けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [スポンサー広告] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

  1. 名前: 評論家 ◆- 2010/11/08(月) 00:27:55 URL [ 編集 ]
    長すぎワロタ

  2. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/14(火) 14:38:37 URL [ 編集 ]
    (゚∀゚)o彡゚神戸!神戸!
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/03/01(火) 18:28:06 URL [ 編集 ]
    あれ?俺野球漫画見ていた気がしたんだが。

    以下コメントを先に見た人用

    途中でストライクウィッチ○ズになったり
    テイルズオブデステ○ニー2になったり
    戦国BASARAになったり
    アキバ行ったり文化祭に来たりコミケ行ったりなんてしませんから
    ご安心して読んでください
  4. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん ◆- 2011/03/01(火) 22:04:07 URL [ 編集 ]
    木工用ボンドって何の隠喩だかw

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

梓「私のお兄ちゃんに近づかないでください!」唯「やーだよ」

  1. 名前: 管理人 2010/11/07(日) 18:23:10
    10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 00:36:10.43
    京介「おーい、梓」

    梓「何入って来てるの!あっちいけ!」

    京介「わ、分かったよ」

    律「あっ、京ちゃん」

    京介「よぉ、律。遊びに来てたのか」

    律「梓が連れて来たから」

    澪(京ちゃん、だと……)

    紬(あ、有り得ない)

    唯「あずにゃんのお兄ちゃん?」


    59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 17:40:08.28
    ※唯達は二年、梓は一年(京介が二年の為)

    ※京介と律は幼馴染みだが、澪との面識なし

    60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 17:46:24.83
    ガチャ

    京介「おーい、梓……」

    梓「か、勝手に入って来るなです!」ポイッ

    京介「わ、分かったよ。だから、物を投げるな!」

    梓「ふん!」

    律「あっ、京ちゃん」

    京介「おう律。どうした?」

    律「梓に誘われて来た」

    京介「ふーん」

    澪(京ちゃん、だと……誰だよ律ぅ)

    紬(男……男だと)

    唯「あずにゃんのお兄ちゃん?」

    61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 17:50:45.46
    梓「ゆ、唯先輩!」

    京介「あずにゃん……なんだよそれ」ププッ

    梓「わ、笑うなです!」

    唯「あずにゃん、かわいい」ダキッ

    梓「にゃっ!」

    京介「あははははははははは」

    律「京ちゃん、笑い過ぎだぜ」

    京介「これが笑わず……腹痛い!」ヒヒヒ

    梓「もう、部屋に帰りやがれです!」ポイッ

    京介「痛っ!だから、物を投げるな!」

    梓「バカ兄貴!」

    62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 17:57:38.14
    京介「分かったよ!みんなも、ゆっくりしてってくれ!」

    律「おぅ、ゆっくりするぜ」

    梓「なっ!」

    京介「んじゃ」

    バタン

    律「梓、あんま京ちゃんいじめんなよ」

    梓「律先輩は、あんなバカ兄貴のどこが良いんですか?」

    律「なんだろな。昔から一緒だからな」

    澪(なんだとー!)

    紬(嘘やん!)

    63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 18:01:31.61
    澪(有り得ない、有り得ない!)

    紬(りっちゃんに男だと!天地がひっくり返っても有り得ない!)

    唯「りっちゃんは、あずにゃんのお兄ちゃんの事好きなの?」

    律「おぅ!」

    澪・紬(!!)

    梓「あんなバカ兄貴のどこがいいのやら」ヤレヤレ

    澪(律ぅー)

    紬(ファッキュー京介!!)

    梓「じゃあ、新曲の打ち合わせやりますよ」

    64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 18:12:46.48


    その日の夜

    京介(梓から借りたエロゲー、良く分かんねぇ)

    京介(つか、俺はエロゲーには興味ないんだが……)

    Prrrr♪

    京介「おっ、電話……って、沙織からかい!」

    ピッ

    京介「はいよ」

    沙織『やぁ京介氏。今日も部屋に籠ってエロゲーでごさるか?』

    京介「うっせぇー!」

    沙織『おやおや、図星でござったか』

    京介「んで、何の用だよ!」

    65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 18:22:36.87
    沙織『いやいや、暇だから電話しただけでござる』

    京介「なら切るぞ」

    沙織『そうでござるな。あと、京介氏はギャルゲーはやるでござるか?』

    京介「あん?やんねぇー」

    沙織『そうでごさるか……いやー、そうとは知らずに、京介氏の自宅にギャルゲーを送ったでござる』

    京介「おいー!」

    ガチャ

    佳乃「京介、あんた宛に荷物よ」

    京介「お袋!ノックしろや!!」

    66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 18:26:20.05
    佳乃「何、まずかった?エロ本で4545中だったの」

    京介「うっせぇー!つか、荷物あるなら寄越せ」バッ

    佳乃「乱暴ね。それ、エロ本?」

    京介「エロ本から離れろ!」

    佳乃「はいはい。エロ本見てもいいから、その辺りには飛ばさないでね。掃除が面倒だから」

    京介「何を言ってるんだお袋!」

    佳乃「うふふ」

    バタン

    京介「ったく……」

    沙織『京介氏、自慰中だったとは……』

    69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 18:36:48.35
    京介「違うわボケ!俺宛の荷物……って、お前からかよ!」

    沙織『そうでござる。ギャルゲーでござるよ。感想はいつでもいいでござる。じゃっ』ブチッ

    京介「こら、待て!ちっ、切りやがった……」

    ガチャ

    梓「バカ兄貴、うっさいです!」

    京介「お前もノックしろ!」

    梓「ふん!あっ、私の貸したエロゲー、まだ攻略してないの?」

    京介「あぁ、まだな。律から借りてるゲームもあるし」

    70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 18:42:19.21
    梓「律先輩から?あっ、その箱の中身は?」

    京介「あぁ、沙織から……ってコラ!」

    梓「中身は何かな♪中身は……って、ギャルゲー!?」

    梓「エロゲーも攻略してないのに、ギャルゲー!?信じられない」

    京介「知らんがな!」

    梓「つか、あんたにギャルゲー出来んの?」

    京介「知らんがな!!」

    梓「あんたに恋愛は似合わないわね」

    京介「知らんがな!!!」

    72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 18:49:09.03
    梓「さっきからうるさい!」

    京介「もうヤダ……」

    梓「はぁー、バカ兄貴にエロゲーは無理だったか……」

    京介「もう、エロゲーもギャルゲーもヤダー」

    京介「俺は律から借りたゲームをやる!」

    梓「んで、律先輩から何借りたの?エロゲー」

    京介「お前の頭の中はエロゲーしかないのか!」

    梓「失敬な。ギターやメルルの事もあるし!」

    73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 18:53:57.77
    京介「これだよ」ホイッ

    梓「ゴールデンアイ?」

    京介「あぁ、やっとダムをクリアした所なんだぜ」ドヤッ

    梓「こんなんやるより、エロゲーやりなさいよ」

    京介「うっせぇー!!」

    コンコン

    大介「京介、いるか?」

    梓「やばっ」

    京介「お、親父!?」

    76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 19:00:14.29
    大介「入るぞ……」

    京介「待て、親父!」

    ガチャ

    大介「!!」

    梓(やばいかも?)

    大介「京介、貴様!妹を部屋に連れ込んで、何をやっとるか!!」ボコッ

    京介「ぐへっ!」

    大介「梓、お前は部屋に戻りなさい!」

    梓「は、はいですー」スタコラピー

    京介「痛ってぇー!」

    大介「京介、話があるから来い!」ガシッ

    京介「な、なんだよ親父!!」ズルズル

    77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 19:12:01.99


    居間

    大介「座れ」

    京介「はいよ」ヨッコイショ

    京介「んで、何か用か?」

    大介「京介。単刀直入に訊くが、梓が軽音楽部に入ってるの知ってるな」

    京介「あぁ、律も一緒だな」

    大介「うむ。そこで京介に頼みがある」

    京介「なんだよ、親父が俺に頼み事なんて珍しいな。よし、親父の頼みを聞いてやろう!!」

    大介「梓の……部活動での写真が欲しい。京介、やってくれるな!」

    78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 19:16:34.43
    京介「はぃー!!」

    大介「いやー、良かった良かった!」

    京介「ちょっと待て、なんで俺が梓の写真を撮らねばならんのだ!」

    大介「貴様、男と男の約束を破るつもりか!!」

    京介「そんな約束してねぇー!つか、写真なら律に頼めよ!」

    大介「人様にそのようなお願いが出来るか!」

    京介「俺はいいのかよ!」

    大介「お前は息子だ!やれば出来る子だろ?」

    京介「知るか!つか、梓の所は女子高だろ!どうすんのさ」

    80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 19:25:28.28
    大介「そんなもん。男なら正面から堂々と行け!」

    京介「一発でバレるわ!それに、女子高に男子なんて変だろ?」

    大介「適当に理由をつければいい。お前は我が家の007だ。木工用ボンドで終わりたくないだろ?」

    京介「知るか!!」

    大介「これは決定事項だ。任務失敗は死を意味するからな。おやすみ」

    バタン

    京介「もうヤダ……」

    81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 19:37:42.48


    翌日・放課後

    京介(やべー、放課後になっちまった)

    京介(うむ。律にメールするか……)

    メールダヨ、メールダヨ♪

    京介(メール……親父から?)

    大介『任務放棄も死を意味するぞ。貴様は、常に監視されている』

    京介(なんでやねん!監視するんだったら、梓を監視しろや!)

    82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 19:42:16.97
    京介(よし、一人じゃ心細いから誰か誘おう)

    京介「つー分けで、桜高に行かないか?」

    渡辺俊「今日、千葉で投げるから無理」


    京介「桜高だぞ。女子高だぞ」

    金本「肩のリハビリあるから無理」

    新井「待って、お兄ちゃん」


    京介「なぁ、いいだろ?」

    武豊「そうなんだ。じゃあ僕、調教に行くね」

    京介「薄情な奴等ばっかだ!!」

    84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 19:56:50.03


    桜高・正門前

    京介「そして、ついに来ました桜高!」

    和「あのー、どちら様ですか?」

    京介「ぎゃー!!」

    和「驚き過ぎです。あの、ここ女子高なんですが……関係者ですか?」

    京介「えっと、まぁ……その、そやからねぇ」

    和「?」

    京介(め、眼鏡っ娘じゃねぇか!)

    85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 20:04:11.10
    京介「いやー、その……あははは」

    和「先生、呼びますよ」

    京介「いやー、待って!俺、梓の兄貴です!!」

    京介(って、梓で分かるわけがない!!)

    京介(終わった……)

    和「あぁ、梓ちゃんのお兄さんですか……何か用ですか?」

    京介(つ、通じた!)グッ

    京介「えっと、梓の写真を……」

    和「不審者がいます!誰か来てください!!」

    京介「えぇー」

    和「女子高で男子が写真なんて、盗撮に決まってるわね。それをオ◯ニーのおかずにする気ね。バレバレよ」

    86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 20:10:00.03
    京介「ち、違います!」

    さわ子「不審者は何処!!」

    京介(また眼鏡っ娘……って、タイプじゃねぇや)

    さわ子「何、桜高は男子禁制よ!通報されたくなかったら、立ち去れ!」

    京介(マジでそうしたいよ)

    和「この人、梓ちゃんのお兄さんらしいんです」

    さわ子「何?」

    京介「そうです。俺が梓の兄貴です!」

    さわ子「梓ちゃんのお兄さんがこんな変態なわけがない!」

    京介「や、やかましいわババア!」

    87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 20:13:41.07
    和「あーあ」

    京介「やべっ!」

    さわ子「テメェ、ぶっ殺す!!」

    京介「た、助けてー」

    和「じゃあ私、ロッテの応援に行くね」

    京介「いやいやいや」

    さわ子「覚悟しろやー!!」

    京介「ぎゃー!!!」

    89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 20:22:18.33


    部室

    梓「あっ、弦が切れた」

    澪「偶然だな。私も弦が切れた」

    律「おいおい、しっかりしろよ」

    梓「すっごく、嫌な予感が」

    澪「私には律絡みの……」チラッ

    紬(ふむ)

    唯「テギュン!」

    ピンポンパンポーン♪

    さわ子『中野梓さん。お兄さんがお見えです』

    梓「にゃっ!」

    さわ子『制裁を加えボロボロなので、今からそちらに向かいます。ムギちゃん、ミルクティーお願いね』

    ブチッ

    90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 20:31:41.39
    律「京ちゃんが!?」

    梓「なんでバカ兄貴が?」

    澪(やはり来たか)

    紬(百合の為に死んでもらうわ)

    唯「ツヨシ、ニシオカ!」



    京介「……」

    梓「バカ兄貴、何か言いたい事はあるか?」

    京介「何もありません」

    梓「先生、本当にすいませんでした!」

    さわ子「もう、ババアなんて失礼だわ!」

    京介「反省してます!」

    唯「キヨタ!」

    92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 20:40:57.14
    梓「で、何しに来たの?」

    京介「それはだな……」

    さわ子「なんでも写真を撮りたいんですって」

    梓「はぁー!?」

    澪「なんだとー!」

    紬「盗撮やな。盗撮なんやね!」

    京介「違うわ!」

    唯「いやん///」

    梓「死ね、死ね。バカ兄貴!」

    京介「俺の歌を聴け……じゃなく、俺の話を聞け!」

    93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 20:47:15.98
    律「写真くらい、いいんじゃね」

    梓「ダメですよ!」

    澪「そうだぞ律!」

    紬「男なんて、9割が変態で構成されてるのよ!写真なんて撮らせたらダメよ!」

    澪「ムギの言う通りだ!考え直せ」

    京介(扱いが酷い)シクシク

    94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 21:00:47.98
    律「京ちゃんがわざわざ出向くって事は、何か理由があるんだろう」

    梓「理由……ねぇ」ギロッ

    澪(いかがわしい理由に決まってる)

    紬(男はみんな変態よ。変態じゃなきゃ、男じゃないわ)

    京介「お、親父に頼まれたんだ!」

    梓「お父さんに!?」

    唯「ロッテの応援に行きたいから帰りたい」

    95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 21:09:56.45
    律「なんだ、おじさんの頼みかよ。んじゃ、遠慮なく撮れ」

    澪「律!」

    紬「りっちゃん!」

    梓「律先輩!」

    唯「なら、ちゃっちゃとやろうよー」

    澪「律、考え直せ!今なら引き返せる」

    紬「そうよ。男はみんな変態で野獣なのよ!」

    梓「こんなバカ兄貴の言う事を聞く必要はありません!」

    律「これは部長命令だ!」

    澪「お、横暴だ!」

    唯「はよやれ、はよやれ」

    96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 21:17:33.01
    京介「いや、撮りたいのは梓なんだ……」

    律「そ、そうなのか……」シュン

    澪(律が落ち込んでる!)

    紬(澪ちゃん、慰めてあげて!)

    澪「律、よしよし」ナデナデ

    律「澪ー」

    梓「だったら、早く撮りなさいよ!」

    京介「あぁ、分かった」ガサゴソ

    京介「よし、カメラも……」ポロッ

    唯「あれ、何か落ちたよ」

    97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 21:23:33.87
    梓「早くしなさいよ」

    京介「あぁ」パシャパシャ

    京介「練習風景も撮りたいので、みんなも」

    律「おう!」

    澪「ちっ」ボソッ

    紬「指図すんなボケ」ボソッ

    唯「ねぇ、これ何かな」

    『凌辱!◯◯で××で△△な日々』

    一同「……」

    梓「ねぇ、あれ何?」

    京介「……」アセアセ

    さわ子「俗に言う、18禁モノってやつかしら?」

    98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 21:28:42.59
    律「きょ、京ちゃん……」

    京介「……」

    梓「バカ兄貴!なんで、なんで」

    京介「ち、違う!不可抗力!不可抗力なんだ!」

    梓「信じらんない!二回死ね!!」ガシガシ

    京介「それキャラ違う!」

    唯「佐天さーん」

    京介「それも違うから!少しあってるけど!!」

    律「京ちゃん、見損なったよ」シクシク

    京介「泣くな律!」

    99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 21:35:19.40
    澪「律を呼び捨てに出来るのは、私だけだー!」ゲシゲシ

    紬「男なんて、男なんて!」ゲシゲシ

    梓「死ね、バカ兄貴!」ゲシゲシ

    唯「じゃあ、さわちゃん帰るね」

    さわ子「じゃあね。あっ、西岡と今江のサインお願いね」

    京介(ふ、不幸だ!)



    大介(京介よ。男は女に蹴られまくって、初めて成長するものだ)

    大介(成長できなければ、ただのマダオになるだけなのだ)

    100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 21:45:18.39


    その日の夜

    京介「親父、写真……」

    大介「うむ。上出来だ」

    京介「親父、俺は何がしたかったんだろう」

    大介「お前は男としての試練に挑んだだけだ。女子高、それは魅惑の花園だ」

    京介「……」

    大介「その花園に踏み入った瞬間、お前は大人になったのだ」

    京介(この親父、殴っていいかな?)

    大介「まっ、何にせよ。お前はよくやった。これで木工用ボンドから工業用ボンドに昇格だ!」

    101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 21:51:33.56
    京介「ふざけんな、クソ親父!」

    大介「ぐはっ!!」

    佳乃「京介!お父さんに暴力ふっちゃダメでしょ」

    京介「やっかましい!!」

    梓「うっさい、バカ兄貴!!」

    京介「もう、こんなの嫌だー!!」

    103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 22:03:15.36


    某所

    唯「いやー、ロッテ大勝♪」

    憂「良かったね、お姉ちゃん」

    和「ジャンプし過ぎたわ」

    唯「あっ、西岡だ!おーい」

    西岡「何?」

    唯「サイン下さい」

    西岡「ええよ」カキカキ

    憂「私も!」

    西岡「ええよ」カキカキ

    和「お願いします。『和さんへ』もお願いします!」

    西岡「ええよ……ん?」カキカキ

    西岡(『和』←なんて読むんや!!)

    105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 22:10:23.30
    西岡(まぁ、ええわ)

    和「ありがとうございます!」

    西岡「また来てね」

    三人「ばいばーい」


    西岡「さて、あの娘達の笑顔の為、明日も勝つぞ!!」

    今江「俺もいるよ」

    サブロー「忘れないでねー」

    三人「We Love マリーンズ!」

    106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 22:13:21.77
    ……

    瑠璃(黒猫)「……てな話を考えたワケよ」

    桐乃「はぁ?何それ」

    沙織「いやー、なんというか……」

    京介「俺の扱いが悪くね?」

    瑠璃「仕方ないわ。そういう風に作ったから」

    107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 22:19:45.84
    桐乃「てか、なんで『けいおん!』なワケ?」

    瑠璃「需要があると思ったからよ。それにあんた、あずにゃんでしょ?」

    桐乃「はぁ?」

    京介「律は麻奈実か?」

    沙織「ふむふむ」

    瑠璃「とりあえず、冬コミはこれでいくわ。手伝いなさい」

    桐乃「嫌よ。バカ兄貴がやってくれるわ」

    京介「やるかボケ!」

    109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 22:21:53.40
    沙織「黒猫氏はロッテファンなのでござるか?」

    瑠璃「野球には興味ないわ。あえて言うなら、書き手の兄貴がロッテファンなだけよ」

    京介「メタな発言するな」

    沙織「ち、ちなみに書き手は?」

    瑠璃「阪神」

    110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 22:35:11.35
    桐乃「……」

    瑠璃「それに、書き手が『けいおん!』を見た理由は『夜中に起きてTVつけたらやってた』かららしいわ」

    京介「おい!もう書き手のライフはゼロだ!やめてやれ」

    沙織「そ、そうでござる!」

    瑠璃「ふん。仕方ないわね」

    桐乃「あんた、相変わらず毒舌ね」

    111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 22:37:35.90
    瑠璃「あんた程ではないわ。あずにゃん」

    桐乃「な、なんだとー!」

    瑠璃「あずにゃん、あずにゃん、あずにゃん!」

    沙織「く、黒猫氏。やめるでござる」

    桐乃「よーし、表出ろや!」

    瑠璃「いいわよ。あずにゃん!」

    桐乃「あずにゃんって、呼ぶなー」

    112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 22:43:46.33
    京介「落ち着け、桐乃!」

    桐乃「うっさい!いつも和でハァハァしてる癖に」

    京介「眼鏡最強!和と風子で、ご飯3杯はいける!さわ子は知らん」

    麻奈実「きょ、京ちゃん……」

    京介「げっ!」

    麻奈実「京ちゃん、いつも眼鏡っ娘でハァハァしてたのね。律ではハァハァ出来ないのね!」ダッ

    114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/02(火) 22:47:10.28
    京介「うわー!待ってくれー!!」ダッ

    桐乃「バカ兄貴は眼鏡っ娘でハァハァしてます!!」

    京介「言うな!!」

    京介(今なら、今なら確実に言える!)


    京介「俺の妹がこんなに可愛いわけがない!!」


    ‐終わり‐

    126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 11:46:34.74
    「けいおん!!」vs「俺妹」のキャラが野球やる夢を見ました。

    これを元に書きます。

    127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 11:53:27.78
    設定として

    ・唯達は三年生
    ・人数調整として、唯と??を俺妹チームに所属させます
    ・けいおん!!チームは3年2組で構成。

    まぁ、どうなるかは知りませんが

    128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 12:05:35.77
    ※けいおん!!チームに憂梓純を忘れてた。



    部室・朝練

    さわ子「みんなー、いる?」

    律「何?」

    さわ子「ちょっとあんた達にお願いがあるのよ」

    梓「お願いですか?」

    律「まさか、コスプレじゃないよな?」

    澪「ひっ!」

    さわ子「違うわよ。それはまた、別でやるからいいわ」

    129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 12:14:16.33
    澪(結局、やるんだ)

    さわ子「今回はこれよ」

    紬「『野球大会』ですか?」

    さわ子「そう!知り合いが主催してるんだけど、出場依頼が来たのよ。そして、今日が出場登録の締切日です!」

    律「おい!しっかりしろ、ダメ教師!」

    さわ子「そこで……」

    澪(嫌な予感しかしない……)

    さわ子「あんた達、出るわよね?」

    澪(やっぱりだー!)

    130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 12:21:50.62
    梓「いやいや、野球なんて……」

    律「いいぜ!」

    澪「律!」

    紬「私、野球やるのが夢だったの~」

    梓「ムギ先輩!」

    さわ子「は~い。決まり!じゃあ、出場登録するね」フンフン

    さわ子「残りのメンバーは……」

    ガチャ

    憂「あのー、お姉ちゃんは今日……!」

    さわ子「憂選手きたぁー!」

    憂「えっ?」

    131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 12:28:25.17
    事情、説明中

    憂「なるほど、野球ですか……」

    さわ子「良いわよね。良いわよね」ワクワク

    憂「構いませんよ」

    さわ子「よーし、決まり!」

    律「ごめんな、憂ちゃん」

    憂「気にしないでください。あっ、お姉ちゃんは今日、休みです」

    さわ子「オッケー。残りのメンツは任せたわ」

    律「丸投げかよ!」

    132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 12:37:09.96
    さわ子「先生も色々と忙しいの。あっ、監督は私だからねー」

    バタン

    律「押しつけるだけ、押しつけやがった」

    澪「ど、どうするんだよ!」

    梓「今からメンバーなんて」

    紬「しゃらんら~♪」

    律「うーん。ウチのクラスに掛け合うか……」

    憂「私、純ちゃんにお願いしてみます」

    律「じゃあ、お願いするよ」

    紬「しゃらんら~♪」

    澪(不安だー)

    133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 12:46:16.40


    律「と言うわけで、メンツが集まったワケだ」

    いちご「……」

    信代「野球かぁ」

    エリ「コーラ飲む?」

    純「いりません」

    和「ついに私の時代が来たわけね」

    アカネ「よろしく!」

    風子「や、野球……」

    律「えっと、これで12人か……」

    梓「野球って、9人でやるスポーツですよね?」

    律「あぁ。でも、補欠で三人まで登録可能だって」

    134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 12:55:22.53


    律「と言うわけで、これで行く!」

    さわ子「はいはーい。あれ、唯ちゃんが入ってないわね」

    律「唯は風邪が長引きそうだから、体調を考慮して……」

    憂(お姉ちゃんに野球なんて、危ない事させられないよ!察しろよ、ダメ教師)

    さわ子(憂ちゃんが怖いわね……)

    さわ子「分かったわ。ポジションはどうする?」

    律「あぁ、こっちで決めとく」

    135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 13:09:34.13


    律「では、ポジション会議を行う」

    紬「はい!ピッチャーは澪ちゃんがいいです!!」

    澪「嫌だ!」ガタッ

    いちご「私がやる。こう見えて、ポーカーフェイス」

    律「そうか……とりあえず、捕手は信代でいいか?」

    信代「体格で決めてない?」

    律「……すまん」

    信代「まぁ、いいけど」

    律「じゃあ内野はムギ・和・憂ちゃん・私だな」

    律「外野は梓・純ちゃん・エリ」

    律「アカネと風子は内外野を兼任。澪は投手で……」

    137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 13:22:30.27
    澪「やだ!律が捕手じゃなきゃ、やんない!」

    律「なぬ!」

    紬(ようやく来たか……)

    紬(私が唯一、輝ける瞬間だ)

    澪「律以外とバッテリー組む気はない!」キリッ

    律「あのなぁ……」

    信代「だったら、律は捕手も兼任でいいんじゃね?」

    澪「それだ!そうしろ」

    いちご「……私の肩を潰す気?」

    律「うぅ……」

    いちご「この前、私を襲った癖に」

    律「はいー!?」

    138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 13:31:09.32
    澪「なんだとー!!」

    律「いや、知らねぇ!」

    いちご「……宿題見せなきゃ、貞操を奪うって」ポロポロ

    紬(律×いちごか!)

    律「いやいや!」

    澪「律、宿題は私が見せてやる。だから、いちごを泣かすな!」

    律「泣かしてないし!」

    和「話が進まないわね。とりあえず、律は捕手と内野兼任でいいわね」

    律「むぅ……仕方ないか」

    和「そう。じゃあ私、オ◯ニー用のおかず探しに行くね」

    139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 13:41:07.39
    憂「私も、お姉ちゃんの看病が……」

    エリ「コーラの飲み比べが……」

    アカネ「私も!」

    風子「新しい眼鏡を……」

    信代「実家の手伝いが……」

    律「分かった分かった。今日は解散だ!」

    梓「練習はどうします?」

    紬「施設なら貸すわよ」

    律「よし、それでいいだろう」

    澪「なら律、今日はバッテリーについての講習会だ!みっちり行くぞ」

    律「み、澪しゃん?」

    紬(そっちの施設の方が充実してまっせ)ヘッヘッヘ





    140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 13:47:54.17


    高坂家

    大介「貴様!野球のメンツが二人足りないとか、ふざけてるのか!」

    京介「ふざけてねぇし!」

    大介「貴様の人脈も大した事ないな。ほとんどが女性じゃないか!」

    京介「桐乃絡みだから、仕方がない」

    大介「今日が登録の締切日だ!残り二人はどうする!」

    京介「いや、今日中には無理だろ」

    大介「一週間」

    京介「あん?」

    大介「一週間の猶予をやる。主催者は知り合いだから、大目に見てくれるはずだ」

    141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 13:57:35.95
    京介「じゃあ、その主催者側から何名か……」

    大介「そんな人様に迷惑がかかる事が出来るか!」

    京介「既に迷惑掛けとるだろが!!」

    大介「いいか京介。この野球大会は、桐乃の成長を記録する絶好の機会なのだ!何としてでも、人数を集めろ!」

    バタン

    京介「もうヤダ……」

    佳乃「あんたも大変ね」

    142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 14:02:19.33


    翌日

    唯「平沢唯!ふっかーつ!!」

    律「おぉ、以外と早かったな……」ゲッソリ

    唯「りっちゃん、やつれてるね」

    律「まぁな」

    澪「やぁ唯、おはよう」ツヤツヤ

    唯「あっ、澪ちゃん。なんかツヤツヤしてるね」

    澪「ふふーん。分かるか?」ツヤツヤ

    紬(良かったわー。最高やったわー)

    和「あら唯、早い復活ね」

    唯「うん」

    さわ子「みんなー、おはよう」

    143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 14:07:38.90
    蜚ッ縲後≠縺」縲√&繧上■繧・s縲・

    縺輔o蟄舌€後≠繧牙ケウ豐「縺輔s縲る「ィ驍ェ縺ッ繧ゅ≧縺・>縺ョ・溘€・

    蜚ッ縲後・縺」縺。縺暦シ√€・

    縺輔o蟄舌€後◎縺・€ゅ≠縺」縲∫伐莠穂クュ縺輔s縲ょセ後〒縺・>縺九@繧会シ溘€・

    蠕九€後≧縺・・縲・

    貔ェ・医↑繧薙□繧搾シ溘∪縺輔°縲√&繧丞ュ仙・逕溘→・・シ滂シ・

    邏ャ縲後◎繧後・縺ェ縺・シ√€・

    窶ヲ

    縺昴s縺ェ縺薙s縺ェ縺ァ縲∵叛隱イ蠕・

    蠕九€悟髪縲√@縺ー繧峨¥邱エ鄙偵↑縺励↑縲・

    蜚ッ縲後↑繧薙〒・溘€・

    蠕九€後&繧上■繧・s縺ョ莉倥″蜷医>縺ァ縲・㍽逅・r縺ェ縲・

    蜚ッ縲碁㍽逅・シ溘€・

    蠕九€後≠縺√€√◎縺・°縲・

    145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 14:12:24.72
    事情、説明中。

    唯「えー、何ソレー!」

    律「昨日決まった事なんだよ」

    唯「わ、私も野球したい!」

    紬「でも、登録の締切日が……」

    和「それに唯。以前、野球やって死球くらったわよね」

    唯「うん」

    和「あれで怪我したわよね」

    唯「うっ」

    和「あんた『野球なんかやりたくない』って、泣いたじゃない」

    唯「それは、そうだけど……」

    澪「それに、唯は病み上がりだし」

    146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 14:20:00.54
    紬「ごめんなさい」

    唯「うぅー」

    和「なら唯。あなたは私達を応援しなさい!」

    唯「応援?」

    律「そうだな。みんなも、応援に来てくれるらしいし」

    澪「良い案だな」

    さわ子「みんなー、練習するわよー」

    律「はいよ。じゃあな唯」スタスタ

    澪「じゃあ」スタスタ

    紬「唯ちゃん。元気一杯、応援してね」スタスタ

    和「唯。優勝したら、デートしてあげるわ」スタスタ

    148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 14:29:38.14
    唯「……」シュン



    それから数日、放課後になると、みんな野球の練習に精を出します。
    しかし私は何する事なく、家に帰る毎日でした。
    最近、みんなの会話は野球ばっかり……私は話についていけません。

    律「だから澪は……」

    澪「律が外ばっかり」

    紬「ホームラン狙います!」

    和「バント職人よ」

    梓「内野安打で出塁です!」

    149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 14:32:26.48
    >>143が文字バケしとる

    適当に補完して下さい
    特にエロい内容もないから

    150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 14:36:59.60
    憂「お姉ちゃんとセクロス、セクロス」

    純「おい!」

    信代「いちご、良いよ」

    いちご「……エースだよ」

    エリ「チャンスに弱いよ!でも帳尻は上手いよ」

    アカネ「ダメじゃん」

    風子「ヒットが出ない」シュン

    なんというか、共通の話題がなく、私は心細いです。

    律「じゃあな唯」

    澪「じゃあ!」

    紬「ばいばーい」

    151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 14:43:19.12
    そして、今日も一人で帰るのでした。

    唯(野球……やりたいな)

    唯(なんか、私だけ置いてけぼり?)

    唯(やだよー)グスッ

    ブンッ!ブンッ!

    唯(ん……あれは?)

    ?「」ブンッ!ブンッ

    唯「おーい」

    ?「ん?唯じゃん」

    152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 14:50:38.68
    唯「何やってるの……姫ちゃん」

    姫子「素振りだよ」

    唯「あっ、姫ちゃんはソフト部だった」

    姫子「そうだよ」

    唯「学校でやらないの?」

    姫子「顧問は、さわ子先生達の練習に付き合ってるからさ」

    唯「あぁ、あれか……」

    姫子「野球大会だって。なんか、さわ子先生がメンバー探してたんだって」

    姫子「その日、休んじゃったからさ。私は選ばれなかったんだ」

    唯「同じだね」

    姫子「ん?」

    153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 14:55:54.72
    唯「私もその日、休んじゃったから。選ばれなかったんだ」アハハ

    姫子「確かに、軽音部で唯の名前がなかったね」

    唯「でも、応援には行くんだ!姫ちゃんは?」

    姫子「一応、行くかな……でも、グラウンドに立ちたいのが本音かな」

    唯「ほぇ?」

    姫子「見てるよりかは、やりたいのが本音。ほら、ソフト部だし」

    唯「ふーん」

    姫子「唯は?」

    唯「えっ?」

    姫子「野球、みんなとやりたくないの?」

    154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 15:05:00.29
    唯「どういう……」

    姫子「律達が野球の話してる時さ、唯はいつも下向いてるじゃん」

    唯「……」

    姫子「私も突っ伏しながら、チラッとだけ唯見たら、なんか泣きそうな顔だったしさ」

    唯「えっ、泣いてないよ!」

    姫子「冗談よ、冗談」

    唯「うー、姫ちゃんの意地悪」

    155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 15:11:38.22
    姫子「でもさ、どっか寂しそうな目をしてたのは確かかな」

    唯「えっ?」

    姫子「図星だな」

    唯「うぅー」

    姫子「隠してるつもりでも、私には隠せなかったね」

    唯「なんで分かったの?」

    姫子「そりゃ、私が唯の隣りの席にいるからだよ。あそこは私だけのポジション」ニカッ

    唯「……」グスッ

    姫子「へっ?」

    唯「ひ、姫ちゃーん!」ダキッ、グスッ

    156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 15:19:41.27
    姫子「ゆ、唯!!」

    唯「姫ちゃん……私も、野球やりたい!!」グスッ

    唯「下手くそでもいいから、みんなと野球がしたい!!」

    唯「うわぁーん!!」

    姫子「唯……」ナデナデ

    唯「だから……だから」グスッ

    姫子「うーん。じゃあ、みんなと野球は出来ないけど、私の練習に付き合ってくれないかな?」

    唯「ひ、姫ちゃん?」グスッ

    姫子「大会が終わるまでは自主練習だからさ、相手が欲しいのよ」

    158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 15:27:06.45
    唯「でも、下手くそだよ」グスッ

    姫子「下手くそでもいいよ。みんな最初は下手くそなんだ。私だって、最初は下手くそだったよ」ナデナデ

    唯「う、うん」

    姫子「道具はさ、家にあるから心配しなくていいよ」

    唯「うん」

    姫子「よし、明日から練習だー!」

    唯「ありがと……姫ちゃん」グスッ

    姫子「なーに、唯の隣りは私のポジションだしさ。二人三脚みたいなもんだよ」

    唯「そうだね。じゃあ、よろしくお願いします!」ペコッ

    159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 15:32:00.70
    姫子「はい。こちらこそ、よろしくね」

    唯「じゃあ、アイス屋に行こう!」

    姫子「早速……って、まぁいっか。行こう!」



    練習施設

    梓「和先輩と憂。やけにエラーが目立ちます」

    アカネ「何かあったのかな」

    エリ「恋かな?」

    紬(なんだと!)

    澪「律。いくぞ」

    律「おうよ」

    160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 15:35:38.14
    信代「いちご、いいよ」

    いちご「……エースですから」

    純「外野守備がしんどい」

    風子「内外野もしんどい」

    和(これは、唯に何かあったわね)

    憂(お邪魔虫かな?また、誰かが血を流すんだね)

    和・憂「あははははははは」

    律「怖いわ!」

    さわ子「監督は私です!」

    161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 15:40:45.02


    翌日・河川敷

    姫子「よし、まずはキャッチボール」

    唯「はい!」

    姫子「ほら」ポイッ

    唯「はっ!」パシッ

    姫子「上手い上手い」

    唯「いくよ」ポイッ

    姫子「おっ、返球も上手いね。下手くそじゃないじゃん」

    唯「いやー、照れますなぁ」

    姫子「おだてても、何もないよ」

    唯「ぶー」

    姫子「はいはい」

    162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 15:48:36.65


    同時刻・河川敷

    京介「誰も見つからない……」ショボン

    麻奈実「あっ、焦る事ないよ京ちゃん!」

    京介「期限は明後日……なのに、なんでみんな断るんだよ!」

    麻奈実「京ちゃん落ち着いて!」

    京介「こうなりゃ、適当に見つけて……」

    麻奈実「ナンパまがいはダメだよ!」

    京介「だって、それしかないもん!」

    麻奈実(ふて腐れる京ちゃん可愛い!)

    163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 15:54:06.59
    京介「あそこでキャッチボールしてる女子がいる」

    麻奈実「いるね」

    京介「あの二人に声掛けてみよう」

    麻奈実「京ちゃん、それナンパ!」

    京介「違う!」

    麻奈実「違わないもん!」

    京介「そうしないと、俺の命が!!」

    麻奈実「ナンパなんて外道に走っちゃダメ!」

    京介「うるさい!俺の歌を聴けー!!」

    164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 15:57:31.89
    桐乃「やかましいわ、バカ兄貴!」

    京介「桐乃?」

    麻奈実「桐乃ちゃん?」

    京介「何やってんだよ?」

    桐乃「撮影の帰り……んで、あんた達を見掛けた」

    麻奈実「桐乃ちゃん。京ちゃんがナンパしようと……」

    桐乃「ナンパ!マジ有り得ないんだけど」

    京介「そうでもしなきゃ、野球の人数が!」

    桐乃「まだ見つけてないの?ホント、バカ兄貴ね」

    京介「やかましいわ!」

    165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 16:02:55.96
    麻奈実「それで、あそこでキャッチボールしてる二人を……」

    桐乃「手当たり次第ね……まぁ、ここは私に任せなさい!バカ兄貴に任せたら、勢い余ってホテルまで行くわね」

    京介「行くか!」

    麻奈実「不潔!!」

    京介「ちげぇー!!」

    桐乃「ちょっと行って来る」スタスタ

    麻奈実「わ、私も行くよ」ダッ

    京介(俺の扱い酷くね?)シクシク

    166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 16:08:49.40


    桐乃「あのー」

    姫子「はい?」

    桐乃「私達と野球やりませんか?」

    姫子「えっ?」

    麻奈実「桐乃ちゃん、急にそんな事言っても……」

    桐乃「だって、こうするしか……」

    唯「野球!やろうやろう!!」

    桐乃「マジ!!」

    唯「うん。下手くそだけど」

    桐乃「上手さ何かどうでもいいわ」

    姫子「ちょっと待ちなよ、唯」

    唯「ふぇ?」

    167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 16:15:10.83
    姫子「いきなり何ですか?」

    桐乃「えっと、野球する為に人を捜しています。ウチのバカ兄貴が」ビシッ

    京介「こらぁー!」ダッ

    姫子「えっと、どういう……」

    京介「実は……」

    事情、説明中。

    京介「……てなワケで」

    姫子「なるほど……」

    京介「すいません、桐乃が……」

    桐乃「はぁ!?ナンパしようとした奴が何言ってんの?」

    168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 16:19:24.86
    姫子・唯「……」ジトー

    京介「うっ、すいません」

    桐乃「それで、野球の件ですが……」

    唯「いいよ。私はやるよ!」

    京介「本当ですか!」

    姫子「唯!」

    唯「だって、りっちゃん達と同じ大会だよ」

    姫子「でも、登録は締切日が……」

    京介「主催者が親父の知り合いなんで、その辺りは」

    唯「ほら、姫ちゃん!やろうよ」ウルウル

    姫子(う、上目遣いと嘘泣きは反則だよ)

    169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 16:24:30.00
    姫子「わ、分かりました。やりましょう!」

    唯「姫ちゃん、だーい好き!」ダキッ



    練習施設

    憂「フン!!」

    和「おりゃー!!」

    律「ぐへっ!!」

    澪「こらっ!私の律にボールを投げるな!」

    憂「なんかムカついた」

    和「反省はしてないわ」

    紬「うふふふ」



    河川敷

    京介「あぁ、俺は高坂京介です」

    桐乃「桐乃だよ」

    170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 16:27:51.84
    唯「じゃあ、きりにゃんだね!」

    桐乃「はい?」

    唯「あずにゃんと声が似てるから!」

    桐乃「あずにゃんって、そんなあだ名はキモい!」



    梓「ふん!」

    純「ぐへっ!」

    エリ「梓ちゃんの送球が、純ちゃんの顔面に!」

    さわ子「何か、やばい事が起こりそうな予感」

    171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 16:31:33.27


    麻奈実「私は田村麻奈実です。京ちゃんの幼馴染みです」

    唯「なんか、りっちゃんっぽいね」

    麻奈実「えっ、りっちゃん?」

    唯「うん。声が似てるから」

    麻奈実「はぁ」



    律「澪、私に眼鏡は似合うかな?」

    澪「眼鏡、だと……」

    律「なんでもない」

    澪(眼鏡っ娘の律だと!)ハァハァ

    紬(百合の展開ね!)

    172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 16:35:06.98


    唯「私は平沢唯です!」

    姫子「私は立花姫子」

    京介「じゃあ、平沢さんに立花さん。よろしくお願いします」

    唯「任されよう!」

    姫子「あははは」

    京介「残りのメンツは、明日に集合させますので」

    姫子「分かりました。では、また河川敷に」

    唯「じゃあね、きりにゃん」

    桐乃「きりにゃん言うな!」

    173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 16:40:29.15


    唯「やったね、姫ちゃん」

    姫子「うーん。知らない人とチーム組むのはあれだけど、仕方ないか」

    唯「そうだよ。チャンスは一瞬だよ」

    姫子「でもさ唯、あんたの性格だと将来、男に泣かされるわよ」

    唯「だ、大丈夫だもん!」

    姫子「どうだか」

    唯「姫ちゃんがいるもん」ダキッ

    姫子「ほぇ?」

    唯「私には姫ちゃんがいるから大丈夫!」

    姫子「なんか、照れるな///」ポリポリ

    174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 16:45:09.85


    憂「うおりゃー!!」ブンブン

    和「どっせい!」ブンブン

    純「ぎゃー!!」

    エリ「純ちゃんがノックの嵐に……」

    いちご「……エースですから」

    律「誰か止めないのか?」

    澪(眼鏡っ娘りっちゃん)ハァハァ

    紬(百合やわ)

    さわ子「……あの二人には勝てん」



    高坂家

    京介「よし、これでOK」

    桐乃「女の子のチームに男一人。それなんてエロゲー」


    175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 17:00:38.68
    京介「知るかボケ!」

    桐乃「明日から練習でしょ」

    京介「そうだ」

    桐乃「優勝したら、何くれんの?」

    京介「焼肉食べ放題のチケット2回分・何名様でもOK」

    桐乃「エロゲーじゃないんだ」

    京介「あるか、そんなもん!」



    田村家

    麻奈実(何よ、ほとんど女ばっかじゃん)

    麻奈実(しかも、最後の二人は池……じゃなく、アホとビッチじゃん!)

    麻奈実「京ちゃんのバカ!!」

    176 名前:さるくらってた[] 投稿日:2010/11/03(水) 17:14:43.27


    翌日・河川敷

    沙織「自己紹介のシーンは割愛するでござる。そんなの延々書いてたら、日が暮れて来たでござる」

    瑠璃「面倒だから、下に選手名の一覧(守備位置)を書いとくわね」

    沙織(投・一・外)

    瑠璃(投・二)

    唯(外・投)

    京介(捕・一)

    あやせ(一・二・三)

    加奈子(遊)

    姫子(三・捕)

    桐乃(外)

    麻奈実(外)

    177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 17:25:49.10


    試合前日・河川敷

    京介「えー、明日は試合だ!絶対に勝つぞ!!」

    唯・麻奈実「おー!!」グッ

    桐乃「うっさい、バカ兄貴」

    京介「こらー!!」

    沙織「まぁまぁ」

    加奈子「てゆーかこの人達、誰です?」

    あやせ「一緒に練習してたけど、気付かなかった」

    沙織「おい!」

    瑠璃「ふざけんな!」

    桐乃「で、前から思ったけど監督は誰よ?」

    178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 17:30:56.92
    京介「お袋だよ。んで、俺が主将で四番だ!」

    桐乃「はぁ?ふざけないでよ!どこぞの四番みたいな帳尻バッターが」

    京介「辛いです……野球が好きだから、って何やらせるんだ!」

    麻奈実「私は京ちゃんが主将でいいよ」

    あやせ「私もです!」

    桐乃「私は嫌!」

    瑠璃「じゃあ誰が主将するのよ」

    唯「はい!きりにゃんが良いです」

    桐乃「きりにゃん言うな!」

    姫子「てかさ、桐乃ちゃんで良いんじゃない?なんか仕切りたいみたいだし」

    179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 17:35:44.28
    桐乃「別にそんな気は……」

    京介「なんだ?やりたいのか」ニヤニヤ

    桐乃「……あぁ、もういい!やってやろうじゃん、やってやるです!」

    唯「やっぱり、きりにゃんだ!」

    桐乃「うっさい!」

    沙織「よーし、主将も決まった事だし!」

    瑠璃「チーム名を考えないとね」

    あやせ「チーム名?」

    加奈子「いるの?」

    桐乃「ふっふーん。もう決めてあるもんね。これを見よ!」

    180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 17:40:38.50
    『桐乃と愉快な仲間達』

    京介「こんなのチーム名に出来るか!!」

    加奈子「普通、もっとかっこいい名前が……」

    あやせ「タイガースとかドラゴンズとか」

    唯「『きりにゃんズ』なんてどう!」

    沙織「なかなか、センスあるでござるな」

    瑠璃「なら『ダークシャドウ・ブラッティーズ』なんてどうかしら?」

    一同「……」ポカーン

    181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 17:45:16.93
    桐乃「あんたは黙ってて」

    瑠璃「きりにゃん、きりにゃん、きりにゃん!!」

    桐乃「ぶっ殺す!ついでに二回死ね!」

    唯「佐天さーん」

    京介「あぁ、もういい!チーム名は俺が考える」

    桐乃「主将は私よ!私に決定権があるのよ」

    京介「やかましいわ!」

    桐乃「うっさい、バカ兄貴!!」

    ギャーギャー

    唯「収拾がつかないね」

    加奈子「いつも、あんなのですから」

    麻奈実「ご、ごめんなさい」

    姫子「謝る事ないよ」

    182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 17:50:46.73
    沙織「今日は解散して、明日に備えるでござる」

    瑠璃「そうね。あの兄妹の喧嘩で私のHPがゼロに近くなって来たわ」

    姫子「じゃあみんな、明日は九時に会場にね」

    あやせ「お疲れ様です」

    加奈子「明日、よろしくお願いします」

    沙織「ではでは、お二人も」

    瑠璃「明日は私のワンマンショーね」

    姫子「あ、あははは」

    唯「じゃあね」バイバイ

    麻奈実「平沢さんも立花さんも、さようなら」

    183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 18:00:46.75


    姫子「なんか、物凄く濃いメンツだね」

    唯「うん。りっちゃん達より濃いよ」

    姫子「世の中、色んな人がいるもんだね」

    唯「姫ちゃんはエロゲーとかやる?」

    姫子「やらないわよ」

    唯「ですよねー」

    姫子「でも、なんか楽しいメンツでもあるけどね」

    唯「そうだよ!なんでも、楽しんだモノ勝ちだよ」

    姫子「そうだね。で、律達には話したの?」

    唯「ううん。話してないよ。試合で当たって、驚かす!」

    姫子「おっ、サプライズだね」

    184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 18:14:12.75
    唯「そうだよ!だから、明日は頑張ろうね」

    姫子「よし、頑張って優勝しよう!」

    二人「おー!!」



    律「チーム名?」

    さわ子「そうなの。すっかり忘れてたわ」

    澪「なら『りっちゃん澪ちゃんズ』でどうかな?」

    律「」

    梓「『あずにゃんと愉快な仲間達』」

    憂「『ラブリー・シスターズ』」

    エリ「『コーラ大好き一家』」

    紬「『百合百合ヘヴンズ』」

    律(ダメだ、こいつら)ハァー

    185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 18:23:14.14


    翌日・平沢家

    憂「お姉ちゃん、行って来るね」

    唯「うん。私は行けないけど、頑張ってね!」

    憂「お姉ちゃんの為にホームラン打つよ!」グッ

    バタン

    唯「……さて、私も準備しよ」

    唯「えっと、バットやグローブは姫ちゃんが持ってくる……ユニフォームは体操服でいいや。ゼッケンつけるから」

    唯「よっしゃ!準備完了!!」

    186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 18:28:06.92


    試合会場

    さわ子「よし、みんな集まったわね」

    律「おう!」

    澪「準備はいいです!」

    いちご「……エースですから」

    さわ子「これ、トーナメント表よ」

    和「えーっと『桜高・放課後ティータイムス』がチーム名ですか?」

    律「私が考えた」

    澪(さすが律)

    187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 18:35:31.01
    さわ子「四勝したら優勝よ!」

    憂「それに、決勝以外はコールド勝利があるみたいですね」

    純「なら、打線爆発で行こう!」

    梓「やってやるです!」

    さわ子「一戦目の先発は澪ちゃんね」

    澪「は、はい」

    律「澪、暴れまくってやるぞ!」

    澪「あぁ!」

    紬(朝から律澪とは、今日は最高の日になりそうね)

    しずか「私達も応援します」

    三花「がんばれー!!」

    188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 18:42:03.17


    桐乃「おーい、こっちこっち」

    唯「おはよう、桐乃ちゃん」

    瑠璃「きりにゃんじゃないのね」

    加奈子「まあまあ」

    麻奈実「おはようございます」

    姫子「おはよう」

    佳乃「あっ、私が監督です。京介と桐乃の母です」

    姫子「お、おはようございます」

    佳乃「ごめんなさいね。こんな事に付き合わせて」

    唯「いえ、チャンスを与えてくれて、ありがとうございます」ペコッ

    麻奈実「平沢さん立花さん。頑張ろうね」

    唯「うん!」

    189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 18:49:17.79
    沙織「トーナメント表でござるよ」

    瑠璃「『メルル応援クラブ』ふざけてるわね」

    桐乃「うっさい」

    京介「最後まで反対したんだがな」

    唯「可愛いじゃん」

    姫子「可愛いのかな?」

    桐乃「分かる人には分かるのよ」フンス

    あやせ「えっと、四勝すれば優勝ですね」

    加奈子「決勝以外はコールド勝利ありだから、打線爆発だね」

    佳乃「基本、捕手は京介。投手は沙織ちゃん、瑠璃ちゃん。平沢さんはリリーフで、平沢さんが投手の時は立花さんがマスクね」

    唯「分かりました!」

    姫子「唯を上手くリードします」

    190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 18:57:34.32
    桐乃「よし、メルル応援クラブ、ファイトー!!」

    一同「……」

    桐乃「声が小さい!」

    京介「恥ずかしいわ!」

    桐乃「主将命令よ!ファイトー」

    一同「おー!!」



    和「憂。唯が近くにいる気がしない?」

    憂「和さんもそう思いますか」

    純「唯先輩は用事なんじゃ?」

    和「うーん」

    憂「でも、近くにいる気がする」


    律「見ろ『メルル応援クラブ』だって」プッ

    梓「最悪なネーミングセンスですね」

    澪「選手には哀れみを覚えるな」

    191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:02:22.84
    さわ子「みんな、開会式の後、すぐに試合よ」

    信代「はーい」

    エリ「対戦相手は……」

    風子「常盤台レールガンズ?」



    姫子「『桜高・放課後ティータイムス』って」

    唯「りっちゃん達のチームだね」

    加奈子「お二人が入れなかったチームですね」

    桐乃「ふん。だったら、容赦なく潰すわ」

    瑠璃「仲間想いなのね」

    桐乃「主将ですから」

    京介「開会式の後、すぐに試合だぞ」

    192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:07:02.82
    沙織「最初の対戦相手は……」

    加奈子「横浜ベイスターズ?」

    姫子(なん、だと……)

    桐乃「まぁ、いいわ。行くわよ!」

    一同「おー!!」

    こうして、野球大会の幕が切って落とされた。

    193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:15:49.70


    第一球場

    律「よっしゃ梓、行ったれ!」

    梓「やってやるです!!」グッ

    美琴「打てるもなら、打ってみなさい!」ビューン

    梓「ひぃー!!」

    澪「あわわわわ」ガクブル

    風子「」チーン

    黒子(辛いです……お姉様が好きだから)

    律「頑張れ梓!びびんな!」

    憂「落ち着いて!」

    純「ファイトー!」

    梓「や、やってやるです!!」

    194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:23:44.37
    美琴「いけー!!」ビューン

    梓「はっ!」カツン

    黒子「叩き付けた!」

    婚后「私を常盤台のレベル4と知って……」ビュッ

    審判「セーフ」

    婚后「へっ?」

    梓「やってやったです!」グッ

    佐天「内野安打だと……」

    律「いいぞ梓!」

    エリ「いいぞ!」

    二番、真鍋さん

    紬「和ちゃん、頑張って」

    和(このバントマスター・和の力、見せてあげるわ)

    和「来なさい、常盤台のレベル5!」

    195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:31:12.09


    第四球場

    唯「姫ちゃん、ファイト!」

    麻奈実「頑張って!」

    姫子「はいよ」フリフリ

    牛田「女子校生相手とは……軽く行くか」ヒョイ

    姫子「ふん!」カキーン

    牛田「!」

    内川「初球、先頭打者アーチだと……」

    村田「やるな」

    横0‐1メ

    牛田「ふっ、俺を本気にさせた……面白くなりそうだぜ」

    京介「桐乃、出塁しろ!」

    桐乃「指図すんなバカ兄貴!」

    196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:35:39.01
    桐乃(私だって、やる時はやるんだから!)カキン

    石川「おりゃ!」キャッチ、ポイッ

    審判「アウト!」

    桐乃「あーん!!」

    あやせ「当たりは良かったよ」

    桐乃「」

    京介「おしかったな」

    桐乃「うっさい!」

    唯「……」

    桐乃(こんなんじゃ、ダメだ。こんなんじゃ、)

    197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:41:05.09


    澪「律、ホームラン打てばコールドだぞ!」

    律「任せろ!」

    美琴「はぁ……はぁ」

    律「よし、来い!」

    美琴「言われなくても……」ビューン

    美琴(しまった、すっぽ抜けた)

    律「おりゃー!!」カキン

    美琴「!!」

    律「切れるんじゃねぇ!!」

    観客「」

    審判「」クルクル

    観客「うぉー!!」

    律「いよっしゃー!!」

    澪「律!愛してるぞ!!!」

    198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:47:12.28
    律「いぇーい!」

    審判「規定により、コールドゲーム。桜高・放課後ティータイムスの勝ち」

    澪「律ー、結婚しよう!!」

    紬「まぁまぁ」ボタボタ


    美琴「打たれちゃった……ごめんね」グスッ

    佐天「でも、御坂さんはよくやりましたよ」

    初春「そうです!」

    美琴「ありがとう」

    律「そうだぜ」

    美琴「あんたは」

    律「あんたの直球、すごすぎだぜ」

    和「バントするのに苦労したわ」

    199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 19:53:21.67
    律「あんた、いいもん持ってるよ、御坂さん」スッ

    美琴「?」

    律「ほら、まだ整列があるからさ」

    美琴「そ、そうね」スッ


    審判「では、礼!」

    一同「ありがとうございました!」

    憂「あなたとは仲良くなれそうです」ニコッ

    初春「そうですね」

    佐天「ういはるー」

    婚后「他人と言う気がしませんわ」

    紬「えぇ、なんででしょうね」

    黒子「レズですか?」

    澪「レズじゃない。律スキーだ」

    200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:00:07.28
    さわ子「みんな、このまま勝ち進むわよ」

    一同「おー!!」

    美琴「頑張ってね」

    固法「よし、帰ったら特訓よ」

    黒子「ジャッジメントですの!」

    桜高・放課後ティータイムス一回戦突破



    横5(9裏)7メ


    姫子(唯、これを抑えたら勝利よ)クックッ

    唯「」コクッ

    村田(このままじゃ終われないな)

    尾花「頼むぞ、村田!」

    村田(フルカウント、満塁……逆転グランドスラムだな)

    201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:06:54.52
    村田(チームの為に俺は打つ!)


    唯(姫ちゃん、私は抑えるよ!)

    唯(信じて!!)

    姫子(唯……来な!!)

    唯「えいっ!」ビューン

    唯(チームの為に……)

    村田(応援してくれるファンの為に……)

    唯・村田(勝利をわが手に!)

    唯・村田「うぉー!!!」

    村田「いっけぇー!!」ブンッ

    唯「!!」

    村田「!!」

    姫子「くっ!」

    姫子(唯の本気、届いたよ)

    審判「アウトー!!」

    202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:17:16.92
    京介「よっしゃー」

    加奈子「いぇーい」

    唯「やったー!!」

    姫子「やったね、唯!」

    唯「姫ちゃーん!!」グスッ

    姫子「ほらほら、まだ整列があるよ」

    唯「うん!」

    審判「一同、礼」

    一同「ありがとうございました」

    村田「君のストレート、凄かったよ!」

    唯「いや~」テヘヘ

    姫子「野球、楽しいですね」

    内川「ありがとう」

    牛田「手を抜くんじゃなかった」

    203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:23:09.32
    尾花「良い試合だった!」

    京介「いえいえ。でも、シーズンオフなのに」

    尾花「なーに、野球をやるのは楽しい事だよ」

    尾花「よし、明日から練習再開だ!」

    一同「おー!!」

    村田「君達も、頑張れよ!」

    唯「はい!!」


    桐乃「……」

    桐乃(私だけ、ノーヒットだ)

    メルル応援クラブ、一回戦突破

    204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:31:32.53


    その後、両チームは順調に勝ち進んだ。

    律「よっしゃー、準決勝突破だ!」

    澪「やったな、律!」

    憂「次は決勝ですね!」

    和「このまま行くわよ!」

    エリ「ムギちゃん、ホームラン打ってね」

    紬「よしキター」

    純「ところで、決勝の相手は?」

    風子「メルル応援クラブ、らしいよ」

    梓「げっ、マジで!」

    アカネ「あの変な名前のチームか」

    さわ子「とりあえず、勝つしかない!!」

    205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:36:12.22
    しずか「た、大変だよ!」

    信代「おっ、どうした?」

    三花「つ、次の対戦相手なんだけど……」

    風子「メルル応援クラブ」

    しずか「そう、そこに平沢さんと立花さんがいる!」

    一同「なんだってー!!」



    少し前

    三花「次の対戦相手の視察に来たけど……」

    しずか「あのピッチャー、平沢さんだよね」

    三花「それに、キャッチャーは姫子!」

    しずか「どういう事!?」

    三花「し、知らないよ」

    206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:42:07.48
    しずか「試合終わった……平沢さん達のチームが勝ったみたいだね」

    三花「とりあえず、みんなに報告!!」



    律「なんで、唯と姫子が……」

    純「もしかして、仲間外れにされたとか?」

    律「いや、あの時は二人が欠席してたから、体調を考慮して……」

    いちご「……相手が誰だろうが、関係ない」

    憂「!」

    いちご「クラスメートでも、関係ない」

    澪「そ、そうだよ。相手はなんであろうが倒す!」

    207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:49:17.58
    さわ子「いちごちゃんと澪ちゃんの言う通りね。勝負事に私情を挟んじゃダメよ」

    信代「向こうは本気で来るからね」

    さわ子「私情を挟むなら、スタメン落ちもやむを得ないわよ」

    和「ふっ、甘く見られたモノだ」

    憂「みくびらないで下さい」

    さわ子「!」

    和「目の前の敵は倒すだけ!」

    憂「そうしないと、勝利はやって来ない!」

    和・憂「(姫子を)倒す!絶対にだ」

    208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 20:55:19.01
    さわ子「よし、暴れまくるわよ!」

    律「いくぞー!!」

    一同「おー!!」



    姫子「決勝、律達の所とだね」

    唯「うん」

    姫子「怖い?」

    唯「怖くない……って言えば嘘かな」

    姫子「心配しないで……」ダキッ

    唯「姫ちゃん……」

    麻奈実(まさか、レズなの!?)

    京介「ん?どうした……」

    麻奈実「見ちゃダメ!」

    京介「なんだよ!それよか、桐乃知らねぇ?」

    209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:03:48.89


    桐乃(ヒットが……出ない)

    桐乃(なんで……なんでなの?)

    加奈子「桐乃、もうすぐ試合だよ」

    あやせ「大丈夫?」

    桐乃「う、うん。大丈夫だよ。これで、最後なんだよね」

    瑠璃「……」

    沙織「気付いているでござるな」

    瑠璃「えぇ。でも、私達が何かをやろうとしても、今は逆効果かもね」

    ガチャ

    京介「試合だ。行くぞ!」

    あやせ「はい!」

    加奈子「おぅ!」

    210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:11:16.23
    桐乃(行こう!)スタスタ

    唯「あっ、きりにゃん」

    桐乃「きりにゃん言わないで……」

    唯「あのさ、私が言うのも何だけど、失敗を恐れないで」

    桐乃「えっ?」

    唯「私、ギターやってるんだけど、失敗ばっかりで後輩に怒られるんだ」

    桐乃「それが」

    唯「えっと、つまり……そう!失敗は成功の母なのです。つまり、失敗して人は成長するのです」

    桐乃「はぁ……よく分かんないけど、ありがとう」

    211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:21:27.00
    唯「さぁ、最後の試合だよ!」

    桐乃「えぇ……でも、相手は平沢さんと同じ……」

    唯「今は、きりにゃんと同じチームだよ。私情を挟んだら負けだからね。だから、絶対に勝とうね!」

    桐乃「……あったりまえじゃない。最後に勝つのは、メルル応援クラブよ!!」

    桐乃「行くわよ!」

    唯「おー!!」


    そして、決勝戦の幕が開ける。

    212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:26:39.70


    さわ子「向こうのスタメン表、貰って来たわ」

    律「やっぱり、唯と姫子はスタメンか……」

    和「だけど、勝つのは私達よ」

    憂「そうですね。(姫子を潰す為に)勝つしかないです!」

    梓「やってやるです!」

    いちご「……エースですから」



    麻奈実「これ、ほとんど平沢さん達の友人?」

    唯「そうだね」

    姫子「向こうは、いちごか……」

    213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:31:35.47
    桐乃「勝つ!死力を尽くしてでも勝つ!」

    京介「あぁ、絶対に勝つ!」

    瑠璃「勝ち以外に価値なんかあるのかしら?」

    沙織「シャレでござるか?」ニヤニヤ

    瑠璃「こほん!」

    佳乃「ところでお父さんは?」

    京介「知らない!」



    大介(桐乃、写真はばっちりだぞ)

    斎藤(むっ、この男……出来る)

    214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:38:55.65
    両チーム・スタメン

    桜高 vs メルル

    8・梓   5・姫子
    4・和   8・桐乃
    6・憂   1・沙織
    3・紬   2・京介
    2・信代  9・麻奈実
    5・律   4・瑠璃
    7・エリ  3・あやせ
    9・純   6・加奈子
    1・いちご 7・唯



    215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 21:51:02.28


    一回表

    沙織「いくでござるよ!」ビューン

    京介(ど真ん中!)

    梓「ふん!」カキン

    律「よっしゃー、右中間に……」

    桐乃「落とさせるかー!!」バシッ

    審判「アウト!」

    梓「ちっくしょー!!」

    二番、和(2‐3‐1)

    和(フルカウントね……)

    沙織「えい」ビューン

    和(低め!!)スッ

    審判「アウト!!」

    和「嘘!」

    216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:01:50.02
    三番 憂(0‐0‐2)

    憂(私の持ち味……初球から行く!)カキン

    姫子「唯、行ったよ!」

    唯「ほい来た!!」バシッ

    審判「アウト!」

    憂「くっ!」



    一回裏

    一番 姫子(0‐0‐0)

    和「いちご、姫子をぶつけなさい!これは生徒会長からの命令よ」ボソッ

    いちご「な、何を……」ボソッ

    憂「ぶつけて下さい」ボソッ

    いちご「……エースには出来ない選択!」ボソッ

    憂・和「ちっ!」

    217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:08:12.38
    いちご「ふむ……えいっ!」ビューン

    姫子「よしっ!」カキン

    憂「おりゃー!」バシッ、ポイッ

    紬「ほい来た!」バシッ

    審判「アウト!」

    憂「おっしゃー!!」

    二番 桐乃(2‐1‐2)

    桐乃(追い込まれた……)

    信代(これで決めるよ!)シュッ

    いちご「……」コクッ、ビューン

    桐乃「来た!」ブンッ、スカッ

    審判「アウト!」

    桐乃「はぁ!?」

    いちご「スプーン・ナイフ……フォーク!」

    218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:20:52.88
    桐乃「ちっ!」

    桐乃(まだ、ノーヒット……)

    三番 沙織(2‐0‐2)

    審判「アウト!」



    二回表 紬(1‐2‐0)

    紬「ふん!」カキン

    京介「やばい!」

    審判「ファール」

    紬「あらあら」

    京介「あぶねー」

    京介(よし、落とす!)

    紬(来た!)ブン、スカッ

    紬「!」

    審判「アウト!」

    219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:30:03.63
    紬「……」ズーン

    五番 信代(1‐0‐1)

    信代「あっ、詰まった!」カキン

    麻奈実「浅いフライ……っと」バシッ

    六番 律(2‐2‐2)

    律「ツーツーか……」

    沙織(このバッター、下手に勝負するよりかは……外に)ビューン

    律(外か……なら、流し打ちで)カキン

    瑠璃「やばい!」

    沙織「あちゃー、流されたでござる」

    澪「ナイスだ律!」

    律「へっへーん!」

    220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:38:36.81
    七番 エリ(0‐0‐2)1

    カキン!

    瑠璃「任せ……!」

    瑠璃(イレギュラー!)

    瑠璃「しまった!」

    律「おりゃー!!」ダッ

    麻奈実「サードへ……」

    瑠璃「投げちゃダメ!私に中継」

    麻奈実「うん」ポイッ

    瑠璃「……」バシッ

    瑠璃「サードへ投げたらランナーがセカンドへ行ってたわ。まぁ、エラーした私が言える義理じゃないけど」

    221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:44:28.45
    エリ(エラーでの出塁か……まっ、いいか)

    澪「律、ナイスラン!」

    さわ子「よし、このまま行くわよ!」

    梓「次は……純だ」

    和「終わった」

    純「こらー!!」

    八番 純(0‐2‐2)2‐3

    純(ここは、純ちゃんにおまかせよ!)カキン

    姫子「ほい、ファールフライ!」バシッ

    純「」

    憂「知ってた」

    純「(ファールフライじゃ)いかんのか?」

    一同「いかんでしょ」





    222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:53:54.25


    沙織「二回裏、三回表は三者凡退に終わったでござる」

    瑠璃「次は三回裏の2アウトの平沢さんの打席ね」

    三回裏

    九番 唯(0‐0‐2)

    和(唯ね……)

    憂(少し下がる……っと)

    唯「さぁ、いちごちゃん!」

    いちご「」コクッ、ビューン

    唯「ほいっ!」カキン

    律「おっしゃー!!」バシッ

    審判「アウト!チェンジ」

    唯「ありゃ」

    223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 22:59:09.65


    四回表

    憂:レフトへのヒット
    紬:5‐6‐3のダブルプレー
    信代:四球
    律:ヒット 1、2塁
    エリ:四球
    純:先制の場面で空振り三振

    四回裏

    姫子:セカンドゴロ
    桐乃:空振り三振
    沙織:サードへの内野安打
    京介:先制の場面も、ライトフライ

    224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:03:47.19
    五回表

    いちご:空振り三振
    梓:四球
    梓が初球から走るも、盗塁失敗で憂と共にベンチ裏へ
    和:ライトフライ

    五回裏

    麻奈実:空振り三振
    瑠璃:サード律のファンブルで出塁する
    あやせ:空振り三振
    加奈子:空振り三振

    225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:08:13.71
    六回表

    憂:三振
    紬:三振
    信代:ヒット
    律:四球
    エリ:敬遠気味
    純:先制の場面で空振り三振、野次が飛ぶ


    六回裏

    唯:ヒット
    唯が四球目に走り、盗塁成功!
    姫子:バント成功
    桐乃:サードライナー!ランナー唯も飛び出しダブルプレー チェンジ!

    226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:17:40.58
    そして、試合はラッキー7へ

    佳乃「次の回、瑠璃ちゃんが投手ね」

    瑠璃「はい」

    投手・守備変更

    瑠璃:二塁→投手
    沙織:投手→一塁
    あやせ:一塁→二塁


    さわ子「よし、こっちも代打よ!」
    七回表

    九番 代打・風子(2‐2‐0)

    風子(まだヒットが出ないよ。しかも、なんかあの娘、凄い球投げるし!)

    瑠璃(邪気眼スライダー)ビューン

    風子「え、えーい」カキン

    瑠璃「!」

    227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:32:00.58
    風子「当たった!しかも、ヒット!」ダッ

    アカネ「いいぞ!」

    一番 梓(0‐0‐0)1

    梓(送りバントです!)コンッ

    梓(しまった、正面!)ダッ

    審判「アウト!」

    梓(やっちまった)ダッ

    審判「一塁、セーフ」

    梓「ふぅ」

    しかし、この回は点数が入らなかった。

    七回から澪が登板。ピンチを背負うも無失点。

    そして八回表、1アウト、ランナー二塁で打者は律。

    229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:37:21.84
    律(澪を楽にさせないとな)チラッ

    澪(律、打ってくれ!)

    律(任せろ!ランナーのムギの走力を考えたら、フェンス直撃しかねぇ!)カキン

    瑠璃「センター!」

    桐乃「おっ、おっ」バコン

    桐乃(クッションボールの処理が!)

    唯「きりにゃん、どいて!」

    桐乃「えっ」

    唯「ほいっ!ショート!!」ポイッ

    加奈子「了解!!」

    律(唯の送球が……間に合え)ズズー
    加奈子「タッチは?」

    230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:41:22.89
    審判「セーフ!」

    律「よっしゃ!」

    澪「律ナイス!」

    さわ子「いいわよ、りっちゃん!!」

    メ0‐1桜

    桐乃「平沢さん。ありがとうございます」

    唯「ふぇ?」

    桐乃「その、クッションボール……」

    唯「気にしない、気にしない!」ダッ

    桐乃(こんなんじゃ、ダメだよね)

    231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:46:11.73
    そこから瑠璃は、エリと純の代打・アカネを打ち取りチェンジ。

    八回裏

    先頭の加奈子がヒットで出塁。

    打者は唯。

    律「よぉ、唯!」

    唯「どうもです、りっちゃん隊員」

    律「敵同士とはな……」

    唯「私も野球やりたかったです!」

    律「すまん!体調を考慮して出さんかった」

    唯「なんと、そうだったのか……てっきり、ハブられたのかと」

    律「そんな事しねぇよ」

    232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/03(水) 23:54:42.28
    唯「ですよねー」

    律「んじゃ、勝負と行こうぜ」

    唯「OK!」

    澪(律の奴、唯とばっか話て……)

    澪(くらえ、私の必殺技・みおみおカーブ!)

    唯「ほいっ」カキン

    律「レフトへのヒットか」

    唯「いぇい!」

    紬「唯ちゃん。最近は相手に出来なくて、ごめんなさい」

    唯「いいよ、ムギちゃん。野球終わったら、お菓子食べようよ」

    紬「そうね」

    カキン!

    唯「姫ちゃんが打った!じゃっ!!」

    紬「ばいばーい」

    233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:00:26.27
    姫子のヒットで同点、0死2・3塁と逆転のチャンス。

    打者は桐乃。

    律(こいつは打ててないから、変化球で……)

    澪(みおみおカーブ!)

    桐乃(絶対に……打つ)カキン

    律「しまっ……」

    信代「甘い!そして!!」バシッ、ダッ

    審判「アウト!」

    京介「なっ!一気に2死2塁になった」

    桐乃(また、チャンス潰した……私のせいで)

    234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:06:21.10
    その後は沙織が内野安打、京介が四球も、麻奈実が三振で同点止まり。

    さわ子「次の回、逆転するわよ」

    梓「やってやるです!」



    佳乃「次、平沢さんが投手で、立花さんが捕手ね」

    唯・姫子「はい!」

    投手・守備変更

    唯:左翼→投手
    瑠璃:投手→二塁
    あやせ:二塁→三塁
    姫子:三塁→捕手
    京介:捕手→一塁
    沙織:一塁→左翼

    235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:11:46.55
    唯「よーし、行くぞ!」

    京介「桐乃、行くぞ」

    桐乃「……」

    加奈子「桐乃?」

    桐乃「……グスッ」

    京介「どうした、桐乃!」

    姫子「?」

    唯「きりにゃん?」

    桐乃「ごめん……なさい」

    あやせ「桐乃?」

    桐乃「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい!」

    京介「なんだよ!!」

    桐乃「私、主将なのに……何一つチームに貢献できてない。あんなに偉そうに主将張った割に、この様なのが悔しい」ポロポロ

    236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:36:54.05
    京介「桐乃……」

    唯「きりにゃん、試合はまだ終わってないよ。まだ泣くには早いよ」

    京介「そ、そうだぞ桐乃!」

    桐乃「うっさい!チャンスで凡退、ここまでノーヒット。こんなんじゃ、足引っ張ってるだけじゃん。迷惑じゃん!」

    沙織「きりりん氏……」

    姫子「あーもう!うじうじ悩むんなら、大人しくベンチで泣いてなさいよ!」

    唯「ひ、姫ちゃん!」

    237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 00:46:46.62
    姫子「そんな状態で守備についてミスしたら、こっちが迷惑だわ!」

    唯「姫ちゃん!」

    姫子「唯は黙ってて!いい、うじうじ悩むんならグラウンドに立つな!恥かきたくなかったら、すぐに家に帰れ!私が言いたいのは、それだけだ!唯、投球練習いくよ」グイッ

    唯「姫……きりにゃん!野球は楽しんだモノ勝ちだからね!!」ズリズリ

    京介「桐乃……」

    桐乃「何よ、あのアホとビッチ女。こっちの気も知れないで!帰れだと!?私がいなくなったら、誰がセンターやるのよ」

    238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:01:08.80
    瑠璃「なら、私がセカンドとライトを兼任するわ。そうね。セカイトかな、ショフトの別バージョンみたいに」

    桐乃「はぁ?ばっかじゃないの」

    瑠璃「落ち込んでメソメソしている娘が何か用なの?これから、守備につくんだけど」

    桐乃「あんた!」グイッ

    瑠璃「何?気に入らないから暴力」

    桐乃「くっ!」

    瑠璃「私が知ってる高坂桐乃は、いつも強気で高圧的で、エロゲー三昧。兄は変態で……」

    京介「こらっ!」

    239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:21:21.37
    瑠璃「スイーツ(笑)で、メルルとかいう分けの分からん……」

    桐乃「それ以上言うな、邪気眼厨二病!何がゴスロリじゃ!あんなの、どこがいいんじゃ!」

    瑠璃「う、うるさいわね!ゴスロリを舐めんな!」

    ギャーギャー

    京介「お、おい!」

    麻奈実「京ちゃん。エロゲーとか変態って、何?」

    京介「いや、そのー」

    麻奈実「京ちゃんのバカ!!」

    京介(もうヤダ……)シクシク

    240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:33:44.67
    審判「あの、時間なので……」

    佳乃「は、早く行きなさい!」

    桐乃「ふん……何?」

    瑠璃「グローブよ。見て分かんない?」

    桐乃「分かるわ!」

    瑠璃「守備なんだけど……」

    桐乃「行くに決まってるでしょ。あんたと喧嘩したら、なんかスッキリした」

    瑠璃「そう。それでこそ、あなたね」

    桐乃「あん?」

    瑠璃「後で立花さんにお礼言うわ。私もかなり鬱憤が溜まってたから。切り出す切っ掛けを作ってくれたから、そのお礼に」


    242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:49:06.36


    唯「姫ちゃん。きりにゃんのアレは酷くない?」

    姫子「そうかな。人間、ああいうので変わる人、多いと思うよ」

    唯「私だったら落ち込んで、和ちゃんか憂に泣き付いちゃうかな」

    姫子「やめて、それだと死人が出ちゃう」

    瑠璃「あの」

    唯「あっ、瑠璃ちゃん」

    瑠璃「立花さん。切っ掛けを作ってくれて、ありがとうございます。もうすぐ、あのスイーツ(笑)は来ます」タッ

    姫子「スイーツ(笑)?」

    243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 01:58:00.57
    唯「あっ、きりにゃんだ」

    桐乃「きりにゃん言うな」

    姫子「えっと、もういいの?」

    桐乃「はい。いつまでも落ち込んでられないので……それに、センター出来るのは陸上部のエースたる私がいないと無理ですから!」ドヤッ

    唯「さすが、きりにゃん!」

    姫子「あの瑠璃って娘と何かあった?さっきと顔付き変わったからさ」

    桐乃「なんでもないです……ただ、口喧嘩しただけで」

    姫子「じゃあ、瑠璃って娘は、あんたの親友なんだ」

    245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 02:18:22.26
    桐乃「ち、違うし!あんなゴスロリ、邪気眼厨二病なんか……」

    姫子「口喧嘩したら普通、絶交するよ。なのに、あんたは立ち直れるなんて……私は羨ましいよー」

    唯「姫ちゃんには私がいるもん!」

    姫子「でも、唯とはあんま口喧嘩しないでしょ。律と澪は別だけど」

    唯「喧嘩する事ないもん。でも親友だもん」

    姫子「はいはい」

    桐乃「あいつは親友じゃありません!ただの……」

    姫子「ただの?何かな」ニヤニヤ

    桐乃「と、とにかく!あいつは私に嫌味ふっかけるのが趣味な邪気眼厨二病なんです!私の趣味にケチつけて……」

    姫子「分かった。そういう事にしとくよ」

    246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 02:27:00.75
    桐乃「そういう事にしといて下さい!あと、エロゲーやりますか?」

    唯・姫子「うん。やらない」

    桐乃「やらないか……じゃあ今度、一緒に秋葉原に行きましょう!そこで、エロゲーのなんたるかを!」

    姫子「分かったから、守備につけ!!」

    唯「エロゲーは分かんないけど、きりにゃん達とは遊びたいよ!」

    姫子「う、うん。遊ぶくらいなら」

    桐乃「分かりました。今度、誘います!絶対に誘います!!」ダッ

    247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 02:41:57.47
    姫子(エロゲーとか、全く分からんのだが……まっ、面白そうだから、いっか)

    審判「もう、投球練習はいいのかね?」

    唯「はい!ばっちしです」ビシッ

    審判「なら、守備につきなさい」

    姫子「す、すいません」アセアセ

    唯「よし!絶対にこの回をゼロに抑えるぞ!!」



    さわ子「向こうのピッチャーは唯ちゃんね」

    純「こっちは梓、和先輩、憂ですか」

    律「期待してんぞ!」

    249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 02:52:22.59
    梓「やってやるです!」

    和「任しなさい。この眼鏡、伊達じゃないのよ」

    エリ「知らないよ!」

    さわ子「私のも伊達じゃないわよ」

    風子「私のも!!」

    律「何を争っとるんだ!?」

    澪「律、何をそんなに力んでるんだ(その目はエロかった)」

    いちご「……どんでん」

    アカネ「そら(澪は律が好きだから)そう(律に対してはエロい目で見るモンが普通)よ」

    紬「百合最高や!BLなんかいらんかったんや」

    信代「澪の恋人・律!秋山家入りまったなし!」

    250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 03:06:54.57
    憂「憂選手明言!お姉ちゃんは私のモノ!」

    純(何、このノリ?)

    憂「」ギロッ

    純(私も何か言えと?そうなのか)

    紬「♪」ワッフル、ワッフル

    純「ま、魔法少女リリカル純ちゃん!始まるよ」ビシッ

    一同「……」シーン

    純「あれ?」

    梓「純、病院行った方が……」

    さわ子「これは重傷ね」

    律「まさか、春上さんや枝先さんみたいな!」

    純(ちげぇーよ。一回戦で常盤台とやったよね!おもっくそ、それだよね!つか、枝先さんあんただろデコ)

    251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 03:14:41.87
    紬「良い病院、紹介するわね」

    純(うっさいよ、婚后さん!)

    さわ子「早く良くなるといいわね」ナデナデ

    純(私がやったネタのハンマー持った人、さわ子先生だよね!)

    ♪あずにゃん あずにゃん あずにゃんにゃん
    「一番 センター 中野さん」

    純(その登場曲何?つか、登場曲なんかなかったでしょうが!)

    252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 03:36:10.02


    唯(最初は、あずにゃんだね)

    姫子(左か、なら少し内側に……)クイッ

    唯(うん……いけっ)ビューン

    梓(ストレート!貰っ……)コンッ

    審判「ファール」

    梓「なっ!」

    姫子(驚いてる?やっぱり、カットボールは使えるのか?)

    梓(カットボール……スライダーやカーブなら打てるけど)

    姫子(なら、次は)クイッ

    唯(うん……ほいっ)ビューン

    253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 03:52:17.18
    梓(来た、カーブだ!あずにゃんノートの分析なら、この位置で振れば!)ブンッ、スカッ

    審判「ストライク」

    梓「にゃー!!」

    姫子(狙い通り……とまでは、いかないか)

    梓(カーブだろ。カーブだよな!なんで、あずにゃんノートの通りにならない!!)

    姫子(次で仕留める!)

    唯(うん)ビューン

    梓「こ、こんなんじゃダメですぅー!」カキン

    姫子「やばっ!一二塁間のライナーだ」

    唯「ライトへ抜けちゃう!」

    梓「やってやったです!」

    255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:43:30.68
    京介(ライトの麻奈実はセンター寄り……下手したらスリーベースあるぞ!)

    京介「くっ、間に……」

    瑠璃「どいて!!」バッ

    京介「!!」


    瑠璃(よく考えたらこの試合、私はエラーしてるし、ノーヒット。ファンブルで出塁はあったけど……決して、喜べるモノじゃない。いえ、桐乃以上に足を引っ張ってるかも……)

    瑠璃(鬱憤……あれなんて、半分以上は自分への憤りだった。それをあの娘への悪口に……)

    瑠璃(そんなの、許せないじゃない!悔しいじゃない!)

    瑠璃(だから!せめて、この打球は捕らないと!)バッ

    257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 06:53:10.87
    瑠璃「邪気眼発動!」

    瑠璃(くっ、右腕が……嘘だけど)

    瑠璃「間に合え……間に合えー!!」バシッ、ズズズー

    梓「えっ?」

    京介「おい、大丈夫か!?」

    瑠璃「審判!!」

    審判「な、なんだね?」

    瑠璃「……」スッ

    審判「う、うむ……アウト!」

    姫子「よっしゃー!」

    唯「瑠璃ちゃんナイス!!」

    京介「ナイス!」

    瑠璃「こんなの……なんて事ないわ」パッパッ

    258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 07:01:10.97
    京介「おい、怪我……」スッ

    瑠璃「してない!」バッ

    瑠璃「怪我してても、本人が怪我と認めない限りは怪我じゃないわ……大丈夫。どこか痛めたワケじゃないから」

    京介「そうか……なら、いいんだ」

    瑠璃「今度は冬コミもあるのよ、怪我なんかしてられないわ」

    京介「分かった。大丈夫なんだな」

    瑠璃「えぇ」

    瑠璃「……ありがとう」ボソッ

    259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 07:12:18.65


    梓「ちっくしょー!ふざけんなです!ヒット返しやがれです!!」ジタバタ

    律「まぁ、運が悪かったとしか言えんな」

    エリ「ほんと、もう少しだったね」

    さわ子「てか唯ちゃん。いつの間にあんな投手に……」

    アカネ「噂だと、私達が練習してた頃、姫子とよく河川敷で練習してたみたいです」

    さわ子「なるほど……りっちゃんが唯ちゃんの体調を考慮した結果、私達に立ちはだかる障壁を作っちゃったみたいね」

    律「仕方ないだろ。部員の体調を心配するのも、部長の仕事だからな。文化祭前だから無理はさせたくなかった」

    260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 07:25:24.79
    信代「ウチら、劇の練習やんなくていいの?」

    澪「心配しなくても、律とは毎日ロミジュリごっこをしてる!」

    紬「まあまあ」ボタボタ

    律「は、恥ずかしい……///」

    「二番 セカンド 真鍋さん」

    純(登場曲ないんかい!)

    風子「真鍋さん、頑張って!」

    さわ子「同じ眼鏡族として、期待してるわよ!」

    純(なんぞ、眼鏡族って)

    梓「純のバカ」ボソッ

    純(……こいつは)プルプル

    261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 07:44:37.42


    姫子(真鍋さんか。右打者だけど、流し打ちが上手そうな……なるべく、インコース)

    和(立花姫子、教えてあげるわ。唯の隣が相応しいのは、誰かって事がね)

    唯(うん……そこだね!)ビューン

    和(何年、唯の幼馴染みやってると思うの。そんなポッと出のキャラがいられる程、唯の隣りは安いもんじゃないわよ)ブン、カスッ

    審判「ファール」

    和(チェンジアップ、だと……しかも、130Km/h!)

    姫子(狙われてた……じゃあ、次はこれだね)クイッ

    262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 08:02:36.56
    唯(了解!)ビュン

    和(また同じコースね。残念だけど、同じ手でやられるほど、生徒会長は甘くない!)ブン、スカッ

    審判「ストライク!」

    和(何故!?チェンジアップ……120km/hだと!球速を落とした……偶然?意図的に?)

    和「立花さん!」

    姫子「何、真鍋さん?」

    和「唯に何かした!?」

    姫子「別に、一緒に練習しただけ」

    和「そう……そうなのね」

    姫子(あれ、焦ってる?)

    263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 08:23:54.62
    姫子(一球、遊んでみるか)クイッ

    唯(そう来るんだね)ビュン

    姫子(誘われるかな?)バシッ

    審判「ボール」

    姫子(無理か)

    和(フォークで誘われる程、私は甘くないわ。さて、どうするか……あら、やけに左中間が広いわね。流し打ちのシフト……)

    和「……ふっ」ニヤリ

    姫子(次で仕留める!)クイッ

    唯(ほいっ!)ビュン

    和(来た!スライダーね)

    和(立花さん……あなたは、重大なミスを犯したわ。私は流し打ちより、センター狙いが好きなのよ。これは、作戦ミスね!)カキン

    264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 08:31:06.14
    姫子「やばっ!センター!!」

    唯「きりにゃん!!」

    桐乃「左中間だと!」ダッ

    沙織「きりりん氏!」

    和(落ちる!これはスリーベース確実ね)ダッ

    桐乃(走ったって間に合わない!どうする……ダイビングキャッチにかけるか!)

    桐乃(でも、ダイビングキャッチが成功すればいいけど、失敗したら……)

    桐乃(ただでさえ、みんなに迷惑かけてるのに……どうすりゃいいの!誰か教えてよ!」

    266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 09:21:28.83
    姫子『うじうじ悩むんならグラウンドに立つな!恥かきたくなかったら、すぐに家に帰れ!』

    桐乃(うるさい!)

    瑠璃『落ち込んでメソメソしている娘が何か用なの?』

    桐乃(うるさい黙れ!)

    桐乃『主将ですから』

    桐乃(黙れ黙れ!!)

    桐乃『主将、で・す・か・ら』ニヤリ

    桐乃(お願いだから、黙ってよ!)

    267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 09:41:15.65
    譯蝉ケ・€弱≠繧薙◆縺ィ蝟ァ蝌ゥ縺励◆繧峨€√↑繧薙°繧ケ繝・く繝ェ縺励◆縲・

    譯蝉ケ・シ医%繧薙↑縺ョ蝌假シ√◆縺縺ョ蠑キ縺後j縺繧茨シ・

    譯蝉ケ・シ医b縺・€ヲ窶ヲ繝、繝€繧茨シ・

    豐咏ケ斐€後″繧翫j繧捺ー擾シ√€・

    譯蝉ケ・シ医b縺・€√>縺・d窶ヲ窶ヲ繝・・繝吶・繧ケ縺ァ蠕。縺ョ蟄励□繧医・縲ょ・辟カ豢サ霄阪@縺ヲ縺ェ縺・¢縺ゥ縲√>縺・h縺ュ縲ら夢繧後■繧・▲縺溘h縲∫ァ・シ・

    蜚ッ縲弱″繧翫↓繧・s縲・

    譯蝉ケ・シ遺€ヲ窶ヲ・・

    蜚ッ縲弱″繧翫↓繧・s・√€・

    譯蝉ケ・シ亥ケウ豐「窶ヲ窶ヲ縺輔s・・

    蜚ッ縲主、ア謨励r諱舌l縺ェ縺・〒縲・

    譯蝉ケ・シ亥、ア謨励r窶ヲ窶ヲ・・

    268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 09:47:35.23
    >>267が文字化けした。これが本物


    桐乃『あんたと喧嘩したら、なんかスッキリした』

    桐乃(こんなの嘘。ただの強がりだよ!)

    桐乃(もう、ヤダよ……)

    沙織「きりりん氏!」

    桐乃(もう、捕らなくて良いよね。なんか私、疲れちゃったよ)

    唯『きりにゃん』

    桐乃(……)

    唯『きりにゃん!』

    桐乃(平沢……さん)

    唯『失敗を恐れないで』

    桐乃(失敗を……)

    269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 10:06:10.52
    唯『失敗は成功の母なのです。つまり、失敗して人は成長するのです』

    桐乃(失敗して……成長)

    京介「桐乃ぉー!」

    桐乃(じゃあ、なんで私はここにいる?なんで、センターの守備なの?)

    桐乃『センター出来るのは陸上部のエースたる私がいないと無理ですから!』

    桐(……)

    桐乃(そっか……そうだよ!)

    桐乃(走・攻・守。攻がダメなら、走と守で魅せればいいんだ!)

    270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 10:15:59.95
    桐乃「うおりゃー!!」バッ

    麻奈実「ダイビングキャッチするの!?」

    瑠璃「捕れるの!?」

    加奈子「頑張れ!!」

    あやせ「桐乃!」

    桐乃(そうだよ……失敗したっていいんだよ)

    唯『今は、きりにゃんと同じチームだよ』

    桐乃(私には……仲間がいる!)

    唯『きりにゃん!野球は楽しんだモノ勝ちだからね!!』

    桐乃(その楽しみを共有出来る仲間がいる!)

    桐乃『あったりまえじゃない。最後に勝つのは、メルル応援クラブよ!!』

    桐乃(だから……私は!)バシッ!

    271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 10:20:18.25
    唯「き、きりにゃん……」

    京介「桐乃!」

    瑠璃「捕ったの!?」

    沙織「きりりん氏!」

    桐乃「う、うぅ……」

    沙織「どっか、痛めたで……」アセアセ

    桐乃「……!」グッ

    沙織「?」

    桐乃「捕ったどぉー!!!!!」

    沙織「うぉっ!」

    審判「アウト!!」

    272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 10:24:56.57
    京介「よっしゃー!」

    麻奈実「やったー!」

    あやせ「ナイス桐乃!」

    加奈子「やるぅー!!」

    姫子「やるじゃん!!」

    唯「きりにゃん、大好き!!」

    瑠璃「……やるじゃない。まぁ、やると思ってたけどね」

    京介「素直じゃないな」

    瑠璃「うるさい!」

    瑠璃(ほんと、やる時はやるんだから)ニコッ

    273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 10:42:29.07


    和「やられたわ」

    エリ「惜しかったよ!」

    アカネ「向こうのセンター、上手すぎ」

    純「えっと……」チラッ

    梓「あぁ!」ギロッ

    純「ひぃっ!」

    「三番 ショート 平沢さん」

    さわ子「憂ちゃん、頑張って!」

    純「頑張れー」

    梓「ファイトー」

    澪「律、キャッチボールやろうよ」

    律「あぁ、いいぜ」

    274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 10:53:03.19


    憂(お姉ちゃん)

    姫子(唯の妹さんか……勝負し辛いんじゃないかな。敬遠するか?)シュッ

    唯「」フルフル

    姫子(えっ、勝負なの)クイッ

    唯「」ウンウン

    姫子(分かった……じゃあ、行くよ!)クイッ

    唯「」ビュン

    憂(ストレート!)カスッ

    135Km/h

    姫子(当てられた……次は、これだ)シュッ

    唯「」ビュン

    憂(フォーク……いや、パーム!)カスッ

    姫子(これもカットだと!)

    275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 11:05:21.85
    憂(お姉ちゃん……勝負だよ!)

    唯(いいよ、憂!)

    姫子(これは、マズいかも)



    律「おいおい、憂ちゃんは何球ファールにしてるんだ!?」

    いちご「……13球」

    純「すげぇー」

    紬「憂ちゃんも凄いけど、投げてる唯ちゃんも凄い!」

    澪「あぁ」

    信代「やばいなー」

    和「……」

    和(この勝負、どっちが勝つか分からないわね)

    277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 11:33:00.10


    姫子(ど、どうするよ……ほとんどの球種をカットして来る。打つ手がない)

    姫子(唯……もう逃げよう!琴吹さんの方が抑えやすい)シュッ

    唯「」フルフル

    姫子(お願い、言う事聞いて!)シュッ

    唯「」フルフル

    姫子(そんなに勝負がしたいの!?)クイッ

    唯「」コクコク

    姫子「タイム!」ダッ

    京介「サインが合わなかったか?」

    瑠璃「……ちょっと行ってくるわ」ダッ

    278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 11:55:35.11
    姫子「唯、妹さんを敬遠しようよ!」

    唯「ううん。私は勝負するよ」

    姫子「我が儘言わないで!」

    瑠璃「どうしたの?」

    姫子「唯が、妹さんと勝負したいって……でも、このままだと、いつか狙われる。だから敬遠を要求したんだけど……」

    瑠璃「平沢さんは勝負したいと……いいんじゃないかしら?」

    姫子「なっ!?」

    279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 12:13:30.69
    瑠璃「別に打たれても、恨んだりしないわ。平沢さんがそう選択したのであれば」

    唯「瑠璃ちゃん」

    瑠璃「でも、打たれた後で後悔するようなら、私はあなたを恨みます!」ビシッ

    唯「キツいな」

    瑠璃「まぁ、私達バックも付いてますから、思いっ切りやってくれて構いませんよ」

    唯「うん。そのつもり!」

    瑠璃「なら、私は守備位置に戻ります。後は、バッテリーで話し合ってください。では」ダッ

    280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 12:30:05.69
    唯「ふぅー、瑠璃ちゃんはキツいなー」

    姫子「唯、教えて。そこまで勝負に拘る理由は何?」

    唯「うーん。なんて言うか、楽しいんだよね」

    姫子「楽しい?」

    唯「うん、楽しい。上手くは説明出来ないけどね」

    姫子「ふーん」

    唯「それも、姫ちゃんが誘ってくれたおかげだよ」

    姫子「こうして野球出来るのは、高坂さん達のおかげだけどね」

    唯「それもあるけど、切っ掛けは姫ちゃんだよ。あの時、河川敷を歩いてなかったら、姫ちゃんには出会わなかったからね」

    281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 12:40:04.47
    唯「姫ちゃんや、きりにゃん達には感謝してるよ」ペコッ

    唯「厚かましいけど、私の我が儘を聞いて下さい!憂と勝負させて下さい!!」

    姫子「……」

    姫子「……いいよ。唯の我が儘、聞いてあげる」

    唯「姫ちゃん」

    姫子「絶対に抑えよう!打たれても、バックがいる!だから唯は、私のミット目掛けて渾身の一球を投げな!」

    唯「うん。分かったよ、姫ちゃん!!」

    姫子「よし、その意気だ!」

    283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 12:50:25.48


    澪「律、私もマウンドで、ああいうのがやりたい!」

    律「何言ってるのかな、澪ちゃん?」

    紬(唯姫……いや、姫唯か)

    純「ふわぁー」

    梓「欠伸すんな」バシッ

    純「痛っ!」



    瑠璃「少し下がって……」

    京介「どうしたんだよ」

    瑠璃「大きい当たりが来そう!!」

    瑠璃(私の邪気眼が疼くわ。こんなの、初めての事よ)

    桐乃(頑張れ、平沢さん!)

    284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 12:59:43.19


    唯「……憂、行くよ!」

    憂「いいよ、お姉ちゃん!!」グッ

    唯(姫ちゃん、みんな。ありがとう)スッ

    姫子(唯、あんたとバッテリー組めて最高だよ!)

    唯(だから)

    姫子(だから)

    唯・姫子(勝ちに行くんだ!!)

    唯「うおりゃー!!」バビューン、ドガァーン

    憂(風を起こしただと!)

    姫子(これが、唯の必殺技……ジャイロボール!)

    唯「いっけぇー!!」ビューン


    285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 13:11:59.34
    憂(ふふっ、凄いよお姉ちゃん。圧倒されそうだよ)

    憂(でも、私にも負けられない理由があるんだよ)

    憂『お姉ちゃんの為にホームラン打つよ!』

    憂(まだ、ホームラン打ってないんだよ)

    憂「だから!」グッ

    憂「私は、お姉ちゃんの為にホームランを打つんだぁー!!」カキン!

    姫子「!」

    唯「!」

    瑠璃「センター!無理か!!」

    桐乃「くっ、入るな、入るな、入るなー!!頼むから、入らないで!!!!」

    286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 13:19:36.21
    ドンッ!

    あやせ「ス、スコアボード直撃……」

    加奈子「凄いパワー!」

    京介「それよりも……」


    律「よっしゃー!!」

    梓「憂、凄いよ!」

    純「愛してる!!」

    和「さすが、憂ね」

    憂「……」グッ


    唯「……」

    姫子「ホームラン……打たれちゃったね」

    唯「そうだね」

    姫子「あれ、悔しくないの?」

    唯「悔しくないって言えば嘘だけど、納得してるから問題ないよ」

    287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 13:27:41.40
    瑠璃「それもいいけど、平沢さん凄すぎ」

    加奈子「マジ有り得ない!」

    あやせ「びっくりしました!」

    唯「へっ、何が?」

    姫子「ほら、スコアボード見てみ」スッ

    唯「えっ……わっ!」


    球速表示:161Km/h


    麻奈実「凄いねぇ」

    沙織「ちびりそうでござる」

    桐乃「うん。凄い!!」

    288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 13:36:17.56
    唯「はぁー……」

    瑠璃「平沢さん。まだ、眉毛太い人の打席が残ってますよ」

    唯「ムギちゃんの打席だ」

    姫子「よし、ちゃっちゃと抑えて最終回の攻撃に行くよ!」

    唯「おー!!」



    唯(九回裏も2アウト・ランナーなしか……)

    桐乃「加奈子、出塁しろ!」

    加奈子「あいよ!」

    唯(澪ちゃん、スライダーかカーブしかないね)

    審判「ボール、フォワ」

    澪「くっそー!」バンバン

    289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 14:01:11.97
    唯(よし、私の打席だね)

    姫子「唯、繋いでくれたら絶対に返すよ」グッ

    唯「期待してます!」グッ


    律「おぉ、唯」

    唯「りっちゃん!」

    律「すげぇ奴だよ、お前は」

    唯「そうかな?」

    律「澪よりすげぇわ」

    澪「こら律、浮気すんな!」

    律「うるさいだろ」

    唯「仲良き事は、いい事です!」

    290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 14:11:28.14
    律「よし、来い!」

    唯「うん!」

    澪(律の奴……まぁ、私の魔球で沈めてやる!)

    澪(澪ちゃんストレート☆!)ビュン

    律(バカ、ど真ん中)

    唯「貰った!」カキン

    律(ちっ、センター前ヒットかよ)

    梓「もう、しっかりして下さい!」プンプン

    紬「澪ちゃん、ファイトー!」フンス

    澪「手元が狂っただけだよ」ブラブラ

    律「次は姫子だぞー」

    291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 14:18:00.54
    澪「分かってるよ」


    姫子「さて、私の番だ……なんなら、ここは軽く繋いで、きりにゃんに決めて貰おっかな」ニヤニヤ

    桐乃「きりにゃん言うな!つか、立花さんで決めて下さい」

    姫子「はいはい。ホームラン期待してなさい」

    桐乃「ふん」


    律「次の姫子だけど、敬遠するぞ」

    澪「ふざけんな!私の辞書に敬遠の二文字はない」

    293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 14:30:50.31
    律「なら追加だ!」

    澪「やだ!律がチューしてくれたら、考えてやらんことはないぞ」

    律(なんか、外人投手に苦労する、日本人捕手の気持ちが分かるような気がする)

    澪「どうする、どうする律!」

    律「分かったよ」

    チュッ

    澪「よし、いいだろう!」

    律(今日限りで捕手を引退したい)

    紬(見せつけるなんて、やりますわー)ボタボタ

    唯「ムギちゃん、鼻血!!」

    294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 14:38:43.35
    姫子「お熱いね」

    律「ほっとけ!」

    姫子「まっ、勝負に集中……って、立ち上がるの?」

    律「あぁ、姫子は敬遠で次の奴で勝負だ」

    姫子「ふーん」

    律「私も唯と組みたいぜ」

    姫子「唯は私のパートナーだからね」

    憂「」ブチッ

    和「」ブチッ

    加奈子(こ、こぇー)ガクブル

    296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 14:51:39.66
    審判「ボール、フォワ」

    姫子「ふん」ダッ

    唯「進塁、進塁♪」

    憂「あっ、お姉ちゃん」

    唯「憂、さっきの凄かったよ」

    憂「お姉ちゃんも凄かったよ」

    梓(唯先輩、こっち向いて!)

    姫子「琴吹さん、血まみれだけど大丈夫?」

    紬「気にしない、気にしない!」

    297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 14:59:38.45
    姫子(次は、きりにゃんか……頑張れ)


    桐乃(最悪、最悪の展開だよ……神様、あんたを恨むよ)グッ

    律(こいつは打たないだろう……澪、行くぞ)

    澪(任せろ!みおみおカーブ)ビュン

    桐乃(絶対に決めて……)スッ

    桐乃(やっぱ無理!)

    律「ハーフスイング!!」ビシッ

    審判「!」グッ

    律「よっしゃー、ストラーイク!」

    298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 15:03:44.85
    桐乃「えっ、マジ!?」


    京介「やばいな、桐乃の奴、ガチガチだぞ」

    佳乃「京介、あんた声かけてやりなさい」

    京介「何を!?」

    佳乃「あんた、いつも部屋でオ◯ニーしてるでしょ」

    京介「してねぇわボケ!」

    麻奈実「京ちゃん不潔!女の敵!!」

    京介「うるさい!男はみんなそんなもんだ!!」

    299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 15:13:17.73
    瑠璃「うるさい!」

    京介(もうヤダ……)シクシク

    瑠璃(桐乃、あなたなら打てるはずよ)


    澪(澪ちゃんフォーク!!)ビュン

    桐乃「ひゃっ!」ブンッ

    審判「ストライク、ツー」

    律「よし!」

    澪「私と律のバッテリーに、敵などない!」ドヤッ

    紬(いやっほぉー!)ブシャー

    姫子「ぎゃー!!」

    300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 15:29:13.49
    憂「和さん、気を抜かず」

    和「分かってるわよ」

    エリ「あっと一球!」

    梓「やってやるです!」

    アカネ「頑張れ澪!」

    さわ子「気を抜かないでねー!」

    澪「私はエースだ!」

    いちご「……エースは私」

    唯(きりにゃん……)


    桐乃(やばい……やばいよ)

    桐乃(なんとか食らい付いて……)

    律(……一発、ビビらせてやるか)シュッ

    301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 15:36:39.59
    澪(律、お前は悪い奴だ。悪い娘は、お仕置だな)ビュン

    桐乃(来た……よし、カット……えっ?)

    唯「危ない!」

    桐乃「うわっ!」ドテッ

    京介「桐乃!」


    大介「どこ投げとるんだ、糞ピッチャー!娘にぶつけたら、承知しないぞ」


    律(澪、外野の声は無視だ)シュッ

    澪(了解)コクッ

    桐乃「イテテ……危ないじゃない!」

    律「あん?ただのインコース攻めだよ」

    302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 15:46:16.60
    桐乃「くぅー!!」

    律(へへっ、冷静さを失ってるな。澪、仕上げだ)シュッ

    澪(あぁ、任せろ!)ビュン

    桐乃(来た……でも、さっきの残像が)ブンッ、カン

    審判「ファール」

    律(カットした……いや、偶然だ。澪、もう一回)シュッ

    澪(あぁ!)ビュン

    桐乃「ひっ!」ブンッ、カン

    審判「ファール」

    桐乃「ほっ!」ブンッ、カン

    審判「ファール!」

    303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 15:54:28.45
    律(くそっ、こいつ粘るな……)

    律「タイム!」

    律「澪、大丈夫か?」

    澪「大丈夫だ。粘られてるけど」

    律「なら、お前の精一杯!私に見せろよ」

    澪「それは夜のお楽しみだ」

    律「こらっ!」ポカッ

    澪「痛っ!」

    律「今は目の前の勝負に集中だ。その後で、何でもやってやる」

    澪「よし、私の精一杯!見せてやる」

    律(単純だろ)

    律「よし、私のミット目掛けて来い!」

    304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 16:05:34.79
    澪「あぁ!」

    桐乃「もういいの?」

    律「あぁ、これで仕留めてやる!」

    桐乃「……」


    桐乃(絶対に打たなきゃ……主将として、チームのみんなの為に!)


    和「澪が本気出すそうね」

    憂「てゆーか、澪さんの本気が分かりません」

    和「澪は律絡みになると、異常な力を発揮するから」

    憂「変な話ですねー」

    305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 16:26:28.00
    ※大学の講義、終わった


    アカネ(あんたらがそれを言うか?)

    憂「私もこれが終わったら、お姉ちゃんを……」


    唯「きりにゃん、頑張れ!!」


    澪(!)

    律(なんだ!?)

    桐乃「平沢さん!?」

    唯「きりにゃん、自分を信じて!そしたら、絶対に打てるよ!きりにゃんが打ったら、絶対にホームに帰るから!」

    桐乃「……」

    憂(きりにゃん、だと)

    和(これは……)

    梓「」プルプル

    307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 16:36:53.59
    桐乃(平沢さん……)

    加奈子「桐乃、思いっ切りいったれ!!」

    沙織「同点の時は、任せるでござる」

    京介「そうだ、俺もいるぞ!」

    瑠璃「あんたの出る幕はないわよ。ここで終わるか、桐乃が決めるか、次が決めるか」

    京介(期待されてないのな)シクシク

    姫子「きりにゃん。向こうのピッチャー、ビビってるよ!チビりそうだよ!泣きそうだよ!」

    澪「」プルプル





    309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 16:49:38.55
    桐乃「……ふっ」

    律「?」

    桐乃「きりにゃん言うな。でも、今なら心地良い響きかな」グッ

    律(表情が和らいだ。まさか、立ち直った?いや、はったりだ!それより、澪を……)

    澪「……」グスッ

    律(澪ぉー!!)

    澪(私がビビってる?泣きそう?チビる?ふざけんなよ!こうなりゃ、私の怒りをぶつけてやる!)グスッ

    桐乃(来るか……いつでも来い)グッ

    311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 16:59:07.96
    さわ子(澪ちゃん、キレちゃった?)バシッ

    純「痛っ!」


    澪「うわーん!!澪ちゃん・怒りの変化球!!」グスッ、ビュン

    桐乃(来た!)

    瑠璃「ネーミングセンスがゼロね。ああいう人って、意外と痛いポエムとか書いてそうだわ」

    京介「毒舌だな」

    澪「私が正義だ!」グスッ、ハナミズズルッ

    律「ってバカ!思いっ切り、ど真ん中のストレートじゃねぇか!!」

    313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 17:08:39.45
    桐乃「打てる!」グッ

    律(やばい、打つ気満々だ!)

    桐乃(変に悩む事なんてない)

    姫子「ぶちかませ!」

    麻奈実「頑張れ!」

    加奈子「準備いいよ!」

    沙織「行くでござる!」

    あやせ「行け行け」

    瑠璃「三振したら、ゴスロリよ!」

    京介「お前の全てを見せて見ろ!」

    大介「桐乃ぉー!!」

    314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 17:25:09.46
    桐乃(私には、仲間がいるんだ。とても大切な仲間が)

    唯「打てぇ!」

    桐乃(だから!)

    桐乃「迷いなんか、完全に吹っ飛んだぁー!!」

    カキン!!

    京介「よっしゃー!」

    麻奈実「抜ける!」

    佳乃「みんな、一斉スタート!」

    加奈子「ラジャー!」ダッ

    唯「うんたん!」ダッ

    姫子「私をよろしく!」ダッ

    桐乃「スピードスター!」ダッ

    316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 17:36:07.27
    律「澪、ボールを捕れ!」

    澪「……怖いよ」グスッ

    律「あんのバカ!!」

    憂「任して!」

    和「至上最強のニ遊間、和憂に任せ……」

    ゴチン!

    和・憂「いったーい!!」

    風子「追突しとるがな!」

    いちご「……あーあ」

    和「憂、セカンドのベースカバーに入りなさいよ!」

    憂「いやいや、和ちゃんでしょ!」

    和「生徒会長命令よ!」

    憂「知るかボケ!」

    317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 17:47:51.06
    和「何、その言い方!?」

    憂「眼鏡割るぞ!」

    和「あぁ!?相手したろかボケ」

    憂「おっしゃ、フルボッコにしてやんよ!」

    純「最強じゃないじゃん!ダメダメじゃん」

    和・憂「黙れモップ!ヒットくらい打てや」

    純「あぁ!?ギャグ要員なめんなよ!!」

    律(守備が崩壊だ!ついでにチームも崩壊だ!!)

    梓「あずにゃん、華麗に参上です!」

    律「梓、バックホームだ!!」

    318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 17:58:39.97
    加奈子「同点の、ホームイン!」バンッ

    梓「ふふふ」

    梓(きりにゃんだと、ふざけるなです!唯先輩に、にゃんと呼ばれるのは、あずにゃんだけです!)

    梓(その唯先輩をホームでタッチアウトにしてやるです!あずにゃんからの制裁です)

    梓「やってやるです!あずにゃんビーム!!」ビューン

    律(急げ、急げ!!)

    唯「……」ダッ

    律(よし、梓の返球の方が早い!アウト確実だ!!)

    唯「ほっ!」バッ

    319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 18:05:06.73
    律(唯、これで延長戦だ!)バシッ

    律「往生せい……」

    ズサーッ

    律「!?」

    唯「……」

    律(な、なんだと!?)


    唯「……りっちゃん。私の手の方が、先みたいだね!」ニカッ


    律「な、な、な」

    審判「セーフ!」

    姫子「よっしゃー!!」

    加奈子「ナイスラン!!」

    麻奈実「やった、サヨナラ勝ちだ!」

    320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 18:30:34.23
    律「ま、負けた……」

    澪「律、ごめんよ」グスッ

    律「あぁ、澪もよくやったよ」

    澪「律、嫌いにならないで」グスッ

    律「嫌いになんかならねぇよ」ナデナデ

    澪「律……りっちゃ~ん」ビェーン

    律「泣くなって、なっ」

    紬(なんか、天国にいるみたい……天使様が見えるわ)

    さわ子「ムギちゃんの出血が酷いわ」

    信代「鼻血の出し過ぎだもんな」ヤレヤレ

    322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 18:38:09.49
    エリ「姫ちゃん以外の」

    アカネ「私達、2組の生徒を」

    風子「よろしくお願いします!」

    いちご「私がエースです!」


    桐乃「えっと、勝ったんだよね」

    唯「きりにゃ~ん!」ダキッ

    桐乃「な、何?」

    唯「ナイスヒットだよ!」

    桐乃「あ、ありがとう。平沢さんも、ナイスランです」

    唯「きりにゃんが打ったら、ホームに帰るって約束したじゃん」

    桐乃「あぁ、そうでしたね」

    324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 19:04:26.68
    唯「ありがとね、きりにゃん!」

    桐乃「き、きりにゃん言うな!」


    沙織「これで、良かったでござるな」

    瑠璃「そうね。美味しい所を持ってかれたのは、不本意だけど」

    沙織「素直じゃないでござるな、黒猫氏」

    姫子「本当は一番心配してた癖に。親友だもんね」

    瑠璃「う、うっさい///」

    姫子「素直になりなよ」ニヤニヤ

    325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 19:08:24.56
    瑠璃「ふん!」

    姫子「ふてくされんな。ほら、ヒーローを胴上げに行くよ」

    沙織「この場合、ヒロインでござるな」

    瑠璃「不本意だけど……仕方ないわね」


    あやせ「桐乃!」

    加奈子「やったね」

    桐乃「うん。ありがとう」

    京介「よし、桐乃を胴上げだ!」

    桐乃「バカ兄貴は参加すんな!」

    京介「……」ガクッ

    麻奈実「京ちゃん、落ち込まないで!!」

    佳乃「よし、行くよ!」

    326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 19:13:28.20
    桐乃「おっ、おぉ!?」

    一同「わーっしょい、わーっしょい」

    桐乃「ちょ、上げすぎ!」

    瑠璃「好意は受け取っときなさい」

    姫子「そうそう」

    唯「いぇーい!」

    桐乃「……ふっ」

    桐乃(こういうの、悪くないかも)



    大介(桐乃、大人の階段はこうして昇るのだぞ)

    大介「感無量なり」シクシク

    斎藤「……出来る」

    327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 19:23:25.80


    数日後

    姫子「今日は部活いいの?」

    唯「みんな劇の練習で忙しいからね」

    姫子「で、私達は何処行くの?」

    唯「病院。ムギちゃんが大量出血、憂と和ちゃんと純ちゃんが骨折して入院してるから、お見舞いだよ」

    姫子「あぁ……」

    唯「喧嘩しちゃダメだよね」

    姫子「まあね」

    328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 19:32:40.25
    唯「あっ、そうだ。きりにゃんからメール来た?」

    姫子「うん。今度の週末、秋葉原に行こうだって」

    唯「楽しみだね」

    姫子「そうだね」


    平沢唯です。あれ以来、きりにゃん達と友達になりました。まだ、メールする位ですが

    それに今度、初めてきりにゃん達と遊びます。

    秋葉原という所で、姫ちゃんも一緒です。

    楽しみだなー。

    それでは、ごきげんよー


    ‐終わり‐

    333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 20:42:48.72
    【おまけ・1】

    病室・昼

    和「骨折してから、病室の空気しか吸ってねぇー。このままじゃラリっちまいそうだ」チュパチュパ

    憂「ペロペロキャンディー舐めながら言っても、説得力ねぇぜ」

    純「ションベンもろくに出来ねぇ。ここは刑務所か?」

    憂「刑務所ならションベンは出来るさ。出来ないのは、お姉ちゃんでハァハァする事さ」

    和「もう数日も溜まってるぜ」レロレロ

    純「狂っちまいそうだぜ」

    334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 20:48:15.74
    憂「派手にやっちまったからな。年内は入院生活だぜ」

    和「おいおい、クリスマスは唯と過ごすのに……なんてこったい!」レロ、ボキッ

    純「おい、下手したら進級や卒業もやばくね?」

    和「唯の為なら、卒業なんぞ糞みたいなもんだ」ボリボリ

    憂「お姉ちゃんの凄さも分かんねぇなんて、モップもまだまだだな」ハハッ

    純「おー、分かりたくもねぇぜ」ヤレヤレ

    336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 20:53:34.03
    コンコン

    和「おっと、唯が来たみたいだ」

    憂「テメェも分かるようになったか、眼鏡」

    和「伊達にシスコンのテメェに眼鏡割られてるだけはあるぜ」

    和「唯はまさにシャブ同然だぜ」

    憂「あれがねぇと狂っちまうぜ」ヘヘヘ

    純「はーい。どうぞ」

    ガラガラ

    紬「みんなー、元気してる?」シャランラ

    338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 21:02:27.71
    和「おー、神は我を見放したか!」

    憂「クリスマスやバースデーに沢庵なんぞ、どこぞのアダムスファミリーだよ!」

    純「なんか用か?」

    紬「えっとね……お見舞いに来た人がいるんだけど……」

    律「やっほー」

    澪「元気か?」

    和「おいおい、いつからここはレズの溜まり場になったんだ?」

    憂「沢庵の趣味に付き合う気はねぇぜ、犯られたくなかったら帰りな」

    純「処女は大切にしな」

    339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 21:11:33.67
    澪「ムギ、どうなってるんだ?」

    紬「あのね。この前の野球大会の時に、この三人が派手に喧嘩したじゃない」

    律「あったな」

    紬「その時に、殴り合ったせいで脳に……」

    律・澪「……」


    純「おいおい、哀れな目で見るんじゃねぇよ」

    憂「これでも毎日、正常運転だぜ」

    和「デコと縞パンよりはマシだぜ」ケラケラ

    340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 21:20:41.68
    律・澪「……」

    唯「あっ、おーい!」

    紬「ゆ、唯ちゃん」

    唯「お見舞いに来たよ!ムギちゃんはいいの?」

    紬「うん。明日には退院できるから」

    澪「良かったな」

    唯「おめでとう!」

    律「なぁ、唯。あの三人が変なのは……」

    唯「憂達は変じゃないよ。ちょっとヤンチャしただけだよ」

    和「そうね。唯の言う通りね」

    憂「若気の至りだね」

    純「世の中、いろんな事がありますよね」

    341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 22:23:52.07
    澪「……律、帰りたい」

    律「おう……頭が痛くなりそうだぜ」

    和「そう。じゃあ退院したら、また学校でね」

    憂「さようなら」

    純「文化祭、頑張って下さい」

    律・澪「あぁ」ゲッソリ

    紬「わ、私も病室に戻らないと!」スタスタ

    唯「今日はみんな、慌ただしいね」

    憂「そうだね。お姉ちゃん」

    和「余裕がなさすぎるのよ」

    342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 22:33:37.17
    唯「あっ、今日は姫ちゃんと来たんだよ!」

    和(なん、だと……)

    憂(マジか!?)

    純(あのビッチか)

    唯「それでね、姫ちゃんと私の手作りクッキーを持って来たんだ!」

    和「そ、そう……ありがとう」

    憂「あ、後で食べるよ」

    唯「うん。分かった……姫ちゃん待たせてるから、帰るよ」

    バタン

    和「……」

    憂「……」

    純「へへっ、中身はいただきだ!」

    343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 22:45:51.52
    和「ファーック!!」

    憂「ちっくしょー!!」

    純「な、なんだ!?」

    憂「おい眼鏡!テメェ、生徒会長だろ!姫子くらい抹殺しろや」

    和「うっせぇ、これまでモブだから放っておいたら……」

    憂「もうテメェは、お姉ちゃんとカプ組むな!テメェには眼鏡の年増ババアがいるだろが」

    和「あんなババア、こっちから願い下げた。クーリングオフが適用されるんなら、速攻で返品だ!」

    純「クッキーうめぇ」ボリボリ


    さわ子「悪口言われている気がするわ」


    344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 22:51:25.01


    病室・夜

    婦長「お風呂の時間だから、すぐにナースを寄越します。なので……」

    婦長「40秒で支度しな」

    バタン

    和「おい、今日もどれくらい早くイカせるか勝負だな」

    憂「へっ、負けねー」

    純「つか、なんでイカせるのが趣味なんだ?」

    和「あん?ヤられる前にヤレ、の精神だろうが」

    憂「これだから、モップは使えねぇ」ヤレヤレ

    純「おう、表出ろや!」

    345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 23:09:49.87
    ガラッ

    婦長「やかましい!さっさと支度しろ、馬鹿共が!!」

    三人「は、はい!!」



    病室・入浴後

    和「今日のはダメだった。イカせるのに十分かかった」

    憂「こっちは八分だ……あら、処女だな」

    純「へっ、こっちは五分だぜ」

    和「ちっ、白ける!」

    純「どう意味だコラ!!」

    憂「やかましいわモップ!そんな頭なら、姫子抹殺計画立てろや」

    346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 23:20:24.25
    純「知るか、姫子なんざどうでもいいわ。だから、頭がイカレポンチなんだよ」

    和「チ〇ポなら欲しいわ。後ろから唯を……」

    憂「年増ババアのケツでも突いてろ!」

    和「いらねぇよ!」

    純「つか、姫子はビッチなのか?」

    和「見た目そうでしょ。あれは男の前で又開く、ヤリマ〇だぜ」

    憂「お姉ちゃん以外には絶対、開かねぇ」

    347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 23:27:30.12
    純「おい眼鏡、又じゃなく股だ。ついに狂ったか?」

    和「なんてこったい、イージーミスだ」

    憂「なら、年増ババアとカプ組め」

    和「それは断る!」

    純「はぁー、早く怪我治してぇー」

    和「モップは最後に退院させる!」

    憂「ウチらより先なら、骨折るからよ」ケラケラ

    純「上等だ、表出ろや!」

    348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/04(木) 23:36:33.37
    ガラッ

    婦長「やかましい!さっさと寝ろや!海兵隊に送るぞ!!」

    三人「す、すいませんでした!」


    琴吹紬です。やっと退院出来ます。
    律澪や姫唯でハァハァ出来るので幸せです。

    えっ、あの三人ですか?

    特にオチもなし、単にキャラ崩壊させただけでーす。

    次の【おまけ・2】が、本来の【おまけ・1】なのー

    じゃあ私、百合の観察に出掛けます。

    ‐終わり‐

    349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 00:02:04.58
    【おまけ・2】

    秋葉原・喫茶店

    沙織「というワケで、今回は野球大会で知り合った唯氏と姫子氏をゲストに招いたのだが……」

    唯・姫子「……」チーン

    京介「完全に参ってるぞ」

    瑠璃「あれで参るなんて、秋葉原じゃ生きて行けないわ」

    京介「いや、別に秋葉原で生きる意味はないと思うぞ」

    桐乃「最初はこんなもんでしょ」

    350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 00:44:29.37
    沙織「えっと、お二方の感想を……」

    唯「人が凄かった」

    姫子「きりにゃんの解説で頭がこんがらがった」

    瑠璃「ちゃんと解説しなさいよ!」

    桐乃「やったわよ!」

    瑠璃「どうだか」

    京介「おい、喧嘩すんな!」



    すいません、寝ます。
    もう目が……途中で起きたら、書きます

    355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 06:23:45.72
    桐乃「だったら、あんたが説明しなさいよ!」

    京介「って、俺がかい?」

    桐乃「あんた、もう何回も来てるわよね。いい加減、慣れたでしょ?」

    京介「回数は重ねてるが、説明は出来ん!」キッパリ


    唯(全然、分かんない。百合なら、ムギちゃんが解説してくれるけど)

    姫子(つか、色々見て思ったけど、私の知らない世界だわ)

    357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 06:48:32.04
    瑠璃「これだから、あなたみたいな……」

    桐乃「うっさいわね!邪気眼厨二病!!」

    沙織「あ、あははは……」

    唯「あの二人、いつもこうなの?」ボソッ

    京介「まぁ、顔を合わす度には……」ボソッ

    姫子「ふーん。やっぱり、仲良しなんだね」ボソッ

    沙織「そう言えるので、ござるかなぁ?」ボソッ

    姫子「喧嘩する程、仲が良いって言うじゃん」ボソッ

    桐乃・瑠璃「全然、違う!!」バンッ

    358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 06:55:44.77
    姫子「ありゃ、聞こえてたか」アハハ

    桐乃・瑠璃「私がこんな奴と仲良しなわけがない!」

    桐乃「被んな!」

    瑠璃「そっちこそ!」

    姫子「言ってる事が被るとか、仲良しな証拠だね」

    唯「りっちゃんと澪ちゃんみたいなもんだね」

    沙織「あぁ、あのキスを見せつけた……」

    京介「目のやり場には困ったな」

    桐乃「私は絶対に、認めない!」

    瑠璃「私だって!」

    359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 07:10:08.99
    姫子「仲良くしなよ」ニヤニヤ

    桐乃「もう……」

    沙織「そういえば、唯氏と姫子氏は学校では何をやってるでござるか?」

    姫子「私?一応、ソフトボール。でも、もう引退だけどね」

    唯「私は軽音部でギターやってます!」

    桐乃「ギター……ねぇ」

    唯「と言っても、たまにコード忘れて、あずにゃんに怒られるけどね」テヘヘ

    360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 07:13:46.11
    瑠璃「あずにゃん……変な名前ね」

    桐乃「きりにゃんって、呼ばれる原因がその『あずにゃん』だからなー」

    唯「ネコミミが似合うんだよ」

    瑠璃「……ぷっ」

    桐乃「今、私見て笑ったでしょ!?」

    瑠璃「そんなことないわ……ぷぷっ」

    桐乃「笑ってるだろが!!」

    瑠璃「きりにゃん、きりにゃん、きりにゃんにゃん」

    361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 07:21:07.45
    桐乃「すっごい屈辱なんですけど……」

    京介(ネコミミの桐乃か……)

    桐乃『陸上部にようこそにゃん!』

    京介「ありえねぇー!!」

    桐乃「うっさい、いきなり大声出すな!二回死ね!!」


    佐天「」ピクッ

    初春「どうしたんですか、佐天さん?」

    佐天「なんか、呼ばれた気がした」

    ‐終わり‐

    363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 07:38:13.40
    【おまけ・3】

    桐乃「……」スタスタ

    桐乃(ん?家の前にいるのは……)

    桐乃「何やってんの?」

    麻奈実「えっと……」

    桐乃「バカ兄貴に用でしょ?なら、入ってなさいよ」

    麻奈実「う、うん。それでね……」

    桐乃「用事あるから……じゃ」スタスタ

    麻奈実「……」シュン

    364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 07:42:40.43


    梓「……」スタスタ

    梓(ん?家の前にいるのは……)

    梓「何やってんの?」

    律「えっと……」

    梓「バカ兄貴に用でしょ?なら、入ってなさいよ」

    律「う、うん。それでね……」

    梓「用事あるから……じゃ」スタスタ

    律「……」シュン

    律「……って、待てや梓!」ガシッ

    梓「にゃっ!?」

    律「お前は何でタメ口なんだよ!つか、兄貴いないだろが!?」

    366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 07:44:58.52
    梓「ひぃー、バレたですぅー!!」

    律「ちょっとシゴキなおす!!」ズリズリ

    梓「にゃー!!」ジタバタ


    佐藤「こういうのって、ありだよねー」

    竹達「ですよねー」

    ‐続くよ‐

    367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 08:15:25.76
    >>365

    まとめという名の短編がいくつか

    ほとんどネタですが

    まとめだけで一話作れる雰囲気

    369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 08:24:19.98
    【まとめ・4】

    教室

    姫子「唯、これ見てみ」

    唯「ん?あっ、きりにゃんだ」

    姫子「あの娘、雑誌の専属モデルなんだね。おっ、あやせちゃんもいるね」

    唯「凄いねー」

    律「何やってんだ?」

    唯「うん?きりにゃんが雑誌に出てるんだよ」

    律「きりにゃん……あぁ、サヨナラヒット打った奴ね」

    澪「立花さん。私はチビってない!」

    姫子「知ってるよ」

    紬「うふふふ」

    370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 08:31:55.11
    なんてこったい、>>369は【おまけ・4】の間違いだ。


    帰り道

    唯「姫ちゃんは、雑誌のモデルとかやんないの?」

    姫子「やんないけど、なんで?」

    唯「いや、姫ちゃんなら雑誌の表紙ぐらい飾れそうだよ」

    姫子「ありがと。でも、興味ないなー」

    唯「メイクとかやるの?」

    姫子「あんまり、やんないかな」

    唯「煙草やお酒は?」

    姫子「唯はどういう目で私を見てるのさ」

    372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 08:46:23.06
    唯「あれ、あそこにいるのは……」

    姫子「こら話を……って、あれは高坂君だね」

    唯「おーい!」


    京介「ん?平沢さんに立花さん」

    唯「何やってんの?」

    京介「すぐそこの公園で、桐乃が撮影をやってるんで……」

    唯「よし、見に行こう!」

    京介「いや、それは……」

    姫子「お兄ちゃんが何言ってるの。ほら、行くよ」



    公園

    唯「ほぉー、きりにゃん綺麗だ」

    姫子「それはいいけど、なんで茂みに隠れてるの?」

    373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 08:53:34.69
    京介「見つかると、うるさいから。信用ないんで」

    唯「ダメダメだね」

    京介(泣きたい)シクシク

    姫子「おっ、撮影が終わったみたいだね。もう、いいんじゃないかな?」

    唯「おーい、きりにゃーん!」ダッ

    京介「はやっ!!」

    姫子「あの娘は無邪気だからねー」ニヤニヤ


    桐乃「ん?平沢さ……」

    唯「きりにゃーん!!」ダキッ

    桐乃「や、やめて下さい!」

    姫子「こらこら、人前でやっちゃダメでしょうが」

    374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 09:03:15.45
    桐乃「あっ、立花さん」

    姫子「やっほー、きりにゃん」

    桐乃「あなたもそう言いますか……てか、なんでここに?」

    姫子「早い話、高坂君を見掛けたから。ほら」

    桐乃「ん?あっ、あのバカ兄貴!!」

    唯「まあまあ、妹を想うのも兄姉の仕事なのです」

    桐乃「バカ兄貴の世話にはなりませんよ」

    姫子「そう言うなって」

    桐乃「ふん。そういえば、平沢さんは……」

    唯「唯でいいよ」

    桐乃「へっ?」

    375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 09:13:48.16
    唯「平沢さんって呼ばれるより、唯の方がいい。だって、一緒に野球やった仲じゃん」

    桐乃「はぁ」

    姫子「なら、私も姫子でいいよ。ほら、呼んでみ」

    桐乃「えっと、唯さん……姫子さん」

    唯「なに、きりにゃん?」

    姫子「よく言えました」

    桐乃「///」

    京介「よー、桐乃」

    桐乃「何、ストーカー兄貴」

    京介「名前、変わっとるがな」

    桐乃「こそこそストーカーすんな!」

    京介「したくてストーカーしてるんじゃねー!俺を見つけたら、すぐにキレるだろうが!!」

    376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 09:20:29.53
    桐乃「事情を言えば、良いでしょうが!!」

    姫子「まあまあ、喧嘩しなさんな。きりにゃんの本音は、高坂君に撮影風景を見に来て欲しいんだよ」

    京介「そうなのか!?」

    唯「そうなんだー」

    桐乃「違います!!」

    桐乃「あーもう、こんなの私じゃなーい!!」


    梓「こんなんじゃダメですー」ジタバタ

    紬「梓ちゃんが暴走したわ!」

    律「ロミオ!お前はなんで、ロミオやねん!!」

    377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 09:30:16.00
    澪「それは、お前が私のモノだからさ、りっちゃん!!」

    風子「いい加減に、しなさい!!」


    桐乃「あっ、そうだ。お二人にこれを」

    唯「何?DVD」

    姫子「『星くず☆うぃっちメルル』。あぁ、野球の時のチーム名のあれか」

    桐乃「これを見て勉強して下さい!」

    姫子「あんまこういうのは見ないけど、面白そうだね」

    唯「うん。いいよ」

    桐乃「返却はいつでもいいですよ」

    378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 09:36:53.27
    姫子「了解」

    桐乃「では、私はこれで」ペコッ、ダッ

    唯(うん!)グッ

    唯「きりにゃん!お兄さんと、仲良くね!!」

    桐乃「……」ピトッ

    唯「じゃあねー!」

    姫子「またねー」

    桐乃「……」ダッ

    桐乃(仲良くか……)

    桐乃「……ふっ」

    桐乃「考えといてやるか!!」


    聡「あぁ、姉ちゃん、姉ちゃん、姉ちゃん!!」クンカクンカ、スーハースーハー


    ‐まだ続く‐

    380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 09:51:27.23
    【おまけ・5】

    教室

    さわ子「この週末は文化祭です。劇の方は進んでますか?」

    エリ「そりゃ、ばっちり!」

    澪「なんで、なんで律との濡れ場がないんだ!!」

    紬「おらー、今すぐ脚本に追加じゃー!!」

    律「やめんか!!」

    姫子「賑やかだね」

    唯「うん」

    姫子「メルル観た?」

    唯「観たよ」

    姫子「ストーリーが分かんないね」

    唯「でも、楽しめてるからいいや」

    姫子「そだね」

    381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 10:04:43.11
    さわ子「後、入院中の真鍋さんですが……」

    バンッ!

    アカネ「えっ!?」

    しずか「な、なんで……」

    澪「なんで和がいるんだよ!」

    さわ子「あれ、真鍋さん?」

    和「そうですよ。真鍋和です」

    さわ子「えぇー、入院してたんじゃないの!?」

    和「大丈夫です。生徒会長は頑丈ですから」

    風子「そういう問題なの!?」

    律「まぁ、なんにせよ良かったじゃねぇか!!」ポンッ

    和「……」

    律「あれ?」

    和「私の背後に……立つんじゃねぇ!!」ガッ

    382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 10:19:13.58
    律「ひぃー!!」

    澪「律、大丈夫か!?」

    律「うん!」

    和「こいつら……」

    姫子(これは……)

    唯「なんてこったい!」



    音楽室(三時間目)

    さわ子「中野さん、上手かったわよ」

    梓「当たり前ですよ」

    さわ子「じゃあ次は、鈴木さん」

    純「わたくし、歌は苦手ですの」

    さわ子「はい?」

    純「だって、レベルアッパー使って歌上手くなろうなんて、卑怯だよね」

    さわ子「す、鈴木さん?」

    383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 10:30:29.07
    純「私は、あの子達の為にも歌いたいんだ!」ガッ

    さわ子「……」

    純「あら、早くピアノ伴奏をお弾きになって。私を桜高の鈴木純と知っての狼藉ですか?」

    さわ子(こいつ……)

    純「は、早くしないさいよね///」

    さわ子「もういいです、次の時に再テストです!」

    純「歌のテストでまだ何も歌ってもないのに再テストって、そんなふざけた言動をぶち壊し……」

    さわ子「シャラップ!!」

    純「梓、お腹が空いたんだよね!」

    さわ子「次、平沢さん」

    384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 10:39:10.83
    憂「……」

    さわ子「歌える?」

    憂「……ふっ」

    憂「オーケー、アーユーレディ、ガールズ!」

    一同「いぇーい!」

    憂「オーケー、派手なパーリィーと行こうぜ!!」

    一同「ひっとぉー!!」

    さわ子(なんで、なんでこんなんばっか)シクシク



    部室・放課後

    唯「今日は疲れた」グッタリ

    律「同じく」グッタリ

    澪「これから、劇の練習だよな」グッタリ

    梓「私は自主練習してるです……」グッタリ


    386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 11:31:30.16
    ガチャ

    和「りぃーつぅー、貴様!講堂の使用許可書は提出したか?」

    律「ひぃー、忘れた!」

    澪「おい!」

    律「あわわわ」ガタッ

    和「女に後退の二文字はねぇ!!」ダッ

    律「うわぁー!!」バタッ

    澪「律!」

    和「弱い……弱すぎる。せめて、最後の断末魔くらいわ」

    唯「ダメだよ、和ちゃん!!」

    梓「唯先輩!」

    387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 11:38:40.40
    唯「りっちゃんイジメちゃダメだよ!」

    和「今日の私は紳士的だ。運が良かったな」

    梓(女は紳士なのかな?)

    律「おい、待てや」

    和「?」

    律「やられっぱなしで引き下がれるかよ!」

    澪「律!」

    律「澪、私はお前だけの英雄だ!」

    澪「私だけの……英雄」

    和「英雄だと……笑わせる」

    梓「飴舐めよ」

    和「アイテムなんぞ使ってんじゃねぇ!」ポイッ

    梓「ぐへっ!」

    388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 11:52:25.33
    唯「あずにゃん!」

    律「澪、和を倒すぞ!」

    澪「あぁ!私達の愛の魔法で……」

    和「晶術に頼る雑魚どもが!!」カァー

    澪「くっ、だけど負けない!律がいるから、負ける気がしない!」

    和「来いよ!貴様ら全員、微塵斬りにしてやるぜ!!」

    律「澪とみんなの為に……だから!」

    律「神はもう、いらないんだ!!」



    二年の教室

    憂「なんか上が騒がしいな」

    純「気のせいじゃん。つか、文化祭は何やるじゃん」

    389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 12:11:06.28
    憂「あん?入院してたから知らねぇよ、ユーシィ?」

    純「し、知りませ~ん」

    憂「テメェのヘッドのフラワーはなんなんだ?」

    純「花。なんの事ですか?」

    バンッ

    ?「ここに、鈴木純と平沢憂はいるか!」

    純「わっ!と純は誰よりも驚いてみるのです!」

    憂「ヒュー、これはまたクレイジーでビッグなゲストが来やがった」

    婦長「貴様ら、病院を抜け出すとは良い度胸だな!」

    純「あぁ!?」

    391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 12:34:14.63
    憂「これは、ド派手なパーリィーになりそうだな」

    婦長「貴様ら、覚悟はいいか!!」

    純「覚悟覚悟って、アンタは少年漫画の悪役かヒーロー様ですかぃ!?」

    憂「シスコン筆頭、平沢憂。推して参る!!」



    律「くっ、しまった!」

    紬「その攻撃はガード出来ない。交わせ!」

    梓(ムギ先輩いたっけ?)ホジホジ

    和「百合か!レズか!土下座してでも、生き延びるのか!!」バンッ

    律・澪・紬「うわー!」

    和「お前らは……私の最高の玩具だったぜ!」

    392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 12:45:18.04
    バンッ

    ?「そこまでです」

    和「テメェは……」

    ナース「病院のナースです!」

    梓(そのまんま……鼻毛抜けた)フッ

    和「くっ、奴が来たか!」

    ナース「これで終わりだ!」

    ナース「ナースレーザー!!」ビューン

    和「ぐわー!!」バタッ

    梓(壁に穴開いたぞ!)

    和「まだだ……まだ終わらないぞ!」

    婦長「真鍋和!!」ゴオー

    和「や、奴が来た!」ガクブル

    393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 12:59:06.18
    婦長「○▲●※◇〒、これで最後だ!インディグネイション!!」

    ナース「そんな、そんなバカな!ぐわぁー!!」

    梓「おい!!」

    唯「和ちゃん!悪い事しちゃダメだよ!!」メッ

    和「ぶるあぁぁぁー!!」バタッ

    梓「何も言えねぇー!」

    婦長「真鍋和。鈴木純、平沢憂共々、帰って手術の時間だ」


    律「澪!」

    澪「律、ありがとう。世界は救われた。やっぱり律は英雄だよ」

    律「違う!好きな人も守れないなんて、何が英雄だ!」

    梓(なんか始まった)

    394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 13:12:19.00
    ※講義だけど、チマチマ行く

    澪「好きな人の幸せを願う……私に出来るのはこれだけ」

    律「嫌だ!澪のいない世界なんか、存在する価値もない!」

    澪「律……大好きだよ。そして……」

    澪「ありがとう」サラサラ

    律「澪、行くな!消えないでくれぇー!!」

    梓(すぐ側にいるよね)

    エリ「もうすぐ消えるんだ。じゃあさ、旅して楽しかったよ。絶対に忘れないよ!」サラサラ

    とん「律、元気でやるんだぜ。じゃあな、チェケラッチョイ!」サラサラ

    梓(なんか多くね?つか、変なのいたよね)

    395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 13:20:59.08
    紬「消えるんだ」

    律「ムギはどうするんだ?」

    紬「次元の狭間を彷徨うだけさ。じゃあね、りっちゃん!」サラサラ

    聡「俺達か……」

    律「今日の晩飯、なんだろな」

    聡「カレーじゃね?」サラサラ

    梓(またなんか居た!つか、意味なく消えた!)

    律「エリ、とんちゃん、ムギ、聡」

    律「お前らに出会えて、本当に良かった」

    律「後悔なんか、何もない!」

    396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 13:30:32.17
    律「そうだよな……澪」


    世界を救ったから英雄?誰かを救ったから英雄?
    私はそんなのに、なるつもりはない


    律「迎えに来たぜ、澪!」

    澪「律、遅いぞ!」

    律「英雄は、遅れてやってくるもんなんだぜ」

    澪「律らしいや」

    律「澪、大好きだよ」

    澪「私もだ」


    チュッ

    私はみんなの英雄より、澪だけの英雄で居続けたい。

    ‐fin‐

    ・データをセーブしますか?

    梓「いや、しねぇし!つか、なんなのさ、これ!!」

    398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 13:59:48.28
    姫子「唯、帰ろう」

    唯「うん」

    梓「わ、私も帰るです!」

    姫子「よし、あずにゃんも帰ろう!」

    梓「にゃっ!」

    姫子「可愛いなー」

    梓「///」


    さわ子(お父さん、お母さん。実家に帰りたいです)シクシク


    ‐次は憂編‐

    399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 14:24:27.49
    【まとめ・6】

    みなさんこんばんわ。平沢憂です。
    やっと退院しました。何故か入院中の記憶が曖昧です。

    今日、お姉ちゃん達は明日の文化祭ライブに向け、徹夜するそうです。

    なので、家には私と和さんと純ちゃんの三人だけです。

    しかし、ある大事件が発生しました。

    純「こ、これは……」

    『星くず☆うぃっちメルル』

    和「憂、これは何?」

    憂「し、知らないよ!」

    400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 14:35:35.74
    和「これは、唯のなの?」

    憂「私のじゃないなら、そうかもしれない」

    純「唯先輩、こんなの観るの」

    憂「分かんない。一応、ウチのTVはエッチな番組は観れないように『U・Iフィルター』つけてるから」

    和「ふむ、なら話は早いわ。観ましょう」

    純「ですよねー」

    憂「じゃあ、スタート」



    視聴後

    和「まあまあね」

    純「ウィッチって何?」

    憂「憂ッチです!」

    403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 16:26:52.11
    純「それで、どうするんですか?」

    憂「お姉ちゃんに連絡するか……」

    和「いえ、唯がこういうのを観るのも悪くないわ」

    純「はぁ」

    和「なら、私達に出来ることをやりましょう」

    憂「?」

    和「入院中、曖昧な記憶を辿った結果、ある答えにたどり着いた」メガネ、クイッ

    純「それは、なんですか!?」

    和「それは、これよ!」

    憂・純「!!」

    404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 17:22:50.77


    ミーナ「今日は、新しい隊員を紹介します」

    美緒「戦いのスペシャリストだ。彼女達から学べる事もあるだろう」

    一同「はい!」

    ミーナ「どうぞ」


    和「マナベ・グラスィズ・ノドカ会長よ」

    憂「ヒラサワ・シスコン・ウイ選手です!」

    純「スズキ・モップ・ジュン清掃員です!」

    三人「私達『STRIKE K‐ON’s』です!」

    和「パンツじゃないわよ☆」キラーン

    一同「……」

    芳佳(帰りたい)

    美緒(もう、引退しよっかなぁー)

    ‐次は文化祭編‐

    405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 17:25:06.52
    >>399は【おまけ・6】です

    406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 17:50:46.61
    【おまけ・7】

    桜高・正門(文化祭)

    瑠璃「女子ばっかね」

    京介「女子高だからな」

    桐乃「兄貴、下心丸出しにしないでよ」

    京介「するか、ボケ!」

    瑠璃「今日は私達三人だけね」

    京介「沙織は用事で不在だからな。麻奈実も用事だし」

    桐乃「まっ、兄貴が犯罪に手を染めないように見張るのには充分でしょ」

    京介「親父に殺されるわ!!」

    407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 18:19:27.55
    瑠璃「ところで、私達はどこに行けばいいの?」

    桐乃「講堂だって。そこで姫子さんが待ってる」

    瑠璃「確か、平沢さんが所属してる軽音部のライブよね」

    京介「あぁ『放課後ティータイム』って言うらしいぜ」

    桐乃「なんか、練習しないでティータイムばっかしてそうな部活ね」

    京介「そんな部活があるわけない!」



    部室

    律「くしゅん!」

    唯「りっちゃん、風邪?」

    律「いや、なんか誰か噂をしてるような気がした」

    408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 18:28:46.35
    澪「ふむ。昨日は屋上で……」

    紬「まあ///」ハァハァ

    梓「何やってるんですか。これから、ライブなんですよ」

    律「おう、最後のライブだな」

    唯「頑張ろう!」

    梓(そうだよね……『最後の』ライブだもんね)

    さわ子「みんな、準備はいい?」

    澪「律がいるからOKです!」ビシッ

    律「おい!」

    さわ子「よし、頑張って来なさい!」

    一同「はい!」

    唯「あっ、和ちゃんと憂忘れた」

    梓「純も!」

    410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 18:59:14.29


    講堂

    しずか「お願いしまーす」

    桐乃「なんか貰った」

    瑠璃「Tシャツね」

    京介「サイズ合うかな?」

    桐乃「うわっ、人多いな」

    瑠璃「座れるかしら?」

    姫子「おーい、こっちこっち」

    桐乃「あっ、姫子さんだ」ダッ


    姫子「いらっしゃーい。席とっといたよ」パンパン

    桐乃「どうも♪」

    瑠璃「どうもです」

    京介「すいませ……」

    姫子「ごめん。高坂君の席はないんだ」

    411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 19:09:57.95
    京介「えっ?」


    姫子「この席、三人用なんだよね」ポリポリ


    京介「……」

    姫子「なんなら、席詰めようか?かなり苦しいけど」

    桐乃「バカ兄貴の為に苦しい思いをするのは嫌です。それに、姫子さんの貞操が!」

    瑠璃「これには同意せざるを得ないわね」

    京介「……」

    姫子「ごめん、マジでごめん!」

    京介「か、構わないですよ」

    京介(スネ夫達にハブられるのび太の気持ちが、なんとなく分かった気がする)シクシク

    413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 20:05:38.06
    姫子「ちょっと、クラスの方見て来る!」ダッ

    京介「……」

    瑠璃「気を遣わせたわね」

    桐乃「はぁー」


    エリ「よっ、姫ちゃん!」

    姫子「放課後ティータイムの方は?」

    信代「ばっちり!」

    アカネ「ただ、司会進行の真鍋さんが不在だけどね」

    姫子「ふーん」

    エリ「それより姫ちゃん!」

    姫子「何?」

    風子「さっきの人は、その……」

    いちご「……彼氏?」

    姫子「いや、違うけど」

    414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 20:13:51.87
    エリ「なーんだ。期待して損した」

    姫子「期待すんな!」



    律「よっしゃ、行くぞ!」

    唯・澪・紬・梓「おー!!」



    瑠璃「始まるわね」

    桐乃「うん」

    パチパチパチパチ

    唯「みなさーん。放課後ティータイムでーす」

    (中略)

    唯「じゃあ一曲目……」

    澪「『律と澪のラブロマンス!』」

    律「違うわボケ!!」ズコッ

    415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 20:22:42.82
    観客「わははははは」

    律(恥ずかしい///)

    唯「あはは……では、ふわふわ時間!」

    一同「」コクッ

    律「ワン、ツー、スリー」コン、コン、コン



    校舎裏

    純「うわっ、戻って来た!」

    和「えぇ、そうね。ネウロイを殲滅したからね」

    憂「あーっ、もうお姉ちゃんのライブの時間だ!」ダッ

    純「急がないと!」ダッ

    和「待ちなさい!」グイッ

    純・憂「ぐへっ!」

    和「ライブは見るけど、サプライズを起こすわよ」

    純・憂「サプライズ?」

    416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 20:50:35.03
    和「私は生徒会長よ……運営を生徒会長の権力で脅すわ」

    憂「職権濫用だね」

    和「職権は濫用するものよ。この真鍋和を侮らないことね」メガネ、キラーン

    純(嫌な予感がする)

    和「ギャグ要員にも、意地はあるのよ」

    憂(えっ、私もギャグ要員なの?)



    桐乃「う、上手い……」

    瑠璃「これは意外だわ」

    京介「すんげぇー」

    姫子「きりにゃん、瑠璃ちゃん」

    桐乃「姫子さん?」

    姫子「ちょっと来て!」ガシッ

    桐乃・瑠璃「えっ!?」

    417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 21:04:53.87
    姫子「高坂君も!」ダッ

    京介「俺も!?」ダッ


    姫子「連れて来たけど、何?」

    エリ「おっ、来たね!」

    桐乃「な、何!?」

    信代「ちょっとしたサプライズだよ」

    瑠璃「サプライズ?」

    パチパチパチパチ

    唯「今度は、クラスメートを紹介します!」

    律「みんなー、いるかー!?」

    一同「いぇーい」

    唯「それと、私の親友の真鍋和ちゃんと、立花姫子ちゃんを紹介します!」

    姫子「あっ、あははは……照れるなぁ///」

    エリ「よっ、日本一!」

    梓「和先輩が不在です!ごめんなさいにゃん☆」

    418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 21:15:10.30
    瑠璃(うわぁー)

    唯「そして、一緒に野球をやった高坂京介君と妹の桐乃ちゃん。桐乃ちゃんの親友の瑠璃ちゃん!!」

    観客「おー」


    京介「マジか!!」

    桐乃「えぇー!」

    瑠璃「パターン的にそうじゃないかと思ってたわ。ただ、親友なのが納得……」

    桐乃「こっちも同じ!」

    姫子「いい加減、仲良くしなよ」ポンッ

    桐乃・瑠璃「うぅー」


    唯「それではみなさん、最後の曲を聞いて下さい!」

    桐乃「最後!」

    瑠璃「もしかして、一番前で見せる為に配慮したのかしら」

    姫子「唯らしいね」

    419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 21:33:54.26
    唯「放課後ティータイムで……」

    澪「『律が浮気などするワケがない!』どうぞ!!」

    一同「なんでやねーん!」ズコッ

    観客「あはは、姉ちゃん新喜劇入り」

    唯「……では、改めて『U&i』です」

    律「ワンツースリー!」コンコンコン

    ジャーン♪

    瑠璃「近くだと、耳が痛いわね!」

    京介「ライブハウスには行けないな」


    委員「いいよ、いいよ」

    和「ちょっと」

    委員「はい……って、真鍋会長!」

    和「ちょっと、いいかしら」

    420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 21:52:11.87
    委員「はぁ……って、なんて格好……」

    和「生徒会長命令よ。よく聞きなさい」

    純(うわー、和先輩の案だと確実に恥かくよ。ギャグ要員なんて、名乗るんじゃなかった)

    歌(お姉ちゃん、可愛い!)


    瑠璃「みんな、楽しそうね」

    桐乃「そうだね」

    桐乃(そういや、楽しんだモノ勝ちって、唯さんが言ってくれたんだっけ……)

    唯「♪」

    信代「いいよ、唯!」

    エリ「ヤフゥー!!」

    京介「♪」

    桐乃「バカ兄貴まで楽しんでる……」

    421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 22:06:09.90
    瑠璃「いいんじゃない。普段、虐げられてる分、ストレス発散になって」

    桐乃「何をー!」

    瑠璃「あんたも、楽しんでるんじゃないの?」フッ

    桐乃「うっ……わ、悪い!?」

    瑠璃「悪くないわ。私も、楽しいから」

    桐乃「あんた……」

    姫子「ほらほら、もっと盛り上がろう!」ダキッ

    桐乃・瑠璃「にゃっ!!」

    唯「♪」

    律「♪」

    梓「♪」

    澪「♪」

    紬「♪」

    423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 22:20:43.90
    さわ子(みんな、頑張って!)

    観客「♪」

    ジャーン…………♪

    パチパチパチパチ

    エリ「いいよ、いいよ!」

    風子「涙出て来た」グスッ

    アカネ「私の胸で泣きな!」ダキッ

    いちご「……私も泣きたい」

    姫子「おいで!」

    瑠璃「立花さん、テンション高い」

    京介「ひゃっほー、京介最高!!」

    桐乃「やかましい、バカ兄貴!」


    唯「やったね」

    律「あぁ」

    梓「最高です!」

    424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 22:31:38.18
    澪「良かったよぉー」グスッ

    紬「最高です」シャランラ

    律「よし、みんなで挨拶……」

    バッ

    律「な、なんだ!?」

    唯「停電!?」

    澪「怖いよぉー、律ぅー!!」


    桐乃「何よ!」

    瑠璃「疼く、疼くわ!!」

    京介「うるさいわ!」

    いちご「何なの?」

    シュー

    エリ「は、白煙だ!」

    風子「これは……ドライアイス!」

    425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 22:47:28.40
    さわ子「みんな、大丈夫!?」

    信代「さわ子先生の声だ!」

    姫子「てゆーか、観客が誰一人騒いでないんだけど」

    観客A「何をそんなに騒いどるんや(暗くて目が見えなかった)」

    観客B「そら(停電したら騒ぐけど)そう(ギャグの予感が、ヒシヒシと伝わって来るん)よ」

    パッ

    姫子「ぶ、舞台が明るくなった」


    律「みんな、舞台袖に行け!」ダッ

    梓「やばい雰囲気です!!」ダッ

    澪「律ぅー!」ダッ

    唯「うん」ダッ

    紬「分かった!」ダッ

    426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 23:28:17.46
    桐乃「何が始まるのよ!」

    京介「分からん!」

    ナレ『戦時中、日本は戦火に包まれていた』

    瑠璃「何かの上映会?」

    姫子「違うと思う」

    ナレ『そんな劣勢の日本に突如、救世主の如く現れた三つの光』

    ウィーン

    律「奈落、だと」

    唯「あんな仕掛けあったの?」

    梓「知らんです!」

    澪「何が出て来るんだ?」

    紬「ワクワク、ワクワク」

    427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/05(金) 23:41:01.22
    ガシャン!

    律「誰だ?」

    澪「うわぁー、下がパンツだよ」アワアワ

    ナレ『そして今、その救世主が、何の脈絡もなく現代に降り立つのであった!』

    姫子「ま、まさか……」

    ナレ『そんな迷惑な救世主の名は!』

    和・純・憂「『STRIKE K‐ON’s』、呼ばれてもないのに華麗に参上!!」

    観客「うぉー!!」

    いちご「」ポカーン

    風子「あ、あれ?」

    さわ子(ふむ。下はパンツというか、スク水……ありね。軽音部にやらせよう)

    428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 00:17:44.64
    ナレ『クール・ソードマスター』

    和「マナベ・グラスィズ・ノドカよ」シャキーン

    ナレ『クレイジー・ガンナー』

    憂「ヒラサワ・シスコン・ウイです!」カチャ

    ナレ『パワフル・ボンバー』

    純「スズキ・モップ・ジュンだよ!」ドカーン

    三人「私達『STRIKE K‐ON’s』です!」

    純「重要だから、二回言ったよ☆」キラーン

    ナレ『尚、スト◯イク・ウィッ◯ーズとは無関係です』

    429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 00:34:11.88
    梓「」

    唯「」

    律「なんつぅーか、その」

    澪「まだ病院にいるべきだったような……」

    紬「うっしゃー!!」グッ


    アカネ「真鍋さん……野球大会以来、変わっちゃったね」

    エリ「悩み、聞いてあげられなくてごめん」グスッ

    瑠璃「また、なんというか」

    桐乃「よくやるわ」

    姫子「あははは……」


    ナース「婦長。どうやら、手術は」

    婦長「うむ。どうやら失敗のようだ」

    430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 00:48:54.27
    ナース「特に真鍋和は……」

    婦長「……世の中、知らなければいい事もある。彼女達は『人体改造計画』の犠牲となったのだ」


    観客A「ええど、姉ちゃん達!」

    観客B「最高の登場シーンや!!」


    純(泣きたい……つか、いっそ殺して)シクシク

    憂(は、恥ずかしいよ///)

    和「さぁ二人とも、歌の準備よ」パチン

    ウィーン

    純「歌って!?」

    和「部隊のみんなで作った歌よ。あれがあったから、ネウロイに勝利出来たのよ」

    純(あれ歌うの?恥ずかしいんですけど。つか、ウィッチーズは単なるネタじゃないの?)

    憂「純ちゃん。歌おう」

    純「憂?」

    431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 01:04:13.70
    憂「お姉ちゃんの前で死ねたら、本望だよ」ウルウル

    純(死にたくないんですけど)

    和「私達と部隊の仲間が作った最高の曲です。せーの」

    純(もう、野となれ山となれ山火事になれ!!)

    三人「処女だもん☆乙女だもん♀華麗だもん★」

    和「ミュージック、チェケラッチョイ」パチン

    ♪~

    唯「」バタン、ブクブク

    律「ゆいー!!」

    澪「ショックが強すぎたか……」ナンマイダ

    梓「夢だ……悪い夢だ」ブツブツ

    紬「梓ちゃんがうわ言を!!」


    さわ子(こいつら……やるな。放課後ティータイムの妹分としてデビューだな!)キラーン

    433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 01:14:26.47
    桐乃「さすが桜高。かなりハイレベルな学校だ」

    姫子「いや、違うからね!普通の学校だからね!」

    瑠璃「あのコスプレ……使えるかも」

    京介「何を考えとるんだ!」


    佐天「初春。世の中、広いね」

    初春「そうですね、佐天さん」


    豊崎「大胆だね」

    日笠「いいぞ、いいぞ」

    佐藤「度胸あるね」

    寿「うん」

    竹達「あれは、大物になるね」


    和「甘い……♪」

    クラスメート「やめんか!」

    (強制終了)





    434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 01:23:00.47


    夕焼けの校庭

    桐乃「なんか、秋葉原よりハードだったわ」

    瑠璃「私もあなたに同意するわ。人は脆いものだと、今回の件で教えられたわ」

    桐乃「同意……ん、あれは?」

    唯「……」

    唯「はぁー」

    桐乃「溜め息付いたら、幸せが逃げますよ」

    唯「きりにゃん」

    桐乃「落ち込む理由も分からなくはないですが……」

    律「まあまあ、そっとしといてやれや」

    桐乃「あっ、捕手の人だ」

    律「おぅ、田井中律だ。りっちゃんだ!んで、こいつは秋山澪だ」グイッ

    澪「どうも、律の妻です。律は渡さないから!」ビシッ

    桐乃「いや、いりませんから」

    435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 01:46:57.21
    紬「私は琴吹紬なのー」

    瑠璃「沢庵眉毛ですね」

    紬「……」ズーン

    梓「わ、私が中野梓なのです!」

    桐乃「あずにゃんね。おかげで唯さんから『きりにゃん』って、あだ名がついたわ」

    梓「まぁ、あなたとは知らない仲ではないと思いますけどね」

    桐乃「そうだね。なんでだろね」


    竹達「なんでかな~?」


    桐乃「私は高坂桐乃」

    瑠璃「私は五更瑠璃。別名、黒猫よ」

    唯「えっ、黒猫なの?」

    瑠璃「言って……なかったわね」

    436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 02:07:01.00
    京介「おーい、桐乃……」

    桐乃「これがウチのバカ兄貴です」

    京介「なんちゅー紹介しとんだ!!」

    桐乃「うっさいなぁ!で、何?」

    京介「あぁ、あの眼鏡の先生が、みんなで写真撮るんだって」

    唯「じゃあ、みんな行こうか!」ダッ


    桐乃「ねぇ、進学したら……友達出来るかな?」

    京介「あん?」

    桐乃「……なんでもない!」

    唯「おーい!きりにゃん達も写真に入ってよぉー!!」

    瑠璃「いいのかしら?」

    桐乃「うーん。いいんじゃない?」

    437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 02:14:54.77
    姫子「早く来なよ!」

    瑠璃「じゃあ、お言葉に甘えましょう」


    さわ子「じゃあ、シャッターお願いね」

    京介「俺がですか!?」

    さわ子「ハブられたくないもん!」

    桐乃「バカ兄貴のハーレム願望なんかに興味ないから、さっさとしてよ!」

    京介「分かったよ、ちくしょー!」

    唯「憂、あずにゃん!おいで」

    憂・梓「はーい」

    澪「律は私とだ!」

    律「はいよ」

    紬「まあまあ」

    エリ「いぇーい!」

    信代「ブイッ!」

    いちご「……」ピース

    438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 02:23:08.90
    アカネ「……ふん!」

    風子「///」

    しずか「よし!」

    三花「髪もOK!」

    純「あー、今日の事を忘れたい」

    和「パンツじゃないわよ、チェケラッチョイ☆」キラーン

    桐乃「端っこで」

    瑠璃「部外者だし」

    姫子「気にせず、一緒に写ろうよ!」ダキッ

    桐乃・瑠璃「にゃっ!」

    さわ子「いいわよー」

    439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 02:35:16.74
    京介「分かりました!」

    桐乃「綺麗に撮ってよね、バカ兄貴!」

    京介「任せろ!!」

    京介「それではみなさん。1+1は?」


    一同「せーの」

    一同「にぃー!!」

    カシャッ!!

    ‐文化祭編・終わり‐



    次が最終章の冬コミ編です。(尚、書き手はコミケに関する知識は皆無です)

    あと、少しやり過ぎた感はあります。特に三人組。

    それでは寝ます。

    起きたら再開します。書いてるからには、どんな形であれ完結させます。

    落ちたら、冬コミ編は各自の補完で

    では!

    448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 08:25:15.77


    年末・東京ビッグサイト

    唯「ほわー」

    姫子「凄い人の数だなぁ」ポリポリ

    桐乃「……寒い。人が多い」

    京介「仕方ないだろ。冬なんだし」

    瑠璃「あんた、夏の時も似たような事言ってなかった?」

    桐乃「忘れた」ピコピコ

    姫子(PSPかDS持ってくりゃ良かったな)

    唯「そういえば、さおりんは?」

    瑠璃「さおりん……あぁ、風邪を拗らせてダウンよ」

    唯「ふーん。そりゃ大変だ!」

    450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 08:49:08.54
    姫子「そういえば、真鍋さん達は元気してる?」

    唯「元気だよ。まだ入院中だけど」

    桐乃「真鍋……あぁ、あの文化祭の」

    唯「あの後、ショックで倒れちゃったんだ。それで今、ムギちゃん……琴吹家関係の病院に入院してるんだ」

    瑠璃「そりゃ、あんな恥ずかしい格好……一生のトラウマになりそうね」

    桐乃「同情するわ。まだ、あんたのゴスロリの方がマシだわ」

    瑠璃「ゴスロリ舐めんな!」

    唯「あー、でも。朝、病院から電話があって、病院を抜け出したんだって」

    451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 09:01:23.77
    京介「いやいや、マズくない!?」

    唯「うーん。なんでも『テロリストのお遊びに付き合う嵌めになったから』らしいよ」

    京介「物騒な話じゃないですか!!」

    姫子「物騒所じゃないよ、真鍋さん達何やってんの!?」

    瑠璃「また、あのパンツの格好で……」

    桐乃「この寒空にそんな格好したら風邪ひくんじゃない?」ピコピコ

    唯「うーん。大丈夫だよ、きっと!」

    瑠璃「意外と、この会場に来てたり」

    姫子(有り得そうで怖い)

    452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 09:10:09.24


    会場内・東地区

    さわ子「さぁ、同人誌売って、稼ぐわよ!」

    エリ「おー!」

    アカネ「張り切ってるなー」

    風子「てゆーか、年末だよ」

    いちご「……私は年中無休」

    信代「それよか、なんで同人誌なんか……」

    さわ子「それはね……私のボーナスが、軽音部の部室の修繕費用に充てられたからよ」シクシク

    エリ「なんか大きな穴が開いてたね」

    さわ子「それで、手っ取り早く稼ぐ為に、この方法を選んだワケ」

    風子「ほとんど私達が作ったんですけどね。先生は何もやってませんが」

    453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 09:18:56.89
    さわ子「やったわよ!ムギちゃんとのパイプがあるおかげで、低コストで作れたのよ。これも、私の人徳ね!」ドヤッ

    風子「威張るな!つか、やるなら軽音部誘えや!!」

    さわ子「大丈夫、あの娘達も同人誌売ってるから」

    一同「売っとるんかい!」ビシッ



    会場内・西地区

    紬「さぁみんな、頑張るわよ!」

    梓「おー!」

    律「売れるのか?」

    澪「売れるに決まってるだろ。『りつみお!』ってタイトルからして、大ヒット間違いなしだ!」

    454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 09:26:13.54
    紬「そうよ!実践経験も出来て、社会勉強にもなる!まさに一石二鳥!!」

    梓「売り上げは、さわ子先生が持って行きますけどね」

    澪「ふっ、今回の件で大人になれたような気がするよ、律」

    律「あぁ、それはお前の勘違いだから、東京湾にでも捨てとけ」

    澪「これが、ツンデレなのか!ツンデレりっちゃん!!」

    律「やかましい!」

    梓(帰りたい)


    「それでは、コミックマーケット。開始します!」

    455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 09:42:17.48


    会場内

    唯「人が一杯だよ!」

    姫子「ほら、唯!はぐれないの」

    京介「相変わらず、すげぇーな」

    瑠璃「私達にとったら、最大級のイベントよ。ある意味、秋葉原に次ぐメッカね」

    京介「知らねぇ!!」




    ※書き手は同人誌の知識も皆無なので、>>453の『りつみお!』ってタイトルの本があるかは知りません。

    あったら、すいません!!

    456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 09:56:05.81
    唯「見て見て、ゲームだよ!」

    瑠璃「新作のゲームね。勝てば商品が貰えるみたいね」

    姫子「商品は……『星くず☆うぃっちメルル』のDVDかな?」

    桐乃「」ピクッ

    瑠璃「限定版みたいなやつですね。多分、ここでしか手に入らない」

    桐乃「」ピクピク

    瑠璃「……やってみる」ボソッ

    桐乃「」ピクピクピク

    桐乃「よっしゃー、やったるかー!!」ガッ

    瑠璃(単純ね)フッ

    458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 10:03:44.68
    初春「佐天さーん。負けちゃいましたぁー」シクシク

    佐天「はいはい。初春はよく頑張ったよ」ナデナデ

    係員「さぁ、次ぎの挑戦者は……」

    桐乃「私よ。覚悟なさい!!」

    <FIGHT>



    梓(ゲームしたいにゃー)

    澪「やはり、売れ行きはいいな!」

    律「すんげぇー」

    澪「律との愛の結晶だ!」ビシッ

    紬「さわ子先生に報告っと♪」

    459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 10:20:34.01


    さわ子「向こうは好調ね♪」

    エリ「こっちは、まあまあだね!」

    信代「あれ、いちごがいない」

    アカネ「あぁ、ゲーム見に行った」

    風子「自由行動なの?縛られるのが嫌なのね!私はむしろ、縛って欲しい!!」フンス

    さわ子(キャラ崩壊か……)



    桐乃「くっそー!」バンバン

    姫子「盛大に負けたね」

    唯「もう少しだったね」

    瑠璃「……」

    京介「よくやった方じゃないか?」

    桐乃「勝たなきゃ意味ないの!」

    瑠璃「……ちょっと待ってて、私が挑戦してくる」テクテク

    460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 10:38:06.99
    係員「次の挑戦者は……」

    瑠璃「私よ。さぁ、バトルを始めましょう」

    <FIGHT>

    瑠璃「……」カタカタカタカタカタカタ

    唯「す、凄い……」

    姫子「か、かなりのやり手だね」

    桐乃「いけぇ、いけぇ!」

    唯「きりにゃん、ノリノリだね」

    京介「メルルの事になると、目の色変わるからなぁ」


    ※ちょっと歯医者に行くので抜けます。

    憂達どうしよっかな……出せば、カオスになるかも(憂達だけが)

    ちなみに憂達は、とある映画のパロみたいな形で登場します。

    462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 12:13:23.03
    再開。憂出す。憂パロ、口調は元ネタと似てないかもだが。VIP見てた人なら分かるはず、つい最近あった憂のSS


    瑠璃「これで、終わりね!」カチッ

    <WIN>

    係員「おめでとうございます!」

    唯「凄いね!」

    瑠璃「余裕よ。これくらい」

    姫子「余裕なのかい」

    瑠璃「……」スッ

    桐乃「何よ?」

    瑠璃「欲しかったんでしょ、あげるわ」

    桐乃「ふ、ふん。貰ってあげるわよ!」バシッ

    京介「前と同じかよ」

    姫子「素直になれないもんかねぇー」

    桐乃「う、うるさいです!」

    463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 12:42:49.09


    憂「なんでこんなに人が多いんだ~?今日はクリスマスか?」

    純「クリスマスは終わっただろ」

    憂「私はプレゼント貰ってない……うぅー、頭痛てぇー」

    いちご「……平沢さんの妹さん」

    憂「なんだい、お嬢ちゃん。私に何か用か?」

    いちご「お、お嬢ちゃん?……憂ちゃんだよね」

    憂「そう呼ばれてるけど、今はシスコン市警のウイ・ヒラサワ警部補だ。こいつは相棒のジュンだ」

    純「ちょっと待て、何が相棒だ!私はただ巻き込まれただけだ!まったく、お前は疫病神だよ!」

    いちご「……大丈夫?」

    憂「頭痛てぇー!アスピリンある?」

    464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 12:58:24.00
    いちご「……ない」

    憂「そうかい」

    Prrrr♪

    憂「もしもし」ピッ

    和『あら憂。気分はどう』

    憂「最高の気分だよ。クリスマスプレゼントを貰った気分だ」ハハッ

    和『そう。なら、私から最高のプレゼントをあげるわ。爆弾というね』

    憂「そんなのいらねぇよ。置き場に困っちまう」ハハッ

    和『なら……ノドカは言った。東地区エリアBにある公衆電話へ行け。そこで【072】をプッシュしなさい。時間は五分以内。遅れたら爆弾を爆発させるわ』ブチッ

    憂「『072』って、とんだ変態ちゃんだぜ」ハハッ

    純「おい憂、なんだって!」

    465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 13:11:46.90
    憂「東地区のエリアBに五分以内だと、急げ!!」



    京介「そろそろ飯にするか」

    瑠璃「そうね。丁度、良い頃合ね」

    桐乃「どこで食べ……」


    憂「おりゃー!!」ビューン

    純「うおー!!」ビューン


    桐乃「な、何!?」

    瑠璃「うわっ///」カァー

    京介「パ、パンツ!」アワアワ

    桐乃「ふん!!」ブン

    京介「ぐへぇー!」ボコッ

    桐乃「バカ兄貴!」

    466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 13:19:03.54


    憂「あれが電話……ちっくしょー!誰かいやがる!!」

    黒子「もうお姉様……今日は黒子が優しく」

    憂「あのー、すいません。替わって貰えますか?」

    黒子「なんですの?今はお姉様とお話中ですの」

    純「私達も電話使いたいんです」

    黒子「なら待ってなさい。あっ、お姉様!今日は優しく、オブラートに……遠慮なさらず、黒子がお姉様に沢山の愛情を」

    ガチャ

    黒子「何しますの!?」

    純「こっちは急いでるんだよ!レズみたいな会話するなら、他へ行け!アンタも紬先輩と同類か!!私らには、時間がないんだよ!なんなら、アンタの処女奪うぞ!」

    467 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 13:34:47.27
    黒子「ご、ごめんなさいですのー!!」スタコラピー

    純「憂、電話!」

    憂「よし、0…7…2っと」ピッポッパ

    和『おめでとう、よく間に合ったわね』

    憂「まぁな」ハハッ

    和『なら、次の問題を告げるわ。一回しか言わないから、よく聞きなさい』

    憂「」ゴクリ

    和『【唯の所持金は1000円です。コンビニで500円のアイスを買い、500百円玉でお釣を貰いました。
    帰りに私のパンツをクンカクンカスーハーしました。あまりの気持ち良さに、お金を落としました。しかし気付かずに家に帰りました】
    では、家に帰った時の所持金を番号3桁でプッシュしなさい。制限時間は二分よ』ブチッ

    憂「おいなんだよ!このハーバードレベルの問題わよ!」

    純「ちょっと待て、よく考えろ!唯先輩は千円札で……」

    憂「そうか、答えは500円だ!5…0…」

    ガチャ

    純「違うだろ!唯先輩はお金を落としてる!」

    憂「お姉ちゃんはお金を落とす事はしない!」

    468 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 13:42:07.37
    純「問題だから気にすんな!唯先輩は、落としたまま拾い忘れたんだよ!」

    憂「クンカクンカスーハーでか!!」

    純「クンカクンカスーハーでも、梓がネコババしたでも、犬のウ◯コがついたでも、澪先輩が食べたでも!なんでもいい!!」

    憂「じゃあ答えは!」

    二人「【000】だ!」

    憂「0…0…0っと」ピッポッパッ

    和『正解ね。でも、時間を二秒過ぎたわ。ゲームオーバーね』

    憂「マジかよ!伏せろ!!」バッ

    純「伏せろ、伏せろ!」バッ

    憂「爆発するぞ!」

    469 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 14:08:33.13
    客「……」

    シーン

    憂「あ、あれ?」

    純「爆発しない?」

    客「何かのパフォーマンスか?上手かったよ」

    憂「えっ?」

    客「あんまり、人を困らせちゃダメだよ」

    純「はい……」

    二人「……」

    和『ははは、いい様ね』

    憂「嵌めたな!」

    和『嵌められる方が悪いのよ。まぁ、いいわ。次ぎの指令よ』

    和『西地区にあるブースで同人誌を買え』

    憂「どれを買えばいい?」

    和『【カチューシャ・黒髪・猫・沢庵】がキーワドよ。あっ、そういや残りの部数が少なかったわね。あと二分くらいで売り切れそうだわ。買えなかったら、西地区を爆発させるね』ブチッ

    470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 14:41:01.36
    純「なんだって!?」

    憂「西地区のブースで同人誌を買えだと……【カチューシャ・黒髪・猫・沢庵】がキーワドだ」ハハッ

    純「答えの見当は付くが、人の多い中どうやって西地区まで行くんだ!?」

    憂「ちっくしょー!今、考えてんだよ!テメェも、そのモップ頭で考えろ!」

    純「モップじゃねぇ!」


    紬父「これが、我が琴吹グループの開発した電動自転車『MUGI』です」


    二人「あれだ!!」ダッ

    紬父「これは二人乗りも出来……」

    憂「悪いな、借りるぜ」

    紬父「な、なんだね君達は!?」

    憂「シスコン市警のウイ・ヒラサワ……お姉ちゃんLOVE!!」ビューン

    紬父「あっ、おい!」

    471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 14:49:06.21
    憂「どけどけどけー!」ギコギコギコ

    純「おい、警部補が人とか撥ねてもいいのか!?」

    憂「爆発で死んじまうよりかはマシだろ!」ギコギコギコ

    純「てゆーか、西地区への通路はこっちじゃない。反対側だ、ひきかえ……おい、目の前にオブジェ!」

    憂「掴まれ、突っ込むぞー!!」ギコギコギコ

    ドッコォーン!

    客「ぎゃー!!」

    憂「はっはー、ショートカット最高!!」

    純「憂、やり過ぎだ!」

    憂「時間がねぇ、ついでに私も……」

    憂「ここで限界なんだよぉー!」

    キキィー!!

    純「おい、急ブレーキ掛けるな!ケツが痛い」

    憂「純は律先輩達のブースを探せ、私はやる事がある!」

    473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 15:04:02.77
    純「爆弾の処理でもやるの!?てか、ここトイレだよ!」

    憂「私の膀胱の爆弾が……爆発寸前なんだー!!」ピュー

    純「さっさと行け、つかチビっとけ!!」



    さわ子「売れてる、売れてる♪」

    信代「これ、バイト代って出るの?」

    さわ子「何言ってるの。あなた達はボランティアでしょ?」

    一同「……」



    純「あずさー!!」

    梓「じゅ、純!!」

    純「同人誌よこせ!!」

    梓「な、何!?」

    純「同人誌!!」

    律「あぁ、悪いけど売り切れだ!」

    475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 15:12:35.68
    純「……」

    純(終わった)



    トイレ

    憂(あー、すっきりしたよー♪)

    Prrrr!

    憂(純ちゃん、成功したのかな?)

    憂「はーい」

    和『失敗ね。爆弾を爆発させるわ……あっ、憂がいるトイレの水道管が爆発するから、風邪ひかないでねー』ブチッ

    憂「……」カチャ

    憂「くそったれー!!」

    ドッカーン!

    律「な、なんだ?」

    係員「トイレの水道管が爆発しました。しかし、トイレの障壁が閉じましたので、水が来る心配はありません!落ち着いて下さい!!」

    律「物騒だな!」

    476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 15:18:29.50
    澪「律、怖いよー」ダキッ

    律「心配すんな」

    紬「まあまあ」

    純「ういー!!」ダッ

    梓「あっ、純!」





    純「な、な、な」

    客A「うわー、まるで噴水だ」

    客B「おい、誰かいるぞ!」

    純(あちゃー!)


    憂「どちくしょー!くそったれがぁー!!」


    純「……」

    梓「……これは、悪い夢だ」ブツブツ

    477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 15:30:18.00


    唯「なんか騒がしいね」

    姫子「なんでも、トイレの水道管が爆発したらしいよ」

    唯「ふーん」


    憂「どちくしょー!くそったれがぁー!!」


    桐乃「あれ、何か声が……」

    瑠璃「空耳じゃないの?」

    京介「ジュース買って来たぞー」

    桐乃「サンキュー」

    姫子「どうも」

    唯「お昼はどうする?」

    瑠璃「そうね……まだ周ってないブースを周りましょう」

    479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 15:43:21.09


    唯「何々?『頭脳ゲーム』だって」

    姫子「苦手だなぁー」

    恵「どうもー、アシスタントの曽我部恵です☆」キラーン

    姫子「あれ、前の生徒会長だ」

    瑠璃「必死にキャラ作ってるわね」

    桐乃「桜高の生徒会長って、みんなレベル高いなー」

    姫子「変人の域じゃないと、務まらない役職なんだと思えて来た」

    恵「では、問題です!」デデン

    京介「いきなりかい!」

    480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 16:18:41.84
    恵「ここにMAXで水が3ガロンと5ガロン入る容器があります。
    この二つの容器を使って、4ガロンを正確に計測して下さい」

    唯「はっ?」

    姫子「へっ?」

    京介「おっ?」

    瑠璃「確かこれって……」

    桐乃「あぁ、これは……(3ガ:5ガ)
    ①5ガロンの容器をMAXにする(0:5)
    ②5ガロンの中身を3ガロンに移す(3:2)
    ③3ガロンの中身を捨て、5ガロンの中身を3ガロンに移す(2:0)
    ④再度5ガロンをMAXにする(2:5)
    ⑤5ガロンの中身を3ガロンに移す。3ガロンには既に2ガロン入っている為、5ガロンからは1ガロンしか移せない(3:4)
    ちなみに、逆からでも行けたはずよ」

    481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 16:28:30.00
    恵「せ、正解です」

    姫子「あー、なんとなく分かった」

    桐乃「でしょ。この場合、容器の重さを無視しての話だけどね……まぁ、容器分を引けばいいんだけどね」

    唯・京介「」プシュー

    桐乃「難し過ぎたか……」



    憂「くしゅん!あー、最悪だよー。これ、絶対に風邪ひいたよー」

    純「いやー、ごめんごめん」アハハ

    憂「純ちゃんのバカ!」プンスカ

    純「うぅー」

    Prrrr!

    憂「はい」ピッ

    和『気分はどう?』

    憂「最悪だぜー、パンツまでビショビショだ。これだと、ションベン漏らしても恥ずかしくねぇや」ハハッ

    純「臭いで分かるだろ」

    483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 16:49:27.32
    和『次で最後のゲームにしましょう』

    憂「最後?」

    和『そう。【頭脳ゲーム】よ。そこにアシスタントがいるわ。話は通してあるから、詳しい内容はそこで話わ』ブチッ

    憂「次が最後だと……」

    純「とりあえず、行ってみるか」



    憂「よし、着いた!」

    Prrrr!

    憂「もしもし」ピッ

    和『じゃあ、最後のゲームの説明するね。
    【目の前に二つの容器がある。片方3ガロン、片方5ガロン。
    それを使って4ガロンを正確に計測しなさい】
    *尚、容器の重さは換算しない』

    484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 16:55:34.95
    憂「それだけかい」ハハッ

    和『計測は一回だけ、ミスしたら会場をドカンと爆発させるわ。成功したら、プレゼントをあげるわ』

    憂「プレゼント?なんだ、テメェのケツにキスさせてくれるのか?こっちからお断りだ」ハハッ

    和『憂、あなたは頭痛が酷いそうね。これが成功したら、アスピリンをあげるわ』

    憂「いいだろう」ハハッ

    和『せいぜい、頑張りなさい』ブチッ

    憂「おい、アスピリンはあるのか?」ハハッ

    恵「ありますよ」

    憂「上出来じゃねぇか」ハハッ

    485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 17:06:20.96


    律「おぅ、さわちゃん。完売したぜ」

    さわ子「さすが部長!」

    澪「これも、私と律のおかげだ!」

    梓「そうですね」

    エリ「そういや、今日は大変な事ばっかだよね」

    信代「トイレは爆発するわ」

    紬「お父様、電動自転車を二人組に奪われたって……なんでも、シスコン市警の……」

    いちご「……ウイ・ヒラサワ警部補」

    梓「……悪い夢だ。悪い夢だ」ブツブツ

    風子「人生、色々あるよ」

    さわ子「ともかく、みんなお疲れ様!なんか奢るわ」

    律「やふぅー!!」

    486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 17:13:53.06
    アカネ「みんなー、あそこで面白い事やってるよ!」

    一同「なーに?」

    アカネ「『頭脳ゲーム』のブースに、凄い二人組がいるって」

    律「見に行こうぜぇー!」

    紬「おぉー!!」


    憂「どうやって4ガロン計測するんだ、どちくしょー!!」

    純「知るか!こういうのは苦手なんだ!!」


    梓「……」

    さわ子「……」

    紬「……」


    純「待て!今、5ガロンが満タンで3ガロンには1ガロン入ってるから、5ガロン捨てる!」ジャー

    487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 17:24:42.70
    憂「テメェ、くそっ!」

    純「待て待て、その1ガロンを移せ!零すなよ」

    チョロチョロ

    純「よし、5ガロンに1ガロン入った……つまり」

    憂「つまり!!」

    二人「3ガロンを満タンにして、5ガロンに移せばいいんだ!!」


    エリ「何、この漫才!」

    風子「大物の到来だね」

    律「唯も大変だなー」

    澪「いや、それ以上に……」

    梓「認めたくないよー」

    紬「梓ちゃん。友達なら、認めてあげるべきよ!」

    488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 17:33:41.28
    梓「友達……」


    純「よし、これで!」カタッ

    <CLEAR>

    二人「いやっふぅー!!」

    恵「おめでとうございます。では、アスピリンを……」

    憂「よっしゃー!!」

    恵「それと、成功したら貨物船に来いと言伝があります。四時に港から……」

    憂「おい純、何時だ!?」

    純「四時半だ!」

    憂「おいおい、約束に間に合わねぇよ、くそったれー!」

    純「どうする」

    憂「うーん……そうだ!レインボーブリッジから飛び下りる」

    純「正気か貴様」

    憂「正気さ。狂うのは、お姉ちゃんのパンツをクンカクンカスーハーした時だけさ」ハハッ

    489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 17:41:42.51
    純「ただの変態だな!」

    憂「人類皆、変態だ!」ハハッ

    純「行こう!」ダッ


    梓「もう、やだ……」シクシク



    海辺の遊歩道

    姫子「あー、なんか疲れたわね」

    桐乃「年寄り臭いですよ」

    姫子「あんた達よりかは年上ですよーだ」

    唯「そうだそうだ」

    瑠璃「ふふっ」

    桐乃「兄貴、ジュース買って来て」

    京介「人使い荒っ!!」

    桐乃「さっさと行け!」

    京介「ちっ、わーったよ!」ダッ

    490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 17:54:18.20
    姫子「いい加減、お兄さんと仲良くしたら?」

    桐乃「うーん。そうしたいけど、無理かなー」

    唯「なんで?私は憂と仲良しだよ」

    瑠璃「どの家庭も同じとは限らない」

    唯「うーん」

    桐乃「……」

    桐乃「あの」

    唯「ん?」

    桐乃「お二人は高校卒業したら、どうするんですか?」

    唯「進学だね」

    姫子「進学しかないよ」

    桐乃「ふーん」

    瑠璃「何よ、唐突に」

    491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 18:05:16.00
    桐乃「いやー、進学したら……もう会えなくなるんじゃないかな、って」

    瑠璃「桐乃……」

    姫子「きりにゃん……」

    唯「そんな事ないよ!」

    桐乃「唯さん!?」

    唯「大丈夫!毎日メールするよ!!」

    桐乃「ま、毎日ですか……」

    瑠璃「それは、迷惑な気が……」

    姫子「唯なりのやり方なんじゃない」

    492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 18:26:49.36
    唯「えへへ」

    瑠璃「まっ、そういう友達がいても、悪くないと思う。やり過ぎたら拒否するけど」

    唯「き、気をつけます……」



    梓「友達って、なんなんだろう」ハァー


    紬「梓ちゃんがブルーになってるわ」

    さわ子「そりゃ野球大会以降、友人があんなんになったら」

    澪「律、ここは部長としての手腕を!」

    律「任されよう!!」

    493 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 18:39:56.35
    梓「はぁー」

    律「梓!」

    梓「にゃっ、律先輩!」

    律「梓、お前の気持ちは分かる!だが、あの二人は梓の大切な友達じゃないか!」

    梓「そうですけど……もし澪先輩があんなキャラになったらどうします?」

    律「心配するな。もうその兆候が見え始めてるが、私は澪と絶交する気はない!」

    律(絶交したら刺されそうだから!)

    律「まぁなんだ、友達を信じてやれ!退院したら、笑って迎えてやれ!」

    律「あれ、じゃあなんでいるんだ?」

    梓(気付くの遅っ!)

    494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 18:52:05.62
    梓(信じてやるか……)

    梓「私、あの二人を信じます!」

    律「それでこそ、梓だ!」



    レインボーブリッジ・海上

    憂「このまま、ワイヤーを伝いながら船に降りるよ」

    純「行けるの?つか、船動いてるんだよ」

    憂「下見るな、ションベン漏らすぞ」ハハッ

    純「おいおい、オシメを履くような年じゃないぜ」ハハッ

    憂「私はたまに履いてらー。癖になるぜ」ハハッ

    二人「わはははは」

    ミチッ、ブチッ

    純「憂!」

    憂「さっさと降りるよ」ヨイショ、ヨイショ

    純「憂、憂、憂!」

    495 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 19:04:26.36
    憂「なんだよ!?憂、憂、憂って!私が好きなのか!?純は憂スキーなのか!?私、ウイスキーはロック派だから!」キリッ

    純「どうでもいいわ!それよりか……」

    プチーン

    二人「……」

    憂「切れちゃった☆」テヘッ



    律「梓、夕陽が綺麗だな」

    梓「そうですね!」

    澪(うぅー、梓ばっかりずるいよぉー)

    紬(まあまあ)

    496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 19:11:02.11
    律「梓、見てみろ!貨物船だぞ」

    梓「おっきいです!!」

    さわ子(あの二人は何をやってるのかしら?)

    エリ(分からないものだ!)

    いちご「……あれは、何?」

    アカネ「何が?」

    いちご「レインボーブリッジの所!」

    一同「?」


    憂・純「うわぁー、落ちるぅー!!」


    梓「……」

    澪「ミエナイキコエナイ、ミエナイキコエナイ」ブルブル

    律「あ、梓……」

    梓「こ、こんなんじゃダメですー!」ジタバタ

    497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 19:22:06.61


    桐乃「唯さんは、なんで軽音部に?」

    唯「うーん。何もしないと和ちゃんに『ニート』扱いされそうだったので……」

    姫子(あー、なんとなく分かる気がする)

    唯「カスタネットで『うんたん』しました!」

    瑠璃「う、うんたん?」

    唯「うん!」

    桐乃「想像付かない……」

    唯「その後でギターやって、合宿もやって、文化祭でライブやって……りっちゃん、澪ちゃん、ムギちゃん、あずにゃんとも仲良くなれた!」

    姫子「思い出がいっぱい詰まってそうだね」

    唯「うん。溢れるくらいだよ!」

    498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 19:27:49.42
    瑠璃「文化祭での平沢さん見てたら、よく分かるわ」

    唯「ほぇ?」

    桐乃「ギター弾く唯さん、活き活きしてた。楽しそうだった」

    姫子「私もそう思ったよ」

    唯「そりゃ……」

    四人「楽しんだモノ勝ちですから!」


    京介「あれ、ハブられてる?」



    甲板

    憂「逃げろー!!」ダッ

    純「死にたくない!」ダッ

    憂「走れ、そして……」ダッ

    二人「飛び込めぇー」バッ

    499 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 19:34:32.57


    京介「さて、帰るか」

    瑠璃「そうね」

    桐乃「兄貴、いたんだ」

    京介「失礼な!ジュース買いに行かせた癖に!?」

    桐乃「そうだっけ」

    京介「そうだよ!」

    姫子「あはは」

    唯「じゃあ、みんなで写真撮って帰ろう!」

    桐乃「じゃあ兄貴、カメラお願いね」

    京介「またか……」シクシク

    桐乃「兄貴のハーレム願望はいらないから」

    京介「はいはい」

    500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 19:42:18.05
    姫子「悪いねぇー」

    京介「慣れっこですから!」

    京介「さて……」スッ

    京介「おーい、いくぞー」

    姫子「いいよー」

    唯「!」フンス

    瑠璃「……よし」

    桐乃「綺麗に撮りなさいよ!」

    京介「じゃあ、1+1は?」

    一同「せーの!」

    ドッカーン!!←貨物船、大爆発

    一同「えっ?」クルッ

    カシャッ!

    一同「あっ!」

    501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 19:57:06.25


    浜辺

    憂「……純ちゃん。生きてる?」

    純「なんとか……」

    憂「てゆーか、なんでボロボロなんだろう」

    純「記憶がないや……」

    憂「」カサコソ

    憂「アスピリン……純ちゃん。飲む?」

    純「何、それ……」

    憂「鎮痛剤じゃないかな……」カラッ、パクッ

    純「私にも……」

    憂「はい……」カラッ

    純「」パクッ

    憂(あれ、入れ物の裏に何か……)

    憂(桜高・生徒会室……)バタッ

    502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 20:38:15.69


    高坂家

    桐乃「はぁー、疲れたぁー」

    佳乃「遅かったわね」

    桐乃「まっ、色々と」

    佳乃「ふーん。お風呂にする?」

    桐乃「そうする」

    京介「俺は部屋で……」

    佳乃「飛ばさないでよね。始末が大変だから」

    京介「飛ばすか!!」

    桐乃「うっさい、バカ兄貴!」

    京介「もう、やだ……」シクシク

    503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 20:51:02.21


    桜高・生徒会室

    恵「遅かったわね、真鍋さん」

    和「曽我部会長……同人誌は手に入りませんでした」

    恵「あぁ、いいのよ……だって」ダキッ、ハムッ

    和「!!」

    恵「……」レロレロ、レロレロ

    和「……」チュッ、チュッ

    恵「……ぷはー」

    和「……///」

    恵「今の私にはあなたがいるから」

    和「会長……いいんですか、澪は?」

    恵「律という子がいるから、無理ね」

    和「諦めるんですか?」

    恵「手を引くのも……致し方ない事ね」

    504 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 20:58:12.52
    恵「だから……私を目茶苦茶にして///」

    和「曽我部会長……」

    恵「恵って呼んで……好きよ、真鍋さん」

    和「……はい」

    パラパラパラパラパラ

    和「何!?」

    恵「ヘリコプター!?」


    憂『はーい和ちゃん。お楽しみの所、悪かったかなぁ?』ハハッ

    和「憂!?」

    純『私もいますよー!!』

    恵「誰!?」



    ヘリコプター

    憂「全く、私達に見せつけてくれるぜ」ハハッ

    純「レズなんて、始めて見たぜ」ハハッ

    505 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 21:05:37.00
    憂「おい、どっちが挿すんだ?」ハハッ

    純「挿すもんすら付いてねぇーや」ハハッ

    憂「律さんと澪さんはどうやってるんだ?説明つかねぇーよ」ハハッ

    純「そんなもん、本人に聞いた方が早くね?」ハハッ

    憂「ちげぇーねぇや」ハハッ


    恵「うわー!!」

    バンッ、バンッ、バンッ

    純「おい、撃って来たぞ!!」

    憂「くそったれー!逆上しやがった!!」

    純「どうするんだ、憂!?」

    506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 21:12:55.54
    憂「そんなもん、オチなんか考えてねぇーよ!」

    純「まぁ、私らはギャグ要員……イレギュラーさ」ハハッ

    憂「イレギュラーなら、お前は『モブA』じゃねぇか。姫子以下だぜ」ハハッ

    純「ちげぇーねぇや!」ハハッ

    憂「てゆーか、アスピリン飲んでからおかしくね?」カサコソ

    憂「あっ、アスピリンじゃなく……バファリンだ!」ハハッ

    純「私達の八割は変態で出来てます!」

    憂「オチもなんも思いつかねぇーや、くそったれー!!」ハハッ

    二人「わはははははー!!」ハハッ

    507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 21:27:10.54


    京介の部屋

    桐乃「エロゲーやってる?」

    京介「もう寝かして」

    桐乃「はぁ?いい加減にクリアしなさいよ!これだからバカ兄貴は……」

    京介「うっせぇー、きりにゃん!」

    桐乃「その名前で、呼ぶな!呼んでいいのは、唯さんと姫子さんだけだ!エロ本で自慰する暇があるなら、さっさとやれ!!まだまだ、ソフトはあるのよ!」


    京介(いつも、いつも俺は思うんだ!)


    京介「俺の妹がこんなに可愛いわけがない!!」

    510 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 21:54:59.59




    姫子「じゃあね、唯。寒いから、風邪ひかないようにするんだよ」

    唯「うん。姫ちゃんもね」

    姫子「はいはい」

    ドッカーン!!

    姫子「何の音?」

    唯「さぁ?」

    姫子「それじゃ、またね。ばいばい」スタスタ

    唯「……」

    唯(うん)

    唯「姫ちゃん!これからも、よろしくね!!」

    姫子「……」ピトッ

    唯「言いたいのはそれだけだよ!じゃあ、また学校で会おうね!!!」ダッ

    511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 22:36:12.26
    姫子「……」

    姫子「……ありがとう」グスッ

    姫子「ありがとね、唯!!」クルッ

    姫子「……って、もういないか」ニコッ

    姫子(きっと、唯がまだ居たのなら、絶対に言えたと思うんだ)

    姫子(人前だと恥ずかしいけど、周りに誰もいないから、いっか!)

    姫子「立花姫子は平沢唯の事が、誰よりも大好きです!!」

    512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/06(土) 22:38:40.23
    平沢唯です。

    コミケ、とても楽しかったです。

    姫ちゃんや、きりにゃん達と、より仲が深まった気がします。

    そうだ、りっちゃん達もいたそうです。もー、教えてくれたらよかったのに!またハブられたかと思いました。

    あっ、そうだ。

    憂と和ちゃんと純ちゃんの退院が大幅に遅れるそうです。何故か曽我部先輩もいましたが

    何やってるんだか……

    じゃあ、みなさん。

    風邪には気をつけて下さい。


    唯「あっ」

    姫子「しまった!」

    二人「きりにゃんに『星くず☆うぃっちメルル』を返すの忘れた!」

    二人「まっ、いっか!!」


    ‐本当に終わり‐

    コメントを書き込む コメントを読む(4) [×色々] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

澪「さて、イナイレの人気投票は~っと…はあっ!?五条!?」
紬「パニックルーム!」
唯「GNドライヴ拾った」
  1. 名前: 評論家 ◆- 2010/11/08(月) 00:27:55 URL [ 編集 ]
    長すぎワロタ

  2. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/14(火) 14:38:37 URL [ 編集 ]
    (゚∀゚)o彡゚神戸!神戸!
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2011/03/01(火) 18:28:06 URL [ 編集 ]
    あれ?俺野球漫画見ていた気がしたんだが。

    以下コメントを先に見た人用

    途中でストライクウィッチ○ズになったり
    テイルズオブデステ○ニー2になったり
    戦国BASARAになったり
    アキバ行ったり文化祭に来たりコミケ行ったりなんてしませんから
    ご安心して読んでください
  4. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん ◆- 2011/03/01(火) 22:04:07 URL [ 編集 ]
    木工用ボンドって何の隠喩だかw

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

<<和「かがくのちからってすげー」 | トップページ | 憂「二人だけの時間を大切にしよう」>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。