けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [スポンサー広告] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/18(土) 23:32:38 URL [ 編集 ]
    唯は、にこっ厨
  2. 名前: 名無し@まとめいと ◆- 2010/12/19(日) 00:45:41 URL [ 編集 ]
    やはり唯梓は至高だな
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/20(月) 00:03:01 URL [ 編集 ]
    あったかあったか

    唯梓は至高
  4. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/31(金) 05:19:35 URL [ 編集 ]
    最後の憂と純のところ良いわ
    唯にぞっこんな憂も良いけど
    こういう風なのが一番好きだわ

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

梓「最近唯先輩が抱きついてこない…」

  1. 名前: 管理人 2010/12/18(土) 20:57:56
    46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:40:56.49

    ひるやすみ!

    純「――最近ってさ、前はしょっちゅう抱きついてたの?」くすっ

    梓「うん。なんかもう、ところかまわずって感じだったのに」

    憂「うーん……お姉ちゃん、家ではそんなそぶり見せてないけど」

    純「……っていうか、飽きられたんじゃない」にやにや

    梓「なっ……そ、そういう人じゃないもん!」

    純「前は抱きつかれるのいやがってたくせにー」

    梓「それとこれとは話がべつだよっ、……ってか、いつもと様子違うからちょっと心配なだけだし」

    憂「お姉ちゃん、最近は軽音部だとどんな感じだったの?」

    梓「えーっとね……」


    47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:46:11.16
    ――――――

    梓「失礼します……」

    唯「あ。あずにゃん、英語の辞書もってる?」

    梓「えーっと、電子辞書でよければ……って、どうしたんですか?」

    律「わりいんだけど、澪もムギもいないからさ、部活終わるまで借りちゃってよかったり……」

    梓「いいですよ。受験勉強、がんばってくださいね」にこっ

    唯「ありがとあずにゃん! じゃありっちゃん、今日は不定詞を攻略するよっ」ふんす

    律「おーっしまかしとけー! まずは名詞的ようh――」

    ガチャ

    紬「梓ちゃんも来てたんだ。お茶でもどう?」

    律「――のまえに、まずは休憩だな!」

    梓「………」じとーっ

    律「いや、後でちゃんとやるってば?!」

    唯「あはは……じゃああずにゃん、こっちおいで」

    梓「……あ、はい!」

    50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:51:36.83
    ――――――

    憂「そうなんだ……お姉ちゃん、変だね」

    梓「でしょ?」


    純「え……どの辺がおかしいの? 普通じゃん?」

    梓「いや、だって……なんか分かんないけど、違和感かんじたっていうか…」

    憂「最低三回は抱きつくタイミングがあったはずだもん」

    純「そんなに?!」

    憂「うん。入ってきたときと、辞書借りたときと、あとは梓ちゃんを席に呼んだとき」

    純「うわあ……」

    梓「……別に、抱きついてきてほしいってわけじゃないけどさっ」

    純「あー、はいはいそうだね、うん」

    梓「まじめにきいてよっ」

    憂「ま、まぁまぁ…」

    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 04:57:05.48

    梓「――でね、二人はどう思う? 唯先輩のこと」

    純「そうだなー………あ、彼氏ができたとか」

    梓憂「「それはないよ」」

    純「二人同時にいわなくても……じゃあ他に何かある?」

    憂「うーん……」

    梓「どうなんだろ……」

    純「受験近いし軽くうつ、なんてのは?」

    憂「それも……なさそうかなあ。家では元気そうだから」

    梓「………やだったのかな」

    純「え?」

    52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:02:20.17

    梓「なんか……唯先輩にがんばってくださいって、よく言ってたし」

    純「プレッシャーになってたとか?」

    憂「でも、喜んでたよ? 梓ちゃんが応援してくれてるって」

    梓「それだけじゃなくて……なんか、下校の時とかも、来年は一人かなって思うとすごい意識しちゃって」

    純「あー…分かる分かる。一度気になるとずっとそんな感じになっちゃうかも」

    梓「……変に突き返すような態度とかとっちゃってたし…」しゅん

    憂「かっ考えすぎだよ!」あせっ

    純「まあ、憂のお姉ちゃんも大人になってきたってことじゃない?」

    梓「大人ってなんなのさっ」

    純「知らないよ?!」


    憂「……じゃ、じゃあね。その…梓ちゃんの方から、積極的にお姉ちゃんに話しかけてみるって、どうかな?」

    梓「え……ええっ」

    純「あー……それもなんかおもしろそうかも!」きらきらっ

    54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:07:40.13

    ほうかご!

    梓「……で、なんで二人まで付いてきてるのさ」じとーっ

    純「いやだって、そういう梓の姿ってめったにみれないじゃん?」くすっ

    梓「もう……ジャマしないでよ?」

    純「邪魔じゃなくて応援だってば」にやにや

    憂「大丈夫だよ、私たちは隣の教室に隠れてるから」

    梓「うん……ありがと」かあっ

    純「もういっそコクっちゃいなよ!」

    梓「……やっぱ純だけかえれっ」うるっ

    純「じょ、じょうだんだってば!」あせっ

    55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:12:43.79

    ガチャ

    唯「あ……あずにゃん、早いね」

    梓「こんにちは……ゆいせんぱいっ」

    唯「勉強してるけど、あずにゃんは気にしないで練習してていいからね」

    梓「あ……え、はいっ」


    唯「……あの、あずにゃん」

    梓「ひゃ、はい!」

    唯「そんなに、こっち見てると……ちょっと、はずかしいかも」かあっ

    梓「あ…その、すいませんでした……」しゅん


    純『うわ…ぎこちなっ』

    憂『だいじょうぶかな、梓ちゃん…』

    56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:17:48.44

    唯「あ……じゃあ、ちょっと息抜きにギー太とあそぼっかな」

    梓「あっ……えっと、受験勉強もしなきゃだめですよ!」


    唯「……うん、そうだよね」

    梓「ま、まあでもちょっとぐらいなら……いいと、思います」

    唯「そ、そっか……じゃあ、ちょっとだけ合わせてみようかな」

    梓「はい……じゃあ、ごはんのイントロから」


    梓「……えっと、その…こっちに来て、一緒にやりませんか?」おどおど

    唯「……あ、うん。そう、だね…」

    梓「はい………じゃあ、この部分から」

    唯「あ……ごめんなさい。コードが、わかんなくなっちゃった…」

    梓「えっと、教えます、その部分かこことここを押さえて――」

    58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:22:45.27

    唯「……あの、ね」

    梓「な、なんですか?」

    唯「…………」

    梓「…………っ」どきどき



    唯「………ごめん、私ちょっと憂に呼ばれてたんだ!」がばっ

    梓「きゃっ」ばたっ

    唯「あずにゃん?! ……だいじょうぶ? ごめんね、急につきとばしたりしちゃって……」

    梓「あ……だいじょうぶ、です」

    唯「…………ごめんなさい」うるっ

    ガチャ

    梓「ゆ…ゆい、せんぱい……」

    59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:27:50.02

    純「ちょ……だいじょうぶ?!」

    梓「うん、私が勝手にバランス崩しただけだし……あは」

    憂「梓ちゃん……」

    梓「やっぱ……私、嫌われてるんだよね」

    純「いや、そんなことはないって」

    梓「だって、がんばって、ちかづいたのに……あんなふうにっ、さける、なんて……」うるうる

    憂「お姉ちゃんが…梓ちゃんのこと、嫌いなわけないのに……」

    梓「……うい、ゆいせんぱいにっ、きらわれちゃったよぉ……」ぐすっ

    憂「梓ちゃん…」

    61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:33:09.68


    純「……まあ元気だしなって。悪気あったんじゃないだろうしさ。憂、ここのお茶の入れ方って分かる?」

    憂「あ……うん、前に紬さんに教えてもらったから」

    純「じゃあさ、外寒いし少し休んでから三人で帰ろうよ。……憂、たのんだ!」

    憂「うん……そうだね」くすっ

    梓「…ごめん、うい、じゅん……」じわっ

    純「あーもう、軽音部でお茶するの夢だったんだよね!」きらきらっ

    憂「あははっ」

    梓「純……ずうずうしいよ」くすっ

    純「ごめんごめん」にこっ

    63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:38:22.65
    ――――――
    ――――
    ――

    純「……あー、お菓子ついてないかなー」

    憂「ごめん、今は持ってないかも…」

    梓「ずうずうしすぎだよっ」

    純「あはは、ごめんごめん」

    梓「でも……ありがと。憂も、…純も」

    憂「ううん、気にしないで。おなかも空いてきちゃったし、そろそろ帰ろっか」

    梓「……そうだね」にこっ

    憂「……あ。晩ごはんのおかず、買ってかないと…」

    純「じゃああずにゃんは私が責任を持って家に送り届けるから!」きりっ

    梓「あずにゃんって……言わないでよ」くすっ

    純「あは、そうだね」

    65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:43:48.32

    すうじゅっぷんご!

    憂(……ふぅ。ありあわせになっちゃいそうだけど、卵とレタスあるし大丈夫かな)

    憂(お姉ちゃん……家に、帰ってるよね…?)

    ~♪

    憂(あ……純ちゃんのメールだ)

     純《あずにゃん家に送ってきたよ~。具合悪そうだから明日休むかもって。でも、おばさんからおみやげゲットした!》

    憂「ふふっ……純ちゃんらしいな」くすっ

    憂「梓ちゃん…ごめんなさい、私のせいだよね……」


    唯「あ……うい」

    憂「お姉ちゃん……いま、帰ってきたんだ」

    唯「うん……ちょうど、だったね」

    67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:48:50.11

    ひらさわけ!

    唯「ごちそうさま」

    憂「……あのね、お姉ちゃん」

    唯「ほえ?」

    憂「……ごめんね、さっき、軽音部の部室のこと……見ちゃったの」


    唯「……ごめん、わたし、失敗しちゃった…」

    憂「うん、あれはやりすぎだよ…」

    唯「……ほんとにね、憂が言ったとおりにしてみたら、あずにゃんが私のこと見てくれるようになってね」

    憂「うん、梓ちゃんもお姉ちゃんのこと気にしてたもん」

    唯「だけど……さっきは、なんか怖くなっちゃって」



    69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 05:54:13.91

    憂「怖くなった、って?」

    唯「……はじめはね、前に憂に言った通り、たまにはあずにゃんから抱きしめてほしいなって思っただけなの」

    憂「うん」

    唯「だけど、教えてくれた通りに抱きつくの我慢して待ってたら……その、つらくなって」

    憂「……」

    唯「……わたし、あずにゃんのこと…」

    憂「……好き、なんだよね」

    唯「こんなときに初めて気づくなんて……ばかだよね、わたし……」
    うるっ

    憂「お姉ちゃん…」

    70 名前:変なとこで改行入ったから訂正(>>69)[sage] 投稿日:2010/12/18(土) 05:57:48.99

    憂「怖くなった、って?」

    唯「……はじめはね、前に憂に言った通り、たまにはあずにゃんから抱きしめてほしいなって思っただけなの」

    憂「うん」

    唯「だけど、教えてくれた通りに抱きつくの我慢して待ってたら……その、つらくなって」

    憂「……」

    唯「……わたし、あずにゃんのこと…」

    憂「……好き、なんだよね」

    唯「こんなときに初めて気づくなんて……ばかだよね、わたし……」うるっ

    憂「そんなこと、ないよ…」

    唯「わたし、どうしたら…ひっく、えぐっ……」

    憂(お姉ちゃん…)


    71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:00:19.20

    ういのへや!

    純『うわー、それは裏目に出たね…』

    憂「そうなんだ…もう、どうしたらいいかわかんなくなっちゃって……」

    純『で、憂のお姉ちゃんはどうしてるの?』

    憂「お風呂はいったあと、寝ちゃったとこ。やっぱり疲れちゃったみたい」

    純『……うまくいかないねー、なんか』

    憂「私が、あんなことしなければ……」

    純『まあ別に誰も悪いことしたわけじゃないじゃん、明日になったら元通りだよ、たぶん』

    憂「うん、だといいけど……うん」

    73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:05:32.12


    純『じゃあ、私が梓の方にそれとなく伝えとくね』

    憂「え、でもそれは私が――」

    純『まあまあ、ここは海千山千の私にまかせなさいっ』

    憂「でも、わるいよ」

    純『いま憂が梓にそれ言ったら、梓も逆に引け目感じちゃうんじゃない?』

    憂「そっか…そう、かも」

    純『まあこの分はこないだのチョコクッキーで返してくれりゃいいよ! ってかそろそろ寝るね』

    憂「あっうんわかった、ありがとう! おやすみ!」

    純『…あー。寝る前に一つだけ聞いてもいい?』

    憂「えっ、いいけど」


    純『……なんで憂、そこまでお姉ちゃんと梓のこと応援してたの?』

    74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:10:53.80

    つぎのひ!

    唯(あずにゃんに、昨日のことあやまらなくちゃ…)

    唯(……このあたりだったよね、あずにゃんのおうち…)

    唯(あ。みっけた)


    ぴんぽーん

    梓母『はい、中野です……あら、うわさの唯先輩ね。いつも娘がお世話になってます』にこっ

    唯「……すいません、梓ちゃんのお見舞いに来ました」

    梓母『いいのいいの。梓もだいぶよくなってきたから、よかったらちょっと顔見せてあげて』

    唯「はい……おじゃまします」

    75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:16:02.50

    梓母「どうぞあがって。梓を起こしてくるからこっちでちょっと待っててくれる?」

    唯「あ、いえ……わざわざ、大丈夫です」あせっ

    梓母「平沢……唯ちゃん、だったわよね?」

    唯「は、はい」

    梓母「あの子ねえ、昔っから引っ込み思案でいじっぱりなところがあって、友達作るのが下手だったのよ」

    唯「そう、なんですか…」

    梓母「でもこの学校の軽音楽部に入ってから、なんだか明るくなったのよね」くすっ

    唯「そうなんですか……」にこっ

    梓母「たぶん、あなたのおかげね」にこっ

    唯「ええっ、あずにゃんは……わたしなんかよりずっとずっとがんばり屋さんです! まじめで、ちっちゃくて、かわいくって、すごいいい子で、」

    梓母「ふふ、あの子に言ってあげて。喜ぶわよ」にこっ

    唯「……はい」

    76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:21:13.17

    梓母「あの子ね、このごろ学校の話を家でしてくれるようになったのよ」

    唯「そうなんですか…」

    梓母「なかでも一番聞くのは、唯ちゃんの話だけどね?」くすっ

    唯「え、ええっ……」

    梓母「うち、共働きであの子ひとりっ子だからさみしい思いさせちゃうことが多くってね」

    唯「うちも……お父さんとお母さんが出かけること、多かったです」

    梓母「そうなのね……だから梓と気が合うのかしら」

    唯「あずにゃん……」

    79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:26:32.85

    梓母「いじっぱりのくせして根はさみしがりやだから、不器用なのよね」くすっ

    唯「……あの、私…あずにゃんに、ひどいことを……」

    梓母「いいのいいの、それよりもあの子にやさしくしてあげて」

    唯「え……」

    梓母「私より、あなたがそばにいてあげる方があの子も喜ぶわよ」

    唯「そんなこと、ないです…」

    梓母「さ、そろそろ起きてくるから。二階の梓にこれ、持っていってあげて」にこっ

    唯「……はいっ」

    82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:36:03.70

    あずさのへや!

    梓「…すぅ………」すやすや

    唯「……あずにゃん…」

    梓「……ゆ……せん…い……」

    唯「……」どきどき



    梓「……………ふあ…あれ、ゆい…せんぱい?」

    唯「あ、あずにゃんおはよ」にこっ

    83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:41:16.55

    梓「……ごめんなさい、昨日は…」

    唯「……ううん、そんなことないよ――」

    梓「ごめんなさい! いままで、その、……へんな態度、とったりしてて…すみませんでした……!」うるっ

    唯「ちがうよ、わるいのはわたし! …あずにゃんは、わるくないよぉ……」

    梓「でも、私が唯先輩に、」

    唯「……あずにゃん、ごめんなさい。あずにゃんの気を引きたくって、わざと避けたりして…」

    梓「…さいてい、ですっ……」

    唯「……でも、昨日のは……あれは、ちがうの。昨日は……こわくなっちゃったの」

    梓「………」

    唯「自分の気持ちがおさえられなくて……抱きしめたくなっちゃって、それだけじゃおさまらない気もして、」

    梓「………」

    唯「…好きに、なっちゃいそうだったんだもん……」


    梓「……なってくださいよ」

    85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:44:23.71

    唯「え……?」

    梓「わたしが、どれだけ心配したと思ってるんですかっ…嫌われたんじゃないかって、もういやになったんじゃないか、って……」

    唯「ごめん、あずにゃん……」

    梓「……ほんとは、すごくこわかったんですよ…」

    唯「…うん………」

    梓「だから、好きに、なってください…」

    唯「………」

    梓「……また、前みたいに……してください」

    唯「………」

    梓「………」

    ぎゅっ

    87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:47:24.53

    唯「……こう、かな…」

    梓「……こう、ですよ…」ぎゅ

    唯「……あは…あったかいね」

    梓「ゆいせんぱいも……あったかいです」


    唯「また…抱きしめても、いいかな…?」

    梓「……人前では、いやです」

    唯「そ、そうだよね……」

    梓「でも……二人っきりなら、いい、です…」かあっ

    唯「……ありがと、あずにゃん」

    梓「………ふふ」にこっ

    唯「………えへ」にこっ

    88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:48:28.11

    つぎのひ!

    梓「おはようございます、唯先輩」にこっ

    憂「おはよう、梓ちゃん」


    唯「あーずにゃん♪」だきっ

    梓「ひゃ……いきなり約束やぶらないでくださいよっ!?」

    唯「だって、ひさしぶりなんだもん!」にこっ

    梓「…そう、ですけど…うぅ……」かあっ

    唯「……えへへっ」


    純「あはは……なにあの一夜にしてのキャラ崩壊っぷり………爆発すればいいのに」

    憂「まあまあ……でも、お姉ちゃんも梓ちゃんもげんきになってよかったね」にこっ

    純「……ほんとに?」


    89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/18(土) 06:49:19.21

    憂「えっ、うん」

    純「……なら、いいけどさー」

    憂「私……お姉ちゃんよりも早く気づいてたんだ。お姉ちゃんの気持ち」

    純「……ふぅん」

    憂「だから……幸せになって、ほしいなって」

    純「……あきらめ、つけたかったとか」

    憂「どうだろ…そう、なのかも」

    純「……憂はさ、よかったと思ってる?」

    憂「……うん!」にこっ

    純「……あは、そっか」

    憂「そうだよ。大事な人だもん、ふたりとも」

    純「……じゃあ、梓でもひやかしにいきますか」

    憂「そうだね」にこっ

    おわり。

    コメントを書き込む コメントを読む(4) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

憂「ねっ、おねえちゃん」
梓「唯先輩、これ何ですか?」
澪「…絶対なのか?」紬「うん 絶対」
  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/18(土) 23:32:38 URL [ 編集 ]
    唯は、にこっ厨
  2. 名前: 名無し@まとめいと ◆- 2010/12/19(日) 00:45:41 URL [ 編集 ]
    やはり唯梓は至高だな
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/20(月) 00:03:01 URL [ 編集 ]
    あったかあったか

    唯梓は至高
  4. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/31(金) 05:19:35 URL [ 編集 ]
    最後の憂と純のところ良いわ
    唯にぞっこんな憂も良いけど
    こういう風なのが一番好きだわ

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

<<唯「ういが赤ちゃんになっちゃった…」 | トップページ | 唯「おまたがかゆくて…」>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。