唯「だから今回クズが一人消えただけ、世界は少しよくなったんだよ!!!」

    唯「みんな何泣いてるの?お祝いすべきじゃない?」

    律「いい加減にしろよっ!!!」

    281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 04:59:21.91
    律「違うだろっ、人間の命はそんなもんじゃ無いだろ?」

    唯「何?人権?宗教?道徳?」

    唯「バッカじゃないっ!!!?」

    律「お前も本当は、心の何処かでわかってるはずだっ」

    唯「はあ?何言ってんの?」

    唯「そんなのわかるわけ無いじゃない?理屈で言い負かしてみたらどうなの?」

    唯「ああゴメン、バカだからそんな事出来ないよねー」

    唯「今回の事で文句があるってんなら、いいよ、軽音部なんてどうせお遊び」

    唯「私辞めるから、もっと有意義に時間が使えるね、よかった!」タッ

    律「おい、唯っ、ちょっと待てよっ!!!」

    律(私が本当に心配してたのは、梓よりむしろ……お前なんだよ)

    284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 05:13:10.97
    唯はその後一流大学に進学し
    一流企業に勤め
    適齢期に財閥の御曹司と結婚
    子宝にも恵まれ
    健康も壊さず
    交友関係も広い

    何不自由ない羨まれる生活を送った
    そして歳を取り
    体が動かなくなるまで生き延びた

    介護も付きっ切り交代制で人を雇った
    金をかけているだけあって
    十分な仕事をする介護士

    だが、それでも唯の心は暗かった


    唯「何で私がこんな目にあうの!?」

    唯「私は人よりどんな事でも優れてたのに」

    唯「何でこんな事になるの!?」

    289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 05:23:56.74
    孫「うわっ、汚い、何時までこの婆さん生きるんだろうね」

    孫嫁「食事も自分で取れなくて喉から入れてるんだってよ」

    孫「あー、こりゃもう死んだ方がいいな」

    孫嫁「でもまだ耳が聞こえるって話しだけどー」

    孫「聞こえててもどうせ頭がボケてんだろ」

    孫「ボケてなくても、自分じゃ満足に声すら出せないんだから同じだよ」

    孫嫁「でもほんと、こんな役に立たない、迷惑かかる存在は」

    孫嫁「ちょっと……邪魔よね」

    孫「まあ、屋敷は広いから、部屋はいいんだけど」

    孫「家の中に、こんなのがいる部屋にがあるってのはちょっとなー」

    孫嫁「なんかイヤよねー」

    孫「早く死なないかなー」

    294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 05:36:45.85
    唯(こんな役に立たない、迷惑をかける存在なんて)

    唯(死んだ方がましだよ……)

    唯(ううっ……)

    唯(あの孫も、小さい頃は可愛がってあげたはずなのに)

    唯(志望校に合格した事も、いいとこのお嬢さんと縁談がうまく行ったのも)

    唯(全部私のお陰なのにっ!!!)

    唯(きっとあの鬼嫁の教育のせいね!)

    唯(親の教育が……悪いから……)

    唯(私は違うわよ、完璧だった)

    唯(足りないものなんて何も無かったはずよ)

    唯(なのに何故、今になって空しいの?)

    唯(バカバカしい、本当にバカバカしい)

    唯(どんなに頑張っても、結局人間は死ぬんじゃない)

    唯(最後は役立たずになるんじゃない!!!)

    297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 05:49:19.70
    唯(最近思い出すのは、遠い遠い昔の事)

    唯(高校生時代……)

    唯(私は一年半くらい軽音部という部活に入っていた)

    唯(そこにいた梓ちゃん)

    唯(バカで、役に立たなくて、迷惑な子)

    唯(でも、みんなは梓ちゃんを愛していた)

    唯(私にはそれがよく分からなかった)

    唯(でも、そういう事って本当にあるの?)

    唯(役に立たなくても、迷惑でも、尊いものってあるの?)

    唯(それをみんなは知ってたの?)

    唯(じゃあ、なんで、なんで私には教えてくれなかったの?)

    唯(私は、「私の命は無駄じゃない」そう言えるものが何一つない)

    唯(ねえ、教えてよみんな)

    唯(梓ちゃん……)

    唯(助けて、あの時みたいにっ!)

    301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:00:17.87
    梓「だいじょうぶですよ、唯先輩!」

    唯「えっ!?」

    梓「会いたかったです唯先輩っ!」ダキッ

    唯「なんで……梓ちゃん!?これは夢なの?」

    唯「私は死んだの!?」

    唯「あっ、そうだ!梓ちゃん、あの時はごめんなさい」

    唯「貴方は私を助けに来てくれたのに、そんなあなたを……」

    梓「いいんですよ、一人しか生き残れなかったんですよね」

    梓「私はそこまで考えられる余裕無かったんですけど」

    梓「唯先輩を助けるって目的は果たせました」

    唯「だけど、私は……」

    303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:12:55.90
    梓「私は泳げませんでしたから、自分が溺れるかもしれないって分ってても助けに行きました」

    唯「ありがとうっ、ごめんなさい!」

    梓「いえ、違うんです、私の方がお礼を言いたいんです」

    唯「えっ、どういうこと?」

    梓「私は、自分の命を捨ててでも、助けたいって思えるような出会いが出来ました」

    梓「これは幸せな事なんです!ありがとうございました、唯先輩に出会えたからです!」

    唯「そんなっ、そんなこと!?」

    梓「自分よりも大切なものに出会えることが、本当の幸せなんです!!!」

    梓「私は、幸せでしたよ!」

    唯「梓ちゃん……」

    唯「私は長く生きたけど、自分よりも大切にした物なんてあったかな?」

    305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:24:08.27
    梓「良い悪いで人や自分を見るのは当たり前です」

    梓「でも人生には、そんな物差しでは計れない、本当に大切なものがあるんですよ」

    梓「それに出会うために私達はいるんです」

    唯「そんな事、考えた事もなかった……」

    梓「だから、今の唯先輩の命も大切ですよ」

    唯「嘘だよ、私、もうこんななのに」

    梓「私は実際、唯先輩の命を大切に思って行動しました」

    唯「死んだ方がマシなんて言わないで下さい」

    唯「でも、私、辛いよ、寂しいよっ」

    梓「だいじょうぶですよ、唯先輩」ギュッ

    梓「安心していいんですよ」

    唯「梓ちゃん!あずさちゃん!!!」

    307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:31:55.63
    唯「……」

    介護士「えっ?なんで?」

    介護士「笑ってる?」


    それから三ヵ月後
    唯は絶命した
    穏やかな死であった
    それを本当に気にかける遺族は
    誰一人いなかった

    ただ豪勢で盛大な葬儀が
    空しく執り行われ 終わった


    それから長い時間が経ち
    人類は滅亡した
    地球は太陽に飲み込まれ
    その太陽も死んだ


    さらに長い時間が過ぎ
    この宇宙も終わり
    次の宇宙が現われた

    さらにそれすらも終わり…繰り返した

    310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:37:46.75
    唯「あーずーにゃんっ!」ダキッ

    梓「にゃっ!?」

    梓「何やってるんですかぁー、離れてください唯先輩!!!」

    唯「あずにゃん!あずにゃん!!!」ギュッ

    梓「もうっ、唯先輩ったらぁー///」



    お わ り

    コメントを書き込む コメントを読む(8) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

澪「忘れたのか? 私にはファンクラブがついてるんだぞ?」
唯「あずにゃんに私の唾液を飲ませ続けたい」
憂「傍にいる人へ」
  1. 名前: けいおん!中毒 ◆sSHoJftA 2010/11/06(土) 05:06:29 URL [ 編集 ]
    イイハナシダナー
  2. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/06(土) 09:27:03 URL [ 編集 ]
    けいおんとは一体……
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/06(土) 10:59:37 URL [ 編集 ]
    へえ、壮大な話だったでござる
  4. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/06(土) 16:03:07 URL [ 編集 ]
    衝撃の展開だった・・・
  5. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/06(土) 22:00:14 URL [ 編集 ]
    これのハッピーエンドルートあったのにこっちにしたのね
  6. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/07(日) 00:59:56 URL [ 編集 ]
    あずにゃんの純粋さに心が洗われたよ。こんな示唆に富むSSは初めてだ
    火の鳥また読み返そうかな・・・
  7. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/10(水) 02:31:14 URL [ 編集 ]
    最後の最後に感動!!
  8. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/30(火) 23:23:57 URL [ 編集 ]
    純粋な心の梓に感動した

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

<<唯「あずにゃんのお兄ちゃんは私のお兄ちゃんだもん!」 | トップページ | 梓「唯先輩を恥ずかしがらせたい」>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。