けいおん!SSまとめブログ けいおん! このブログはVIPで立った「けいおん!SS」をまとめたブログです。

Twitter(更新通知) Twitter(交流用?) 新着SS通知ツール ご意見など 相互リンク,RSS

最新の記事

記事一覧はこちら

最近のコメント

スポンサーサイト

  1. 名前: 管理人 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [スポンサー広告] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/27(月) 01:20:59 URL [ 編集 ]
    やだ…この唯怖い
  2. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/27(月) 02:26:15 URL [ 編集 ]
    結局何を表現したかったんだ?
    頭の悪い俺に教えて。
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/27(月) 08:35:10 URL [ 編集 ]
    純粋につまらん
  4. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/27(月) 09:37:29 URL [ 編集 ]
    終わり方がなあ
  5. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/27(月) 13:28:00 URL [ 編集 ]
    んで何なの?これ
  6. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/27(月) 20:57:38 URL [ 編集 ]
    ツンデレ唯ちゃんじゃない?
  7. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/27(月) 23:30:43 URL [ 編集 ]
    唯さん話か?
  8. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/28(火) 18:06:55 URL [ 編集 ]
    なんてコメントすればいいのか…
  9. 名前: AA ◆- 2011/02/04(金) 22:31:27 URL [ 編集 ]
    いやー最高でした、唯憂は真理

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

唯「…ふぅ」

  1. 名前: 管理人 2010/12/26(日) 22:57:57
    143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 19:35:24.86
    明日はクリスマスイブ。
    あ、日付が変わってるから今日、かな。

    いつもとは違って、私がたくさんの料理を作る予定も、交換するプレゼントの用意もしていません。

    だってたぶんそれは、必要ないから。

    だから私は努めて普段どおりに振る舞います。
    聖なる日、なんて存在しないかのように。

    がちゃっ

    唯「…ふぅ」

    お姉ちゃんがお風呂から上がってきたみたいです。
    さぁ、いつも通り私もお風呂に入ろう。


    144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 19:41:53.29
    唯「あ、12時回ったんだ」

    憂「そうだね」

    唯「クリスマスイブかぁ」

    お風呂上がりに冷蔵庫へと向かうお姉ちゃんはいつも通りですが、何もないかのようにそう言われても困ってしまいます。

    さっき私は知らんぷりを決め込むことにしたのに。

    憂「そうだね。お風呂、行ってくるね」

    唯「…うん」

    お茶を飲みながらも向けられる視線が何か言いたそうにも思えたけれど、私は振り向かずにお風呂へ向かいました。


    146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 19:50:42.75
    ───

    憂「ふぅ…あれ」

    お風呂から上がって戻ると、お姉ちゃんはまだリビングにいました。

    自分の部屋へ戻っているかと思っていたので、少し緊張します。

    憂「お姉ちゃん、まだいたんだ」

    唯「うん、なんとなく」

    憂「そっか」

    いるんなら仕方ない。
    ココアでも入れようとやかんを火にかけました。

    唯「…」

    憂「…」


    147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 20:00:35.67
    お姉ちゃんはテレビを見つめて、私はやかんを見つめて、そこにはただ沈黙が。

    やかん、いつまでも沸かなければずっと台所にいられるのに。

    でもそういうわけにもいかず、やかんはきちんと私を呼んで。

    お風呂上がりだから特にあたたまりたい訳ではなかったけれど、出来上がってしまった二つのココアを手に、私はお姉ちゃんの元へと向かいました。

    憂「はい、ココアどうぞ」

    唯「あ、うん。ありがと」

    お姉ちゃんもお姉ちゃんで、目の前に置かれたマグカップなど気にならないかのように、視線をテレビに戻します。

    占領されているこたつに素直に座る気にはなれず、ダイニングテーブルに腰を下ろし、ココアの湯気をただ見つめていました。

    どうしようかな。
    さっさと飲んでしまって、部屋に行こうかな。


    148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 20:07:00.75
    唯「ねぇ」

    ぼーっとしていました。
    今…呼ばれた?

    唯「聞いてる?」

    憂「あ、うん。なに?」

    そう言う割に体をこっちに向けるわけでもなく。
    別に聞いてなくたってわからないんじゃないかな。

    唯「明日、何かするの」

    憂「明日?」

    唯「あ、今日か。まぁ明日でもいいけど」

    憂「別に、何も」

    唯「ふぅん」

    別段何を思うでもないような反応。
    やっぱり部屋に行っておけばよかった。


    149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 20:14:06.55
    憂「それより、早く寝なくていいの?」

    唯「いいよ。明日も休みだし」

    憂「じゃあ起こさなくていいんだ?」

    唯「どっちでもいいよ」

    何、それ。
    お姉ちゃんが何を考えているのかわからなかったので、深追いをすることはしませんでした。

    また湯気を見つめる作業に戻ります。
    でも湯気はもう消えかかっていて、何だか口をつけるタイミングを失ってしまいました。

    突然お姉ちゃんが立ち上がりました。

    唯「やっぱ寝よっと」

    そして思い出したようにココアをほとんど一気に飲み干します。

    唯「うん、おいしい。ぬるくて」

    憂「あったかいうちに飲まなきゃ意味ないよ」

    唯「そだね、じゃあ早く飲みなよ」


    151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 20:23:41.48
    憂「…」

    唯「よしっ」

    そう言ってカップを机の上に置くと、

    唯「じゃあ、おやすみ」

    憂「おやすみ」

    お姉ちゃんは部屋へ戻っていきました。
    後に残されたのは私と、ぬるくなっているだろうココア。

    憂「…」

    いくら見つめても、もう湯気を返してくれることはなくて。
    私は諦めてもう流してしまおうと立ち上がり、ついでにお姉ちゃんのカップを回収しました。


    153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 20:34:35.60
    でもいざ流そうと台所に立つと。
    空になったお姉ちゃんのカップがやけに気になって。

    憂「…ぬるい」

    気付けば私も一気飲みしていました。
    その甘さに、少し気分が悪くなります。
    はぁ、さっきあったかいうちに飲んでしまっていたらこんな気分になんてならなかったかもしれません。

    憂「私も寝よう…」

    カップは、朝洗うことにしよう…
    重い体を引きずるようにして、私も自分の部屋へと向かいました。


    155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 20:41:56.02
    ─────

    憂「ん…朝…」

    気が付くと外はもうすっかり明るくて。
    今日もよく晴れているみたいです。

    今日は洗濯のしがいがあるな、なんて思いながら私は下へ降りました。

    リビングには人の気配はなく。
    お姉ちゃんはまだ寝ているのかな。

    『どっちでもいいよ』

    流しに置かれたマグカップを見て、夜に言われた言葉が蘇ります。

    憂「…」

    大事な予定があるなら、自分で起きる、かな。
    起こさなくても私が責められる理由はないので、私はいつも通り家事を始めることにしました

    157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 20:49:21.36
    ───

    お昼頃になってもまだ、お姉ちゃんは起きてきません。

    もしかしたら、もう部屋にはいない?
    普段なら私より早く起きることはあまり考えられないけれど、今日はいわゆるクリスマスイブでもあるので。

    お昼の用意もしたかったし、私はお姉ちゃんの部屋に確かめに行くことにしました。

    階段を上った先の廊下はひんやりとしていて、とても静かです。
    何の音もせず、お姉ちゃんは本当にいないような気がしてきます。

    コン、コン

    ノックをしても返事はありません。

    コン、コン、コン

    やはり返事は返ってこず、いないなら緊張する必要もないと、思い切ってドアを開けました。


    158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 20:57:03.63
    そしてやはりベッドはもぬけの殻…

    ではなく。人が中にいるであろう膨らみがそこにはありました。

    憂「はぁ…いたんだ」

    思わずため息が出ます。

    ブーブーブー

    憂「っ?!」

    突然何かの音がします。
    携帯のバイブの音でしょうか。

    とっさに部屋から出ようと思いましたが、お姉ちゃんがそれに気付かなくても困るので、私はじっと立っていました。

    携帯はまだ震え続けています。
    早く出なくていいのかな。

    ようやく布団がもぞもぞと動きます。
    これで私の役目はなくなったけれど、なぜか気になって動けませんでした。


    159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 21:03:51.72
    唯「…うん…今、起きた」

    唯「え…いいよ。…いや、ほんとに」

    唯「うん、ありがと。…じゃあ、また」

    会話は終わったようです。
    気になっていたのに、今のだけでは何もわからなくて何だか拍子抜けです。

    唯「ふわぁー…」

    大きな伸びをしながらお姉ちゃんが体を起こします。
    やっとの対面ですが、少し気まずいです。

    唯「ってあれ、憂?」

    憂「あ、おはよう」

    唯「おはよう、でもなんでここに?」

    憂「お昼いるのか訊こうと思ったんだけど」

    唯「あぁ、そっか」


    160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 21:20:21.89
    憂「いらなかったかな?」

    唯「え、なんで?」

    憂「あ、いるの?」

    唯「うん、おなか空いたよ」

    憂「そうなんだ。じゃあ作るね」

    てっきりいらないのだと思っていたので、そんな答えが返ってきて戸惑ってしまいました。

    お昼を食べてから出かけるのかな。
    とりあえず今私に与えられた役目を果たすべく、キッチンへ急ぎました。


    161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 21:30:03.04
    ───

    唯「ごちそうさま、ふぅ」

    そう言ったあとも、お姉ちゃんは動こうとしません。
    服も部屋着のままで。

    昨日普段どおりに過ごすと決めたはずなのに、なぜか落ち着きません。
    そこにいるお姉ちゃんが、何より一番普段どおりなのに。

    ブーブーブー

    私を落ち着かなくさせるのは、この音なのかもしれません。
    仕方なく、お姉ちゃんを呼びます。

    憂「お姉ちゃん、携帯」

    唯「え…また?」

    急ぐわけでもなく、どこか面倒くさそうに通話に出るお姉ちゃん。
    それは少し相手に失礼ではないのでしょうか。

    唯「…もしもし」

    唯「…うん…大丈夫だって」

    唯「わかったよ…行くから」


    163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 21:43:49.87
    『行く』

    お姉ちゃんはそう言いました。
    それは悲しい現実ではあったけれど、この言い様のない不安から解放されるのが少し嬉しくもありました。

    大きなため息をつきながらお姉ちゃんは携帯を閉じます。
    依然として動こうとしないその姿を見るのが少し、辛くなります。

    憂「お姉ちゃん?」

    唯「なに?」

    憂「着替えなくて、いいの?」

    唯「…」

    お姉ちゃんは黙ったままテレビを見つめています。
    流れているのはドラマの再放送。
    今更見たって話がわかるはずはないと思うのですが。


    165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 21:55:19.29
    憂「家にいても、楽しくないでしょ?」

    出来ることなら、早く出かけてほしい。
    いなくなってしまうまでの時間を待つ方が、よっぽど辛いから。

    唯「…憂も、なんだ」

    憂「え…?」

    唯「わかったよ…出かければいいんでしょ」

    お姉ちゃんは不機嫌そうにそう言うと、リビングから出ていきました。
    これで、よかったんだ。
    お姉ちゃんを待つ、誰かのためにも。


    166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 22:03:31.58
    階段を降りてくる音がします。
    お姉ちゃんが家を出る前に、ひとつだけ訊いておきたいことがありました。

    憂「お姉ちゃんっ」

    急いで降りてきた勢いがぴたっと止まります。
    流れる空気の重さのせいか息苦しかったけれど。

    唯「…なに」

    憂「夕飯は…いらないよね?」

    唯「…っ」

    ばたんっ、と玄関のドアが思い切り閉じられました。

    憂「ふぅ…」

    ようやく心が落ち着きを取り戻します。
    これで、これでよかったんだ。


    167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 22:14:59.62
    自分の醜い期待にお姉ちゃんを付き合わせずにすんだことに、安堵を覚えます。

    主のいなくなったこたつに入ってみます。
    じんわりと包みこむようなあたたかさが心地よく、思わず寝転んでしまいました。

    お姉ちゃんが帰ってくるまで、時間はたっぷりあるはず。
    私はただ、待っていればいいんだ。
    ただ、純粋に。

    憂「ふぁ…」

    緊張が解けたからか、こたつがあたたかいからか、少し眠気が襲ってきました。
    お昼寝してみようかな。
    少しぐらいなら…


    169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 22:28:05.33
    ───

    憂「…ん、ん…」

    何か違和感を感じるような気がして、目が覚めてしまいました。
    どれくらい時間が経っているのでしょう、中途半端な眠気はまだ頭に貼りついています。

    時計を見ようと体を起こします。
    部屋を見渡すと、なぜかドアが開けっ放しになっていて。
    なぜか、不機嫌そうな顔のままのお姉ちゃんが立っていました。

    憂「え…」

    慌てて時計を見ると、さっき見たときから一時間も経っていませんでした。
    …何でもう帰ってきてるんだろう。


    171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 22:39:08.53
    憂「あ、何か忘れ物?」

    唯「…べつに」

    そう言いながらお姉ちゃんはこたつの上に置きっぱなしになっていた携帯を手に取りました。

    あぁ、それで。
    眠い頭ではっきりとは考えられませんが、なんとかお姉ちゃんが戻ってきた理由を見つけられた気がしました。

    唯「…こたつ、入りたいなら言えばいいじゃん」

    憂「…?」

    お姉ちゃんが何か言ったようでしたが、よく聞こえませんでした。
    部屋を出ていくのであろうその背中に、どうにか一言だけ。

    憂「気を、つけて…」

    ドアが閉まる音が聞こえます。
    これで私も本格的な眠りに落ちることができそうです。



    172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 22:50:25.59
    ───

    憂「ん…」

    今度はよく眠れました。
    目を開けると、部屋のなかはもう真っ暗でした。
    今、何時だろう。
    お姉ちゃんは、まだ楽しんでいるかな。

    そう思ったのに電気をつけて愕然としました。
    ソファには、上着を着たまま眠るお姉ちゃんの姿が。

    憂「なんで…」

    一体いつ帰ってきたのでしょうか。
    時間は21時を過ぎたところ。
    帰ってくるには少し、早すぎる時間のように思えます。

    ブーブーブー

    私を悩ませるあの音が。
    しかし今回はお姉ちゃんの携帯ではなく、私の携帯が震えていました。


    174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 23:01:38.97
    憂「もしもし?」

    梓『もしもし、憂?』

    憂「うん。どうしたの?」

    梓『あのね…唯先輩って帰ってきてる?』

    憂「…うん、寝てるみたいだけど」

    梓『そっか、よかった…』

    憂「そう、なの?」

    梓『え?うん、急に飛び出してっちゃったから』

    憂「そう、なんだ…」

    澪『梓、憂ちゃんか?』

    梓『あ、はい』

    澪『ちょっと代わってくれ』

    澪『もしもし、憂ちゃん?』


    175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 23:06:58.64
    憂「あ、はい。そうです」

    澪『ごめんな。迷惑かけて』

    憂「いえ、私は何も…」

    澪『唯は帰ってきてる?』

    憂「はい、寝てますけど」

    澪『そっか、ならよかった』

    憂「あの、それなんですけど。どうしてお姉ちゃん、帰ってきてるんですか?」

    澪『あぁ、それは。唯が帰りたがってたから』

    憂「お姉ちゃんが?」

    澪『うん。無理に呼び出しちゃった私達が悪いんだけど』

    唯「…誰と、何を話してるの」


    177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 23:14:56.54
    憂「え…ってお姉ちゃん?」

    澪『え、唯?起きたのか?』

    唯「ねぇ、憂」

    憂「あ、あの、澪さんだけど」

    唯「…貸して」

    憂「う、うん…」

    唯「…もしもし」

    唯「まだ、何か用?」

    唯「そう…うん、帰ってきてるから」

    唯「じゃあね」

    憂「お、お姉ちゃんちょっと待っ」

    ピッ

    唯「…なに」

    憂「なんでもない…」


    179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 23:26:02.42
    お姉ちゃんは携帯をソファの上に投げました。
    もう見たくもない、とでも言うかのように。

    唯「…だから出かけたくなんてなかったのに」

    憂「え…」

    唯「憂はそれでいいのかもしれないけど…私が嫌なんだよ…」

    お姉ちゃんの顔が苦しそうに歪んでいます。
    どうしたのでしょうか。

    唯「…」

    憂「お姉ちゃん…」

    唯「…おなか空いた」

    憂「食べて、こなかったの?」

    唯「うん。何かない?」

    憂「何も用意してないよ…私寝てたし…」


    181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 23:33:33.40
    唯「…そっか」

    唯「じゃあコンビニ行ってくる」

    さっき聞いたお姉ちゃんの言葉が頭の中でひっかかっています。
    些細なことかもしれないけれど…

    憂「お、お姉ちゃんっ」

    唯「…へ?」

    憂「いや、有り合わせでよかったら何か…作るけど…」

    唯「…でも」

    憂「わ、私も何も食べてないから…」

    唯「いいの?」

    憂「無理にとは言わないけど…」

    唯「じゃあ、お願いします」

    憂「…はい」


    182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 23:42:07.27
    ───

    結局冷蔵庫の中身で作れたのはクリスマスには程遠い、貧相な食事にしかなりませんでした。
    それでもまだ、幸せなのかもしれません。
    昨日は食事を作れるとさえ思えなかったから。

    憂「買い物行っておけばよかったなぁ…」

    唯「十分だよ、これで」

    お姉ちゃんはぺろりと食事を平らげて、こたつではなく、ソファに寝転がりました。

    私は食器を片付けながら、終わったらお茶を入れようと思いました。

    憂「お茶、ここに置いておくね」

    湯飲みをこたつの上に置いて、私はテーブルの方に戻ります。
    立ち上る湯気を見つめながら、昨日と同じだな、とぼんやり考えていました。

    唯「ねぇ」

    お姉ちゃんに呼ばれるのまで同じなんて。
    今度は聞き逃さなかったけれど。


    183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 23:51:27.15
    憂「なに?」

    唯「こたつ、入らないの?」

    私に遠慮してくれていたのでしょうか。
    いつもの定位置にお姉ちゃんがいないのは、どこか不自然に感じます。

    憂「…そうだね、入ろうかな」

    今なら少し素直になれそうな気がして。
    お茶を連れて、お姉ちゃんの居場所におじゃまさせてもらうことにします。

    唯「あ、そっちなんだ」

    憂「だってそこはお姉ちゃんの場所だからね」

    唯「じゃあ私も入ろ」

    いつもの、テレビの真正面にお姉ちゃんが座ります。
    そこにいてくれた方が、やっぱり落ち着きました。


    185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/25(土) 23:59:11.05
    さすがクリスマスイブだけあってテレビは賑やかそうな番組を映し出しています。
    お姉ちゃんの視線はそれに注がれて、私は湯気を見つめて。
    今日が何もなく終わっていくかのようです。

    それに少しだけ、抵抗してみます。
    こんな風に考えれるようになったのは、きっとお姉ちゃんのおかげ。

    憂「なんか…クリスマスイブっぽくないね」

    唯「別に、いいじゃん」

    視線をテレビから外すことなく、お姉ちゃんはそう言いました。

    唯「クリスマスイブが何なの、みんな気にしすぎだよ」

    でも口調はさっきみたいに怒っている風でも、苦しそうでもなくて。

    唯「集まって何かしなきゃ、死ぬわけでもないんだし」

    憂「そうだね」

    憂「別に外に出ちゃいけないわけでも、ないんだけどね」

    186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 00:09:41.72
    唯「何、それ」

    憂「ううん、自分に言ってるだけ」

    唯「嫌味にしか聞こえないよ?」

    憂「そうじゃないよ」

    今度は私から。

    憂「ねぇ」

    唯「なに?」

    憂「明日、何かするの?」

    唯「えっ?」

    思わずお姉ちゃんが視線をこちらに向けてしまいます。
    それだけ、意外だったということ。

    唯「別に何も、しないよ」

    慌ててテレビに向き直るその頬が少し焦っているように見えました。


    191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 00:21:59.64
    憂「そっか」

    唯「うん」

    憂「明日も一応、クリスマスだよね」

    唯「そう、なんじゃない」

    どうやって切り出そうか、湯気を見つめながらぼんやり考えていると。

    唯「…クリスマスが何?」

    お姉ちゃんの方から呼びかけてくれました。
    胸にうずまく期待がさっきはあんなに醜かったのに、今では淡いそれに変わっていました。

    憂「ケーキとか、食べたい?」

    唯「いらないよ、そんなの」

    憂「ふふっ、そうだよね」

    唯「言っとくけど、プレゼントなんてないからね」


    193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 00:37:40.22
    お姉ちゃんの顔はいつの間にか真っ赤で。
    それだけで十分うれしくなります。

    憂「大丈夫だよ、私も用意してないから」

    唯「…クリスマス意識してるのは、憂の方じゃん…」

    ぼそっとそう呟くお姉ちゃんに、私からも報いの一矢を。

    憂「…お姉ちゃんだって」

    唯「…」

    憂「…んっ?」

    こたつの中で小さく反撃されます。
    そんな小さな反応も、今はちゃんと受けとめられるのです。

    唯「知らない…」

    ついに私からもテレビからも顔を背けて、お姉ちゃんはこたつの上に寝そべってしまいました。


    195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 00:51:00.32
    憂「でもね、お姉ちゃん」

    唯「…なに」

    憂「スーパーには、行こうね」

    唯「行けば、いいじゃん…」

    憂「違うよ、行くんだよ?」

    唯「…」

    唯「…七面鳥でも買うつもり?」

    憂「いや、カレーにするつもりだったけど…」

    憂「お姉ちゃんがそんなに食べたいなら、買おうかな?」

    唯「…」

    げしっ、と再び足を蹴られました。
    そんなに恥ずかしがらなくてもいいのに、なんて。
    私が言えたことではないから、口には出さないでおきました。

    196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/26(日) 01:04:30.51
    憂「それとね、お姉ちゃん」

    唯「まだあるの?」

    憂「明日は自分で起きてね?」

    唯「わかってるよ…」

    憂「ありがとう、お姉ちゃん」

    唯「まだ何もしてないよ」

    憂「ううん、そんなことないよ」

    憂「でも『まだ』って…何かしてくれるの?」

    唯「もういいよ…そういうの…」

    もう堪らないといった様子でお姉ちゃんは悲鳴を上げました。

    明日何時に起きてくるか、楽しみにしてるよ、お姉ちゃん。

    おしまい

    コメントを書き込む コメントを読む(9) [けいおん!SS] ブログランキングへ 人気ブログランキングへ このSSをはてなブックマークに追加


関連?商品

過去の名作たち

梓「…優しくしないで…お願い」~夏時間
梓「私赤ちゃん産んで欲しいの」
澪「唯、ほっぺにクリームついてるぞ」
  1. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/27(月) 01:20:59 URL [ 編集 ]
    やだ…この唯怖い
  2. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/27(月) 02:26:15 URL [ 編集 ]
    結局何を表現したかったんだ?
    頭の悪い俺に教えて。
  3. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/27(月) 08:35:10 URL [ 編集 ]
    純粋につまらん
  4. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/27(月) 09:37:29 URL [ 編集 ]
    終わり方がなあ
  5. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/27(月) 13:28:00 URL [ 編集 ]
    んで何なの?これ
  6. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/27(月) 20:57:38 URL [ 編集 ]
    ツンデレ唯ちゃんじゃない?
  7. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/27(月) 23:30:43 URL [ 編集 ]
    唯さん話か?
  8. 名前: けいおん!中毒 ◆- 2010/12/28(火) 18:06:55 URL [ 編集 ]
    なんてコメントすればいいのか…
  9. 名前: AA ◆- 2011/02/04(金) 22:31:27 URL [ 編集 ]
    いやー最高でした、唯憂は真理

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

<<唯「放課後てぃーたいむとらべらー」 | トップページ | 唯「あいあんめいでん!」>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net /
これより下はないよ・・・
消費者金融比較
キャッシングローン
消費者金融 利息
ブログパーツ

ギャルと女子高生

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。