FC2ブログ

けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

唯「あずにゃん・・・私ね、アイドルにスカウトされたの」

  1. 名前: 管理人 2010/08/24(火) 19:11:55
    2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:09:18.83
    先生「はい、それでは夏休みの間は体調を崩さずに過ごしてくださいね。」

    先生の号令と共に、教室は喧騒に包まれた。

    梓「はぁ・・・」

    高校生活最後の夏休み。特に予定も無い私は、どうも浮かれることが出来なかった。

    梓「先輩たちが卒業して、もう三ヶ月くらいかぁ・・・」
    けいおん部は結局部員が集まらず廃部になってしまった。

    昔は飽きるほどギターを触っていたのに、今では時々暇なときにいじるくらいだ。

    一緒に演奏できる人がいないと、こうもモチベーションが違うものか。

    梓「久しぶりに先輩たちに会いたいなぁ・・・」


    3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:11:55.08
    先輩たちはそれぞれ大学に進学した。

    私は卒業して以来、先輩たちとは一度も会っていない。

    大学生はいろいろ忙しいだろうし、メールでもやり取りは出来るから。

    憂「梓ちゃん、帰ろっ」

    梓「うん、そうだね」

    それに、唯先輩の話はいつも憂がしてくれる。

    だから、最近まで、寂しいと思ったことはあまりなかった。

    7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:15:48.70
    憂「それでね、その時お姉ちゃんがね――ー」

    憂が唯先輩の話をしているときは本当に生き生きしている。

    唯先輩のパワーを分けてもらっているみたいだ。

    憂「あ、そうだ。最近お姉ちゃん、何か隠し事してるみたいなの」

    梓「隠し事?」

    憂「そう。何だかそわそわして、こっそり誰かに電話してたり、考え事してたりするの」

    梓「もしかして・・・彼氏とか?」

    憂「えーっ!お姉ちゃんに彼氏ぃー!?」

    唯先輩に彼氏・・・。もし本当だったら面白い。

    でも、唯先輩は可愛いし、本当に彼氏なのかも・・・。

    そんなことを考えつつ、憂とお喋りをしながら帰った。

    8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:18:45.20
    家に帰って何気なく携帯を見ると、メールが来ていた。

    律先輩からだ。

    メールを開くと、次のように書いてあった。

    『久しぶりに皆で集まらないか?』

    なんというタイミングだ。

    私はメールを返すことすらじれったく感じ、電話帳から直接律先輩に電話した。

    ・・・、・・・

    律「おー、梓ー。久しぶりだなー。元気してたかー?」

    梓「お久しぶりです。律先輩」

    9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:21:30.98
    先輩は早速、皆で会う話を切り出した。

    律「まぁ卒業してしばらく経ったしさ、一度皆で集まりたいかなーって思ってさぁ」

    梓「私もちょうど先輩たちと久々に会いたいと思ってたところです」

    律「お?なになに?梓ちゃんは寂しかったのかなぁ~?」

    梓「ち、違いますっ!ただ、久々に顔を合わせたいと思っただけで・・・」

    律「ははは。まぁ、実は唯のことでちょっとあってさ、みんなに相談したくてさ」

    梓「唯先輩のこと・・・?」

    律先輩までなんだろう。やっぱり唯先輩に彼氏ができたのかな・・・。

    11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:25:33.17
    数日後


    紬「皆さんお久しぶりね。変わってないようで何よりです」

    律「このメンバーで集まるのも久しぶりだなー」

    澪「私と律は同じ大学だからしょっちゅう顔を合わせてるけどな」

    唯「あずにゃ~ん、久しぶり~」

    梓「わっ、いきなりくっつかないで下さいよ」

    皆相変わらずだ。

    先輩たちはまだ楽器を続けているのだろうか。

    まだ、あの、去年の学園祭の盛り上がりを覚えているのだろうか。

    何も変わらない先輩たちを見て、私は少し胸が痛んだ。

    13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:28:37.29
    喫茶店で一息ついたところで、律先輩が切り出した。

    律「まぁ、改めてになるけど、実は唯のことで相談があるんだ」

    律「とは言っても澪とムギにはもう伝えてあるし、知らないのは梓だけか」

    梓「私だけ・・・ですか?」

    唯「いいよ、りっちゃん。私が言うから」

    いつになく真面目な口調で、唯先輩が口を開いた。



    唯「あずにゃん・・・私ね、アイドルにスカウトされたの」

    14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:32:42.56
    梓「えっ・・・」

    私は何も言えなかった。

    だって、唯先輩に彼氏が出来たとか、そういう話が来ることばかり考えてたのに。

    梓「・・・スカウトって、音楽でってわけではないんですか・・・?」

    唯「うん。道を歩いてたら突然声をかけられたんだよ」

    梓「それってすごく怪しいような・・・」

    律「それが、声をかけたのが琴吹プロダクションの人だったんだよ。本当に偶然だったみたいだけど」

    紬「私も確認したから間違いないわ。唯ちゃんを一目見てスカウトを決めたんだって」

    澪「唯を一目見てって・・・にわかには信じがたいな・・・」

    15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:36:04.54
    梓「それで、何て返事したんですか?」

    唯「それがね、まだ、迷ってるの」

    唯先輩が真剣に悩んでる。

    将来のこととなると、さすがに唯先輩でも悩むんだなぁ。

    律「まぁアイドルでやってけるかどうかもわからんしな。それでみんなの意見が聞きたくてさ」

    紬「私は大賛成よ。唯ちゃんなら可愛いからきっと成功すると思うわ♪」

    澪「私は反対だな。唯がテレビに出るなんて、何を言い出すかわからないしな」

    律「私も一応反対派かな。わざわざアイドルなんてバクチに出る必要もないだろ」

    唯「・・・あずにゃんはどう思う?」

    梓「・・・・・・・・・私は・・・」

    17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:38:47.44
    梓「・・・私は・・・アイドルの唯先輩を、見てみたいです」

    唯「あずにゃん・・・」

    何言ってるんだろう私。

    私が本当に見たいのは、あの学園祭で一番輝いていた―――

    唯「あずにゃんがそういうなら・・・私、頑張ってみるよ!」

    律「ま、唯がそういうなら、仕方ないな」

    紬「頑張ってね、唯ちゃん」

    澪「何かあったら、すぐ私たちに連絡しろよ」

    唯「うん、ありがとう!みんな!」

    18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:42:08.97
    その後、喫茶店で他愛もない話をして、解散となった。

    先輩たちに、まだ楽器をやっているのかを聞こうとしたけれど、

    唯先輩のアイドル話で盛り上がったので、水を差すのは悪いと思いやめた。

    梓「唯先輩、大丈夫かな・・・」

    せっかく先輩たち皆と会ったのに、頭の中は唯先輩のことでいっぱいだった。

    アイドルってどんなことをするんだろう。

    水着になったりするのかな。歌も歌ったりするのかな。

    ギターを弾いたりは・・・・・・するのかな。

    そんなことを考えながら、私は眠りについた。

    19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:46:39.26
    数ヵ月後


    『今日のゲストは平沢唯さんでーす』


    唯先輩がデビューしてから三ヶ月が経った。

    今や唯先輩は売れっ子アイドルだ。

    ちょっと天然だけど、お茶の間に元気をくれると評判である。

    梓「すごいなぁ・・・・・・」

    たった数ヶ月でテレビに引っ張りだこ、ポスターや雑誌の表紙も飾るほどだった。

    梓「やっぱり唯先輩はすごい・・・」

    今もテレビで唯先輩の特集をやっている。

    司会『唯ちゃんの特技は・・・ギターということですが、弾けるの?』

    梓「・・・!!」

    思わず私は身を乗り出した。

    20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:49:50.88
    唯『はい~、え~っと、高校のときはバンドも組んでたんですよ~』

    司会『へぇ~、じゃあ今日はギターを持ってきたので、弾いてもらいましょう』

    唯『えっ!?ここでですかっ?恥ずかしいなぁ~』

    うわ・・・唯先輩ギター触るの久しぶりじゃ・・・?

    しかもこれ、生放送だし・・・。

    司会『それでは軽く演奏してもらいましょう』

    22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:52:38.72
    ・・・・・・
    ・・・・
    ・・


    司会『ほぉ~、素晴らしい腕前ですなぁ』

    唯『えへへぇ~、どうもぉ~』

    私は唖然とした。

    唯先輩は間違いなく今もギターの練習をしている。

    むしろ高校時代より上手くなってるかもしれない。

    唯先輩が頑張ってるのに、私は一人で現状を不満に思って・・・。


    私は、何もしてない自分に対し憤りを感じた。

    それと同時に、唯先輩のことを、羨ましくも思った・・・。

    梓「私も、唯先輩みたいになりたい・・・」

    25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 01:56:31.80
    数週間後


    先生「中野さん、本当にそれでいいの?」

    梓「はい。もう決めたことです」

    卒業後の進路相談で、私は先生に音楽の道を歩むことを伝えた。

    もちろん反対されたが、私の決意は固かった。

    先生「そう・・・なら山中先生にも話しておきなさい。軽音部の時お世話になったでしょう」

    梓「分かりました。ありがとうございます」

    私が本気で音楽を続ければ、きっと先輩たちと、また一緒に・・・。

    これからどんな辛いことがあっても、私は、唯先輩に追いつくまで、諦めない。

    28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:04:53.09
    数年後


    唯先輩がデビューしてから数年。

    唯先輩はギターの腕や歌唱力も買われ、歌えて演奏できるトップアイドルになっていた。


    私はというと、未だに路上でギターを鳴らす日々を送っていた。

     ジャジャーン

    梓「ありがとうございましたー」

    この数年いろんなことをした。

    トレーニングも欠かさずに行った。歌も上手くなったと思う。

    インディーズでCDも出した。レコード会社を回ったりもした。

    それでも、プロへの道は果てしなく険しいものだった。

    32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:08:43.36
    梓「唯先輩は・・・もう私のこと忘れてるかな・・・」

    唯先輩がアイドルになったあの日から、私は先輩たちとは一度も会ってない。

    次に会うのは、私がもっと一人前になってからだ。

    今の私は情けなさすぎて、先輩たちにあわす顔も無い。


    憂には今の私の状況を黙ってもらっている。

    私が唯先輩に憧れて、この道を選んだことがばれてしまったら

    唯先輩に負担をかけてしまうかもしれない。

    それだけは避けたかった。

    33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:11:54.16
    梓「はぁ・・・やっぱりあそこに行くしかないのかな・・・」

    実は一度私にファンがついた時があった。

    秋葉原で路上演奏をしていた時だ。

    でも、あそこに集まった人たちは、私の演奏は聴いてなかった気がした。

    なんとなくだけど、アイドルの気持ちが分かったような気分になった。

    唯先輩もこんな気持ちだったのかな。

    アイドルって、楽しいのかな・・・。

    35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:14:25.48
    梓「片付けよっと・・・・・・」

    いつも以上にアンニュイな気分になってしまったので

    私はわざとらしく独り言をつぶやき、撤収作業に入った。

    今日もいつもどおり収穫ゼロ。

    足踏みしたままの一日が、今日も終わろうとしていた。

    ギターアンプを持ち上げようとしたその時、突如懐かしい声が耳に響いた。


     「梓・・・だろ?」

    37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:17:15.74
    梓「っ!?・・・・・・」

    振り返ると、そこには、律先輩が立っていた。

    数年前より少し雰囲気が変わっただろうか。大人っぽい感じがする。

    トレードマークのカチューシャも付けておらず、それだけで月日の流れを実感できた。

    律「久しぶり・・・だな。何年ぶりだ?」

    梓「えっ・・・あ・・・・・あの・・・・」

    数年ぶりに見る律先輩を前にして、私は何も言えなかった。

    混乱してどうしていいか分からない私に対し、律先輩は静かに口を開いた。

    律「・・・とりあえずそこの喫茶店行こうぜ。時間あるだろ?」

    39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:21:23.59
    コーヒーを飲み、私が少し落ち着くまで、律先輩は黙ったままだった。


    梓「・・・・・・・・・・あの、律先輩」

    律「ん?」

    梓「偶然、私を見つけたんですか・・・?」

    律「まぁ半分偶然半分狙ったかなぁ」

    梓「・・・どういうことです?」

    律「お前がどういう状況だったかは前に憂ちゃんから聞いてたんだよ。だから、路上で歌ってる奴らの顔をチェックするのは癖になってたしなぁ」

    なんだ、憂がとっくに言っちゃってたんだ。なら、もう唯先輩にも・・・。



    律「・・・なぁ梓、お前、一体いつになったら帰ってくるんだ?」

    40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:24:44.02
    梓「えっ・・・?」

    律「お前、私達が卒業してからさ、どっか行っちまったよ。・・・私達の、何がいけなかったんだよ」

    違う。

    私はどこにも行っていない。先へ行ったのは先輩達のほうだ。

    私はどこにも行けず、ただ思い出に縛られているだけ。

    もう学校も卒業したのに、私はけいおん部を卒業できてない。

    私の中で、放課後ティータイムは、まだ放課後なんだ・・・。

    42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:28:48.07
    梓「・・・・・・唯先輩がアイドルとして活躍し始めた頃・・・」

    梓「私は、テレビに映る唯先輩を見て、正直憧れました」

    梓「あの、学園祭の時の唯先輩みたいな輝きを、感じたんです」

    梓「それで私も唯先輩みたいになりたいと思い、音楽の道を歩むことを決めたんです」

    梓「私はアイドルにはなれないけど、音楽を極めれば、唯先輩に追いつけるって思ったんです」

    梓「遠くに行ってしまった唯先輩に追いつければ、また皆さんと演奏ができると思って・・・」

    梓「でも、私は・・・・・・それを言い訳にして、現実から逃げてるだけなんです・・・」

    梓「もう、放課後ティータイムは、終わってしまったのに・・・」

    45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:32:24.27
    律「・・・梓、今の唯、楽しそうに見えるか?」

    梓「・・・」

    律「さすがに今じゃ唯と会う機会はめっきり減っちまったよ。それでも、テレビ越しに見て、唯が心の底から笑ってるの、見たことあるか?」

    梓「・・・唯先輩・・・」

    律「・・・何で唯が未だにアイドルを続けてるかわかるか?」

    49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:37:12.04
    律「・・・お前が、アイドルの唯を見たいって言ったからだよ」

    梓「・・・」

    律「唯がアイドルを始めてしばらくして、お前は私達と連絡しなくなった。憂ちゃんから無事ってことだけは聞かされてたが、それでも唯は相当ショックを受けてたんだぜ」

    律「アイツはなんだかんだ責任感が強いからな。『あずにゃんが元気出すまで頑張るー』とか言っちゃってさ」


    律「もう、終わりにしようぜ、梓。・・・・・・・・・頼む・・・」

    ああ、私ってとことん自己中だ。

    知らない間に、こんなにも多くの人を傷つけてしまっていた。

    私の頭の中は、後悔しかなかった。

    梓「・・・うっ・・・うっ・・・・・・律せんぱぁい・・・・・・・・う・・・うわぁぁぁああああーん!!!」

    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:41:29.44
    梓「ううっ、律先輩、ごめんなさいっ 私っ 私っ・・・」

    律「おいおい、謝るなら先に唯だろうがよ。私に謝っても何も出ないぞ」

    梓「唯先輩・・・すみませんでした・・・ひっく」

    律「だから私に言ってもしょうがないだろー。よし、明日皆集めるぞ」

    梓「え・・・明日・・・ですか・・・?」

    律「なーに、『中野梓完全復活!』とでもメール回せばすぐに集まるって」

    52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:45:47.33
    翌日


    本当に次の日に皆が集まることになった。

    待ち合わせ場所には、律先輩、ムギ先輩、澪先輩の三人がいた。

    澪「梓、久しぶりだな。少し身長伸びたか?」

    紬「梓ちゃん久しぶり~♪」

    梓「皆さん本当にご迷惑をおかけしました!!」

    私は開口一番頭を下げ、誠心誠意謝罪した。

    澪「お・・・おいおい、こんな街中でいきなり頭下げるなよ・・・」

    紬「梓ちゃん、私達全然怒ってなんかないわよ」

    梓「でも・・・やっぱり謝っても謝りきれないですっ」

    律「はいはーい、謝罪タイムは一旦しゅーりょー。まず肝心の唯がまだ来てないしね」

    55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:48:42.21
    律「さすがに昨日の今日じゃ、唯は時間通りは無理だったかー。ま、先にテキトーにお茶でも飲んでよーぜぃ」

    澪「律、なんだか今日はご機嫌だな」

    紬「うふふ♪」

    唯先輩に会ったら、何て言おう。

    その前に、まず、何て言われるだろう。私は、唯先輩の人生を狂わせてしまったから。

    考えれば考えるほど自己嫌悪に陥るのに、悪いことを考えずにはいられなかった。

    57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:52:01.44
    数時間後


    カランカラーン

    唯「お、お待たせ、しましたぁ!平沢唯、ただいま、参りましたっ!」

    律「おー!唯ー!やっと来たかー!久しぶりー!」

    唯先輩は走ってきたみたいで、息を切らして店にやってきた。

    梓「あっ・・・」

    唯先輩と目が合う。

    唯「・・・あ・・・・・・あぁ・・・・・・」

    唯「あーーーーーーーずにゃーーーーーーーん!!」

    梓「うわっ!!」

    58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:55:11.61
    私が何かを言う前に、唯先輩は私に抱きついてきた。

    ただでさえ目立つのに、さっき自分の名前をフルネームで叫んだもんだから、周囲の視線が・・・。

    唯「あずにゃぁぁぁん!寂しかったよぉぉぉぉ!!」

    律「あのー、感動の再会のところ申し訳ないんですが、ギャラリーが少々騒がしく・・・」

    唯「ほぇ!?あ、ど、どうもぉ~」

    気づくと周りのお客さんが携帯で写真を撮ったりしている。

    あの「平沢唯」が叫びながら店で暴れればそりゃそうか・・・。

    澪「場所・・・変えるか」

    紬「ええ・・・」

    59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 02:58:44.29
    店を変え、落ち着いたところで、私は唯先輩に頭を下げた。

    梓「唯先輩!本当に、本当にすみませんでした!」

    梓「私・・・唯先輩に心配かけて・・・無理までさせちゃって・・・!」

    唯「あずにゃん・・・」

    梓「私、学園祭の唯先輩に、憧れてたんです。あんな風に輝きたいなって」

    梓「皆さんが卒業して、けいおん部が廃部になったあとも、ずっとそのことばかり考えてて、いつの間にか憧れが未練になって・・・」

    梓「でも、唯先輩がテレビで輝いてるのを見て、私も唯先輩みたいになりたいって思ったんです。アイドルが無理でも、せめて音楽ならって・・・」

    60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 03:03:06.90
    梓「でも、独りでギターを弾いても、何も楽しくなかった。やっぱり私は、ただ、先輩たちと音楽が出来なくなってしまったことが、受け入れられなかっただけで・・・」

    ああ、また私は自分のことばかりだ。

    唯先輩に謝ってるはずなのに、気づいたら自分の愚痴を言ってる。

    唯先輩は、私の何倍も苦しかっただろうに。

    唯「あずにゃん・・・」


    一呼吸置いて、唯先輩はこう言った。

    唯「あずにゃん・・・私、もうアイドルやめるよ」

    62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 03:05:58.84
    梓「唯・・・先輩・・・」

    唯「あずにゃんが本当の気持ちを言ってくれたから、もう私がアイドルやる理由もないしね。それに・・・」

    唯「・・・私ね、本気で音楽やってみたいの」

    唯「アイドルってことでギターを弾かせてもらったり、歌わせてもらってたけど、やっぱり寂しいよ」

    唯「あずにゃんの言うとおり、独りでやっても、面白くない。・・・仲間と、演奏したいよ」

    梓「・・・」

    唯「あずにゃん、一緒に・・・コンビ組まない?」

    63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 03:08:53.11
    梓「・・・私なんかで・・・いいんですか?」

    唯「あずにゃんとじゃないと、楽しくできないよ。あずにゃんとがいい」

    梓「・・・唯先輩っ」

    私は泣きながら唯先輩に抱きついた。

    やっぱり唯先輩は優しくて強くて―――すごい人だ。

    澪「なんだかいつもと逆だな」

    紬「お二人ともラブラブね~♪」

    律「ようやくこれで、一件落着かな」

    64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 03:11:45.08
    ・・・・・・
    ・・・・
    ・・


    澪「しかし本気で音楽やるって、具体的にはどうするんだ?」

    唯「えっとね、まずは音楽の専門学校に入ろうと思うの。ギターのコードとか全然わかんないし・・・」

    律「うぉーい!高校の知識のままプロ活動やってたのかい!」

    紬「唯ちゃん昔から全部感覚でやってたもんねぇ」

    唯「えへへぇ、どういたしまして」

    梓「褒めてないですよ、唯先輩」

    ようやくいつものやり取りができるようになってきた。

    もし私が、数年間このやり取りを台無しにしていたのなら、また謝らなくちゃいけないな。

    65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 03:14:42.49
    唯「だからね、あずにゃん。誘ったところ悪いけど、もう二年くらい待っててくれない?それまでにあずにゃんの足を引っ張らないように勉強するから」

    梓「・・・私も入学しますよ。どうせ学校行ってないですし」

    唯「えぇっ!そうなの!?」

    なんだ、このことは憂は言ってなかったのか。

    唯「じゃあ一緒の学校だね。よろしくあずにゃん♪」

    学費はどうしよう・・・。また親に迷惑かけちゃうかな。

    出来るだけバイトするようにしよう。

    66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 03:17:58.17
    数週間後



    マスコミが平沢唯の電撃引退を報じ、ほとぼりが冷めてきた頃、私達はまた集まっていた。

    澪「よしっ、これで全員だな」

    紬「今日はみんな時間通り集まれたわね」

    唯「平沢唯、無職です!えへへ」

    律「一番の金持ちが何言ってんだ」

    梓「一番お金持ちはムギ先輩ですよ」

    律「ぐぁ、そうだった」

    私たちは、くだらないお喋りをしながら目的地へと向かった。

    68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 03:20:34.83
    律「おー久しぶりだなーこの感じ」

    澪「前にここに来たとき、お茶飲んでたら時間来ちゃったときあったよな」

    唯「あれはムギちゃんのお茶が美味しかったからだよ~」

    紬「あらあら、それは光栄ね」

    私たちは貸しスタジオにやってきた。

    言いだしっぺは私。

    目的は――――放課後ティータイムの解散ライブだ。

    69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 03:23:03.82
    それぞれがセッティングを終えたところで、律先輩が口を開いた。

    律「えー、それでは、放課後ティータイムの解散ライブを始めまーす」

    もちろんお客さんなんていない。

    でも、これで、HTTは終わりだ。

    律「・・・と言いたいところですが」

    律「放課後ティータイムは、解散なんてしません!」

    梓「えっ・・・?」

    律「何故なら、放課後ティータイムは・・・いつまでも、放課後だからです!」

    70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 03:25:47.51
    梓「ちょっ・・・律先輩・・・?何言って・・・」

    律「じゃあ今日は何のためのライブでしょう・・・それは!」

    律「中野梓ちゅわんの卒業ライブだぁぁぁぁああ!!!」

    梓「えっ?えっ・・・?」

    どういうこと?私の卒業ライブ?

    唯「あずにゃんおめでと~!」

    紬「梓ちゃん、おめでとう♪」

    澪「梓、卒業おめでとう!」

    なんだ、最初から仕組まれてたのか・・・

    71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 03:28:39.17
    梓「皆さん・・・ありがとうございます!」

    私は深々と頭を下げた。ここんとこ頭を下げてばっかだ。

    律「はいはい、時間ないからさっさといくよー。梓は何演奏したい?」

    梓「えっと・・・何でもいいんですか・・・?」

    律「今日のためにみんな必死で練習してきたんだぜ。あたしのドラムは埃かぶってて大変だったけどなー。あはー」

    梓「・・・・・・じゃあ・・・・・・ごはんはおかずで」

    73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/20(金) 03:31:37.19
    律「よりによって何でそれを・・・」

    梓「あの学園祭で、最初にやった曲だからです」

    律「む、なるほど・・・それじゃみんな準備はいーい?」

    これで、卒業か。

    紬「いつでも大丈夫よ♪」

    私は、最高の先輩達とバンドが組めたんだな。

    澪「久しぶりで緊張するな・・・」

    律先輩、ムギ先輩、澪先輩・・・

    唯「いっくよ~あずにゃん!」

    そして、唯先輩、本当に・・・ありがとうございます!



    律「ワン、ツー、スリー、フォー!!」





    終わり。

    コメントを書き込む コメントを読む(4) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

唯「だいしゅき…ほーるど?」
唯「和ちゃん大好き」
梓「いーとーまきまきwwwwwいーとーまきまきwwwww」
  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/08/25(水) 11:19:42 URL [ 編集 ]
    微作
  2. 名前: d@ ◆- 2010/08/25(水) 18:30:40 URL [ 編集 ]
    なかなか
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/09/01(水) 04:43:41 URL [ 編集 ]
    いい感じだと思われる
  4. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/08(水) 16:09:45 URL [ 編集 ]
    もっと長かったらよかったのに
    でも面白かったよ

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生