FC2ブログ

けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

梓「唯先輩のあそこの匂い大好きです。」

  1. 名前: 管理人 2010/11/07(日) 11:26:34
    7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 04:40:10.81
    唯「あそこって?」

    梓「おまんこの匂いですよ。特に潮を噴いた時の匂いがいいですね」

    唯「そっかー、ありがとう!」

    梓「なので、唯先輩を私の家の芳香剤にしてもいいですか?」

    唯「……えっ、どういうこと?」


    8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 04:47:10.68
    梓「着きました、ここが私の家です」

    唯「お邪魔しまーす」

    梓「まずは玄関からお願いしてもいいですか?」

    唯「あっ、うん」

    梓「家に入って最初に通る場所ですから、香りには気を遣いたいですよね」

    唯「それで、私はどうすればいいの?」

    梓「ストッキングとパンツを脱いで、オナニーしてください。必要ならバイブも貸しますから」

    唯「わかったよ、あずにゃん!」

    11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 04:52:02.52
    クチュクチュ...

    唯「んっ、ん……」

    クンカクンカ

    梓「だんだん匂いが漂ってきました」

    クチュクチュ...

    唯「あ、ん、んぅ……」

    梓「でも、玄関に唯先輩の匂いを充満させるには、ちょっと足りないですね」

    唯「あぅ、ごめんね……」

    梓「いい匂いを手早く広げるには、ミスト(霧)が一番です。唯先輩、潮を噴けませんか?」

    13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 04:57:37.76
    クチュクチュ...

    唯「う~ん、指だけで潮噴きは難しいよ~」

    梓「そんなことないですよ、唯先輩の指使いがダメなんです」

    唯「うぅ、あずにゃん厳しい……」

    梓「ちょっとおまんこ貸してください、手本を見せますから」

    唯「えへへ、ありがとう~」

    17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 05:05:11.39
    梓「基本的にギターと同じですから、唯先輩もすぐに自分で潮を噴けるようになりますよ」

    唯「へぇ~、そうなんだ」

    梓「弦をチョップする要領で、こうです」

    ピチッピチッ

    唯「はうぅ……」

    梓「この時、こっちの指はクリトリスをしっかり押さえておかないと、変な音が出ちゃいます」

    ギュムッ

    唯「ひゃっ……。押さえておいても、変な声が出るよぉ」

    20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 05:13:49.98
    クンカクンカ

    梓「ほら、匂いの濃さがさっきと全然違います」

    唯「本当だ、すごい!」

    梓「今度は唯先輩が自分でやってみてください、意外と簡単ですよ」

    唯「わかった!」

    ギュムムムッ

    唯「は、うぅ……」

    ピチンピチンッ

    唯「あぐ、うぅ……」

    梓「その調子です。頑張ってください、唯先輩」

    唯「うん、あずにゃんのために頑張るよ!」

    21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 05:26:04.87
    クチュチュクチュチュ

    唯「あっ、あっ、あっ」

    梓「あれ、唯先輩。そんな弾き方いつ覚えたんですか?」

    唯「えっ、いや、何となく思いついて……」

    梓(こんな独創的なおまんこの弾き方を、咄嗟に思いつくなんて……)

    グチュルングチュルン

    唯「あぁっ、ひゃふぁ……」

    梓(やっぱり私の勘は正しかった。唯先輩には、オナニーの才能がある……)

    グッチョングチョチョン

    唯「あっふ、あふぁぅ……」

    梓(オナニーの神様に愛された、10年に一度の天才。それが唯先輩……!)

    23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 05:34:23.70
    クンカクンカ

    梓「唯先輩、いい匂いですよ」

    唯「うん、もう少しで潮を噴くからね!」

    グッチャグッチャ

    唯「あっ、きた、きたよ!」

    プシャアァアァ

    唯「ひゃぁあぁあ!」

    梓「唯先輩の潮が霧になって、いい匂いがふんわりと広がっていきます……」

    唯「はぁ、はぁ、どう、あずにゃん?」

    梓「えぇ、バッチリです。ありがとうございます、唯先輩」

    24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 05:46:01.35
    クチュクチュ...

    唯「あっ……」

    梓「あれ、まだオナニーを続けるんですか?」

    唯「うん、なんかすぐ2回目が来そうだから」

    梓「大丈夫ですか? まだトイレとか押し入れとか、この後にお願いしたい場所が結構あるんですけど」

    唯「平気だよ、あずにゃん。玄関でもう一回潮を噴いたら、そっちも頑張るから」

    梓「はぁ、そうですか。まあ確かに、玄関がいい匂いだと嬉しいので、ありがとうございます」



    26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 05:51:35.14
    グチュチュチュチュ

    唯「あふ、あふぅ……」

    クンカクンカ

    梓「匂いが強くなりました、そろそろフィニッシュですか?」

    ギュルルルルルル

    唯「うん、あっ、もう……」

    ガチャ

    純「お邪魔しまーす、あれなんかいい匂い」

    プシャアァアァ

    唯「ひゃはあぁあぁ!!」

    純「ぎゃはあぁあぁ!?」

    28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 05:58:48.79
    唯「……」グッタリ

    純「……」ベットリ

    唯「あっ、えーと」

    純「おっ、お邪魔しました」

    バタン

    唯「……今のって、純ちゃ」

    梓「モップです」

    唯「えっ、いや純ちゃ」

    梓「どう見てもモップでした。きっとダスキンの人ですね」

    唯「あの、だから、私の潮が」

    梓「モップが汚れたら、ダスキンの人が持って帰ってくれますよね」

    唯「えっ、まぁ、うん」

    29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:04:52.92
    クンカクンカ

    梓「さて、玄関はもう十分いい匂いですね」

    唯「そ、そうだね」

    梓「じゃあ次はリビングをお願いします」

    唯「……アイス食べた後でもいい?」

    梓「休憩はもうちょっと先です。唯先輩に潮を噴いてもらいたい場所が、まだ色々ありますから」

    唯「ふえぇ、頑張ります」



    玄関編おわり

    33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:20:17.97
    あ、この先は考えてないから誰か書いて
    俺は会社に行くから

    45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 19:00:15.89
    なんだ、誰も書いてないのか

    47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 19:12:16.01
    梓「……部屋を移動するごとに唯先輩がオナニーしていたら、いつまで経っても終わりませんね」

    唯「えっ、そうかな~?」

    梓「玄関とリビングだけで、1時間かかっちゃいましたから」

    唯「本当だ、もうこんな時間!」

    クンカクンカ

    梓「いい匂いたっぷりで嬉しいんですけど、あんまり時間がかかると大変です」

    唯「そうだね~」

    48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 19:22:56.08
    梓「そこで、こんな物を用意しました」

    唯「何、これ?」

    梓「SODから取り寄せた『マシンパンツ』です。ちょっと穿いてみてください」

    唯「えっと、これ、どうやって?」

    梓「とりあえず両足を通してください」

    唯「う、うん」

    梓「そうすれば、バイブがちょうどおまんこの部分に来るはずなので、ズポッと挿し込みます」

    唯「よ~し、やってみるよ!」

    49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 19:28:21.95
    ヌポッ

    唯「うわっ、入った!」

    梓「奥まで挿し込みましたか?」

    唯「ちょっと待って……」

    ズププッ

    唯「あぅ……」

    梓「大丈夫ですか?」

    唯「うん、根元まで入ったよ」

    梓「その位置で、パンツ外側のローターはクリトリスに当たってますか?」

    唯「えっと……、あっ、ピッタリだ!」

    梓「良かった。設計ミスは無かったみたいですね」

    50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 19:35:29.71
    唯「それで、これを穿いてどうするの?」

    梓「マシンのスイッチを入れたら、家の中を歩き回ってもらいます」

    唯「あっ、なるほど」

    梓「家の隅々まで唯先輩の匂いを漂わせるには、この方が効率的だと思って」

    唯「あずにゃん、さすが!」

    梓「じゃあ、準備ができたらスイッチを入れますよ?」

    唯「いつでもオーケーだよ!」

    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 19:43:56.44
    カチッ

    ブィンブィンブィン

    唯「きゃふぅうん!」

    梓「あっ、いきなり強すぎましたか?」

    唯「ん、平気……」

    ヴィンヴィンヴィン

    唯「はぁ、はぅあ……」

    梓「えっと、歩けないと意味が無いんですが、本当に大丈夫ですよね?」

    ヨタヨタ...

    唯「ま、任せて……」

    梓(生まれたての小鹿みたいな歩き方だなぁ)

    54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 19:52:06.27
    ブィ-ンブィ-ン

    唯「あず、にゃぅん、どこに、行けば、はぁっ、いいの……」

    梓「最初はトイレですね」

    ブゥンブゥンブゥン

    唯「んぅ、わかった、はぅ……」

    梓「トイレにはしっかり匂いを残しておきたいので、2回くらい潮を噴いてもらっていいですか?」

    ヴィィィィィィ

    唯「あぅっ、もう、いっかいめ、くるよぉ……」

    55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 19:58:20.16
    ピシャアァアァアァ

    唯「きゃふぅん!」

    梓「今回はパンツを穿いてるから、潮が飛び散ることはありませんね」

    唯「その代わり、パンツがぐっしょりで気持ち悪いよぉ……」

    梓「ちなみに唯先輩、今のはどっちですか?」

    唯「どっち、って……」

    梓「潮を噴いた理由は、クリトリスの刺激なのか、ヴァギナの刺激なのか」

    唯「わかんない、けど、たぶん、外の……」

    梓「クリトリスですか。そっちの方が敏感みたいですね」

    56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 20:03:03.85
    ヴォォォォン

    唯「ていうか、あの、スイッチ、切って……」

    梓「えっ、なんで切るんですか?」

    唯「いっかい、イッたから、ちょっと、待って……」

    梓「唯先輩、それじゃ普通にオナニーするのと変わらないじゃないですか」

    唯「ふぇ……」

    梓「一度マシンパンツのスイッチを入れたら、強弱の調整だけで、全部終わるまでスイッチは切りませんよ」

    唯「そ、そんなぁ……」

    57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 20:06:40.42
    ヴィ-ンヴィンヴィ-ン

    唯「あっ、だめっ、もう……」

    梓「もう2回目ですか?」

    唯「うんっ、そうっ、またっ……」

    ピシャピシャアァ

    唯「はぅっ!」

    クンカクンカ

    梓「トイレなのに、とってもいい匂いです。唯先輩、ありがとうございます」

    唯「へ、へへ、ぴぃす……」

    59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 20:12:08.64
    その頃

    純「……」

    純(何が起こったのか、いまだに分からない)

    純(梓の家に行って玄関のドアを開けたら、唯先輩に潮をぶっかけられた)

    純(うん、まったく意味が分からない)

    純(とりあえず梓の家から離れて、適当に歩いてみたけど)

    純(ここはどこだろう、まさか迷ったかな……)



    憂「あれ、純ちゃん?」

    62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 20:18:29.17
    純「あれ、どうして憂が?」

    憂「だって私の家、この近くだもん」

    純「あっ、そうなんだ」

    憂「ところで純ちゃん、なんで髪が濡れてるの?」

    純「えっ、あっ、これは」

    クンカクンカ

    憂「それに、なんかいい匂いがする」

    純「いや~、駅前のショップで新作の香水を試してみたからかな~、ははっ」

    憂「ふうん……?」

    63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 20:27:46.06
    純「そうだ、憂は何をしてたの?」

    憂「うん、あの柿を取ろうと思って」

    純「……柿?」

    憂「熟した柿の実を取ってほしいって、この家のおばあちゃんに頼まれたの」

    純「あぁ、それでそんな棒を持って」

    憂「でも、なかなかうまく取れなくて。脚立があれば手が届くんだけど、見当たらないの」

    純「それなら、私が憂を肩車してあげよっか。たぶん届くでしょ?」

    憂「えっ、いいの?」

    純「気にしないで、結構力はある方だから!」

    憂「じゃあ、お願いしちゃうね。ありがとう」

    64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 20:32:46.49
    純「よっ、と。どう?」

    憂「あっ、ギリギリ届きそう。もっと前に出てくれる?」

    純「えーと、こんな感じ?」

    憂「あっ、そんな感じ!」

    ムズッ

    憂「きゃっ」

    純「あれ、どうしたの?」

    憂「い、いや、何でもない……」

    65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 20:41:29.71
    ムズムズッ

    憂(身体の内側を触られているような、この感覚……)

    ムズムズムズッ

    憂(これは私の触覚じゃない、これは……)

    ムズムズムズムズッ

    憂(お姉ちゃんとの感覚同期【シンクロニティ】だ!)



    ※ 説明しよう!

    平沢姉妹は、片方が臨界点を超えた感覚に襲われると、もう片方にもその感覚が伝わってしまうのだ!
    一人では抱えきれない、怒りや悲しみ、痛みや喜びを共有することができる、素敵な能力だ!

    68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 20:49:25.85
    ビクンッ

    憂「うぁっ!」

    純「ちょっと、憂、どうしたの?」

    憂(この感覚、どうやら今回のシンクロニティは『快感』……)

    憂(でも、おかしい。毎日1時間のオナニーを欠かさないお姉ちゃんが、快感の臨界点を超えるだなんて)

    憂(お姉ちゃんは今、一体どこで何をしているの?)

    憂(どんな方法で、こんなとてつもない快感を得ているの?)

    ビクッビクッビクッ

    憂「あっ、まずい、このままじゃ!?」

    純「ねぇ、何が起こってるの!?」

    71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 20:56:48.10
    ビクビクッ

    憂「だめっ、純ちゃん、私を下ろして!」

    純「えっ、いきなり何を」

    ビクビクビクッ

    憂「来ちゃうのっ、出ちゃうのっ、早くしないとっ!」

    純「ちゃんと説明してよ、まったく意味が」

    ドクンッ

    憂「ああぁっ、もおぉっ、純ちゃんのバカァぁあぁあぁぁっ!!」

    プッシャアァアァアアアァ

    純「ぐにゃあぁぁあぁっ!?」

    73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 21:04:49.36
    プッシャアァァアァッ

    唯「ふにゃ、ぐぅうぅううぅん!?」

    梓「うわっ、また派手に漏らしましたね」

    唯「ひゃっ、だって、いっぺんに、きたぁ……」

    梓「もしかして、外側と内側の絶頂が同時に来たんですか?」

    唯「うんっ、これっ、はじめてぇ……」

    クンカクンカ

    梓「匂いも特濃だ、私もこんなの初めてです。頭がクラクラしそう」

    唯(あっ、そういえば……)

    唯(こんなに強く感じたから、憂に伝わっちゃったかも……)

    唯(うぅっ、憂、ごめんね……)

    74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 21:14:34.14
    カチッ

    唯「あっ、あれっ、スイッチ……」

    梓「唯先輩、お疲れ様でした。これで最後の部屋も終わりです」

    唯「そっか、もう、終わったんだねぇ……」

    梓「さすがに疲れましたよね、本当にありがとうございます」

    唯「うん……、アイス食べたい……」

    梓「あっ、そういえば忘れてましたね。ごめんなさい」

    唯「アーイースー」

    梓「ふふっ、わかりました。冷凍庫から持って来るんで、パンツを脱いで待っててください」

    唯「えへへ~、あずにゃ~ん、ありがとう~」

    梓(あっ、可愛い)



    マシンパンツ編おわり

    77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 21:39:51.78
    憂「ねぇ、それ本当なの!?」

    純「ていうか、今の話を信じるの!?」

    憂「だって、つじつまが合うんだもん」

    純「つじつま……?」

    憂「説明は後でゆっくりするよ。とにかく、本当なんだね?」

    純「あっ、えっと」

    憂「梓ちゃんの家の玄関を開けたら、お姉ちゃんが潮を噴いていたんだね?」

    純「は、はい、間違いありません」

    78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 21:48:13.61
    憂「……やっぱり」

    純「……憂?」

    憂「よし、急いで梓ちゃんの家に行こう」

    純「えっ、なんで?」

    憂「決まってるでしょ、お姉ちゃんを助けに行くんだよ!」

    純「……助けに、ねぇ」

    憂「だから、早く行かないと!」

    純「急いでるのはわかったけど、とりあえず髪を乾かすまで少し待ってくれない?」

    憂「モップにかかった潮なんて、自然乾燥で十分だよ!」

    純「ひどい!」

    80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 21:57:36.90
    唯「このアイス美味しいよ、あずにゃん!」

    梓「気に入ってくれたみたいで何よりです」

    唯「ひと仕事終えた後の達成感は、素敵な調味料なんだよ!」

    梓「へぇ、唯先輩が労働の美学を語るなんて意外です」

    唯「でもね、もっとアイスが美味しくなる調味料があるんだ」

    梓「何ですか?」

    唯「それは君だよ、あずにゃん!」

    梓「ふぇ?」

    ダキッ

    唯「あずにゃんと食べるアイスは、美味しいんだよ~」

    梓「唯先輩ってば、もう……」

    83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 22:07:21.27
    唯「……あずにゃん」

    梓「何ですか、唯先輩」

    唯「アイスも食べ終わったから、ね」

    梓「はい」

    唯「ペロペロしてもいい?」

    梓「……本気で言ってるんですか?」

    唯「冗談で、こんなこと言わないよ」

    梓「……どうなっても、知りませんからね?」

    唯「大丈夫だよ、あずにゃんと一緒なら」

    梓「ふふっ。じゃあ、どうぞ」

    84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 22:12:08.51
    ペロペロ

    梓「……んっ」

    ペロペロペロ

    梓(部屋に充満した匂いと、舌の感触で、)

    ペロリペロリ

    梓(頭の中が、真っ白に蕩けていきそう)

    ペロリンチョイ

    梓(まるで、さっき唯先輩が食べたアイスクリームみたい、なんてね)

    グルリンチョイ

    梓(……って、あれ?)

    グキュルリラ

    梓「唯先輩、この音はもしかして」

    85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 22:17:24.98
    唯「うぅ、お腹がゴロゴロする……」

    梓「アイスを食べ過ぎたんですかね?」

    唯「う~ん。今はまだ平気だけど、後でトイレに籠っちゃうかも」

    梓「ムードぶち壊しですよ、唯先輩」

    唯「てへへ、面目ない」

    梓「……あっ、そうだ」

    唯「んっ?」

    梓「どうせお腹を下してるんだし、いいですよね」

    唯「えっ、何が?」

    梓「いいムードを粉々にした罰として、唯先輩にはもうひと仕事してもらいます」

    86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 22:26:43.46
    唯「……これでいい?」

    梓「もっとお尻を突き出してください」

    唯「うぅっ、この体勢はちょっとキツいです」

    梓「我慢してください。じゃあパイプを通しますよ」

    ズプッ

    唯「ひゃぁ……」

    梓「注入の途中で溢れないように、しっかり奥まで挿し込んで、と」

    ズププッ

    唯「ひぅん……」

    梓「よしっ、牛乳浣腸の準備が出来ましたよ」

    唯「やっぱり、こっちの穴は変な感じ……」





    88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 22:32:43.42
    梓「今から唯先輩の大腸に、ポンプで牛乳を流し込みます」

    唯「う、うん」

    梓「2リットルが目標ですけど、限界だと思ったら言ってくださいね」

    唯「あの、すでに限界っぽいんですが」

    梓「却下」

    唯「即答!?」

    梓「じゃあ入れますよ」

    ビュッビュッ

    唯「はぎゃあ!?」

    91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 22:37:52.92
    梓「あっ、ポンプで入れると少し勢いがついちゃうんですね」

    唯「はぅ、はぅう……」

    梓「すみません、余計な刺激は避けるようにします」

    唯「お、お願いします……」

    チョロロロッ

    唯「んっ!」

    梓「ゆっくり、ゆっくり、注ぎますよ」

    唯「も、もう1リットルくらい入ったかな……」

    梓「いいえ、その半分の半分くらいです」

    唯「そ、そんなぁ……」

    93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 22:44:46.65
    チョロロロッ

    唯「んっ……」

    チョロロロッ

    唯「ぐっ……」

    梓(唯先輩が無言になった)

    チョロロロッ

    唯「か、はっ……」

    梓「これで1リットル入りました。本当に大丈夫ですか?」

    唯「うっ、うん……」

    梓「あっ、お腹がぽっこり膨らんでますね。妊婦さんみたい」

    唯「ありゃ、本当だ……」

    梓「もっと膨らませたら、出産間近みたいになりますね」

    唯「そ、そうだね……」

    94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 22:50:43.45
    チョロロ...

    唯「はぁっ、はぁっ……」

    梓(1・3リットル……)

    チョロロ...

    唯「ぐっ、はぁっ……」

    梓(1・4リットル……)

    チョロロ...

    唯「あぅっ、はぁっ……」

    梓(1・5リットル……)

    唯「あっ、あっ、あっ……」

    梓「唯先輩、限界ですか?」

    唯「はっ、あぁっ……」

    梓(口をパクパクさせるだけで、まともに受け答えも出来なくなってる)

    ガラッ

    梓「窓を開けました。限界だったら、出しちゃってください」

    95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 23:00:54.32
    梓(唯先輩のおまんこから噴出された潮が、人類にとって最高のフレグランスとなるように)

    梓(唯先輩のアヌスから噴出されたうんち牛乳は、庭の草木にとって最高の肥料となる)

    梓(とはいえ、さすがの唯先輩でも牛乳浣腸は過酷だった)

    梓(私は別に、唯先輩の苦しむ顔を見たい訳じゃない)

    梓(牛乳浣腸は、今回限りにしておこうかな……)

    梓「……さぁ、唯先輩」

    梓「思いっきり、ぶちまけてください」

    梓「全部キレイに噴き出して、苦しみから解放されましょう」

    97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 23:05:14.63
    その頃

    憂「はぁっ、はぁっ……」

    純「なんかさっきから息が荒いよ、大丈夫?」

    ガクッ

    純「って、憂!」

    憂「お腹が、苦しい……」

    純「急に歩けなくなるような腹痛って、まさか盲腸とか」

    憂「いや、違うよ。これは私の『苦しみ』じゃない」

    純「えっ?」

    憂「これは、お姉ちゃんの『苦しみ』なんだ!」

    純「……うん、相変わらず私には何の説明もないんだね」

    98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 23:14:01.20
    憂「純ちゃん、私はいいから先に行って!」

    純「いやいや、道端にうずくまってる憂を置いて行く訳には」

    憂「いいから行って!」

    純「う、憂?」

    憂「ここから梓ちゃんの家は、そう遠くない。そこにお姉ちゃんがいるんだ」

    純「そうだね、まだ帰ってなければ」

    憂「お姉ちゃんは、助けを待ってるの!」

    純「あっ、えーと、はい」

    憂「お願い、純ちゃん。こうしている間にも、お姉ちゃんは……」

    純「あの、よく分からないけど、とりあえず梓の家から唯先輩を連れて来ればいいのね?」

    憂「早く、お願い早く!」

    純「はいはい、急いで行ってきます。帰りにお腹の薬も買って来るよ」

    99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 23:18:56.85
    純「……と、まぁ、そんな訳で」

    純「また梓の家まで戻って来たんだけど、玄関の鍵が閉まってるなぁ」

    カイホウサレマショウ

    純「あっ、梓の声だ。庭の方にいるみたいだね」

    純「向こうへ行ってみよう……」

    102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 23:27:26.23
    唯「はぁっ、はぁっ、はぁっ」

    梓(唯先輩の身体が小刻みに震えてる)

    唯「ひぃっ、はぁっ、ひぃっ、はぁっ」

    梓(お腹もだいぶ大きくなったし、まるでこれから出産するみたいだな)

    チロ...

    梓(あっ、来る)

    唯「あっ、でっ、出るぅ!」

    ヒョコッ

    純「梓ー、唯先輩ー、こっちにいるのー?」

    梓「!?」

    唯「!?」

    105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 23:37:00.76
    ズブリュズバババブ-ッ

    唯「あぎゃうあぁあぁぁ、ぶぎょおぉおぉぉ!!」

    純「えっ、なっ!?」

    ブズベルルブズズバリュザ-ッ

    唯「あぁっ、止まらないどおぉおおぉ!!」

    純「ぶひゅぎょおぉうあぁっ、のぐらばぁぼあぁあぁぁ!?」

    バズブバブリュブブバババ-ッ

    唯「ふぅっ、ふぅっ、ふぅっ……」

    純「~~~~~~~~~~~」

    梓「あっ、純が気を失った……」

    107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 23:49:30.63
    ジャ---ッ

    純「……あれ、ここは?」

    梓「目が覚めた? ここは私の家のお風呂だよ」

    純「お風呂なのはいいけど、なんで私は服を着たままなの?」

    梓「んー、服ごと洗った方がいいかと思って」

    純「何があったのよ、一体」

    梓「あっ、覚えてない?」

    純「えーとね。梓の声が聞こえたから、庭へ向かったのは覚えてるんだけど」

    梓「その先は知らない方がいいと思う……」

    108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 23:53:29.54
    唯「あっ、純ちゃん起きたの?」

    純「どうもこんにちは。とりあえず風呂から出て話がしたいんですが……」

    梓「私の服でよければ、貸してあげるから」

    純「おっ、ありがとう」

    梓「有料だけどね」

    純「金とるんかい!」

    アハハハ...



    牛乳編おわり

    109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 23:56:32.74
    次回、最終章「妊娠編」お楽しみに!

    113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 00:09:32.81
    憂「さて、梓ちゃん」

    梓「どうしたの、憂?」

    憂「今日はお姉ちゃんを呼んで、何をしてたの?」

    梓「別に大したことじゃないよ。色々と家のことを手伝ってもらっただけ」

    憂「ふうん、そうなんだ~」

    純(……風呂から出たら、いきなり険悪な雰囲気!?)

    純(もう私には事情がさっぱり分からないけど、この空気は勘弁してほしい)

    ピンポ-ン

    純(ナイスタイミングで来客!)

    114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 00:15:33.86
    澪「こんにちは、お邪魔します」

    唯「あっ、澪ちゃん。どうしたの?」

    澪「梓に呼ばれたんだ。お菓子を作るから手伝ってほしいって」

    唯「お菓子を作るから、澪ちゃんを……?」

    澪「何かおかしいか?」

    唯「いや、お菓子だったらムギちゃんやりっちゃんの方が得意そうだし」

    澪「私だって料理くらいできる!」

    唯「えへへ、そうだよね。ごめんごめん」

    澪「まぁ、私が呼ばれた理由は察しがついてるんだけどな」

    唯「……?」

    115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 00:24:06.55
    純「澪先輩、こんにちは!」

    澪「あっ、純ちゃんも来てたのか」

    憂「こんにちは」

    澪「憂ちゃん……、あれ、何か嫌なことでもあった?」

    憂「いえ、別に」

    梓「来てくれてありがとうございます、澪先輩」

    澪「今日は大人数だな。それで、お菓子って何を作るんだ?」

    梓「はい、みんなでミルクプリンを作ろうと思って」

    唯「あれっ、でも牛乳はさっき全部使っちゃったんじゃ」

    澪「……なるほど、やっぱりね」

    唯「……?」

    116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 00:30:14.68
    梓「という訳で、みんなで仲良くミルクプリンを作りましょう!」

    憂「みんなで仲良く、ね……」

    澪(何があったんだろう?)

    梓「材料はここに並べてあります」

    純「ねぇ、肝心のミルクが見当たらないけど」

    梓「じゃあ澪先輩、よろしくお願いします!」

    澪「はいはい、っと」

    ポロンッ

    純「……えっ?」

    唯「おぉ~、やっぱり澪ちゃんのおっぱいは大きいね!」

    澪「あんまりジロジロ見ないでくれよ、もう」

    118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 00:37:28.75
    純「いや、あの、なんで澪先輩は胸を露出してるんですか」

    梓「服を着たままだと、ミルクを出せないでしょ」

    純「はぇっ、ミルク、出す?」

    澪「このボウルに絞り出せばいいのか?」

    梓「はい、お願いします」

    プシュ-ッ

    純「あばばばばばばば!?」

    唯「澪ちゃんのおっぱいから、純ちゃんの顔に、何か飛んでいった!?」

    憂「まさか、母乳!?」

    澪「ごめんごめん、暴発しちゃった。まだ慣れてなくてさ」

    119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 00:44:12.78
    純「んぐっ、んぐっ……」

    唯「純ちゃん、大丈夫?」

    純「はい、ちょっと驚いただけです。ただ何か忌まわしいトラウマが蘇りそうな気が」

    梓「あー、それで、味は!?」

    純「……味、ねぇ」

    梓「そうそう、澪先輩特製ミルクの味」

    純「正直、すごく美味しい」

    澪「そ、そうか、ありがとう」

    純「いえ、その、澪先輩に気を遣って、とかじゃなくて。本当に美味しいです」

    憂「そっか、美味しいんだ……」

    純「うん、まろやかだけど深いコクがあって。明治の美味しい牛乳より、何倍も美味しい!」

    120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 00:49:12.26
    梓「香り唯マン、味澪パイですね」

    唯「へぇ、そんな言葉があるんだ!」

    澪「梓の造語だろ。私たちはキノコかよ……」

    梓「どちらも堪能できて、今日は幸せです」

    憂「へぇ、梓ちゃん。堪能したんだね……」

    純(殺意の波動!?)

    梓「さて、澪先輩。改めてミルクをお願いします」

    澪「あぁ、しかし結構な量だから大変だ……」

    121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 00:53:29.88
    憂「それにしても、澪さんが母乳を出せるなんて知りませんでした」

    唯「私も全然知らなかったよ!」

    澪「あぁ、つい最近の話だからな」

    純「どんなきっかけで、そんな体質になったんですか?」

    澪「きっかけって、そりゃ、赤ちゃんを授かったから……」

    純「!?」

    憂「!?」

    唯「!?」

    123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 00:59:21.41
    純「えっ、あっ、赤ちゃん、って」

    唯「澪ちゃん、私たちまだ高校生だよ!?」

    澪「あぁ、もう。だからみんなには隠しておきたかったのに」

    唯「ひどいよ、私にも教えてくれなかったなんて!」

    澪「唯にはちゃんとした場を設けて報告するつもりだったんだ。こんな形になっちゃって、ごめんな」

    憂「そ、それで、父親は?」

    澪「えっ、父親?」

    憂「だから、その、誰の子どもなんですか?」

    澪「誰って、そりゃ……、律だよ」

    純「!?」

    憂「!?」

    唯「!?」

    125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 01:08:12.07
    純「えーと、あの、澪先輩」

    澪「うん」

    純「私、今日は色々と意味不明な出来事がありましたけど、これがトップ賞です」

    澪「えーと、よく分からないけど、ありがとう」

    純「できれば私にも理解できるように説明してほしいなー、なんて」

    澪「あっ、うん。何から説明すればいいのやら」

    梓「要するに、律先輩が目覚めた特殊な能力で、澪先輩が妊娠しちゃったんだよ」

    純「特殊な能力?」

    梓「そう。律先輩のおでこに、自分のおでこを重ねた人が、一定の確率で妊娠しちゃう能力だよ」

    126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 01:19:40.73
    澪「律の能力が発覚したのは、私が妊娠した後だった」

    澪「そうとも知らず私は、風邪をひいた律の看病をしていて……」

    澪「熱が下がったかどうか確かめるために、おでことおでこを接触させてしまったんだ」

    澪「1日に6回も、すべてゴムを付けない生の接触だった」

    澪「それだけ律におでこをくっつけたんだ。妊娠しない方がおかしい」

    澪「お腹の子どもを極秘で産むために、ムギのお父さんの力をずいぶん借りちゃったよ」

    唯「そうだったんだ……」

    澪「ごめんな、唯。今まで黙ってて」

    唯「ううん、いいよ。澪ちゃんも色々悩んだんだよね」

    澪「ありがとう。そう言ってくれるだけで、救われる思いだ」

    128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 01:25:26.55
    梓「ほら、澪先輩が2週間くらい学校を休んだ時がありましたよね」

    唯「そう言えば……」

    梓「あの時に出産してたんですよ、澪先輩が、律先輩の子どもを」

    唯「あずにゃんは、どうして事情を知ってるの?」

    梓「その2週間、何か怪しいと思って、勝手に事情を探ってみたんです。今思えば最低な行動でした」

    澪「いいんだよ、もう。その時のことは忘れよう」

    梓「澪先輩……」

    130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 01:29:46.48
    唯「あっ!!」

    憂「どうしたの、お姉ちゃん?」

    唯「2週間の休み、ってことは、まさか……」

    梓「さすがの唯先輩も、気付いちゃいましたね」

    唯「最近……、ちょうど2週間くらい、りっちゃんが学校を休んでるのは」

    澪「あぁ、3日前に無事出産を終えた。父親は私だ」

    唯「そ、そうだったんだ……」

    131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 01:33:50.89
    純「ちょっと待ってください!」

    梓「純、どうしたの?」

    純「それはおかしくないですか。だって、妊娠させる能力は律先輩しか」

    梓「妊娠させる能力を手に入れたのは、律先輩だけじゃなかった」

    純「……えっ?」

    澪「私にも、あるんだ。その特殊な能力が」


    134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 01:43:54.72
    純「つまり、澪先輩のおでこに自分のおでこを接触させた人は……」

    澪「いや、私の能力は少し違うんだ」

    純「えっと、どう違うんですか?」

    澪「私の場合、私の母乳を飲んだ人が妊娠しちゃうんだよ」

    憂「えっ、そんなものを料理に使っちゃ……」

    梓「あぁ、安心して。火を通せば妊娠しないって、実験で証明されてるから」

    澪「妊娠するためには、母乳の鮮度が重要らしいんだ。絞りたて生乳を直接飲んだりしない限り、問題ないよ」

    梓「それだけ気をつければ、澪先輩の母乳はとっても美味しいからね」

    憂「そっか、安心だね。じゃあ後で、私にも飲ませてください」

    澪「お安い御用だよ」

    純「……あれっ?」

    135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 01:49:37.67
    梓「実は、まだあるんです」

    憂「えっ?」

    唯「あずにゃん……」

    梓「澪先輩も知らない話ですが、他にも3人の能力者が確認されてるんです」

    澪「そ、そうなのか!?」

    梓「1人は私、中野梓」

    唯「1人は私、平沢唯」

    憂「お姉ちゃんも!?」

    梓「そしてもう1人は、平沢憂」

    憂「……って、私!?」

    137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 01:57:19.51
    澪「信じられない……」

    唯「最初は私も驚いたけど、どうやら本当みたい」

    澪「ゆ、唯こそ私に黙ってたんじゃないか」

    唯「私だって最近わかったんだもん。私と憂だけがこんな能力を持ってると思ってたし」

    憂「ちょっと待って、なんで私も……」

    梓「順番に説明します。まず、私をペロペロした人は妊娠します」

    唯「だから私のお腹には、たぶんあずにゃんの子どもがいる」

    梓「唯先輩はすべてを知ったうえで、私をペロペロしてくれたんです」

    憂「……今、何を?」

    141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 02:05:01.63
    梓「憂、落ち着いて、冷静に聞いてね」

    唯「たぶん憂のお腹にも、あずにゃんの子どもがいる」

    憂「!?」

    唯「私と憂の間には、シンクロニティが働くから……」

    梓「妊娠という未知の感覚も、おそらく共有されてしまう」

    唯「だから憂も、私と一緒に赤ちゃんを産むことになるの」

    憂「~~~」

    バタン

    澪「憂ちゃん!?」

    唯「気絶しちゃった……」

    梓「ショックが大きすぎたんですね。現実を受け入れるためには、ゆっくりと時間をかける必要があると思います」

    143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 02:12:22.95
    澪「……話を戻そう」

    梓「はい、次は唯先輩と憂の能力です」

    澪「2人とも能力があるのは、シンクロニティとやらの作用なのか?」

    梓「はい。その内容は……」

    唯「おまんこから噴いた潮を浴びた人が、妊娠しちゃう能力だよ」

    梓「唯先輩も、憂も、この同じ能力を持っています」

    唯「澪ちゃんの母乳と同じで、至近距離で直接浴びるようなことがなければ、まず妊娠しないけどね」

    純「……あれ?」

    145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 02:19:28.88
    澪「ってことは私たち、みんな能力を持っていて……」

    梓「みんなその能力で妊娠してる、って訳です」

    澪「ふふっ」

    梓「くすっ」

    唯「えへっ」

    澪「な~んだ、隠す必要なんてなかったんじゃないか!」

    唯「そうだよ、私たちはみんな仲間なんだから!」

    梓「特殊な能力があっても、高校生で妊娠しちゃっても、大丈夫です!」

    アハハハ...

    憂「」

    純「」

    147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 02:33:53.45
    それから2年後。

    律と澪は、お互いの子どもを育てるため、生計を共に暮らしている。

    梓は唯の子どもを産んだが、憂に配慮して唯とは同居せず、シングルマザーの道を選んだ。

    憂は一時、精神的に不安定な状態に陥った。
    だが唯のサポートもあって、どうにか現実を受け入れ、無事に梓の子どもを産んだ。

    唯は憂と一緒に、それぞれが産んだ梓の子どもを育てている。

    紬は能力を持たないが、いつの間にか律の子どもを妊娠して、大騒動になった。
    紬がシングルマザーになることで騒動は終結したが、今でも澪との間に亀裂が残っている。



    純は同時に唯・憂・澪の子どもを3人も身籠ってしまい、その負担に耐えきれず死亡した。
    棺桶には献花のかわりに、たくさんのモップが詰め込まれたという。



    妊娠編おわり

    180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 02:14:57.22
    律「高校を卒業して、もう5年か」

    澪「……何だよ、急に改まって」

    律「別に、ちょっと思っただけだよ」

    澪「まぁ確かに、この子たちも大きくなったからな」

    「律ママ、お菓子も買って~」

    「澪ママ、おしっこ~」

    律「……相変わらず、手のかかるガキ共だ」

    澪「はぁ、まったくだ」

    184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 02:30:47.45
    律「さて、特売の卵と牛乳も確保した。冷凍食品も洗剤もオーケー」

    澪「買い忘れはないか?」

    律「あっ、そうだ。おでこ用のゴムを買わないとな」

    澪「……そういうこと、大声で言うなよ」

    律「たはは、わりぃわりぃ」

    澪「……んっ、あの棚は何だ?」

    律「えっ、どれ?」

    澪「ほら、あの黄色い商品がズラッと並んでるコーナー」

    律「新発売の商品のプロモーションじゃないか。何の商品だろ、漬け物?」

    澪「……食べてびっくり、ムギムギ沢庵?」

    185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 02:40:04.68
    律「これって、もしかして!」

    澪「メーカーは……、琴吹食品。やっぱりそうだ!」

    律「懐かしいな、ムギじゃないか。お父さんの会社で働いてる、とは聞いてたけど」

    澪「でも、琴吹グループって色々やってるよな。なんであえて食品会社で、しかも沢庵なんだろう?」

    律「昔から、何を考えてるか分からないやつだったからな。ある意味ムギらしいじゃないか」

    澪「それもそうか。せっかくだから買ってみるか?」

    律「いや、沢庵は好きじゃないからパス」

    186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 02:57:12.21
    数ヵ月後

    澪「なぁ、律。ムギムギ沢庵の話なんだけど」

    律「あぁ、そんなの売ってたな。結局まだ一度も食べてないや」

    澪「……食べなくて、正解だったかもしれないぞ」

    律「なんで?」

    澪「妙な噂を聞いたんだ。ムギムギ沢庵を食べたら妊娠した、という報告が続出してるらしい」

    律「……それって、まさか!」

    澪「……考えたくはないが、確認する必要があるかもしれないな」

    律「とりあえず、久々にみんなで集まるか?」

    澪「そうだな。桜ヶ丘高校軽音部、同窓会だ」

    189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 03:21:33.46
    唯「みんな、久しぶり!」

    澪「おぉ、唯はまったく変わらないな」

    律「予想通りで安心したよ、唯が大人っぽくなってたらどうしようかと」

    唯「むぅ~、これでも子育て奮闘中のママさんなんだからね!」

    梓「……お久しぶりです、唯先輩」

    唯「……あずにゃん、久しぶり~!」

    梓「はい、ご無沙汰してました」

    澪(あれっ、意外と普通の挨拶だな。唯が梓に再会したら、真っ先に抱きつくと思ったのに)

    憂「皆さん、お久しぶりです」

    澪(……あっ、憂ちゃんに遠慮してるのか)

    律「さーて、みんな揃ったところで、早速本題に入ろうか!」

    190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 03:47:16.16
    憂「妊娠の、感染爆発【パンデミック】……!?」

    澪(そんなカタカナ言葉は、律の説明に一度も出てこなかった気がするけど)

    律「まぁ、そういう事だ。被害者の数が百人を超える、前代未聞の大事件だ」

    憂「もはや妊娠災害【バイオハザード】という訳ですね」

    澪(憂ちゃんの中2病、昔よりも悪化してないか?)

    律「ここから先は憶測になっちゃうけど、たぶんこの事件の犯人は……」

    梓「ムギ先輩が能力に目覚め、それを悪用したと?」

    194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 04:14:50.20
    唯「そんな訳ないよ!」

    憂「お姉ちゃん……」

    唯「ムギちゃんがこんな事件を起こすなんて、考えられない!」

    梓「私だって最初はそう思いました。でも色々と調べるうちに、決定的な証拠が出てきたんです」

    律「えっ、知らなかった。そうなの?」

    澪(梓はいつもこんな感じだな。2時間サスペンスの中盤で殺されるタイプだ)

    梓「琴吹食品は老舗の会社で、従業員もたくさんいます。でも最近、この会社は2人の若い女性に牛耳られているそうです」

    唯「その、若い女性って……」

    梓「1人は琴吹グループのご令嬢、琴吹紬。もう1人はその右腕、真鍋和」

    唯「ムギちゃんに、和ちゃん!?」

    195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 04:42:07.88
    梓「琴吹食品は実質的に2人の独裁状態で、幹部役員も逆らえないそうです」

    澪「親の七光り、か?」

    梓「それだけじゃないと思いますよ。どんな手段を使って権力を握ったのかはわかりませんが」

    唯「和ちゃんが、ムギちゃんと一緒に……」

    梓「参謀として君臨しているみたいです。社内での影響力も強く、部長課長クラスではまったく頭が上がらないとか」

    憂「それだけ実権を持った2人が、このパンデミックに関係ない訳がない」

    梓「むしろ主犯と考えた方がいいでしょうね」

    律「……よし、ムギを問い詰めに行こう」

    196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 04:55:37.39
    澪「ちょっと待て、まさか乗り込む気か!?」

    律「そうだよ。どういうつもりでこんな事件を起こしたのか、聞かせてもらおうじゃないか」

    澪「ダメだ、危険すぎる。何をされるかわからない」

    律「心配しすぎだよ。さすがのムギも、私を取って食ったりはしないだろ」

    澪「今のムギは、あの頃のムギじゃない。今回の事件にしたって、正気の沙汰とは思えない」

    律「ムギはムギだよ。多少ぶっ飛んでるけど、考えもなしに何かをするやつじゃない。だから話をしに行くんだ」

    バンッ

    澪「なんでいつもいつも、律はムギを庇うんだよ!!」

    律「えっ……」

    澪「あっ、いや、その……」

    197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 09:38:01.37
    律「……」

    澪「……」

    憂(どうしよう、険悪な雰囲気だ……)

    梓(澪先輩、ムギ先輩が律先輩の子どもを産んだ事、やっぱりまだ根に持ってるんだ……)

    クチュ...

    唯「んっ……」

    律「……」

    澪「……」

    クチュチュ...

    唯「ふぅん……」

    律澪「おい」

    198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 09:45:04.89
    唯「えっ?」

    澪「唯、いきなり何をしてるんだ」

    律「まぁ、ナニしてるってのは見ればわかるんだけどさ」

    唯「あはっ、ごめんごめん。ついうっかりオナ」

    澪「だぁっ、言わなくていい!」

    律「ムギ以上に、唯の方が、何を考えて行動してるのかさっぱりわからん」

    唯「えへへ~」

    憂(でも、いつの間にか雰囲気が良くなってる。お姉ちゃんすごい!)

    クンカクンカ

    梓(この匂い、久しぶりだなぁ~)

    199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 09:55:35.48
    律「さて、みんな。どうする?」

    梓「私は律先輩に賛成です。ムギ先輩の暴走を止められるのは、私たちしかいないでしょうから」

    澪「で、でも……」

    唯「澪ちゃん、考え過ぎだよ。高校の友達に話を聞きに、みんなでお邪魔するだけだよ」

    憂「もし迷惑でなければ、私も一緒に行きますから。みんなで行けば怖くない、です!」

    澪「……はぁ、わかったよ」

    律「わかってくれたか、澪」

    澪「あぁ、行こう。事件の真相を、ムギに問い詰めてやるんだ」

    200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 10:09:07.03
    和「……ムギ、お客様が見えているわ」

    紬「あら、今日は来客の予定はなかったはずだけど。この私にアポ無しで来るなんて、随分と失礼なお客様ね」

    和「代表者は、田井中律。ほか、秋山澪、中野梓、平沢唯、平沢憂、計5名ね」

    紬「……そういう事、か」

    和「どうするの、受付で追い返す?」

    紬「とんでもない。せっかくみんな揃って会いに来てくれたのに!」

    和「……了解。こちらの部屋までお通しするわ」

    201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 11:17:11.65
    ガチャ

    律「失礼します、っと」

    紬「まぁ、りっちゃん。久しぶり!」

    澪「……やぁ、ムギ」

    紬「うふふ、澪ちゃんも久しぶり。りっちゃんと仲良くやってる?」

    澪「あぁ、おかげさまで」

    梓「すごい部屋ですね、社長室より豪華なんじゃないですか?」

    紬「梓ちゃんと会うのも、何年ぶりかな。少し大きくなった?」

    梓「あいにくサイズは変わりませんよ、背丈も胸も」

    紬「あらあら、安心したわ~♪」

    203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 11:29:27.41
    唯「和ちゃん、ムギちゃんの秘書をやってるんだね。知らなかったよ!」

    和「えぇ。1年ほど前、大学を卒業してすぐに」

    憂「たった1年で、今の地位に?」

    和「……私の話は後にしましょう。ムギも私も、スケジュールは分刻みなのよ?」

    梓「あんな沢庵を売っていれば、クレーム対応で随分と忙しいでしょうね?」

    紬「ムギムギ沢庵の話かしら?」

    梓「そうです。ムギムギ沢庵を食べて妊娠する被害が続出している事、知らないとは言わせませんよ」

    204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 11:35:44.58
    澪「単刀直入に聞こう。ムギ、お前の仕業なのか?」

    和「仕業だなんて、人聞きの悪い事を言うのね。訂正してちょうだい」

    紬「いいのよ、和ちゃん。澪ちゃんの言う通りだから」

    律「……っ! ムギ、お前どうして」

    紬「ねぇ、りっちゃん」

    律「な、何だよ」

    紬「私、みんなを妊娠させる能力者になるのが夢だったの~♪」

    ゾクゾクッ

    梓(なんでだろう、鳥肌が……)

    207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 11:48:26.29
    紬「私、みんなが羨ましかったの。次々と能力に目覚めていくみんなが」

    澪「あぁ、確かに軽音部で能力を持たないのはムギだけだったな」

    紬「りっちゃんに妊娠させてもらった事もあったけど、やっぱり私の心は満たされなかった」

    澪「……何だよ、その言い草は」

    紬「私はみんなを妊娠させたいの。何十人も、何百人も、私の子どもを産んでほしいのよ!」

    澪「ふざけるな。赤ちゃんってのは、好きな人とつくるものだろうが!」

    紬「関係ないわよ、そんなの」

    澪「……えっ?」

    紬「愛がなくても、子どもは出来ちゃうんだもの」





    208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 11:55:52.55
    ガタッ

    律「ムギ、お前! 言っていい事と悪い事が」

    梓「律先輩、気持ちはわかりますが、落ち着いてください!」

    紬「……でもね。そんな私も、ついに能力を手に入れる事ができたの」

    ブチッ

    唯「ムギちゃんが眉毛をむしり取った!?」

    憂「いや、あれは眉毛じゃなくて……」

    紬「えぇ、これ、沢庵なの~♪」

    和「ムギの能力は、眉毛の沢庵を食べた人を妊娠させる能力よ」

    紬「澪ちゃんの母乳と違って賞味期限が長いから、日を置いて食べても、ちゃんと妊娠するのよ♪」

    210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 12:11:20.98
    梓「その沢庵を、出荷したんですか。スーパーの棚に並べて、何百人もの見知らぬ人に食べさせて!」

    紬「えぇ、そうよ。そうすれば、みんな私の子どもを妊娠してくれるでしょ?」

    律「……見損なったぜ、ムギ」

    紬「どうして、りっちゃん?」

    律「お前の自分勝手な行動のせいで、どれだけ多くの命が、生まれる前に殺されたと思ってるんだ!」

    紬「あら、中絶の話?」

    梓「望まない妊娠をした人が、全員その子どもを出産するとでも思っているんですか?」

    紬「それは違うわ。殺したのは私じゃなくて、妊娠した人たち。私はただ、その命を授けただけよ」

    211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 12:22:45.80
    澪「……どうやら、何を言っても無駄みたいだな」

    梓「情状酌量の余地なし、ですね」

    憂「説得できないなら、実力行使で止めさせるしか」

    唯「う~ん。本当はムギちゃんに、あんまり酷い事をしたくないんだけどな」

    紬「まぁ、怖いわね。何をするつもりなの?」

    律「私たち全員の能力で、ムギを妊娠させる」

    紬「あらあら、そんな事をしたら」

    律「そう、負荷に耐えきれず死んでしまう。純ちゃんのところに、お前も送ってやるよ」

    213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 12:43:42.37
    紬「……本当に私を殺すつもりなのね」

    唯「私たちだって、そんな事したくないよ!」

    澪「でもムギは能力を悪用し、何百もの命を弄んだ」

    憂「このまま放っておいたら、被害は拡大する一方です」

    梓「能力者の暴走は、私たち能力者が止めるしかない」

    紬「……わかった。でも残念だけど、みんなに私は殺せない」

    律「へぇ、なんでそんな強がりが言えるんだ?」

    スタッ

    和「……私がムギを守るからよ」


    217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 12:59:02.69
    唯「和ちゃん!?」

    和「悪いけど、ムギには指一本も触れさせない」

    紬「ふふっ、和ちゃんがいてくれると頼もしいわ~♪」

    梓「和先輩、どうして邪魔をするんですか?」

    和「目の前でムギに危害が加えられるのを、黙って見ている訳がないでしょう」

    梓「その忠誠心は、ムギ先輩にお金で買われたんですか?」

    和「……随分と失礼な口の聞き方をするのね」


    218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 13:03:51.07
    憂「梓ちゃん、どういう事なの?」

    梓「和先輩の初任給、いくらだと思う?」

    憂「えっ、大卒だから20万円くらいかな」

    梓「うん、普通はそれくらい。でも和先輩は、異常な額の報酬を受け取ってる」

    和「そんな事まで調べてあるのね、趣味が悪いわ」

    唯「……それで、いくらなの?」

    和「私の初任給は53万円です」

    唯「おぉおぉぉっ、お金持ち!」

    和「……唯にそんな言い方をされても、嫌味にしか聞こえないわ」

    唯「えっ、どういう事?」

    220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 13:18:59.42
    梓「和先輩の実家は、失礼な言い方ですが、あまり裕福ではないそうですね」

    和「えぇ、あなたたちと違ってね」

    梓「そこに目を付けたムギ先輩は、多額の報酬を餌にして、和先輩の頭脳と忠誠心を買ったんです」

    紬「ふふっ。今日の梓ちゃん、本当に口が悪いわね」

    梓「褒め言葉として受け取っておきますよ、ムギ先輩」

    紬「それで構わないわ。ちなみに、どうして私が和ちゃんに大金を払っているか、知ってるの?」

    梓「琴吹食品を牛耳るため、和先輩の力が必要だったんでしょう?」


    221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 13:26:00.51
    紬「えぇ、その通りよ」

    ガシッ

    梓「……えっ」

    唯「和ちゃんがいつの間にか、あずにゃんの肩を掴んでる!?」

    憂「気付かなかった、動きが見えなかった……」

    紬「和ちゃんは、とても優秀なの。どんな仕事も的確にこなしてくれる」

    和「悪く思わないでね、梓ちゃん」

    スチャ

    梓「なっ、まさか!?」

    紬「そんな和ちゃんの能力(ちから)が、私には必要だったの~♪」

    222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 13:32:15.24
    ドクンッ

    梓「あぁあぁぁっ!?」

    唯「ど、どうしたの、あずにゃん!?」

    憂「ハッ、まさか……」

    紬「あら、もう気付いたみたいね。憂ちゃんも優秀な人材だわ、もう1人の参謀になってほしいくらい」

    律「な、何が起こったんだ!?」

    澪「ここから見ても、和がメガネを外しただけにしか……」

    憂「皆さん、目を伏せて!!」

    唯「えっ、なんで?」

    憂「いいから伏せて、和ちゃんと視線を合わせちゃダメ!!」

    223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 13:39:13.16
    律「あっ、あぁ、わかった!」

    澪「とにかく和の目を見なければいいんだな?」

    憂「……そうだったんだ。だから和ちゃんは、いつもメガネを付けていたんだ」

    唯「憂、どういう事なの?」

    憂「……和ちゃんも、能力者だったんだね」

    唯「えぇっ!」

    和「その通り。梓ちゃんはもう、私の子どもを妊娠しているわ」

    梓「あっ、あっ、あっ……」

    224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 13:46:06.05
    ガクガク...

    梓「ゆい、せんぱぃ……」

    唯「あずにゃん、しっかりして!」

    ガクガク...

    梓「わたし、にんしん、しちゃったぁ……」

    唯「大丈夫だから、ねぇ、落ち着いて!」

    律「くそっ、なんてこった!」

    澪「あんな簡単に妊娠させられるなんて、どんな能力なんだ?」

    憂「……たぶん、目です」

    澪「……目?」

    憂「メガネのレンズを通さずに、和ちゃんと直接目を合わせると、妊娠しちゃうんです」

    225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 13:56:23.01
    和「あなたたちが能力に目覚めるずっと前から、私はこの能力を持っていた」

    憂「だから絶対にメガネを外さなかったんだね」

    和「えぇ。これは妊娠を防ぐための特製メガネだから、どこにも売ってないけど」

    紬「和ちゃんの能力は、ムギムギ沢庵を発売するために、必要不可欠だったの~♪」

    和「発売に反対する琴吹食品の社員は、片っ端から妊娠させていったわ」

    紬「おかげで不穏分子はみんな病院行き。やりやすくなったわ」

    和「病院と言っても、産婦人科だけどね」

    227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 14:08:15.75
    紬「……さて、私を妊娠させるつもりだったっけ?」

    和「残念だけど、妊娠するのはあなたたちの方よ。5人まとめて、私の子どもを産んでちょうだい」

    紬「ついでに、私の子どもも妊娠してもらおうかな。2人分なら、ギリギリ死なずに出産できるよね?」

    澪「くそっ、どうすればいいんだ?」

    律「目を合わせる事ができなきゃ、おでこを合わせる事もできない!」

    スッ

    和「……あら?」

    憂「……お姉ちゃん?」

    唯「私に、任せて」

    229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 14:22:22.53
    スタスタ...

    紬「唯ちゃんってば。一直線に和ちゃんへ向かって歩いて行くなんて、いい度胸ね」

    和「何か策があるのかしら。それとも、ただの無謀な突撃?」

    唯「……ねぇ、和ちゃん」

    スチャ

    和「うるさいわね、さっさと妊娠しなさい」

    ビクンッ

    唯「あっ、ふぅっ!?」

    憂「お姉ちゃん!?」

    230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 14:31:22.05
    ガクガク...

    唯「あ、あぅ……」

    和「呆れたわ。まさか本当に無策だったなんて」

    梓「唯先輩、大丈夫ですか!?」

    ガクガク...

    唯「へ、へへ、ぴぃす……」

    梓(あのポーズ、どこかで見た事が……)

    スタッ...スタッ...

    紬「あら、まだ和ちゃんに向かって行くの?」

    和「ちょっと、唯、何を考えて」

    ダキッ

    唯「えへへ……。和ちゃん、ぎゅ~♪」

    231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 14:38:27.17
    和「し、しまった、油断した!」

    唯「ダメだよ、和ちゃん。ムギちゃんもそうだけどさ」

    和「な、何を言って」

    唯「私たちの能力は、誰でも構わず妊娠させるんじゃなくて、大好きな人のために使うものなんだよ」

    和「……そう。残念ね、今あなたのお腹にいるのは、私の子どもよ」

    唯「問題ないよ。だって私、和ちゃんの事が大好きだもん」

    和「……まったく、何を言い出すかと思えば」


    232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 14:46:36.11
    澪「唯の言う『大好き』が、よくわからなくなってきた……」

    憂「お姉ちゃんは、大好きな人がたくさんいるんですよ。その人の赤ちゃんを産んでもいいくらい、大好きな人が」

    澪「へぇ……」

    憂「たとえば梓ちゃんの子どもを産んだのも、その後私の子どもを産んだのも、」

    澪「あっ、憂ちゃんの子どもも産んだのか。知らなかった」

    憂「さらにその後、律さんの子どもを産んだのも、みんな同じくらい大好きだったからでしょうね」

    澪「……って、律!?」

    律「わわっ、バカ! それは澪には内緒だって」

    憂「あっ、ごめんなさい!」

    バキッ

    律「ぎゃん!!」

    澪「この浮気者ぉっ!!」

    233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 14:55:34.47
    唯「そう言えば、和ちゃんのメガネを外した顔、初めて見るね!」

    和「当然でしょ、さっきから人の話を聞いてなかったの?」

    唯「こんなに凛々しい顔を見たら、妊娠しちゃうのもわかる気がするよ~」

    和「本当にもう、いい加減にして」

    チュッ

    紬「あらあら!?」

    和「な、な、な!?」

    唯「ねぇ、せっかく大好きな和ちゃんの子どもを妊娠しちゃった事だし」

    ギュ-ッ

    和「きゃっ!?」

    唯「私と、愛のあるセックスをしようよ」

    235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 15:03:29.23
    クチュ...

    和「あっ……」

    唯「ほら、私のおまんこトロトロでしょ?」

    和「う、うん……」

    唯「和ちゃんに、舐めてほしい」

    和「はぁ!?」

    唯「その代わり、私も和ちゃんのおまんこを舐めてあげるから!!」

    バタンッ

    和「ちょっと、待って、きゃあっ!?」

    237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 15:11:45.86
    律「よくわからんが、唐突に69の体勢になったぞ?」

    澪「何が起こってるのか、誰か説明してくれ……」

    憂「見ての通り、お姉ちゃんは今から和ちゃんとセックスをするみたいです」

    澪「なんでまた突然?」

    律「あっ、潮を噴いて和を妊娠させるつもりなのか?」

    憂「それも目的の一つだと思います。でも、たぶん一番の理由は……」

    クチュクチュ...

    唯「愛のあるセックスをしないで、子どもを妊娠しちゃいけないんだよ!」

    和「何なのよ、その理屈は……、はぁ、んっ!」

    238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 15:16:57.49
    スルリ

    唯「和ちゃんのパンツ、脱がしちゃえ~♪」

    和「ちょっと、やめて、ってば!」

    グリグリ

    唯「和ちゃんのおまんこ、こんな感じなんだね!」

    和「あぁっ、ひゃぅん……」

    クチュクチュ...

    唯「和ちゃんも、私のおまんこをイジってよぉ」

    240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 15:22:58.65
    和「め、目の前で、性器をイジらないでよ!」

    唯「あれっ、メガネを外しても見えるの?」

    和「あんまりよく見えないけど、音とか、匂いが……」

    クチュクチュ...

    唯「この音?」

    和「だから、やめてって言ってるでしょ……」

    クチュクチュ...

    唯「同じ音が、和ちゃんのおまんこからも出せるんだよ!」

    和「ひゃ、めぇ……」

    241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 15:28:44.42
    澪「あれっ、なんか和の抵抗が弱くなってきたぞ?」

    律「唯のテクニックで、感じてきちゃったんじゃないか?」

    澪「ふ~ん。唯のテクニックについて、よく知ってるんだなあ?」

    律「あっ、いや、その」

    梓「……匂いだ」

    憂「……梓ちゃん?」

    梓「私、わかったんです。唯先輩の狙いは、おまんこの匂いを、和先輩に嗅がせる事だ!」

    憂「あっ、そういう事か!」

    律「……いや、どういう事?」

    243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 15:38:34.33
    梓「唯先輩の能力は、潮を噴いて妊娠させるだけじゃないと思うんです」

    憂「同じ事に、私も気付いてました。お姉ちゃんのおまんこの匂いには、何か秘密があるって」

    梓「おそらく、唯先輩のおまんこの匂いを嗅ぐと、戦意を喪失して穏やかな気分になる」

    憂「と言うよりも、やる気をなくしてダラダラしちゃうんじゃないかな?」

    澪「そ、そうなの?」

    梓「よく言えばリラックス効果ですよ。昔よく唯先輩に来てもらって、家の芳香剤になってもらったのも、そのためなんです」

    244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 15:47:42.78
    憂「皆さん、不思議に思った事はありませんか?」

    律「えっ、何が?」

    憂「プロを目指せるレベルの実力と熱意を持っていたはずの皆さんが、何故か部室ではダラダラしてしまう」

    澪「そう言えば、元々みんなマジメに練習するメンバーだったな」

    憂「その理由は、部室に誰もいない時、いつもお姉ちゃんがオナニーしていたからなんです」

    律「えっ、マジで!?」

    澪「そう言えば、唯は部室によく一番乗りしてたっけ……」

    憂「そこでやる気を奪われなかったら、皆さんは今頃メジャーデビューしていたかも……」

    梓「なんかすごく納得できるんだけど、納得したくない話だなぁ」

    246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 15:57:40.57
    ピチャピチャ...

    唯「和ちゃんのおまんこ、美味しいよ」

    和「やだ、やだぁっ……」

    クチュクチュ...

    唯「ねぇ、私のおまんこも舐めてってば。自分でイジるだけじゃ、つまらないよ」

    憂「そろそろ和ちゃんも、抵抗する気がなくなったかな?」

    梓「あの至近距離で、唯先輩のおまんこの匂いを嗅ぎ続けたからね……」

    247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 16:03:13.11
    クチュクチュ...

    唯「ねぇ、和ちゃん」

    和(この匂い、頭がクラクラする……)

    クチュクチュ...

    唯「早く、舐めてよぉ」

    和(もっと近くで……)

    チュッ

    唯「はぅっ……」

    和(あっ、唇が触れちゃった……)

    248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 16:10:10.62
    ハムッ

    和(上唇と、下唇で、挟み込むようにして……)

    アムアムッ

    和(微かに、開いたり閉じたりして……)

    チロッ

    和(ちょっとだけ、舌を出してみるだけ……)

    ペロペロッ

    和(やだ、何これ、美味しい……)

    ビクンッ

    唯「はうぅっ、いいよっ、いいよぉ……」

    249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 16:14:48.58
    ムワッ

    和(匂いが、さらに強くなった……)

    唯「えへへ、和ちゃん、ありがとぉ……」

    和(私が、唯を、感じさせたから?)

    唯「お礼に、和ちゃんのおまんこ、もっと舐めてあげるね!」

    和「えっ……」

    ピチャピチャ...

    唯「んふふ~♪」

    和「はぁっ、んっ、いやぁっ……」

    250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 16:22:40.56
    唯(危ない危ない、誤魔化せたかな?)

    ピチャピチャ...

    和「んふっ、いやぁ、そこ、やぁっ……」

    唯(私のおまんこ、自分でイジり過ぎて、すごく敏感になってた)

    ピチャピチャ...

    和「あっ、あぁっ、はふぅっ……」

    唯(あのまま和ちゃんに舐められ続けたら、あっという間にイっちゃうよぉ)

    251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 16:27:48.42
    ドクンッ

    和(唯に舐められた性器の周りが、脈打ってる……)

    ドクンッ

    和(唯の性器を嗅がされた頭も、脈打ってる……)

    ドクンッ

    和(この匂いは麻薬だわ、心臓がいくつもあるみたい……)

    ドクンッ

    和(あぁっ、もっともっと、この匂いを貪りたい!)

    253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 16:33:00.04
    ムチュッ...

    唯「ひゃはぅっ!?」

    ペチャ...

    唯「の、和ちゃん、舐めっ……」

    ペチャペチャペチャペチャ

    唯「はぁっ、激しい、激しいよぉおぉっ!?」

    ペチャペチャペチャペチャ

    唯「あっ、もう、来るっ、きちゃうっ……」

    254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 16:39:25.58
    唯「イくっ、イっちゃうぅうぅぅっ!!」

    プシャアアァアァ

    和「きゃぁあぁあぁああぁ!?」

    律「うわっ、潮噴きを顔面でまともに浴びたぞ」

    澪「あれは確実に、唯の子どもを妊娠したな……」

    唯「はぁっ、はぁっ、和ちゃん……」

    和「すっ、すごい、匂いぃ……」

    255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 16:45:01.70
    梓「……ねぇ、憂。ふと思ったんだけどさ」

    憂「……うん、梓ちゃん」

    梓「実は唯先輩には、もう一つ別の能力があるんじゃないかなって」

    憂「どんな能力?」

    梓「大好きな人と、2人だけの世界を作っちゃう能力」

    憂「ふふっ、何それ」

    梓「だって今、和先輩の目には、唯先輩しか見えてないよね」

    憂「そうだね。正確には、お姉ちゃんのおまんこしか見えてない」

    256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 16:52:21.81
    梓「あれと同じような事が、これまで何度もあったような気がするんだ」

    憂「たとえば?」

    梓「部室でね、みんなの前なのに、平気で抱きついてきたりするんだ」

    憂「へぇ……」

    梓「その時、私も唯先輩も、その場にいる他の人がまったく目に入らなくなっちゃうんだ」

    憂「ふ~ん……」

    梓「あれはきっと唯先輩が、私と唯先輩だけの世界を作っちゃったんじゃないかな、って」

    憂「じゃあ今は、和ちゃんとお姉ちゃんだけの世界が作られちゃったのか」

    梓「そう。そして、唯先輩のおまんこの匂いが、世界を包んでいく……」

    憂「ふふっ、なんだか素敵だね」

    257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 16:59:13.86
    律「さて、2人の情事に見惚れてる場合じゃないぞ」

    澪「私たちが何のためにここへ来たのか、忘れた訳じゃないだろうな」

    紬「あっ……」

    憂「頼りにしてた和ちゃんは、お姉ちゃんの世界【ワールド】に囚われました」

    梓「これまで自分の犯してきた罪を、悔やんでください」

    紬「あっ、あっ……」

    律澪憂梓「さぁ、覚悟しろ!!」

    258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 17:04:30.10
    律「まずは私から。くらえっ、ロケット頭突き!」

    紬「ひっ!」

    ゴチ-ン

    憂「うわっ、痛そうな音……」

    梓「ていうか律先輩も悶絶してますが……」

    律「うるひゃいやい、痛くないもん!」

    澪「涙目で、強がっちゃって……」


    259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 17:09:13.54
    律「まだまだ、頭突き、頭突き!」

    ゴチンゴチンゴチンッ

    紬「~~~!?」

    憂「なんか、普通のダメージを与えてるみたいだね」

    梓「まぁ、あんなに何度もおでこをぶつけたら、確実に妊娠したんじゃないかな」

    澪「全部で10回以上か。まずは、律の子どもを妊娠しただろう」

    律「痛たたたた……」

    梓「お疲れ様です、次は私が行きます!」

    261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 17:15:00.52
    ガシッ

    澪「おっ、ムギの頭部を右脇に挟み込んだぞ」

    律「プロレスのホールド技みたいだな」

    憂「正確な角度で口と鼻を塞いで、呼吸を困難にしていますね」

    紬「むーっ、むーっ!」

    梓「ムギ先輩、息を吸いたいですか?」

    紬「むーっ、むーっ!」

    梓「それなら、私の脇をペロペロしてくださいね」

    澪「あれ、梓ってあんなにドSなの?」

    262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 17:21:10.60
    梓「さぁ、ムギ先輩。私の脇を舐めるか、このまま窒息するか、選んでください!」

    紬「むーっ……」

    梓「だんだん顔色が悪くなってきましたよ、酸素が欲しくて仕方ないんじゃないですか?」

    紬「……」

    ペロッ...

    梓「あはは、全然足りませんよ。もっとペロペロしてくれなきゃ!」

    紬「んむっ……」

    ペロペロペロ...

    律「梓は意外と、女王様キャラが似合ってるな……」

    263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 17:26:02.62
    プハッ

    紬「はぁっ、はぁっ、ごほごほっ……」

    梓「はいっ、そこまで!」

    ガシッ

    紬「もがっ!?」

    梓「もう十分に酸素を吸いましたよね。今度は左脇をペロペロしてもらいましょう」

    紬「むーっ、むーっ!」

    梓「ちゃんと舐めるまで、また呼吸はお預けですからね」

    紬「……」

    ペロペロペロ...

    梓「あはははは、さっきよりも素直ですね。私をペロペロしたら妊娠しちゃうのに」

    265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 17:33:47.40
    プハッ

    紬「はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぁっ」

    梓「ふんふ~ん♪」

    憂「あっ、満足そうな顔で梓ちゃんが帰って来た……」

    梓「どうでしたか? 妊娠しやすい両脇をペロペロさせたので、私の子どもも確実に妊娠したと思います」

    澪「あ、あぁ、良かったぞ……」

    律「うん、なんて言うか、凄かった……」

    梓「ありがとうございます。さて、次は?」

    澪「……よし、私が行ってくる」

    266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 17:42:18.68
    紬「はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぁっ」

    澪「……ムギ」

    紬「はぁっ、み、澪ちゃん」

    澪「私はお前に対して、すごく怒ってるんだ。なんでだと思う?」

    紬「はぁっ、はぁっ……」

    澪「お前が愛もなく、律と子どもを作った事がわかったからだ」

    律「おい、澪……」

    澪「愛し合った末に出来た命なら、まだ納得できた。だがムギ、お前は自分勝手な欲求を満たしただけだった」

    267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 17:47:00.00
    紬「はぁっ、知らないわよ、はぁっ、そんなの……」

    澪「どうしてそんな、愛の無いやつになっちゃったんだよ!?」

    紬「はぁっ、はぁっ……」

    澪「私はもう、お前を救う事は諦めた。お前に残された道は、その命で、罪を償う事だけだ!」

    ポロンッ

    梓「澪先輩が、おっぱいを出した!」

    ガシッ

    紬「もがもがっ!?」

    澪「私の、母乳を、飲めええぇぇっっ!!」

    269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 17:54:42.79
    ピュピュ-ッ

    紬「んーっ、んーっ!?」

    憂「すごい勢い……。母乳が口の中から溢れ出しそう」

    澪「こぼすんじゃない、全部飲み干してもらうからな!」

    紬「んっ、んぐっ、んぐっ……」

    澪「まだまだ出るぞ!」

    ピュピュ-ッ

    紬「んぐ、ぐぐっ……」

    271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 18:04:26.54
    律「……さて、めでたくムギが澪の子どもを妊娠したところで」

    梓「最後のとどめを刺しておいで、憂!」

    憂「うん……」

    律「あれ、どうしたんだ?」

    梓「この状況で、潮を噴けそうにないとか?」

    憂「違うの、むしろ逆……」

    律「逆って?」

    憂「お姉ちゃんのせいで、もう何度かイっちゃってるの……」

    梓「あぁ、シンクロニティか……」

    272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 18:11:18.80
    ペロペロペロ...

    唯「あひゃうっ、ひゃはふぅ……」

    和(どうしよう、止まらないわ。匂いで頭をやられちゃったみたい……)

    ペロペロペロ...

    唯「あっ、あぁっ、はぁっ……」

    憂「んっ、くぅ……」

    梓「唯先輩、さっきからずっとあんな感じだもんね」

    律「感覚を共有する憂ちゃんも大変だな……」

    273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 18:16:53.36
    澪「ふぅ。溜まってたものを全部出して、なんだかスッキリした気分だ」

    律「あっ、澪が帰って来たぞ」

    梓「急いで行っておいで、憂!」

    憂「は、はぁい……」

    モジモジ

    憂「うっ、うぅっ……」

    澪「なんで憂ちゃん、おしっこを我慢したみたいな歩き方なんだ?」

    274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 18:23:15.41
    紬「はぁっ、はぁっ……」

    ムズッ

    憂「あっ、どうもこんにちは……」

    紬「はぁっ、憂、ちゃん……?」

    ムズムズッ

    憂「あの、早速で悪いんですが……」

    ピチャピチャピチャ...

    唯「あぁっ、のど、かちゃん、もうっ……」

    和(止まらない、止まらない……)

    275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 18:31:07.03
    ガシッ

    憂「あぁっ、いきなり噴いちゃいますけど、受け止めてくださいぃっ!!」

    紬「えっ、えぇっ!?」

    ピチャピチャピチャ...

    唯「もうっ、だめっ、またっ、イくぅっ!!」

    和「いいわ、唯、来て……」

    プシャアアァアァアァアアァ
    プシャァアアァアァアァアァ

    唯憂「ああぁああぁああぁっっ……」

    紬「きゃあぁあぁっ!?」

    和(あぁ、私は今、唯の子どもを妊娠してるのね……)

    277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 18:42:30.03
    憂「……落ち着きましたか?」

    紬「えぇ、一応……」

    律「これでムギは、私たち4人の子どもを妊娠した」

    紬「私は、死ぬのかしら……」

    澪「純ちゃんの例を考えると、長くても半年だろうな」

    紬「そう、半年……」

    梓「残された命を使って、望まない妊娠をした被害者の人たちに、出来る限りの償いをしてください」

    紬「わかったわ、約束する……」

    和「私も手伝うわ、ムギ」

    紬「和ちゃん……」

    和「すべての後始末を付けるまでは、あなたの秘書であり続ける」

    紬「ありがとう、私なんかのために……」

    281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 19:05:44.89
    数日後、琴吹食品は、ムギムギ沢庵を食べると妊娠してしまう不具合を公に認めた。
    食品の不祥事を許さない国民性もあり、商品の回収と被害者への補償を終えた時点で、琴吹食品は倒産した。
    従業員たちは全員、琴吹グループ内に再就職先を斡旋されたため、路頭に迷う事はなかったという。

    これらの指揮を取った琴吹紬は、4人も同時に妊娠した肉体的負担のため、志半ばで倒れた。
    その遺志を汲み、陣頭指揮を引き継いだのが、真鍋和だった。
    彼女もまた、唯の子どもを妊娠した身でありながら、すべての処理が済むまで全力を尽くしたのだ。

    そして「後始末」が完遂した翌日、彼女は人知れずその姿を消した。
    今頃は、唯の子どもと一緒に、幸せな生活を送っているのだろうか?
    その行方は、誰も知らない……。



    梓はその後、和の子どもを出産。
    めげる事なく、シングルマザーとして相変わらず頑張っている。

    律と澪、唯と憂については、それぞれ以前と変わらない日々を送っている。



    この前後に行われた純の五回忌には、葬儀の時と同じく、たくさんのモップが献上されたという。



    逆襲のムギ編 おわり

    コメントを書き込む コメントを読む(3) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

梓「優しい猫の飼い方」
唯「時代はDTMだよ!」
唯「3年2組!!」
  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/07(日) 16:57:52 URL [ 編集 ]
    タイトルで抜いたけどね
  2. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/07(日) 17:54:08 URL [ 編集 ]
    後半がgdgdになって残念
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/11/07(日) 18:14:06 URL [ 編集 ]
    ちょっと何言ってるか分からないですね。

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生